広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    東出輝裕

    【始まりの鐘が鳴る~カープ日本一への道~廣瀬純】「覇気で打ちました!」

     この絶叫で今やチームの人気者になった安部友裕内野手(28)(右ふくらはぎ打撲箇所の血腫除去により現在はリハビリ中)。今季は昨シーズンの出場試合数(115試合)を上回る出場(123試合)で打率3割以上を維持。プロ10年目でようやく田中、菊池、丸ら同世代選手と肩を並べた感があります。

     2007年のドラフト1位。プロ入り前から走攻守揃った万能選手として注目されていました。もっと早くレギュラーとして活躍してもおかしくなかった逸材です。ブレークが遅れた理由は自らが言う「覇気」が大きく関係しています。

     数年前までの安部には「一軍に上がって活躍する」という強い意欲が感じられませんでした。コーチにノックや特守を命じられても常に惰性的。打撃練習も「数をこなす」だけで目的意識を持っているようには見えませんでした。

     田中、菊池、丸らライバルが次々にレギュラーに定着する中、ひとり二軍でもがき苦しんでいた焦りもあったのでしょう。次第に腐り始め、いつしか周囲からは「安部は本当に大成するのか」。不安の声が漏れるようになっていました。

     そんな彼を放っておかなかったのが当時二軍で指導していた東出(輝裕=現一軍打撃コーチ)でした。

     将来的なチーム内野陣の底上げを考えると、三拍子が揃う安部の存在は不可欠。15年シーズン、東出は鬼軍曹役を買い、安部の体内に潜んでいた弱さを一掃しようと試みました。その気持ちを伝えるべく練習中に出た言葉が「お前、覇気ないな」というひと言。東出が安部に奮起を促した究極の“愛のムチ”だったのです。

     安部もそのひと言で我を見詰め直したのでしょう。以後は、見違えるように精力的に練習をこなすようになりました。ノック一つとっても声を張り上げ、一球一球を大事に捕球する。生まれ変わった安部はこうして、レギュラーをつかめる位置まで上り詰めてきたのです。今でも「覇気」を絶叫するのは当然、東出に足を向けて寝られないはずです(笑い)。

     僕も現役中に何度か安部と食事に行きました。彼に相談を受けた際には、自分の経験を交え、こう忠告しました。
    「俺だって逆指名でプロ入りしたのに、規定打席到達までに10年かかった。お前だってやれるよ」

     安部が「下を向いてたってしょうがないですよね」とつぶやいていた姿が今も脳裏に焼き付いています。だからでしょう。彼の活躍を見るたびに自分のことのようにうれしく思えてきます。

     盗塁のスタートや守備時の球際の弱さなど、安部には課題もありますが、その分伸びしろも多い。苦節10年を無駄にしないよう、彼には今以上の努力を続け、広島を代表する選手として長くプレーしてもらいたいです。 
     (終わり)
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171015-00000003-tospoweb-base

    【赤坂英一 赤ペン!!】18日開幕のCS最終ステージまで、ブランクが心配される広島だが、チームの雰囲気は相変わらず明るい。9月30日のDeNA戦の試合前も、東出打撃コーチが、鈴木の穴を埋める代理4番・松山にこんなツッコミを入れて周囲を沸かせた。

    「もし9月の月間MVP(9、10月期)を取れなかったら、もう取材は受けないって松山が言ってるんだよ!」

     もちろん、当の松山は「オレそんなこと言ってませんよ! 話作らないでくださいよ!」と笑って否定。この調子ならCSでもしっかりと代理4番を務められそうである。

     問題は、死球でできた右ふくらはぎ血腫の除去治療を受け、登録抹消中の安部だ。「筋肉は傷ついていないのでCSにはギリギリ間に合うかも」と東出コーチは言うものの、石井打撃コーチは「ここで無理させると長引く恐れもある。CSはいないものと思って戦いますよ」と断言した。

     だが、離脱直前に5番を打ち、足と三塁守備でも貢献していた安部の穴は簡単に埋められるものではない。控え三塁手の1番手は西川になるようだが、「二の矢、三の矢を用意する必要がある」と石井コーチは言う。

    「バティスタやメヒアもいるけど、まだ全面的に信頼できるほどではありません。下位で得点源になるとしたら、エルドレッドか小窪かな。エルドレッドはまだ二軍で調整中で、復調すれば早く上(一軍)で打たせたい」 彼らが頼りにできないとなった場合“CS用秘密兵器”となりそうなのが「サード・新井」。石井コーチが「よほどの緊急事態に限る」としている一方、東出コーチはなかなか前向きである。

    「サード・新井さんは面白いかもしれない。ある意味、壊れるのを覚悟でいってもらえるでしょ」

     しかし、「何だかんだ言っても、やはり主役がきちんと打てるかどうかですよ」と石井コーチは強調する。昨年は、初の本拠地CS開催でチーム全体が硬くなっている中、田中が打率8割3分3厘と打ちまくり、日本シリーズへ進出している。

    「今年も広輔にあれだけの活躍ができるかどうか。そうでなければ丸が中心打者として打線を引っ張っていけるか、ですね」と石井コーチ。ちなみに、東出コーチのほうは「CSで打てなかったら、秋季キャンプはまた地獄になる。強化指定選手もいっぱいいますよ」と不気味な予言をしている。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171004-00000005-tospoweb-base

     「広島-ヤクルト」(28日、マツダスタジアム)

     広島・新井が試合前の練習で、三塁ノックを受けた。26日に今季サードで最も多く試合に出場していた安部が「右ふくらはぎ打撲箇所の血腫切除」のため出場選手登録を抹消。CS出場が微妙な状況となりチームにピンチが訪れている。

     練習後、新井は「安部がケガをする前からやっている。足を動かす、足を使う練習」と強調し、「万が一の時のために、というのもあるしね」と語った。

     ノッカーを務めた玉木内野守備走塁コーチは「本当の緊急事態の時だけ」と説明。新井の動きについては「以前もやっていたので、普通に守れていた」と評価していた。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170928-00000101-dal-base

     今年も田中、菊池、丸の「タナキクマル」トリオは健在だった。広島不動の1、2、3番は走攻守で相手の脅威となった。リーグトップの163安打、103得点を誇る丸はMVPの最有力候補だ。1番でフルイニング出場し、打線を引っ張った田中が、スポーツ報知に独占手記を寄せた。

     2年連続で自分のところに最後、ボールが飛んできて良かったです(笑い)。今年は自分のところに飛んでこいと思っていました。本当にうれしい。

     「1番打者」にこだわりはあります。昨年より1番らしい仕事ができたかなと思います。四球の数も出塁率もしっかり残せた。タイトルも目標に、盗塁は昨年よりも絶対に多く決めたいと思っていました。打率もある程度満足できる部分です。本塁打は減りましたが、この1年間、そこは我慢してやってきました。昨年は本塁打も意識して打率を落としてしまったので。

     本当の理想像はもう少し長打が打てる1番なんですけどね。長打も打ちたいし、率も残したい。そこが来季へ向けての課題ですね。一気に色々なことは出来ないと思う。でも打者ならやっぱり、誰でも本塁打を打ちたいという気持ちがあるんですよね。

     「タナキクマル」【※1】とまとめられますが、正直なところ特別そこに入りたいと思ったことはないんです。ただ、そう言われるからには、僕もやらなきゃ、3人で引っ張らなきゃという責任感が芽生えた。それは3人とも感じながらやっていると思う。お互いにいい刺激になっています。キクはあの守備で流れを変えられる。本当に頼もしい。丸は練習も一生懸命しますし、陰で投手の研究もしている。今年は本当に勝負強い。どんな感じで打っているのか聞いて参考にすることもあります。

     フルイニング出場【※2】は、大きな目標というより結果的に出ていたという感じです。レギュラーなので、ちょっとしたことで休みたくない。阪神の鳥谷さんのようにショートで出続けることを目指さないといけない。体は正直きつい。疲労回復のため(冷水と温水の)交代浴はずっと続けてやっています。昨年は夏場は本当に苦しくて、成績も落としてしまった。今年もしんどいですけど、成績を落とさずにやれているのは気持ちの面が大きいかなと思います。昨年は初めてだったので、どうしても精神的に疲れる部分があった。今年はうまく切り替えながらできてますね。

     東海大相模から東海大と同級生だった菅野とは、互いに意識しながら刺激をもらいながらやれています。食事にいけば近況報告だったり、「あそこでよく打ってくれたよな」とか昔話も盛り上がりますし、野球の技術的な話もします。敵ですが、いい投手と対戦するのは楽しいです。菅野が大学ジャパンに参加しているときに、僕は球拾いをしていたこともあったけど、複雑な気持ちとかそういうのは全くなかった。高いレベルでやりたいというモチベーションはずっと捨てずにやっていました。

     WBCにも出場して一人一人意識の高さだったり、取り組み方に触れ、経験できてよかった。自分も全く届かない選手じゃないと感じたところもあったし、そこを目指したいと改めて思いました。坂本さんにも色々と聞けたりして、刺激になりました。内容は大事なことなので秘密ですが…。今回はサブとしての招集だったので、東京五輪もありますし、いつか主力として出たいという思いは強くなりました。

     昨年はCS【※3】であれだけ打てたんですが、打ちすぎて日本シリーズ打てなくなってしまったので、ほどほどに…。僕は短期決戦のほうが好き。後のこと考えなくていいですからね。(広島カープ内野手)

     【※1】売り出し当初は「キクマル」コンビで有名だったが、昨年から田中が1番に固定され同級生の「タナキクマル」が定着。

     【※2】2015年4月1日のDeNA戦(横浜)から連続フルイニング出場を継続中。

     【※3】DeNAとのCS最終ステージ4試合で12打数10安打(打率8割3分3厘)と打ちまくり、最優秀選手賞を獲得。

     ◆田中 広輔(たなか・こうすけ)1989年7月3日、神奈川県生まれ。28歳。巨人・菅野と同級生だった東海大相模高―東海大から、JR東日本を経て2013年ドラフト3位で広島入り。16年から1番に定着し25年ぶりの優勝に貢献。CS最終ステージではMVPに輝いた。3月の第4回WBC日本代表。171センチ、81キロ。右投左打。年俸7800万円。既婚。
    引用元 http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20170918-OHT1T50300.html

     広島の連覇の土台にあるのは、圧倒的な打力だ。チーム防御率は上位3球団とほぼ変わらず、失点数(18日現在513)は3チームで最多。盤石とは言い難かった投手陣をカバーした。

     今季の逆転勝ちは41試合。阪神の金本監督が「広島との差を一番感じたのは得点力。本塁打の数も足も全然違う。あの打線を抑え込める投手力をつけないと勝てない」と脱帽する迫力だった。

     その攻撃陣を支えるのが石井琢朗(47)、東出輝裕(37)、迎祐一郎(35)の打撃コーチ3人だ。球団の方針で昨季から打撃コーチ(補佐含む)を2人から3人に増員。当初は、「船頭多くして船山に登る」と不安視する声があったが、広島の場合はそれぞれの役割分担が明確。石井琢コーチは練習メニューや育成方針など大枠を決めるリーダー役。東出コーチはメーンの打撃指導を任され、時には厳しい叱り役にもなる。

     昨季まで打撃補佐だった迎コーチは選手と年齢も近いことから相談相手であり、ナイターの7~8時間前に球場入りして若手の早出練習に付き合った。

     選手も混乱することはない。首位打者争いを演じる安部友裕(28)はこう言う。

    「3人もいることは本当に恵まれていると思います。たくさんのことを吸収したい。コーチの話を聞いて、今年のキャンプから逆方向のバッティングを意識する取り組みを始めました。これまでは右方向ばかり狙っていたせいで落ちる球に対応できなかったので、しっかりボールを潰して逆方向に叩く練習を徹底しています」

     リーグ連覇はトロイカ体制の成功でもあった。
    引用元 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/213837

     これぞ王者の歩みということか。マジック点灯まで秒読み段階の広島が4日のDeNA戦(横浜)に3―13で完敗した。引き分けを挟み約1か月ぶりの2連敗。緒方孝市監督(48)は「こういう試合をしたのは自分の責任」と話したが、そもそも“想定内”の敗戦だった。

     前日3日の阪神戦は延長12回、4時間34分に及ぶ熱戦で、しかもこの日は移動ゲーム。「みんな2~3時間しか寝ていない」(東出打撃コーチ)ことから、試合前練習は新井やエルドレッドらをフリー打撃免除にするなど約20分短縮した。

     プロ初先発の2年目左腕・高橋樹に、先発マスクは2014年6月28日以来の白浜というバッテリー。初回に鈴木の22号2ランなどで3点を先制するも、4回までに8失点で逆転されると、攻守の要である菊池を5回の守備から引っ込め、勝ちパターンのブルペン陣にも休養を与えた。広島は先月末から7週にわたって6連戦が組まれ、特に今月はホームとビジターを行き来する日程。指揮官一人が責任をかぶる形で“捨てゲーム”をつくった格好だ。

     チーム関係者によれば、左太もも裏の筋損傷で離脱中のジョンソンは症状が思いのほか軽く、来週中にも二軍戦に登板し、9月上旬と見られていた復帰時期が8月中旬に前倒しになる可能性もあるという。リーグ連覇と33年ぶりの日本一を目指す広島にとっては今季ワーストの大敗も小休止でしかないのかもしれない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170805-00000017-tospoweb-base

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170805-00000017-tospoweb-base

    このページのトップヘ