広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    横浜DeNAベイスターズ

     球宴を挟み、いわゆる後半戦がスタートしたのがちょうど1カ月前の7月17日。勝負の8月戦線を迎え、各リーグの順位表にも徐々に変化が表れてきた。

    【セ・リーグ後半戦順位】
    1位 広 島  26試=15勝9敗2分(.625) 
    2位 DeNA   23試=12勝9敗2分(.571)
    3位 巨 人  24試=13勝10敗1分(.565)
    4位 阪 神  26試=13勝12敗1分(.520)
    5位 中 日  24試=9勝13敗2分(.409)
    6位 ヤクルト 25試=8勝17敗0分(.320)

     セ・リーグでは、圧巻の強さで首位ターンを決めた広島の強さは衰え知らず。ついに優勝へのマジックナンバーが点灯し、V2へ向けて突き進んでいる。

     広島から10.5ゲーム差の2位につける阪神は、後半戦は貯金1つもリーグ内の順位でいうと4位。追いかけるDeNAと巨人の方が勢いがある。

     現在のところ、2位の阪神から4位・巨人までの差は5.5ゲーム。広島の優勝がいつ決まるのかと、阪神・DeNA・巨人による2つのイスを賭けたCS争いが大きな見どころとなる。


    【パ・リーグ後半戦順位】
    1位 西  武   26試=19勝7敗0分(.731)
    2位 ソフトバンク 25試=18勝7敗0分(.720)
    3位 楽  天   24試=13勝11敗0分(.542)
    4位 ロッテ    22試=8勝14敗0分(.364)
    5位 オリックス  24試=8勝16敗0分(.333)
    6位 日本ハム   21試=5勝16敗0分(.238)

     一方のパ・リーグは、首位ターンを決めた楽天を引きずり降ろしてソフトバンクが首位に浮上した。後半戦も7割を超える勝率をマークするなど、その勢いは留まるところをしらない。

     しかし、そのソフトバンクよりも凄まじい勢いで突き進んでいるのが3位の西武だ。

     前半戦終了時は楽天とソフトバンクの“2強”による争いの色が濃かったが、後半戦に入って期間限定の赤を基調とした“炎獅子ユニフォーム”を身にまとったチームは豹変。7月21日から8月4日にかけて13連勝を挙げるなど、驚異の猛追で上位2チームに割って入ろうとしている。

     3位の西武から4位・オリックスまでは16ゲーム離れているため、CS進出は上位3チームでほぼ当確か。あとはその順番。ホーム開催権もかかってくるだけに、この上位争いから目が離せない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170817-00128281-baseballk-base

     広島は31日、マツダスタジアムで投手指名練習を行った。野村、大瀬良、九里、岡田、高橋樹らが参加した。

     1日の阪神戦(マツダ)に先発する野村はキャッチボールやポール間走などで調整。「いつもと変わらずにやるべきことをやる。1戦1戦を大事にしていくだけ」と平常心を強調した。

     4日のDeNA戦(横浜)で2年目の高橋樹がプロ初先発する予定。「(1軍で)中継ぎとして7試合投げていますが、初めて先発することができてすごくうれしい。緩急とコントロールで勝負していきたい」と気持ちを高ぶらせた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170731-00000063-dal-base

     ◇セ・リーグ 広島5―1DeNA(2017年7月10日 マツダ)

     広島は1点を追う7回に代打・バティスタの2ランで逆転勝ち。1分けを挟んで4連勝飾り、試合のなかった2位・阪神とのゲーム差を9に広げた。

     7回1死から会沢が二塁打で出塁すると、好投の野村に代えて代打・バティスタが登場。1ボールから今永のスライダ―を捉え、左越えに7号2ランを放ち、試合をひっくり返した。8回にも松山と安部の適時打で3点を追加してダメ押しした。

     野村は7回を5安打1失点で5勝目(3敗)。チームは今季29度目の逆転勝利で2位・阪神に9ゲーム差をつけた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170710-00000161-spnannex-base

     昨季まで2シーズンNPBでプレーしたマイク・ザガースキー投手がタイガースからリリースされた。米最大の移籍情報サイト「トレード・ルーモア」が伝えている。

     34歳の左腕は2015年に広島に加入し、2016年にDeNAでプレー。NPB通算51登板で3勝1敗、9ホールド、防御率4.15の成績を収めた。今季はタイガースとマイナー契約を結んだが、今月、タイガースからリリースとなったという。

     ツイッターで一報を伝えた米スポーツライターのトム・レイセンウィーバー氏は「(この決定に関して)どのような考えなのか分からない。彼はすごい選手で、クラブハウスでの存在感も大きかった」と伝えている。

     今季は2Aで12登板で2勝2敗、防御率2.16、3Aで13登板で0勝2敗、防御率5.06、通算で25登板で2勝4敗、防御率3.29だった。


    引用元 https://full-count.jp/2017/06/25/post73638/

     「DeNA11-8広島」(28日、横浜スタジアム)

     広島・今井が、5点ビハインドの七回から登板し、2イニングをピシャリ。2三振を奪うなど、1安打無失点と好投した。

     12年目の右腕は「抑えないと(1軍に)残っていけないので、その気持ちだけでした。コントロールもできていた。相手の反応を見ても打ち損じていたし、三振も取れたのは収穫です」と振り返った。

     昨季は1軍登板なしに終わったが、今季はこれで2試合連続無失点。敗戦の中、キラリと光った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170628-00000122-dal-base

     「セイバーメトリクスで占う鳥越規央の傾向と対策」

     交流戦を10勝8敗と勝ち越した阪神。交流戦中も打率・251、OPS・688と堅調を維持し、代打成功率・345と采配の妙も見せてくれました。


     23日から再開したリーグ戦は初っぱなから首位広島との直接対決でしたが、先発投手陣が打ち崩されて2連敗。交流戦での貯金を吐き出す結果となりました。ただ、これまでの対戦成績を見ますと広島に6勝5敗と勝ち越しています。実は阪神はセ・リーグのどのチームにも負け越していないのです。広島は阪神のほかDeNAにも負け越し。広島の貯金8の原資は巨人の体たらくぶり(1勝10敗)にあります。

     セ・リーグとの対戦成績を見てみますと、DeNA、中日、巨人に対しては「打ててはいないけど投手陣がしっかり抑えている」、広島、ヤクルトに対しては「先発投手陣が打ち込まれても、打ち勝って試合をとる」というイメージになるでしょう。それはQS率の値から如実に分かります。特に広島戦でのQS率はたったの9・1%。4月14日のメッセンジャー(7回自責点1)しか達成していないのです。それでも6勝しているのは、阪神打線が広島救援陣を打ち崩し、リーグ随一の阪神救援陣が広島打線の反撃を抑えていることにあります。

     今後の日程を確認しますと、広島との対戦は全て平日となります。となれば、オールスター以降のローテーション再編成の際には平日に力を入れたローテを組む必要があるでしょう。そこで今季の対広島のFIPで見ると、結果を残しているのはメッセンジャーと能見ということになります。四球が少なく、しっかり三振が取れていることが分かります。さらに現在、2軍調整中の藤浪も2016年の実績では対広島1勝4敗ながらQS率はなんと85・7%。実はしっかりと先発投手としての役割を果たしているのです。

     何度もこのコラムで申し上げていますが、FIPと防御率の乖離(かいり)は守備力によるものと考えられます。平日ローテはこの3人で固め、野手陣の打撃や守備でのバックアップで先発投手陣をフォローし、追撃態勢を整えていきましょう。

      ◇  ◇

     ※OPS 出塁率と長打率を足し合わせた指標。0・8を超えると主軸級、0・9を超えるとオールスター級、1を超えると球界を代表する一流打者と評価される。

     ※FIP 「被本塁打」「与四球」「奪三振」だけで算出される、守備力によらない投手の力を示す指標。

     ※QS 先発投手が6回以上投げて自責点3以内に抑えると記録される。全先発登板におけるQSの割合をQS率という。

      ◇  ◇

     鳥越規央(とりごえ・のりお) 統計学者。大分県中津市出身、1969年生まれ。野球統計学(セイバーメトリクス)を駆使した著書は『本当は強い阪神タイガース』(筑摩書房)『スポーツを10倍楽しむ統計学』(化学同人)など多数。所属学会はアメリカ野球学会、日本統計学会など。JAPAN MENSA会員。江戸川大学客員教授。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170627-00000040-dal-base

     セ・リーグ首位の広島は27日、敵地でDeNAに4-3で逆転勝ちした。1点を追う7回に代打・新井が逆転タイムリー。先発・野村は6回6安打3失点の粘投で4勝目(2敗)を挙げた。2位阪神が敗れたため、ゲーム差は「6」に広がった。

     まずは初回、DeNAロペスが野村から先制弾。先制に成功するも、広島は2回にDeNA先発・濱口から田中が押し出し四球を選んで同点。さらに、3回は安部が勝ち越しタイムリーを放った。

     しかし、DeNAはその裏にロペスがセカンドへタイムリー内野安打。同点に追いつくと、6回には筒香のソロ本塁打で勝ち越した。

     3連勝中のルーキー濱口は6回7安打7四球ながら2失点の粘投で降板。7回はパットンがマウンドに上がったが、広島は2死二、三塁のチャンスを作る。ここで代打・新井が逆転タイムリーツーベース。広島が試合をひっくり返した。新井はこれで3501塁打として、史上28人目の3500塁打を達成。「打撃の神様」川上哲治氏(3500塁打)を超え、歴代27位に浮上した。

     広島は7回を中田、8回を中崎、9回は今村とつないで1点のリードを死守。3連勝を飾り、貯金19とした。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170627-00010023-fullcount-base

     広島の岡田明丈投手が26日、マツダスタジアムで行われた投手指名練習に参加。28日のDeNA戦の先発に向け調整した。

     15日・オリックス戦登板の翌日に出場選手登録を抹消されたことで、走り込みの量を増やしトレーニングの強度も上げた練習を実施。さらにフォームのバランス調整にも着手するなど、抹消期間を利用して自分を見つめ直してきた。

     今季は開幕から先発ローテを守り続け、勝ち星を積み重ねる。巨人・菅野、阪神・メッセンジャーとともにリーグトップの7勝だ。最多勝争いに参戦中だが「勝てているのは、野手のみなさんが打ってくれているおかげなので…。実感はないです。これまで通り投げたい」と話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170626-00000047-dal-base

     リーグ連覇を狙う広島東洋カープが独走態勢に入った。6月23~25日に行われた2位・阪神との3連戦で、雨天中止を挟んで2連勝。ゲーム差を今季最大の「5」にまで広げた。四回裏途中で降雨ノーゲームになった24日の試合も行われていれば広島の勝利となった可能性が高く、実質的には3連勝だったと言っていい。攻守に金本阪神を圧倒した緒方広島のいい面ばかりが目立った「首位攻防戦」と今後の展望について、カープOBで野球評論家の横山竜士氏に聞いた。

     -今回の3連戦(雨天中止を含む)を振り返って。

     「まず初戦(23日)に先発したジョンソンですが、交流戦最後の楽天戦が5回5失点だったので、やや不安視していました。でも速球の球威は戻っていたし、生命線の変化球も使えるレベルに達してましたね。不運な内野安打が出てもイライラせず、冷静に投げていたのも前回と違う点です。それによくバックが守りましたよ」

     -菊池が何度か好守でジョンソンを救った。しかも満塁弾を含む4安打と大暴れ。25日の試合でも価値ある一発と存在感を見せつけた。

     「そうですね。彼が復活してきたのは本当に大きい。初戦の4安打はバント安打あり、逆方向への巧打あり、そして一発ありと縦横無尽の感がありました。5月に甲子園で3連敗した時は菊池が体調不良で不在でしたからね。ただ、首脳陣は適度な休養を与えながら起用することが大事でしょう」

     -これで貯金が最多の「18」でゲーム差も最大の「5」。独走態勢に入ってたとみていいか。

     「そう言っても差し支えないと思います。故障者が続出しない限り、致命的な大連敗はしないでしょう。今の戦い方を続けていけばいい。ただし油断は禁物です」

     -2位・阪神がもしこのまま落ちていけば、広島を脅かすチームがいなくなるが…。

     「3位のDeNAは若い投手が多く、一度火が付いたらグイッとくる可能性はありますね。対戦成績も4勝5敗と負け越していますし…。でも、やっぱり怖いのは金本阪神です。今回の2試合も安打が出ていないわけじゃない。紙一重なんですよ。後ろの投手もしっかりしていますから、投打がかみ合えばもう一回接近してきますよ。絶対に気は抜けません」

     昨年のリーグ戦再開1カード終了時の成績は、44勝29敗2分で2位・巨人に9差をつける独走だった。今年はそれを上回る43勝25敗1分の成績でも、2位・阪神には5差しかつけられていない。独走態勢に入ったと言っても、まだ入り口にすぎないことを肝に銘じて戦うべし。もちろん、5月初旬の甲子園で9点差を逆転されるという歴史的敗戦を味わったカープナインは百も承知のはずだ。(デイリースポーツ・中村正直)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170626-00000070-dal-base&pos=2

    このページのトップヘ