広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    横浜DeNAベイスターズ

    「チームとしては一線を引く必要がある」

     そう話したのは、ヤクルトの小川新監督。さる2日、地元・千葉県の講演会での一言だ。ヤクルトは今季、リーグ最下位に低迷。原因のひとつが「ファミリー球団」という甘い体質にあるといわれてきたが、4年ぶりに現場復帰した小川監督はここにきて、他球団とのなれ合い禁止を宣言。「昔は他球団の選手と口を利くなと言われたが、最近の選手は12球団で横のつながりが強い」と球界の環境変化にも言及した。

    「横のつながり」はWBCやオフの合同自主トレなどの交流がきっかけとなる。シーズン中もセ・パ交流戦で異なるリーグ選手との接触機会も増え、携帯電話やSNSの普及で、その輪はさらに広がりを見せている。試合前の練習で、出身校の先輩、後輩や親交のある者同士がグラウンドで長時間話し込んだり、試合中に走者と相手チームの一塁手が笑顔でちょっかいをかけ合うのは、もはや見慣れた光景だ。他球団の選手やスタッフ同士で食事をした楽しげな様子がSNSにアップされることもある。

     なれ合いの積み重ねは、試合に影響を及ぼしかねない。あるセの投手は「普段から仲良くしていると、正直厳しいところを攻めづらくなる」と話し、別の選手も「酒席で盛り上がり、ポロッと相手の弱点やクセをしゃべってしまうこともある」と言う。こういった感情は真剣勝負の緊張感を欠く。八百長とは言わないまでも、「ぶつけてもいいから抑えてやる」という投手の本能は表に出てこない。

     最近、激しい乱闘がめっきり減ったのも、球団の垣根を越えた友達付き合いが原因。暴力を肯定するわけではないが、昨季、乱闘が起きたのは、「あわや」というものを除けば2試合だけだった。

     今季、チームを連覇に導いた広島の緒方監督は、自軍の選手にも情が絡まぬように、常に単独で行動している。その広島をCSで倒して下克上を果たしたDeNAの選手は、「向こうの選手としゃべっているとコーチらに怒られるし、相手にも迷惑をかける」との理由から、練習後に監督がベンチ裏に下がってから駆け足で挨拶に行くという。

     勝負の世界になれ合いは邪魔だ。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171205-00000012-nkgendai-base

     「広島秋季練習」(3日、マツダスタジアム)

     広島・戸田隆矢投手(24)が3日、マツダスタジアムの室内練習場で行われた秋季練習に参加した。今季期待されながら未勝利に終わった左腕は、夜は日本シリーズをテレビ観戦して石田、今永、浜口らDeNAの左投手をチェック中。同世代のライバルたちの投球を参考にして飛躍のヒントを得る考えだ。来季こそチームが抱える左腕不足の悩みを解消する。

     額に大粒の汗を滴らせ、戸田が室内練習場から引き揚げてきた。今季は貴重な先発左腕として期待されながら未勝利。チームの弱点である左腕不足を補えず、「毎年毎年、言われているのに、チャンスをつかめていない。来季こそつかみたい」と巻き返しを誓った。

     格好の教材が日本シリーズだ。「勉強になります」と夜はテレビにかじりつく。シーズン3位からCSを勝ち抜いたDeNAには石田、今永、浜口ら若手左腕がズラリ。同世代が活躍する姿に刺激を受けながら、1軍で飛躍するためのヒントを見つけ出している。

     「右バッターの内に投げ切れている。そこの失投が少ない人がずっと1軍で活躍できると見ていて思います」

     グラウンドでは課題解消に励む。7日からは宮崎・日南で秋季キャンプがスタートする。テーマは「強い、空振りが取れる真っすぐ」の習得だ。ブルペンで投げ込み、フォームを体に染みこませる。

     今季1軍で先発を務めた左腕は戸田を含め、ジョンソン、高橋樹、床田の4人だけ。ドラフト会議でも左投手の指名はなかった。来季は成長著しい高橋昂らも競争に加わるだけに、戸田は「新人と一緒。アピールするだけです」と悲壮な覚悟を口にする。プロ7年目のブレークへ、その足がかりをつかむ。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171104-00000035-dal-base

    (24日、セCS最終ステージ DeNA9―3広島)

     セ・リーグで初めてレギュラーシーズン3位球団が日本シリーズに進出した。0勝1敗からスタートするハンディや厳しい日程をはね返し、ルールにのっとり勝ち抜いたDeNA。セの代表として、堂々とソフトバンクと戦ってほしい。



     ただ、今回の結果に「もやもや」を感じるファンは多いかもしれない。何しろ、ペナントを制した広島とDeNAのゲーム差は14・5。広島ファンは「長い戦いの価値は何だったのか――」という思いだろう。

     ポストシーズンゲームでよく比較されるのは大リーグだ。地区優勝3球団に加え、ワイルドカードで2位以下の勝率上位2球団が争う。30球団ある大リーグの場合、地区優勝球団よりワイルドカード球団の勝率が高いケースも多い。大差をつけられた球団の「下克上」はまずありえない。

     12球団の日本で大リーグ制度の導入は難しいが、ペナント覇者への敬意も必要だ。だから優勝球団に1勝のアドバンテージがある。

     関係者によると今季「2位に10ゲーム以上差をつけて優勝した場合、最終Sでさらに1勝のアドバンテージを加える」という案が議論されたという。導入は見送られたが、広島の敗退は独走優勝の価値を改めて考える機会になるかもしれない。(吉村良二)
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171025-00000010-asahi-spo

     【江尻良文の快説・怪説】

     セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第3戦(20日=マツダスタジアム)は、横浜DeNAが広島に勝ち2勝2敗の五分としたが、台風21号が影を落としている。

     21日の第4戦は雨天のため中止となり、日曜の22日の第5戦も午後1時半開始予定のデーゲームだが、こちらも台風の影響による雨予報。さらにナイターの23日の第6戦も開催が危ぶまれている。

     「甲子園でのファーストステージは予備日が1日しかなかったから、大雨の中で試合を強行したが、ファイナルステージは予備日が2日間(24、25日)あるから大丈夫だ」と関係者は楽観視していたが、にわかに風雲急を告げてきた。

     ファイナルステージそのものは、なんとか完了させることができたとしても、26日に都内のホテルで行われるドラフト会議に影響が出る恐れがあるからだ。

     「ウチのチームにとって今年のドラフトは重要だ」と言うのは、CSに同行しているDeNAの高田繁ゼネラルマネジャー(GM)。

     万年Bクラスだったチームが、2年連続Aクラスの3位。CSでも昨年に続いてファイナルステージに進出している。さらなる戦力アップのために、今年のドラフトが重要になるのは当然だ。

     DeNAに限らず、各球団はドラフト前日に監督、フロント首脳、スカウトがドラフト会場に集まり入念な最終打ち合わせを行う。ところが今年は、台風の影響をモロに受けると、ドラフト前日までCSファイナルステージがもつれ込む可能性がある。

     高田GMは前日に緊急帰京したとしても、ラミレス監督はそうはいかない。一方、「FA選手は獲らず、引き留めない。自前で育成する」という大方針を貫く広島の緒方孝市監督も当日移動でドラフト会議に臨むことになる。雨に呪われたセ・リーグCSは、最後に勝ち残った両チームの将来に影響を与えかねない。(江尻良文)
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171021-00000005-ykf-spo

     (セ・クライマックスシリーズ・ファイナルステージ第1戦、広島3-0DeNA=五回降雨コールド、広島2勝、18日、マツダ)CS史上初の「五回降雨コールド」について、責任審判の佐々木昌信球審は「雨の降り方と九回までできるかという判断で決めた」と説明した。15日のCSファーストステージ第2戦の阪神-DeNA(甲子園)では、強い雨でグラウンドが水浸しの状態で、九回まで強行していた。

     セ・リーグの杵渕和秀統括は「比較すると、甲子園のほうがひどかったので、試合は続けられたという意見があるかもしれないが、球場も事情も違う」と説明。「(五回裏に)3点入ったのでタイミング的には…というかもしれないが、あくまでグラウンド状況と天候です」とした。

     試合後、球場職員が総出でクラウンド整備やシートをかける作業を行った。マツダスタジアムの石原裕紀施設運営部課長は「あしたは午前9時に15人ほどでやります。予報では昼ごろに雨があがると。大丈夫でしょう」と話した。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171018-00000580-sanspo-base

    セCSファイナルステージ第1戦
    ○ 広島 3x - 0 DeNA ●
    <10月18日 マツダスタジアム>

     「守っている横浜側からしたら、ちょっと不気味な四球ですよ」

     18日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル クライマックスシリーズファイナルステージ 広島-DeNA戦』でゲスト出演した阿部慎之助(巨人)が、DeNAの先発・石田健大が5回、先頭のバティスタに四球を与えた後、このように話した。

     石田は続く新井貴浩に、この日初安打となるヒットを打たれると、西川龍馬の犠打で二、三塁とピンチを広げてしまう。会沢翼を敬遠気味の四球で歩かせると、二死後、田中広輔に先制の2点タイムリーを浴びた。さらに、菊池涼介にもタイムリー内野安打を打たれ、この回3失点。その後、降雨コールドとなりDeNAにとっては痛すぎる失点となった。

     阿部はこの3失点に「警戒するのはシーズン中に打たれているので仕方ないですが、こういう短期決戦に四球を与えたりすると、流れが変わってしまう」と話していた。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171018-00135524-baseballk-base&pos=4

     2年連続のセ・リーグ優勝を成し遂げた広島の戦力の充実ぶりについて、敗れた他球団の監督がコメントした。

     2位阪神の金本監督は「広島との差を一番感じたのは得点力だった。本塁打の数も全然違うし、足も違う。あの打線を抑え込める投手力をつけないと勝てない」と話した。

     クライマックスシリーズ(CS)進出を狙う3位巨人の高橋監督は「うちは特に前半戦に苦戦した。広島の勢いのある攻撃に圧倒されてしまった。何とかCSへの出場権を得て、シーズンでの雪辱を果たしたい」

     4位のDeNAのラミレス監督は「2年連続で完璧なチーム。投手は素晴らしいし、打線も非の打ちどころがない。(けがの鈴木の)代わりの4番(松山)がより打てている」と話した。

     5位中日の森監督は「何を取ってもうちより上だった。今のチーム編成からいくと、なかなかよそが対等に戦うのは難しい状態。いいチームだと認めざるをえない」。6位ヤクルトの真中監督は「攻撃的に見えるが、二遊間を中心に守備が良く、バランスのいいチーム。全てにおいて、うちを上回った。故障者をカバーする層の厚さも感じた」とコメントした。
    引用元 http://www.sankei.com/west/news/170918/wst1709180047-n1.html

    このページのトップヘ