広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    森下暢仁

    悔しい本拠地初登板になった。広島のドラフト1位・森下暢仁投手(22)=明大=が5回8安打2失点。雨が降る悪条件で持ち前の制球が乱れた。それでも二回以降は粘ったが、無念のプロ初黒星を喫した。報われなかった122球の力投。涙雨が身を包んだ。

     
     指先を修正できなかった。森下にとってプロでは初めて上がる雨のマウンド。雨脚が突然強くなる悪条件もあった。四回までは毎回、先頭打者の出塁を許して球数がかさんだ。5回122球の8安打2失点と粘りながら、今季初黒星を喫した。  「出してはいけない所で走者を出してしまった。アウトを取らないといけない所で取れなかった。投げ切らないといけない所で高めに浮いてしまった」  初回の2失点は、1番・梶谷への四球がきっかけだ。2球で追い込んだがフルカウントとして最後に根負けした。2死一、二塁からロペスの右前適時打で先制点を与え、宮崎の三塁への適時内野安打で加点を許した。

    28日、大卒ルーキー・森下 暢仁(大分商出身)と大卒2年目の大型右腕・梅津 晃大(仙台育英出身)の投げ合いとなった広島東洋カープと中日ドラゴンズの一戦。結果はルーキー・森下に打線が大量リードを与え、プロ初勝利という形になったが、森下の勝利にプロ11年目で7番・レフトでスタメン出場の堂林 翔太中京大中京出身)はホームランで貢献した。



    large01







    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/52d204e38936948fc499a9a9f815135340e39546

    満面の笑み、というわけにはいかなかった。  広島のドラ1右腕、森下暢仁(22=明大)が28日の中日戦でプロ初勝利。無失点のまま上がった九回のマウンドで1死から3点を失い、完封どころか、完投まで逃しただけに、「終わり方が悪いんですが、勝ててホッとしている。(完封を)したいと思ったけど、このような結果です」と、悔しさが先に立った。

    20200629-00000007-nkgendai-000-1-view



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/72fa4196683470c97b344c148e588d68ae496945

    ◇セ・リーグ 広島10―3中日(2020年6月28日 ナゴヤD)  【森繁和 視点】広島・森下の投球は非常に立体的だ。全ての球種の制球が良く直球、カットボールなどでストライクゾーンの内外角、高低と「四隅」を突く。チェンジアップは縦の変化は少ないが、直球との球速差を利用して「前後」の緩急でタイミングを外す。


    20200629-00000117-spnannex-000-16-view



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/308762bd7ac60e614ef379ccbc804912d843fcaa

    やはりモノが違うようだ。広島のドラフト1位ルーキー・森下暢仁投手(22)が、プロ2戦目となった28日の中日戦(ナゴヤドーム)で9回途中3失点の快投を見せ、プロ初勝利を挙げた。初完封&初完投は逃したが、新人離れした堂々たる投球で中日打線を封じた。ポテンシャルの高さが発揮されるのはマウンド上だけではなく、その爽やかな風貌とは裏腹に意外な一面もあるという。


     気合満点の森下は初回から最速153キロを記録するなど、圧巻の投球でスコアボードに0を並べた。7回無失点と好投しながら勝利を手にできなかった前回21日のDeNA戦(横浜)とは対照的に打線は10得点と大量援護。9回に3点を失い初完封と初完投は持ち越しとなったが、それでも136球の力投での初白星に「終わり方は悪いが勝ててホッとしている」。佐々岡真司監督(52)も「自信を持って打者に向かっていっている。次の登板に向けても前向きにやっていってほしい」と賛辞を贈った。

    20200630-26300781-nksports-000-9-view



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/d9fba0f31e6f449e82546bb068f4d686dd9d666f

    広島・佐々岡真司監督(52)が21日、開幕3連勝を目指し、DeNA3戦目(横浜)に臨んだ。

    就任1年目の指揮官は横浜移動前日17日の広島最後の夜に鯛を食べてゲン担ぎしたそう。鯛は縁起の良い食べ物で、プロ野球関係者は開幕前にこぞって口にする。
    ちなみに、19日の開幕戦で先発した大瀬良も17日の夜に鯛を食べ、プロ初本塁打&完投でヒーローになった。

    20200630-26300781-nksports-000-9-view



     広島・佐々岡真司監督(52)が21日、開幕3連勝を目指し、DeNA3戦目(横浜)に臨んだ。

     就任1年目の指揮官は横浜移動前日17日の広島最後の夜に鯛を食べてゲン担ぎしたそう。鯛は縁起の良い食べ物で、プロ野球関係者は開幕前にこぞって口にする。ちなみに、19日の開幕戦で先発した大瀬良も17日の夜に鯛を食べ、プロ初本塁打&完投でヒーローになった。

    広島は29日、ドラフト1位・森下暢仁投手(22)=明大=のプロ初勝利を記念したTシャツを発売すると発表した。右腕は2試合目の先発となった28日の中日戦で8回2/3を9安打3失点と好投し記念星を手にした。  価格は3000円(税込)。受付はホームページが30日の正午~7月1日の10時まで。マツダスタジアム内グッズショップが30日の10時~16時まで。購入数量に制限はない。

    i-img1200x1200-1556785764dktf1b538609



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/c85c7248906489e045033ff604cf7f087b75882f

    広島OBの北別府学さん(デイリースポーツウェブ評論家)が29日、「初勝利」と題してブログを更新した。  28日の中日戦(ナゴヤドームでプロ初勝利を挙げた広島・ドラフト1位に「森下投手 初勝利良かったな 私まで嬉しくなりました。やっと気分も上向いてテレビを見ています」と、祝福のメッセージを送った。


    yjimage



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/025cf97149511a4b796ff5116195cbb311a80577

     28日、広島のドラフト1位ルーキー・森下 暢仁が1軍2度目のマウンドに上がり、中日打線を8回まで無失点と好投。9回に3失点を喫し降板したが、プロ初白星を記録した。

    21日、開幕3戦目の横浜DeNA戦でプロ初登板では7回を4安打8奪三振無失点の快投も勝ち星は付かなかった。  高校は大分商出身の森下。1年生の夏に自身の登板機会はなかったが、2年生左腕・笠谷 俊介、同学年の川瀬 晃らと共に甲子園に出場。3年時にはU18日本代表にも選出された。そこで今回は、森下の母校・大分商出身の現役プロ野球選手の活躍ぶりを紹介する。
    20200628-26280418-nksports-000-8-view


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/d153bf628683877ef3ee3d3030252e6f950422b2

    広島のドラフト1位・森下暢仁投手(22=明大)がプロ初勝利を挙げた。28日の中日戦(ナゴヤドーム)に先発した右腕は初回からこの日最速の153キロをマークするなどエンジン全開の投球でゼロ行進。3回一死満塁の窮地では大島の放った打球を遊撃・田中広と二塁・菊池涼の〝タナキクコンビ〟が華麗な連携で併殺を奪うなど奮闘するルーキーをもり立てた。

    20200628-26280418-nksports-000-8-view


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/face450ead9a3b1fce5b7dde969e5ab90b87a7e7

    このページのトップヘ