広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    會澤翼

    ■広島 3-2 中日(12日・マツダスタジアム)

     広島は12日、本拠地マツダスタジアムで行われた中日戦で劇的なサヨナラ勝ちを収めた。同点で迎えた9回裏1死一、二塁で、途中出場の堂林がレフトの頭上を越すサヨナラ打を放った。3時間49分の激戦を最高の形で勝利し、緒方孝市監督は「よく打ってくれたね」と今季初めてお立ち台に立ったヒーローを褒めた。


     今季ここまでの出場数は20試合。10年目で崖っぷちのプリンスが、今季初打点で試合を決めた。中日藤嶋のボールを捉えた打球は左翼のわずかに頭上を越えていった。二塁走者が一気に生還し、歓喜の瞬間を迎えた。緒方監督も「大きな声援に応えてくれた。こちらも嬉しいし、本人にとっても大きい一打だね」と興奮気味に話した。

     先発の野村は5回まで無失点に抑えたが、6回に2死からの失点で2点のリードを守れなかった。それでも後を継いだリリーフ陣が無失点でサヨナラ劇を呼び込んだ。指揮官は「(野村)祐輔はもうワンアウト、踏ん張れればというところだったが、中継ぎ陣が頑張ってくれた。打線も中盤からチャンスを作って、2アウトから粘り強く攻撃することができた。全員の力で勝ち取ってくれた勝利」と、選手に感謝した。

     全員野球での勝利に緒方監督は満足そうだったが、8回に左足に死球を受けて途中交代した會澤の話題になると「あれだけのボールが当たったわけだからね。明日、出られるかどうかはわからない。それがひとつ心配かな」と攻守の要の負傷交代が気がかりな様子だった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190912-00536627-fullcount-base

    <広島3-2中日>◇12日◇マツダスタジアム

    序盤は互いに好機を生かせない。中日は3回無死二塁、広島は3回無死一、二塁も無得点。先発は広島が野村、中日が阿知羅。


    中日が6回2死満塁から、代打堂上の右前2点適時打で同点に追い付いた。投手は5回から又吉に継投。広島野村は6回降板。

    広島は9回1死一、二塁、途中出場の堂林が左翼越えのサヨナラ打を放った。2位DeNAとのゲーム差を0とした。

    広島フランスアが7勝目、中日藤嶋が2敗目。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190912-09120208-nksports-base

    ■広島 3-0 中日(10日・マツダスタジアム)

     広島のドラフト1位ルーキー、小園海斗内野手が10日、本拠地での中日戦で自身2試合連続となる今季4号本塁打を放ち、1950年の紺田周三を上回り高卒新人の球団最多本塁打を更新した。1点リードの8回1死二塁で右越え2ランを放ち、チームの勝利を決定付けた。



    「前の會澤さんが打ってくれた(二塁打)ので、なんとか1本出せるように」と3球目のフォークをフルスイング。打球は一直線にライトスタンドに飛び込んだ。「しっかり狙い球を絞れて、うまく対応できた。抜けるかと思ったが、入ったのでびっくりした」と驚いた様子。

     デビューから3連勝中のドラフト2位ルーキー、梅津が相手。「フレッシュオールスターで一緒にプレーして、いい投手だと思っていた。2打席抑えられていたので、なんとか打ちたかった」としっかり3打席目で結果を残した。

     ルーキーの連日の活躍に、緒方監督は「たまにびっくりさせてくれる当たりが出るが、これからもどんどんびっくりさせてもらいたい。こうやって打つこと、走ることと、いろいろ経験していって、力を発揮してもらいたい」と目を細めた。

     後半戦からスタメンの機会も増えたが、シーズン終盤の緊迫した展開でも高卒新人らしからぬプレーを披露している。「毎回、緊張しているし、気が抜けないが、前のミスを活かせるように、一日一日、全力でプレーしていきたい」と小園。その表情は輝きに満ちていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190910-00533966-fullcount-base

     追いすがる虎を何とか振り切った。広島が8日の阪神戦(マツダ)に3―2で競り勝ち。中4日で先発したジョンソンが6回無失点の好投で11勝目を挙げれば、打線は4番長野が先制の2点適時打を放つなど、少ないチャンスをものにした。2カード連続の勝ち越しで、4位・阪神とのゲーム差を再び3・5に広げ、2位・DeNAに1ゲーム差に接近した。

     移籍後、初めてのお立ち台に立った長野が「遅くなったので申し訳ない気持ちしかない。すごく大きな声援をいただいたので、すごく感謝しています」と晴れやかな表情で話すと、割れんばかりの歓声が湧き上がった。

     まずは守備で魅せた。0―0の3回、阪神先頭・木浪の打球は左前に落ちるかと思われた当たり。すると左翼・長野が猛チャージしてこれをスーパーキャッチ。2試合ぶり2度目の4番となった打撃でも3回、二死満塁で左前に先制の2点適時打。「二死からみんながつないでチャンスをつくってくれたので何とかまっちゃん(松山)につなごうと打席に入った結果、いいところに転がってくれました」と笑顔を見せた。

     緒方監督は「僅差を勝ち切れて良かった」とホッとした表情。このままCS圏を死守して王者の意地を見せられるか。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190909-00000010-tospoweb-base

     ◇セ・リーグ 広島4―2DeNA(2019年8月31日 マツダ)

      広島は31日のDeNA戦を4―2で逃げ切り、連敗を3で止めた。会沢翼捕手(31)の一発が効いた。1―0の3回に左翼へ、球団の歴代捕手では初の2年連続2桁10号2ラン。7回途中まで2失点の九里が7勝目を飾り、8回途中から2イニングを抑えたフランスアが8個目のセーブを挙げた。2位・DeNAとは2・5ゲーム差に縮まった。

     放物線を描いた打球は、大歓声にも後押しされて左翼3階コンコースに吸い込まれた。松山の右前適時打で先制した3回、なおも2死一塁で飛び出した待望久しい一発。殊勲の会沢は汗を拭いながら白い歯をのぞかせた。

     「積極的にいこうと思っていた。松山さんがいい流れをつくってくれたので思い切っていった。いい追加点になったと思います」

     京山の初球、真ん中低めの113キロカーブをドンピシャのタイミングで振り抜いた。7月19日の巨人戦以来、実に37試合126打席ぶりの10号2ラン。ダイヤモンドを1周すると、両手をポンと叩いて満足感に浸った。

     熟練の産物だった。相手バッテリーの特徴や捕手目線で「2~3通り考える」という配球。その打席については「まあまあ」とはぐらかしたが、京山―戸柱のバッテリーはそれまで4人の打者にカーブから入っており、初球に緩い変化球が来る予感はあったはずだ。

     「反応で打てることもありますが、考えを整理してこそ体はスムーズに動くので」

     豊富な経験がもたらす頭と体の調和。その強打をもってすればサク越えは必然だった。広島捕手では初となる2年連続の2桁本塁打。限定ユニホームでは昨夏も一発を放っており、「打てて良かった。球団の歴史に名前を残せたことも良かった」と喜んだ。

     これでチームの連敗は3でストップ。2位・DeNAとは2・5ゲーム差に縮まった。残り18試合。リーグ4連覇は現実的に厳しくても、勝負はゲタを履くまでわからない。いや、クライマックスシリーズ(CS)ファーストステージを本拠地で開催できる2位は、最低限確保しておきたい。

     「一戦一戦やるだけなんでね。先を見てもダメだし見られない。明日から大事な9月。気持ち新たに(最後まで)頑張りたい」

     チームの底力が試される9月。選手会長は力強く前を向いた。(江尾 卓也)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190901-00000079-spnannex-base

    ● 中日 4 - 5 広島 ○
    <19回戦 ナゴヤドーム>

     広島の連敗は2でストップ。3点リードの9回に抑えの中崎が同点に追いつかれたが、延長10回、6番・会沢の右前適時打で競り勝った。

     広島は1点を追う2回、一死から5番・安部の二塁打、続く会沢の中前打で一、三塁の好機を作ると、7番・小園が左翼への適時二塁打を放ち同点。なおも一死二、三塁と好機は続き、「8番・二塁」でスタメン出場したサンタナが、逆転となる2点適時打を中前へ運んだ。8回は二死二塁の好機で、小園が4点目となる適時打を右前へ。3点リードを追いつかれた直後の10回は、会沢の右前適時打で再び勝ち越した。

     先発の床田は初回、二塁・サンタナの失策で失点。2回以降も走者を背負う苦しい内容だったが、要所を締め6回を最少失点で凌いだ。勝利投手の権利を持って降板したが、9回に中崎が痛恨のセーブ失敗。床田の7勝目は消滅した。

     それでも、再びリードを奪った10回は、5番手の遠藤が3人でピシャリ。3日前にプロ初勝利を挙げた2年目右腕が、今度はプロ初セーブをマーク。勝利投手は1回3失点の中崎で、今季3勝目(3敗9セーブ)が記された。

     中日は3点を追う9回に同点に追いつくも、直後の10回に岡田が決勝点を献上。連勝は2で止まり、岡田は今季2敗目(2勝8セーブ)を喫した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190824-00200543-baseballk-base

    ◆広島0―4DeNA(7日・マツダスタジアム)

     広島先発のクリス・ジョンソン投手(34)が5回3失点で7敗目(8勝)を喫した。

     両軍無得点の3回2死無走者、宮崎に中前打を浴びると、続くソトに右中間への29号2ランを献上。この決勝弾で連続イニング無失点は「19」でストップした。前回の失点は7月17日のDeNA戦(横浜)の4回。ロペスに2ランを浴びていた。

     試合後も納得がいかない様子の助っ人左腕に聞いた。

     ―状態は。

     「別に悪くなかった」

     ―DeNA打線に嫌らしさを感じたか。

     「粘られた。ソトの本塁打は投げミスだと思う。風にも乗ったと思うが…」

     ―20イニングぶりの失点。

     「そうだね…」

     ―巨人、DeNAと首位争い。

     「この2か月間は重要になる。相手投手はボールをストライクと言われ、こっちはストライクをボールと判定された。いろいろ絡んでタフな試合が続くが、とにかく野球は点を取らないと勝てない。もっと点を取らないと!」


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190807-00000247-sph-base

     好調の鯉打線が本領発揮だ。3位の広島は4日の阪神戦(マツダ)に10―5の大差で勝利した。この勝ちを含み、球宴後の後半戦は14勝4敗。5カード連続での勝ち越しで貯金を再び5に戻し、最大12あった首位・巨人とのゲーム差を2とした。

     緒方監督は「今日の試合は打線がね。上位打線が初回、そして2回も5、2点と(取って)7点というところのスタートだからね」と13安打10得点の打線に最敬礼だった。

     この日は自身初の4打数4安打で3打点の会沢翼捕手(31=写真)が打線をけん引した。今年、先発出場した試合で4度目の5番打者だったが、初回一死一、二塁で右中間へ適時打、2回も二死一、二塁で中前適時打、4回は二死一塁で内野安打。そして6回二死一、二塁でも左前適時打と大暴れだ。

     会沢が5番で出場したスタメン4試合で15打数9安打4打点。5番打者での打率は6割に達する。それでも会沢は「(4番の鈴木)誠也が(塁に)出てくれるし、つないでくれるから。僕はどの打順でも次につなぐだけ」と淡々。自身初の4安打にも「しっかり練習するだけです」と、どこまでも冷静だ。

     それでも「恐怖の5番打者」の大活躍で首位・巨人を視界にとらえた。6日からは後半戦で唯一負け越している2位・DeNAとの3連戦。逆転Vへここから鯉が巻き返す。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190805-00000039-tospoweb-base

     ◇セ・リーグ 広島―阪神(2019年8月4日 マツダ)

     大逆転でのセ・リーグ4連覇を目指し、首位・巨人を3ゲーム差で追う3位・広島が初回にメヒアの3ランを含む5連打でいきなり5点を先取した。

     初回、1死から2番・菊池涼が16試合連続安打となる中前打を放って出塁すると、3番・バティスタも12試合連続安打となる左前打で一、二塁。

     ここで主砲・鈴木の放ったゴロは遊撃でイレギュラーして左前に抜けるラッキーな先制適時打となると、5番・会沢も右前適時打で続いてリードを2点に広げると、さらに一、二塁からメヒアが左翼スタンド上段へ3号3ランを放って、初回から阪神先発左腕・岩田から5点を奪った。

     ▼会沢 打ったのはツーシーム。後ろに繋ぐ気持ちでいきました。コンパクトに打つことが出来ました。

     ▼メヒア 打ったのはスライダー。あまく浮いてきたところを一振りで完璧に捉えることが出来ました。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190804-00000203-spnannex-base

    ◆巨人―広島(1日・東京ドーム)

     広島の会沢翼捕手(31)が気迫のダイビングタッチで巨人の追加点を阻止した。

     1点を先行されて迎えた2回1死一、三塁。打席のメルセデスは初球からバントの構えを見せており、1球見送ってからの2球目、外角シュートをバットに当てた。打球は三塁線へ。前に出て素手で捕球した会沢は、まず一塁走者の動きを見たが、続いて三塁走者のゲレーロが好スタートを切って突進してくるのを確認。そのままダイビングしてタッチした。

     ゲレーロもタッチをかいくぐって本塁へ突入。手でベースを払ったところ、佐々木球審はセーフをコールした。会沢は「いやいや、タッチしたよ!」とばかりに猛アピール。それを受けて緒方監督もリクエストした。

     VTRで確認すると、たしかにゲレーロの左袖がタッチで揺れているように見えており、判定は覆ってアウトに。選手会長の献身的なプレーで傷口を広げずに済んだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190801-00000174-sph-base

    このページのトップヘ