広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    東北楽天ゴールデンイーグルス

     楽天からトレードで加入した広島・菊池保則投手(29)が11日、「第2の故郷」と語る東北・仙台への恩返しを誓った。2011年3月11日に東日本大震災を経験した右腕。今季の楽天との交流戦は仙台で行われるが、開幕1軍に生き残り、古巣相手に勇姿を届けるつもりだ。

     あの日から8年が経過しても、記憶が色あせることはない。練習前、グラウンドに集まったナイン、首脳陣らは東北方面へ、黙とうをささげた。楽天から新加入した菊池保も、静かに目を閉じた。

     「(震災を)忘れてはいけないと胸に刻みました。僕たちは野球しかできない。野球で楽しませたいと思いながら黙とうしました」

     震災当日、菊池保は2軍遠征先である関東に滞在。被災地の状況はニュースなどで目にしていたが、数日後に仙台空港へ降り立ち、言葉を失ったという。

     「すごい惨状で、すごく衝撃的でした…。空港は前と景色が変わってしまっていた」

     今季の交流戦は「第2の故郷」と語る仙台で行われる。東北への思いはもちろん、古巣楽天への恩返しの思いも強い。「元気なところを試合で見せたい。そのためにも(開幕)1軍に残れるようにしたい」と決意を新たにした。

     9日のDeNAとのオープン戦(福山)は六回、1死二、三塁の場面で登板。ピンチを抑えてアピールした。「中継ぎは走者がいるところで出ることが多い。最少失点、ゼロで抑えられるようにしないといけない」。シーズン開幕まで、2週間あまり。サバイバルレースを勝ち抜き、6月の“仙台凱旋”を目指す。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190312-00000029-dal-base

     楽天から広島にトレードで加入した菊池保則投手(29)が新天地で躍動すべく、必死の形相で腕を振っている。移籍後初の春季キャンプを1軍で過ごした右腕。まずは新加入として首脳陣からの信頼度アップを重ねることを念頭に置き、開幕1軍とその先を見据える。

     「とにかくゼロに抑えることが仕事。まずは行けと言われたところで結果を出し続ける。その積み重ねだと思います」

     昨年11月に福井との交換トレードで広島入団。1月下旬の先乗り自主トレから参加し、新たな仲間と鍛錬の日々を過ごしてきた。自然と力も入る中、日南キャンプではヒヤリとする出来事もあった。下半身のコンディション不良で、7日のシート打撃登板を回避した。幸い、10日にはブルペン投球を再開したが、「既に出遅れている。取り戻さないと」と、より一層闘志はみなぎった。

     移籍後初めて打者に対したのは、16日に行われた沖縄2次キャンプでのシート打撃。田中広や野間ら打者7人に対して1安打1四球。対外試合初登板となった18日の韓国・KIA戦では九回に登板し、先頭打者をフォークで空振り三振に斬るなど1回1安打無失点1四球。まずまずの“デビュー戦”だった。

     しかし、25日に行われた古巣・楽天との練習試合だった。気負いはなかったというが、内田に2ランを浴びるなど1回4安打2失点。「(本塁打は)そんなに悪い球ではないと思ったけど、自分の直球がまだまだ」。キャンプ前から重要視してきたのが力強い直球で、ブルペンでも直球の比率を多くしてきた。改めて感じた課題を今後完璧に近づけていくことが求められる。

     プロ12年目での新天地。現在1軍にいる投手の中では、野村とともに日本人最年長だ。「自分が入ったというよりも、昔からいるチームに新しい選手が入った気持ちでいるようにしています」。チームに溶け込むため、右腕なりの発想の転換。この心持ちであれば、気を遣いすぎることもないという。「みんな優しいです」と、はにかみながら同僚にも感謝した。

     リリーフ陣は中崎や一岡、フランスアに加え、ドラフト2位・島内や3年目の矢崎らも候補に入ってくる。「チャンスは多くない。自分の力を出して開幕メンバーに入れるようにしたい」。まずは開幕戦の3・29にマツダスタジアムに足を踏み入れるべく、好結果好内容を残して争いを勝ち抜いていく。(デイリースポーツ・田中哲)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190302-00000036-dal-base&pos=5

     「練習試合、広島-楽天」(25日、コザしんきんスタジアム)

     広島のドラフト1位・小園海斗内野手(報徳学園)が2試合連続安打を記録した。

     四回の守備から途中出場。五回の1打席目は辛島の前に中飛に倒れたが、八回先頭の2打席目に4番手・福山から痛烈な中前打を放った。

     小園は24日のDeNAとのオープン戦(宜野湾)で対外試合初安打を放っている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190225-00000096-dal-base

    <練習試合:楽天-ロッテ>◇17日◇沖縄・金武

    楽天福井優也投手(31)が体調不良で先発を見送った。

    広島からトレード移籍で加入し、新天地初登板を予定していたが、試合前に伊藤1軍投手チーフコーチが「体調の問題でキャンセルになりました」と説明。代わって浜矢が先発する。

    伊藤コーチは福井について「肩肘は問題ない」とも話し、25日に行われる古巣広島との練習試合(コザ)で登板する見通しを示した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190217-70000227-nksports-base

     ◇交流戦 広島7-0楽天(2018年6月8日 マツダ)

     広島の投打がかみ合い、楽天に快勝。貯金を9とした。
     初回、丸の適時二塁打で先制し、2回に会沢の6号、3回に丸が7号ソロ本塁打。8回は2死満塁で鈴木の3点二塁打で突き放した。丸はこの日通算1000試合出場も達成、プロ野球492人目。初出場は10年9月12日の巨人戦。

     先発の大瀬良は7回、113球を投げ無失点で自身7連勝で、リーグトップを更新する9勝目を挙げた。

     楽天は辛島が踏ん張れず、打線も沈黙。借金は17にとなった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180608-00000165-spnannex-base

     楽天は30日、コーチ人事の発表を行った。チームはここまで26試合を消化し6勝19敗1分け、勝率.240で最下位に沈んでいた。コーチ人事は以下の通り。

     栗原健太2軍打撃コーチ→1軍打撃コーチ

     高須洋介1軍打撃コーチ→2軍打撃コーチ

     真喜志康永育成コーチ→1軍内野守備走塁コーチ

     立石充男1軍内野守備走塁コーチ→育成コーチ



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180430-00125527-fullcount-base

     楽天を自由契約となった松井稼頭央が西武、西武を自由契約となった渡辺直人が楽天へ移籍し、今季から両選手は古巣でプレーすることになった。

     松井稼頭央が今年の10月で43歳、渡辺も今年の10月で38歳と、大ベテランの域だが、新天地でもう一花咲かせたいところ。松井と渡辺のように新人時代に所属していたチームに戻り、再び活躍した選手を見ると新井貴浩(広島)が当てはまる。

     新井は2007年オフにFA権を行使し、広島から阪神へ移籍。11年に打点王に輝くなど、阪神の中軸を担っていたが、14年にゴメスに一塁のレギュラーを奪われ出場機会が減少した。同年に阪神を自由契約で退団し、15年に古巣・広島へ復帰。

     復帰後は代打での起用が予想されたが、レギュラーポジションを奪い125試合に出場して、打率.275、7本塁打、57打点の成績を残した。翌16年は4番打者として、101打点を挙げる活躍で、25年ぶりのリーグ優勝の立役者となり、自身はリーグMVPを受賞した。昨季は若手、中堅の成長もあり、途中出場も増えたが、100試合に出場して、打率.292、9本塁打、48打点と存在感を見せている。

     昨年9月16日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 広島-ヤクルト戦』で解説を務めた田尾安志氏は「タイガースにいたころの印象は、追い込まれてから外のスライダーのボール球を空振りするイメージが非常に強かった。カープに戻ってからスイングがよくなった。本当に粘っこいスイングができるようになりましたね」と40歳を超えてなおも進化を続ける新井の打撃に目を細めた。

     松井と渡辺は新井と選手のタイプは違うが、同じように復活を待ち望むファンも多いはず。古巣でもう一花咲かせたいところだ。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180107-00141688-baseballk-base

    <日本生命セ・パ交流戦:日本ハム3-5広島>◇8日◇札幌ドーム

     広島が勝ち、連勝を5に伸ばした。貯金は今季最多の15。先発岡田が6勝目を挙げ、4番の鈴木が1回に決勝の12号2ランを放った。

     試合後の広島緒方孝市監督(48)は「今日も全員で勝って、いい試合が出来た。札幌のファンの前でいいゲームが出来てよかった。鈴木の1発? 全員、全員。明日からはまた強いパ・リーグ1位のチーム。頑張っていきたい」と話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170608-01837214-nksports-base

    このページのトップヘ