広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    森下暢仁

     27日に放送された『ショウアップナイタースペシャル2020 プロ野球徹底討論』に出演した江本孟紀氏が、広島のドラフト1位・森下暢仁について言及した。

     森下はオープン戦、4試合に登板して、0勝1敗、防御率4.20という成績だった。江本氏は森下について「レベルでいうと一級品。10勝くらいするんじゃないですか」と絶賛。

     その一方で、「この前試合をテレビで見ていたんですけど、そのときにやられていた。なんでやられたかというと、まとめようまとめようと、綺麗に投げすぎ」と指摘。

     「球も速いし、いい球をもっている。少し攻撃的なピッチングをした方がいいと思う」とアドバイスを送っていた。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200401-00223750-baseballk-base

    「ちょっと怖い」と語るのは期待のルーキー森下暢仁(まさと)投手。自身の投球の分析からはじき出された数値のすばらしさに「うれしい」と喜びながらも、きめ細かな鋭い分析を目の当たりにし、そう答えた。



    広島ホームテレビ『ひろしま深掘りライブ フロントドア』では、カープ首脳陣、ファンのみならず多くの野球ファンの期待を一身に集める即戦力ルーキー森下投手をフカボリ。

    プロ野球のビッグデータを操るデータマンこと、データスタジアムの佐々木浩哉氏が、森下投手のオープン戦4試合の登板データを分析。
    精密な分析で速球派の看板を裏付けるとともに、課題も浮かび上がるデータをはじき出した。
    森下投手の《ストレートの球速(オープン戦4試合)》は、平均146.8km/h(最高152km/h)で、昨年のカープ先発投手陣のトップ大瀬良大地投手(平均145.9km/h・最高152km/h)よりも速く、速球派の看板に偽りなし。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200331-00010002-hometvv-l34

     ◇練習試合 広島2―3ヤクルト(2020年3月24日 マツダ)

     広島は本拠マツダで行われたヤクルトとの無観客練習試合に2―3で逆転負け。これで、すべてマツダで行われている練習試合4連敗となった。

     広島は3回に菊池涼の遊撃内野安打で先制し、さらに敵失で1点を追加して2点をリード。先発投手の薮田も3回無失点と好投して序盤を優位に進めた。だが、5回に3番手・一岡が四球を出してから失点して1点差とされると、8回には守護神候補の6番手・フランスアが3安打2四球2失点と逆転され、9回は堂林、代打・小窪、代打・長野が3者凡退に終わった。ドラフト2位ルーキー宇草(法大)は1番で先発し、1安打1盗塁。左翼の守備では8回に本塁へのダイレクト返球で走者を刺している。

     ヤクルトは0―2で迎えた5回、2死二塁から吉田成の右中間二塁打で1点を返し、8回には2死満塁から雄平の左前2点適時打で逆転に成功、これが決勝点となった。先発右腕・スアレスは5回7安打2失点。2番手・大下、3番手・中尾はそれぞれ2回無失点だった。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200324-00000187-spnannex-base

     「練習試合、中日9-8広島」(22日、マツダスタジアム)

     広島は開幕ローテの1人、ドラフト1位・森下暢仁投手(明大)が先発し、6回8安打2失点にまとめた。4回7安打5失点だった前回15日のソフトバンク戦では、カーブの制球に苦しんだ。この日はカウントを取り決め球にもなった。前回登板で出た課題をきっちり修正した。


     試合は1点リードの九回に守護神候補のフランスアが登板。2死から味方の失策も重なって2点を奪われ、逆転を許した。チームは6日の西武戦で勝利して以降、引き分けを挟んで9試合連続で勝ち星なし。

     佐々岡監督の試合後の談話は下記の通り。

     -森下が好投した。

     「前回から修正できたと思う。カーブを使ってね。それが使えれば真っすぐが生きる」

     -フランスアについては。

     「2アウトと取ってからね。スピードは(最速が)146キロかな。もっと出てくれないと、というのはある。体調不調から復帰して、初めて1軍で投げた。状態を上げていってほしい」

     -9試合連続で勝ち星がない状況については。

     「気にしても、というのはある。今は選手個々が自分の役割をやらないと。ただ(1、2軍の)入れ替えもあるということ。いつも言っているように、危機感を持ってやってほしい」


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200322-00000110-dal-base

     新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、開幕が延期となったプロ野球界。当初の開幕予定だった3月20日からはシーズンと同じ顔合わせで練習試合を戦い、まだ決まっていない新たな開幕日に向けて調整を続けていくことになっている。



     15日までは無観客開催によるオープン戦を行なっていた各選手たち。主力選手たちが状態を上げていく一方で、若手たちは開幕1軍入りを目指して必死にアピールを続けてきた。各チームのルーキーたちの中でも結果を出した選手たちもいた。

     では、大きな期待を背負って各球団に入団してきたドラフト1位選手たちのオープン戦は、どうだったか。見ていってみよう。

    ○巨人
    堀田賢慎投手(高卒)
    登板なし

    ○DeNA
    森敬斗内野手(高卒)
    出場なし

    ○阪神
    西純矢投手(高卒)
    登板なし

    ○広島
    森下暢仁投手(大卒)
    4試合0勝1敗0S 4.20
    15回13安打2本塁打6四死球16奪三振7失点

    ○中日
    石川昂弥内野手(高卒)
    出場なし

    ○ヤクルト
    奥川恭伸投手(高卒)
    登板なし

    ○西武
    宮川哲投手(社会人)
    登板なし

    ○ソフトバンク
    佐藤直樹外野手(社会人)
    11試合19打数7安打0本塁打4打点 打率.368
    4四死球 8三振 5盗塁 出塁率.478

    ○楽天
    小深田大翔内野手(社会人)
    14試合44打数10安打1本塁打6打点 打率.227
    4四死球 5三振 3盗塁 出塁率.286

    ○ロッテ
    佐々木朗希投手(高卒)
    登板なし

    ○日本ハム
    河野竜生投手(社会人)
    3試合1勝1敗0S 4.00
    9回8安打1本塁打5四死球7奪三振4失点

    ○オリックス
    宮城大弥投手(高卒)
    登板なし

     今年のドラフト1位の選手たちでオープン戦に出場したのは広島の森下、ソフトバンクの佐藤、楽天の小深田、日本ハムの河野の4人だけしかいない。みな大卒、社会人出身で即戦力として期待された選手たちだ。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200319-00726033-fullcount-base

     再びセ・リーグの頂点を狙う広島カープ。ドラフト1位・森下 暢仁(大分商出身)に多くの注目が集まっているが、高卒3年目となる遠藤 淳志(霞ヶ浦出身)の先発ローテーション入りも大いに期待がかかっている。


     19日、中日の2軍相手に4回1失点の投球で結果を残した遠藤は2017年のドラフトで5位指名と下位指名だった。しかし、プロの世界で成長していき昨シーズン1軍デビュー。34試合を投げて1勝1敗6ホールド1セーブと初めてづくしの2年目を終えて、今シーズンは1軍キャンプでスタート。佐々岡真司新監督が就任して文字通りの新体制となったが、そこで注目されたのが遠藤だ。

     5日に行われた実戦形式での練習では同期入団の山口 翔(熊本工出身)とともに先発。大きな結果を残すことはできなかったが、キャンプ序盤で先発に起用する期待の表れを感じさせる。そんな遠藤の最大の魅力はキレのあるボールだ。

     ゆったりとした力感のない柔らかい始動から、長い手足を上手く使って上から腕を振り下ろす。体を鋭く縦に捻ることもできるフォームが切れを生み出す大きな要因だろうが、それ以上に大きいのは霞ヶ浦での投手育成メソッドにあると考えられる。

     霞ヶ浦では30メートルのロングブルペンがあり、スピンの利いたストレートを投げ込む練習ができる環境が整っている。また投手になるためにも肘の柔らかさやバランスの良さ。癖のないフォームが投手としてやっていける基準に設定したり、投球フォーム習得のメソッドがあったりと、投手としての高い素質を高校3年間で磨き上げたのが今のキレのあるボールだを投げ込める理由だろう。

     エース・大瀬良 大地(長崎日大出身)に続いて森下が注目されるが、高卒3年目・遠藤が台頭すれば優勝争いに入りこんでいけるはずだ。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200320-00010003-hbnippon-base

    no title

    2349-3

    383fd8f3

    2349-3

    このページのトップヘ