広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    曽根海成

     広島・東出輝裕打撃コーチが8日、マツダスタジアムを訪れた。

     10日から宮崎・日南で秋季キャンプがスタート。テーマは「課題の克服とレベルアップ」で、強化指定選手を問われると、「野間、坂倉、西川、曽根」の名前を挙げた。

     また今季限りで新井が現役を引退。後釜となる右打者については、「堂林」「下水流」の名前を挙げた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181108-00000095-dal-base

    <広島7-4ヤクルト>◇28日◇マツダスタジアム

    優勝を決めている広島が、2位ヤクルトに逆転勝ちした。初回に4点先取されたが7回に追いつき、8回に会沢翼捕手の三塁打などで3点勝ち越した。緒方孝市監督は投打の粘りをほめた。談話は以下の通り

    --終盤に

    緒方監督 今日も全員、投手も野手も粘り強く戦ってくれて、いい勝利を収められたゲームだった。

    --ヘルウェグがまた好救援

    緒方監督 采配のことはいいよ。今日は終盤にいい攻撃をして。投手も初回の4失点のあとは、みんないい投球をしてくれた。初回はもったいなかったけどね。また明日です。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180928-00345553-nksports-base

     ◇セ・リーグ 広島7―4ヤクルト(2018年9月28日 マツダ)

     広島・会沢が8回2死一、二塁から決勝の2点適時三塁打を放った。

     7回に松山の適時打で同点とし、8回に迎えた絶好機。「なんとか決めてやろうという気持ちだった」という気迫の一打は、前進守備の頭を越えた。

     自身3年ぶりの三塁打に「疲れました」と苦笑い。会沢の後にダメ押しの中前適時打を放った23歳の曽根は「2点差あって楽な気持ちで打席に入れた」と頼れる選手会長に感謝していた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180928-00000155-spnannex-base

    ■ヤクルト 9-3 広島(27日・マツダスタジアム)

     広島は27日、マツダスタジアムで行われたヤクルト戦に3-9で敗れた。優勝決定翌日のゲームで主力を休ませるなど、ベストな状態ではない陣容だったが、野間や安部などの活躍で一度はリードを奪う試合を見せた。先発の野村が試合を作れず、中盤以降は打線が沈黙して大敗となったが、試合後の緒方監督は「消化試合をするつもりはない」と、残り7試合の展望を話した。


     菊池と鈴木がスタメンを外れ、二塁には曽根を起用。野間が2番に入り、西川を6番・ファーストで起用と、ポストシーズンを睨んでの布陣で試合に臨んだ。クライマックスシリーズ(CS)でのローテ入りが確実視されている野村が先発したが、「今日は走者の出し方も良くなかったし、粘りきれなかった。自分の投球ができずに悔しい」と6回途中7失点で5敗目を喫した。緒方監督は「修正できなかったね。なかなか立ち直れないなと思って見ていたが、悪い方、悪い方にいってしまった。もう少し投げてもらいたかったけどね」と、残念そうだった。

     主軸2人を外したスタメンに関しては「トータルで11連戦が続くわけだし、状態が悪い選手を出し続けても仕方がない」と休養の理由を説明し、「若い選手には、このチャンスを逃さないようにアピールしてもらいたい」と、新戦力の台頭にも期待した。

     松山、曽根が入ったことで、スタメンの野手8人中、捕手の會澤を除く7人が左打者という極端な打線となった。ファーストで起用した西川に関しては「打撃には光るものがあるからね。あそこで使えるのは今しかないから」と、短期決戦でのオプションの1つとして考えているようだ。

     レギュラーシーズンは残り7試合となるが、この時期に何をやるかが、CSに向けて重要となる。緒方監督は「先発陣はもう1回ずつ、(大瀬良)大地は2回投げてもらうことになると思うけど、しっかりそれなりの内容を求めている」と期待。「中継ぎ陣も最後までしっかり投げてもらうつもり」と、シーズン最終戦まで戦闘モードは崩さない。

    「勝ちにこだわることはないが、勝つためにやるべきことをしっかりやっていく」という指揮官の姿勢は、昨年、シーズン後のブランクの末、CSで苦杯をなめた悲劇を繰り返さないためだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180927-00215058-fullcount-base

     ◇セ・リーグ 広島4―5DeNA(2018年9月11日 マツダ)

     広島はDeNAに4―5で敗れ、3年ぶりとなる6連敗。球団史上初となる3連覇へ向けた優勝マジックは試合前の「9」から変わらなかったが、最短Vはさらに1日のびて17日となった。

     優勝決定を待ちわびる鯉党にとってはやきもきする展開が続いているが、悪いことばかりではない。広島は17日から19日まで試合が組まれていないが、最短Vはあくまで広島全勝が前提。6連敗中という現状で17日の優勝決定は現実的ではない。20日からは阪神、DeNA、ヤクルトと本拠マツダでの9連戦が控えており、その9連戦中に優勝が決定することが濃厚だ。

     一昨年は東京ドーム、昨年は甲子園と敵地でセ・リーグ優勝が決まった広島。地元での優勝決定となれば1991年以来27年ぶりだけに、球団初の3連覇はさらに盛り上がることになりそうだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180911-00000173-spnannex-base

     白熱した試合が続いた「第100回全国高校野球選手権大会」が、21日に幕を閉じる。広陵出身の広島・上本崇司内野手(27)は2年の春と夏(07年)、3年夏(08年)に甲子園に出場。現在守備と走塁のスペシャリストとしてチームに貢献するプロ6年目が、平成最後の夏に強豪で過ごした3年間を振り返った。


     喜び、感動、さまざまな思いを胸に聖地に足を踏み入れた。グラウンドから見渡す景色、雰囲気、声援-。全てが最大限のパフォーマンスを引き出してくれた。

     「高校球児にとっての一番の場所。感動しましたよ。うわ~すげ~、と。注目を浴びるので、すごいモチべーションが上がる。力以上のものが発揮されるというのは本当にあると思います」

     最も心に残っているのは2年の夏。現在もチームメートである野村、土生、巨人・小林らが1学年上におり、準優勝した89回大会だ。上本は全試合に「2番・遊撃」で先発出場。決勝では佐賀北に4点リードから逆転負けを喫したが、佐賀北戦よりも1回戦の駒大苫小牧戦の方が強く印象に残っているという。

     相手は前年まで3年連続決勝に進んでおり、優勝候補の一角にも挙げられていた。緊迫した展開となり、2-3で九回の攻撃に入った。先頭だった上本は中前打で出塁し、後続の適時打で同点のホームを踏んだ。その後、内野安打と敵失が絡んで勝ち越し。見事な逆転勝利を収めた。

     「土壇場でした。みんなでつないで。あれが一番激しかった。大きな勝利でした」。チーム一丸となって強敵を倒したことで勢いに乗り、決勝まで勝ち進んだ。

     3年夏の大会でも2回戦の横浜戦で先頭打者アーチを放つなど活躍。チームは3回戦に進めなかったが、上本は「1番・遊撃」として計9打数6安打4打点をマークし、非凡な才能を見せつけた。

     広陵での3年間は「私生活、人間力」も学んだという。「当たり前のことですけど、あいさつ、返事、勉強」。中井哲之監督から口酸っぱく言われたことは、現在も生きている。また、中井監督と両親からは「大学は絶対卒業しなさい。野球人生は短いから」と助言されたことも記憶に残っている。その後、明大を経てカープの一員に。現在は守備固めや代走での出場が中心だが、8日の中日戦(マツダ)では1年目の13年以来5年ぶりに先発し、三塁守備で勝利に貢献していた。

     汗と泥にまみれ続けた広陵時代。「甲子園での緊張はなかったですけど、先輩が怖かったのでその圧はすごかった。3年間はいい思い出です」。鯉の背番号0は爽やかな笑顔で振り返った。(デイリースポーツ・田中 哲)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180821-00000080-spnannex-base

    このページのトップヘ