広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    永川勝浩

     今年のプロ野球は3月30日に開幕。広島・永川勝浩投手(37)にとってプロ16年目は特別なシーズンだ。昨年は1軍登板なし。9月下旬に左膝のクリーニング手術を受け、現役続行を決断。現在は廿日市市内の大野練習場で、黙々と汗を流し、実戦復帰を目指している。

     「投げるのは普通に投げられるようになってきたけど、細かい動きがもうちょっと。切り返しとか。完璧にしないとダメなので」

     取材に訪れた当日のブルペンは手術明けと思えないほどの迫力だった。左足をポーンと上げる独特のフォームは今も健在。直球、ツーシーム、カットボール、フォークをコースに投げ分け、心地いいミット音を響かせる。投球練習を近くで見ていた2年目の床田が「めちゃめちゃコントロールいいですね」と思わず声をあげたほど。ただ、すべてが順風満帆ではないようだ。

     「良かったり悪かったり、いろんな日がある。今日は良かったけど、この前の日曜日は悪かった。何かつかんだと思ったら、新しい課題が見つかったり」

     ブルペンでは一進一退を繰り返しているという。それでも野球への情熱は燃えさかったまま。練習後には菊地原3軍投手コーチ、ブルペン捕手らと熱心に話し込む姿があった。

     「気持ちは誰よりもうまくなりたいと思っている。この歳になっても技術を上げたいと思ってやっている」

     今年チームはリーグ3連覇を目指す。開幕を前に、広島の新聞、テレビはカープ一色。そうしたニュースに触れる度「今シーズンも始まるな」と思うと同時に「自分が野球をやるのはここだ」と決意を新たにするという。

     「契約してもらって球団に恩がある。クビを切らないで、戦力として考えてくれた。恩を返さないといけないと思ってやっている」

     実戦マウンドは近いようで遠い。もどかしさを抱えながら永川は言う。「アップにさえ入れたら試合で投げられるんだけど。手術を受けてもう半年。1年は早い。(野球シーズンの)6カ月のタイムリミットもスタートする。ちゃんと走れる状態にして、思い切り練習できるようになってから上がりたい」

     不退転の覚悟で臨む1年が始まる。最後は「仙豆(せんず)があればいいのにな」と笑った。

    (デイリースポーツ・杉原史恭)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180330-00000063-dal-base

     今季所属球団が決まっている選手の中で、2017年シーズン、1軍出場が1度もなかった30歳オーバーの選手。普通なら戦力外通告を言い渡されてもおかしくはない境遇の選手もいる。最後に一花咲かせてほしいと願うのは球団、そしてファンに共通した願いだ。


     今季こそダメなら引退の2文字もちらついてくる選手、負傷から復活かける選手……。一時代を築いた選手がフェードアウトしていくのか、それとも土俵際で踏ん張るのか。主な選手に注目してみた。

    〇巨人・杉内俊哉投手
    37歳。NPB通算(16年)316試合142勝77敗 防御率2.95
     2005年にMVP、沢村賞を受賞するなど球界を代表する左腕も、股関節手術の影響でここ2年は1軍登板ゼロ。昨季はファーム含めて公式戦の登板機会はなかった。節目の150勝まであと8勝。復活の時を誰もが待っている。

    〇広島・永川勝浩投手
    37歳。NPB通算(15年) 504試合36勝42敗165セーブ74ホールド 防御率3.42
     2006年から4年間で132セーブをあげた鯉の元守護神。通算165セーブは堂々の球団セーブ記録だが、昨季はついに1軍登板が一度もなかった。肘の位置を下げるなど試行錯誤で復活を目指す右腕。黄金期に入った広島で再び輝けるか。

    〇ヤクルト・古野正人投手
    31歳。NPB通算(6年) 通算60試合8勝11敗2ホールド 防御率5.31
     2015年は先発、中継ぎとして27試合に登板し4勝3敗を記録。だが、翌16年には右肩を故障しリハビリに専念するために育成契約となった。

    〇ヤクルト・川端慎吾内野手
    30歳。NPB通算(12年) 通算869試合3060打数922安打34本塁打322打点
     2015年には打率.336で首位打者、195安打で最多安打を獲得し、チームをリーグ優勝に導いた。だが、17年の春季キャンプ中に腰痛を発症し同年8月に手術を受けリハビリを行い1軍出場はなかった。ヤクルトが誇る安打製造機の復活が待ち遠しい。

    引用元 https://full-count.jp/2018/01/20/post103046/

    【核心直撃】広島の永川勝浩投手(36)が、来季を「勝負の一年」と位置付けている。今季は5年ぶりに一軍登板なし。1700万円減額の年俸2000万円(推定)で来季の契約を結んだが、チームは中継ぎ、抑えが安定しており、ポジションを奪うのは厳しい状況となっている。投手陣最年長として思うことは。また、赤ヘル最後の「松坂世代」としての胸中は。直撃した。

     ――今季は5年ぶりに一軍登板がなかった

     永川:野球選手として一軍で投げるのが当たり前のこと。そういった意味では、一軍で投げられなかったことは情けないし、自分自身やれることをやって来年に臨みたいとは思っている。

     ――年俸は減額だったが再びチャンスをもらった

     永川:ありがたいこと。契約をしてもらったので、また来年頑張りたい。

     ――一軍は中継ぎ、抑えと勝ちパターンができている。ポジションを奪うという考えか、それともチーム最年長投手としてブルペンを引っ張るという考えか

     永川:どちらにせよ、結果を出さないと上(一軍)には上がれない。上で投げている彼らよりいいボールを投げようと思って練習しているが、ポジションを奪うとかいうレベルに今年も去年もなっていない。まずは一軍でチームが勝つときの力になれれば。

     ――起用法にこだわりはない

     永川:ポジションどうこうよりも、一軍で投げることが大前提。そこで投げられようにしていかないと。

     ――直球やフォークにもより磨きをかけていく

     永川:全体的にレベルアップはしないといけない。まだまだ強いボールを投げられると思って練習している。今年より強いボールに。フォークにしてもそう。いっぱい投げていけるような精度にしないといけない。

     ――制球面はどうか

     永川:制球面というよりも強いボールを投げてフォークを使えるボールにするというのがまずは第一。制球力はその次でいい。

     ――今季限りで江草仁貴氏(37)が現役引退、梵英心内野手(37)が退団。広島で「松坂世代」最後の一人となった

     永川:仕方ないこと。結果を残さないと、いなくなったりする世界なので。これは同級生にかかわらず。そういう年齢だなとは思うが、僕はまだやらせてもらえるということで、全力でやりたい。

     ――出場機会を求めて他球団に移籍するという考えはなかったのか

     永川:考え方は人それぞれあると思う。ただ、プロ野球人生始まって悪いときもあったが、なんとかここまでやらせてもらっている。僕としてはこのチームでダメだからよそでという感覚はなかった。ここに「もうダメなんじゃないか」と言われたらそのまま辞めようとは思っていたし、この先もそう。

     ――10歳と2歳の子供もいる。特に下の子供が物心つくまでは現役続行か

     永川:そこまで下の娘が分かるまで続けるとかない。あとは自分がどれだけやれるかという話なので。そうなればいいけど、執着はしていない。

     ――チーム最年長の新井が40歳。節目の年齢まで続けたいという思いは

     永川:そこまで考える余裕もないし、来年どうやってバッターを抑えようかということしか考えられない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171212-00000003-tospoweb-base

     広島・永川勝浩投手(37)が22日、広島市内にあるマツダスタジアムで契約更改交渉に臨み、減額制限を超える1700万円減の2000万円でサインした。

     今季1軍登板なしに終わったが、現役への思いは強い。「ボロボロになるまで頑張りたい。球団には感謝しています。契約してもらったので、返せるように頑張りたいです」と巻き返しを誓った。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171122-00000041-dal-base&pos=1

     広島・永川勝浩投手(36)がプロ16年目を迎える来季も現役続行することが3日、分かった。今季は1軍登板なしで、今季年俸3700万円から減額制限を超える年俸提示を受けるもよう。すでに左膝のクリーニング手術を終えており、かつての守護神が1軍のマウンドでもうひと花咲かせる。

     もう一度、1軍のマウンドを目指す。永川が減額制限を超えるとみられるダウン提示を受け入れ、来季も現役を続行することを決断した。地元の広島・三次市出身で、チーム低迷期を支えたベテランを球団も功労者として評価しており、復活へ背中を押した形だ。

     プロ15年目の今季は1軍登板なし。だが、野球への情熱は失っていない。昨秋のキャンプで投球フォームを大幅に変更。オーバースローからスリークオーターに変えて、再起を図った。「チームは今が一番いい状態。そこにベテランの僕が入っていかないと」と巻き返しを誓っていた。2軍では24試合に登板し、0勝1敗、防御率4・85。9月14日の中日戦では2/3回を2失点ながら、最速146キロを計測するなど復活の兆しを見せていた。

     実直な性格で、若手からも慕われる。野球に取り組む姿勢は最高の手本だ。ルーキーの高橋昂、長井らの若手が台頭し、26年ぶりにウエスタン・リーグを制覇する中、ベテランとして存在感を発揮した。すでに来季への準備を進めている。9月下旬には左膝をクリーニング手術。プロ16年目へ体の不安はもうない。

     全盛期はダイナミックなフォームから繰り出す150キロ超の直球と、落差の大きいフォークを武器に守護神として君臨した。06年から09年まで4年連続20セーブをマーク。16年に通算500試合登板を達成。積み重ねた165セーブは球団史上最多の数字だ。

     1軍は37年ぶりリーグ連覇を達成し、黄金期を築きつつあるが、投手力には一抹の不安が残る。チーム最多68試合に登板した今村を筆頭に、中崎、中田、一岡、ジャクソンの5人が50試合以上に登板。蓄積疲労が心配される来季は、復活度合い次第で永川にもチャンスが回ってくる可能性がある。

     永川は1軍登板なしに終わった12年のオフにも、年俸8000万円から減額制限を大幅に超える4000万減を経験した。だが、13年は29試合、14年は52試合に登板するなど輝きを取り戻した。16年目を迎える来季も、不死鳥のごとくよみがえる。
    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/10/04/0010612347.shtml

     広島の梵英心内野手(36)が今季限りで退団し、他球団で現役続行を目指すことが2日、分かった。9月に球団側と来季契約について話し合い、出場機会を求めて現役続行を強く希望。遊撃手として低迷期を支えた功労者だけに、球団は意向を最大限尊重し、自由契約の手続きを取る方針だ。3日にも正式に発表される。


     プロ12年目の秋に訪れた野球人生の岐路。梵は熟考に熟考を重ねた上で、今季限りでカープのユニホームを脱ぎ、他球団で現役続行の道を模索することを決めた。今月11日には37歳になる。それは千鈞(せんきん)の重みを持つ決断だった。本人が打ち明ける。

     「今季1軍に上がれなかったのは自分の責任。(球団から)そういう話があるだろうな…と思ったけど、辞める選択肢はなかった」

     9月に入って設けられた球団側との話し合い。金額にはこだわらず、出場機会を求めて他球団で現役続行を目指す意思を伝えた。この日は、大野練習場で2軍スタッフや同僚ナインに広島のユニホームを脱ぐことを報告。けじめをつけた。

     チームの低迷期を支えた功労者だけに、球団は本人の意思を最大限尊重し、野球協約の減額制限超過提示による自由契約とする方針だ。3日にも正式に発表される。

     梵は、地元の三次高から駒大、日産自動車に進み、05年の大学・社会人ドラフト3巡目で入団。攻守走の三拍子そろう遊撃手で、06年の新人王に輝いた。10年には43盗塁で盗塁王に輝き、ゴールデングラブ賞も受賞。強肩とスピード感あふれるプレーに定評があった。

     だが、11年に左膝痛を発症。翌12年には右膝手術も受けた。いきおい守備走塁面に影響が生じ、14年のシーズン中には遊撃の定位置を田中に譲る形に。25年ぶりのリーグ優勝を果たした昨季は、1軍出場がプロ入り最少の7試合。今季は1度も昇格できなかった。

     「体調面に不安はないし、やれるという自信がなければ、そういう結論(現役続行)にはならない。このまま終わりたくない」

     ウエスタン・リーグでは今季、48試合で打率・257。3個の盗塁も決めた。まだまだやれる――。地元広島に生まれ、カープで一時代を築いたベテラン。出場機会を求め、新たな挑戦が始まる。

     ◆梵 英心(そよぎ・えいしん)1980年(昭55)10月11日生まれ、広島県三次市出身の36歳。三次―駒大―日産自動車を経て05年大学・社会人ドラフト3巡目で広島入り。俊足好守の内野手として1年目の06年に打率・289で新人王。10年は全試合出場し、盗塁王とゴールデングラブ賞(遊撃手)を獲得した。1メートル73、76キロ。右投げ右打ち。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171003-00000008-spnannex-base

    このページのトップヘ