広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    横浜DeNAベイスターズ

    jul271-gg

    かつてない異例ずくめのペナントレースが、19日に幕を開ける。
    現役時代にヤクルト、日本ハム、阪神、横浜の4球団で捕手としてプレーし、2017年から2年間ヤクルトでバッテリーコーチを務めた野球解説者の野口寿浩氏が、セ・リーグを展望した。過密日程を勝ち抜くカギとして「投手力」を挙げた上で「1球団が抜け出すというより、混戦になる」と強調。各球団の戦力分析をもとに、順位を予想した。

    1位 DeNA
    2位 阪神
    3位 中日
    4位 巨人
    5位 広島
    6位 ヤクルト  




    開幕前の各チーム状況を見渡し、野口氏は「2強」だと見る。筆頭はDeNA。2年連続開幕投手の今永ら先発陣の頭数は揃い、リリーフ陣の層も厚い。レイズに移籍した筒香嘉智外野手の穴を埋めることが喫緊で最大の課題だと思われていたが、新加入のタイラー・オースティン内野手が代役を担えると見込む。「開幕してもこのまま打ちそうですし、穴はすっかり埋まっている印象」と助っ人に注目する。



    kayama-1


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/9b11871992048697547d324f757b7680ee1e1751


    プロ野球の開幕を19日に控え、本紙の評論家10人がセ、パ両リーグの順位を予想した。8年ぶりのAクラス進出が期待される中日は3人がリーグ優勝を予想。
    巨人とDeNAの「2強」を追う存在とみている。

    【森野将彦さん】  6月開幕という異例のシーズンは、点の取り合いになるとみている。投手はただでさえ調整が難しいのに、春先とは違って暑さが体力を奪うからだ。今季を占う上で大事なのは打力。となると優勝に近いのは中日だ。  打線は昨年と代わり映えしないが、それこそが魅力。各選手に伸びしろがあるし、特に来日5年目のビシエドはキャリアハイの成績を残せる状態にある。不安は救援陣だが、東京五輪が延期されたことでキューバ代表のR・マルティネスが常にいるのは朗報。点を取り合っても、最後を締める投手陣がいれば十分に戦える。  優勝候補として最後まで迷ったのがDeNA。投打とも隙がない。あえていえば筒香が抜けた穴だが、佐野で埋まるとは言わないが、気にならない程度にはなると思う。

    kayama-1




    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/40b16b97ca7ad91ed3fce819356e035b1e45c679

    CXTVZM_UwAQ1Kgd

     【キヨシスタイル】新たな感染者が出続けている現状で延期はやむを得ないね。いつ開幕できるか見えないのがつらいけど、嘆いてばかりはいられない。

     プロ野球で最優先されるべき行事は何と言っても日本シリーズ。12球団の頂点を決める最高の舞台をどのようにして整えるか。

     今年は東京五輪期間中の中止期間(7月21日~8月13日)があり、日本シリーズは例年より遅く11月7日から予定されている。

     タイトなスケジュールの中で公式戦開幕が遅れれば、当然何かを犠牲にしなきゃいけない。私は一番に削除していいのはクライマックスシリーズ(CS)だと思う。

     2007年に導入されたCS制度。各リーグ3位まで日本一の可能性がある。消化試合が激減するという営業的なうまみも捨てがたいけど、ここを削れば2週間レギュラーシーズンに回せる。

     延期が長引いたら、CS期間だけじゃ補えなくなる。次に手を付けるのは5月26日~6月14日の交流戦期間だね。今年に限って交流戦は中止。代わりにリーグ内の対戦を25試合から1つ増やして26試合ずつにする。

     年間試合数は143から130に減るけど、53~62、66~96年に実施された試合数で、そのど真ん中にいた私たちにはしっくりくる。リーグ戦を130試合戦い、1位同士で日本一を争う。以前の形に戻すわけだ。

     もし仮に開幕が5月以降にずれ込んでも、日本シリーズの権威を保つために最低130試合は確保したい。逆算して130試合をぎりぎり確保できる時期にまず無観客で開幕するか、シリーズの時期をずらすか。

     現在のオープン戦。打球音や選手の肉声が聞こえて、テレビで楽しませてもらってる。シリーズが12月にかかれば、ポストシーズンの問題が出るかもしれないけど、プロ野球の危機だよ。選手会は柔軟に考えてもらいたい。

     CSも交流戦もスポンサーがついている。簡単にやめられないのは分かっている。でも、ここは「損して得とれ」じゃないかな。無観客でもファンはテレビで見たいと思ってる。目に見えない敵と戦う国難の時。みんなで知恵を出し合って、野球の力でぶつかっていこうじゃないの。(スポニチ本紙評論家・中畑 清)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200310-00000111-spnannex-base

     【江尻良文の快説・怪説】

     3月2日、都内ホテルにセ・リーグ6球団監督が集結する。「セントラル・リーグ公式戦」のタイトルパートナーとして、株式会社JERAが特別協賛社となり、名称が「JERAセントラル・リーグ公式戦」と変わることの記者会見だ。が、一堂に会する6監督の“舌戦”も興味深い。

     「キャンプは監督にとって夢を見られる至福の時だ。誰もがバラ色の青写真を描き、“優勝”を口にしても許される。ところが、結果の出るオープン戦からはそうはいかない。一喜一憂の毎日が続く」

     昔からプロ野球界ではこう言い伝えられている。そう、夢から覚め、いよいよ本番を前にしたオープン戦たけなわの時期に入る。それだけに、ペナントレースの前哨戦として6球団監督の“舌戦”が注目されるのだ。

     リーグ連覇はもちろん、8年ぶりの日本一奪回を目指す巨人・原監督。その原巨人からV奪回、悲願の36年ぶり日本一を高らかに宣言している広島・佐々岡新監督。

     この2強を率いる両監督だけでなく、他の4監督もそれぞれお家の事情を抱えたノルマがある。昨季、最終的に2位になったとはいえ、今季は就任してもう5年目。22年ぶりの優勝を求められ、進退のかかっているDeNA・ラミレス監督。次期監督候補として三浦新2軍監督が控えているだけに背水の陣だ。

     土壇場で3位に滑り込んだ阪神・矢野監督も、2年目の今季、15年ぶりのV奪回を球団側から要求され、自らも公約している。

     同じく就任2年目の中日・与田監督にしても、チームの7年連続Bクラスを阻止できず、今季はカド番。Aクラス入りがノルマになる。昨季、最下位を独走、退任した小川前監督からバトンタッチされたヤクルト・高津新監督も同様の立場に置かれている。

     3位までに入り、クライマックスシリーズ出場が来季続投のお墨付きになるだろう。逆に就任1年目の今季、最下位を脱出できなければ、来季はいきなり監督生命のかかった勝負の年になる。

     それぞれお家の事情でサバイバルマッチを繰り広げる「JERAセントラル・リーグ公式戦2020」の前哨戦。6球団監督の“舌戦”合戦。見てのお楽しみだ。(江尻良文)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200225-00000014-ykf-spo

     元TBSアナウンサーでタレントの田中みな実(33)が28日に放送されたTBS系「ジョブチューン ~アノ職業のヒミツぶっちゃけます!」(土曜・後7時)に出演し、推定年俸1億円を超えるプロ野球選手2人から告白された。



     番組アシスタント役のみな実に“求愛”したのは、埼玉西武ライオンズ・金子侑司外野手(29)と横浜DeNAベイスターズ・山崎康晃投手(27)。金子は契約更改で推定年俸1億2000万円、山崎は推定3億5000万円でサインした、球界を代表する選手だ。

     みな実を前にすると、2人ともグラウンド上とは違い表情は緩みっぱなし。山崎は「去年、みな実さんが表紙の『anan 美乳塾』を買いました。今年の初写真集も予約済みです」とファンぶりをアピールした。

     2人からの告白に、みな実は「結婚願望はありますか?」と逆質問。2人とも「あります」とアピール。さらにみな実が「浮気しない?」と色っぽく尋ねると山崎は「僕はしません」と即答。金子も「…。しません」と答えていた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191228-12280167-sph-ent

     セ、パ両リーグのベストナインが25日に発表された。今オフの米大リーグ挑戦を表明した選手の評価は、投票した国内のプロ野球担当記者とメジャー側の間でどう分かれたか。

     巨人で初めてポスティングシステムによる移籍が認められた、山口俊投手(32)はセ投手部門で274票。2位タイのDeNA・今永、中日・大野雄の10票に大差をつけ、14年目で初選出された。ただ、米国での評判は芳しくない。

     米CBSスポーツは「インパクトのある先発投手とはいえない。本人は優勝争いのできるチームで先発したいと願っているようだが、先発機会が十分に与えられそうなのは、再建途上のチームだろう」と辛口だ。

     「メジャー挑戦を表明したばかりで、MLBにはまだ山口に関する噂はない」とした上で、「先発投手を2人以上必要とするエンゼルス」や「日本人選手となじみの深いマリナーズ」を含む6球団を候補に挙げた。

     別のサイトは「先発としては90マイル台前半だが、救援なら90マイル台半ばが出るため、むしろ救援向き。エース級の投手を必要としているブレーブスのようなチームは、“NO”というのが偽らざるところだ」という。

     西武・秋山翔吾外野手(31)はパ外野手部門で“トップ当選”。3年連続4度目の栄誉を手土産に、海外FA権を行使し雄飛を目指す。米経済誌「フォーブス」が予想する移籍先はカブスだ。今季プレーオフ進出を逃しマドン監督が退任したが、出塁率が高く中堅を守れるリードオフマンが不在。「秋山がチームの切り込み隊長としてうってつけ」とした。

     DeNA・筒香嘉智外野手(27)はセ外野手部門でわずか19票。7番手に終わり、2年連続で受賞を逃した。球団にポスティング移籍を容認されたが、メジャーの筒香評は決して高くない。

     「三振かホームランかというタイプ。現状ではすべての資質を兼ね備えた選手ではないが、メジャー球団はどこもパワーのある外野手を必要としており、出塁率を高めれば次のステップを踏めるかもしれない」

     同じくポスティング移籍を申請する広島・菊池涼介内野手(29)は、セ二塁手部門で17票しか集まらず3位止まり。選出されたヤクルト・山田は250票でダントツだったが、外野部門でも172票を集めて受賞したDeNA・ソトの20票にも及ばなかった。

     今年でゴールデングラブ賞は7年連続7回目。守備の名声は揺るぎないが、MLB公式サイトも「目を見張る守備」を絶賛する一方で、打での貢献は「期待薄」とバッサリ。今季メジャーのFA選手には優秀な二塁手がめじろ押しで、菊池には狭き門となっている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191126-00000018-ykf-spo

     【江尻良文の快説・怪説】

     今オフに監督が交代したのは、パ・リーグが楽天1球団、セ・リーグも広島、ヤクルトの2球団。12球団中3球団だけなのに、コーチ陣には大量入れ替えの旋風が吹き荒れた。監督交代でコーチ陣も大刷新というのならわかるが…なぜ異常事態は起こったのか。

     5年ぶりのリーグ優勝をしながら7年ぶりの日本一奪回に失敗した巨人は内田巡回打撃コーチ、小谷巡回投手コーチという熟練のコーチをはじめ7人を退任させた。

     同時に実松2軍バッテリーコーチ、二岡3軍総合コーチ、山口3軍投手コーチなど若返り人事を断行。阿部を2軍監督に据えた人事とリンクし、2年後のポスト原体制もにらんでいるのだろう。

     ラミレス監督が続投したDeNAも同じ狙いが見え隠れ。今季1軍投手担当だった三浦コーチを2軍監督に配転している。同時に万永2軍監督を2軍総合コーチに。近い将来の監督候補生に帝王学をマスターさせる思惑だろう。

     今オフのコーチ陣入れ替え人事は巨人、DeNAのケースだけでは片付けられない。中日2軍監督に仁村徹氏が復帰したり、その中日2軍監督の座を追われた格好の小笠原が古巣の日本ハムに戻り1軍ヘッド兼打撃コーチに就任したりしているからだ。

     背景には球界の深刻なセカンドキャリア問題がある。球界OBが生々しく証言する。

     「昔はユニホームを脱いだら、ネット裏で新鮮な充電生活を送れたが、今はテレビの地上波でのプロ野球中継は激減。年間契約ではなく、1本いくらの厳しい評論家生活で、満足に食えない危機的状況だ。だから、一度ユニホームを着たら絶対に脱ぐな! 現場を離れるな! がわれわれの合言葉になっている」

     いろいろな球団を渡り歩いてでも現場でコーチを続けるのがベストなセカンドキャリア。それが紛れもない現実だ。日本プロ野球界が抱える、シビアなお家の事情である。(江尻良文)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191107-00000004-ykf-spo

     現在放送中の『ザ・フォーカス フライデースペシャル』に出演するショウアップナイター解説者の江本孟紀氏が、日本シリーズで敗戦した巨人について言及した。

     巨人は14年以来となるリーグ優勝を果たしたが、日本シリーズは優勝した西武をクライマックス・シリーズで下し、2位から出場したソフトバンクに1勝も挙げることができず敗れた。

     江本氏は「セとパの力。交流戦も含めて、日本シリーズも一方的にやられているのは力の差が出たと思います」と分析した。

     また、巨人が日本シリーズを敗れた原因のひとつに、セの5球団も関係していたという。「日本シリーズで巨人が負けたのもあとの5球団が、だらしないからなんですよ。競り合っていないんですよ。西武の貯金が18、ソフトバンクの貯金が14で、貯金の差が4つしかない。巨人の場合は貯金が13あったが、2位・DeNAは2つ、3位・阪神は貯金1つ。こんな弱いチームと試合をしたってチーム力はあがりませんよ。巨人が負けたのは、ベイスターズと阪神のせいです」と話していた。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191025-00207215-baseballk-base

    このページのトップヘ