広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    曽根海成

    <カープ観測>

    6・6秒で、広島広瀬三塁コーチは何を考えたか。5月3日巨人戦。3-3に追いつかれた後の8回1死一、三塁の攻撃。西川の滞空時間6・6秒の高く、浅い左飛で三塁走者曽根がタッチアップし、本塁返球がそれる間に決勝点を奪った。ふつうの返球ならアウトのタイミング。ギャンブルスタート成功には、プロならではの準備と観察と判断があった。


    フライは浅すぎた。だが、広瀬コーチは、左翼重信の打球へのアプローチの仕方を見て「いけるかも」と思った。捕球地点と本塁を結ぶ直線コースに入っておらず、送球が不安定になることが予想されたからだ。顔の左横で捕球したのを見て「やはりいける」と判断した。左投げなら右手のグラブを使って顔の左側で捕球すればすぐに送球体勢に入れるが、右投げは切り返す分、時間的ロスが生まれる。「いけ」。曽根の背中を押した。

    判断には伏線がある。この回からレフトに入った重信の送球はスライダー回転で、不安定なのはチェック済み。曽根の俊足も考慮し、塁上で「少々浅くても行くぞ」とささやいていた。「どのくらい浅ければ行くんですか?」。「全部行くつもりでいろ。俺が判断する」。明確に指示。無理だと思えば、途中で引き返させればよかった。

    チーム状況、試合状況も考えていた。快勝ムードが7回に2失策が出て同点に追いつかれ、流れは巨人。タッチアップを自重し、2死一、三塁となれば次打者に重圧がかかる。打てなければ、ムードは悪くなる。ならば、際どいタイミングでも勝負したい。そして、想定した飛球が上がった。

    三塁コーチといえば、西武黄金時代の走塁を支えた伊原春樹氏が思い浮かぶ。同氏はかつて本塁を狙う基準について「セーフの確率が50%ならGO」と言った。広瀬コーチはどうだったか。「打球が上がった瞬間は『ストップ』でした。捕球までの何秒かの間に、行くか行かないかのラインを、こうやって動きましたね」と、右手をメーターの針のように動かした。そして「何より、曽根がよく走りました」と強調した。

    綿密に準備し、走者と作戦を共有し、観察し、判断した段階で、生還を確信していた。これがカープ野球。もはやそれは、ギャンブルスタートではなかった。【広島担当 村野森】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190512-05100637-nksports-base

    熱戦にピリオドを打ったのは“赤いストレッチマン”の足だった。広島は3日の巨人戦(マツダ)、3―3の8回、一死一、三塁のチャンスで西川が放った打球は浅い左飛。ここで広島は賭けに出た。三塁コーチャーの広瀬外野守備走塁コーチは左翼手・重信の捕球体勢が崩れているのを確認し、代走から途中出場の三走・曽根海成内野手(24)に「GO!」を指示。チーム一の快足を飛ばして決勝点をもぎ取った育成出身のプロ6年生は「浅くてもいける自信があった。良かったです」と笑顔を見せた。

     昨季途中にソフトバンクから交換トレードで加入して2年目。まだまだ広島では“隠れキャラ”的な存在だが、大阪市出身の曽根は移籍後2度目のお立ち台でも関西人の本領発揮(?)でファンのハートをつかんだ。インタビュアーから接戦の中でベンチでは何をしていたか問われると「ストレッチです」。代走で心掛けていることにも「ストレッチです」と返して鯉党の爆笑を誘った。犠飛で決勝点を叩き出した西川は「曽根さまに感謝です」と最敬礼。難しい判断で勝利を呼び込んだ広瀬コーチも「曽根を褒めてやってください」と持ち上げた。

     出番は代走や守備固めがメイン。それでも曽根はさらなる活躍に向けて「しっかりストレッチして、いつでも行けるよう準備します」と気持ちを引き締めていた。





    引用元   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190504-00000013-tospoweb-base

    <広島6-3巨人>◇3日◇マツダスタジアム

    広島が7回に2失策がからむ守備の乱れで同点に追いつかれながら、8回に勝ち越して逃げ切った。2連勝で4位に浮上。緒方孝市監督(50)の談話は以下の通り。


    「床田がしっかりと粘り強く、ランナーを出しながら投げてくれた。7回、ピッチャーがきつくなるところで、落ち着いてできている守備が、今シーズンたまに、こうやって(失策として)出るんでね。そういうところ、ピッチャーが粘っているところで、ああいうところのワンプレーで流れが向こうにいってしまったのは、勝った試合の中でも大きな反省。ただ、エラーした安部が最後意地を見せてくれたし、同点に追いつかれながら、8回粘り強い攻撃で点を取ることができた。連戦は続くんで、また明日、しっかりやりたいと思います」。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190503-05031325-nksports-base

     「広島6-3巨人」(3日、マツダスタジアム)

     広島が2失策で同点に追いつかれたものの、西川の犠飛と自らの失策が失点に絡んだ安部の2号2ランで巨人を振り切った。連勝で4位に浮上した。


     広島は二回に会沢が先制適時打、六回にバティスタの犠飛と、鈴木の17日ぶり本塁打となる8号ソロで3点をリードした。

     しかし、七回に菊池涼と安部による2失策がからみ、阿部の適時打などで同点に追いつかれた。床田は同点にされたタイミングで降板し、自責0ながら3失点で勝利投手を逃した。

     八回、広島は巨人の田原に対し、1死から連打で一、三塁に。西川の当たりは左翼へ浅いフライとなったが、代走で三走に入っていた曽根が本塁へ突進し、左翼に入っていた重信からの送球がそれたこともあり勝ち越しのホームを踏んだ。

     さらに、投手が高木に代わってから安部が、七回でエラーをした汚名を払う右中間への2号2ランを放ち、3点のリードを奪った。

     九回は中崎が締めくくり、対巨人3連戦の初戦をものにした。勝ち投手はフランスアで4勝目(1敗)。敗戦投手は田原で今季初黒星。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190503-00000134-dal-base

     「広島4-0阪神」(2日、甲子園球場)

     広島の曽根海成内野手が、今季初安打を放ち、好走塁でも勝利に貢献した。

     七回に代走で途中出場すると、2点を奪って迎えた九回1死二塁の場面で打席に立ち、右前打を放った。

     さらに1死一、三塁から会沢が放った左翼線への打球で一塁から一気に生還した。好走塁について「打った瞬間に行こうと思っていた」と汗をぬぐった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190502-00000136-dal-base

     ◇セ・リーグ 広島4―0阪神(2019年5月2日 甲子園)

     広島は息詰まる投手戦となった阪神との1戦を9回の集中打で4―0と勝ち切り、連敗を4で止めた。0―0のまま突入した9回、バティスタが値千金の決勝2ラン。7回無失点と好投した大瀬良を勝利投手にすることはできなかったが、8連勝後に始まった4連敗を止め、借金を3に減らした。阪神の連勝は4でストップ。


     広島・大瀬良、阪神・岩田と両先発投手がともに7回無失点と好投。広島はその2人が降板し、0―0のまま迎えた9回に3番手・ドリスから先頭の野間が四球で歩くと、バントで送った1死二塁からバティスタが左翼スタンドへ5号2ランを放って待望の先制点を奪った。

     さらに鈴木も中前打で続いてドリスをマウンドから引きずり下ろすと、4番手・守屋から途中出場していた曽根も右前打で続き、1死一、三塁。ここで会沢が左翼線へ二塁打を放って2点を加えた。広島は8回まで1度も二塁ベースを踏めないでいたが、一挙に4点を奪う4安打集中だった。

     阪神はドラフト1位ルーキーの近本が球団新人新記録となる13試合連続安打を達成し、3安打の活躍。先発投手の岩田も7回4安打無失点と好投したが、ドリス、守屋のリリーフ陣が持ちこたえられず、連勝が4で止まった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190502-00000187-spnannex-base

     27日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-広島戦』で解説を務めた井端弘和氏が、広島の1番・田中広輔の打率があがってこない原因について語った。

     田中は開幕から状態があがらず、ここまで打率.180。『1番・遊撃』で先発出場した27日のヤクルト戦では4打数0安打だった。

     3回二死二塁で迎えた田中の第2打席で井端氏は「得点圏でチャンスということで初球からどんどん振ってきていますけど、その辺の見極めができていないのがこの打率になっているのではないかなと思います」と分析。

     「ワンバウンドを振ったり、ボール球までに手を出すと率は上がってこない。もう少し冷静になって、頭を整理して打席に立っていけば、力があるので状態はあがってくると思います」とボールの見極めが重要になってくると語った。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190428-00187095-baseballk-base

     広島の小園海斗内野手が7日、ウエスタン・リーグ対オリックス戦で「1番・遊撃」で先発出場。4打数無安打に終わり4試合連続ノーヒットに終わった。これで4月3日・中日戦の第3打席から21打席連続無安打となったが「自分の中で課題は分かっているのでしっかり修正していきたい」と前を向いた。



     オリックスの先発・成瀬の前に第1打席は空振り三振、第2打席も見逃し三振に倒れるなどこの日も快音は響かず。それでも6回の第3打席は中飛、9回の第4打席は左飛はしっかりと捉えた打球を放っており「最後の2打席の感じは悪くなかった」と、復調のきっかけを感じた様子。

     春季キャンプ、オープン戦、そして開幕1軍入りと怒涛の日々を過ごしてきたドラ1ルーキーに水本2軍監督は「下(2軍)では多く打席に立つことで課題が見えてくる。結果が出ないから(スタメンを)外すことはない。試合を重ねてやるべきことをやっていくことから。やることはいっぱい、まだまだですよ」と、口にする。

     2軍ではここまで6試合に全てフル出場し24打数2安打、0本塁打、0打点、0盗塁、打率.083。まだまだ納得いく結果は出ていないが「課題は分かっている。まだ後ろで構えていて、自分の中で投手に入っていけていない。その部分を含めて修正していきたい」と力を込めた。

     将来のリードオフマンと期待され「1番・遊撃」として起用されているが「経験させてもらっているが、そこに甘えることなくやっていきたい。練習からしっかりやっていきます」と、巻き返しを誓っていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190407-00339954-fullcount-base

    <オープン戦:ヤクルト3-4広島>◇19日◇神宮

    昨季セ・リーグ王者の広島と同2位ヤクルトのオープン戦が19日、神宮で行われた。日刊スポーツ評論家の里崎智也氏(42)が、開幕を10日後に控える両チームの現状を分析した。


       ◇   ◇   ◇

    広島、ヤクルトの両ベンチがうれしい悲鳴を上げている。初回、1番田中広と2番菊池涼の「タナキク」連打で先制。田中広は5回も二塁打から生還した。ここで頭を悩ませるのが、快進撃を続けるドラフト1位、小園の起用法だ。

    ポジションのかぶる田中広を差し置いて遊撃は難しい。日本代表クラスで、ゴールデングラブのタイトルホルダー。シーズン中に交代させることもない。ならば三塁安部の出来を見て、不調なら三塁で勝負させる手はあるだろう。だがその安部も5回に2ランでアピールした。リーグ3連覇中のチームで、無理に何かを変える必要もない。腰を据えて2軍で経験を積ませるのも1つ。小園をただベンチに置いておくのはもったいない。

    ヤクルトも2年目の塩見がバットで成績を残す中、同じ外野手の青木とバレンティンが本塁打を放った。この2人はレギュラーから外せない。雄平も好調だ。加えて緊急時は一塁の坂口が外野に入るオプションがある。塩見は小園と違って大学、社会人を経て入団しており、すぐにでも使うべき戦力。私なら投手の左右によって雄平と併用する。

    広島の内野、ヤクルトの外野ともに、メンバーが充実しているポジションに新戦力が台頭している。「使ってみたい」と思わせる結果を残す若手を、どう起用するか。決断が試される両首脳陣の手腕を楽しみに、開幕を待ちたい。(日刊スポーツ評論家)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190319-03190596-nksports-base

     広島がDeNAとのオープン戦(福山)に12-5で勝利。4番・鈴木が満塁弾を含む3安打4打点を記録するなど、13安打で12点を奪った。

     広島は0-2で迎えた3回、8番・安部、9番・会沢、1番・田中の3連打で無死満塁とすると、2番・菊池のニゴロの間にまず1点。続く3番・西川は右前への2点適時打を放ち、3-2と逆転した。

     4回も会沢と菊池の適時二塁打で加点したあと、4番・鈴木が満塁弾を左中間席へ運んだ。鈴木は2本の二塁打と満塁弾で計3安打。会沢は2打席連続安打をマークし、オープン戦打率は.800(10打数8安打)となった。

     5回には代打で登場した曽根が、右中間突破の適時三塁打を放つなど若手もアピール。同じく代打から出場したドラフト1位の小園は、空振り三振とニゴロで2打数無安打だった。

    このページのトップヘ