広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    松山竜平

    <広島5-0阪神>◇25日◇マツダスタジアム

     広島が独走モードに突入だ。2位阪神との直接対決で、菊池涼介内野手(27)がきつ~い1発を見舞った。4回。リードが2点に広がり、なおも2死一塁。「反応」と振り返る1発は、岩貞の内角直球を仕留めたもの。左翼席奥のコンコースに着弾する推定130メートル弾。阪神の左翼福留が1歩も動かない特大5号2ランで、試合を決定づけた。

     171センチ、72キロの体格から養った感覚でぶっ飛ばした。飛距離のルーツは憧れにある。武蔵工大二時代に「ロングティーを見て、化け物だと思った」と憧れたのが、2学年上で元ソフトバンクの中原恵司氏だ。まだ体も小さかった菊池は飛距離に目を輝かせた。「飛ばすことに憧れた。もう、ロングティーばっかりした」と笑う。バットを入れる角度、スピンの掛け方。「コツがあると分かった」と感覚をつかんだという。中京学院大に進み、飛距離に磨きをかけた。繊細で抜群の感覚が体格をカバーする。緒方監督も「大きい大きい本塁打を打ってくれて。本当に大きかった」と目を細めた。

     菊池の1発でチームは完全に流れに乗り、無失点リレーで今季最多の貯金18。2位球団とのゲーム差を今季最大の「5」とした。菊池は「球宴まで貯金を削らずにいければ」。鯉の独り旅が始まりそうな気配だ。【池本泰尚】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170626-01846219-nksports-base

    <広島13-3阪神>◇23日◇マツダスタジアム

     野球場からボールが消える、前代未聞のシーンがあった。


     広島田中広輔内野手(27)が1回に左翼へ放ったライナー性の打球を、阪神の左翼を守る福留孝介外野手(40)がジャンプして捕球しようとした瞬間だ。打球は福留が差し出したグラブをかすめるように、左翼フェンスに空いた切れ跡の穴にすっぽりと入ってしまった。橘高三塁塁審も本塁打のジャッジで手を回し、田中も1度は本塁まで戻ってきた。リプレー検証の結果、二塁打として試合が再開された。

     田中は試合後「松山さんが練習中にフェンスにのぼった時に空けた穴だって言っていました。本塁打では絶対にないと思ったけど、よく伸びてくれました」と冗談めかして言った。ラバーフェンスは毎年張り替えられるが、柔らかい素材で傷がつきやすい。広島の選手以外でもフェンスにのぼる練習は頻繁に行われている。松山がつけた傷かは定かではないが、ボールがすっぽり吸い込まれた形となった。

     審判団も打球を確認しきれず、ひとまず本塁打の判定を下して、リプレー検証に入ろうという判断だったという。責任審判の橘高審判員は「福留選手が捕球したと思ったら、ボールもなかった。ボールを探したけどなかった。まさかラバーをぶち破るとは思っていなかったが、短時間で頭を整理して、確認する意味でも一度回そう(本塁打のジャッジをしよう)と。すぐにリプレーするつもりだった。福留選手とかぶって、接点が隠れていた。ボールがラバーを抜けるというのは初めて」と驚きの表情だった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170623-01844870-nksports-base

     広島は23日、マツダスタジアムで行われた阪神戦に13-3で大勝した。打線が今季最多の17安打で13得点、投げては先発のジョンソンが7回1失点の好投で2勝目を挙げた。打線の爆発で首位攻防戦となったレギュラーシーズン初戦を快勝し、緒方監督は「打者が初回から集中していい攻撃をしてくれた」と満足そうだった。

     菊池が4安打4打点、丸は3安打3打点の活躍で、2安打1四球の田中が全てホームに還った。交流戦首位打者の好調ぶりを発揮した丸は「ホームだし、まずは先制点を取ればウチのペースでやれると思った。三振だけはしないように食らいついていった」と先制点となるタイムリー二塁打を振り返り、3本塁打で1イニング8得点の口火を切る5回の本塁打は「結果的にそうなっただけ。つなぐ意識で打席に入った」と冷静に話した。緒方監督は「今日はみんなそうだったけど、甘い球を1球で仕留める理想の打撃だった。言うことないね」と頼もしそうだった。

     今季3勝6敗と分が悪かった眼下の直接対決に圧勝し、ゲーム差は4に広がった。「引き続き、これを継続していきたい」という丸の言葉は、最高のリスタートを切ったチームに通じるものだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170623-00010029-fullcount-base

     広島が20日、マツダスタジアムで指名練習を行った。野手はレギュラー組が休養となる中で、交流戦17試合に出場した松山竜平外野手(31)も練習に参加した。


     「いい状態をキープしろということだと思う」と前向きにとらえ、若手とともにフリー打撃などで汗を流した。

     交流戦では3本塁打を記録するなど持ち前の長打力を発揮。交流戦前まで2割7分6厘だった打率も、3割3厘まで上昇した。「パ・リーグの投手にも力負けしない打撃ができた。いい状態にあるので、(相手投手が)右で結果を残せれば、左でも使ってもらえるようになると思う。そのためにも自分の状態をしっかりしたい」。

     リーグ戦再開初戦の23日阪神戦はメッセンジャーの先発が予想され、松山のスタメン出場も濃厚。リーグ戦再開後もバットでチームをけん引し、左翼の定位置奪取を目指す。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170620-01843461-nksports-base&pos=5

     ◇交流戦 広島1―0オリックス(2017年6月13日 三次)

     広島先発の薮田が8回無失点の好投でオリックス・金子との投手戦を制し、交流戦3連勝で今季6勝目(1敗)を挙げた。

     薮田は8回までに11個の三振を奪うなど圧巻の投球。150キロを超えるストレートとツーシームのコンビネーションでオリックス打線を翻弄した。8回115球を投げて被安打3、11奪三振、2与四球の内容だった。

     打線はオリックス先発の金子に苦しんだが、8回に西野の失策で走者を出すと、代打石原が犠打で得点圏に走者を進め1番田中の右翼線への適時二塁打で1点を先制した。

     広島は連敗を2で止めセリーグ首位を堅持した。オリックス戦は15年から7連勝。2番手今村が12セーブ目を挙げた。一方のオリックスは2戦連続の零封負け。先発の金子が8回1失点(自責0)の力投も4敗目(6勝)を喫した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170613-00000143-spnannex-base

    <日本生命セ・パ交流戦:広島6-5ロッテ>◇3日◇マツダスタジアム

     復帰の先発野村が5回4失点で降板するも、広島打線が鈴木、バティスタ、松山の1発攻勢で今季19度目の逆転勝利を挙げた。連敗を止めた緒方孝市監督(48)の談話は以下の通り。


     緒方監督 昨日、今日と点差を追う展開が続いた。その中ですぐに追いついてくれた。(野村)祐輔がピリッとしなかった。5回で120球を超える球数。何とかしようという気持ちはわかるけどね。次に修正して、もう1回行ってもらう。

     -初出場のバティスタが大きな仕事。

     緒方監督 バティスタが衝撃的なデビューをしてくれた。もちろん長打力が売り。ファームでも技術的に上がっている報告を受けていた。(ウエスタン・リーグで)本塁打も十何本(14本)打っていて、長打力が魅力。

     -3球目までの見逃し方も良かった。

     緒方監督 1軍レベルの投手の速い球や切れのある変化球にどれだけの対応を見せてくれるかを見ている。即戦力の助っ人とは思っていない。日本でどんどん経験して育てて、そういう選手になってくれればという思い。ただ、見送る形は雰囲気が出ていた。

     -連敗ストップ。

     緒方監督 今日も全員の力でひっくり返して連敗を止めたので、また明日(4日)。6連戦の最後をしっかりと戦いたいと思います。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170603-01834566-nksports-base

     「交流戦、西武4-2広島」(1日、メットライフドーム)

     広島の松山竜平外野手(31)が“十亀キラー”ぶりを発揮。二回、スライダーを捉え、右翼席に運ぶ2号2ランを放った。これで対十亀は通算9打数4安打で打率・444、3本塁打だ。しかし逆転負けで勝利にはつながらず、チームの連勝は「7」でストップ。空砲にはなったものの、アンパンマンにとっては次戦以降へ弾みがつく一発となった。

     バスへと続く長い階段を上がりながら、松山は言った。「積極的に振りにいって、自分のスイングができた。(自分に)甘いかもしれないけど、いい打ち方だったと思う」。膝元への投球に、うまく体を回転させた。十亀から放った2号2ランは、納得の一撃だ。

     0-0の二回1死一塁。内角へのスライダーをすくい上げた。バットから白球がはじき返された瞬間、球場にいた誰もが柵越えを予感したほどの完璧な当たりだった。これで十亀との対戦成績は9打数4安打で打率・444、3本塁打。“十亀キラー”ぶりを発揮して、指揮官の起用に応えた。

     西武戦は、特に燃えるものがある。相手ベンチには「師匠」と慕う嶋打撃コーチがいる。チームメート時代には弟子入りを志願し、沖縄・石垣島での自主トレで打撃指導を仰いだ。「すべてにおいて僕の師匠と言える存在です」。同じ左打ち。首位打者に輝いた赤ゴジラに魅了され、その背中を追いかけ続けた。この3連戦中には「打撃の状態はいいと思うから続けていけ」と声を掛けられたという。何よりもうれしい一言。エールを力に変えないはずはなかった。

     メットライフドームは、忘れられない場所でもある。11年に涌井(ロッテ)から決勝打となるプロ初本塁打を放ち、お立ち台で人目もはばからず涙した。14年は一転、悪夢が襲う。飛球を追いかけ右翼フェンスに激突し、左前十字靱帯(じんたい)を損傷して長期離脱を余儀なくされた。「いろいろな出来事がありましたね」。この日、チームは逆転負けを喫し、連勝が「7」で止まった。それでも納得のアンパンチは、2日からのロッテ3連戦(マツダ)につながる大きな一発になったはずだ。

     前日は堂林が1号3ラン。DH制が採用され、出場機会が増える交流戦においてアピールに成功した。ライバルの存在にも「とにかくいい準備をするだけ」と自然体を強調する。平常心でいつも通りに-。その先に明るい光が待っている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170602-00000009-dal-base

     「交流戦、西武4-2広島」(1日、メットライフドーム)

     広島の岡田明丈投手が8回6安打5四死球4失点で2敗目を喫した。


     二回、松山の右越え2ランで2点をもらったが、四回に自滅。3四死球で無死満塁のピンチを迎えると、中村の遊ゴロ併殺打の間に1失点。さらに2死三塁から栗山に中前適時打を浴び、試合を振り出しに戻された。

     続く五回も先頭・岡田の右前打からリズムを崩して2点を奪われ、逆転を許した。八回まで投げるものの、中盤の乱調が黒星に直結。「野手のみなさんに先制してもらったのに、守り切れなかった」と責任を背負った。緒方監督も急変について「もったいないと言えば、もったいない」。続けて「リードしているときの投球よりも、ひっくり返されてからの投球がスイスイ投げている。(野手も)毎回、毎回5点も6点も取れる訳ではない」と振り返った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170601-00000147-dal-base

    このページのトップヘ