広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    横山竜士

    テレワーク導入!? 分離練習を続ける広島は首脳陣も、選手同様に2班に完全に分かれるようになった。前日11日までは選手、裏方を完全に2グループに分けていたが、この日から首脳陣も2分化。広島県内の新型コロナウイルス感染者急増を受け、感染防止と、仮にチーム内に感染者が出たときに最小限にとどめるための策を強化した。午前中に練習するA班は、高ヘッドコーチ、横山投手コーチ、朝山打撃コーチ、広瀬外野守備走塁コーチが担当。午後からのB班には佐々岡監督、沢崎投手コーチ、倉バッテリーコーチ、迎打撃コーチ、山田内野守備走塁コーチが担当した。


    全体練習後の小園への個別練習は、外野担当の広瀬コーチが指導した。事前にスタッフミーティングで話し合った練習メニューを課した。チャージからの捕球、送球までの一連の動きを確認。テレビ電話でまだ自宅にいる山田コーチに見せる工夫もみられた。広瀬コーチは「できる中でやらないといけない。特に若い選手は時間が限られた中でもやらないといけない」。13日には倉バッテリーコーチと連係をとりながら坂倉に強化練習を課すという。

    佐々岡監督は、意見を出し合うコーチ陣に全幅の信頼を寄せる。「(首脳陣も)はっきりA班とB班に分かれようと。コーチ陣がしっかりやってくれる。僕とヘッドが分かれているし、何かあれば連絡がくると思う」。首脳陣が工夫と情報交換をしながら、限られた環境下で効率的に調整を進めていく。【前原淳】

    <広島完全分離練習メンバー>

    【A班】

    ■首脳陣

    高ヘッド

    横山投手コーチ

    朝山打撃コーチ

    広瀬外野守備走塁コーチ

    ■投手

    大瀬良

    森下

    薮田

    中田

    一岡

    塹江

    菊池保

    遠藤

    ■野手

    石原

    坂倉

    安部

    堂林

    菊池

    高橋大

    小園

    松山

    西川

    【B班】

    ■首脳陣

    佐々岡監督

    沢崎投手コーチ

    倉バッテリーコーチ

    迎打撃コーチ

    山田内野守備走塁コーチ

    ■投手

    九里

    床田

    藤井皓

    K・ジョンソン

    高橋樹

    D・ジョンソン

    スコット

    フランスア

    ■野手

    会沢

    上本

    鈴木誠

    田中広

    小窪

    長野

    ピレラ

    三好

    野間

    メヒア




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200412-24120312-nksports-base

     広島東洋2位のルーキー・宇草 孔基(常総学院出身)が9日の紅白戦で本塁打を放ち、アピールに成功した。

     高校時代、選抜で1試合5盗塁。さらに東京六大学通算11盗塁と突出したものではないが、塁間タイム3.8秒と超俊足の宇草がプロの扉を切り開いたのは打撃面の成長が要因だ。3年春、3年秋で二季連続で打率3割。さらに二季合わせて6本塁打。走れて打てるアスリート型プレイヤーとして評価を高めた宇草は大学日本代表入り。そして2位指名でプロ入りとなった。

     その宇草の打撃面はさらに成長を見せている。それは打球に強い力を伝える技術が格段にも上がったことだ。

     大学時代はすり足気味だったが、ノーステップ気味に変化。宇草がよいのは捕手側の左手を支点にして、少し捻りを入れて、ボールを手元で呼び込み、骨盤を一気に旋回させる打法で打球を飛ばしている。細身だが、体の回転が鋭いので、しっかりとボールに力を伝えるスイングができている。それができるのも軸がぶれず、体の回転をしっかりと伝えられるノーステップにあるだろう。あとは、様々なコースを強く叩く感覚を身についたら、もっと打率、本塁打を残せる選手になるのではないだろうか。宇草はこの一軍キャンプについて充実の日々だと感じている。

    「周りのレベルも高いですし、練習の内容も濃いと思います。無駄な時間がないですし、1日1日、1球1球集中できていると感じます。先輩方優しいですので、コミュニケーション取ってくれます。龍馬さん、野間さん、誠也さんが声をかけてくれていますので、勉強になっていきます」
     意識の高い先輩に揉まれながら、成長を実感している。今後も、「一生懸命1日1日過ごしていければと思います」と意気込んだ宇草。このキャンプの猛アピールでオープン戦でも一軍に帯同し、さらには開幕一軍をつかむことができるか注目したい。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200210-00010006-hbnippon-base

    dvdu005467

    広島横山竜士1軍投手コーチ(43)が5日、ドラフト1位の明大・森下暢仁投手(22)の実戦デビュー戦が宮崎・日南キャンプで開催する2月9日の初紅白戦(天福)になる可能性を明かした。広島・廿日市市内の商業施設で行われたトークショーに参加。開幕ローテーション候補と期待する右腕により多くの実戦経験を積ませ、調整を進めていく方針を示した。



       ◇   ◇   ◇

    即戦力右腕が、異例の早さでベールを脱ぐ可能性が出てきた。今年は東京五輪の影響で開幕戦が3月20日と早く、先発投手陣は例年よりも調整を前倒しする必要がある。森下は開幕ローテーション候補の1人で、2月春季キャンプ1軍スタートが内定。開幕までにプロ相手に多くの実戦経験を積むことが必要だ。

    チームとしても2月9日の紅白戦が今季初実戦となる。既に秋季キャンプに参加していた若手投手数人には紅白戦への調整の指示は出ており、横山コーチは「ルーキーにそこまで求めはしないにしても、(2月22日から始まる)オープン戦辺りをめどに、実戦の回数、球数とイニング数もこなしていかないといけない。そこを逆算した中で考えていかないと」と説明した。

    今月8日から新人合同自主トレが始まり、横山コーチも同期間中に視察する予定。「自主トレを見て、どれくらい投げられるのか、体の状態がどうなのか、そこは自主トレからキャンプにかけての状態を見ていく中で、監督、投手コーチ含め判断していくことにはなる」。近年の大卒ドラフト1位右腕の初実戦は大瀬良が14年2月16日、岡田が16年の同日、矢崎が17年2月14日だった。異例の早さでの初実戦へは1月中のアピールが重要だ。

    森下は1年目の目標として「新人王」、「開幕ローテーション入り」を掲げる。横山コーチは「彼が高い目標を持ってくれているのは、こちら側としてはありがたい」と感謝。最速155キロの直球を誇る大学NO・1右腕とあって、「実力ある投手だと思う。先発の競争の中に加われば、他の投手にも刺激にもなるし、チームの底上げにもつながる」と相乗効果にも期待した。背番号18の黄金ルーキーが目標達成へ、初実戦で剛腕をみせつける。【古財稜明】

    ◆森下暢仁(もりした・まさと)1997年(平9)8月25日生まれ、大分県大分市出身。大分商では1年夏に背番号11で甲子園ベンチ入り。3年夏はU18W杯で10回を投げ無失点。明大では大学日本代表で17年ユニバーシアード優勝、18年ハーレム国際大会優勝に貢献。4年時には全日本大学選手権でエースとして38年ぶりの日本一に導いた。180センチ、76キロ。右投げ右打ち。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200105-01050980-nksports-base

     「広島秋季キャンプ」(17日、日南)

     投手陣再建へ、希望が膨らんだ。広島の横山竜士投手コーチ(43)が17日、所用のため一足早く秋季キャンプを打ち上げた。指導者として初めて選手と接し「すごくいいものを見させてもらった。楽しみな選手が多い」と手応え。“秋のMVP”にはケムナと塹江の名前を挙げた。

     「ケムナはボールが強い。課題はあるけど良くなっている。塹江も左でいいボールを投げていた。それを実戦で出すだけだったが、実戦の中でも投げきれるようになってきた」

     来季、飛躍が期待される剛腕2人だ。ケムナは大卒2年目の今季、初めて1軍を経験。5年目の塹江も3年ぶりに1軍マウンドに上がった。この秋もみやざきフェニックス・リーグ、秋季キャンプと好調を維持し、首脳陣へアピールを続けてきた。

     佐々岡監督はリリーフの条件に「強い真っすぐ」を挙げ、「他のチームを見ても150キロは当たり前、バッターも対応している。そういう投手を後ろに置きたい気持ちはある」と構想を明かす。

     横山コーチも監督の期待に応えるように、斬新な“インターバルピッチ”を導入するなど精力的に動いた。次回ナインとの再会は来春キャンプ。“新鬼軍曹”は若鯉の成長を心待ちにして、キャンプ地の日南を離れた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191118-00000037-dal-base

     「広島秋季キャンプ」(17日、日南)

     広島の横山竜士投手コーチ(43)が17日、所用のため、一足早く秋季キャンプ地の日南を離れた。指導者初仕事を終え、「すごくいいものを見させてもらった。楽しみな選手が多い」と振り返った。

     今キャンプではイニングまたぎを想定した“インターバル投球”を導入するなど、斬新な発想で、佐々岡新監督が課題とする投手陣の再建に取り組んだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191117-00000108-dal-base

     新任の広島・横山竜士投手コーチ(43)が4日、日南キャンプに参加中の若鯉にけん制の重要性を説いた。ブルペンでの投球練習後に室内練習場で“横山塾”を開催。横山コーチはNHKの人気番組「球辞苑」で実演経験があるほどの達人だ。菊地原2軍投手コーチから「この人はけん制のスペシャリストだぞ」との言葉が掛けられる中、薮田、平岡、ケムナ、アドゥワらにアドバイスを送った。


     「地道にやることで意識が高くなる。みんなうまいと思ったよ。ターンを早くしようという意識が感じられたし、薮田、アドゥワにしても、素早くて正確な送球ができていた」

     けん制は自らを救う技となる。試合の中盤以降、走者を出すと、足のスペシャリストが登場する。横山コーチは「クイックを速くしたり、一塁でアウトに取れれば自分もチームも助かるからね」と1点の重みを強調した。

     横山コーチの指導にケムナは「何種類か持っておいた方がいいと気づいたことを言っていただきました。けん制はすごく大事だと思う。クイックを速くすればスタートも切りにくくなると思うので」と技術向上へ意欲を燃やした。「選手が高い意識を持ってやってくれると実戦に生きてくる」と横山コーチ。戦力の底上げへ投球以外の技も磨いていく。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191105-00000032-dal-base

     「広島秋季キャンプ」(6日、日南)

     広島・一岡竜司投手(28)が、ダイナミックな投球フォームを取り戻しての復活に意欲を示した。理想は回転数が多いキレのある球を投げることで、秋季練習ではフォームの土台作りに励んでいる。今季はコンディション不良もあって33試合の登板にとどまった右腕が、輝きを取り戻す。

     明確な狙いを持って、一岡が腕を振っている。注力するのは躍動感のあるフォームを取り戻すこと。「(下半身の動かし方で)あがいている感じ。方向性は見つかっているので、細かいところを微調整している。無駄な動きを取り除きたいけど、ダイナミックさも失わないように」とうなずいた。

     セットアッパーで迎えた今季はコンディション不良もあり、33試合の登板に終わった。過去2年は59試合に登板。「1年間通して投げられなかった悔しさがある」と率直な思いを語る。

     復活へ向けて、軸となる直球は140キロ台でも、キレのあるものが理想。そのためにも「(下半身のコンディション不良があったが)小さくまとまらないようにしたい」とまずはフォーム形成を重要視する。

     秋季練習では2日に1回をメドにブルペン入り。「今は悩んで良い時期」と2段モーションを試すなど探究心を持つ。5日の投球練習後は簡易型弾道測定器「ラプソード」で球の回転数などをチェック。自身の投球映像も毎日見返している。

     「ブルペンでは一回の集中力が大事」と言う右腕は、来季へ「どこで投げても同じパフォーマンスを出せるメンタルが一番大事」と力を込めた。土台をがっちりと固め、2020年へ向かう。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191107-00000036-dal-base

     広島・横山竜士新投手コーチ(43)が4日、約200球の熱投を披露した。秋季キャンプ3日目の午前中に行われたバント練習で自ら投手役を務めた。

     現役時代には主にセットアッパーとして通算507試合に登板した横山コーチは「じっとしているのがしんどい。ピッチングということではないよ。健康に良いかな」と照れ笑い。高橋樹、練習生のコルニエルに、約200球入るカゴの中身がなくなるまで投げ続けた。 

     指導者として初参加の今キャンプではブルペンでインターバル投球を導入するなど、個性あふれる指導を行っている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191104-00000529-sanspo-base

     広島・横山竜士新投手コーチが5日、宮崎・日南市内で行われている秋季キャンプ4日目に今キャンプ2度目のインターバル投球を実施した。

     午前中に2018年の同期入団で、ともに来季3年目を迎える山口翔投手(20)=ドラフト2位=と遠藤淳志投手(20)=ドラフト5位=がペアを組み、ブルペン入り。まずは山口が25球を投げて、次は遠藤が25球を投げる。これを4セット繰り返して、計100球の投げ込みとなった。

     山口は「すごく集中して投げることができていたので、あっという間に終わりました」と充実の汗を拭った。遠藤も「集中力が高まりました。短い時間で集中して投げることができました」と手応えを口にした。

     今回のインターバル投球は捕手が立った状態では5球、捕手を座った状態で20球を投じ、これを4セット繰り返した。2日のキャンプ初日に実施した前回は捕手を立たせた状態で20球を投げて、これを5セット繰り返した。より初球から全力で投げられるように工夫をした。

     発案者の横山新投手コーチは「すごく良い内容だった。2人は打者を想定して投げてくれていたね。ただ単に100球を投げるより、より実戦に近い感覚で投げている」とうなずいた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191105-00000517-sanspo-base

    このページのトップヘ