広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    栗原健太

     今夏の甲子園で1大会個人最多記録を更新する6本塁打を放ち、広陵(広島)の準優勝に貢献した中村奨成捕手(3年)が29日、広島県高野連に提出するプロ志望届に署名。同日、日本高野連のホームページの提出者一覧に掲載された。広島市内の同校で会見し「自分を厳しく指導して成長させてくれるような球団に入りたい」と目を輝かせた。

     熱気にあふれる会見場で、中村はすがすがしい表情でプロ野球志望届にサインした。

     「自分を厳しく指導して、成長させてくれるような球団に入りたい」

     今夏の甲子園で清原和博(PL学園)が1985年夏にマークした5本塁打の大会記録を塗り替える6本塁打を放ち、時の人になった。肩も強く、足も速いスラッガーは12球団OKの姿勢で、早実高・清宮とともに注目を集めている。

     地元の広島は、大学、社会人の即戦力投手や中村を上位候補としてリストアップ。広島・廿日市(はつかいち)市出身で、小学生の頃には「(元広島の)栗原(健太)選手にサインをもらいました」という中村を、松田オーナーも「地元から久々に出た才能のある捕手。守備力も素晴らしいし、肩も強い」と高く評価している。

     会見場で見守った広陵高・中井監督は「一流の人間じゃないと、一流のプレーヤーになれない。まずは一流の人間を目指してほしい」とエール。教え子の野村(広島)、小林(巨人)らのような選手になってほしいと願った。

     U-18W杯(カナダ)は清宮らとともに参戦。大会中は清宮と「進路をどうするのか」話し合ったといい、「また一緒の舞台で試合ができるのでいい刺激になります」と目を輝かせた。

     「不安はあるが(プロ野球志望届を)書いたからには、しっかりとやっていきたい」。豪快な一発で甲子園を沸かせたスターの運命は、10月26日に決まる。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170930-00000011-sanspo-base

    ◆中日―広島(9日・ナゴヤドーム)

     J2の名古屋グランパスの元日本代表FW佐藤寿人が9日の中日・広島戦(ナゴヤD)で始球式を行い、82キロの直球を投げ込んだ。

     サンフレッチェ広島に所属していた09年のマツダスタジアム以来、自身2度目の始球式。「前よりは良かったですね。ドームは独特の雰囲気で緊張しました。今日はこういう機会をいただきうれしいです。名古屋に来て良かった。カープの次にドラゴンズが好きになりました。今でもカープファン。それは変わりません」と笑顔でカープ愛をアピールした。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170809-00000183-sph-base

     J2の名古屋は7日、FW佐藤寿人(35)が9日にナゴヤドームで行われるプロ野球、中日・広島戦の始球式に登板すると発表した。佐藤は2005年から16年まで広島に在籍。今季から名古屋に移籍した。

     佐藤はクラブを通じ「サンフレッチェに所属していた2009年にカープの試合で一度、始球式をさせていただいたことがあります。そのときの相手もドラゴンズで、バッターボックスには井端さん(弘和、現巨人1軍内野守備走塁コーチ)が立っていらっしゃいました。今回は、ナゴヤドームでカープを相手にこのような始球式の機会をいただき本当に嬉しくおもいます。前回は緊張してバッターボックスまでがすごく遠く感じたので、今回はきちんと肩を作ってしっかり投げたいと思います」とコメントした。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170807-00000084-sph-socc

    このページのトップヘ