広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    横浜DeNAベイスターズ

     【江尻良文の快説・怪説】

     今オフに監督が交代したのは、パ・リーグが楽天1球団、セ・リーグも広島、ヤクルトの2球団。12球団中3球団だけなのに、コーチ陣には大量入れ替えの旋風が吹き荒れた。監督交代でコーチ陣も大刷新というのならわかるが…なぜ異常事態は起こったのか。

     5年ぶりのリーグ優勝をしながら7年ぶりの日本一奪回に失敗した巨人は内田巡回打撃コーチ、小谷巡回投手コーチという熟練のコーチをはじめ7人を退任させた。

     同時に実松2軍バッテリーコーチ、二岡3軍総合コーチ、山口3軍投手コーチなど若返り人事を断行。阿部を2軍監督に据えた人事とリンクし、2年後のポスト原体制もにらんでいるのだろう。

     ラミレス監督が続投したDeNAも同じ狙いが見え隠れ。今季1軍投手担当だった三浦コーチを2軍監督に配転している。同時に万永2軍監督を2軍総合コーチに。近い将来の監督候補生に帝王学をマスターさせる思惑だろう。

     今オフのコーチ陣入れ替え人事は巨人、DeNAのケースだけでは片付けられない。中日2軍監督に仁村徹氏が復帰したり、その中日2軍監督の座を追われた格好の小笠原が古巣の日本ハムに戻り1軍ヘッド兼打撃コーチに就任したりしているからだ。

     背景には球界の深刻なセカンドキャリア問題がある。球界OBが生々しく証言する。

     「昔はユニホームを脱いだら、ネット裏で新鮮な充電生活を送れたが、今はテレビの地上波でのプロ野球中継は激減。年間契約ではなく、1本いくらの厳しい評論家生活で、満足に食えない危機的状況だ。だから、一度ユニホームを着たら絶対に脱ぐな! 現場を離れるな! がわれわれの合言葉になっている」

     いろいろな球団を渡り歩いてでも現場でコーチを続けるのがベストなセカンドキャリア。それが紛れもない現実だ。日本プロ野球界が抱える、シビアなお家の事情である。(江尻良文)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191107-00000004-ykf-spo

     現在放送中の『ザ・フォーカス フライデースペシャル』に出演するショウアップナイター解説者の江本孟紀氏が、日本シリーズで敗戦した巨人について言及した。

     巨人は14年以来となるリーグ優勝を果たしたが、日本シリーズは優勝した西武をクライマックス・シリーズで下し、2位から出場したソフトバンクに1勝も挙げることができず敗れた。

     江本氏は「セとパの力。交流戦も含めて、日本シリーズも一方的にやられているのは力の差が出たと思います」と分析した。

     また、巨人が日本シリーズを敗れた原因のひとつに、セの5球団も関係していたという。「日本シリーズで巨人が負けたのもあとの5球団が、だらしないからなんですよ。競り合っていないんですよ。西武の貯金が18、ソフトバンクの貯金が14で、貯金の差が4つしかない。巨人の場合は貯金が13あったが、2位・DeNAは2つ、3位・阪神は貯金1つ。こんな弱いチームと試合をしたってチーム力はあがりませんよ。巨人が負けたのは、ベイスターズと阪神のせいです」と話していた。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191025-00207215-baseballk-base

     野球評論家の江本孟紀氏が17日に行われたプロ野球ドラフト会議でも話題に上がった「育成」というキーワードについて「基本的にプロ野球は育成ではなくて戦う場だ。育成というのはシステムとしてあってもいいが、本当は一軍でどうやって働くかが問題」と持論を展開した。

     AbemaTVで放送された『AbemaPrime』に出演した江本氏はそのように述べると、育成システムが組織されている球団に今季パ・リーグを制したソフトバンクを挙げ「ソフトバンクは3軍まである。さらに1、2、3軍全部同じ敷地でやる。次の年になると、コーチが違っていて、スカウトになっているなどコーチ間の競争も激しい。選手も個人の競争しかない。成績を上げていくしかない。試合で成績を上げて3軍から2軍、2軍から1軍、そして1軍でまた競争するというシステムは単純だ。育成がうまいというよりは、入ってきた新人をすぐに使うのがうまい。そしてそれはチームによって多少違う」とコメント。さらに若手が伸びやすい球団とそうでない球団の特徴についても次のように言及した。

    「即戦力ですぐに使いたい球団は、若い人が伸びにくい。余裕がないからだ。失敗しても次にチャンスがあるよというのと、チャンスはないよというもの。一方、優勝を要求されていないチームでは選手は育つ。例えば、中畑(DeNA元監督)が筒香と1年間心中する。“チームは最下位でもいいから4番の筒香を育てる”と言った。本当に4番に育てて、中畑はクビになった。今年、ヤクルトの村上がホームランをいっぱい打ったが、打率は2割3分ちょっと。それでは普通は使わない。球団のカラーでもあるが、優勝争いをしていないからだ。人気球団で、毎年優勝しないと監督がクビになる。さらにファンの声が厳しく、マスコミの批判も多い球団は、選手が育つまで使うというわけにはいかない。巨人や阪神は常に優勝を要求される。マスコミやファンの声も厳しい。だから悠長に若手を育てるということは難しい。だからFAで選手を獲ってきて即戦力で使いたがる」

     江本氏の意見に対して作家の乙武洋匡氏が「広島は真逆で、FAで選手を獲られてしまう。育成のうまい下手ではなく、若い選手を使わざるを得ない。育ってきた選手を獲られてしまう。ではどうするかというと、若い選手を使うので経験を積んでいく」と応じると、江本氏は「実際そうだ。その代わり広島はFAの選手は獲らない。獲らないということは、若い選手が育つまで時間がかかる。広島は最近強くなったが、それまでは15年、Bクラスだった。広島は選手が育ってくるとFAで出す。黒田投手は15年の中の7年目か8年目かにアメリカに行っている。そういう現実をちゃんと見ないとダメだ」と話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191019-00010012-abema-base

     巨人が来季の1軍野手総合格のコーチとして、前ヤクルト打撃コーチの石井琢朗氏(49)の招へいに動いていることが23日、分かった。



     石井氏は現役時代は横浜(現DeNA)、広島で活躍し、打撃ではプロ野球歴代11位となる通算2432安打を誇る安打製造機。守備でも三塁、遊撃を合わせて4度のゴールデン・グラブ賞を獲得するなど、守備の名手として名高い。コーチとしても12年から17年まで広島で、18、19年はヤクルトで1軍打撃コーチなどを歴任し、熱血指導で広島時代には丸を、ヤクルトでは村上を球界屈指の強打者へと育て上げるなど、尽力してきた。

     巨人は今季、リーグトップの663得点を挙げたが、田中俊、若林、山本、重信、増田大ら、まだまだ成長が見込める若手が多くいる。攻守に渡った幅広い指導が期待される。

     また今季のコーチ陣も、配置転換が行われる。吉村打撃総合コーチをベンチに統括的な立場で置き、鋭い戦術眼を持つ元木内野守備兼打撃コーチに作戦面を担当させる方針。三沢投手コーチが2軍から昇格し、宮本投手総合コーチとタッグを組んで、水野投手コーチを巡回コーチとして、1軍~3軍の投手に経験を還元していく見込みだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191024-00000018-sph-base

    <プロ野球ドラフト会議>◇17日

    プロ野球のドラフト会議が17日、都内のホテルで行われ、最速163キロ右腕の大船渡・佐々木朗希投手(3年)は1位指名で西武、ロッテ、日本ハム、楽天の4球団が競合し、抽選でロッテが交渉権を獲得した。また、星稜・奥川恭伸投手(3年)は巨人、阪神、ヤクルトの3球団が入札し、ヤクルトが交渉権を獲得。広島が1位指名を公表していた明大・森下暢仁投手(4年)は単独指名で交渉権を獲得した。全球団の1位指名選手と監督の総括コメントは以下の通り。


    【パ・リーグ】

    西武 宮川哲投手(東芝)

    ▽辻監督「即戦力というところで最高の選手。真っすぐの質もいい、力もある。変化球もいける完成された投手。うちの打線なら2ケタ(勝利)もチャンスがある」

    ソフトバンク 佐藤直樹外野手(JR西日本)

    ▽工藤監督「(佐藤は)走攻守3拍子そろっている選手はそういない。うちは右打者が少ないので、即戦力で考えて取りました。次の世代を担う野手を取るのが急務」

    楽天 小深田大翔内野手(大阪ガス)

    ▽三木監督「小深田くんには持ち味のスピードを生かして、即戦力として既存の選手と競争してほしい。打撃もしぶとく、守備も堅実。内野なら遊撃に限らず守れると聞いている」

    ロッテ 佐々木朗希(大船渡)

    ▽井口監督「去年藤原を引いてから、プレッシャーをかけられていたのでほっとしています。ドラフトで(当たり)くじを引いた夢を見たので引けるだろうなと思いながら引いた」

    日本ハム 河野竜生投手(JFE西日本)

    ▽栗山監督「投手陣は何とかしなきゃいけないところで、うまく(指名の)バランスは取れている。いいドラフトだったと思う。早く特長を生かせるようにしてあげたい」

    オリックス 宮城大弥投手(興南)

    ▽西村監督「将来性のある素晴らしい投手。直球とスライダーがいいと聞いている。どうやって育てていくか考えないと。最初から臆せずに気楽にやったらいいと思います」

    【セ・リーグ】

    巨人 堀田賢慎投手(青森山田)

    ▽原監督「将来性もすごくある、バランスのいいドラフトができた。(3位菊田は)和真(岡本)に勝るとも劣らない迫力がある選手。95点ぐらいじゃないでしょうか」

    DeNA 森敬斗内野手(桐蔭学園)

    ▽ラミレス監督「一番欲しい選手が取れた。彼はオールラウンドの選手。走攻守そろっているし、将来、横浜DeNAベイスターズを背負って立つスーパースターになれる存在。

    阪神 西純矢投手(創志学園)

    ▽矢野監督「(西は)タイガースファンが大好きそうな選手をとれてホッとしている。速い球、変化球ももちろんいい。内面の強さと体の強さとトータル的に「強さ」を持った投手」

    広島 森下暢仁投手(明大)

    ▽佐々岡監督「森下君はくじを引くつもりでいた。単独でよかった。来年にならないとわからないけどまずは先発で。スピードもコントロールも、バランスも、総合的にすべていい」

    中日 石川昂弥内野手(東邦)

    ▽与田監督「あの文字(交渉権確定)を見るのが快感に。一番上を引いた。(石川は)地元のスター。地元で活躍させ球界のスターになってもらいたい。いいドラフトができた」

    ヤクルト 奥川恭伸投手(星稜)

    ▽高津監督「満点以上のすごくいいドラフト。即戦力の投手を中心に、高校生野手とバランスよく指名できた。奥川くんは完成度の高い投手。エースとして支えてほしい」


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191017-10171177-nksports-base

     ◇プロ野球ドラフト会議(2019年10月17日)

     プロ野球のドラフト会議は17日に東京都内で開催され、ネット上では12球団のファンが様々な反応を見せた。



     【巨人】「ホントくじ運ないなー。外れ一位も獲得できずの外れ外れ一位」、「高校生多いな」、「堀田くんに期待」

     【DeNA】「大穴、森一本釣り良き!」「いつも通りのイケメン枠良き!」、「DeNA以降最高のドラフトでは無いだろうか」、「結構バランス良くていいな」

     【阪神】「理想的やん」、「将来を見据えたええドラフトやな」、「マジで神がかってる」、「西純也は次期エースになってほしい」

     【広島】「森下君一本釣り成功とか信じられんのんじゃけどー!」、「上位二人が即!即戦力!」、「育成ドラフトのセンスめっちゃ好き」、「抜け目ないドラフトだった」

     【中日】「最高すぎんか??与田さんのくじ運やばくね??石川くん中日ドラゴンズきたぁ」、「大当たりだったよ!」、「補強ポイントを着実に補強できた100点満点」、「今年のドラフトも良かったんじゃないでしょう」

     【ヤクルト】「ヤクルトさん絶対奥川くんを日本のエースにしてください」、「久し振りに勝利の予感」、「近年稀に見る神ドラフト」、「ヤクルト来年優勝間違いなしだな」


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191017-00000280-spnannex-base

     ◇2019ドラフト会議(2019年10月17日)

     【ドラフト総括】例年に比べて候補選手の全体数が少ない中で行われた今年のドラフト。各球団のスカウトの腕が試され、し烈な情報戦も展開された印象だ。

     野手が補強ポイントだった球団は、数少ない実力派内野手をめぐり早めの指名を目指した。DeNAは徹底した情報管理で外れ1位候補筆頭だった桐蔭学園・森の単独指名に成功。1位指名の情報は球団上層部でもごく一部で共有。他球団による当日の事前予想も情報が錯綜(さくそう)しただけに、戦略勝ちだった。

     オリックスは石川を1位指名した。将来的なスター候補として佐々木の指名を最後まで検討していた一方で、スカウト陣の中では将来のクリーンアップ、レギュラーの三遊間候補として石川を推す声も多く上がっていたという。こちらもクジ引き役を公表しないなど徹底した情報統制。当たりクジは巡ってこなかったが、最終的に現場スカウトの意見が尊重されたもようだ。

     最大の注目だった163キロ右腕・佐々木はパのみ4球団が入札してロッテが交渉権を獲得。佐々木と双璧だった奥川はセのみ3球団が入札とリーグの特性がはっきりと表れた。

     結果的に明大・森下の1位指名を事前公表して一本釣りした広島は大成功のドラフトとなった。奥川を引き当てたヤクルトはウエーバー1巡目の利を生かし、1位級の評価を得ていた日体大・吉田を指名。奥川、吉田ともに今年の日本代表。実力派投手を1、2位で指名しこちらも成功したと言える。(アマ野球キャップ・松井いつき)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191018-00000147-spnannex-base

     最下位に沈むヤクルトが2019年9月10日、小川淳司監督の今季限りでの退団を発表した。

     次期監督の最有力候補は高津臣吾2軍監督だ。現役時代はヤクルトの守護神を務めて4度の日本一に貢献。メジャーでも抑えを務めるなど日米通算313セーブを挙げた。現役時代は韓国、台湾でもプレーし、指導者として独立リーグ・新潟では12年に選手権監督としてBCリーグ初優勝を飾っている。14年からヤクルトでコーチを務め、チーム事情に精通し、選手の性格も把握しているのが大きな強みだ。

    ■V逸も...広島、Deの両将は留任か

     ヤクルトの課題はリーグワーストのチーム防御率・4.71(17日現在)と崩壊状態の投手陣だ。エースとして期待される小川泰弘が4勝12敗、一本立ちしなければいけない原樹理が3勝7敗で現在ファーム暮らしと大きく期待を裏切った。高津政権で先発陣の立て直しが急務となる。

     後任の監督人事が気になるのはヤクルトだけではない。スポーツ紙デスクはこう分析する。「今季V逸が決定的な広島・緒方孝市監督は来季も続投のようです。前監督の野村謙二郎氏の名前も挙がっていましたが、昨年までリーグ3連覇した緒方監督の手腕を球団幹部は高く評価しています。DeNA・ラミレス監督も続投が濃厚です。次期監督候補の三浦大輔1軍投手コーチはまだコーチ歴1年。監督へのバトンタッチは早い。セリーグはヤクルトを除いた5球団の監督は来季も続投になりそうです」。

     一方、パ・リーグはどうだろうか。西武・辻発彦監督、ロッテ・井口資仁監督の続投は確実だが、ソフトバンク、日本ハム、オリックス、楽天は監督人事で一波乱ありそうだ。前出のデスクは「パ・リーグはシャッフルする可能性があります。ソフトバンクの工藤公康監督は今年が契約最終年。西武にひっくり返されてこのままV逸だと責任問題で退任もあり得る。日本ハムの栗山英樹監督も今季で8年目の長期政権。清宮幸太郎を4番に抜擢したり色々策を施していますが、CS進出は厳しい状況です。『そろそろ代え時では』という声も上がっています」と話す。

     他方ユニフォームを脱いだが、元中日監督の落合博満氏、元DeNA監督の中畑清氏、元ヤクルト監督の古田敦也氏、元中日の立浪和義氏らは依然として監督待望論が強い。来季どこかの球団のユニフォームに袖を通して、その勇姿が見られるだろうか。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190917-00000008-jct-spo

    このページのトップヘ