広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    柳田悠岐

     日本学生野球協会は11日、都内で審査室会議を開き、高校10件の処分を決めた。春夏通算43度の甲子園出場を誇る広島商は、3年生部員による2年生部員への部内暴力があり、4月20日~7月6日まで対外試合禁止になった。7月7日に開幕する第100回全国高校野球選手権広島大会には出場できる。

     節目の100回大会には出場可能の措置がとられた。部内暴力があった広島商に対外試合禁止処分が科せられたものの、期日は7月6日まで。関与していない部員数などが考慮され、処分内容が決まった。日本高野連の常本明審議委員長(68)は「夏の大会の前日までということで、了承をしていただきました」と説明した。

     4月19日に野球部員の保護者から匿名で、暴力があったとの報告が寄せられた。調査の結果、上級生による下級生への部内暴力が発覚した。

     部室整理が行き届いていないことを受け、同18日の練習後に部員全員で清掃をすることになった。そこで2年生数人が談笑しながら掃除を怠っていることに3年生が腹を立て、中断。2年生全員の51人が室内練習場に集められた。

     1時間の説教中にも、聞く姿勢や態度が悪いと感じ取った、一部3年生の感情が爆発。暴力行為を働いてしまった。学校側は事実を重く受け止め、全体練習を自粛。同20日に日本高野連に事案の詳細を報告していた。

     広島商は甲子園に春夏計43度出場し、夏6度、春1度の優勝を誇る。04年夏を最後に聖地から遠ざかっているものの、夏の広島大会に1915年の第1回大会から出場している全国的な伝統校だ。

     全体練習は早ければ18日にも再開予定。対外試合はできないため、夏の大会にはぶっつけ本番で臨むことになる。野球部の久保陵二部長(52)は「発表があった通りです。これを厳粛に受け止め、今後の活動に生かしていきたい」と話した。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180512-00000027-dal-base

     春夏通算43度の甲子園出場を誇る名門・広島商が、部内の不祥事で20日から活動を自粛していることが29日、分かった。

     同校は20日に広島県高野連を通して日本高野連へ報告。現在は処分などの連絡を待っている。不祥事は詳細が明らかになっていない。

     広島商は春1度、夏6度の甲子園優勝経験を持つが、近年は成績が低迷。04年夏以降は甲子園から遠ざかり、今春広島大会は2回戦で三次に9-10で敗退している。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180429-00000145-dal-base&pos=2

    【赤坂英一 赤ペン】今年、ソフトバンク・達川ヘッドコーチの頭髪が真っ白になっている。びっくりして理由を聞くと「おお、健康のためよ」と、こう力説された。

    「白髪染めが良くないと聞いてやめたんじゃ。もう62歳じゃけん、若く見せる必要もない。白髪染めから毒素が体の中に入って、内臓に悪い影響があると困る。一回白髪染めしたら、落ちるまでに5か月かかるんで。それだけ毒素が強いということなんじゃ」

     ちなみに「白髪染め」「危険」で検索すると、確かに白髪染めは健康に良くないとする説は少なくない。もっとも「テレビインタビューに出るときはちょこっと染める。襟足のところぐらいは」と言うあたりが達川ヘッドらしいが…。

     しかし、そんな理由を知らないファンが達川ヘッドの頭髪を見たら、さぞや心労が多いのではと気の毒がるのではないか。そう言ったら「いや、ウチのチームにそんな心配をする必要はない」という答え。

    「今年もウチは強いで。キャンプに来て、選手の動きを見たらようわかった。内川、柳田、松田、今宮、中村晃と、勝ち方を知っとる選手が多いじゃろう。みんな年齢的にも充実の時期にある。そういう選手がオフの間も休まんと、きっちり体をつくっとる。やっぱり、ぎょうさん給料をもろうとる分、やるべきこともしっかりやっとるよ」

     そう自信満々に語る達川ヘッド、今年の個人的目標は「古巣のカープと日本シリーズで戦うこと」。昨季はカープと交流戦勝率1位を争い、マツダスタジアムでの直接対決で勝ち越して、見事頂点に立っている。誰よりも、広島の元名捕手、元監督の達川ヘッドにとって、大変感慨深い勝利だったに違いない。

    「もし日本シリーズでカープとやれたら、もう辞めてもええ。勝っても負けてもかまわん。いっぺんカープとやれたら、もうユニホームを脱いでもええと思うとるよ。それぐらい、シリーズでカープと対決したい」

     そのシリーズに今年のドラフト1位、捕手の後輩でもある中村奨が出てくれば面白い。が、この大物新人については「出てくるのは3年後よ」と、こう言った。

    「高卒の新人は、二軍でじっくり育てる。それがカープのやり方。中村奨本人も先を見据えとるはずよ。まだ焦らせちゃいけん、焦らせちゃ」。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180221-00000011-tospoweb-base

     ソフトバンク達川光男ヘッドコーチ(62)、柳田悠岐外野手(29)、野球解説者の大野豊氏(62)が12日、盛況のソフトバンクキャンプ地で丁々発止の広島トークを繰り広げた。

     達川ヘッドは広島での現役時代、同い年の大野氏とバッテリーを組むなど気心知れた間柄。広島市出身の柳田を見つけると「オイ、柳田! 広島が生んだ戦後最大のスーパースターにあいさつしたんか」と大野氏のもとへ歩を促した。

     なお大野氏は島根県出身。ここで柳田は満を持して「僕、大野さんの引退試合、見に行きましたよ」と1998年9月27日、9歳当時の思い出を披露した。「父ちゃん母ちゃんに連れられて。満員で、一番上の席でした」と思い返すと、達川ヘッドは「何で、早う言わんのか」と苦言を呈した。

     「わしゃ、あの頃2軍監督じゃったけえ。早よ言やあ、家族席の券を出してやったのにのう」。ちなみにその翌年の99年、達川ヘッドは2軍監督から1軍監督に昇格したが、チームは2年連続5位。投手コーチとして招へいされた大野氏は1年で辞任している。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180212-00010012-nishispo-base&pos=3

     広島・高橋大樹外野手が12日、ソフトバンク・柳田と16日から広島市内で合同自主トレを行うことを明かした。

     同じ京都の高校出身で同い年のソフトバンク・真砂を介して知り合ったのがきっかけ。昨季はウエスタンで打率・288を残し打撃に手応えを感じてシーズンを終えた。14年以来となる1軍出場を目指し「どうすれば柔らかい打撃ができるのか聞いてみたい」と声をはずませた。

    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2018/01/12/0010891725.shtml

    <中日5-9広島>◇9日◇ナゴヤドーム

     広島岩本貴裕外野手(31)が、逆転の流れに乗った。1点差に迫った7回1死一、二塁。岩本は中日谷元の低め144キロ直球を思い切りたたいた。「チャンスだったので、走者をかえす意識で入った」。中堅方向へ真っすぐ伸びた打球はそのままフェンスを越えた。打球がグラウンドに跳ね返るも、正真正銘の逆転3ラン。14年6月27日DeNA戦以来、1170日ぶりの1発が試合を決めた。

     三ツ間対策として攻守の要である菊池も外し、左打者を並べた。投手岡田も含めスタメン9人のうち8人が左打ち。クライマックスシリーズ(CS)で対戦する可能性がある阪神青柳対策の意味も含まれていた。1度は逆転を許す展開も、「逆転の広島」らしく勝利した。

     岩本は昨年の優勝の瞬間は自宅でテレビ観戦していた。「うれしいけど、複雑。その中に入りたい気持ちが強かった」。クビも覚悟した昨オフ、原点回帰。長打を求め軸足に重心を残した打撃フォームを体に染みこませた。2軍で8本塁打を放ち、待望の1軍弾につなげた。

     スタメンが変わっても強い。チームは8連勝。マジックは6まで減った。緒方監督も「野手が中盤に取り返してくれた。しっかりした集中力で点を取り返したというのは評価するところ。岩本? すごいホームランだったね」と認めた。打率4割超と成長を示す殊勲者は「常に危機感を持っている」と表情を崩さない。歓喜の輪に加わるまでは、歯を食いしばり1軍にしがみつく。【前原淳】
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170910-01885554-nksports-base

     「マイナビオールスターゲーム2017」の監督推薦選手が3日に発表され、広島からは薮田和樹投手(24)、岡田明丈投手(23)、田中広輔内野手(28)、丸佳浩外野手(28)が選出された。岡田とともに初出場となる薮田は、同郷で憧れの選手でもあるソフトバンク・柳田との対戦を熱望。自己最速156キロ超えへ意気込み、真っ向勝負で封じることを宣言した。


     超一流選手が集結する最高の舞台を前に、気持ちを高ぶらせた。監督推薦で決まった初の球宴。「本当に光栄だなと思っています。(球宴出場を)プロに入ってから考えたこともなかった」。3年目の薮田は素直に出場を喜んだ。

     戦ってみたい相手がいる。「自分の兄が広商でかぶっていて、ずっと憧れだった。(高校の)試合を見に行ったりもしていました」。対戦を熱望するのは同じ広島出身のソフトバンク・柳田だ。

     ファン投票で最多得票を獲得して出場を決めた鷹の強打者。今季はここまでリーグ3位の打率・318、同1位タイの20本塁打、同1位の67打点と好成績を残している。

     これまで対戦したことはないが、抑えるイメージはすでにできている。「(三振が)ベスト。自分の持っているボールで思いきった勝負をしていきたい。ストレートで勝負するからには、球速も必要だと思うので、出せるだけ出して真っ向勝負したい」と闘志を燃やした。

     自慢の直球にもこだわり十分。「マックスは出したい。156キロ以上。更新するくらい。どこにいくか分からないですけど」。こん身の力で右腕を振り下ろし、好打者をねじ伏せるつもりだ。

     先発転向後、4戦4勝でハーラートップに並ぶ7勝。緒方監督は「前半戦、いろいろな台所事情の中でフル回転してくれたし、交流戦から先発としてチームの勝利に大きく貢献してくれている。文句なしの成績」と選考理由を説明した。

     ベンチには巨人・菅野ら好投手が並ぶ。薮田は「より多くのものを吸収できたらいいと思う」と心待ちにした。急成長中の右腕が、夢舞台のマウンドでも存在感を見せつける。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170704-00000014-dal-base

     とても彼らしい言葉だった。

     2016年の新語・流行語大賞を受賞し、“神ってる男”と名付けられた広島・鈴木誠也はオフのイベントでこう嘆いたそうだ。

    「神ってるって、なんかマグレみたいに聞こえて嫌だった」

     実力を見てほしい、そんな主張だった。
     
     根っからの負けず嫌いにして野球が大好き。悔しいことがあればバットを振り、会話の中心は野球がほとんど。それが22歳にしてスター階段を上り始めた鈴木誠也という男である。

    「移動中の新幹線の中でもずっと野球の話ですよ。ゲームはしないし、他のことに興味がないんです。何をしているかというと先輩バッターの動画を見ていたりするんです。入団したころは堂林のバッティングを見ていたので様子をうかがっていると、『どういう風に打てば、堂林さんみたいに右方向に長打が打てるんですかね』という話になる。本当に野球が好きなんですよ。あいつは」

     そう語るのは広島の関東地区担当スカウトを務めて7年になる尾形佳紀である。
     二松学舎大附高校時代の鈴木を追いかけてきた人物だ。

     スカウトにとって入団に関わった選手は弟、あるいは年齢差によっては息子同然のようにかわいがるというのはよく聞く話だ。まだ38歳とスカウトにしては若いほうの尾形にしてみれば、鈴木はかわいい弟みたいな存在だ。

    「入団会見のあと、その日の夜、ホテルでバットを振っていたんですから」

     そう優しく担当選手のことについて語ることができるのも、鈴木が昨年ブレークしているからにほかならない。

     しかし実際、鈴木の指名はそう容易に果たせたものではなかった。尾形にとっては、スカウト人生を賭けるくらいの覚悟が必要だった。


    引用元 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170101-00010001-baseballc-base

    このページのトップヘ