広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    松山竜平

     広島の快進撃が止まらない。5月は12勝3敗1分け。今季2度目の7連勝で首位・巨人にゲーム差なしと肉薄した。今季は開幕から5カード連続負け越し、データ上の優勝確率0%となったが、驚異のV字回復を示した。リーグナンバーワンの防御率を誇る投手陣に加えて、新元号・令和を迎えて打線が絶好調。復調の要因に迫った。


     リーグ3連覇をけん引した赤ヘル打線が復活した。5月は16試合中、9度の2桁安打を記録。「1番野間、2番菊池涼、3番バティスタ、4番鈴木、5番西川」の新オーダーが見事にハマっている。

     開幕は「1番田中広、2番菊池涼、3番西川、4番鈴木、5番松山」でスタートした。だが、菊池涼、鈴木が好調をキープする中、田中広、松山が想定外の不振。首脳陣は復調を願い、我慢強く起用したが、4月は深刻な得点力不足に陥った。

     転機は平成最後の夜に訪れた。4月30日、甲子園で阪神に敗れた試合後、緒方監督、東出、迎両打撃コーチによる緊急ミーティングを開催。異例のタイミングで、指揮官は打順固定を提案。相手投手の傾向、打者の状態を把握して「点を取れる確率が最も高い打順」を組む打撃コーチ2人と意見をすりあわせ、日替わりオーダーではなく、ある程度、上位打線を固定した中で戦う方針を確認した。

     新元号・令和を迎えた翌5月1日の阪神戦は1番野間、5番に西川を抜てき。今季は丸が抜けた3番争いが注目されたが、東出コーチは「誠也の後ろを打つ打者が鍵を握る」と繰り返していた。その西川は鈴木が四球で歩いた後も、持ち味の勝負強さを発揮。5月の打率は・315、現在も出場14試合連続安打中だ。「5番打者というより、5番目という気持ち」と西川。東出コーチも「バティスタの5番も考えたけど、ああ見えてマジメだから。去年は3番に丸がいたから、5番は(走者を)掃除する役割が求められた。今年は守って走ってのチーム」と新たな5番の働きに合格点を与える。

     開幕直後に連鎖した守備の乱れは「左翼西川、一塁バティスタ」の布陣で安定。打線の復調と同時に、本来の機動力も見られるようになった。5月は14盗塁をマーク。1試合の平均得点も、4月の3・4点から4・9点に大幅に改善された。

     迎コーチは「代わりの選手が頑張ってくれた。試合に出続ける中で気持ちの余裕、割り切りができているんじゃないか」と話す。どとうの快進撃を続ける中、「丸ロス」なんて言葉もすっかり聞かれなくなった。残り100試合。本来の強さを取り戻したカープがV4ロードを突き進む。(デイリースポーツ・杉原史恭)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190521-00000038-dal-base

     ◇セ・リーグ 広島3―2中日(2019年5月21日 三次)

     広島が先発・野村の7回3安打無失点好投と菊池涼の8試合連続安打となる決勝2点適時打などで中日に3―2で勝利を収め、4月に続いて2カ月連続、今季2度目の8連勝。DeNA戦が雨天中止となった巨人を抜き、今季初の単独首位に立った。広島の貯金は今季初の7。野村は4月24日の中日戦以来27日ぶりとなる今季3勝目(2敗)をマークし、地方球場6連勝となった。

     前回対戦(7日)で3安打完封された中日先発左腕・大野雄にこの日も苦しんだ広島打線だったが、0―0で迎えた5回、会沢、安部、田中広の3連打で無死満塁と攻め立て、2死後、セ・リーグ得点圏打率1位の菊池涼がファールで粘った9球目の真ん中直球を叩いて左前へ先制の2点タイムリー。

     8回には2番手・岡田から鈴木、西川の連打などで無死満塁とし、3番手・小熊に代わった1死満塁から代打・松山が押し出し四球を選んで待望の追加点を入れ、最後は1点差まで詰め寄られたが逃げ切った。

     先発・野村は内野ゴロの山を築いて7回3安打無失点と好投。3番手の守護神・中崎が9回に2点を失ったが、1点差で逃げ切った。先発投手はジョンソン6回、アドゥワ7回、野村7回と3試合連続で無失点投球となった。

     中日は2回に1死一、二塁と先制機をつかんだが、生かせず。3回以降、野村にパーフェクトに抑えられ、9回に福田の左越えソロと高橋の左中間二塁打で2点を返したが、なおも続いた2死満塁で松井雅が凡打に終わった。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190521-00000193-spnannex-base

     19日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-DeNA戦』で解説を務めた谷繁元信氏が、リーグ4連覇を目指す広島について語った。

     同番組中にデーゲームの情報で広島が勝利し、今季最多の貯金を6としたことを伝えられると、谷繁氏は「どの時期に5割あたりにくるかなと思っていたんですけど、連勝してすぐに借金を返済して、今度は貯金6。今年はさすがにもたもたするかなと思ったんですけど、最初だけでしたね。3連覇しているチームは強いですよね」とコメント。

     谷繁氏が驚くほどの勢いで、チーム状態を上げてきた広島。その広島は2年連続MVPを獲得した丸佳浩が巨人へFA移籍し、開幕直後は苦しんだ。谷繁氏は「丸が抜けたことをみんなが意識していた。自分たちの仕事、自分たちの野球をしなければいけないという風にうまく切り替えたんじゃないですか」と分析した。

     広島は球団史上初となる開幕から5カード連続で負け越し、一時は借金8まで膨れ上がったが、7連勝で貯金を今季最多の6。気がつけば首位・巨人とゲーム差なしの2位まで浮上してきた。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190520-00189261-baseballk-base

     「阪神2-10広島」(17日、甲子園球場)

     広島のバティスタ外野手(27)が自身初となる4安打の固め打ちでチームの5連勝、単独2位浮上に貢献。甲子園でのヒーローインタビューで、4番を打つ鈴木誠也への感謝を口にした。



     八回、阪神・西から価値ある勝ち越し打を左前へ運んだ。その場面を振り返り「本当に前に飛ばすことだけを考えていたんだ」と話した。

     3番に座ることでのやりがいを問われると「本当にいいチャンスだと思っている。本当に誠也が4番にいてくれるので、いいボールが来ると思っている」と鈴木への感謝を口にした。

     チームはこれで今季2度目の5連勝。「雰囲気は明るいです」と笑顔を見せた。

     虎党を黙らせた3番は18日以降の戦いに向けて「きょうみたいに明日も、あさっても打ちたいです」と宣言していた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190517-00000157-dal-base

     ついに貯金生活だ。広島が12日のDeNA戦(マツダ)に8―1で勝ち、開幕戦に勝利して以来の貯金1とした。先発のアドゥワ誠(20)が1失点でプロ先発初勝利、初完投。打線も初回に先制3ランを放った鈴木誠也外野手(24)を中心に13安打8得点を挙げて援護した。

     緒方監督は「アドゥワでしょう。最後まで投げ抜いてくれた。誠也の本塁打も大きかった」と孝行息子たちを絶賛した。この日は母の日で、監督以下首脳陣と選手の全員がピンクの帽子とユニホームを着て戦った。

     そんな球場に詰め掛けた“お母さんたち”を盛り上げたのは鈴木、アドゥワと、3安打3打点の磯村嘉孝捕手(26)だ。3人揃ってお立ち台に立ち、まずは鈴木が「流れ」をつくった。お母さんファンへのメッセージをインタビュアーがアドゥワから聞こうとすると、鈴木が「自分から」とばかりに胸を叩いた。

     希望通りに最初にマイクを向けられると、球場に詰め掛けたお母さんたちへ感謝の言葉を述べた後に「一番はやっぱり東京にいるお母さんに一番感謝していますので、多分、今日テレビで見てくれていると思うので…」と語った後「オレやったよ!」と絶叫。

     これを受けて磯村が、お母さんファンへメッセージを送った後に「愛知県にいるお母さん、いつもハラハラドキドキさせてごめんなさい。でも…今日オレやったよ!」と同じく絶叫で続けた。

     こうなるとアドゥワも絶叫で締めなければいけない流れ。普段は冷静でほとんど表情を変えないが、果たしてどうつなげるのか。球場内にも緊張感が走ったが、しばし沈黙の後に「親は見に来てないんですけど、多分テレビで熊本から応援していると思うので、テレビの前のお母さん…。オレやったよ!」と恥ずかしそうに叫んだ。

     球場は大盛り上がりで鈴木と磯村はしてやったりの表情。お立ち台でのパフォーマンスともども、強かった昨年までのカープが戻ってきた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190513-00000025-tospoweb-base

    <広島4-0DeNA>◇11日◇マツダスタジアム

    広島がDeNAに勝ち、勝率5割に復帰した。先発クリス・ジョンソン投手(34)が6回無失点で2勝目。


    5番に入った松山竜平外野手(33)の1回の右前適時打が決勝打となった。緒方孝市監督(50)の談話は以下の通り。

    -いい勝ち方

    緒方監督 ジョンソンが前回より、低めに力のあるボールを投げられていた。中盤ちょっと球が浮いたところでピンチを招いたけど、6回まで無失点。ナイスピッチングです。中継ぎ陣もしっかり抑えてくれた、石原もしっかりいいリードをしてくれた。

    -打線組み替えが機能した

    緒方監督 初回から点は取れたんでね。中押しというところでなかなか(苦しい)展開だったけど、7回のところでキクが、本当にいいバッティングをして、あの2点というのが大きかった。いい形でゲームをできたんで、また明日がんばります。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190511-05110812-nksports-base

    <中日2-7広島>◇6日◇ナゴヤドーム

    王者広島が底力を発揮して勝率を5割に戻した。劣勢の展開から土壇場9回2死から1点差を追い付き、3試合連続延長戦となった10回に勝負を決めた。1死満塁から5番西川龍馬内野手が左中間を破る3点三塁打。さらに安部友裕内野手が2ランで突き放した。4連勝で4月27日以来の勝率5割復帰だ。



    選手の疲労は蓄積されていた。広島から神宮へ移動して始まった連戦は10試合目。総移動距離は約2000キロに達した。試合前シートノックを8試合連続先発の鈴木誠也外野手と9試合連続先発のサビエル・バティスタ外野手が免除された。前日まで4連投だった抑え中崎翔太投手、セットアッパー・ヘロニモ・フランスア投手はいずれも登板を回避する事態だった。

    先手を奪われたが、磯村嘉孝捕手の1発で流れを変え、中村恭平投手、菊池保則投手の中継ぎ陣が追加点を与えず。9回に代打松山竜平外野手が執念の同点打。10回はそれまで沈黙していた野手陣が爆発した。総力戦で連勝街道を伸ばして借金完済。緒方孝市監督も「選手の頑張り、そこに尽きる」と諦めずに戦ったナインを手放しでたたえた。【前原淳】

    ▽広島西川(延長10回に決勝三塁打)「(前打者鈴木の申告敬遠に)火が付いたじゃないけど、ここで決めるしかないと思って立った。最低でも外野に飛ばせば何とかなると思った」


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190506-05060952-nksports-base

     ◇セ・リーグ 広島7―2中日(2019年5月6日 ナゴヤD)

     広島は9回2死から代打・松山の適時打で同点に追いつき、延長10回に西川の適時三塁打で勝ち越し。3試合連続の延長戦を制して連勝を4に伸ばし、勝率5割復帰を果たした。



     先発のアドゥワが6回2失点と試合をつくったが、打線が中日先発の福谷に苦しみ1点ビハインドのまま9回へ。それでも先頭の安部が二塁打で出塁すると、2死三塁から代打・松山が中前適時打。土壇場で同点に追いつき、3試合連続の延長戦に突入した。

     延長10回に先頭の野間が出塁すると、そこから1死満塁の絶好機。ここで西川が走者一掃の左越え適時三塁打を放ち、3点を勝ち越し。続く安部にも2ランが飛び出し、この回一挙5得点で試合を決めた。

     中日は通算219試合目の登板で初先発となった7年目の福谷が6回1失点の好投。だが守護神の鈴木博がセーブに失敗し、延長10回には谷元が5失点の大炎上。逃げ切りに失敗し、痛恨の一敗を喫した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190506-00000184-spnannex-base

    <阪神8-3広島>◇30日◇甲子園

    広島は3連敗で平成を締めくくり、単独5位に後退した。


    不調の田中広を1番、頭部死球から復帰した松山を5番で起用したが、両者ともに4打数無安打。

    緒方孝市監督(50)は、2人の打撃コーチと今後について話し合った模様。田中広について「状態がよくないのが続いている」、松山について「内容がよくなかった」と話した。令和最初の試合は、打線をさらに改造して巻き返しを狙う見込みだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190430-04301128-nksports-base

     30日のプロ野球公示で、広島が大量6人を入れ替え。九里亜蓮投手、岩本貴裕外野手、下水流昂外野手の出場選手登録を抹消し、藤井皓哉投手、堂林翔太内野手、松山竜平外野手を登録した。松山は20日のDeNA戦で右側頭部に死球を受けて途中交代し、脳震盪特例措置の対象選手で抹消となっていた。



     阪神は石崎剛投手、陽川尚将内野手を抹消し、秋山拓巳投手、高山俊外野手を登録した。

     また、日本ハムは上沢直之投手、浦野博司投手、王柏融外野手の出場選手登録を抹消。巨人の森福允彦投手、ヤクルトの石川雅規投手、DeNAの上茶谷大河投手も抹消された。

    【セ・リーグ】
    ■出場選手登録

    広島
    投手 藤井皓哉
    内野手 堂林翔太
    外野手 松山竜平

    巨人
    投手 畠世周

    阪神
    投手 秋山拓巳
    外野手 高山俊

    ■出場選手登録抹消

    広島
    投手 九里亜蓮
    外野手 岩本貴裕
    外野手 下水流昂

    ヤクルト
    投手 石川雅規

    巨人
    投手 森福允彦

    DeNA
    投手 上茶谷大河

    阪神
    投手 石崎剛
    内野手 陽川尚将

    【パ・リーグ】
    ■出場選手登録

    なし

    ■出場選手登録抹消

    日本ハム
    投手 上沢直之
    投手 浦野博司
    外野手 王柏融

    楽天
    投手 近藤弘樹


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190430-00359964-fullcount-base

    このページのトップヘ