広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    會澤翼

    <日本S広島の陣>

    <SMBC日本シリーズ2018:広島2-2ソフトバンク>◇第1戦◇27日◇マツダスタジアム

    34年ぶりの日本一を目指す広島か、2年連続のソフトバンクか。平成最後の日本シリーズは、69年の歴史の中で、初顔合わせ同士の対戦になった。クライマックスシリーズ(CS)に続き、両チームの話題などを「日本S 広島の陣」と題して、探ります。

    25日に行われたプロ野球ドラフト会議では、史上最多となる11球団の1位指名が高校生野手に集中した。能力の高い高校生を育てて勝つことが球界のトレンドになる中、日本最高峰の戦いとなる日本シリーズ初戦の高卒スタメン野手は、ソフトバンク6人(上林、明石、中村晃、内川、西田、甲斐)、広島4人(丸、鈴木、会沢、安部)だった。

    広島が1回に先制した直後、千葉経大付出身の3番丸が四球を選び、二松学舎大付(東東京)出身の4番鈴木が右前打でつないで2点目を呼び込んだ。ともに高卒のたたき上げ。近年の「育てて勝つ」トレンドの代名詞のような存在だ。

    2人とも高校時代は投手だったが、今季39本塁打、97打点の丸は日本ハム斎藤をまねた軸足を曲げる投球フォームが話題のエースだった。斎藤の早大入学直後で時代は“佑ちゃんフィーバー”真っただ中。スカウト歴42年の広島苑田スカウト統括部長は「肩が強くて足も速い。何よりタイミングの取り方がうまかった。打者で見に来たと言ったら驚いた顔されました」と懐かしむ。07年高校生ドラフト3巡目で指名。今は始動時にグリップの位置を下げる「ヒッチ」の動きで間合いをはかり、同スカウトは「イチローも青木も、いいバッターはタイミング」と、能力の高い選手を厳しい練習で鍛え上げてきた。

    ソフトバンクも丸と同じ07年高校生ドラフト3巡目の中村晃がチームの中軸に育つ。ともに高卒野手を重視する中、日本シリーズ“前哨戦”となった4球団競合の報徳学園・小園のクジ引きは広島が勝利した。00年以降、両チームの“直接対決”は16年に5球団競合したソフトバンク田中正以来で、対戦成績は1勝1敗。運は五分の戦いは、試合も延長12回引き分けでスタートした。【前田祐輔】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181028-00375091-nksports-base

     ◇セ・リーグCSファイナルS第3戦 広島5―1巨人(2018年10月19日 マツダ)

     バットだけでなく、好走塁でも主導権を握った。広島は2回無死二塁で野間が右翼線適時二塁打で先制点を挙げた。これだけでも殊勲だが、それ以上にその後の走塁が光った。

     次打者・会沢の遊ゴロの間に好スタートを決め二塁から三塁へ進んだ。二塁走者は、2死の場合を除き左方向(三遊間)へ打球が飛んだケースは一度止まるのがセオリー。その一瞬の判断を間断なく決めた好走塁だった。

     「いいスタートが切れて、打球も緩かったので。スタートが良くても、打球が強かったら止まっていました」

     打者・会沢の進塁打への意識も手助けとなった。結果的には左方向への打球になったが「会沢さんも逆方向に打ちにいってくれていたので」と感謝した野間。最初から引っ張りを意識した左方向への打球ではないので、ゴロの勢いは強くなかった。同様のケースで三塁へ行くか、自重するか、の判断は個人に委ねられているという。

     1死三塁となり、続く安部の一ゴロの間に2点目のホームを踏んだ。不確実な連打に頼らず、確実に1点を取りにいく。地味ではあるが、1アウトも無駄にはしない徹底した走塁への意識は、遺伝子として広島野球に根付きリーグ3連覇を支えた。(後藤 茂樹)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181020-00000072-spnannex-base

    セCSファイナルステージ第3戦
    ○ 広島 5 - 1 巨人 ●
    <10月19日 マツダスタジアム>

     19日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター CSファイナルステージ 第3戦 広島-巨人戦』で解説を務めた江本孟紀氏が、広島と巨人の下位打線の差について言及した。

     巨人は2回無死走者なしから4番・岡本和真が失策、7番・陽岱鋼の四球で二死一、二塁の好機を作ったが、小林誠司が空振り三振に倒れた。その裏、広島は先頭の5番・メヒア、6番・野間峻祥の連続二塁打で先制。7番・会沢翼の遊ゴロで野間が三塁へ進むと、8番・安部友裕の一ゴロの間に野間が2点目のホームを踏んだ。

     2回に下位打線で得点できた広島と、得点できなかった巨人。“2回の攻撃”が結果的に、勝敗を分けたといえるだろう。江本氏は「そもそも広島の下位打線と巨人の下位打線を比べちゃダメですよ。今年の広島は、下位打線が繋がっていますし、点の取り方に余裕がありますよね」と語った。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181020-00169708-baseballk-base&pos=4

    「2次会は黒田さんの家でやります! 300人いけるみたいなので」

     ビールかけの中締めでこう言って笑わせたのは、今季限りで現役を引退する広島の新井貴浩(41)。26日にリーグ3連覇を果たし、緒方監督の胴上げが終わると、スタンドからの「新井コール」に後押しされ、5度宙を舞った。

     新井はチームの“緩衝材”だった。強力打線で圧倒的な強さを見せたが、「逆転のカープ」という言葉が流行した裏には投手陣の不安定さも潜む。ある野手は「打っても打っても投手がこれだけ打たれたら……」とポツリ。投手陣への不満を聞いた新井は、投手陣と野手陣の間に入って、関係悪化にストップをかけたこともあったという。

     2016年オフにチームの大黒柱である黒田博樹がチームを去り、球団最年長に。血気盛んな若手主体のチームをまとめようと、昨季からは10歳以上年の離れた後輩を積極的に食事へ誘う機会も増やした。野間峻祥(25)や西川龍馬(23)らの“準レギュラー”が腐らないよう「イジリ」を使ったフォローを欠かさない。野間は「いつもイジられています。最初は話すのも緊張したけど、徐々に相談しやすい先輩になった」と慕っていた。

     5日の引退発表からナインの合言葉は「新井さんのために」となったが、「新井ショック」の影響なのか、そこからチームは3年ぶりの6連敗。存在の大きさを認識していた鈴木球団本部長は引退の意思を聞いた後も再三にわたって慰留していたという。

    「ポスト新井」となりそうなのはチーム最年長となる石原慶幸(39)か、選手会長の会沢翼(30)か。いずれにしろ、絶対的な“緩衝材”がいなくなるのはチームにとって大きな痛手に違いない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180928-00000019-nkgendai-base

     9月26日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 広島-ヤクルト戦』で解説を務めた田尾安志氏は、広島の会沢翼について「クリーンナップでも打てるんじゃないかなというくらいの勝負強さを持っています」と語った。

     会沢は2006年高校生ドラフト3巡目で広島に入団。同年の高校生ドラフト1巡目には前田健太がおり、会沢はいわゆる“88年世代”の選手だ。同学年の前田健は2年目に9勝を挙げ、4年目から6年連続二桁勝利をマークするなど、広島の“エース”に成長。

     会沢は3年目にプロ初安打、4年目の2010年にはプロ初本塁打を放つなど、強打の捕手として期待された。その一方で、打撃力を生かすために捕手登録ながら外野の守備に取り組んだ時期もあった。

     14年に球団史上4人目となる捕手で2ケタ本塁打をマークし頭角を現すと、15年以降は石原慶幸と併用で先発マスクを被る機会が増えた。そして小窪哲也に代わって選手会長に就任した今季は、球団の捕手としてはシーズン最多となる13本塁打を記録。規定打席に到達しなかったが打率は3割を超え、打点も42を挙げた。

     さらに死球数は捕手でありながら10を超えており、8番打者でありながら厳しい攻めが多かった。田尾氏が話したように、クリーナップを打てるくらいの打撃力を持っているといえそうだ。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181008-00168370-baseballk-base

     プロ野球セ・リーグは広島が圧倒的な強さを見せつけリーグ3連覇を果たした。鈴木、丸、菊池ら強力打線が注目されたが、打率3割、13本塁打を記録するなど強打の捕手としてチームを牽引した會澤翼捕手。DAZN「野球ラボ」では「広島カープ 圧倒的な強さの秘密を徹底分析」と題し、會澤へのインタビューを行っている。

     セ・リーグ球団の3連覇は巨人に次いで2球団目、広島が本拠地でリーグ優勝を果たしたのは1991年、以来27年ぶりの出来事で歓喜の瞬間を「嬉しかった。ほっとしたという」と振り返った。

     主に8番としてここまで打率3割、2桁本塁打をマークするなど近年では少なくなった「強打の捕手」としてチームを支えている。自身の打撃に関しては「僕はキャッチャーなので、1点でも多く取ってピッチャーをなんとか楽に投げさせてあげたいと思っています」と“捕手らしい”言葉で謙虚に語っている。

     本塁打、打点、打率など打撃の中で一番心がけているのは「やはり下位打順からつないでいけば、上位打線に回りますんで、そういうのもあるので出塁率。出塁っていうのを僕は考えていますね」と出塁率を挙げた。

     リーグ3連覇を果たしたが、過去2年はクライマックスシリーズ、そして日本シリーズで悔しい思いをしてきた。

    「その2年間の経験をどう生かすかと、僕は思うので。あの2年があったからこそと思われるような、CSにしても日本シリーズにもそういうことは思うんですけど。本当に一人ひとりがそういう気持ちでいると思うのでやってきたいなと思います。本当に今年は何としても日本シリーズに行かなくちゃいけない年でもあると思う」

     3度目の正直で狙うは勿論、日本一。強力打線を武器にセ・リーグを圧倒してきたが、短期決戦での戦い方はシーズン中とは一味も二味も違う。その難しさは嫌というほど経験してきただけに日本一への思いは誰よりも強い。扇の要として、そして強打を武器に広島を34年ぶりの日本一に導く。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181005-00220944-fullcount-base

     広島が6日、マツダスタジアムで全体練習を行った。7日・DeNA戦(マツダ)がレギュラーシーズンの最終戦。選手会長・会沢は「いい終わり方をして(CSへ)励みにしたい」と力を込めた。

     今季は105試合に出場し、打率・302、13本塁打、42打点。「規定(打席)にはいかなかったけど、3割は打ちたかったと思っている」と打率3割へ意欲を示していた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181006-00000051-dal-base

    <広島7-4ヤクルト>◇28日◇マツダスタジアム

    優勝を決めている広島が、2位ヤクルトに逆転勝ちした。初回に4点先取されたが7回に追いつき、8回に会沢翼捕手の三塁打などで3点勝ち越した。緒方孝市監督は投打の粘りをほめた。談話は以下の通り

    --終盤に

    緒方監督 今日も全員、投手も野手も粘り強く戦ってくれて、いい勝利を収められたゲームだった。

    --ヘルウェグがまた好救援

    緒方監督 采配のことはいいよ。今日は終盤にいい攻撃をして。投手も初回の4失点のあとは、みんないい投球をしてくれた。初回はもったいなかったけどね。また明日です。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180928-00345553-nksports-base

     ◇セ・リーグ 広島7―4ヤクルト(2018年9月28日 マツダ)

     広島・会沢が8回2死一、二塁から決勝の2点適時三塁打を放った。

     7回に松山の適時打で同点とし、8回に迎えた絶好機。「なんとか決めてやろうという気持ちだった」という気迫の一打は、前進守備の頭を越えた。

     自身3年ぶりの三塁打に「疲れました」と苦笑い。会沢の後にダメ押しの中前適時打を放った23歳の曽根は「2点差あって楽な気持ちで打席に入れた」と頼れる選手会長に感謝していた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180928-00000155-spnannex-base

    このページのトップヘ