広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    曽根海成

    ◆ 今季、菊池以外に6人が一軍で二塁を守る

     広島が菊池涼介のポスティングシステムによるMLB移籍を容認した。今後は正式な手続きを経たうえで、入札の意思があるMLB球団と交渉を行い、移籍を目指す。

     球団としてはMLBからの入札が実現しなかった場合には、残留も受け入れるかたちを取るが、MLB移籍となった場合は、戦力的に大きな痛手。菊池の動向次第ではあるが、後釜の準備は必須だ。この秋のキャンプ、そして来春のキャンプ、オープン戦で2020年シーズンに向けた内野の布陣を固めていくことになる。

     2019年シーズンを振り返ると、広島の二塁を守ったのは菊池(138試合)の他に6人いた。曽根海成(10試合)、上本崇司(8試合)、三好匠(5試合)、サンタナ(4試合)、安部友裕(2試合)、小窪哲也(1試合)である。すでにサンタナとは契約を結ばないことが発表されており、その他の5人は候補になり得るメンバーとも言える。

     2013年シーズンからほとんどの試合で菊池が二塁を守っていたこともあり、一軍で二塁を経験している選手はほとんどいない。直近の7年間で見ると、2017年シーズンに上本が16試合で守備についたのが、菊池を除いた二塁としての最多出場ということが、すべてを物語っている。


    ◆ 小園海斗や田中広輔のコンバートも

     菊池の存在によって一軍の二塁手が手薄ということもあり、他のポジションからコンバートして穴を埋める可能性も十分に考えらえれる選択肢だ。2018年ドラフト1位の小園海斗もそのひとり。今季は田中広輔の不振、故障離脱もあり、遊撃手として55試合に出場した。しかし、みやざきフェニックス・リーグでは二塁のポジションでも試合に出場しており、来たるべき日に備えて準備を行っていることがうかがえる。

     一方で、復活を期す田中が二塁に回るというプランもあるだろう。今年8月にヒザを手術したこともあるが、田中も2020年シーズン中に31歳となる。今後、遊撃手として5年、10年と第一線でプレーできる可能性は低い。絶対的な存在だった菊池が退団するタイミングで、二塁にコンバートされたとしてもおかしくはないだろう。

     二塁のポジションを掴むのは、実戦経験が少ないとはいえ、2019年シーズンに二塁を守ってきた選手たちなのか。それとも遊撃として実績がある田中なのか、はたまた高卒2年目の小園に経験を積ませていくのか。

     ポジションこそ異なるが、前田健太がポスティングシステムを使い海を渡った翌年に、野村祐輔が16勝3敗の好成績で優勝に大きく貢献した。それ以降には大瀬良大地というエースも誕生し、エースだった前田が不在でもチームは3連覇を飾っている。チームとしては当時と同じように、菊池が不在となっても、新たなるセンターラインの核を作り出さなければならないし、そういう選手の出現を望んでいることだろう。

     まずは菊池の動向次第ではあるが、プロ入り2年目となる2013年から7年連続でゴールデングラブ賞を受賞してきた球界きっての名手・菊池の後釜として、スタメンに名を連ねるのは、いったい誰になるのだろうか。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191110-00208655-baseballk-base

    広島曽根海成内野手(24)が4日、コンディション不良でキャンプ地宮崎・日南から広島に戻った。

    キャンプ前から不安を抱えており、キャンプの練習量では悪化の恐れがあったため離脱という決断に至った。松原チーフトレーナーは「シリアスな問題ではない。まずは運動量を落としてから。有効に時間を使う」と軽症であると強調した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191104-11040813-nksports-base

     広島・西川が25日、後輩の指名を歓迎した。

     母校・敦賀気比の木下元秀外野手が育成ドラフト2位で指名され、東監督から連絡があったという。

     木下は2年時の昨年はエースとして、今夏は4番として2年連続の甲子園出場に大きく貢献。今夏は甲子園で12打数7安打6打点と大活躍した。

     西川は面識こそないものの、木下の甲子園でのプレーは記憶しており、「一緒の高校から入ってきてくれるのは楽しみです」と声を弾ませていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191025-00000135-dal-base

     ソフトバンクは21日、美間優槻内野手に来季の契約を結ばない旨を通告した。この日午前、ヤフオクドーム内の球団事務所で球団幹部が来季の構想から外れていることを通告された。


     球団から通告を受けた美間は晴れやかな表情を浮かべて「結果は結果なので。やり切った感はあるし、自分の中では野球に対してひと区切りおこうかなと思っています」と語り、現役を引退する意向を示した。プロ生活は7年間。「カープの時の初ヒット、今年の初本塁打が印象深い試合でした」と思い出を語った。

     鳴門渦潮高から2012年のドラフト5位で広島に入団した美間。2018年7月に曽根との交換トレードでソフトバンクへと移籍した。今季は1軍で15試合に出場し、22打数2安打、打率.091の成績だった。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191021-00580868-fullcount-base

     広島・小園海斗内野手(19)は8日、フェニックス・リーグの韓国ハンファ戦で、“人生初”となる二塁でフル出場した。5度の守備機会を無難に処理。小園が複数ポジションを守れれば、田中広との併用が可能となるだけでなく、メジャー挑戦の意向を示している菊池涼の不在にも備えられる貴重な新オプションとなる。

     佐々岡政権の始動を前に、早くも新オプションが蓄えられている。フェニックス・リーグ開幕2日目にして、小園が人生初の守備位置に就いた。「1番・二塁」でフル出場。初回先頭の二塁へのゴロを無難にさばくと、強烈な正面のゴロあり、2度の飛球ありとパターン豊かな計5度の守備機会に恵まれた。準備期間は試合前の守備練習だけながら、失策なしと持ち前の対応力だけで乗り切った。

     「景色が違いました。ノックとか遊びながらでしかやったことがなかった。ショートよりも(一塁が)近いので、まずはしっかり捕ろうと思っていました」

     秋季リーグに帯同している内野手は、6人のみと少数精鋭。水本2軍監督の方針で、全内野手に複数ポジションを課すことが決まった。「けん制にバントシフトに覚えることはたくさんある。二塁のことが分かれば、ショートでも指示が出せる。いろんなことができれば、自分の幅も広がると思います」。今秋は、ウエスタン・リーグで5試合のみだった三塁にも挑戦する予定だ。

     新体制のカギを握る新オプションになるかもしれない。正遊撃手だった田中広は8月下旬に右膝を手術。来春キャンプでの合流を目指しており、完全復活となれば、小園を三塁起用するなど併用も可能になる。また、菊池涼は今オフにもメジャーに挑戦したい意向を示しており、名手不在を想定した備えも必要。玉木2軍内野守備走塁コーチは「(1軍でも)可能性がないことはない」と明言しており、来季に間に合うように本格挑戦する。

     昨秋から外野に挑戦した西川が中堅で定位置をつかむなど、複数ポジション習得が選手層の厚さにつながってきた。高ヘッドコーチは坂倉、磯村の内野挑戦プランも温めているという。

     「試合に出られることが増える。自分の任されたところでアピールしていきたいです」。小園にとっては勉強の一環ともいえる新ポジションは、V奪還の重要な一手となる可能性もある。 (河合 洋介)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191009-00000006-spnannex-base

     ピオーネ・ミヨシがミヨシ・ピオーネを食べた!?

     「黒い真珠 三次ピオーネ」の日の6日、広島・三次(みよし)市の三次ピオーネ生産組合などがマツダスタジアムを訪れ、三好(みよし)匠内野手(26)に最盛期を迎えた名産のぶどう品種「ピオーネ」を贈呈した。昨年までも永川やOBの梵氏など三次市出身の選手に贈られていたが、“ミヨシ”つながりで今季途中から鯉の一員になった三好に白羽の矢が立った。

     ミヨシに引っかけて上本に「ピオーネ」のニックネームを授けられた三好。初体験の1粒を口に放り込み、「おいしいです。今から旬なんですよね。これを食べてしっかり活躍したいです」と誓った。しかしニックネームはチーム内で「あんまり浸透していない」とのこと。「ファンの方にピオーネと呼んでもらえるよう頑張ります」と“ピオーネ三好”の定着を希望していた。

     生産組合などは「三好ピオーネ」計41箱を三好、永川、アドゥワ、球団に贈呈。すでに出荷が終わったハウス物は1箱(4房)約9000円、10月中旬まで店頭に並ぶ予定の露地物は1箱約7000円の高級フルーツだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190906-00000128-sph-base

    5月26日以来となる東京ドームに足を踏み入れた広島ナイン。首位・巨人との直接対決を待ちわびた首都の赤ヘル党から「誠也~、ホームラン~!」「菊池さ~ん、頑張れ~!」などの声援が飛び交っていた。そして三塁ベンチ周辺の客席にいる声の主に、視線や手ぶりで返答することも多い。

     もちろん曽根海成内野手(24)も例外ではない。奥目のクリクリまなこに夢中になるカープ女子も多いと聞く。「曽根さ~ん、サインくださ~い!」の黄色い声に一瞬、驚いたような表情を見せたが、すかさず右手で左手の甲、耳、胸などに触れ、最後は両拳をトントン。それって、サインはサインでもブロックサインじゃないか。

     「だって、(練習が忙しくて)書けないじゃないですか」と背番号00。ところで何のサインを出していたのか。「適当です。意味ないです。あ、ちゃうわ。無意識に『待て』のサインを出してたわ!」―。“サインを受け取った”女性ファンの方、しばらく待ったら本当のサインもゲットできるかも、です。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190730-00000117-sph-base

     辛くも逃げ切った。首位の巨人は12日の広島戦(マツダ)を8―7で制し、引き分けを挟んで5連勝。王者の驚異的な粘りを総力戦でかわし、鬼門の同球場での連敗も5で止めた。シーズンも終盤戦に入り、同地での対戦は今カードが最後。優勝争いの行方を左右する決戦の舞台裏では、新天地の二軍で絶好調の長野久義外野手(34)の姿がなかったことに、チーム内から疑問の声も上がった。

     午後10時を過ぎ、スタンドの鳴り物もやんだ4時間17分の激闘に終止符を打った原監督は「面白かった? 俺は面白くないよ。厳しいゲームだったよ」と切り出し「今日は勝利したのが大きい。それ以上でもそれ以下でもないよ」と、さすがに疲れた様子を見せた。

     それも当然だ。初回から4点を先制し、3回の攻撃終了時には6―1で主導権を握っていた。しかし、先発復帰した山口がピリッとしないまま、球数制限もあって4回途中4失点で降板。この日はブルペンの柱・中川をコンディション不良で欠くなか、早々と継投を余儀なくされ、最終的には宮国を残してリリーフ7人を投入するフル稼働でどうにか逃げ切った。

     マツダでの白星は実に開幕カードの3月31日以来。赤ヘル軍団の強烈な追い上げには、指揮官も「どんな点数(得点)も大きいよ。何点がいわゆる安全なのかというのが分かりづらいね…」と舌を巻くしかなかった。1勝は1勝ながらチーム一丸でマツダでの悪夢を振り払い、2位DeNAを3差に突き放した。3位の広島とも4・5差まで広げたのだから大きな価値がある。

     その激闘の裏で、試合前から巨人サイドには何とも言えない空気も流れていた。今回の3連戦がマツダで行われる今季最後のマッチアップ。その初戦に、あの男の姿がなかったからだ。昨オフにFA加入した丸の人的補償として電撃移籍した長野だ。

     チーム内からは「何でチョーさん(長野)は上がってこないんですかね。二軍でも好調なはずですけど…。僕らももちろんチョーさんに会えることを楽しみにしていましたけど、お客さんだってウチと戦うところを見たいでしょう」との声が上がり、スタッフの一人は「ここで使わないなら、いったい何のためにわざわざ獲ったんだろうね」と首をかしげた。

     長野は二軍戦23試合に出場し、打率2割5分7厘、1本塁打、8打点ながら、8月に入っていよいよ「夏男」の本領発揮。ここまで6試合連続安打中で、月間打率も3割8分5厘(いずれも成績は12日現在)と急上昇している。加えて巨人戦は通算4割1分7厘(12打数5安打)と“キラー”ぶりを誇るだけに、Gナインは「赤チョーノ」の不在に少なからず違和感を覚えたようだ。

     もちろん、長野がいようがいまいが、指揮官が「まだ戦いは続くよ」としたように今後も気は抜けない。5月下旬の東京ドーム3連戦以来となる再会は訪れるのか――。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190813-00000026-tospoweb-base

    【広瀬真徳 球界こぼれ話】日本球界におけるシーズン中のトレードがここ数年、急増している。

     昨季は5組だったが、今季はすでに6組(金銭交換を含む)が成立。7月末の締め切り期限を前に早くも昨季の数を上回った。

     2016年(3組)、17年(4組)と着実に増え続けるシーズン中の選手交換。なぜ活発化し始めたのか。

     ちまたでは「トレードが頻繁に行われるメジャーに倣い始めた」という見方が強いが、理由はそれだけではない。パ・リーグの某球団編成担当は「メジャーの影響や米球界に精通する人物が球界内に増えたことは否定しませんが、球団や選手のトレードに対する意識の変化も大きいと思います」と現場の状況をこう説明する。

    「以前はトレードというと負のイメージが強く、球団側に主導権があるとはいえ、ファンの感情や選手の思いを配慮して消極的だった。でも、今の選手はトレードに前向き。悪い印象を持っていない。『活躍の場があるのなら』という意識が強いのか、ここ数年は契約更改の席などで移籍を直訴してくる選手も多い。今シーズン途中にチームが変わった選手の中には数年前から他球団への移籍を熱望していた選手がいました。そういった選手の気持ちを球団側がくみ『同一リーグでなければ』と柔軟な対応を取るようになってきているのです」

     時代とともに「球団格差」がなくなりつつある点もトレード誘発につながっている。

     かつてのプロ野球界は「人気のセ」と言われたセ・リーグを中心に動いていた。必然的に交換要員の選手を含めトレードの中身もセに有利な内容が多く、交渉が決裂するケースも珍しくなかったという。

    「現在はセパにおける人気面の格差は大きくない。むしろソフトバンク、日本ハム、楽天などは球界をけん引する勢力として年々、チームの存在価値を高めている。こうした流れにより、セパが対等にトレードできる環境が整ったことも一因でしょう」(前出編成担当)

     様々な思惑が絡むものの、トレードの主な目的は戦力の強化。当該選手がおのおのの新天地で活躍すれば球団、選手ともに利益を享受できる。実際、今季のトレードでも古巣で居場所を失いつつあった宇佐見(巨人→日本ハム)や松井雅(中日→オリックス)、下水流(広島→楽天)は早くも新たな環境下で躍動。日本ハム在籍時から主力投手の一人だった鍵谷(巨人)も移籍直後から貴重な中継ぎ右腕としてチームの快進撃を支える。

     成功例が増えるばかりか、今やマイナス要因を探す方が難しいシーズン中のトレード。増加傾向が続くのも無理はない。 

     ☆ひろせ・まさのり 1973年愛知県名古屋市生まれ。大学在学中からスポーツ紙通信員として英国でサッカー・プレミアリーグ、格闘技を取材。卒業後、夕刊紙、一般紙記者として2001年から07年まで米国に在住。メジャーリーグを中心に、ゴルフ、格闘技、オリンピックを取材。08年に帰国後は主にプロ野球取材に従事。17年からフリーライターとして活動。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190723-00000004-tospoweb-base

     13日に放送されたRCCラジオの制作でニッポン放送で放送された広島-巨人戦で解説を務めた横山竜士氏が、広島のルーキー・小園海斗の守備について言及した。

     横山氏は「ゲームに出る中で、ランナーがいる状況でエラーもあったんですけど、決して守りに入らないというか、常に前へ前に出てプレーする姿はいいですよね」と小園の守備を評価した。

     フレッシュオールスターでMVPに輝いた小園は、オールスター明け前半戦打撃不振で苦しんだ田中広輔に代わって、ショートでスタメン出場する機会を増やしている。

    (提供:Veryカープ!RCCカープナイター)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190814-00199353-baseballk-base

    このページのトップヘ