広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    東出輝裕

     広島・長野久義外野手(34)がシーズン残り11試合も先発起用される可能性が9日、高まった。高ヘッドコーチが示唆した。8月下旬に1軍昇格後は33打数11安打、打率・333、1本塁打、7打点と絶好調。2カード連続勝ち越し中のチームは2位・DeNAに1ゲーム差、首位・巨人に5ゲーム差と再接近。“夏男”の長野が上位浮上へのキーマンとなる。



     ペナントレース最終盤を迎え、長野の存在感が高まってきた。クリーンアップの一角として、持ち味の勝負強さを発揮。現在5試合連続安打、2試合連続打点と絶好調だ。高ヘッドコーチのコメントからも、長野への高い期待が伝わってくる。

     「実力通りだね。調子が上がっている。ずっとスタメンでね。よっぽどのことがない限り、調子を維持して打ってくれれば、スタメンを外すことはない」

     8月23日の1軍再昇格後は33打数11安打、打率・333、1本塁打、7打点と急上昇。シーズン残り11試合となり、上位浮上のキーマンとして、長野のスタメン継続を示唆した。

     打撃コーチ2人の信頼も厚い。迎打撃コーチは「内容、結果を含めて、投手と対峙(たいじ)した中でしっかり勝負して、どうかという状態になっている。終盤になって食いしばって出てもらわないといけない」と復調に太鼓判。東出打撃コーチも巨人時代の姿を思い返し「今ぐらいのイメージ。打たない長野は知らない」とまで言った。

     長野は昨季も8月以降は打率・390を記録した“夏男”。8日・阪神戦でも三回2死満塁から左前へ先制の2点適時打を放った。移籍後初のお立ち台では「ちょっと遅くなって申し訳ない気持ちしかないです」と恐縮し、真っ赤なスタンドから拍手喝采を浴びた。

     9月に入り、チームは2カード連続勝ち越しで息を吹き返した。田中広、バティスタを欠く中でも、1番・西川、2番・菊池涼、3番・鈴木、4番・長野、5番・松山、6番・会沢と実力者がズラリ。東出コーチも「安定した攻撃ができるのではないか」と手応えを口にする。

     10日からは巨人、DeNAを相手に6連勝を飾った中日をホームに迎える。先発予定の梅津、小笠原、阿知羅にとっても、長野の存在は脅威に違いない。1月の入団会見で長野は「4連覇、日本一に向けて、少しでも戦力になれるように頑張ります」と決意表明した。上位2チームが足踏みする中、奇跡の予感も再び漂う。日本一の味を知る百戦錬磨の男が、チームを上位へ押し上げる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190910-00000018-dal-base

     広島の長野久義外野手(34)がシーズンの残り11試合全てにクリーンアップで先発出場する可能性が9日、高まった。東出打撃コーチが「上位3人の調子がいいので、1番から6番まで固まっているとするならば、(打順の)組み合わせがうまくいく」と説明。1番から西川、菊池涼、鈴木の上位3人は現時点で不動のメンバー。4番と5番は長野と松山をフレキシブルに起用しつつ、会沢が先発マスクならば6番のポイントゲッターとしてつなぐオーダーがベストという考えを示した。

     長野は月が替わった1日のDeNA戦(マツダ)から、決勝2点打を放った8日の阪神戦まで7試合連続でスタメン起用されている。しかも3日のヤクルト戦(神宮)以降は、相手先発が左腕なら4番、右腕なら5番というパターンが続いている。

     今月の7試合で打率3割4分6厘、1本塁打、6打点と好調の背番号5。「打席の中でしっかり振ることを心がけている」と気合十分で勝負のペナントレース最終盤に臨む。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190909-00000171-sph-base

     「ヤクルト0-3広島」(3日、神宮球場)

     広島の長野久義外野手が「4番・左翼」でスタメン出場した。4番は、巨人時代の16年7月23日DeNA戦(横浜)以来、1137日ぶりだ。



     この日は3打数無安打に終わった。それでも二回の先頭では先制点につながる四球を選んだ。緒方監督は4番での起用について「松山をここまで4番に置いてきたけど、本人も出っぱなしで下半身の切れが悪くなっていた。元気な人が、経験のある人というところで長野に。状態は全然、悪くない。頑張ってもらわないと」と話した。

     東出打撃コーチは「スイングは良い。振っていけているから」と振り返った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190903-00000136-dal-base

     棚ボタではない。

     広島は29日、田中広輔(30)が右膝半月板部分切除手術を受けたと発表。全治は明らかにしていない。今季は打撃不振が続き、22日には5年ぶりに登録抹消。シーズン序盤からあった痛みを押して出場を続けていたとみられる。

     6月には連続フルイニング出場が635試合でストップ。このとき、田中広の定位置だった遊撃に座ったのは、ドラフト1位ルーキーの小園海斗(19)だった。7月に小園が抹消されると、一時期は田中広がスタメンに復帰。だが、小園が再昇格すると再び控えに回った。

     三塁での起用が増えている三好匠(26)が遊撃を守ることもあるが、遊撃のスタメン起用は小園が中心。いよいよ高卒新人のレギュラー定着が現実味を帯びてきた。

     とはいえ、数字は振るわない。41試合で打率.225、2本塁打。何より8失策と守備面での課題は多い。盗塁はゼロ、四球は4で田中広に比べれば足や選球眼も劣る。

     それでもレギュラーに最も近いのは、吸収力の早さが高評価を受けているからだ。たとえば、主軸を打つ鈴木誠也が打席に向かう小園に助言すると、その直後に結果を出したり、先輩からのアドバイスをすぐに取り入れたり。見て盗む能力の高さにコーチ陣も舌を巻く。

     上司や先輩受けも抜群。レギュラーの座を奪われつつある田中広も「自分が18歳のときより全然すごいと思う。ケガをしないのが一番難しくて大事なところなので、そういう部分を含めてもすごい」と脱帽していた。

     ただ気に入られているだけでは、優勝争いが激しさを増すであろうシーズン終盤のゲームに出続けることはできない。そんな小園に対し、東出打撃コーチは「場数が大事」と言い、山田内野守備走塁コーチも「技術はまだまだの部分があるけど、経験することが何より重要」と一軍出場が成長を促すとみている。

     今年のキャンプ初日、緊張する小園に、チームのムードメーカーである上本が抱負をこう“代弁”した。

    「田中選手からショートのポジションを奪えるように頑張ります!」

     早くも目標達成か。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190830-00000025-nkgendai-base

     広島のドラフト1位・小園海斗内野手(19)=報徳学園=が22日、“左腕撃ち”に意欲を示した。23日からの中日3連戦(マツダ)は初戦・大野雄、3戦目・ロメロと左腕2人が先発予定。ここまで対左投手は9打数無安打と苦戦中だが、課題を克服し、さらなるレベルアップを目指す。

     ルーキー小園が左腕撃ちに挑む。ここまで対左投手は9打数ノーヒットだが、「苦手という感じではない。それ以前に自分のスイングができていない」と自己分析。大野雄との初対戦へ「出させていただけたらいい経験。すごいピッチャーから1本でも多くヒットを打てるように、練習から試合を想定してやりたい」と意気込んだ。

     これまで左腕はDeNA・浜口、巨人・今村らと対戦。周囲から「伸び上がっている」と指摘を受け、「映像と自分の感覚も違う。軌道に合わせていくからこすったような(打撃になっていた)」と気づいた。練習では実戦の打席をイメージして取り組み、「偶然ヒットになっても仕方ない。しっかりとしたスイングでたたきたい」と力を込めた。

     後半戦から1軍再昇格を果たし、16日・DeNA戦から5試合連続スタメン出場中だ。首脳陣の期待も大きく、東出打撃コーチは「育てるために使っていない。勝つために使っている。打ちそうな感じがあるから出ている」と期待を込める。

     6月はマツダスタジアムで4失策したが、前カード巨人3連戦は無失策。21日の試合では三塁後方の飛球を好捕するなど、守備面でも成長を見せている。定位置確保へ、黄金ルーキーの挑戦は続く。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190723-00000028-dal-base

    5年ぶりに交流戦最下位に終わった広島に、日刊スポーツ評論家の広瀬叔功氏(82)が緊急提言した。


    5月の快進撃がうそのように、すでに6月は負け越しが決定。それでも、セ・リーグでは首位巨人に1ゲーム差の2位につける。優勝争いが本格化する後半戦を前に、28日からの再開リーグ戦12試合で、今季の形を見いだす必要性を説いた。【取材・構成=前原淳】

       ◇   ◇   ◇

    5勝12敗1分けの最下位に終わった交流戦の結果が、今年の広島を表している。月間20勝した5月の反動か、チーム状態が下降した影響も多分にあっただろう。ただ、ベンチを含め、対戦が少ない相手への対応能力の低さは認めざるを得ない。リーグ3連覇中とはいえ、主力が抜けた今季は発展途上にある。本当に完成されたチームは切り替えがうまい。3連覇した昨季はそういった強さを身につけていたように感じたが、交流戦では切り替えられないままズルズルと試合を消化していった印象を受けた。

    あれだけ負け越しても、セ・リーグでは首位巨人にわずか1ゲーム差の2位につける。互いに知り尽くしたセ・リーグ同士の対戦では、まだ広島にアドバンテージがあるように感じる。交流戦で不調離脱した選手たちが戦列に復帰できれば上積みも望める。決して悲観する必要はない。何より、3年続けてペナントレースを制した経験がある。

    28日からリーグ戦に戻る。4カードですでに球宴期間に入るが、この12試合を無駄にしてはいけない。後半戦はもう、試行錯誤しながら戦う時期ではない。チームとしての形を明確に、結果にこだわって戦う時期だ。形を探りながら戦っていると、気づいたときには優勝争いから外れているかもしれない。まだ前半戦と悠長に構えていてはいけない。後半戦から優勝争いは始まる。球宴までの12試合で、チームの最終形を見つめたい。

    南海時代、西鉄と毎年のように優勝争いをしてきた。シーズン終盤、チームの浮沈を左右するのは投打の柱。大瀬良であり、鈴木だ。彼らが相手の主力を抑え、主戦を打つことでチームは勢いづく。逆に打たれ、抑えられれば失速する。今や名実ともにチームの顔となった2人が4連覇のキーマン。プレーと背中でチームを引っ張って行ってもらいたい。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190626-06260728-nksports-base

     広島のアレハンドロ・メヒア内野手(26)が24日、1軍に合流。同日の楽天戦が雨天中止となったため、楽天生命パークに隣接する室内練習場でナインと汗を流した。2軍では63試合の出場で打率・294、リーグトップの19本塁打、45打点。緒方監督から「後半戦のキーマン」に指名されたドミニカンが、交流戦最下位に沈むチームの救世主となる。

     ようやく1軍から声がかかった。リーグ戦再開まで登板機会がないため、23日に先発したジョンソンの出場選手登録を抹消。チャンスが到来したメヒアは「うれしい。ずっとファームで、この機会を待っていた。すごく調子がいいので、いい時に呼んでもらえた」と喜びを隠さなかった。

     18年ファーム4冠王(打率・337、20本塁打、59打点、出塁率・397)は、今季も2軍で無双状態だ。19本塁打、45打点はリーグトップを走り、打率・294も同4位と、手が付けられない。練習前、東出打撃コーチからは「いい結果を出しているのはいつも見ていた」と声をかけられたと言い、「チーム事情は分かっている。イライラやストレスはなかった。1軍で自分の力を見せたい」と爆発を誓った。

     好調をアピールするように、フリー打撃では鋭い当たりを連発。後ろで見守っていた鯉将もニンマリだ。「ずっと良かったし、上げたいと思っていた。なかなかチャンスはなかったが、後半戦(リーグ戦再開後)のキーマンになってくれるかもしれない」。帰り際には「ビッグチャ~ンス!」と大きな声で直接ゲキを飛ばされた。

     交流戦は得点力不足に陥り、5年ぶり最下位が決定した。25日の楽天戦に敗れると、パ・リーグ全球団に勝ち越しなしとなる。メヒアは指名打者での出場が濃厚だ。ドミニカンの一打で不名誉な記録を阻止したい。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190625-00000030-dal-base

    このページのトップヘ