広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    會澤翼

    2試合連続の負けにも信頼は変わらない。広島のクリス・ジョンソン投手(35)が1日のヤクルト戦(神宮)に先発し、5回4失点(自責3)とピリッとしなかった。

     K・ジョンソンは今季初登板だった6月23日の巨人戦に続いて2敗目。それでも佐々岡真司監督(52)は「(5回の降雨による38分間の)中断もあって、エラーもあったなかで5回までしっかりと集中力を切らさずにやってくれた」と責めず。

    mig



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/3fd38cce8c50b91a96c23c871bf18ace9ecc86ea

    【元高卒ドラ1の今季を占う】  広島 中村奨成(21歳・3年目・17年1位)   ◇  ◇  ◇  広陵高3年時、夏の甲子園で清原(PL学園)が1985年に樹立した1大会5本塁打を抜く6本塁打の新記録を打ち立てた。そんな地元のスター候補生が、もがいている。  広島の開幕一軍捕手は、正捕手の会沢、高卒4年目の坂倉、40歳のベテラン石原の3人。坂倉の1歳年下の中村奨は今春のキャンプで一軍スタート。坂倉や新人の石原貴(天理大)と2番手捕手を争ったが、2月16日に二軍行きを命じられた。 「現在、二軍で石原貴や磯村と正捕手争いをしている。プロ入り後の2年間は、左膝や肋骨の骨折など故障に泣かされてきたが、もともと肩が強いし、身体能力は高い。打撃はだいぶ良くなってきた。下半身が強く、インパクトも強い。ファームで結果を出せば、一軍昇格のチャンスありますよ」とは、二軍関係者だ。

    i-img1200x1200-1556785764dktf1b538609


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/3df815284477ec8d734d2c0dad04e512370e38ab

     「練習試合、阪神3-2広島」(2日、甲子園球場)

     広島のK・ジョンソン投手(35)が2日、打者11人に対して54球を投げ被安打1。3回を無失点に抑え、4三振を奪った。

     1軍の対外試合では3月7日の西武戦(マツダ)以来となる先発。直球は140キロ台だったが、変化球をうまく織り交ぜながら阪神打線を打ち取った。「コントロールは良かった。ゾーンに投げられていた。ばらつきもなかった。久しぶりの対外試合で体はシーズンと違う感じでしたが、全体としては良かった」と自身の投球内容に及第点を与えた。

     開幕に向けて、「通常通り、登板に向かいながらコンディションを調整していきたい」とさらに状態を上げていく。



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/dccc089dea91370c6df86dd467a0e84ddcc1af49

    CWknzjQUYAErCqq

    o0600030014257593044

    i-img1200x1200-1556785764dktf1b538609

     広島の坂倉将吾捕手は16日、マツダスタジアムでの自主練習で守備力向上に励んだ。会沢翼捕手に次ぐ2番手の座を狙う21歳の成長株は「守れないといけないポジション。めりはりをつけてやるようにしている」と意欲十分だった。

     倉義和バッテリーコーチとマンツーマンでみっちりと鍛え、近距離からの強烈なノックを受けた。「僕は反応が課題。ああいう練習も大事」と充実した表情。実戦に入る段階を見据え「投手としっかりコミュニケーションを取って進めていければ」と思い描く。

     倉コーチは「意図せぬ球が来た時に対処できるように。実戦の中では体の動きも変わってくる」と一層の成長を求めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200516-00000108-kyodonews-base

     広島・上本崇司内野手(29)が5日、マツダスタジアムで野手の分離練習に参加し、強いスイングを繰り返した。今春の対外11試合で打率・625をマークした貴重なバイプレーヤー。課題だった打撃開眼の裏には、看板選手たちの助言と自己改革があった。8年目に訪れた転機。もう守備・走塁だけの選手とは言わせない――。

     公称1メートル70、71キロ。決して大きくない身体で懸命にバットを振った。快晴に恵まれた本拠地での打撃練習。上本のスイングは、同組の鈴木誠に負けない気迫に満ちていた。「練習から強く振らないとダメ」。語調もいつになく力強かった。

     今春の活躍ぶりが記憶に新しい。オープン戦の出場8試合で4打数3安打2打点、4四死球。練習試合を含めても11試合で8打数5安打7打点、打率・625と打ちまくり、2月16日の中日戦では途中出場で左越え3ランを放ってみせた。

     プロ7年間で0本塁打、放った安打9本の伏兵が遂げた大変身。一体何があったのか。

     「遠慮せず聞くように心掛けています。カープには好打者がたくさん居るのに、聞かないのはもったいない。恥ずかしがらずに」

     言わずと知れたチームのムードメーカー。明るく社交的に見えるが、思慮深く遠慮がちな一面を持つ。年齢も邪魔をしていた。「でも、それは違うな…と思って」一念発起。ドラフト同期ながら4歳年下の4番打者に思い切って頭を下げた。

     「相手投手への入り方、球質、狙い球、配球、方向性とか。たくさん投手を見て来ているので、いろいろ教えてもらっています」

     会沢の助言も胸に刻む。打ちにいく際、バットが遠回りして出て来ない悩みを抱いていた昨秋、打撃練習中に「(バットを)引きすぎじゃないの?」と指摘された。そこでトップの位置を修正。今春の活躍につなげた。

     目下のテーマも明確だ。1勤1休の時短練習という制約の中、体をケアし、合同自主トレ期間中のような打撃に戻す――。オフに体を鍛え、疲れもないキャンプ前の状態が最も良いからで「それも誠也に」とはにかんだ。

     「正直、不安しかないです。でも打席に立って、どれぐらいできるのか…という気持ちもある。打席に立たせてもらったので」

     守備固めや代走で貢献してきた努力家。器のサイズを決めつけるのは、まだ早い。(江尾 卓也)




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200506-00000017-spnannex-base

     広島の中村奨成捕手(20)が3日、開幕延期に伴う練習期間で総合力を高めることに意気込んだ。2軍の1勤1休練習では限られた時間の中で打撃、守備面の技術向上を図っている。実戦から遠ざかる中、捕手というポジションを最大限に生かした調整で鍛錬を重ねていく。

     己を高めようとする気概が、ハツラツとした姿から漂っていた。中村奨は廿日市市の大野練習場で2軍の寮生組練習に参加。マシン打撃や捕球練習などを繰り返し、限られた時間を最大限に活用した。「チームの雰囲気もすごくいいので、練習自体は楽しくやれているかなと思います」と表情は明るい。

     実戦のメドが立たず、投手の生きた球を見ることができない中で重視するのはブルペンだ。「キャッチャーなので、常にピッチャーの球を見られる。そこは結構プラスじゃないかと思うんです。(打席に)立っているのと、座っているのでは違いますけど」と、実戦感覚を鈍らせない工夫を施している。

     ブルペンは投手が主役。だが、ワンバウンドの球が来れば捕球練習になり、打者目線としては「ピッチャーの球質とか、スピードとかを体感できるので」と捕手だからこそ許される環境を技術向上の一助としている。

     1勤1休制でも「やる時は、しっかりやらないといけない」と言うまなざしは真剣。「まずは技術、守備も打撃も(状態を)落とさないようにしてます。少ない時間の中でレベルアップできるように、というのは忘れないように」と内容ある日々を求めていく。

     広陵高3年時に出場した17年夏の甲子園で6本塁打を放ち、清原和博氏(PL学園)が持っていた1大会個人最多本塁打記録を更新。暗いムードが世間を覆う中、「やっぱり、野球がないと面白くないという声もすごく聞きますし、僕の周りの友達とかも『早く応援に行かせて』と言ってくれる」と野球が多くの人々に影響を与える存在だということを改めて感じた。

     開幕日が未定で、目標を見失いがちになる現状。だが「僕も下手くそなので、1分1秒たりとも無駄にすることなく、守備も打撃もレベルアップできるように。去年はどうしても守備の方に偏ってしまった部分があったので、両立できるチャンス」と前を向いた背番号22。決意を胸に過ごす日々が、大きな成長につながっていく。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200504-00000015-dal-base

     広島テレビでは「みんなでがんばろう!カーププレイバック中継」と題し、5月の週末にこれまで同局が中継した中からよりすぐりの試合を放送する。


      【放送予定】

     ◆5月2日 19年5月15日・ヤクルト戦(7点差大逆転・鈴木誠サヨナラ弾)

     ◆同9日 19年7月19日・巨人戦(5点差逆転、会沢決勝弾)

     ◆同16日 15年3月29日・ヤクルト戦(黒田博樹氏が凱旋登板勝利)

     ◆同17日 13年10月3日・中日戦(前田智徳氏の引退試合)

     ◆同23日 19年3月29日・巨人戦(開幕戦で大瀬良が丸から4連続奪三振)

     ※各日とも13時55分から放送。23日の試合は変更の可能性あり。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200429-00000067-dal-base

    このページのトップヘ