広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    横浜DeNAベイスターズ

     今季限りで現役引退する広島・新井貴浩内野手(41)が6日、マツダスタジアムで全体練習に参加した。7日・DeNA戦(マツダ)がレギュラーシーズン最終戦となるが、ベテランは自然体。悲願の日本一まで別れのあいさつは封印し、17日から始まるファイナルSへ視線を向けた。

     レギュラーシーズン最終戦を翌日に控えても、新井はいつもと変わらず泰然自若の姿勢を貫いた。台風25号の影響で強風が吹き荒れる中、マツダスタジアムに隣接する室内練習場で最終調整。力強い言葉と快音で、感傷ムードを吹き飛ばした。

     「まだ先に大事な戦いがあるから。レギュラーシーズン最終戦という感慨は全くない。とにかく明日、しっかり集中して、準備して臨むけど、その先しか頭にない」

     マツダスタジアムで7日に行われるDeNA戦が“ラストゲーム”となる。先発は広島工の後輩左腕・石田。9月15日・中日戦以来となるスタメンの可能性もあるが、視線は早くも17日から始まるCSファイナルSへ向いていた。

     9月5日に今季限りでの現役引退を表明。悲願の日本一まで残り試合のすべてが「引退試合」となった。神宮球場、東京ドームでの試合前にはヤクルト・宮本ヘッドコーチや巨人・上原らから惜別の花束を受け取った。「心から感謝しています」と頭を下げたが、広島のファンへの別れのあいさつはまだまだ先だ。

     CSファイナルSへ「この10日間をどう過ごしていこうかと考えている」と新井。まさかのCS敗退を喫した昨季の二の舞いはゴメンだ。うれし涙を流すまで“不動心”で突っ走る。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181007-00000031-dal-base

     9月16日、神宮球場で熱戦が繰り広げられている六大学野球秋季リーグがAbemaTVで放送され、その番組内でプロ野球「平成の助っ人外国人ベストナイン」が発表された。

     解説を務めた元プロ野球・門倉健氏(45)によるセレクトでベストナインを選出した本企画では、新旧で懐かし&納得の名前が挙がる中、監督問題も持ち上がった。

     投手は誰もが納得の選手。現在阪神で活躍し、今季11勝7敗(9月11日時点)の成績を残しているランディ・メッセンジャーだった。

     その理由を問われた門倉氏は「勝ち星を挙げられ、イニングも稼げる。僕が好きな三振も取れる。最高のピッチャーです」と最大級の賛辞を惜しまなかった。

     また今季で来日9年目のメッセンジャー投手が、来季から登録上、日本人扱いになることを受け「その他はタフィ・ローズ、ラミちゃん(現在、横浜DeNAベイスターズ監督)くらいです。これだけ長く日本でやれる選手はきっと何かを持っているし、何より日本の野球を楽しんでいますよ」と嬉しそうに話した。

     しかし、ベストナインを発表した後、ある問題も持ち上がった。それは、監督問題。そのことについて門倉氏は「プレイング・マネージャーとしてラミちゃんじゃない?」と言及するも、しばらく間をおいて「誰も言うこと聞かないかな……」と苦笑。気を取り直した門倉氏は「あぁ、いるじゃん」と話し、ロッテを31年ぶりに日本一に導いた名将のボビー・バレンタイン監督を挙げていた。詳しいラインナップは以下の通り――。

    投手 ランディ・メッセンジャー(阪神)
    捕手 ディンゴ(中日)
    一塁手 アレックス・カブレラ(西武)
    二塁手 ロバート・ローズ(横浜)
    三塁手 ホセ・ロペス(横浜DeNA)
    遊撃手 イ・ジョンボム(中日)
    外野手 ウラディミール・バレンティン(ヤクルト)
    外野手 タフィ・ローズ(近鉄)
    外野手 アレックス・ラミレス(横浜DeNA)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180917-00010000-abema-base

     ◇セ・リーグ 広島4―0DeNA(2018年9月13日 マツダ)

     広島の野村が6回4安打無失点の好投で7勝目。チームは零封リレーで優勝へのマジックナンバーを6とした。

     野村は奪った17アウトのうち、ゴロアウトが10。打たせて取る投球で8月10日の巨人戦以来となる白星を手にした。6回95球と球数はかさんだが、DeNA打線に三塁を踏ませぬ内容。先制弾の松山とともに上がったお立ち台では「援護点をもらって投げやすかった。自分の投球ができて良かった」と納得の表情を浮かべた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180913-00000170-spnannex-base

     8月19日に行われた横浜DeNA対広島の18回戦は、9対7で広島が勝利した。初回から4点を先制するなど広島がリードする展開も、今季初先発・戸田を早々に下げ4回から今村に始まる継投。5回から3番手としてマウンドに上がり、2イニングを無失点に抑えたアドゥワ誠投手(19)が勝利投手となった。広島のマジックはこれで「28」。アドゥワのインタビューの内容は以下のとおり。

    ― 最後までどうなるかというゲームでした。どんなお気持ちですか?

     野手の方が打ってくださって、ピッチャーも粘り強く投げていたと思うので、勝ちに繋がったと思います。

    ― まず5回にマウンドに上がりまして、相手はクリーンナップでした。

     1人1人、アウトを取ることだけ考えてました。

    ― 主力の筒香選手を三振に取りましたが、あのボールはいかがでしたか?

     低めにいっていたので、いいボールだったと思います。

    ― 6回のピッチング、ノーアウト二塁・一塁というピンチを招いてしまいましたけども、落ち着いていました。

     キクさんのファインプレーに助けられました。

    ― チームはこれで、3カードぶりの勝ち越しとなりました。

     はい、このまま勝っていきたいと思います。

    ― 昨日、再点灯したマジックを減らすということになります。優勝という大きな目標に、1歩1歩近づいていきますが、いかがですか?

     まだ試合数も多いので、1戦1戦しっかり戦っていきたいと思います。

    ― これからもナイスピッチングを期待しています。

     ありがとうございました!

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180819-00010017-abema-base

     まさかまさかの展開で広島が17日のDeNA戦(横浜)に5―7で逆転負けした。先発の野村が7回まで1失点と好投するも、8回先頭の大和から3連打で無死満塁のピンチを招いて降板。2番手の一岡が筒香に逆転満塁弾を浴び、さらに宮崎とソトにもソロ本塁打を許して万事休す。2位ヤクルトが勝ったため、わずか2日で優勝マジックは消滅した。手痛い敗戦に、緒方監督も「ベイスターズ打線はこういう一気の集中力がチャンスの時に出る。(横浜)スタジアムのこういう時に気をつけていたけど…こうなったのは自分の責任」とショックの色を隠せない。

     首位を独走する広島だが、横浜スタジアムとは相性が良くない。連覇を達成した昨年も12勝13敗で唯一、同一リーグで負け越したのがDeNA。13敗のうち8敗はハマスタで、8月22~24日には同球場で3戦連続サヨナラ負け。しかも同23日には鈴木が守備で右中間フェンスに激突し、右足首を骨折。残りのシーズンを棒に振った。

     今年は6勝4敗と同球場で勝ち越しているが、2度のサヨナラを含む4度の逆転負けで良いイメージはない。4月26日には先発した野村が背中の張りを訴えて4回で降板し、約2か月も戦列を離れた。球団初の3連覇を目指す広島にとって、ハマスタは“鬼門”かもしれない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180818-00000023-tospoweb-base

     8月5日の横浜DeNA対広島15回戦は、首位の広島が6対5で勝利。延長10回の激闘を制して、横浜スタジアムでの3連戦を2連勝で終えた。広島は5対3で迎えた9回に、クローザーの中崎が4安打を浴びて2点差を追い付かれる苦しい展開。しかし同点で踏ん張ると、10回に併殺崩れの間に1点を勝ち越して横浜DeNAを振り切った。3年目でプロ初セーブを上げた高橋樹也投手(21)は、「絶対に抑えてやる!」という心境で延長戦のマウンドに上がっていたことを明かした。ヒーローインタビューの全文は以下の通り。


    ――プロ入り初セーブをマークした高橋樹也投手です。ナイスピッチングでした!

     ありがとうございます!

    ――同点に追い付かれて延長戦に入りましたね。その時点で10回の裏に投げることは決まっていたんじゃないかと思いますが。

     そうですね。準備はしていました。

    ――そして10回の表に味方が1点を取りました。どんな気持ちになりましたか?

     「絶対に抑えてやる!」という強い気持ちでマウンドに上がりました。

    ――抑えればプロ初セーブという場面で、いろいろな声もかかったのではないかと思いますが、いかがでしたか?

     あまり気にせず、抑えることだけを考えて投げました。

    ――高橋投手にとって横浜スタジアムはいろいろと縁がある場所ですよね。

     そうですね。初先発も初登板もここなので、思い出があります。

    ――10回の裏にマウンドに上がって、先頭バッターが出る形になりましたが、気持ちの方はどうでしたか?

     野手がしっかりと取ってくれた点数なので、もし野手がエラーをしても「自分が抑えてやる」という気持ちでした。

    ――頼もしい言葉です。最後はリクエストもあり、すんなりとはゲームセットにはなりませんでしたが、投球練習もしっかりとしていましたね。

     万が一のことがあったらアレなので……。準備はしていました。

    ――あらためて、花巻東高校から広島に入団して3年目でのプロ初セーブの感想を教えてください。

     素直に嬉しいです。毎日毎日、熱い応援ありがとうございます! これからもよろしくお願いします!

    ――今シーズン、まだまだ活躍の場があると思います。今後に向けて抱負を聞かせてください。

     自分の仕事をやるだけだと思うので、しっかりと結果を出せるように頑張りたいと思います。

    ――最後に、後輩の花巻東も甲子園で戦います。エールはありますか?

     日本一を目指して頑張ってもらいたいです!


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180805-00010021-abema-base

     「広島-DeNA」(29日、マツダスタジアム)

     広島が今季11度目の中止となった。

     朝から強い雨が降り続き、午前10時に中止が発表された。広島は薮田、DeNAは今永の先発が発表されていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180729-00000039-dal-base

    ■DeNA 9-1 広島(28日・マツダスタジアム)

     広島は28日、マツダスタジアムで行われたDeNA戦に1-9で敗れた。打線が8回までわずか2安打と沈黙し、先発の大瀬良が6回4失点で5敗目を喫した。

     2回に安部の安打などでチャンスを作り、内野ゴロの間に1点を先制したが、その後は7回2死での田中の内野安打までヒットが出なかった。3回には1死から2四球と相手失策で満塁のチャンスを作ったが、鈴木、安部が倒れて無得点。6回には2死から連続四球でスコアリングポジションに走者を進めたが、代打のバティスタが内野フライに倒れた。

     緒方監督は「安打が少なかったからね」と言葉を絞り出した後、「四球が多く、チャンスはあったが、相手に粘り切られた。勝負所で失投が少なかった」と、相手投手の粘りに脱帽した。

     先発の大瀬良は3回にソトに逆転2ランを浴び、6回には安部の失策を皮切りに2点を失った。大瀬良は「ボール自体は悪くなかったが、要所で打たれてしまった。ミスをカバーする投球ができなくて申し訳ない」と反省したが、緒方監督は「(6回の失点は)エラーからだったからね。難しいボールを拾われて、相手にうまい攻撃をされた」と右腕を責めることはなかった。

     マツダスタジアムでは交流戦後、初の黒星となった。それでも台風接近の影響で試合のなかった2位の東京ヤクルトとのゲーム差は、まだ8ゲームもある。ホームで驚異的な勝率を誇るチームに、この1敗は単なる小休止に過ぎないのかもしれない。敗戦を淡々と振り返った緒方監督は「また切り替えて、明日からだね」と、気持ちを切り替えていた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180728-00166449-fullcount-base

     オールスターゲームが終了し、いよいよ16日からプロ野球も後半戦の戦いが始まる。

    【前半戦終了時の順位表】
    1位 広 島  43勝32敗1分 -
    2位 巨 人  40勝41敗1分 6.0
    3位 阪 神  35勝38敗1分 7.0
    4位 DeNA  36勝40敗2分 7.5
    5位 中 日  37勝43敗1分 8.5
    6位 ヤクルト 34勝42敗1分 9.5

     交流戦が終了した時には首位・広島から最下位・中日まで6だったゲーム差も、前半戦が終了した時点で首位・広島と最下位・ヤクルトまでのゲーム差が9.5まで広がり、広島と2位・巨人のゲーム差も6となった。

     交流戦で躓いた広島だったが、リーグ戦再開後に再び勢いを取り戻し、首位を快走。その一方で、2位・巨人から最下位・ヤクルトまでの5球団が目まぐるしく順位を変動させている。

     14日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター オールスターゲーム第2戦』で解説を務めた真中満氏は「セ・リーグは広島が一人旅していますので、残りの5チームは、ローテーションを考えながら、広島を叩きにいくような後半戦が見たいですよね」と5球団の奮起を促した。

     12日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター フレッシュオールスターゲーム』で解説を務めた野村弘樹氏も、「カープが一歩リードしていますのでね。セントラルを面白くするためにもカープ以下5球団が、カープに対してどう戦っていくか」と、広島を除いた5球団の頑張りが必要だという。

     「その5球団もつぶし合いの可能性もでてくる。カープも含めて目の前の試合をどんどん取っていくしかないので、カープ以下5球団が抜けるためにも連勝が必要だと思います。連勝するためにも、ピッチャーでしょうね。ピッチャーが抑えていかないと。僕はそこだと思います」と続けた。

     11日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-巨人戦』で解説を務めた山本昌氏は2位の巨人に注目。「(巨人は広島より)試合数を先にこなしているというところでね。5ゲーム以内に入ると選手は一気にやる気が出るんですよ」と選手側の視点で、追いかける側の心理を解説した。

     「ですから、オールスター明けの最初の1試合、2試合、広島が負けると、巨人が一気に1つ2つ縮まる可能性があるわけですから。そこのモチベーションというのが出てくると、セ・リーグも団子になると思いますので面白いですよね」と話した。

     広島がリーグ3連覇へ向けて首位を快走する。今季も広島がリーグ制覇するのか、それともその他の球団が後半戦を巻き返すのか…。どのような展開になるか注目だ。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00159131-baseballk-base

    このページのトップヘ