広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    永川勝浩

     JR西日本と日本旅行が7月7日、広島東洋カープ2軍本拠地「由宇球場」(山口県岩国市)への日帰り応援ツアーの販売を開始する。(広島経済新聞)

     カープの今シーズン観戦チケットはビジターパフォーマンス席を除き、すでに完売しており、由宇球場への送客を図ろうと企画した。

     ツアー内容は、広島駅から新岩国駅までの「こだま号」往復新幹線の自由席乗車券と新岩国駅から由宇球場まで往復貸し切りバスによる送迎に広島駅弁当の「タナキクマル弁当」、缶ビールかお茶のそれぞれ1本がセットになる。

     対象試合は由宇球場でのウエスタン・リーグ3試合で、8月5日福岡ソフトバンクホークス戦、8月19日・20日オリックス・バファローズ戦。いずれも入場無料で、場内は内野や外野などに敷かれた芝生エリアで観戦する。

     ツアー代金は、中学生以上=4,900円、小学生=4,000円、小学生未満=500円。1人から申し込みでき、広島県内の日本旅行や日旅サービスなどで利用日の10日前まで販売する。

     「カープタウン」としてまちづくりに取り組む由宇町では5月20日、球場最寄り駅の由宇駅の列車発車メロディを「それゆけカープ」に変更している。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170710-00000061-minkei-l34

     広島は17日、マツダスタジアムで行われた福岡ソフトバンク戦に3-2で勝利し、チーム初の交流戦勝率1位に王手をかけた。終盤まで1点を争う息詰まる熱戦を制し、緒方監督は「選手もギリギリのところでやっている。ケガなく、最後はいい形で終わりたい」と選手をねぎらった。


     2-2の同点から、試合を決めたのは前夜に3打席連続本塁打を放った丸の一発だった。「同点だったので、なんとか出塁できればと打席に入った。甘いところに来たら積極的にいこうと思った」という丸は、代わったばかりの岩嵜の初球を振り抜いた。「今はいい形でボールに入っていけているし、自分の形で打てている」と、好調の要因を話した。

     投手陣は先発の野村が7回を投げて2失点、同点の8回は中崎、1点リードした9回は今村が福岡ソフトバンクに得点を許さなかった。緒方監督は「野村は初回にホームランを打たれたが、その後はしっかり修正して投げてくれた。リリーフ陣も連投が続く中、粘り強く0点に抑えてくれた」と評価した。

     埼玉西武と阪神が敗れたため、交流戦最終戦となる広島と福岡ソフトバンクの直接対決で交流戦1位が決まることになった。緒方監督は「(交流戦1位は)選手のモチベーションにはなっているかもしれないが、あくまでペナントを戦っているということが第一」と言うが、今村が「これでまた明日も楽しむ野球ができる。チャンスがあるので勝ちたい」と初のタイトルへ意欲十分で、丸も「明日勝てば、必然的にそういう結果になる。(交流戦1位は)チームのモチベーションの一つでもある」と意気込んだ。

    「昨年から自分たちのいい野球ができている。相手云々ではなく、各自がやるべきことをしっかりやっているだけ」という丸。「そういう結果が出れば、また自信になる」。チーム初となるタイトルは、連覇を目指すチームをさらに勢いづけることになる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170617-00010024-fullcount-base

    このページのトップヘ