広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    松山竜平

     広島は14日、マツダスタジアムで全体練習を行った。松山竜平外野手(32)は、後半戦を前に自身初となる規定打席到達をノルマに課した。今季残りは67試合。打撃好調を維持して最後まで走り切る構えだ。

     前半戦を終え打率・310はリーグ6位。44打点は鈴木と並ぶチープトップタイだ。それでも松山は「満足はしていない。これを最後まで続けていかないと意味がない」と手綱を締める。優勝争いが本格化するこれからが、自らが試される戦いだと自覚している。

     野間の台頭により一塁での出場が増えた。新井とポジションを争う中で求められるのは勝負強い打撃。「打点にこだわっていきたい」。勝利を呼び込む一打が規定打席到達のカギとなる。

     この日のフリー打撃ではミートポイントやフォームを確認しながら丁寧にスイングを繰り返した。「前半戦は良い感じで終えられたと思う。でももったいない打席があった」。一振りで仕留めるための準備を整えていく。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180715-00000036-dal-base&pos=5

    <DeNA1-15広島>◇1日◇横浜

     広島は先発全員安打で、今季最多19安打、15得点を奪い大勝した。連敗を2で止め、貯金は再び11。7月も白星スタートを切った。



     広島緒方孝市監督の談話は以下の通り。

     緒方監督 投打ともに全員がいい活躍をして、暴れまくったね。

     -先発岡田について

     緒方監督 今日は安定していた。大量点でリズム良く投げてくれた。

     -3番丸が好調

     緒方監督 あんな逆方向に(本塁打は)すばらしいね。1本は風に助けられたところもあったけど、いい打球を飛ばしているし、これを続けてほしい。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180701-00255478-nksports-base

    <広島14-5巨人>◇26日◇マツダスタジアム

     広島が球団初の3試合連続2桁得点で4連勝を飾った。1回にいきなり4点のビハインドを背負うも、直後に松山の満塁弾で同点に追いつくと、打線に火が付いた。5本塁打を含む13安打で今季最多タイ14得点。4回から登板した2番手のフランスアが5イニング無失点の好救援で来日初勝利をマークした。チームは貯金を再び10に戻し、2位巨人に今季最多6・5ゲーム差に広げた。広島緒方孝市監督の談話は以下の通り。

     (自ら切り出し)

     緒方監督 4点ビハインドから始まった中で四死球3つからだったけど、しっかりと反撃してくれた。野手の頑張りはたいしたもの。一番は、打つこともだけど、甲子園(での阪神戦)からしっかり守ってくれている。集中力を切らさずにね。こうやって投手陣が点を取られる中でも守りをしっかりやってくれている。そういうところが、そのあとの締まった展開になる。(2番手の)フランスアがあそこでよく投げてくれた。

     -松山の1発は大きかった

     緒方監督 大きかった。もちろん、もちろん。最高の結果を出してくれた。あの回、1点でも2点でも返しておけば何とかなると思っていた中で、最高の結果を出してくれた。

     -3回裏はバッテリーに代打策

     緒方監督 それはいいよ。

     -先発候補でもあったフランスアを2番手に投入した

     緒方監督 甲子園の3戦目(24日)からブルペンに入れている。こういうふうに中継ぎのロングがいないから、先発(の可能性)を含めた中でロングで頑張ってもらうと、こちらは考えている。そういった意味でもフランスアがああいった投球をしてくれたのでね。ナイスゲームでした。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180626-00250846-nksports-base

    ○ 広島 14 - 5 巨人 ●
    <8回戦・マツダスタジアム>

     広島打線が爆発し、4連勝で再び貯金10。5番松山が、7号満塁弾を含む3安打5打点と活躍した。巨人は初回に4点を先制するも、投手陣が崩壊。3回途中7失点の先発・鍬原は2敗目(1勝)を喫した。

     広島は先発・ジョンソンが初回に4失点。それでも直後の1回裏、無安打で一死満塁の好機を作り、松山が右翼席への同点満塁弾を放った。再び1点を勝ち越された3回は、3番丸の12号ソロで同点。さらに無死三塁から、再び松山が適時二塁打を放ち6-5と勝ち越した。

     勢いづいた広島打線は、さらに代打・会沢が2点適時打、代打・バティスタが11号2ランを放ち一挙6得点。早めの代打策がズバリと当たり、6回以降も会沢の7号2ラン、丸の13号ソロで加点した。

     ジョンソンは3回5失点で、3回の攻撃で代打を出され降板。逆転したあとは、2番手・フランスアが5イニングを1安打無失点に抑える好投。見事なロングリリーフで、うれしいプロ初勝利(2敗)を手にした。

     巨人は初回、5番亀井の左前適時打、6番長野の2点適時二塁打などで4点を先制。同点の3回は4番岡本の14号ソロで再び1点を勝ち越した。

     しかし、先発の鍬原が初回4失点、3回も計3失点と味方の得点直後に失点。2番手以降の森福、アダメス、谷岡、田原も失点を重ね、計14失点で大敗した。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180626-00157254-baseballk-base

     広島・野間峻祥外野手(25)が20日、マツダ屋内練習場で1時間超に及ぶ“特打”に励んだ。好調だった打撃は徐々に下降線を描き始め、18日の日本ハム戦では30試合ぶりにベンチスタート。先発死守へ、まさに踏ん張りどころだ。「結果を求め、スタメンで試合に出たい」。リーグ戦が再開する22日からの阪神戦(甲子園)を前に闘志を燃やした。

     リーグ戦再開を2日後に控え、本拠地に隣接する屋内練習場であった野手の指名練習。バティスタ、西川と並んで野間は必死にバットを振った。課題とする速い直球を中心に約70分間。好機を逃すまいと、言葉には必死さがにじみ出た。

     「ボクはレギュラーじゃないので練習あるのみ。少しでもいい状態で臨みたいし、うまくなりたいので」

     丸の故障離脱を機に増えた先発起用。打撃にも開眼し、最盛期には打率・369を誇った。ところが、10日の楽天戦を境に数字は急降下。29試合続いたスタメン出場は18日の日本ハム戦で途切れ、打率も・320まで下がった。原因は一点だ。

     「インサイドを意識し過ぎ。きれいに打とうとし過ぎていた」

     分岐点は1日のロッテ戦。涌井の内角球を右前打した残像が、打撃を微妙に狂わせた。以前は詰まることを恐れなかったのに、クリーンヒットしようと意識し過ぎ、外角球に手が出なくなる悪循環。不振時に増えた三振はこのパターンだ。

     それでも迎打撃コーチは「課題を明確に理解している。そこは成長。最後の一ゴロも先が見える内容だった」と指摘。9回に代打起用された18日の日本ハム戦で、有原の内角カットボールを打った打席に再加速の可能性を感じ取る。無論、野間もそのつもりだ。

     「守備固めや代打の1打席も大事だけど、できればベンチスタートに戻りたくない。スタメンで出たい」

     故障明けの丸、鈴木が中軸としての責任を全うしており、野間が先発するなら左翼が現実的。ただ松山、バティスタ、さらには一塁手の新井も絡むだけに楽観視はできない。25歳は力を込めて言う。

     「打たないと試合には出られない。結果を求めていきたい」

     長足の進歩を遂げた4年目。安打数、本塁打数、打点は既に自己ベストを更新した。スタメン死守へ。順調に数字を伸ばせば明るい光が見えてくる。(江尾 卓也)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180621-00000031-spnannex-base

     広島・緒方孝市監督(49)が11日、苦手の助っ投攻略のキーマンに新井貴浩内野手(41)を指名した。12日のオリックス戦(京セラD)からの6連戦はDH起用が可能。「新井は右、左に関係なく一番手の選手。切り札になる」と期待を寄せた。

     リーグ屈指のカープ打線も、交流戦に入り、相手先発が外国人の試合は4戦全敗。12日も7勝を挙げている左腕・アルバースと対戦する。新井は今季、助っ人投手に7打数3安打の打率4割2分9厘。「苦手意識はない。振っていく中で合わせる感じ。DHも経験はあるし、準備をしっかりしたい」と胸をたたいた。

     迎打撃コーチは「ボールを動かしてくる外国人(投手)はゴロを打たされてしまうことが多い。センター方向に打つ意識を徹底させたい」と対策を明かした。チームは15年からオリックスに9連勝中。相性の良さも生かし、ラストスパートで交流戦を締めくくる。(表 洋介)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180612-00000008-sph-base

    ■広島 2-1 楽天(9日・マツダスタジアム)

     広島は9日、マツダスタジアムで行われた東北楽天戦に2-1で勝利した。広島ジョンソン、楽天則本の両先発による投手戦となったが、7回の攻防が勝敗を分けた。緒方監督は「今日はバッテリーの勝利」と、最少得点差の勝利に満足そうだった。


     両先発の好投で6回までは両チーム無得点。試合が動いたのは7回だった。まず楽天が、四死球と内野安打で作った1死満塁のチャンスで嶋がスクイズを決めて均衡を破った。その裏、広島は先頭の鈴木が四球で出塁すると、続く松山はレフトスタンドにライナーで飛び込む逆転の2ランを放ち、これが決勝点となった。

     緒方監督は「ウータン(石原)が3人の投手をしっかりリードして1点に抑えてくれた」とベテラン捕手を勝因に挙げた。さらに夫人の出産の立会いで一時帰国し、約3週間ぶりの1軍マウンドとなったジョンソンについても「復帰初戦で不安もあったが、立ち上がりからいい調子だった」と評価し、「先発の人員が固まっていない状況で、やってくれないと困る投手」と、エース左腕の今後に期待した。

     打線は則本に6回まで無得点に抑えられた。それでも「得点圏に進めた場面でも素晴らしい投球をされたし、あれだけ低めに決められたらなかなか打てない」と緒方監督も脱帽したパのエースから、松山が逆転の一発を放った。「前の打席の感覚が良かったみたいだから」と指揮官が褒めた一発で、チームは6カードぶりの勝ち越しを決めた。

     先発投手の2試合続けての好投で連勝したチームは貯金を2桁の10に戻し、交流戦成績も5勝5敗と勝率5割とした。崩壊状態となっている中継ぎ陣の再整備など、まだまだ課題は残るが、頼れる左腕が復活したチームは再加速の波に乗りつつある。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180609-00136680-fullcount-base

     「交流戦、広島2-1楽天」(9日、マツダスタジアム)

     広島が逆転勝ちで6カードぶりに、カード勝ち越しを決めて、貯金を10とした。

     1点を追う七回、松山が左翼へ5号2ランを放ち逆転に成功した。先発のジョンソンは7回を6安打1失点の好投で4勝目。九回は中崎が締めた。

     左翼ポール際へ逆転弾を放り込んだ松山は「風に乗ってくれて最高の結果になった。最高にうれしかった」と満面の笑みだった。

     楽天は先発・則本が8回を5安打2失点と奮闘したが、打線は七回にスクイズで奪った1点が唯一の得点。借金は今季ワーストの18となった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180609-00000082-dal-base

    このページのトップヘ