広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    根本陸夫

     広島カープが25年ぶりにリーグ優勝を達成した。ファンの中には、今回の優勝を1975年の初優勝に重ねる向きが少なくない。あの時は球団創設26年目での悲願達成だった。

     41年前、不動のリードオフマンとしてチームを牽引したのが大下剛史である。地元出身の大下は74年のオフに、日本ハムからトレードで移籍してきた。

     アマチュアの名門・広島商、駒澤大で持前の俊足好打好守を磨き、“暴れん坊軍団”と呼ばれた東映では切り込み隊長として活躍した大下は、どのようにして広島を変えたのか。洗いざらい語ってもらった。




    物議を醸した「ワシのトレード」

     ―東映で1年目からレギュラーとして活躍し、日拓・日本ハムとチーム名を変えながらもスタメンを張っていた大下さんが74年オフ、トレードで広島に移籍してきたことは驚きでした。何が原因だったのでしょう。

     大下 結局は水原茂と三原脩の確執ですよ。僕は水原のオヤジさんに世話になっていたので、73年に球団社長に就任した三原さんにすれば水原色を消したいという狙いがあったんじゃないかな。

     おもしろい話があってね、ワシが広島からトレードを打診された直後に(東映時代からの先輩の)張本勲さんから電話が入ったんです。「剛史、このトレードはすぐに断れ。行くんやない!」と。そんなこと言われても、こちらはどうすることもできない。

     ワシの次は大杉勝男さん、そして張本さんと相次いで、主力がトレードでチームを去っていった。時間をかけて三原さんは水原色を一掃したんです。

     ―74年オフに広島の打撃コーチから監督に昇格したジョー・ルーツが大下さんのプレーを買っていたという話を聞いたことがあります。

     大下 それはワシも後で知ったんだけど、74年のカープとのオープン戦で、ワシがコーチの制止を振り切って走ったシーンがあったらしい。それを見ていたルーツが、監督になる条件のひとつとして「オオシタを獲ってくれ」と球団に頼んだというんです。「オオシタのプレースタイルはオレのやる野球にマッチしている」とね。

     ―トレードではレギュラークラスの渋谷通、上垣内誠との二対一でした。大下さんへの期待の大きさがわかります。

     大下 これも後で聞いたんじゃけど、球団代表の重松良典さんは契約書にハンコを押す時、手の震えが止まらんかったらしいよ。球団にすれば、ひとつの賭けだったんでしょう。


    引用元 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170212-00050787-gendaibiz-bus_all

     25年ぶり、7度目のリーグ優勝を果たした広島カープ。正式には広島東洋カープだが、その名称に変わったのは1968年のこと。57年間にわたるカープ史上、球団のみならずチームにとっても、大きな変革のときを迎えた年である。


     2リーグ分立の50年、広島県民・市民の球団として発足し、経営母体を持たなかったカープは、慢性的な財政難が問題だった。地元財界各社による相乗り経営で好転を図るも、負債は膨らむばかりで、球団経営を資金力のある東洋工業(現・マツダ)に一本化。同社社長の松田恒次をオーナー、息子の松田耕平をオーナー代理とし、広島東洋カープが誕生したのだった。

     この68年、万年Bクラスの広島を3位に引き上げ、球団初のAクラス入りを実現した監督が根本陸夫である。

     根本はのちに西武、ダイエー(現・ソフトバンク)でも監督を務め、両球団でフロント入り。実質的なGM(ゼネラルマネージャー)として、長く低迷していた両チームの強化を果たした功績で知られる。強化のためには裏技も駆使する辣腕ぶりから“球界の寝業師”とも呼ばれたが、その原点は広島にあり、75年の初優勝の礎を築いた男と言われている。

     とはいえ、現役時代の根本は近鉄の控え捕手で、出身は茨城。実績も乏しく、広島に縁もゆかりもない監督の就任は球団史上初だったが、なぜ、前例は覆されたのか。

     近鉄では引退後にスカウト、マネージャー、コーチを務めた根本。66年限りで退団したあと、学生時代以来の恩師でプロ野球・近鉄の監督も務めた藤田省三から広島のコーチ就任の話が来た。

     藤田はオーナーの松田恒次と接点があり、「選手を育てられるコーチ」を求められて根本を推薦。その人となりを松田が知っていたことで、67年、長谷川良平監督のもと、根本はヘッドコーチに就任した。

     しかし同年の広島は最下位に沈み、長谷川監督は解任。根本も辞任を申し出たが、逆に監督に推されて昇格。オーナーの松田は「全試合、負けてもいいんだ。将来につながる強いチームを作ってくれ」と、41歳の新監督に期待を寄せた。マスコミも根本に注目し、いかにも仁侠映画に登場しそうな眼光鋭い風貌もあって“カープの若親分”と名付けた。

     根本はまず補強に動き、阪神からベテラン強打者の山内一弘を獲得。毎日-大毎(現・ロッテ)時代に首位打者1回、本塁打王2回、打点王4回という超大物も阪神では成績が下降気味だったが、前年に通算2000本安打を達成。万年Bクラスの“ぬるま湯”に浸かっていた広島の選手にとって、その野球に対する姿勢が格好の手本になると根本は考えた。実際、選手たちは山内を見てどう感じたのか。当時、入団4年目の若手だった衣笠祥雄はこう回想する。

    「山内さんはキャンプでご自身の練習をやるだけでしたが、我々よりはるかに練習されていました。いいお手本、いい教材を目の前に置いていただいたと、今でも思います。我々からしたら、2000本安打も打っておられて、すべてのタイトルを獲られた大選手が『まだこんなに練習するんだ』というのは本当に驚きでした」


    引用元 https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/npb/2016/09/25/___split_114/

    このページのトップヘ