広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    横浜DeNAベイスターズ

    <広島3-5DeNA>◇20日◇マツダスタジアム

     終盤7回に3点差を追い付いた広島だったが、延長10回に今季初のイニングまたぎとなった今村が連続四球が絡むピンチから決勝点を与えた。


     今季初の連敗で2カード連続負け越しとなった。広島緒方孝市監督(48)の談話は以下の通り。

     -終盤追い付きながら、延長の末敗戦。

     緒方監督 接戦を落としたのは痛いね。

     -10回は今村が続投。

     緒方監督 1イニング目の入りはよかったんだけどね。2イニング目に入って、四球がもったいなかった。相手が(バントで)送れない中で1、2番を歩かせたのが失点につながった。

     -先発大瀬良は7回3失点。

     緒方監督 (大瀬良)大地は前回(13日)の巨人戦からしっかり修正して、しっかり投げてくれた。ただ、3点差になるとひっくり返すには4点が必要。追い越すことがきつくなる。(7回に適時打となった)投手に打たれたところは反省。1つずつのアウトを積み重ねてきたものが、もったいなくなる。次回に向けて反省して、いい投球をしてもらいたい。

     -明日から東京遠征。

     緒方監督 遠征が続く6連戦で選手はしんどいと思う。カードも変わる。まずは頭を取って連敗を止められるように頑張りたい。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170420-01810874-nksports-base

     「広島-DeNA」(19日、マツダスタジアム)

     広島の緒方孝市監督が、現役時代を通じて初めての退場処分を受けた。

     0-3の七回2死一、二塁で小窪の当たりは遊撃へのゴロ。小窪は一塁へヘッドスライディングし、その手は送球よりも早く一塁に着いたように見えたが、山路塁審の判定はアウト。

     緒方監督は鬼の形相でベンチを飛び出し、口角泡を飛ばして猛抗議。怒りは収まらず、最後は暴言を吐いたとして、退場を宣告された。

     六回1死でも、遊撃へのゴロを放った田中が微妙な判定でアウトになっており、ここでも緒方監督が山路塁審へ抗議。大きな声で怒鳴り挙げたが、この時は短時間でベンチへと戻っていた。

     マツダスタジアムの広島ファンは大ブーイング。一塁けん制で山路塁審がセーフを判定する度にブーイングの嵐となった。

     なお、緒方監督退場後は、高ヘッドコーチが指揮を執った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170419-00000114-dal-base

     広島の野村祐輔投手(27)が17日、マツダスタジアムに隣接する室内練習場で行われた投手指名練習に参加。今季初対戦となる18日・DeNA戦(マツダ)の先発に向けてキャッチボールやダュシュ、体幹トレーニングなどで汗を流した。



     昨季はDeNA戦に3試合に登板し、0勝1敗とセ・リーグ5球団で唯一白星を挙げることができなかった。「全員の打者に注意しないといけない。回の先頭を出して、前回の投球は苦しいものになってしまった。しっかり自分のできることをやっていきたい」と気を引き締めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170417-00000048-dal-base

     広島大瀬良大地投手(25)ら先発投手陣が17日、マツダスタジアム屋内練習場で投手練習を行った。



     午前中から降り続いた雨の影響で屋内での調整となったが、各選手が黙々とメニューをこなした。先発投手陣に唯一白星のない大瀬良は「勝ちがほしい気持ちはもちろんありますが、自分の仕事をしっかりして、勝利に貢献出来ればと思います」と話した。

     広島は18日から本拠地マツダスタジアムで、今季初対戦となるDeNA3連戦を戦う。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170417-01809231-nksports-base

     新スプリットでローテ勝ち抜く!広島・大瀬良大地投手(25)が20日、廿日市市内の大野練習場で合同自主トレに参加した。今年3度目のブルペン投球で全球種を解禁し、DeNAの守護神・山崎康晃投手(24)から教わったというスプリットの手応えを明かした。大学時代から習得に励む縦の変化球を今年こそモノにする決意だ。

     真っすぐの軌道からスッと沈む。これまでとは違う。わずか2球ながら手応えアリだ。寒波に襲われ、雪が舞う大野練習場。新スプリットに挑戦中の大瀬良が、完全マスターへの一歩を踏み出した。

     「プロに入る前から継続して練習していたんですけど、なかなかモノにできなくて…。積み重ねが少しずつ成果になってきて、ある程度落ちるようになってきました。突き詰めて、キャンプでやっていきたいと思います」

     長いトンネルの出口が見えつつある。フォーク、スプリットなどの縦変化は大学時代からの課題球だ。14年春には前田(現ドジャース)から新しく握りを教わり、同年秋もスプリットに挑戦した。だが納得の軌道を描けず、15年春に断念。フォークに切り替えたが、その後も自分の武器にはできなかった。

     それでも習得への熱意は冷めない。きっかけは昨年11月に招集された侍ジャパン。DeNAの守護神・山崎康から新たに浅い握りを教わった。「その時は全然投げられなくて理解しがたかった」と苦笑いするが、強化試合直後の秋季キャンプでコツをつかんだという。

     「それまで結構深めに握っていたんですけど、浅めに握った方が真っすぐの軌道で落ちる感じがあった。変化は小さいかもしれないけど、真っすぐと感じて振ってもらえればこっちのモノなので。そういうイメージでやっていこうと思います」

     今年3度目のブルペンでは捕手を中腰にさせ、得意のカットボールや、スライダー、カーブなど変化球全球種を解禁した。相変わらず直球は威力十分。球数32球を投じ、「この時期にあれだけ投げたら順調と言っていいんじゃないかと思います」と深くうなずいた。

     先発に再転向する今季はジョンソン、野村に次ぐローテの柱として、期待されている。黒田が抜け、チームの命運を握る存在だ。プロ1年目に10勝。先発の実績はライバルから抜きんでる。「三振を取るボールとして使っていければ。投球の幅も広がると思う」。今年こそスプリットをモノにし、ローテ争いを勝ち抜く。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170121-00000017-dal-base

     経験者だからこそ語れることがある。広島・一岡竜司投手(25)が、FAの人的補償で巨人からDeNA移籍が決まった平良拳太郎投手(21)にアドバイスだ。

     一岡はプロ2年目だった2013年オフに、大竹寛投手(33)の人的補償で巨人から広島に移籍した。翌14年には31試合に登板し、2勝2セーブ16ホールド、防御率0・58と新天地でブレーク。昨季はキャンプ中に右腕を負傷して出遅れたが、交流戦で復帰し27試合に登板。5ホールドを挙げるなど復調をアピールした。

    「自分が(移籍して)活躍できているかは分からない」と前置きした上で成功の鍵は“切り替え”だと明かす。「当時、周りの選手には、もしプロテクトを外れたら『移籍したくない』という人もいたが、僕はチャンスが欲しかったし、移籍したかった。リストから選んでもらうわけだし『(上から)29番目の選手なんだ』と前向きにとらえました」

     巨人時代の13年12月24日の夜に「明日、球団に来て」と電話がきた時には動揺もあった。だが、球団に出向き、あいさつを済ませると、すぐ“広島モード”になったという。「その翌日から新しい物件を探したり、広島のことは知らなかったので、ウィキペディアで選手について調べたりしました(笑い)。前オフから自分なりに手応えを感じていたので、野球をやる場所が変われば心機一転できる。巨人に入ったというよりNPBに就職したと思っていたし、移籍はつきものです」

     本人は現在、二軍戦で目撃した中日・浅尾をお手本に新球・パームボールの習得に挑む。「ケガも癒えたし順調。去年のように最初にくじけないように頑張りたい」と勝利の方程式復帰へ虎視眈々。平良も一岡同様“切り替え”で古巣に恩返ししたいところだ。


    引用元 http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/636536/

    ◆マツダ クライマックスシリーズ セ 最終S第4戦 広島8―7DeNA(15日・マツダスタジアム)


     広島が8―7の「ルーズベルトゲーム」を制し、1991年以来、25年ぶりの日本シリーズ出場を決めた。初回にエルドレッドの3ランなどで一挙6得点。最後は1点差まで迫られたが、5投手のリレーでDeNAを退けた。

     試合後は緒方孝市監督(47)がファンに32年ぶりの日本一奪回を約束した。以下はスピーチ全文。

     ―CS優勝です

     「ファンの皆さん、クライマックス突破、日本シリーズ出場、おめでとうございます。その瞬間をマツダスタジアムで迎えることができて最高に幸せです」

     ―流れが難しい試合

     「本当に最後の最後までしびれました。最後のマウンドで中崎がやってくれると信じていました。本当に期待に応えてくれました」

     ―4試合を振り返って

     「4試合、厳しい試合になると思っていた。調整期間、長さの難しさ。そしてシーズン中何度も苦しめられた相手。1戦1戦カープの野球ができて勝つことができました」

     ―いつもの野球ができた

     「本当に選手はシーズン通して成長してくれました。またこのクライマックスシリーズの経験で大変力をつけてくれた。次に十分手応えを感じています」

     ―ファンの声援が最大のアドバンテージだった

     「本当にファンの大きな声援が力になりました。ありがとうございました」

     ―日本一に向けて

     「本当にさらに厳しい戦いになると思います。ただ一つカープの野球をやるだけです。全力で頑張ります」

     ―マツダで長く野球ができる

     「もう本当に日本シリーズに準備は十分できたと思います。日本一目指してチーム一丸となって頑張りたいと思います。ファンと一丸となって戦いましょう。応援よろしくお願いします」


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161015-00000194-sph-base

     「セCSファイナルS・第4戦、広島8-7DeNA」(15日、マツダスタジアム)

     打率8割超えの大活躍を見せた広島・田中広輔内野手が、CSファイナルSの最優秀選手に選ばれた。今シリーズは通算17打席に立って、12打数10安打(1本塁打)5四球4打点。打率・833、出塁率・882と、圧倒的な成績を残して日本シリーズ進出に貢献したことが評価された。

     大活躍のCSを終えた田中は「ホッとしている。レギュラーシーズンをぶっちぎりで優勝したので、勝って当たり前と思われている中で勝てて良かった」と、25年ぶりの日本シリーズ進出に安どした。

     この日は2本の適時打を放ち、CSファイナルS4試合の打率は驚異の8割超。文句なしのMVP受賞を「自分でもビックリするような数字。毎試合変わらず、1番打者の役割を果たそうとした」と振り返った。

     22日から、本拠地・マツダスタジムにパの代表を迎えて日本シリーズが開幕する。広島にとって32年ぶりの日本一に向け、絶好調の切り込み隊長は「(ファイナルSは)できすぎだと思うので、また気を引き締めてやっていきたい」と気合を入れ直した。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161015-00000106-dal-base

    このページのトップヘ