広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    會澤翼

    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

     言うなれば「小窪の魂、百まで」だ。今オフ広島の選手会長が会沢翼捕手(29)に代わった。前任者の小窪は2年間の任期を全う。その小窪やベテラン新井、石原らの推薦で、会沢にすんなり決まった。新選手会長はいつも「基本的には小窪さんがやってきたことを引き継ぐこと。チーム一丸を重視したい」と言う。連覇を果たした広島の武器は一体感。小窪の奔走を副会長として一番近くで見た会沢には“イズム”がある。


     初仕事は選手会長になったその日。11月末の選手会納会だった。ミーティングの後、会沢は25歳以下の選手を集めた。鈴木、西川、野間らを前に「お前たちがしっかりしないと、これからのカープは強くならないぞ。私生活でも、オンオフしっかりしよう」と語りかけた。その心は、「(強さの原動力を)次の世代につなげていかないと」。小窪会長時代に目が届かなかった世代に、会沢がイズムを伝えたことになる。

     当然会沢の色もこれから出るだろう。小窪は「僕より決断力、行動力もある。3連覇、日本一に向かって色を出していってほしい」と語っていた。もう長い低迷期はゴメンだ。他球団にはないような団結力。根本は変わることなく、広島は強さを維持していくはずだ。【広島担当 池本泰尚】

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171212-00073393-nksports-base

     広島の会沢翼捕手(29)が9日、広島市内のショッピングモールで行われた「アサヒビールプレゼンツ カープ応援フェア」のトークショーに出演。終了後に報道陣の質問に答え、来季はジョンソンのハートを射止めてチームをけん引すると誓った。今季、13試合に登板した助っ人左腕とは一度しか先発バッテリーを組めなかった。信頼を勝ち取り、真の正捕手になる。

     真の正捕手になるためには、避けては通れない道だ。ジョンソンとバッテリーを組んでチームを勝利に導くことが、来季、自らに課すミッション。会沢自身もそれを自覚し、思いを言葉に変えた。

     「(ジョンソンと組む)準備はしています。そこを頭に入れておかないといけない。組んだら、僕の色を出していきたいと思っています」

     助っ人左腕が先発した今季13試合のうち、会沢が先発マスクをかぶったのはレギュラーシーズン最後の登板となった9月30日・DeNA戦(横浜)の1度だけ。15年の初来日から左腕の女房役は常に石原だった。15年は全28試合、16年も全26試合をベテランが初回からリードした。

     積み重ねた経験などもあり、優れた洞察力が石原の大きな武器だ。試合中に投手の状態を的確に見極めながら、球種や配球を決めて勝利に導いてきた。会沢が来季を前にテーマとするのが、その臨機応変な組み立て。「試合前のブルペンが良くてもマウンドに上がると違うときがある。思い描いた通りにいかないときこそ、キャッチャーが本領を発揮するとき。そういうときに何とかしないといけない」と力を込めた。

     今季87試合でスタメンマスクをかぶり成功も失敗も経験した。それを次への糧とする。一方でジョンソンの投球はベンチから1球たりとも見逃さなかった。「こういう球が狙われているとか、感じるところはあった。(基本となる)データは頭の中に入れようと思って、ずっと見ていた」。あとは来年の春季キャンプから積極的にコミュニケーションを図って信頼関係を構築し、コンビを組めば自らを信じてサインを出すだけだ。

     自己最多106試合に出場し、初のベストナインにも選ばれた飛躍の1年。「レベルアップをしないと、この世界では食っていけない。来年は今年以上の成績を出すのが目標」と言い切る。今秋から新選手会長に就任した。リーグ3連覇と日本一を目指す18年シーズン。扇の要、そしてチームの中心として会沢がグラウンドに立つ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171210-00000012-dal-base

     広島緒方孝市監督(48)、新選手会長の会沢翼捕手(29)とその家族、関係者ら計228人が、1日、優勝旅行先の米国・ハワイに向けて出発した。


     広島空港で行われたセレモニーでは日本航空のスタッフから花束や飛行機の模型が手渡された。模型を手にした緒方監督は「去年いただいて、息子が大変喜んだ。今年も喜ぶと思います」と笑顔。「思い出に残る旅行にしたい」と続けた。会沢は「来年もこうして行けるように、頑張りたい。また絆を深められれば」と語った。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171201-00066836-nksports-base

     広島の石原慶幸捕手が30日、マツダスタジアムで契約更改交渉に臨み、3000万減の9000万円にサインした。

     今季は77試合に出場し打率・204、1本塁打、12打点。会沢がスタメンマスクをかぶることが多く、出場機会は100試合に届かなかった。1億円を下回っての更改に「納得している。成績も成績ですし」と振り返った。

     来季に向けては「野球人として(試合に出たい気持ちが)あります。でも去年も言ったかな。チームの勝利が1番。自分に何ができるかを考えてやっていきたい。個人的にどうこうはない」と話した。(金額は推定)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171130-00000054-dal-base

     広島・新井貴浩内野手(40)が27日、広島・廿日市市内で行われた選手会ゴルフコンペに参加後、広島市内のホテルに移動し、選手会納会に出席した。小窪哲也内野手(32)に代わって来季からの選手会長に選出された会沢翼捕手(29)のリーダーシップに、太鼓判を押した。

     男気を知っているからこそ、自信を持って推薦した。新井が会沢の選手会長就任に太鼓判だ。

     「いいんじゃない? 責任感は強いし、アツ(会沢の愛称)が適任だと思います。みんなをまとめてくれると思う。頑張ってほしい」

     広島に復帰した2015年からともに1軍でプレーし、今年1月には鹿児島・最福寺で一緒に護摩行もした間柄。来季の選手会長の候補として会沢が浮上したときには、前任の小窪とともに「お前がやってくれよ」と背中を押した。

     「アツとは3年間、一緒にやっているし、性格もわかっている。何かあれば協力します」

     兄貴分から全力サポートを約束された会沢は「身が引き締まる思い。チーム一丸となってやっていきたいです。言いにくいことも(球団に)言っていかないといけない」と決意をにじませた。球団史上初の3連覇と34年ぶりの日本一へ。新井らに支持された会沢が縁の下の力持ちとなって、カープの長所であるチーム力を高めていく。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171128-00000018-sanspo-base

     「NPBアワーズ2017」(20日、グランドプリンスホテル新高輪)

     広島の高卒1年目・坂倉将吾捕手(19)が、ウエスタン・リーグの優秀選手賞、新人賞、期待賞、ビッグホープ賞の4冠を獲得。将来的な目標としてプロ野球タイトルの総なめを目標に掲げた。

     「次に来るときは、1軍の方で呼ばれるようにしたい。(将来的には)総なめしたいと思っている。ベストナインやゴールデングラブ、首位打者など全部取りたい」

     ドラフト4位で入団した高卒ルーキーは今季、2軍で99試合に出場してリーグ2位の打率・298をマーク。シーズン終盤には1軍出場も果たし、プロ初安打初打点も記録。巨人とのファーム日本選手権では勝ち越しの3ランを放つなど、来季の飛躍を感じさせる1年とした。

     日南秋季キャンプでは総合的なレベルアップに着手。早出練習から守備、打撃と野球に没頭した。「まだまだだと思うので、このオフが本当に大事。ウエートなどで体を強くしながら、計画的にできればいいと思います」と年末まで広島に残り、体を鍛え抜くつもりだ。

     来季はドラフト1位の中村(広陵)が加入してくるが、正捕手の座を奪う気持ちは誰にも負けない。進化の2年目へ鍛錬の日々を過ごしていく。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171121-00000040-dal-base

     ◇NPBアワーズ2017(2017年11月20日)

     ベストナイン表彰で横に並んだ広島・鈴木とDeNA・筒香が、本塁打予告をやり合った。

     鈴木は8月23日に横浜スタジアムで骨折した右足首のリハビリ中。「たくさんの方が頑張れと言ってくれ感謝している。そのファンのためにも横浜スタジアムのライトスタンドに本塁打をぶち込みたい」と宣言した。筒香は「マツダスタジアムのライトスタンドに本塁打をぶち込みたい」と反撃。「今年の成績は納得のいくものではないが悔しさを来年にぶつけて日本一になります」と力を込めた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171121-00000041-spnannex-base

     広島の会沢翼捕手(29)が18日、リーグ3連覇と悲願の日本一へ向けて、投手陣と密なコミュニケーションを取り、団結力を高めていく姿勢を示した。


     大分県由布市での湯布院リハビリキャンプに2年連続で参加中。「一緒に温泉に入って、一緒に食事をしていきたい。いろんな話ができるのでキャンプとは違い、いい機会ですね」。裸の付き合いの中で年下の選手とも交流を深め、距離を縮めていく考えだ。

     11年目の今季は自己最多の106試合に出場したが、満足はしていない。「まだまだレベルアップしたいですし、ここで満足してはいけないと思っている」。チームの支柱を目指し、温泉地でも有意義な時間を過ごす。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171119-00000014-dal-base

     セ・パ両リーグは17日、2017年度のベストナインを発表した。リーグ連覇を成し遂げた広島からは初受賞の会沢翼捕手、菊池涼介二塁手、田中広輔遊撃手に加えて2年連続3度目の丸佳浩外野手と2年連続2度目となる鈴木誠也外野手の5人が選ばれた。球団では5人選出されたのは2年連続4度目となる。

     喜びのコメントは以下の通り。

     会沢「選んでいただいて光栄です。監督、コーチ、スタッフ、チームメートに感謝します。来年もこの賞を獲れるように頑張ります」

     菊池「ベストナインを初めて受賞でき、光栄です」

     田中「まさか選ばれるとは思っていなかったので驚いています。来年もショートしてベストナインを獲れるように頑張ります」

     丸「このような素晴らしい賞を受賞できて、大変光栄に思います。今回の受賞を糧に今後も精進し、さらなる活躍を目指したいと思います」

     鈴木「去年に引き続き受賞できて、大変光栄に思います。ケガをし、途中離脱したにも関わらず評価していただき、本当に感謝しています。この賞に恥じないように来年はフルで戦っていきたいです」
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171117-00000081-dal-base

     広島・坂倉将吾捕手(19)が15日、自慢の強肩を発動した。スチール練習で盗塁王・田中の二盗を阻止。来季2年目を迎える期待の若手が、首脳陣へ成長をアピールした。

     「この時期にしては良かったです。でもあの状況はキャッチャーが有利。ランナーが走ってくると分かっていたし、刺す刺さないというより、どういう形で投げるかが重要」

     練習後は冷静に振り返ったが、同期・高橋昂とのバッテリーで魅了した。低めの変化球を好捕すると、難しい体勢から素早く二塁へストライク送球。正確なスローイングで、アウトをもぎ取った。

     俊敏な動きに首脳陣も目を細める。植田バッテリーコーチは「フットワークもいいし、球の強さ、正確さもある」と評価。会沢、石原、磯村ら1軍捕手との競争に「割って入ってもらわないと困る」と期待を口にした。

     2年目のブレークへ坂倉も意欲満々だ。「1軍を目指してやっているので、そこに食い込んでいかないといけない」。今季、ウエスタン・リーグでは2位の打率・298を記録。センスあふれる打撃が注目されるが、捕手としての総合力も高い。坂倉は「何事も完璧を目指したいタイプなので。まだまだバラツキがあるのでもっと安定させたい」と力を込める。来季は“怪物”ドラフト1位・中村(広陵)が新加入。厳しさが増す捕手争いで、存在価値を高めていく。
    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/11/16/0010736313.shtml

    このページのトップヘ