広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    會澤翼

    hhhf

    EKTqQnqVUAEgRFI

    EKTqQnqVUAEgRFI

    284f9c38

    262376-2362-1-2442-pcg

    今季は強打の捕手・坂倉、20歳羽月も1軍でプレー

    広島は主に救援投手陣の不調で開幕から出遅れ、Bクラスとなっているが、今季もまた、新たな“若鯉”が台頭している。かつてロッテの絶対的守護神として大活躍した野球解説者の小林雅英氏も「なぜ広島ではこうも次々と凄い野手が育つのか」に注目している1人だ。

     今季、成長著しいのが、4年目・22歳の坂倉将吾捕手。左打ちの強打が売り物で、高い打率をマークしている。スタメンマスクをかぶる試合も多く、侍ジャパンの主戦捕手である会沢、磯村らと高いレベルの定位置争いを展開している。  小林氏は「広島の野手は総じて、高校から入ってきた頃は華奢でも、技術の向上とともにみるみる体が大きくなる。体つきが他球団と一回り違います。その結果として、スイングも強くなる」と語る。「まずハムストリング(太もも裏)の肉付きがよくなり、次いで腕が太くなっていく印象。丸(現巨人)も、(鈴木)誠也も、會沢もみんなそうでしたし、坂倉にもその傾向が見られます」と見ている。

    284f9c38



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/34b00573f187edb63708da7357c63c4ff200d684

     「阪神10-2広島」(15日、京セラドーム大阪)  広島は投打とも振るわず完敗した。大瀬良大地投手(29)はチームトップの5勝目を目指して先発マウンドに上がったが、5回8安打5失点(自責点4)で今季2敗目。阪神・西勇とのエース対決に敗れた。   ◇  ◇  大地は立ち上がりから調子が良くない中で、サンズの打球を左足に受けた。本人は表情に出さず、その後も淡々と投げていたが、投手というのは野手と違ってすごくデリケートなだけに影響はあったと思う。さらにバックのミスなども重なり、5回でマウンドを降りることになったが、調子が悪いなりに、よく投げたという印象だ。

    284f9c38



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/6c5fb6ec60f251bf6d1b592d6c70fe29f57f3e48

    ヤクルト9-5広島」(6日、神宮球場)  今季初の4連勝とはならなかったが、広島が執念の粘りを見せ、5点差を一時同点とした。


    松山竜平の一発で反撃ののろしを上げた。四回、ヤクルト・先発の高橋が投じた低め140キロ直球を華麗にすくい上げ、バックスクリーンを直撃する2号ソロ。菊池涼も続き、無死1塁から130キロの外角高めのチェンジアップを強振し、右翼席に4号2ラン。五回には長野にも2号ソロが生まれ、1点差に詰め寄ると七回には2死二塁から主砲・鈴木誠が左前適時打で同点とした。

    262376-2362-1-2442-pcg


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/14b588195a0186c5f62f4478c703e62ecf2bf594

    本塁上での走者と守備側の衝突によるケガを未然に防ぐ観点から、2016年に導入されたコリジョンルール。7月28日の広島対中日戦(マツダ)の八回、完全にアウトのタイミングで滑り込んできた中日・大島との接触を避ける形を取った広島・会沢のタッチプレーがリクエストでセーフに覆って同点となり、逆転負けにつながるシーンがあった。審判団の判定、守備側の最善策、コリジョンルールの今後など、デイリースポーツ評論家陣の声を織り交ぜ、検証する。


    本塁上のクロスプレーは、野球の醍醐味(だいごみ)のひとつである。本塁を狙って全力で駆ける走者。それを阻まんとする矢のような送球。その二つが瞬間的に絡み合い、審判が下すジャッジを両軍ベンチ、観客が固唾(かたず)をのんで見守る。  2016年にコリジョンルールが導入されるまでは、走者の生還を食い止める捕手のブロックは技術の見せ場だった。ただ、不要なケガを未然に防ぐため、走者が滑り込めないほど本塁に覆いかぶさるようなブロックは禁止になって当然だし、本塁をこじ開けようとする走者側の悪質なタックルも同様だ。


    BugWVA5o


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/c61b1014147319311b37e014ccb45e9fd12ac1b9

    今年高卒3年目を迎える2017年ドラフト指名組。すでに村上 宗隆(九州学院高→ヤクルト1位)が、目覚ましい活躍を見せているが、ドラフト時の評価は清宮 幸太郎(早稲田実業→日本ハム1位)、安田 尚憲(履正社→ロッテ1位)の2人が抜けていた。


     そんな彼らと同等以上に評価されていたのが、夏の甲子園では史上最多となる6本塁打を記録し、チームを準優勝に導いた中村 奨成(広陵高→広島1位)である。そんな中村が、7月25日にプロ入り以来初めて一軍に上がってきた。  中村は昨シーズンまで一軍での出場機会はなく、また故障もあり、目立った成績を残すことができていないかった。しかし今シーズンは、ファームで打率.339(56打数19安打)とウエスタンリーグでトップと打撃面では大きな成長を遂げている。

    rectangle_large_type_2_47891932aa4f887b69a3629f20ae60f7


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/b54028fbf8494aa850b2f10409652ba5e9951cd8

    このページのトップヘ