広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    横浜DeNAベイスターズ

     オールスターゲームが終了し、いよいよ16日からプロ野球も後半戦の戦いが始まる。

    【前半戦終了時の順位表】
    1位 広 島  43勝32敗1分 -
    2位 巨 人  40勝41敗1分 6.0
    3位 阪 神  35勝38敗1分 7.0
    4位 DeNA  36勝40敗2分 7.5
    5位 中 日  37勝43敗1分 8.5
    6位 ヤクルト 34勝42敗1分 9.5

     交流戦が終了した時には首位・広島から最下位・中日まで6だったゲーム差も、前半戦が終了した時点で首位・広島と最下位・ヤクルトまでのゲーム差が9.5まで広がり、広島と2位・巨人のゲーム差も6となった。

     交流戦で躓いた広島だったが、リーグ戦再開後に再び勢いを取り戻し、首位を快走。その一方で、2位・巨人から最下位・ヤクルトまでの5球団が目まぐるしく順位を変動させている。

     14日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター オールスターゲーム第2戦』で解説を務めた真中満氏は「セ・リーグは広島が一人旅していますので、残りの5チームは、ローテーションを考えながら、広島を叩きにいくような後半戦が見たいですよね」と5球団の奮起を促した。

     12日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター フレッシュオールスターゲーム』で解説を務めた野村弘樹氏も、「カープが一歩リードしていますのでね。セントラルを面白くするためにもカープ以下5球団が、カープに対してどう戦っていくか」と、広島を除いた5球団の頑張りが必要だという。

     「その5球団もつぶし合いの可能性もでてくる。カープも含めて目の前の試合をどんどん取っていくしかないので、カープ以下5球団が抜けるためにも連勝が必要だと思います。連勝するためにも、ピッチャーでしょうね。ピッチャーが抑えていかないと。僕はそこだと思います」と続けた。

     11日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-巨人戦』で解説を務めた山本昌氏は2位の巨人に注目。「(巨人は広島より)試合数を先にこなしているというところでね。5ゲーム以内に入ると選手は一気にやる気が出るんですよ」と選手側の視点で、追いかける側の心理を解説した。

     「ですから、オールスター明けの最初の1試合、2試合、広島が負けると、巨人が一気に1つ2つ縮まる可能性があるわけですから。そこのモチベーションというのが出てくると、セ・リーグも団子になると思いますので面白いですよね」と話した。

     広島がリーグ3連覇へ向けて首位を快走する。今季も広島がリーグ制覇するのか、それともその他の球団が後半戦を巻き返すのか…。どのような展開になるか注目だ。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00159131-baseballk-base

    <全パ7-6全セ(13日)>“赤忍者”に背中を見せてはいけない…。3回、山本(オリックス)から豪快な同点2ランを放ったDeNA・筒香に手荒い祝福が待っていた。広島・菊池が主砲の油断したベンチの帰り際を狙って、強烈なカンチョー一閃。見事食らった筒香は、ただただ悶絶の表情を浮かべていた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-00000012-tospoweb-base

     セ・パ両リーグともに大混戦となっている今季のプロ野球。セ・リーグは2位から6位までの順位が連日、目まぐるしく入れ替わっている。4日は天候が危うい中3試合が行われ、また順位に入れ替わりがあった。

     首位・広島と2位ヤクルトの首位攻防戦は広島がジョンソンの好投で勝利し貯金を最多の「12」とした。初回に田中の先頭打者アーチで先制すると4点のリードでそのまま9回に。ヤクルトは荒木の遊ゴロ、バレンティンのタイムリーで2点を返し、なおも2死満塁のチャンスを作ったが川端が見逃し三振に倒れた。

     阪神は最下位の中日に6-5で逆転勝ち。4点を追う4回に梅野の3ラン、6回にナバーロの犠飛で同点に追いつくと8回に大山のタイムリー三塁打、梅野の適時内野安打で2点を勝ち越し。9回にドリスが1点を失ったが逃げ切った。4位から一気に2位に浮上した。

     3位に付けていた巨人はDeNAに8-4で完敗。4番・岡本が31打席無安打と大不振に陥る事態となっている。1点差の9回に沢村がDeNA打線に捕まり3失点で勝負あり。巨人は4位に後退し勝ったDeNAは巨人と0.5差に。2位から6位まで3.5差となっている。

    【7月3日終了時点】
    1広島 41勝30敗1分け
    2ヤクルト 34勝36敗1分 6.5
    3巨人 35勝38敗1分 0.5
    4阪神 34勝37敗1分 0
    5DeNA 32勝38敗2分 1.5
    6中日 33勝41敗1分 1

    【7月4日終了時点】
    →1広島 42勝30敗1分け
    ↑2阪神 35勝37敗1分 7.0
    ↓3ヤクルト 34勝37敗1分 0.5
    ↓4巨人 35勝39敗1分 0.5
    →5DeNA 33勝38敗2分 0.5
    →6中日 33勝42敗1分 2.0

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180705-00147246-fullcount-base

     広島とDeNAでプレーしたブルワーズのマイク・ザガースキー投手が6月30日(日本時間7月1日)、敵地レッズ戦で今季初登板に臨んだが、1死も奪えず2安打2四球4失点と炎上。1点リードを守り切れずに黒星を喫した。



     同28日(同29日)にメジャー昇格したばかりの左腕は、3-2と1点リードで迎えた7回無死一塁の場面で3番手として登板。1人目の打者ボットに四球を与えると、続くジェネットには左翼へ同点タイムリー二塁打を許してしまう。なおも無死二、三塁からスアレスを敬遠で満塁策を取ったが、ウィンカーに左翼へ2点タイムリーを浴びたところで1死も奪えずに降板。さらに、後を継いだバーンズが2連打の後に、レッズ先発ロレンツェンに3号満塁弾を献上し、ザガースキーには4失点がついた。

     MLB.comでブルワーズの番記者を務めるアダム・マッカルビー記者は、試合後に自身のツイッターを更新。今季初登板で初黒星を喫した左腕は、1点リードという大事な場面での起用について「おそらく必要に迫られての選択だったと思うけど、抑えなければいけない状況だった。でも自分の仕事が果たせなかった。とにかく残念だよ」と話したという。

     1死も記録できなかったため、防御率は“無限大”。次回登板では、今回の炎上を払拭する好投でアピールしたい。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180701-00144873-fullcount-base

     パ・リーグ優勢が続く交流戦は、今年はどうなるのか。昨季までパのロッテで監督を務めたスポニチ本紙評論家・伊東勤氏が展望した。

     交流戦の様相は今年は少し変わるかもしれない。パに昨季までの決め手がない。セを圧倒してきた最大の要因は先発投手の差だった。今年はどこも絶対的なエースが不振というか、試合を任せれば勝つという投手は西武の多和田らごく一部だろう。その分、どの球団も中継ぎ陣に負担がかかっている。昨季王者のソフトバンクも投手陣に疲れが見える。サファテがいない(右股関節の手術)のも大きい。付けいる隙はある。

     セで打線がいいチームにはチャンスだ。DeNAは上がっている。面白い存在だ。広島も相変わらずしっかりつながる。この2チームには打線を引っ張る選手がいる。いい試合ができるだろう。

     パは決め手がない。西武も一時期の勢いはない。その中で外国人選手が打ち始めた楽天は注目だ。スタートダッシュに失敗した分、交流戦でひと暴れしようという勢いがある。

     指名打者(DH)制があるパが有利と言われるが、セにも打てる野手はいる。むしろ普段投手が打席に入らないパの方が不利といえる。パの監督は投手を何番に入れるかも迷うし、投手に代打を出すタイミングもある。戦い方が違うセの本拠地はパには難しい。

     交流戦は同一リーグで「一人負け」も起こる。昨年までパで指揮を執ったが、リーグ順位より目の前の敵と戦うことに集中した。球場に表示されるから他球場の途中経過は嫌でも目に入ってしまうけどね。 (スポニチ本紙評論家)

     《セ本塁打増》セは今季、本塁打が増加傾向にある。6球団の本塁打は53本のDeNAを筆頭に計235本。昨季の交流戦開幕前の時点では計189本で46本も増えている。長打率も・387で昨季の同時期の・361からアップ。過去13年の交流戦はパが通算981勝872敗55分けとセを圧倒しているがセは長打力が増した打線で巻き返せるか。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180529-00000082-spnannex-base

     「DeNA2-7広島」(24日、横浜スタジアム)

     広島・鈴木誠也外野手が「5番・右翼」で先発復帰。3月31日・中日戦(マツダ)以来のスタメンで、連敗ストップに貢献した。


     五回、1死二、三塁から4番バティスタが申告敬遠され、「予想していなかった。より集中した」と左犠飛で追加点をもたらした。

     昨年8月、横浜スタジアムでの守備中に右くるぶしを骨折。その時に右翼席から聞こえてきた励ましの声援は忘れていない。この日は守備に就く際、右翼スタンドに向けて帽子を取って、「感謝の気持ち」を示す場面もあった。

     「若干怖さはあったけど難しい打球はなかった」と久々の守備を振り返り「ベイスターズの応援は好き。守っていて楽しかったです」と話していた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180424-00000159-dal-base

     この1勝は「143分の1」では済まされないだろう。
     ペナントレースは143試合を戦う。序盤戦の4月に負けが込んでいても、10月初旬に80勝以上をおさめていれば優勝できる。序盤戦は“調整”の様相もある。だから、優勝予想されたチームが出遅れたりもする。「序盤戦の勝敗は関係ない」と言う関係者も多いが、早くも「分岐点」となるような試合が起きてしまった。

     敵地広島で、横浜DeNAベイスターズが連勝した。とはいっても、DeNAは3勝5敗。首位・広島は勝率6割6分7厘で「今年も強い」といった印象は変わらない。しかし、ゲーム展開を細かく見てみると、後半戦まで影響しそうなダメージ・シーンもあった。
    「第3戦目(4月8日)の勝因は、筒香(嘉智=26)の一発です。やはり4番が打つとチームが勢いづきます」(プロ野球解説者)
     開幕から8試合目、31打席目での本塁打はちょっと遅かったが、次打席でもセンターバックスクリーンに連続アーチを放っており、ラミレス監督(43)も「今年はブレークする。爆発的な数字を残すと思う。40本以上打てる」と興奮ぎみに語っていた。

     先のプロ野球解説者がこう言う。
    「筒香の打率は1割台。開幕から調子が上がらず、3連覇を目指す広島からすれば、もう暫く筒香が不振でいてくれたらと思っていたはず。昨季のクライマックスシリーズで広島がDeNAに負けた敗因も筒香でした。DeNAは筒香の好不調がそのまま勝敗に影響するチームなので」
     筒香を目覚めさせてしまったのは、広島の先発・大瀬良大地(26)だ。本塁打献上は結果論だとしても、筒香に一発を浴びた直後のマウンドでちょっとしたハプニングも見られた。二死一塁、一塁走者が二盗を決めると、緒方孝市監督(49)は「申告敬遠」を指示した。バッターボックスにいた嶺井のカウントは「0-3」。今季からルール変更され、ピッチャーが球審に申告すれば、対戦打者に一球も投じずに一塁に歩かせることができる。途中からの申告も認められており、緒方監督は二死一・二塁という場面を造らせた。大瀬良にそう命じたのは「対戦バッターの嶺井は好調だ。ここは無理をするな。次打者はピッチャーなんだから、次の打者でちゃんと抑えろ」の意味だろう。
     しかし、緒方監督は嶺井が一塁に歩き始めるのと同時に、「ピッチャー交代」を告げた。これでは、大瀬良のプライドはズタズタである。

    「広島投手陣ですが、昨季15勝を挙げた薮田(和樹=25)に一抹の不安があります。初戦登板で勝ち星がつきましたが、5回で交代し、リリーフ陣が踏ん張ってという内容でした。今年は大瀬良にもっと勝ってもらわないとなりません」(前出・プロ野球解説者)
     試合後の緒方監督は「急にバランスが悪くなって、球が弱くなった気がした」と、非情交代の意味を語っていた。
     申告敬遠後のバッターボックスに立ったのは、相手ピッチャーだ。大瀬良クラスなら、バランスを崩したとしても「安打を放つ可能性が低いピッチャー相手」なら、抑えられると思うのだが…。

     指揮官によって、考え方は異なる。主力投手の調子が悪いとき、我慢して使い続けることで次に繋げようとする監督もいれば、非情に徹するタイプもいる。緒方監督はどちらかというと、前者のタイプだった。
    「緒方監督の過去3年の采配を見ていると、投手継投がワンテンポ遅いくらいでした。我慢しすぎて、次に登板したリリーフ投手に余計な負担を与えてしまうこともありました。一昨年の日本シリーズ、昨年のクライマックスシリーズを落としたのはそのため」(球界関係者)
     緒方監督が采配を代えたのは勝利に徹する必要性を感じたからかもしれない。この執念は否定できない。今後、非情交代を告げられた側の大瀬良はどうなるのか? 走者を背負う度に「交代か?」と思い、ベンチのほうをチラ見するようなことにならなければいいのだが…。

     打率1割台でも筒香を4番から外さなかったラミレス監督と、非情に徹した緒方監督。この試合の勝敗は、選手のハートに大きな影響を残したようである。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180410-00000001-reallive-base

    <広島2-4DeNA>◇7日◇マツダスタジアム

     広島は2回、1死から松山が右中間フェンス直撃の二塁打でチャンスをつくるが無得点。先発ジョンソンは3回まで完全投球。



     DeNAは5回1死から宮崎がチーム初安打。続く嶺井が左越えの先制2号2ラン。さらに3点目を奪い、6回も1点を加えた。

     広島は7、8回に1点を返したが、反撃も及ばなかった。DeNAは連敗を3で止めた。DeNAバリオスが今季初勝利、広島ジョンソンが初黒星。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180407-00172222-nksports-base

    このページのトップヘ