広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    永川勝浩

    ◆ 元“守護神”永川が先発で引退登板

     9月23日、マツダスタジアムで行われた中日戦。広島でクローザーとして一時代を築いた永川勝浩が現役最後の登板を行った。引退試合ということもあり、定位置だった9回ではなく2004年以来、実に15年ぶりの先発としてマウンドに登った永川。中日の先頭打者である大島洋平に対してのみの投球だったが、きっちりと凡打に抑え、有終の美を飾っている。

     そんな永川は2002年のドラフト会議で自由枠を用い、亜細亜大から広島へと入団した。1年目から一軍で起用され、シーズン中盤からクローザーに昇格すると、40試合登板で25セーブをマーク。木佐貫洋(巨人)や村田修一(横浜)と熾烈な争いを繰り広げたが、惜しくも新人王の受賞とはならなかった。しかし、期待の若手として大きな注目を浴びたことは間違いない。

     一転、2年目はクローザーを外れ、二軍落ちも経験するなど苦しんだ。1年目から登板数を減らし、22試合の登板に終わってしまう。しかし、3年目以降は中継ぎとしてフル回転。とくに2006年からは4年連続で27セーブ以上を記録し、リーグを代表する投手にまで成長した。

     それ以降は、不振や故障に悩まされることになるが、中継ぎとしてチームを支え、昨シーズンも22試合に登板。しかし今シーズンは、一軍昇格を果たすことができず、現役引退を決意した。


    ◆ 最優秀救援投手は大野、津田、江夏が獲得

     広島で歴代最多の165セーブを挙げた永川だが、最多セーブのタイトルを獲得するには至らなかった。自己最多の38セーブをマークした2008年は、クルーン(巨人)が41セーブでタイトルを獲得しており、惜しくも手は届かなかった。

     しかしタイトルを獲得できなかったのは永川だけではない。意外なことに、最多セーブ(1974年・75年、2005年~)のタイトルホルダーを振り返ると、永川だけでなく広島からの受賞者はひとりもいない。これはセ・リーグでは広島だけ。他の5球団からは、最多セーブのタイトルホルダーが生まれている。

     ちなみにセーブポイント(セーブ数+救援勝利数で算出)が基準だった最優秀救援投手(1976年~2004年)では、大野豊(1991年)、津田恒美(1989年)、江夏豊(1979年・80年)と3人が受賞。とはいえ、直近の大野でも28年前のこと。長きに渡ってクローザーが受賞するタイトルホルダーが現れていないのだ。

     当然ではあるが、セーブ数はチームの勝利数が多ければ多いほど伸びやすい数字だ。1991年から25年間に渡って優勝から遠ざかっていた広島からタイトルホルダーが生まれなかったのも必然か。しかし、Aクラスの常連となっている近年であれば――。永川が獲得できなかった同タイトルを獲得する後輩が現れる日も近いかもしれない。

    <通算成績>
    ▼ 永川勝浩(広島)
    527試合(582回)38勝42敗165セーブ79ホールド 防御率3.47

    ▼ 過去15年の広島守護神
    ※カッコ内は同年の最多セーブ投手とセーブ数
    05年 24S:ベイル(岩瀬仁紀/46S)
    06年 27S:永川勝浩(岩瀬仁紀/40S)
    07年 31S:永川勝浩(藤川球児/46S)
    08年 38S:永川勝浩(クルーン/41S)
    09年 36S:永川勝浩(岩瀬仁紀/41S)
    10年 11S:横山竜士(岩瀬仁紀/42S)
    11年 35S:サファテ(藤川球児/41S)
    12年 21S:ミコライオ(岩瀬仁紀・バーネット/33S)
    13年 27S:ミコライオ(西村健太朗/42S)
    14年 25S:ミコライオ(呉昇桓/39S)
    15年 29S:中崎翔太(呉昇桓・バーネット/39S)
    16年 34S:中崎翔太(澤村拓一/37S)
    17年 23S:今村 猛(ドリス/37)
    18年 32S:中崎翔太(山崎康晃/37)
    19年 12S:フランスア

    ※数字は2019年9月23日終了時点


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190925-00203881-baseballk-base

     ピオーネ・ミヨシがミヨシ・ピオーネを食べた!?

     「黒い真珠 三次ピオーネ」の日の6日、広島・三次(みよし)市の三次ピオーネ生産組合などがマツダスタジアムを訪れ、三好(みよし)匠内野手(26)に最盛期を迎えた名産のぶどう品種「ピオーネ」を贈呈した。昨年までも永川やOBの梵氏など三次市出身の選手に贈られていたが、“ミヨシ”つながりで今季途中から鯉の一員になった三好に白羽の矢が立った。

     ミヨシに引っかけて上本に「ピオーネ」のニックネームを授けられた三好。初体験の1粒を口に放り込み、「おいしいです。今から旬なんですよね。これを食べてしっかり活躍したいです」と誓った。しかしニックネームはチーム内で「あんまり浸透していない」とのこと。「ファンの方にピオーネと呼んでもらえるよう頑張ります」と“ピオーネ三好”の定着を希望していた。

     生産組合などは「三好ピオーネ」計41箱を三好、永川、アドゥワ、球団に贈呈。すでに出荷が終わったハウス物は1箱(4房)約9000円、10月中旬まで店頭に並ぶ予定の露地物は1箱約7000円の高級フルーツだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190906-00000128-sph-base

     「広島-阪神」(6日、マツダスタジアム)

     広島・石原慶幸捕手が永川勝浩投手の今季限りでの現役引退を惜しんだ。

     「一緒に戦ってきた仲間ですし、さみしい。入団してからずっと抑えのポジションで投げてくれていた。永川と言えば、フォークボールというのがすごく印象的」と振り返った。「ケガもあったし、お疲れ様と言葉をかけたい」としんみりと話していた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190906-00000104-dal-base

     広島ひと筋にエースとして通算213勝をマークした野球解説者の北別府学さん(62)が6日、自身のブログを更新。自身が現役時代に付けていた背番号20の継承者で、今季限りでの現役引退を同日に発表した永川勝浩投手(38)にエールを送った。

     かつての守護神ながら今季は1軍登板がなかった永川について「もうひと花咲かせてくれよと後年は祈るような気持ちで応援をしていました」という北別府さん。「中々目立った成績があげられない時など時にはきつい小言を進言することもありました」としながらも「そんな、私の期待する永川選手がとうとう引退する事になりました」と改めて報告した上で「私から受け継いだ20番をこれまで大切に背負ってくれて本当にありがとう」と感謝の言葉を捧げた。

     永川からは直接電話で引退を報告させたそうで「今後は誰が、この20番を育ててくれ、大きくしてくれるか一緒に見守っていこうと思います」とも。「追記」として「私は球団歴代トップの213勝を挙げましたが、永川投手は抑えとして165セーブの球団歴代トップです!!」と付け加え、後輩への愛情をにじませた。

     永川は広島県三次市出身の地元選手で、新庄高、亜大を経て2002年ドラフト自由枠で広島入り。名球会入りした元エース北別府の背番号20を継承し、通算526試合に登板して38勝42敗、守護神として球団最多となる165セーブを挙げた。23日に開催される中日戦(マツダ)の試合後には引退セレモニーが予定されている。

     


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190906-00000251-spnannex-base

    ◆広島―中日(23日・マツダスタジアム)

     広島の永川勝浩投手(38)が引退登板を飾った。

     登板に先立って長女が始球式。ノーバウンド投球でパパを勇気づけた。そして2004年10月10日の横浜戦(横浜)以来5461日ぶり先発マウンドに立った背番号20。プレーボールから3球目のカウント1―1から、外角のシュート気味の球で大島を一ゴロに仕留めた。

     ここでベンチから緒方孝市監督(50)が直々にマウンドへ。カープを17年間支えてきた守護神は、潤んだ瞳で四方に頭を下げて、本拠地のファンに別れを惜しんでいた。

     直後からは大瀬良が“救援”。京田、福田を打ち取ると、その裏2死三塁から長野が適時打で先取点。格好のはなむけとなった。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190923-00000108-sph-base

     広島・永川勝浩投手(38)が23日、マツダスタジアム内で引退会見を行った。ユニホーム姿で会見場に現れ、心境を語った。代名詞とも言える決め球「フォーク」について、「キャッチャーはずーっと優秀なので」と、歴代の相棒たちを信頼して投げ込めたと振り返り、感謝した。以下、一問一答の要旨(2)。



     -若い頃と変化を自分自身で感じている。

     「昔に比べたら変わったと思いますし、変わらせてもらいましたね、周りの人に」

     -チームメート、スタッフへの思いは。

     「最初のキャッチャー西山さんから始まって、いろいろなキャッチャーに受けていただいて。本当にコントロールの悪い、ベースの前にワンバウンドするようなフォークをみんな体を張って止めていただいて、一番受けてもらったのは石原さんですかね。そういう人たちとワンバウンドを止める、止めないで議論になったこともありますし、そういう意味では体も含めて迷惑をかけたなと思います」

     -それでもフォークを投げ続けた思いは。

     「1年目からうちのキャッチャーはずーっと優秀なので。そういう意味では本当にランナー三塁でも思い切ってフォークを投げられる、キャッチャーがそろっていましたので。そういう意味ではありがたかったし、心強かったですね」

     -チームカラーが合っていた。

     「そうですね。広島に生まれたので、広島という感覚はありましたけど、入って17年させてもらって、他のチームを知らないので一概には言えないですけど、本当に最高のチームであり、本当にいい子たち、いい先輩たちに恵まれたなと思っています」

     -この後、先発のマウンドに上がる。

     「今すごくクライマックスシリーズを争っている中で、両チームの直接対決ですから。たまたまこういう時に僕のこういう試合になってしまって、先発で投げるということで。ただただ、迷惑をかけないように。(打者)1人になると思いますけど、次に投げるピッチャーに本当に迷惑にならないように、それだけを考えています」

     -どんな投球を。

     「今の自分の力で、全力で向かっていったところで、結果はあまり左右されるものではないので、本当に最後、自分に与えていただいたので、自分の投球をして結果はどうあれ、そこで踏ん切りを付けたいと思います」

     -今後のチームメートへの思いは。

     「そうですね、1軍の方では今年は僕はあまり選手と接することはなかったですけど、やっぱり2軍の方でいろんな選手と接して、若いピッチャーが多いので、今を大事にもうちょっと…、今日は今日しかないと思いながら日々を過ごしてほしいと思いますし、これから先のピッチャー陣は彼らが引っ張っていかないといけないと思いますので、そういう意味では1日1日を無駄にせず、今を生きてほしいなと思います」

     -最後にファンへメッセージを。

     「このような大した技術もない選手をずーっと応援して来てくれた方が多かったので、本当にそういう意味ではすべてのことに感謝をして、最後まで僕を応援してくれた方々、昔の市民球場の時から叱咤激励していただいた方々にすべての意味を込めてお礼を申し上げたいと思います。本当にありがとうございました」

     -背番号20に対する思いは。

     「ものすごい番号をいただきまして、1年目に。しかもピッチングコーチは北別府さんという、なかなか過酷な状況を最初に作っていただきまして、ピッチングコーチとしてものすごい感謝はありますし、20番をもう少しきれいな形で終わりたかったなとは思いますけど。さすがに200勝という、あんな偉大な成績は僕はなかなか難しかったので。そういう意味では次にこの20番を付けて投げる選手に、北別府さんのような200勝できる投手、もしくはクローザーになるのであれば、球団新記録を塗り替えられるような選手になってもらいたいと、20番に対しては思います」


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190923-00000047-dal-base

     広島・永川勝浩投手(38)が23日、マツダスタジアム内で引退会見を行った。ユニホーム姿で会見場に現れ、心境を語った。引退を告げた際の家族の反応は「『もういいんじゃない』という感じでした」と振り返りつつ、「僕自身やりきった感じはあったので」と17年間広島一筋のプロ生活を振り返った。以下、一問一答の要旨(1)。



     (自らあいさつ)「広島東洋カープで17年、大学を卒業して野球をやってきましたけど、今年で引退をして17年に区切りを付けたいと思います。今まで応援ありがとうございました」

     -いつぐらいから引退を考えていたのか。

     「ここ数年はケガもありながら、なかなかいい成績を残せなかったですから、そういうところでいろいろ考えることはありました」

     -きっかけは。

     「今年に入ってトレーニングをしても体がどこか痛くなったりとか、練習でいいパフォーマンスが出ても試合で出せなかったり。そういうところを総合して心が折れたというところです」

     -これまで何度も逆境をはね返してきたが今回ばかりは…。

     「そうですね、若い子たちが頑張ってる中で自分がそれと同等以上のボールを投げられなくなってきて、どこかで当然自分も考えないといけないことなので。今回は体をいろいろ考えながら、限界を感じてしまいました」

     -周りの反応は。

     「家族には7月前ぐらい、6月半ばぐらいには伝えましたけど、反応はそんなに大した感じではなかったので(笑い)。『もういいんじゃない』という感じでしたから、僕自身もやりきった感じはあったので。そういう感じでした」

     -思い出は。

     「いい思い出と言われたら、1年目から山本浩二監督にクローザーを任せていただいて、そういう道を作っていただいたというのはこの17年間というのはその最初のスタートがあったからこそだと思うので、そういう意味では感謝していますし、いい思い出だと思います」

     -広島出身で広島のチームに入団した。

     「広島で生まれて、広島で育ってきましたので、広島東洋カープに誘っていただいた時は、ものすごくうれしいというか。プロ野球選手である以上、広島にまた帰って故郷でプレーできるのはすごく良いものと言うと簡単ですけど、そういう気持ちがあったので、広島というところには愛着がありますね」

     -165セーブを挙げた。ストッパーの難しさは感じたか。

     「僕の場合は何回も失敗を繰り返しながら、いろんな人に迷惑をかけながら助けられてやってきたので、クローザーに対しての難しさというのは感じなかったですけど、本当にここ何年かはどうやったら人に迷惑をかけずに生きていけるんだろうということをよく考えていたので。そういう意味では、クローザーという職にはそこまで難しさは感じなかったですね」

     -野球への考え方の変化はあったか。

     「本当にいろいろ試行錯誤しながらコーチであったり、トレーナーであったり、時には後輩であったり。そういう方たちに支えられて、いろいろトライしてきましたけど、やっぱりプロの世界はそう簡単なものじゃないなというのは最後の方でつくづく感じました」

     -変化を恐れないイメージ。

     「昔は結果もそこそこ出てましたし、変化をしなくてもというところはあったと思います。本当にすぐに調子に乗る性格であり、何でも簡単にできると思ってしまう性格なので、ここ数年でいろんな意味で大人にしてもらったし、広島東洋カープに最後まで育ててもらったおかげで今の自分があると思うので、若い子たちには変化していかないといけないというのも伝えていきたいなと思いますね」

     -2017年は膝の故障もあった。

     「手術してまで契約してもらえるとは思ってなかったので、そこで契約してもらったからこそ、手術をさせてもらったからこそ昨年があったと思いますし、そういう意味ではいろんな人に支えられて、感謝するのは簡単にできますけど、本当にいろんな人に感謝したいと思います」

     -優勝、優勝旅行も経験した。

     「そうですね…、3連覇している中で、最初の2連覇の時はほぼ結果を出すことができず、昨年もそこまで出したとは言えないんですけど、最後に連れて行っていただいて、僕だけじゃなく、家族がすごく喜んでいましたし。本当に昨年の復帰登板であり、いろいろ印象に残って、周りがすごく、僕が若い時より大人な選手が多くなったと思います」


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190923-00000042-dal-base

     広島や古巣の阪神からは赤松の引退を惜しむ声が次々に上がった。大腸がんから復帰した阪神の原口は「赤松さんが元気に野球をやっていることが僕の励みになって、すごく前向きな気持ちになれた。2軍で会った時も気さくに話しかけていただいてありがたかった」と感謝の言葉を並べた。

     広島は永川に続き赤松も現役引退。功労者の連日の引退発表に緒方監督は「2人とも現役時代から一緒にプレーした選手。寂しさを感じる。何とかいい形で送り出してあげたい」と述べた。

     選手会長の会沢は「裏表のない人で本当にいい先輩だった。まだ一緒にやりたかった」と神妙な面持ち。今季2軍で一緒にプレーした長野は「赤松さんと一緒にやらせてもらい、野球に対する姿勢など学ばせていただいた。寂しいですね」と話した。 


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190907-00000098-jij-spo

     阪神・藤川球児投手(39)が7日、引退を発表した同学年の広島・永川勝浩投手(38)について胸中を明かした。

     「とても努力家と聞いていた。端から見ていても納得するまで現役でできたのではないでしょうか。非常に広島カープらしい選手だった。これからの道が楽しみですね」

     藤川と永川は“松坂世代”の同級生。2018年には村田修一(元巨人)をはじめ、小谷野栄一(元オリックス)、後藤武敏(元DeNA)らが次々と引退を発表した。今季もまた一人同級生がユニホームを脱ぎ「新しい人生のスタートと思って楽しんでほしいです」とエールを送った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190906-00000548-sanspo-base

     広島は13日、今季限りでの現役引退を決断した永川勝浩投手(38)、赤松真人外野手(37)の引退記念グッズを発売すると発表した。Tシャツ、フェイスタオル、下敷き&クリアファイルをそれぞれ販売する。

     通信販売は14日午前10時から受け付けを開始するが、両選手が引退セレモニーを行う22、23日の中日戦(マツダ)までは商品は届けられない。マツダスタジアムの正面グッズショップでは22日の午前11時から発売する。なお今回のグッズは数量限定ではない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190913-00000110-sph-base

    このページのトップヘ