広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    横浜DeNAベイスターズ

    セ界左腕対決を制すぞ。広島床田寛樹投手(24)が10日のDeNA戦(マツダスタジアム)に先発する。セ・リーグ投手成績でトップ争いをする左腕今永と2年ぶりの対決。防御率0点台の安定感を誇る相手に投げ勝ち、チームに開幕戦以来の貯金をもたらしたい。



        ◇    ◇    ◇

    開幕からローテーションを守り続ける床田が珍しく、対戦打者ではなく、対戦投手の今永の名前を挙げた。「左(投手)で今、一番いい投手。勝てれば自信になると思う。何とかくらいついていきたい」。DeNA今永は今季先発6試合で計46回を投げ、本塁打による5失点しか許していない。防御率0・98はリーグトップトップで、唯一の0点台。抜群の安定感で、広島も4月12日の対戦でわずか1安打0封負けを喫した。ロースコアの勝負となることが予想されるだけに「2点取られたら負け」と表情を引き締めた。

    安定感では床田も負けてはいない。防御率では1・55の2位で追い、奪三振も今永のリーグ3位46個に対し、床田も同5位の38個と迫る。勝ち星では床田が4勝で、3勝の今永をリードする。同じ左腕で投手成績で競い合う1学年上の左腕に、自然と対抗心が沸く。

    中部学院大時代時代の14年秋、明治神宮大会の準々決勝で駒大の今永と対戦しているが、プロでは“あの日”以来、2度目の対戦となる。左ひじ痛を発症した一昨年4月19日。すでに今季、マツダスタジアムで4度先発し、DeNAとも対戦しているが、当時1安打完封を許した左腕に投げ勝てば、苦い記憶も払拭(ふっしょく)できるに違いない。

    開幕時はカード2戦目の先発だったが、4月27日ヤクルト戦からカード初戦を任されるようになった。おのずと各球団主戦投手との対戦が増した。気負いはないが、責任は感じる。「エース級のいい投手からはあまり点を取れない。1戦目を取れれば後ろが楽になる。何とかチームが勝てるように試合をつくれればと思う」。今季先発した6試合でチームは5勝1敗。チームを勝利に導く投球を続ける。12連戦明けの初戦。開幕戦以来の貯金をもたらすため、好投手にも真っ向から挑んでいく。【前原淳】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190509-05090680-nksports-base

     ○広島7―4DeNA●(21日・マツダスタジアム)

     上昇気流に乗った赤ヘル打線は、相手の付け焼き刃の戦術をものともしなかった。救援投手が先発して短いイニングを抑えて継投する「オープナー」戦術を粉砕した。

     救援で最速161キロを記録したDeNA先発右腕・国吉に対し、一回に先頭の田中広が「飛ばしてくると思っていた」と初球の直球を狙い打って中前に運び、猛攻の口火を切った。野間の二塁打などで1死二、三塁から4番・鈴木が左前に落とす先制適時打。さらに1死満塁でバティスタが右前適時打で続くなど、広島は5長短打などでこの回に4点を奪った。

     バティスタは二回に中前2点適時打、七回にも今季1号の左越えソロと3安打4打点の大活躍。昨季25本塁打を放ちながら、今季は前日まで打率1割台で本塁打なしと苦しんでいたが、この日は「スイングの始動を早くした」ことが奏功。加えて「暖かいと動きやすい」といい、温暖な母国・ドミニカ共和国には及ばないが、最高気温が26.7度まで上昇したこの日の広島市の気候も幸いしたようだ。同郷の通訳、クレートさんが今月末から妻の出産準備で長期帰国するため、カリブの強打者は「その前に打ててよかった」と笑う。

     チームは4連勝で単独5位に浮上。リーグ3連覇中の王者がいよいよ地力を発揮し始めた。【田中将隆】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190421-00000049-mai-base

    ■広島 2-1 DeNA(19日・マツダスタジアム)

     19日、マツダスタジアムで行われた広島対DeNA戦。延長戦にもつれ込む接戦は延長10回、1死満塁で會澤がサヨナラ適時打を放ち、広島が劇的なサヨナラ勝ちを収めた。



     この試合で、決着の時にマウンドにいたのが、DeNAのスペンサー・パットン投手だ。8回途中から登板し、2度回を跨ぎ、3イニング目に3つの四球(1つは申告敬遠)で満塁とされ、會澤にサヨナラ打を浴びた。

     悔しい敗戦投手となったパットンだが、試合後に自身のツイッターを更新。無死一塁から鈴木誠也に四球を与えた1球を振り返り「こういった判定は、試合結果にあまりにも頻繁に影響する。審判はより良くあるべきだ! 説明責任がないならば、ただリーグに害を及ぼすだけだ」と不満を示した。

     この回、先頭のバティスタに四球を与えたパットン。続く鈴木は2球で追い込んだあと、3つボールが続きフルカウントとなった。運命の6球目。内角低めいっぱいに投じられたが、球審の判定はボール。連続四球となると、パットンは両手を広げて球審に抗議した。

     ピンチが拡大すると、磯村に犠打を決められて二、三塁に。西川を申告敬遠で歩かせて満塁策をとったが、最後は會澤に痛打を浴びた。際どい判定が勝敗を分けるキッカケとなり、パットンは「彼らはなぜ選手たちがエレクトロニック・ストライクゾーンを求めているのか疑問に思っている」と記し、電子ストライクゾーンの導入を提言していた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190420-00350610-fullcount-base

     シーズンの開幕にあたっては各球団がそれぞれに入念な準備をして臨むが、現有戦力の底上げだけでは劇的なチーム強化は困難だ。一気にチーム力を左右する可能性が大きいのは、やはり新外国人選手の力となる。

     プロ野球は開幕から5カードを終え、各球団の対戦が一巡したところ。ここで一度、今季から加わった新外国人のここまでの一軍成績を振り返ってみたい。まずはセ・リーグから見ていく。

    【セ・リーグ新外国人一軍成績】
    ▼ 広島
    ・レグナルト 8試合(10回)
    0勝0敗0H0S 9奪三振 防御率0.00


    ▼ ヤクルト
    ・マクガフ 8試合(9回1/3)
    2勝0敗2H0S 10奪三振 防御率0.96


    ▼ 巨人
    ・クック 4試合(4回)
    0勝0敗0H4S 3奪三振 防御率0.00

    ・ビヤヌエバ 12試合 
    打率.324 3本塁打、4打点 0盗塁 出塁率.375


    ▼ 中日
    ・ロメロ 2試合(12回
    2勝0敗0H0S 9奪三振 防御率1.50


    ▼ 阪神
    ・ジョンソン 5試合(5回)
    0勝0敗4H0S 6奪三振 防御率0.00

    ・ガルシア 2試合(8回)
    0勝1敗0H0S 7奪三振 防御率14.63


     これまでに一軍出場を果たしたセ・リーグの新外国人7人のうち、ビヤヌエバ(巨人)を除く6人が投手。しかも、そのほとんどがここまでは素晴らしい投球を見せている。

     そのなかでも注目したいのは、マクガフ(ヤクルト)。強力な打線に対して投手陣に課題があるとされてきたチームにあって、中継ぎ陣の一角として早くも8試合に登板。投球回を上回る三振を奪うなど安定した登板を続けており、チームの首位躍進に貢献している。

     ほとんどの新外国人投手が期待通りの活躍をしているなか、チームとファンの期待を裏切ってしまったのがガルシア(阪神)か。ここまで2試合はともに早い回に大量失点し、防御率は14.63。昨季、中日で13勝を挙げた本来の力を次回登板以降に発揮してほしいというのが、虎ファンの切実なる願いだろう。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190415-00185628-baseballk-base

     元阪神で野球評論家の赤星憲広氏(42)が16日放送の日テレ系「Going! Sports&News」(土曜・後11時55分)に出演し、プロ野球セ・リーグの今季の順位予想を披露した。


     赤星氏は4連覇を狙う広島を1位に予想。「このチームは誰かが抜けたら必ず誰かが出てくる。丸選手の穴を埋めるために出てくるのは4年目の西川選手だと思う」と期待した。

     2位には巨人を挙げ「投手陣の不安はすごくある。セ・リーグで唯一、クローザーが確定していない。新外国人のクックがハマるかハマらないかで変わってくる」とし、打線のキーマンに吉川尚を挙げ「しっかりつなぐことが出来れば4番は岡本選手で固定できたので心配はないかなと思う」と話した。

     古巣の阪神については「投手力はセ・リーグの中でもトップクラスだとは思うんですけど、正直、守備力を含め、ちょっとどうなのかなと。キーマンは大山選手」と若き主砲候補に期待を寄せた。

     赤星氏のセ・リーグ順位予想は以下の通り。

     1位・広島、2位・巨人、3位・ヤクルト、4位・阪神、5位・DeNA、6位・中日。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190317-00000114-sph-base

    <オープン戦:DeNA4-4広島>◇24日◇アトムホームスタジアム宜野湾

    広島ドラフト1位小園海斗内野手(18=報徳学園)が9回、山崎康から対外試合初安打を記録した。


    9回無死一塁で1ストライクから2球続いた外角ツーシームをたたいて、フラフラと上がった打球を左翼線に落とした。

    勝ち越しにつなげる一打が対外試合9打席目での初安打となり「1本出たのでうれしいです。絶対打ってやろうという気持ちで打席に入りました」と笑顔で振り返った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190224-02240688-nksports-base

     2019年の幕開け早々、驚きのニュースが飛び込んだ。広島から巨人にフリーエージェント(FA)移籍した丸佳浩外野手の人的補償として、長野久義外野手が広島移籍することが発表された。この移籍、ペナントを争う敵将はどう見たか。


     DeNA・ラミレス監督はまず「長野にとっては非常に良かった。丸が加わることで出場機会が減るところだったから」と思いやった。ラミレス監督にとっては10、11年と巨人で同じユニホームを着て戦った仲間。「非常にいい選手でプロフェッショナルな選手」と力をよく知るからこそ「広島は丸がいなくなっても手強いが、長野が入ってさらにいいチームになる。今年もやるのでは、と思い直した人が多いと思う」と警戒心を強めた。

     また昨季2位だったヤクルト・小川監督も「広島は“丸が抜けた穴”という表現は適切ではなくなる。長野のポテンシャルの高さは誰もが認めるところ」と言った。昨季は自身最少の116試合出場にとどまったが、首位打者と最多安打のタイトルを獲得したこともある実力者。「環境が変わることがプラスになり、成績が上がることは十分考えられる」と大爆発する可能性にも触れた。常々、「チームとしての強さを持つ、大人のチーム」と表現するリーグ3連覇中のライバル球団に経験豊富な34歳が加わり、こちらも最大級の警戒心を抱いている。

     まもなく球春到来。「打倒・広島」を掲げるセ・リーグの各球団は、どのように立ち向かっていくのだろうか。(記者コラム・町田 利衣)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190113-00000067-spnannex-base

     ソフトバンクが2年連続の日本一に輝き、幕を閉じた2018年のプロ野球。各球団の秋季キャンプも終わり、球界はすっかりシーズンオフとなった。各球団が来季に向けた戦力編成を進め、入退団の情報や噂が球界を飛び交っている。



     各球団の助っ人についても、徐々に動きが出始めている。セ・リーグ王者の広島ではエルドレッド、ジャクソン、カンポス、巨人ではカミネロ、マギーの退団が決定。パ・リーグでも、日本ハムのアルシア、ロッテのオルモス、シェッパーズ、ドミンゲス、楽天のアマダー、ペゲーロ、ディクソンらが、来季は新天地に戦いの場を求める。その一方で、広島はカイル・レグナルト投手、巨人はクリスチャン・ビヤエヌバ内野手、ロッテはケニス・バルガス内野手らなど、新助っ人の入団が続々を発表されている。

     今季もNPBでは期待以上の活躍をした助っ人、期待には添えなかった助っ人と、様々だった。彼らの成績が直接成績に反映されたチームもあれば、影響が少なかったチームもあるが、ここでは当初の期待、そして年俸によるコストパフォーマンスを考慮した上で、今季のセパ両リーグのベスト助っ人、ワースト助っ人を独自に選定してみたい。(金額は全て推定)

    【セ・リーグ】
    ○ベスト
    DeNA ネフタリ・ソト(3500万円)
    107試合416打数129安打41本塁打95打点 打率.310

    ○ワースト
    阪神 ウィリン・ロサリオ(3億4000万円)
    75試合281打数68安打8本塁打40打点 打率.242

     セ・リーグは今季、助っ人選手の活躍が目立った。その中でも働きが際立ったのは、リーグ3連覇を果たした広島のヘロニモ・フランスア投手、中日のオネルキ・ガルシア投手、ダヤン・ビシエド内野手、そしてDeNAのネフタリ・ソト内野手だろう。

     フランスアはわずか年俸880万円だったにも関わらず、シーズン途中からセットアッパーとして不可欠な存在に。47試合で防御率1.66と圧巻の成績を残し、広島の3連覇に大きく貢献した。中日のガルシアは今季チームトップの13勝をマークし、ビシエドは首位打者に輝いた。DeNAのソトはシーズン序盤を2軍で過ごしたにもかかわらず、41本塁打を放って初タイトルを獲得した。この4選手の貢献度は甲乙つけがたいが、年俸4000万円、107試合で41本塁打を放ったソトをベスト助っ人に推したい。

     一方、年俸1億円以上の高額契約ながら活躍できなかった選手もいた。阪神では年俸3億4000万円と鳴り物入りで入団したウィリン・ロサリオ内野手がわずか8本塁打に終わり、同1億9000万円のマルコス・マテオ投手も不振。中日のディロン・ジー投手は血行障害のため、開幕後すぐに離脱した。巨人ではアルキメデス・カミネロ投手(同2億2000万円)が故障などで奮わず、中日から移籍したアレックス・ゲレーロ外野手(同4億円)は15本塁打に終わった。

     この中でセ・リーグのワースト助っ人は、やはり最下位に終わった阪神のロサリオだろうか。年俸3億4000万円という期待の大きさに対して、75試合で打率.242、8本塁打、40打点は、あまりにも物足りない数字だった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181204-00260142-fullcount-base

     カープ時代はサイドハンドから繰り出すキレのある球を武器に先発、中継ぎ、ストッパーと幅広く活躍した小山田保裕さん(42)。現在はDeNAの球団職員として野球の普及活動を行ったり、ファンイベントの企画、運営に携わるなど、多忙な日々を送っている。

     横浜スタジアムのすぐそばにある球団事務所で待ち合わせ。スーツ姿で現れた小山田さんは「今は社会人としてどっぷりやっています。引退して8年もたちますから、自分がプロ野球選手だったことも忘れてますね。周りから言われて“あっ、そうだった”と思い出すぐらいです」と柔和な笑顔を見せた。

     城西大を経て、98年度ドラフト5位でカープに入団。今季限りで引退した新井とは同期だった。1年目から1軍で活躍した小山田さんが、最も輝きを放ったのが4年目の02年。開幕からストッパーに指名され、直球でグイグイ押し込む強気の投球で44試合に登板、球団史上初の30セーブを挙げた。

     当時を懐かしそうに振り返る。「マウンドでは強気に振る舞っていましたけど、リリーフカーに乗る前は必ず嘔吐(えず)いてました。佐々岡さんや黒田さんら先発の人たちの勝ち星を消すわけにはいきませんから、プレッシャーは相当なものでした」。シーズン終盤は疲れも蓄積し、なかなか3人でピシャリと抑えることができなかった。「ファンの人たちにもヒヤヒヤさせてしまって本当に申し訳なかったと思っています」。元来は気が優しくて穏やかな性格。勝負の世界で勝ち抜くために現役時代はヒゲをはやしていた。「ヒゲをはやすとワイルドというか攻撃的というか、そういうスイッチが入ったんです」と笑う。

     04年途中からは先発に転向し、10月7日の中日戦では151球完封勝利をマーク。05年も先発陣の一角として開幕を迎え、5月までに2完封を含む4完投、5勝を挙げてチームに貢献したが、その後は右肩痛を訴え、苦しんだ。08年に横浜へ移籍。1年目は39試合に登板したが、再び右肩痛に見舞われ、10年限りで引退した。通算成績は251試合に登板し、19勝26敗37セーブ、防御率4・04。

     カープには9年間在籍した。「野球選手というだけでなく、人としても磨いていただいた球団です。礼儀だったり、社会人として振る舞いなども勉強させていただきました。今があるのもカープのおかげです」と感謝の言葉を口にする。

     引退後は横浜の球団職員となり「野球振興・スクール事業部」に在籍。幼稚園や小学校を訪問して子どもたちが野球と触れ合うきっかけ作りを行ったり、野球教室開催やDeNAのジュニアチームを指導。通年型の野球教室「横浜DeNAベイスターズベースボールスクール」の立ち上げにも携わるなど、野球の裾野拡大に奮闘してきた。また、今年からは新たにファンイベントの企画、運営にも携わっている。

     横浜移籍は木村、岸本との交換トレードだった。「2人の活躍に心が痛かった。僕も活躍したかったけど結果的に3年で終わってしまって…。野球で貢献できなかった分、球団職員として恩返ししたいと思っています」。そんな実直な小山田さんについて、同僚の女性職員は「社内でもまったく元野球選手という雰囲気を出さなくて、現役時代を知らない職員は“えっ、小山田さんって野球選手だったの?”と驚く人もいるほどなんです」と教えてくれた。

     小山田さんが在籍していた頃のカープは万年Bクラスだったが、現在はリーグ3連覇を果たし常勝軍団に。緒方監督を始め、多くのコーチ陣とも一緒にプレーしており、「皆さんの努力が結果に結びついたのはとてもうれしいですし、球団職員の方も大変ご苦労されたんだと思います。僕もカープの皆さんに負けないよう、DeNAのために頑張っていきたいですね」と口元を引き締めた。

    (デイリースポーツ・工藤直樹)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181129-00000045-dal-base

     今季限りで現役引退する広島・新井貴浩内野手(41)が6日、マツダスタジアムで全体練習に参加した。7日・DeNA戦(マツダ)がレギュラーシーズン最終戦となるが、ベテランは自然体。悲願の日本一まで別れのあいさつは封印し、17日から始まるファイナルSへ視線を向けた。

     レギュラーシーズン最終戦を翌日に控えても、新井はいつもと変わらず泰然自若の姿勢を貫いた。台風25号の影響で強風が吹き荒れる中、マツダスタジアムに隣接する室内練習場で最終調整。力強い言葉と快音で、感傷ムードを吹き飛ばした。

     「まだ先に大事な戦いがあるから。レギュラーシーズン最終戦という感慨は全くない。とにかく明日、しっかり集中して、準備して臨むけど、その先しか頭にない」

     マツダスタジアムで7日に行われるDeNA戦が“ラストゲーム”となる。先発は広島工の後輩左腕・石田。9月15日・中日戦以来となるスタメンの可能性もあるが、視線は早くも17日から始まるCSファイナルSへ向いていた。

     9月5日に今季限りでの現役引退を表明。悲願の日本一まで残り試合のすべてが「引退試合」となった。神宮球場、東京ドームでの試合前にはヤクルト・宮本ヘッドコーチや巨人・上原らから惜別の花束を受け取った。「心から感謝しています」と頭を下げたが、広島のファンへの別れのあいさつはまだまだ先だ。

     CSファイナルSへ「この10日間をどう過ごしていこうかと考えている」と新井。まさかのCS敗退を喫した昨季の二の舞いはゴメンだ。うれし涙を流すまで“不動心”で突っ走る。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181007-00000031-dal-base

    このページのトップヘ