広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    朝山東洋

     メスを入れる前に、あえてつまずかせた。広島・小園海斗内野手(19)は、7月下旬に一時打率3割を越えた天性の打力(15日時点で同・232)で1軍に定着する。一方、2軍では同・210と低調だった。2軍の打撃成績を上回る珍しい現象。背景には、逸材のために考え抜かれた指導方針があった。

     オープン戦では1軍に帯同し、2本塁打と結果を残してからスタートした2軍生活。朝山2軍打撃コーチの「小園改革」は、見守ることから始まった。

     「オープン戦から1軍にいたことで打席数が少なかった。だから100打席をメドにして、その時点で結果が出ていなければ打撃フォームを見直そうと思った。本人もなぜ直されるのかを納得しないといけないので」

     100打席に到達したのは、5月5日の2軍阪神戦。降格からの35日間、小園の好きなように打たせた。結果は、26打席連続無安打を経験するなど、打率・175、3本塁打、9打点の苦戦。それは、朝山、森笠2軍打撃コーチがいよいよ小園をイジり始める合図でもあった。

     朝山打撃コーチは、「構えが大きすぎてタイミングが合っていなかった」と課題に気付いていたうえで放置していたのだ。グリップの位置が投手側に寄り、さらに腕を伸ばして構えていた。それによって、トップの位置に入るまでの動作が大きく、プロの球に振り遅れていた。捕手側にグリップの位置を寄せることで、トップを作るまでの動作を省略。指導が本格化した100打席以降は、110打数27安打、13打点で打率・245と目に見えて成績が上がり始めた。

     低調だったチームの起爆剤として6月20日に昇格。11日間の1軍生活で敗戦につながるミスも犯した。「いまはあのときの悔しさをぶつけています」と振り返るように、磨きがかかる技術に加えて集中力のギアも入れ替わった。再降格後の6試合は、打率・360とさらに上昇。後半戦初戦からの再昇格を朝山打撃コーチも迷わず後押ししたという。

     同コーチは、「2軍で成績が残っていなかったように見えるけど、相当打席に立っているから打率が上がらないだけ。最後の方はかなり良かった」と成長を認める。「100打席放任」が英断だったことは、いまの小園の活躍が証明している。(記者コラム・河合 洋介)


    引用元 https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/08/16/kiji/20190815s00001173442000c.html

    <広島3-2阪神>◇8日◇マツダスタジアム

    長野の打撃が鋭くなっている。開幕当初はスイングに本来の力強さが感じられなかったが、見違えるように速くなった。


    第1打席は岩貞のチェンジアップをうまく打たされたが、第2打席は3回2死満塁から同じチェンジアップを2点左前打とした。いい当たりでなかったが、いいコースに飛ばした。何より、打つことで結果を出したことが、存在感を際立たせた。

    4番タイプでない選手が4番に入ると、体に不要な力が入って打てなくなることがよくある。それが4番の重さであり難しさ。だが長野は、そんな重圧を感じさせない。むしろ、生き生きして見える。本来は1、2番、あるいは3番タイプだが、4試合目となった4番で14打数4安打2打点、打率2割8分6厘。今季は1番から7番を経験しているが、4番での出塁率3割7分5厘は打順別で2番目にいい数字だ。

    残り11戦をこの打順で固定されるかはわからないが、この精神力と打撃はチームの支えになる。基本的に右投手を苦にしないのも強みだ。首脳陣は、何とかしてこの戦力を使い切りたい。(日刊スポーツ評論家)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190908-09080743-nksports-base

     13日のプロ野球公示で、広島は上本崇司内野手の登録を抹消し、オリックスは齋藤綱記投手、鈴木優投手の2人の出場選手登録を抹消した。

    【セ・リーグ】
    ■出場選手登録

    なし

    ■出場選手登録抹消

    広島
    内野手 上本崇司

    【パ・リーグ】
    ■出場選手登録

    なし

    ■出場選手登録抹消

    オリックス
    投手 齋藤綱記
    投手 鈴木優


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190713-00438557-fullcount-base

     広島のドラフト3位・林晃汰内野手(智弁和歌山)が打撃力アップのためにフォームの修正を行っている。現在の課題は打ちに行く際、右肩が内側へ入り過ぎていること。できるだけひねりを抑え、バットを内側から出す打ち方を習得中だ。持ち味の長打力を最大限に発揮するために鍛錬の日々を送る。


     背筋をスッと伸ばした状態を保ってバットを出す-。今、林が打撃で最も意識する部分だ。春季キャンプから朝山2軍打撃コーチに指摘され、持ち味の長打力を最大限に生かすためにも図るフォームの修正。根気強く取り組んでいる。

     「まだまだプロのレベルに達していない。真っすぐをしっかり捉えられていないし、負けている。まずはそこからです」。由宇の日差しを受け、額に汗をにじませながら言葉を紡いだ。

     打球がフェンス手前で失速する。「捉えた感じがあってもそうなることが多い。差し込まれているということだと思う」。通算49本塁打を放った高校時代にはなかった感覚だ。

     朝山打撃コーチは、1月の合同自主トレで初めて林の打撃を見たときから修正ポイントに気が付いていた。「(テークバックをして)打ちに行くとき右肩が内側に入り過ぎ。投手に背番号がすごく見えるくらい」。上半身の反動を使うことが狙いなのだが、体を大きくひねる余りバットの出が悪くなるという。

     高校まで、林はその指摘を受けたことがなく、フォームの修正は一筋縄ではいかない。たとえ練習で意識してできたとしても、試合では投球への対応に集中。フォームを考えている暇はない。

     ウエスタン開幕からコンスタントに試合出場を続けてきた。だが16~18日のタマスタ筑後でのソフトバンク戦は、初めて遠征メンバーから外れ大野練習場で打ち込んだ。無意識の中で目指す形でバットが振れるようになるために反復練習を繰り返している。

     「真っすぐを打ち返せるようになれば武器になる。課題を消化していきたい」。小さくても一歩ずつ前に進んでいく。(デイリースポーツ・市尻達拡)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190424-00000061-dal-base

     広島のサビエル・バティスタ外野手(26)が8日、廿日市市の大野練習場で行われた2軍練習で、左手を負傷後初めてフリー打撃を行った。春季キャンプ中盤の死球により1軍を離脱し、別メニューで調整していた。13日の四国ILp・愛媛マンダリンパイレーツとの練習試合(由宇)から実戦に復帰予定。開幕1軍へ、ここから遅れを取り戻す構えだ。

     力強く、乾いた打球音を室内に響かせた。打撃投手とマシンを相手に計34スイング。強烈なバックスピンがかかった打球を何本も放って見せた。1軍を離脱する要因となった左手をかばうことなく振ったバット。バティスタが全快宣言だ。

     「手に衝撃はあったけど、気にならなかった。タイミングもしっかりと合わせられたし、ブランクは感じなかったよ。順調に回復している。調子は良いね」

     前日7日は朝山2軍打撃コーチが投げる山なりの球を打ち返し、感覚を呼び起こした。強烈なスイングに「問題ない」と水本2軍監督。状態の良さに目を細めると、13日・四国ILp・愛媛マンダリンパイレーツとの練習試合(由宇)での実戦復帰を明言した。

     2月21日・ロッテとの練習試合(コザ)で左手に投球を受け、沖縄市内の病院で「左第5中手骨骨挫傷」と診断された。キャンプ終盤は別メニュー調整。チームメートの打撃練習を眺めるだけの日もあった。約2週間ぶりのフルスイングだ。

     戦友の活躍に刺激を受けている。共にドミニカ共和国から来日し切磋琢磨(せっさたくま)しているメヒアが、7日の社会人オール広島とのプロアマ交流戦で2ランを放ち4試合連続本塁打を記録した。その日の夜に電話で祝福。外国人枠を争うライバルだが「頑張っているね。このままの調子を続ければ1軍に入れるよ」とエールを送った。

     さらにドミニカ共和国のカープアカデミー出身で練習生のフランスアとタバーレスが3月に入り育成契約を結んだ。2人は広島での成功を夢見て海を渡ってきた過去の自分と同じ道をたどる。「本当にうれしいよ。努力が報われたと思うし、これから頑張ればもっとチャンスはある」。キラキラと目を輝かせる後輩と、この日も笑顔で会話を交わした。初心を思い出し、戦列復帰への力に変えた。

     屋外の練習では外野でノックを受け、軽快な動きを見せている。今後は数多く打席に立ち、実戦感覚を取り戻していく。開幕まで約3週間。「間に合うと思うよ」。頼もしい言葉が返ってきた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180309-00000023-dal-base

     二匹目のドジョウとなるか。広島は20日、アレハンドロ・メヒア内野手(24)と支配下選手契約を結んだ。契約金10万ドル(約1120万円)、年俸3万5000ドル(約392万円)プラス出来高(いずれも推定)。6年契約で背番号は96。マツダスタジアムで会見に臨んだメヒアは「今までの頑張りを認めてもらえ、とても幸せ」と話した。

     一足先に支配下登録され、一軍で7本塁打を放っているバティスタと同じドミニカ共和国のカープアカデミー出身。2015年秋に練習生として来日し、昨年3月に育成契約を結び、二軍で汗を流してきた。20日現在、ウエスタン・リーグでは打率3割4分、51打点と2部門でトップに立つ。7月31日の期限前に支配下契約を決めた鈴木球団本部長は「一塁、三塁と内野も守れる。(シーズン中に)何が起こるか分からないし、バックアップ要員として」と期待を寄せるが、外国人枠の問題もあって即一軍というわけにはいかない。それでもメヒアは「レギュラーとして活躍できるように三塁の守備も強化していきたい」と鼻息を荒くしている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170721-00000045-tospoweb-base

    このページのトップヘ