広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    楽天ゴールデンイーグルス

    広島菊池保則投手が来季に向け始動した。

    9日からの秋季練習に備え、マツダスタジアムでネットスローなどのメニューに取り組んだ。楽天から移籍1年目の今季は自己最多を大きく更新する58試合に登板し、来季はさらなる飛躍を目指す。佐々岡新監督誕生が秒読みとなっていることについては「選手がやらなければならないことはいっしょ。みんなの目標も変わらないと思う」と話した。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191006-10060849-nksports-base

     広島ひと筋にエースとして通算213勝をマークした野球解説者の北別府学さん(62)が9日、自身のブログを更新。愛妻と交わしたほのぼのトークの内容を明かした。

     古巣・広島は目標だったリーグ4連覇を逃し、4年ぶりのBクラスでクライマックスシリーズ(CS)進出もならずにオフへと突入。それでも北別府家ではもちろん、CSを熱心に観戦している。

     9日からはCSファイナルステージが始まり、セ・リーグは巨人―阪神戦(東京D)、パ・リーグは西武―ソフトバンク(メットライフD)のカードとなったが「パリーグは楽天が負けたのが残念と家内が申しておりました」と北別府さん。「ベンチにイケメン二人見つけたらしいです」とし、「この人とこの人誰?聞かれてましたが多分平石監督と岸投手かなと思われます」と続けた。

     今年4月には、愛妻が広島の対戦相手ヤクルトのベンチに「物凄いイケメンを見つけたらしい」とブログで明かし、後日、ヤクルトのマスコット「つば九郎」が自身のブログで「ことしからの、つうやく、みずしまくんです」と明かしていたこともあったが、北別府さんは「ゆっくりとテレビ観戦しているといきなり聞かれますからね」と今回も実に楽しそうだった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191009-00000145-spnannex-base

     13日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で解説を務めた江本孟紀氏が、規定投球回に到達している投手が3人しかいないパ・リーグの先発投手について言及した。

     昨年はセ・パあわせて17人の投手が規定投球回に到達したが、今季はここまでセ・パあわせて12人しかいない。パ・リーグは菊池雄星がメジャーに挑戦し、則本昂大(楽天)、岸孝之(楽天)、上沢直之(日本ハム)、マルティネス(日本ハム)など各球団先発投手の故障者や成績不振の投手が多かったとはいえ、規定投球回に到達している投手が9月15日時点で3人というのは、かなり寂しい。

     江本氏は「いくらバッター中心の野球界になったとしても、ピッチャーとバッターのバランスがとれて野球ですから。このまま終わったらイカンですよ。パ・リーグはちょっと考えないとね。ピッチャーに重きをおくよりも、打線に重きを置いている一つの証拠でしょうね」と苦言を呈した。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190916-00202963-baseballk-base

     ◇セ・リーグ 広島―ヤクルト(2019年7月26日 マツダ)

     楽天から広島に移籍した三好匠内野手(26)がヤクルト戦(神宮)でプロ初となる2試合連続アーチを放ち、またもチームに先制点をもたらした。

     「7番・三塁」で先発出場した三好は0―0で迎えた2回、1死走者なしの場面で入った第1打席でヤクルト先発の左腕・高橋が投じた1ボールからの2球目、真ん中高めの直球を左翼スタンド中段へ叩き込んだ。

     下水流とのトレードで7月2日に広島へ移籍した三好は、前日25日の中日戦(マツダ)では移籍後13打席目となった2回の第1打席で先発左腕・ロメロが2ボールから投じた3球目、真ん中に入ってきた直球を左翼スタンドへ叩き込む先制の1号2ラン。その本塁打が楽天時代の2017年6月16日阪神戦(甲子園)で岩貞から放って以来2年ぶり通算5本目だった。

     チームに勝率5割復帰をもたらす先制そして決勝アーチの翌日にまたも第1打席でまたも左腕からまたも先制の2号ソロ。前日は44日ぶりに1軍マウンドに戻って来た野村へ65日ぶりとなる今季4勝目をプレゼントする形となったが、この日の広島の先発投手は51日ぶり7勝目を狙うエース大瀬良。守備に定評ありとの触れ込みだった三好が2試合連続バットでチームをけん引している。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190726-00000178-dal-base

    ◆広島―中日(25日・マツダスタジアム)

     広島の三好(みよし)匠内野手(26)が移籍初本塁打となる1号2ランで先取点をたたき出した。

     2回1死一塁。2ボールから低めの直球を迷わずスイング。打った瞬間にそれと分かる2ランになった。三好の本塁打は楽天時代の17年6月16日の阪神戦(甲子園)以来2年ぶり。今月2日の広島移籍後は初めてだ。「ストレートにしっかりとタイミングを合わせて自分のスイングで振り抜くことができました。良い先制点になりました」と白い八重歯をのぞかせた。

     早くもチームメートの上本から、広島・三次(みよし)市に引っかけて、同市名産の高級ぶどうの銘柄「ピオーネ」のニックネームを頂戴した。菊池涼からは歯が金属ではなく樹脂のスパイクをプレゼントされ、練習で愛用。笑顔がステキな“愛されキャラ”として早くも新しい僚友のハートをつかんでいる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190725-00000199-sph-base

     広島の公式サイト内にある広報ブログが9日に更新され、九里亜蓮投手(27)が6月25日の楽天戦(楽天)でプロ初完封を飾った記念のウイニングボールがファンの厚意により無事に九里の手元に戻ったことが報告された。



     九里は今季交流戦ラストマッチとなった同試合でプロ初完封。二塁すら踏ませず、散発3安打無四球という快投で今季3勝目を挙げ、チームの連敗を3で止めた。

     だが、敵地で行われたヒーローインタビューで「きょうの初完封ボールを(西川)龍馬にスタンドに投げられてしまったので、もう一回このようなピッチングをして、次はボールをもらいたいと思います」と衝撃告白。9回2死から島内の左飛を処理した西川龍馬(24)が左翼スタンドへそのまま投入し、記念球は行方知れずに。

     そのため同日夜に更新された広報ブログでは「初完封のウイニングボールはというと試合終了後に龍馬がスタンドに投げ入れてしまったらしくまだ亜蓮の手元にありません…」と説明し、「ボールをキャッチしたファンの方、できれば亜蓮にボールを返して頂けると大変有り難いですm(__)mどうかよろしくお願い致しますm(_ _)m」と記念球返却を訴えていた。

     そして、この日更新されたブログでは「先日の楽天戦にて亜蓮の初完封ボールがスタンドに投げ込まれ返ってきていなかったのですが皆さんのご協力もあり無事に返ってまいりました!!」と報告。記念球を手に満面笑みを浮かべる九里の写真も掲載された。「ボールを送ってくれたファンの方本当にありがとうございました!m(_ _)m」とブログは感謝の言葉で結ばれている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190709-00000249-spnannex-base

     楽天から広島へ交換トレードで移籍することが決まった三好匠内野手が2日、楽天へ感謝のメッセージを送った。球団はこの日、下水流昂外野手との1対1のトレードを発表。球団を通じ、「心機一転、カープの優勝に貢献することが皆さんへの恩返しになると思っています。そして、秋にはイーグルスと日本シリーズで対戦し、皆さんに元気な姿をお見せしたいです」とコメントした。


     三好は福岡・九州国際大付高から11年ドラフト3位で楽天入り。今季は17試合出場し、打率.250、0本塁打、1打点。通算199試合出場し、打率.205、53安打、4本塁打、19打点だった。三好は「まずは、高校を出てからここまで育ててくださった、チーム、球団関係者の皆さん、大変お世話になりました。そして、いつも応援してくださった東北のファンの皆さん、8年間、ありがとうございました」と感謝した。

     昨季は内野の守備固めとして自己最多70試合出場した。「心機一転、カープの優勝に貢献することが皆さんへの恩返しになると思っています。そして、秋にはイーグルスと日本シリーズで対戦し、皆さんに元気な姿をお見せしたいです。高校を出てからずっと仙台だったので、今では仙台は第二の故郷です。その仙台を離れるのは寂しいですが、広島でも頑張りますので、これからも応援よろしくお願いします」とコメントした。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190702-00426743-fullcount-base

     福井とのトレードで広島へ移籍した菊池保が広島市のマツダスタジアムで入団記者会見に臨み、楽天時代と同じ背番号59のユニホームに袖を通した。

     新天地では先発、リリーフを問わず、投手陣に厚みを加える役割を期待されている。同僚には同姓で同学年の菊池涼がおり、あだ名も「キク」と同じ。「日本を代表する野手の菊池選手がいるので、負けず覚えてもらえるように頑張っていきたい」と意気込んだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181215-00000044-spnannex-base

     広島から楽天へのトレードが決まった福井優也投手が30日、球団へのあいさつのためマツダスタジアムを訪れた。発表から一夜明け、「やるしかない。いい機会だと思う」と決意を新たにした。

     ルーキーイヤーの11年に8勝、15年は9勝をマーク。だが近年は好成績を残せず、今季は自己最少となる3試合の登板で0勝3敗、防御率8・40だった。

     杜の都で再起を図る右腕。マツダスタジアムでの広島戦で登板する青写真を描き「アピールしてローテに入れるようにしたい。出さなきゃ良かったと思ってもらえる活躍をしたい」と力を込めた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181130-00000122-dal-base

    このページのトップヘ