広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    末永真史

     ◆高校野球熊本大会1回戦:九州学院8―0大津【7回コールド】(9日・県営八代野球場)


     その一撃で鬼門を粉砕した。初回2死一、二塁。九州学院の友田が、大津の右腕エース生田惇一郎(3年)の真っすぐを捉えた打球は県営八代野球場の左中間席(両翼97・6メートル、中堅122メートル)に消えた。高校通算11号の先制3ランだ。

     「コンパクトに打てたね。相手はいいピッチャーだった。打てないか、と思っていた」と坂井宏安監督も主砲の一発を勝因に挙げた。生田はこの試合で最速142キロをマークし、プロのスカウトも注目。友田はその得意球を狙い打ちした。

     本人は「先制点が欲しい場面。ワンヒットでいいと思っていました。芯に当たったし、左中間を破るかな、と」とアーチにちょっと驚く。打撃に磨きがかかったのはここ1カ月。坂井監督から下半身の体重移動をより意識した打撃をアドバイスされ、結果が出なくても黙々と練習した成果が大事な夏に開花しつつある。今では「打つのは自信があります」ときっぱり言えるまでに体得。打席に立つのが楽しくて仕方ない様子だ。

     九州学院出身と言えば、今売り出し中の村上宗隆(ヤクルト)。友田が1年の時、3年だった村上の姿を見てきた。「すごい選手。宗隆さんに追い付き、追い越したい」。同じ捕手の先輩を目標に高みを目指す。

     九州学院は昨夏、昨秋とも初戦敗退したが、2試合とも会場は県営八代野球場。「うちはここが鬼門。いい思い出がない。コールド勝ちは初めて」と坂井監督が声を上ずらせた。2回戦は舞台をリブワーク藤崎台球場に移し、21世紀枠で選抜大会に出場したシード校の熊本西と対戦。「相手は春の九州4強。先制点を取りたい」。友田はノーシードからの雪辱を描く。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190710-00010006-nishispo-base

     広島にチームスタッフとして“大物OB”が新たに加わった。一部選手の練習が18日、マツダスタジアムで行われ、バティスタの打撃練習を2人のドミニカンが注視した。1人はヘンディ・クレート通訳(35)。その隣に2004年から3年間広島でプレーした右腕、フアン・フェリシアーノ通訳(39)が仁王立ちしていた。

     カープアカデミーで投手コーチを務め、フランスアらを指導していたフェリシアーノ通訳。夫人の出産に立ち会うなど“育児休暇”のために帰国するクレート通訳に代わり、23日の中日戦(マツダ)から古巣のスタッフとして本格勤務する。「通訳や選手のサポートします。(クレート通訳が再来日する)7月の終わりくらいまで(チームに)。日本語? これから頑張ります」。現役時代から数十キロは増量したと思わせる太鼓腹を揺すって笑った。

     現役時に投手として白星を挙げることはできなかったが、持ち前の明るい性格と語学センスで、語学学校などに通うことなく日本語を習得した。「仲の良かった選手? サヤシ(鞘師智也スカウト)、ヨコヤマ(横山竜士氏)、カンエイサン(小林幹英2軍投手コーチ)、イオウサン(井生崇光スコアラー)、スエナガ(末永真史スカウト)。みんな仲良かった」と主にファームで苦楽をともにしたチームメートを懐かしそうに思い出した。もっとも、年上の横山氏を呼び捨てにしたり、日本でいう同学年の井生氏に尊称をつけたりと「日本語で一番むずかしいところ」(クレート氏)という敬語はあいまいな部分もあったが…。

     クレート氏はヒーローインタビューでの「カタコト通訳」で話題を集めた。「お立ち台? 緊張すると思う。頑張ります」と意気込んだフェリシアーノ氏も、ある意味、脚光を浴びるかもしれない。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190418-00000088-sph-base

     「オープン戦、ソフトバンク0-4広島」(22日、ヤフオクドーム)

     広島のドラフト2位・島内(九州共立大)が出身地の福岡で凱旋登板を果たした。

     両親と弟がスタンドで見守る中、七回の1イニングを1四球無失点に抑えた。「この球場はいいイメージがなかったんですが、なんとかゼロに抑えられて良かった」と安どの笑みを浮かべた。

     自己最速を2キロ上回る154キロも計測し「(中継ぎで)1イニングに集中できているので、その分、指のかかりも良くなっている」。この日がオープン戦5試合目の登板だったが、無失点投球を継続中。開幕1軍が決定的な右腕の評価がどんどん上がっている。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190322-00000182-dal-base&pos=3

    広島が23日、ファン感謝デーを行い、鈴木誠也外野手(24)が野間と松山とともにトークショーに登場した。

    来季から背番号1に変わることについて「背番号が変わろうが、変わらず自分らしくチャラけてやっていこうとかと思います」と笑った。

    今季は昨年の右足首の骨折から復帰。何度か戦列を離れながらも、シーズンを完走した。「今年は日本一になれなかったですけど、僕自身はやり切った。悔しさもありながらホッとした。ようやく終わったんだなと思った」。人知れず戦い抜いた1年を振り返った。

    最後にはファンへ向かって「背番号も変わり、心機一転、ケガをしないように頑張ります」と来季への誓いで締めくくった。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181123-00400474-nksports-base

     広島は6日、ドラフト2位指名した山口翔投手(18=熊本工)と熊本市内のホテルで入団交渉に臨み、契約金6000万円、年俸600万円で合意。12球団の支配下登録選手の仮契約で一番乗りとなった。

     田村恵スカウトから「先発完投ができるタイプ。沢村賞を目指してやってほしい」と激励。山口は球団を通じ、「地道にコツコツ練習して、まずは身体を大きくして、怪我をしない身体をつくりたいです。カープはファンの方に愛されているチームだと思います。若い選手が活躍しているので、自信のある真っ直ぐをアピールして、一日でも早く真っ赤に染まったマツダスタジアムのマウンドで投げられるよう頑張ります。応援よろしくお願いします!」とコメントしている。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171106-00000146-spnannex-base

    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

     少し前に広島の選手に「赤」をつけることが流行した。05年首位打者の嶋(現西武打撃コーチ)に「赤ゴジラ」、左打席から天才的なバットコントロールを誇った末永(現広島スカウト)を「赤イチロー」といった具合だ。


     20日に支配下登録されたアレハンドロ・メヒア内野手(24)は文字通りの「赤メヒア」。タイプは違えど、本家の西武メヒア級のインパクトを期待されている

     同じ育成選手から一足先に支配下登録されたバティスタも、期待を寄せる1人。1歳先輩で共に来日してジャパニーズ・ドリームを追った。「とてもうれしいよ。メヒアはアベレージヒッターで本塁打も打つ」と紹介。支配下登録されたその日に、クレート通訳と3人で食事をしたという。ラザニアを食べて健闘を誓い合ったのだとか。

     バティ砲にとってはライバルが1人増えた形だが「そうは思っていない。メヒアが上がって僕が落ちても、それは僕が決めることじゃない。仲が良いし、お互い一生懸命やっている」とクールに言った。広島が息詰まっても「赤チームバティスタ」がいる。ミステリーは起こらないが。【広島担当 池本泰尚】


    引用元 https://www.nikkansports.com/baseball/column/bankisha/news/1859386.html

    このページのトップヘ