広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    東出輝裕

     4月18日の広島―DeNA戦(マツダ)。3回無死二塁の先制機で、広島・新井は二ゴロを打って走者を三塁へ進めた。カウント2―1からの外角チェンジアップ。「右方向へ打ってつなぐイメージ。もちろんヒットになれば一番いい」。得点にこそ結びつかなかったが、4番打者のこうした姿勢が快進撃を支えているのは間違いない。

     新井だけじゃない。今や赤ヘル新打線の代名詞になりつつある「後ろにつなぐ野球」。それは打席に立つ者すべてに深く浸透する共通認識だ。1点が入れば、無死満塁で併殺打でもOK。一般的には否定される結果でも皆で称え合う。いきおい、選手は前向きな気持ちになりやすい。活気あふれる打線は決して偶然の産物ではない。

     「打者はよく打っても3割。7割は失敗する。だったら、その7割をどう生かしながら点を取るか。点を取って勝つ野球と、打撃技術を磨く野球は違うんですよ」

     そう話すのは石井琢朗打撃コーチだ。後ろにつなぐ野球の提唱者。現役時代には、マシンガン打線と評された横浜(現DeNA)の切り込み隊長を長く務め、歴代11位の2432安打を放っている。そんな希代のヒットメーカーが「つなごう」と唱えるから面白い。「点を取って勝つ野球」も、昨季のリーグ優勝を見れば説得力を持つ。

     異質と言ってもいいだろう。技術指導が主とされる打撃コーチ職。その実績と理論をもってすれば、個人技に優れた打者の育成に目が向きそうだが、石井コーチは「技術はボクにはわからない。打撃に正解はないので」と笑う。無論、半分はジョークだろうが、「どちらかと言うと野手目線。守っていてイヤだな…と思うことを考える」と話す際は真顔だった。

     キレイに打ちたい――。理想は、しかし、時として打者を狂わす。「ボクら(打撃コーチ)が見ているのはそこじゃない。グシャ(という当たり)でもいい。打席でいかに気持ちを見せるか」。先頭打者ならどんな形でも出塁する。塁上に走者がいれば後ろにつなぐ。徹底されているからこそ集中打が生まれる。

     リーグの頂点に立った昨季もしかり…だ。開幕ダッシュに成功した赤ヘル。自己犠牲の精神を併せ持ちつつ、7割の失敗を勝つ野球に転化する。打線は水ものと言われるが、石井打撃コーチの唱える「つなぐ野球」は、今季も安定した力を発揮しそうだ。(広島担当・江尾 卓也)


    引用元 http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/04/21/kiji/20170420s00001173272000c.html

     WBCがリーグ連覇への追い風になるかもしれない。前日1日に侍ジャパンの小久保監督から協力要請を受けた赤ヘルは2日、さっそく行動に移した。内外野ノックで本来、二塁手の菊池涼介内野手(26)と遊撃手の田中広輔内野手(27)が三塁のポジションに、昨季出場した129試合中127試合で右翼を守った鈴木誠也外野手(22)は中堅に回る“WBCシフト”を敷いた。

     目的はもちろん、世界一奪還を目指す大舞台でのイレギュラーな起用にも対応できるようにすること。菊池と田中へのノックはWBC球が使用された。田中は「今日はゲッツー(二塁への送球)だけだったし、ボールもそれほど気にならなかった。生きた打球とノックでは違うけど、特に問題はなかった」。菊池も軽やかな動きで適応力の高さを見せつけ、鈴木は打球の追い方の違いを感じつつも「問題ない」と話した。

     3選手とも侍ジャパンで不動のレギュラーというわけではない。場合によっては、ベンチスタートで出場機会に恵まれない事態も想定され、試合勘の低下からくるペナントレースへの影響が懸念されていた。しかし、東出打撃コーチは「広輔は10日以上も実戦から遠ざかっていたDeNAとのCSであれだけ(12打数10安打)打った。選手にもよるけど心配はしていない」。それよりも3選手が23日からの代表合宿からチームを離れることで「オープン戦で西川や堂林、野間の打席数が増えることで、戦力の底上げにもつながってくる」とプラス面を強調する。

     外野ノックでは鈴木が中堅に回る一方で、丸が左翼に入った。チーム内には守備範囲の広い野間の打撃面での成長次第で左翼・丸、中堅・野間、右翼・鈴木という構想もある。WBC対策という面だけでなく、用兵の選択肢も着々と増えていきそうだ。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170203-00000030-tospoweb-base

    【赤坂英一「赤ペン!」】25年ぶりに優勝したカープの首脳陣、全員が留任すると発表された。その中で、三塁コーチとして貢献した河田雄祐・外野守備走塁コーチは、チーム内で「河田佳祐」と呼ばれている。由来は極めて単純、昔からカラオケの持ち歌が桑田佳祐のサザンオールスターズだから。一般社会でも、40代以上の中間管理職などに多いタイプである(河田コーチは48歳)。

     いまだから書けるのだが、CSファイナルステージを目前に控えた10月8日、マツダスタジアムのパーティールームで行われた決起集会も、“河田佳祐オンステージ”で大いに盛り上がった。焼き肉を平らげ、ほどよく酔いも回ったころでテーブル上に立ち上がると、マイク代わりにコーラのペットボトルを握り、名曲「涙のキッス」をアカペラで熱唱してみせたのだ。

     さらに、河田コーチの後ろでは鈴木、野間の“仲良し外野手コンビ”もテーブルに上がり、手拍子を取りながら素晴らしいダンスを披露。石井打撃コーチが撮っていたこの動画をチラッとだけ見せてもらうと、実に息の合った絶妙のパフォーマンスで、私まで思わず拍手しそうになったほど(もっとも、河田コーチは石井コーチに撮られていることにまったく気づいてなかったらしい)。

     いかにも東スポ向きのネタなので、すぐにこの「赤ペン!!」で書きたいと河田、石井両コーチにお願いしたら、「いまはマズイでしょう。日本一になったらOKです」という返事。日本シリーズは残念ながら2勝4敗で敗れてしまったが、今季の広島の結束力の強さ、雰囲気のよさを示す秀逸なエピソードとしてここに紹介させてもらった。

     なお、野間はCSから日本シリーズまで、本拠地で試合があるときは、いつも12時半ごろから黙々と早出の打撃練習に取り組んでいた。ティーは球出しの石井コーチ、フリーは打撃投手の東出コーチを相手に、1時間以上みっちり打ち込んでいたものだ。その野間の次にグラウンドに現れ、負けじとバットを振っていたのが鈴木である。

     発散するときは発散し、練習するときはしっかり汗を流す。来季は鈴木がレギュラー2年目、野間はプロ3年目と、どちらも真価を問われる勝負の年。

     2人揃って外野のレギュラーに定着し、来年の決起集会でも河田コーチの後ろでダンスを踊って、チームを大いに盛り上げてもらいたい。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161130-00000008-tospoweb-base

     25年ぶりのリーグ優勝を果たした広島が来季、異例の“打撃コーチ3人制”を敷く。24日に来季のスタッフを発表。就任3年目となる緒方孝市監督(47)をはじめ全員が留任するが、最も若い迎(むかえ)祐一郎1軍打撃コーチ補佐(34)は打撃コーチに昇格する。

     もっとも、今季も広島の打撃指導は、石井琢朗打撃コーチ(46)、東出輝裕打撃コーチ(36)、それに迎補佐の“三位一体”で行われた経緯がある。

     昨季の広島打線はチーム打率・246(リーグ5位)、506得点(同3位)だったが、今季はいずれも断トツの・272、684得点へと劇的に押し上げた。そのご褒美の意味もあってか、迎補佐が昇格し、名実ともに横並びの“3人コーチ制”が実現したというわけだ。

     広島では昨季限りで、オリックス・コーチ時代にイチロー(現米マーリンズ)を育てるなど名伯楽の呼び声高い新井宏昌打撃コーチが退団。緒方監督との確執が取り沙汰された。

     そんな中で誕生した“3人制”。昨季まで1軍守備走塁コーチだった石井コーチは、初めての打撃担当だったが、現役時代には通算2432安打を誇った名球会会員で、一番年上でもあったためリーダー格。昨季まで選手兼任で2軍野手コーチだった東出コーチ、3人の中でただ1人留任となった迎補佐と、話し合いながら育成方針、練習メニューを立てる方式を取った。

     技術指導は「押しつけない。ヒントを与える」(石井コーチ)との方針。とはいえ、練習量は半端ではない。就任直後の昨秋のキャンプでは若手野手に1日800-1000スイングを課し、これが広島独特の猛暑にもスタミナ切れを起こさずに済んだ要因といわれている。

     今季“神ってる”鈴木誠也らのブレークを促した3人の元から、来季どんな若手が飛び出すか楽しみだ。



    引用元 http://www.zakzak.co.jp/sports/baseball/news/20161127/bbl1611271000001-n1.htm

    このページのトップヘ