広島カープブログ

広島カープファンが作る、広島カープのまとめブログです!

    會澤翼

     広島・新井貴浩内野手(39)が11日、鹿児島・最福寺で護摩行に挑んだ。同僚の石原に、志願で初参加した堂林と会沢を加え、摂氏400度超の熱さに耐えながら己の心を鍛え上げた100分間。約40センチの距離で2メートルを超える火柱と正対し、全身全霊をこめて不動真言を唱え続けた。

     「何年やってもしんどい。でも、これをやらないと始まらない。それくらい大切な場所だし、大切な行。気持ちがグッと引き締まってきます」

     護摩木は、昨年と同じ2000枚。しゃく熱に長時間さらされることで表情は苦痛にゆがみ、意識をしっかり保つために声を張り上げた。

     昨季は132試合で打率・300、19本塁打、101打点。セ界最年長でMVPを受賞し、リーグ優勝の原動力となった。「MVPもリーグ優勝も過去のこと。今年は今年。新しい気持ちでやるだけ」

     高野山別格本山清浄心院住職の池口恵観大僧正(80)からは「一打成仏」「一守不動」の言葉を授かり、「無欲で一心不乱にやりなさい」とエールを送られた。1月30日で40歳を迎えるが、「MVPを獲った去年よりもいい状態。40歳なんて関係ない。今の状態なら50歳までできる」と太鼓判も押された。

     本塁打王を獲った05年にスタートした荒行は13年目に入った。リーグ連覇と日本一を目指す2017年。衰え知らずのベテランが、今季もまた若いチームをけん引する。 (江尾 卓也)


    引用元 http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/01/12/kiji/20170111s00001173265000c.html

     広島堂林翔太内野手(25)が11日、鹿児島市内の最福寺で護摩行に臨んだ。座った自分の顔よりも高い、約3メートル燃えさかる炎の前で、不動真言を絶叫した。
     苦しみの先に光がある-。そう信じて、弟子入りした新井貴浩内野手(39)が毎年続ける護摩行に同行した。炎の威力に顔はゆがみ、呼吸が整わず、声も出てこない時間もあった。紅潮した顔からは汗が噴き出る。それでも、行の前に新井から言われた「向かっていけ」という言葉を思い起こしたように、堂林は声を張り上げ、不動真言を唱え続けた。炎へ1歩も引かぬ姿は、不退転の覚悟で挑む今季への決意の表れだった。

     新井のほか、石原慶幸捕手(37)、会沢翼捕手(28)も護摩行に臨んだ。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170111-01763866-nksports-base

     広島石原慶幸捕手(37)が15日、マツダスタジアム内の球団事務所で契約交渉に臨み、2000万円増の1億2000万円でサインした。今季まで3年契約を結んでいたが、来季は単年契約となる。

     今季はジョンソン、黒田ら主戦とバッテリーを組み、3年ぶりに100試合超の106試合出場を果たした。打撃では打率2割2厘、0本塁打、17打点と振るわなかったが、巧みなインサイドワークで投手陣をリードした。球団からも守備面を高く評価された。本人も「守備面でしかない。打撃はまったくです」と苦笑いも、「すごく評価してもらった」と納得のサインとなった。(金額は推定)


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161215-01752147-nksports-base

     優勝旅行先のハワイから前日7日に帰国した広島V戦士が8日、早速始動した。大瀬良、安部、会沢、下水流ら現状に満足していない男たちがマツダスタジアムで汗を流した。

     大瀬良はウエートトレーニングと、V旅行中にも行っていたキャッチボール。「ボールは毎日必ず持つようにしている。カーブとフォークとチェンジアップの精度をしっかり上げていかないと」。ウエートとスイングを行った安部は「レギュラーを獲るという気持ちしかない。そうなると自然と(練習することになる)」。V旅行中は家族サービスしていた会沢は、その分を取り戻し、ベストナインとゴールデングラブ賞をダブル受賞した石原に挑戦する。

     V旅行中に現地で結婚式を行った下水流も新婚気分も吹っ飛ばしてのウエートトレ。来季は連覇の主役になろうと、みんな必死だった。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161209-00000020-spnannex-base

     広島の松山竜平外野手と会沢翼捕手が26日、広島市のショッピングセンター「アッセ」で行われたトークショーに参加した。

     カープ女子など約150人が詰めかけ、野球の事やプライベートな事まで約1時間、話をはずませた。参加者からの「道具へのこだわりは?」という質問に、松山は「僕はバットですね。毎年、バット工場に行って新しいものを試しているけど、今使っているよりもいいものがない。重さは925~930グラム。短いけど扱いやすいものがいんです」と話した。

     会沢はキャッチャーミットを挙げ「シーズンでは2個をつかう。試合後には毎回『ありがとう』と言葉をかけながら磨いています」と振り返った。

     松山には髪型への質問も。「いつまで丸刈りですか?」の問いに「髪型に興味がないんですよね…。もし長くなっていたら何かがあった訳じゃなくて、面倒くさいから切ってないだけと思ってください」と笑いを誘った。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161126-00000057-dal-base

     広島会沢翼捕手(28)が26日、広島市内のショッピングセンターで松山竜平外野手(31)とともにトークショーに登場した。

     会沢は壇上で休日などで愛娘とお医者さんごっこをし、優勝旅行も家族同伴を予定するイクメンぶりを披露した。イベントの途中にはじゃんけん大会で勝ったファンからもらったトナカイのカチューシャを着け、シーズン中には見せない表情でカープ女子のハートをつかんだ。

     来季の目標を聞かれると「盗塁3個」とニヤリ(会沢は今季8月21日ヤクルト戦で初盗塁を記録。通算1個)。意外な目標とともに、最後は真剣な表情で日本一とレギュラー奪取を誓った。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161126-01743580-nksports-base

     25年ぶりのリーグ優勝を果たした広島カープの選手に関する「珍しい名字ランキング」を12日、「名字由来 net」(リクルーティングスタジオ)が発表した。

     ベスト3は、「梵(そよぎ)」、「堂林(どうばやし)」、「會澤(あいざわ)」がランクイン。梵は全国で10人しかいない非常に珍しい名字で、現在の広島県西部である安芸が発祥といわれている。

     広島の選手、コーチには珍しい名字が多く、4位以下も一岡、畝、大瀬良、天谷、迎、丸、東出、薮田、高と全国で1万人を切る名字が並んでいる。

     ちなみに今年大ブレークした若手の田中、鈴木は全国でそれぞれ134万人、180万人にいるメジャーネーム。神っている鈴木だが、珍しい名字ランキングでは最下位だった。

     なお、ランキングは監督、コーチのほか、選手は9月2日時点での1軍出場登録選手が対象。外国人選手は対象外。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160912-00000038-dal-base

    このページのトップヘ