広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    松山竜平

    <広島6-5ヤクルト>◇20日◇マツダスタジアム

     広島が最大4点差を8回に2本の2ランで追い付くと、延長10回にエルドレッドのサヨナラ打で勝利した。今季4度目のサヨナラ勝利で、マジックを24とした。緒方孝市監督(48)の談話は以下の通り。

     -打線が終盤にひっくり返した

     緒方監督 こうしてサヨナラ勝ちで、すごい試合をしてくれた。8回は2本の本塁打か。まずあそこでよく追い付いてくれた。

     -得点が奪えない中で松山が1発

     緒方監督 松山に限らず、これだけ連戦が続いて、しんどい日程の中で打線自体がにぶくなっているのは分かっていた。山中に対しての相性もある中、まず松山が先制してくれた。取った後にひっくり返される試合があるのがね…。

     -最後はサヨナラ勝ち

     緒方監督 昨日、今日と打線が点を取れなかった分、最後の最後で素晴らしい攻撃で勝ちをもぎ取った試合だと思う。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170820-01875216-nksports-base

     ◇セ・リーグ 広島6―5ヤクルト(2017年8月20日 マツダ)

     広島が8回に4点差を追いついて、最後はエルドレッドの適時打でヤクルトに延長10回サヨナラ勝ち。セ・リーグ連覇へ向けた優勝マジックを1つ減らして「24」とした。


     広島は4回、松山が右翼スタンドへ8号ソロを放って先制。だが、先発の岡田が5回、バレンティンに右翼ポール直撃の26号満塁アーチを浴びて逆転されると、7回には山崎にスクイズを決められて1―5と4点のビハインドを負った。

     だが、8回、1死一塁から丸がバックスクリーンへ19号2ランを放って2点差に追い上げると、鈴木の左前打の後で松山が右翼スタンドへ起死回生の9号同点2ラン。そして5―5で突入した延長10回、1死から鈴木が左翼線二塁打を放ち、2死二塁としてからエルドレッドが中越えの安打でサヨナラ打を放った。

     最下位のヤクルトは敵地で首位を相手に試合を優位に進めたが、力尽きた。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170820-00000138-spnannex-base

     今夏の甲子園も熱い戦いが繰り広げられている。かつて、聖地に広島商のエースとして立った広島の岩本貴裕外野手は毎年、この時期になると高校球児の姿に、自然と目が向くという。自身は04年に出場。開会式直後の第2試合で浦和学院に1-3で敗れ、初日で高校野球に終止符が打たれた。「あっという間に終わった感じ。だから思い出は…。けん制悪送球をしたことくらいかな」と苦笑いを浮かべた。

     広島商と広陵から声がかかり「長く甲子園に行っていなかったから、僕たちの世代で行きたいと思った」と広島商に進学。白球を追いかけ続けた3年間は、かけがえのない経験になった。

     最も思い出に残っているのは、甲子園出場ではない。3年春の中国大会だという。エースで4番と、まぎれもなくチームの中心として伝統校を引っ張っていた。だが、勝利へ気持ちが強過ぎる余り、味方の失策などに感情が抑えられなくなっていた。

     「迫田監督(現・広島新庄監督)に指摘をされたんです。『態度に出すのはいけないぞ』と。あの言葉で自分は変わることができたし、あれがなかったら、後悔して終わっていたかもしれません。人間的にも成長させてもらいました」。

     絶対的な存在1人で勝ち抜けるほど、甘い世界ではない。チームスポーツということを再認識させられ、立ち振る舞いが変わった。

     「1番はしっかりとヒットを打つし、2番は送りバントを確実に決める。本当に良いチームになったと思います」。強くした結束力で夏を制した。

     今夏の広島大会で、母校は広陵に準決勝で敗れた。自身が出場した04年以降、甲子園出場は遠ざかっている。2年生が多かったチームは、この経験を糧に来夏の出場を目指して練習を始めている。岩本は「気になっているし、頑張ってほしいです」とエールを送った。(デイリースポーツ・市尻達拡)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170819-00000034-dal-base

     5日のDeNA戦(横浜スタジアム)で途中交代した広島・松山竜平外野手(31)と安部友裕内野手(28)が7日、ナゴヤ球場に隣接する室内練習場を訪れ、患部の状態をチェックした。

     2人は東出、迎、両打撃コーチが見守る中、ダッシュ、キャッチボールを行い、軽めのティー打撃で状態を確認した。右肩関節症の松山は「今日は(コメントは)なしです」と言葉少な。腰痛症の安部は「思ったより動けました。ここまで来たらやるしかないです」と力を込めた。

     8日の出場については、試合前に話し合われる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170807-00000095-dal-base

     「DeNA4-7広島」(5日、横浜スタジアム)

     広島の松山竜平外野手と安部友裕内野手が負傷交代した。

     松山は初回の打席で「右肩の違和感」を覚え、二回の守備から交代。安部は二回の打席に感じた「腰の違和感」のため、三回の守備からベンチに退いた。共に試合中に横浜市内の病院に向かい検査を受けた。診断結果は、6日にも下る。

     松原チーフトレーナーは試合後、「全力でのプレーが難しいので判断しました。大事を取ってのこと。あした(6日)以降については、経過を見て判断します」と説明した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170805-00000148-dal-base

     ◇セ・リーグ 広島7―4DeNA(2017年8月5日 横浜)

     広島・薮田和樹投手(24)が、3年目で自身初の2桁勝利となる10勝目(2敗)をマークした。
     立ち上がりの初回、5安打を浴びて3点を失ったものの、力のある直球で6回を8安打4失点(自責3)、10三振を奪った。これで5月末の先発転向後は8戦7勝1敗。クオリティースタート(6回以上、自責点3以下)は7度目と試合をつくり、チーム一番乗りで10勝の大台に到達した。

     打線は2―3の5回に新井の適時打で同点とし、西川の中犠飛で勝ち越した。1点リードの7回にはバティスタの8号2ランと11安打で7得点と薮田を援護。2位・阪神が勝ったため、マジック点灯はお預けとなったが、1引き分けを挟んでの連敗を2で止めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170805-00000131-spnannex-base

    <広島3-4阪神>◇2日◇マツダスタジアム

     広島が9回に逆転を許した。チームトップの44試合に登板し、守護神としてチームを支えてきた今村が打たれた。

     試合後の広島緒方孝市監督(48)の談話は以下の通り

     -(問わず語りで)

     緒方監督 今日は初回の(福留の大飛球をフェンスに激突しながら捕球した鈴木)誠也のプレーから、内野も(田中)広輔が逆シングルを含めて難しいゴロをたくさんさばいてくれた。集中した、いいプレーが数多く出ていたね。

     -大瀬良について

     緒方監督 大瀬良もあまり、いいとは思わなかったけどね。初回からスピードは出ていたにしても。実際5回に四球からピンチを招いたけどね、ただしっかり粘って、6回を投げてくれたからね。ゲームはつくったので。またフォーム的なところを修正して。本人も思っていることはあるだろうから。大地には頑張ってほしい。

     -今村はここまで支えてきた

     緒方監督 1回失敗しただけやから。またしっかり切り替えて。明日のゲームに臨みたいと思う。1試合、1試合を全力で戦っていくだけです。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170802-01866115-nksports-base

    このページのトップヘ