広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    横浜DeNAベイスターズ

     セ・リーグ首位の広島は27日、敵地でDeNAに4-3で逆転勝ちした。1点を追う7回に代打・新井が逆転タイムリー。先発・野村は6回6安打3失点の粘投で4勝目(2敗)を挙げた。2位阪神が敗れたため、ゲーム差は「6」に広がった。

     まずは初回、DeNAロペスが野村から先制弾。先制に成功するも、広島は2回にDeNA先発・濱口から田中が押し出し四球を選んで同点。さらに、3回は安部が勝ち越しタイムリーを放った。

     しかし、DeNAはその裏にロペスがセカンドへタイムリー内野安打。同点に追いつくと、6回には筒香のソロ本塁打で勝ち越した。

     3連勝中のルーキー濱口は6回7安打7四球ながら2失点の粘投で降板。7回はパットンがマウンドに上がったが、広島は2死二、三塁のチャンスを作る。ここで代打・新井が逆転タイムリーツーベース。広島が試合をひっくり返した。新井はこれで3501塁打として、史上28人目の3500塁打を達成。「打撃の神様」川上哲治氏(3500塁打)を超え、歴代27位に浮上した。

     広島は7回を中田、8回を中崎、9回は今村とつないで1点のリードを死守。3連勝を飾り、貯金19とした。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170627-00010023-fullcount-base

     広島の岡田明丈投手が26日、マツダスタジアムで行われた投手指名練習に参加。28日のDeNA戦の先発に向け調整した。

     15日・オリックス戦登板の翌日に出場選手登録を抹消されたことで、走り込みの量を増やしトレーニングの強度も上げた練習を実施。さらにフォームのバランス調整にも着手するなど、抹消期間を利用して自分を見つめ直してきた。

     今季は開幕から先発ローテを守り続け、勝ち星を積み重ねる。巨人・菅野、阪神・メッセンジャーとともにリーグトップの7勝だ。最多勝争いに参戦中だが「勝てているのは、野手のみなさんが打ってくれているおかげなので…。実感はないです。これまで通り投げたい」と話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170626-00000047-dal-base

     リーグ連覇を狙う広島東洋カープが独走態勢に入った。6月23~25日に行われた2位・阪神との3連戦で、雨天中止を挟んで2連勝。ゲーム差を今季最大の「5」にまで広げた。四回裏途中で降雨ノーゲームになった24日の試合も行われていれば広島の勝利となった可能性が高く、実質的には3連勝だったと言っていい。攻守に金本阪神を圧倒した緒方広島のいい面ばかりが目立った「首位攻防戦」と今後の展望について、カープOBで野球評論家の横山竜士氏に聞いた。

     -今回の3連戦(雨天中止を含む)を振り返って。

     「まず初戦(23日)に先発したジョンソンですが、交流戦最後の楽天戦が5回5失点だったので、やや不安視していました。でも速球の球威は戻っていたし、生命線の変化球も使えるレベルに達してましたね。不運な内野安打が出てもイライラせず、冷静に投げていたのも前回と違う点です。それによくバックが守りましたよ」

     -菊池が何度か好守でジョンソンを救った。しかも満塁弾を含む4安打と大暴れ。25日の試合でも価値ある一発と存在感を見せつけた。

     「そうですね。彼が復活してきたのは本当に大きい。初戦の4安打はバント安打あり、逆方向への巧打あり、そして一発ありと縦横無尽の感がありました。5月に甲子園で3連敗した時は菊池が体調不良で不在でしたからね。ただ、首脳陣は適度な休養を与えながら起用することが大事でしょう」

     -これで貯金が最多の「18」でゲーム差も最大の「5」。独走態勢に入ってたとみていいか。

     「そう言っても差し支えないと思います。故障者が続出しない限り、致命的な大連敗はしないでしょう。今の戦い方を続けていけばいい。ただし油断は禁物です」

     -2位・阪神がもしこのまま落ちていけば、広島を脅かすチームがいなくなるが…。

     「3位のDeNAは若い投手が多く、一度火が付いたらグイッとくる可能性はありますね。対戦成績も4勝5敗と負け越していますし…。でも、やっぱり怖いのは金本阪神です。今回の2試合も安打が出ていないわけじゃない。紙一重なんですよ。後ろの投手もしっかりしていますから、投打がかみ合えばもう一回接近してきますよ。絶対に気は抜けません」

     昨年のリーグ戦再開1カード終了時の成績は、44勝29敗2分で2位・巨人に9差をつける独走だった。今年はそれを上回る43勝25敗1分の成績でも、2位・阪神には5差しかつけられていない。独走態勢に入ったと言っても、まだ入り口にすぎないことを肝に銘じて戦うべし。もちろん、5月初旬の甲子園で9点差を逆転されるという歴史的敗戦を味わったカープナインは百も承知のはずだ。(デイリースポーツ・中村正直)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170626-00000070-dal-base&pos=2

    <クローズアップ>

     極端な発想の転換が打者一巡を呼んだ。5月16日のDeNA戦(尾道)。広島打線はDeNA先発浜口に4回まで無安打無得点に抑えられていた。流れが変わったのは1点を追いかけていた5回。先頭エルドレッドの4球での四球に続き、新井貴浩内野手(40)が選んだ四球。1打席目は3球三振に倒れ、この打席も3球で追い込まれた。DeNAバッテリーの思惑、新井の瞬時の発想の転換と対応に追った。【池本泰尚、前原淳、佐竹実】


     ◇  ◇  ◇

     4球目から突然、新井が変わった。「ノー感じ」だった打線がDeNA浜口に襲いかかった5回、無死一塁。カウントは1-2。直前の3球目は、初球と同じ外角へのチェンジアップを空振りした。この日4度目のチェンジアップの空振りで追い込まれ、バットを強くたたいて悔しがった。後がない-。強烈な発想の転換を伴い、自分に誓った。

     「死んでも右に打つ。何回も同じことをして、ものすごく腹が立った。意識、考え方をガラッと変えた」

     4球目。ワンバウンドのフォークをミットに入るまで視線を切らさずに懸命に見逃した。5球目はまたチェンジアップ。今度こそ、全身を使って見逃した。6球目も、外へのチェンジアップがしつこく続いた。今度はゾーンから逃げていくボール。引きつけバットを投げ出して対応。なんとか右方向へのファウルで逃げた。風向きが、変わった。

     そして7球目。この試合新井への初めての直球は、高めに大きく外れた。DeNAの捕手高城は後悔を持って振り返る。「結果的にあの四球が痛かった。振ってくれなくなって、最後に直球を選んだんですが…。その前にどこかで直球を挟む選択もあったかもしれない。でも、チェンジアップに合っていない感じだったので、続けることを選んだのですが」。この四球から浜口は大きく乱れていった。

     攻略は難しかった。あまりにチェンジアップの多い浜口に、広島打線は手を焼いていた。緒方監督は「いい高さから曲げられたり抜かれた。1巡目はノー感じだった」と潔く振り返る。前回登板巨人戦で出ていた傾向に増して、多かった。DeNA担当の奥スコアラーも「正直、面食らった部分はある」と言う。4回まで無安打無得点。5三振を喫し、糸口すら見つけられずにいた。だが石井打撃コーチは試合中も「後手に回ることになる」と指示を変えなかった。5回表。広島先発野村が先に失点。石井コーチはあえて攻撃陣を鼓舞するように「試合が動いたぞ」と声を掛けた。

     打線をつないだ新井も同様だった。第1打席は初球スライダーを見逃した後、チェンジアップ2球を空振りして三振。「全然タイミング合っていなかった」と笑う。チーム方針はシンプルだった。「追い込まれるまでは直球狙い。チェンジアップの空振りはOK。追い込まれたら逆方向を意識」。だが裏をかくような変化球主体の配球にやられた。高城は「ベース盤以外の球も振ってくれていた」と手応えがあった。

     しぶとく、意識の変化で四球を奪い取った新井。だが、自身の状態が悪いこともまた、隠さずに言う。「今は目いっぱい意識しないと修正が効かない状態。あれを見逃せる、バットに当てられるのが普通の状態。ただ思い切って変われたのは、経験かな」。最低限の結果と謙遜するが、新井だからこそ、選べた四球だった。「最年長が、チーム方針を忠実に守ってくれた」。最後に石井コーチは、最大級の賛辞を送った。修羅場をくぐり抜けた男の、気迫勝ちだった。

     ▽広島石井打撃コーチ(新井の四球に)「最年長が、チーム方針を忠実に守ってくれた」


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170522-01827836-nksports-base

     「広島10-1DeNA」(16日、尾道しまなみ球場)

     広島が2度のビッグイニングで3連勝を飾り、首位・阪神を1・5ゲーム差のまま追走する。

     五回に1点を先制された広島はその裏、無安打に抑えられていたDeNA先発・浜口から連続四球とペーニャのチーム初安打となる中前打で無死満塁とし、石原が左犠飛を打ち上げ同点とした。なおも1死満塁から田中の右前適時打で勝ち越し、続く菊池も左前への適時打で加点。丸が押し出しの四球、鈴木の中犠飛で一挙5点を奪った。

     八回にも4長短打などで5点を加えた。

     先発の野村は、五回に味方の失策をきっかけに1点を失ったが、7回5安打1失点(自責点0)と安定感抜群の投球で3勝目を挙げた。「全体的にゲームを作れた。立ち上がり、少し探った部分もありました。狙った所にも投げることができた」と満足そうにう振り返った。昨年の最多勝投手は、防御率も1点台(1・91)となり安定感抜群の投球でチームを引っ張る。

     DeNAは3連敗となった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170516-00000143-dal-base

     広島・野村祐輔投手(27)らが15日、マツダスタジアムで投手指名練習を行った。16日からのDeNAとの3連戦(16日尾道、17、18日マツダ)は野村、大瀬良大地投手(25)、中村祐太投手(21)で3連勝を目指す。

     今季初の地方球場での登板となる野村は「しっかりとした投球ができればいいですね」とうなずいた。大瀬良は「(今回の調整では)技術、フォームを見つめ直してやってきた。自信を持って勝負していきたいです」と話した。中村祐は筒香との初対戦を前に「いい打者との対戦は自分の力がわかる。自分の持ち味を出していきたいです」と腕をぶした。

     首位・阪神とのゲーム差は1・5。いきのいい右腕トリオで、一気に奪首をもくろむ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170515-00000537-sanspo-base

    <DeNA1-6広島>◇29日◇横浜

     広島が前回登板で1安打完封を食らったDeNA先発今永を攻略。4番鈴木が2発、6番新井もバックスクリーンへ1発を放った。投げては岡田が8回1失点の好投で3勝目を挙げた。試合後の広島緒方孝市監督(48)の談話は以下の通り。

     -岡田の好投

     緒方監督 今日は岡田。岡田しかないやろう。ナイスピッチングだったね。

     -攻撃は派手だがバント失敗もあった

     緒方監督 そういうことだね。4発の得点、それだけで終わってしまった。それは自分のなかで大きな今日の反省。自分のなかでね。ああやって良い形でつないでいって、好機のシチュエーションを作っているわけだから。いかにそこで得点をしっかり挙げていくかということ。本塁打以外でね。そこに少し考える、思うところがあった。

     -今永をリベンジ

     緒方監督 選手がね、人一倍思いがあったんでしょう。前回地元のマツダスタジアムで完封負けだから。その思いは1回の攻撃にも現れていたよね。気持ちがしっかりね。野手から伝わってくるものは、かなりあった。

     -新井を6番、誠也を4番に据えた

     緒方監督 そこは流動的な形でいくよ。状態を考えながら、選手のコンディションを考えながら。ただ4番目に据える選手というのは、そう何人もいるわけじゃない。そこは打線のつながり、投手との相性を考えてね。多少は打順が前後したりはさせていこうと思う。ただ今日は4番に入った男が2本も打った。こういう存在感を見せてくれれば、そこのポジションに座ってもらうというの可能性が高くなってくるよね。

     -負けじと新井も打った

     緒方監督 やっぱり新井もね、ものすごい本塁打を打つからね。ちょっとバットが振れていない時期もあったけど、またこうやって、あれだけの結果を見せてくれるわけだから。もしかしたら明日新井さんを4番に据えるかもしれないよ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170429-01815381-nksports-base

    ◆DeNA―広島(28日・横浜)

     広島のドラフト1位ルーキー・加藤拓也投手(22)が自己最短の3回2/3でKOされた。

     初回1死一塁で梶谷に先制の右越え2ランを被弾。4回は2死から突如くずれた。2四球と安打で満塁のピンチを作ると、投手のウィーランドに中前へ2点適時打を浴びた。続く桑原に四球を与えたところで降板。3回2/3、4安打、5四球で4失点だった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170428-00000211-sph-base

     広島のドラフト1位・加藤拓也投手(22)=慶大=が27日、マツダスタジアムで行われた試合前練習に参加。今季4度目となる28日・DeNA戦(横浜)の先発に向けてキャッチボールやダュシュなどで汗を流した。

     前回21日のヤクルト戦(神宮)では6回3失点で2敗目を喫した。この日は、メガネを掛けてグラウンドに登場。「今日買ってきました。前回の登板でサインが見えづらかったので、応急処置です」と万全の状態を整え、2勝目を狙う。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170427-00000111-dal-base

    <広島3-5DeNA>◇20日◇マツダスタジアム

     終盤7回に3点差を追い付いた広島だったが、延長10回に今季初のイニングまたぎとなった今村が連続四球が絡むピンチから決勝点を与えた。


     今季初の連敗で2カード連続負け越しとなった。広島緒方孝市監督(48)の談話は以下の通り。

     -終盤追い付きながら、延長の末敗戦。

     緒方監督 接戦を落としたのは痛いね。

     -10回は今村が続投。

     緒方監督 1イニング目の入りはよかったんだけどね。2イニング目に入って、四球がもったいなかった。相手が(バントで)送れない中で1、2番を歩かせたのが失点につながった。

     -先発大瀬良は7回3失点。

     緒方監督 (大瀬良)大地は前回(13日)の巨人戦からしっかり修正して、しっかり投げてくれた。ただ、3点差になるとひっくり返すには4点が必要。追い越すことがきつくなる。(7回に適時打となった)投手に打たれたところは反省。1つずつのアウトを積み重ねてきたものが、もったいなくなる。次回に向けて反省して、いい投球をしてもらいたい。

     -明日から東京遠征。

     緒方監督 遠征が続く6連戦で選手はしんどいと思う。カードも変わる。まずは頭を取って連敗を止められるように頑張りたい。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170420-01810874-nksports-base

    このページのトップヘ