広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    松田元

     広島が球団初のリーグ3連覇を成し遂げた。1979、80年の前回連覇時は、今年4月に亡くなった衣笠祥雄さんと山本浩二氏(71)らが主軸を張った第1次黄金期。78年から3年間在籍し、日本シリーズ連覇にも貢献した江夏豊氏(70)が祝福の言葉を寄せた。


     カープのリーグ3連覇をOBのひとりとして祝福したい。生え抜きで固めたチームは、ファンの心をつかんでいる。緒方監督の手腕も素晴らしい。

     私が広島に在籍したのは短い期間(78~80年)だが、嫌な思い出はひとつもない。79年は初めて優勝というものを味わえて、日本シリーズでは「江夏の21球」という野球人生でまたとない経験をした。80年も連続日本一を勝ち取れた。

     だからこそ、3年間お世話になって、出て行くとき(日本ハムにトレード)には寂しかった。そのとき、今の松田元オーナー(当時は東洋工業に在籍)、失礼ながら当時と同じ呼び方で呼ばせてもらうとハジメ君にかけてもらった言葉を、38年たっても覚えている。「江夏さん、ゴメンね。オヤジ(当時オーナーの故・松田耕平氏)に力がないからね」と。そう言いながら、司馬遼太郎の小説「坂の上の雲」をプレゼントしてくれた。

     2週間ほど前、球場で話をする機会があったが、やはりチームへのまなざしが温かい。これは広島の伝統と言える。私が在籍していたときは月に1回、オーナー食事会というのがあった。いつも焼き肉で、一番はしゃいでるのがオーナー。横で奥さんがケラケラ笑っている。あの家族的な雰囲気は他球団ではまずない。主力であろうが控えであろうが、自分の孫のように接していた。

     豊富な練習量で培った強さも、我々の時代と変わらない共通点だ。決してスマートでもなければ、うまくもない。だが、納得するまで練習する。私がいた頃は高橋慶彦が一番練習していた。キャンプでは毎日、上から下までユニホームが真っ黒。今で言えば、新井も妥協のない練習ではい上がった一人だ。その姿を見てきた後輩たちも練習に打ち込む。プロ野球選手はみんな野球が好きだけど、カープは特に野球の好きな人間が集まっている。そういうチームカラーが脈々と続いている。

     ぜひ34年ぶりの日本一を勝ち取ってほしい。頂点に立てば、さらにチームは強くなる。サチ(故・衣笠さん)にも、神様がもうちょっと時間をくれれば、後輩たちの雄姿を見られたのに…。だが、それは言うまい。よく頑張った。病気が分かったときは余命1か月だったのが、3年半も頑張ったのだから。まさに鉄人だ。日本シリーズを制し、生涯、カープを愛した親友への最高の供養としてほしい。(談)

     ◆坂の上の雲 伊予松山出身の青年3人を中心に、明治維新から日露戦争まで近代日本の誕生にかけた人々の姿を描く長編小説。司馬遼太郎の代表作の一つで、テレビでドラマ化もされた。

     ◆江夏 豊(えなつ・ゆたか)1948年5月15日、兵庫県尼崎市出身。70歳。大阪学院高から66年ドラフト1位で阪神入団。68年にプロ野球記録のシーズン401奪三振。71年の球宴で9者連続奪三振。76年に南海に移籍し、その後、広島、日本ハム、西武を渡り歩いた。85年に米大リーグ・ブルワーズの春季キャンプに参加したが、契約に至らず現役引退。通算829試合、206勝158敗193セーブ、防御率2.49。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180927-00000042-sph-base

     ◇セ・リーグ 広島10―0ヤクルト(2018年9月26日 マツダ)

     球団史上初のリーグ3連覇を達成した広島に、歴代の監督から祝福の声が寄せられた。

     元広島監督の山本浩二氏は「3連覇はすごい」と称え、「すごいチーム力。各選手が状況を考え、自分の役割を全うした。日本一のチャンスは十分あると思う」と絶賛した。

     前広島監督の野村謙二郎氏は「今年が一番厳しく、難しかった」と振り返り「この3年間で変わっていないのは、しっかりとした育成システムから成す選手層の厚さ。手応えのある、うれしい優勝だと思う。おめでとう」と祝福した。

     広島・松田元オーナーは「ようやくマツダスタジアムで胴上げを見ていただけた」と感無量。「建設されて10年の節目の年。その年に3連覇を果たし、その瞬間を見ていただけた。良きファンの人々に恵まれ、私たち球団は幸せな球団だと思っています」とファンに感謝した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180926-00000175-spnannex-base

     広島・松田元オーナー(67)が9日、広島市のマツダスタジアムで取材に応じ、同日からの阪神3連戦(マツダ)が中止に至った経緯を明かした。

     「(中止を)1試合で検討していたが…。現状がわからない。三原、尾道、庄原、三次と広島と関係の深い地域の人たちのことを考えると(試合開催は)厳しい」

     西日本を襲った「平成30年7月豪雨」の影響で広島県内は大きな被害が出ている。球団は前日8日にセ・リーグ連盟に阪神3連戦の中止を申し入れ、受理された。球団職員には家が流されたり、帰宅できていなかったりする人もいるという。被災者を思い、「現状がまだ全て分かっていない。どれだけ力を出して頑張っていこうと言っても受け入れられる状況じゃない」と同オーナー。一夜明け、球場正面の国旗、広島市旗は半旗とし、追悼の意を示した。

     これ以上の被害の拡大がなければ、20日からの巨人3連戦(マツダ)を行う見通しであることも明らかにした。「強く、復興の支えになる形にできれば。それが宿命。皆さんにしっかり戦うさまを見てもらえるようにしたい」。球団史上初の3連覇を目指す赤ヘルは、被災者への思いも背負って全力でプレーする。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180710-00000017-sanspo-base

     広島が苦戦している。交流戦は2勝4敗と2カード連続で負け越し、6試合での44失点、防御率6・79はともに12球団ワースト。最近8試合中7試合で7失点以上と投手陣が壊滅的だ。リーグ3連覇への雲行きが怪しくなってきたのか? 広島担当の種村亮記者が「見た」。

     首位の広島が投壊を止められないでいる。両リーグ単独トップの8勝の大瀬良と、リーグトップの勝率8割3分3厘(5勝1敗)の岡田以外の先発は試合をつくることができていない。

     松田元オーナー(67)は、先発以上に中継ぎの整備を訴える。「先発6枚そろえるのが王道だが、時間がかかる。その間は中継ぎの層を厚くしないといけない」。2日のロッテ戦(ZOZO)では1点を追う7回に登板した一岡が2失点。先発が不安定な分、今村、ジャクソン、中崎の必勝継投につなぐまでの救援の弱さが、チームの投壊の一因になっている。

     だが、そんなチーム状況も、記者は大ピンチとは思っていない。むしろ、明るい材料さえ見える。

     2年目右腕のアドゥワは、プロ初登板から10試合連続無失点など、21試合で防御率2・70。競った場面でも起用されるようになってきた。そのほかのリリーフでは、4年目の藤井皓や2年目の長井も、1軍での経験を着実に積んでいる。

     先発でも“チャレンジ枠”が設けられている。5年目の中村祐はチャンスを生かしてローテに定着し、3勝を挙げている。2年目の高橋昂や、育成から支配下契約したフランスアを先発マウンドに立たせてきた。その2人は勝てていないが、緒方監督は責めることなく今後に期待するコメントを発している。松田オーナーも「育成は球団の体質。(緒方監督は)今年1年だけを見ていない」と評価する。球団と現場が方向性を一つにし、若手を積極的に登用している。だから、展望が明るく映る。

     もちろん、セ他球団の猛追がないことも、安心して見ていられる大きな理由。貯金は8で、セの貯金を独り占め。松田オーナーは「6月末の段階で10でいい。優勝争いができる。交流戦は五分五分で御の字」と見通しを語る。大型連敗を阻止しながら投手陣の育成、整備を行うことができれば、球団初の3連覇だけでなく、さらなる黄金時代が到来するはずだ。

    (種村 亮)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180605-00000067-sph-base

     広島は28日、松田元オーナー(67)によるOBの衣笠祥雄氏(享年71)への追悼コメントを、次のように発表した。


     「キャンプなどで会うと、元く~んと話しかけてくれる。江夏さんもそうだが、年上のお兄さんに声をかけてもらったうれしさが、一瞬にして自分を昔に戻してくれる。耳当てのないヘルメット、豪快な空振り、ライナーで入るホームラン、デッドボールでも痛がるそぶりを見せることなく駆け足で1塁に行く。衣笠さんとの付き合いは40年を超え思い出も多く、言葉で言い表すことが出来ない。本来ならば偉大な選手について話すべきかもしれないが、自分にとって衣笠さんとはそういう人だった」。

     この日の阪神戦の試合前には黙とうが行われ、監督、コーチ、選手、スタッフは喪章をつけて試合に臨んだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180428-00192545-nksports-base

    <今日の一番>

     広島の中崎翔太投手(25)が沖縄キャンプの17日、レジェンドOBの江夏豊氏(69=野球評論家)から力強いエールをもらった。

     約60球のブルペン投球後、見守った江夏氏から言葉をかけられ「頑張れよと言ってもらえた。今日はあまりいい球を見せられなかった。また来られた時は、いい球を投げられるようにしたい」と話した。

     江夏氏はかつて広島で2度、最優秀救援投手(現在の最多セーブ投手)に輝いた。ここまで通算74セーブを挙げている今季の守護神筆頭候補に向けて「個人的に好きな子だから。けがせんように、頑張りなさいということだけ。不可抗力は仕方ないけどね」と温かい言葉を贈った。【広島担当 大池和幸】



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180217-00128378-nksports-base.view-000

     広島春季キャンプ(4日、宮崎・日南)広島の新外国人、レオネル・カンポス投手(30)=前ブルージェイズ=が4日、初めてブルペン投球を行った。直球とチェンジアップを披露した右腕を、キャンプ地を視察した松田元オーナー(66)は「チェンジアップが良かった」と絶賛した。

     天候に恵まれた日曜日。天福球場には今キャンプ最多となる6500人が集結。第1クール最終日に初めてブルペンに入った中継ぎ候補のカンポスが“御前投球”でアピールに成功だ。

     「自分のボールを、自信を持って投げることができた。ここまで非常に順調にきている」

     メジャー通算38試合で1勝0敗、防御率4・74のベネズエラ出身の右腕は、「65~75%」の力で会沢のミットをめがけて直球とチェンジアップを計30球投じた。

     1メートル88の身長を生かした角度のある直球は低めに決まり、チェンジアップはベースの手前で鋭く変化。見守った松田オーナーが「チェンジアップが良かった。最初のブルペンにしてはいい球を投げている」と評価すれば、緒方監督も「フォームのバランスがいい」とうなずいた。

     1月25日の来日から10日でブルペン投球を解禁。ジョンソン、ジャクソン、夫人の出産で来日が遅れているエルドレッドらとの外国人枠争いに割って入る勢いをみせている。

     「けがをしないように注意して、一生懸命やりたいね」と闘志を燃やすカンポス。メジャー経験のあるセットアッパーが3連覇を目指すカープをさらに加速させる。

     広島のドラフト1位・中村奨成捕手(18)=広陵=が15日、合同自主トレ初日に初めて坂倉と並んでフリー打撃を行った。ライバルとなる先輩捕手の力強い打撃に驚きながら、切磋琢磨(せっさたくま)して成長していくことを誓った。


     ライバルの鋭いスイングと打球の質に、自らの現在地を知った。フリー打撃で初めて坂倉と“共演”。中村奨は「横で打たれていて打球に力強さがあった。追い付けていない」と自己分析し、さらなる鍛錬が必要だと再認識した。

     1学年上の先輩捕手は打撃投手のどんな球も同じスイングではじき返した。一方の中村奨は差し込まれたり、フォームを崩されたりする場面があった。合同自主トレ初日独特の緊張感もあり、本来の打撃ができなかった。

     松田オーナーは「坂倉と中村奨がいれば、(今後)15年は捕手は心配しなくていい」と期待する。中村奨もライバルの存在を力に変え、切磋琢磨していく構えだ。近い将来に争う正捕手の座は1つ。「近くにいるのがモチベーションになる。坂倉さんには負けたくない」と力を込めた。

     この日、初めて先輩たちと汗を流した。カープファンだった自身にとって、憧れの存在ばかり。「丸さんや西川さんのサインが欲しくなってしまって…」と、18歳の初々しさもにじませた。

     春季キャンプは約2週間後に始まる。生きた球を数多く打ち、打撃状態を高めていく構えだ。「まずは自分のスイングができるようにしていきたい」。目下の目標である坂倉を意識しながら、バットを振る。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180116-00000030-dal-base

     広島・松田元オーナー(66)が6日、膵臓(すいぞう)がんのため4日早朝に急逝した楽天・星野仙一球団副会長(享年70)の早過ぎる死を惜しんだ。

     松田オーナーは星野氏が現役を引退してから親交を深めたという。「熱さとクールさの両方を持っていた。(球界にとって)痛い。バリバリ引っ張っていってほしかった。あの若さでつらいと思う」と沈痛の表情を浮かべた。

     16年のドラフト会議での出来事が忘れられないという。控室に姿を見せた星野氏は松田オーナーの手を握り、「良かった、良かった、良かった」。25年ぶりのリーグ優勝を自分のことのように喜んでくれたのだった。

     同オーナーは「『良かった』と3回も言ってくれた。一緒に喜んでくれて、すごく伝わってきた。手の大きさも、声も、覚えている。部屋を出るときも『良かった』と言っていた。あの人の人柄だと思う」としみじみと振り返った。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180107-00000032-dal-base

     昨季、37年ぶりにリーグを連覇した広島は4日、広島市内の球団事務所で仕事始めを迎えた。松田元オーナー(66)は、丸佳浩外野手(28)から本拠地胴上げへの意欲を記した年賀状を受け取ったことを明かし、開場10年目を迎えるマツダスタジアムで、球団史上初の3連覇を決めることを期待した。

     1月1日。広島市内の自宅に届いた年賀状を見て、松田オーナーは心を熱くした。

     『マツダでビールかけがしたいです』

     送り主は昨季MVPの丸。球団史上初の3連覇がかかる2018年の仕事始めを迎えたオーナーは、「とても印象に残っている。今までそう書いてきた選手はいない」と目を細めた。

     リーグを連覇したこの2年は、16年が東京ドーム、昨年が甲子園と、ビジターで優勝を決めていた。今年こそ27年ぶりに地元胴上げを-。しかもマツダスタジアムは、4月に10年目を迎える。5月にはメモリアルイベントを予定。「日本一の球場だと思っている。だからこそ、チームも日本一になって欲しい」と語気を強めた。

     勝つために、新年早々ハッパもかけた。「投手陣に少し不安がある。(昨年は)四球の数が多かったので心配している。打たれてもいいという強い気持ちを持って投げて欲しい」。昨季の総与四球は、16年の418から大幅に悪化する476。巨人、ヤクルト、阪神に次ぐ、リーグ4位だった。テンポの悪い投球は攻撃への影響もあるだけに、改善を求めた。

     3連覇、34年ぶりの日本一。しかも地元で-。フロントと現場が力を合わせ、悲願へ突き進む。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180105-00000031-sanspo-base&pos=4

    このページのトップヘ