広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    永川勝浩

    jul271-gg

    284f9c38

    284f9c38

     記者席から思わず身を乗り出した。打席からのけ反って尻もちを付いた黒田博樹投手が、マウンドに立つ藤浪晋太郎投手をにらみ付ける。両軍選手、首脳陣がホーム付近に集まり、不穏な空気が流れた。乱闘寸前。投手が打席で魅せた闘志は、長く低迷したカープナインの意識を変えた。


     2015年4月25日の広島-阪神戦(マツダスタジアム)。この年、「広島に僕を待ってくれる人がいる。1球の重みを感じられる」と、電撃復帰を決めた黒田が先発した。チームは最下位と低迷。1-1で迎えた二回、1死一塁で打席に立った。バントを試みたが、藤浪の投球が2球続けて頭部付近を襲った。

     「自分の体は自分で守らないといけない。それにチームの士気にも関わる。(藤浪の)闘う姿勢も分かるが、負けない気持ちを出した」。試合後、黒田は当該シーンについて、こう説明した。この回に1点を取って勝ち越すと、続く三回にも2点を追加。まさに気迫で奪った勝利だった。

     ただ、黒田は対戦の翌日、投げ合った藤浪にもエールを送っている。

     「一生懸命、闘う中で起こったこと。次の対戦があれば、思い切って腕を振って投げてくれたらいい。僕は(死球を)頭に当ててしまったことがある。いろんな経験をしてきた。それを乗り越えらないと強くなれない」

     そんな言葉通りに、順風満帆な野球人生だったわけではない。エースとして活躍した2000年代前半。市民球場のマウンドに立つと、空席の目立つ客席が見えた。「ファウルボールがスタンドに入っても、誰にも当たらずイスに当たっていた」。当時の主砲だった新井貴浩内野手と2人、口を開けば勝つための方法を探した。広島復帰後は、衰えが見え始めた体で闘った。全盛期は150キロ超の直球とフォークが主体。スタイルの変化に「当然葛藤はあった」という。だが投手である前に、プロとして生きざまを探した。

     この一戦を契機に、チームは闘う集団に変貌を遂げた。復帰2年目の2016年には、初めてリーグ優勝を経験した。スタンドを見渡せば客席は、真っ赤に染まっている。新井との抱擁シーンは広島だけではなく、プロ野球ファンの感動を呼んだ。カープは地方球団ではなく「地域球団」と呼ぶ。ファンと共に戦ってきた。この年限りで現役を引退。「常に野球の神様がいると思って投げてきた」という男に、最高のフィナーレが待っていた。

     今月の17日にはオンラインで臨時の12球団代表者会議が開かれ、5月中の開幕断念と交流戦の中止を発表された。2005年に始まった交流戦の中止は16年目にして初めてで、試合数削減を含めた大幅な日程の再編も必至。最短で6月中旬以降の開幕になるが、これすら先が見えない。開幕後も当面は無観客での開催になりそうだ。

     だからこそ、例年以上に「1球の重み」が感じられるシーズンになるだろう。プロ野球界から元気、勇気を届ける1年にしたい。連覇を狙う巨人に、覇権奪回を誓う広島。戦力を整えた阪神やDeNAも頂点をうかがう。闘志あふれる気迫の対決を楽しみに待ちたい。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200425-00000043-dal-base

     今季から広島のコーチに就任した永川勝浩2軍投手コーチ(39)が、若鯉とともに日々奮闘している。現役時代は球団記録の165セーブを挙げるなど、守護神として数々の修羅場をくぐり抜けてきた同コーチ。選手には「ハングリーさ」を求め、“ギラギラした集団”を理想に掲げる。現役時代の自身の失敗談も交える指導法で、チーム力の底上げを図っていく。

     勝負師のような鋭いまなざしは、現役時代と変わらない。ブルペンでは捕手の後方、そして投手側からの目線でアドバイスを送る永川2軍投手コーチ。「若い子の話を聞いてあげないといけないと思います」と選手の声に耳を傾けることが、指導の基本スタンスだ。

     2軍という枠の中でも、1軍実績のある中堅選手から1軍出場機会がない若手に至るまで、選手の立場はさまざまだ。「1軍でやってきた人間と2軍にずっといる人間とは考え方が違う」。各選手に合った指導方法を模索し、勉強する毎日を過ごしている。

     その一方で、若鯉たちには物足りなさも感じている。「常にこう、1軍で活躍してやろうという、目がギラギラ光るような子たちになってほしい。昔はみんな、もっとギラギラしていたと思う」と自身の若手時代と比較する。

     同じユニホームを着ていながら、全員がライバル。選手一人一人が鼻息を荒くし、スターダムへ駆け上がる機会を虎視眈々(たんたん)とうかがう時代が、かつてはあった。「そういうふうな集団になっていけたら、2軍からもっと活躍する子が増えるんじゃないかなと思いますね。みんなが率先して頑張れる選手になってほしい」。ハングリーな姿勢、貪欲さを前面に押し出してほしいと願う。

     ルーキーイヤーの03年に25セーブを挙げ、華々しいデビューを飾った。07年から3年連続で30セーブを記録。チームの屋台骨を支え、球団最多記録となる165セーブを挙げたかつての守護神だが「僕がいっぱい、失敗してきたので」と苦笑いを浮かべる。

     過去に味わった自身の苦渋は、選手が花を咲かせるための“エキス”へと形を変える。「調子がいい時に調子に乗ってあまり練習しないとか、地味なことをおろそかにしていたらダメだと。『こういうことをやったら、失敗しちゃうよ』というのを伝えていけたら。当たり前のことをしっかりやっておこうという会話をしています」。基本の大切さと貪欲さの両輪で、後輩たちの成長を支えていく。

     ◆永川 勝浩(ながかわ・かつひろ)1980年12月14日生まれ、39歳。広島県出身。現役時代は右投げ右打ちの投手。新庄から亜大を経て、2002年度ドラフト自由枠で広島入団。07年から3年連続30セーブ。通算165セーブは球団歴代1位。19年限りで現役引退。通算527試合38勝42敗79ホールド、防御率3・46。20年から広島2軍投手コーチ。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200419-00000019-dal-base

     広島・岡田は“永川フォーク”の習得に取り組んだ。大野練習場での2軍練習に参加。キャッチボール中に永川2軍投手コーチから指南を受けた。

     球団最多の165セーブを記録し、今季から2軍担当として指導する同投手コーチの勝負球。岡田にとっては持ち球の一つでも多投はしておらず、「上から叩いて押し出すイメージ。僕は回転をかけて落とすイメージがあったけど、無回転でもいいんだ…と思った」と発見があった。

     今季から救援へ転向し、オープン戦防御率9・00と結果を残せず2軍調整中。「直球だけで押すわけではない。打者によって、変化球も混ぜながら打ち取っていかないといけない」と課題を見つめ直した。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200402-00000100-spnannex-base

    dvdu005467

     2017年まで広島でプレーし、この2年間は社会人野球のエイジェックで選手兼コーチを務めていた梵英心氏(39)が今季限りでの引退を決めた。

     11月上旬、広島市のおりづるタワーで行われた引退報告会にはファン160人が詰めかけた。梵氏は「これまで多くの方にサポートしていただいて感謝しています。広島で引退を報告することができ、ほっとしたというか、すっきりした気持ちです」と語った。

     「松坂世代」でもある梵氏は三次高から駒大、日産自動車を経て05年度の大学社会人ドラフト3巡目で広島に入団した。06年に新人王に輝き、10年には俊足好打を武器に盗塁王を獲得。ゴールデングラブ賞も受賞した守備の名手でもある。13年にはカープ初のCS進出にも貢献した。「あそこからカープは常勝チームになった。それに関われたのは僕の財産」と振り返る。

     しかし、世代交代の波にのみ込まれ、徐々に出場機会が減っていき、17年のオフに広島を退団。NPB球団からオファーはなく、人材派遣・紹介業のエイジェックが18年2月に栃木県を拠点に発足させた野球部に選手兼コーチとして加入した。

     自身2度目の社会人野球は「毎日刺激的でとても楽しかった」と話す。若手選手への指導も熱心に行い、「プロ野球で感じられないプレッシャーだったり、責任感だったり、会社一体となって戦う姿勢だったり、そういうものがとても新鮮に感じた。プロ野球だけでなく、社会人野球も多くの人に興味を持ってもらえれば」と、社会人野球の魅力を再認識した。

     そして、今季限りで現役引退。「39歳になるまでプレーできたのは恩師やチームメートらたくさんに人のサポートがあったから」と感謝の言葉を口にする。今後はチームから離れるものの、エイジェックのスポーツ部門に籍を置きながら、野球解説や小中学生の指導に携わる。「エイジェックでの2年間は今後の自分に生きてくると思うので、この経験をどういうふうに生かしていくか模索しながらやっていきたい」

     今月初めには自叙伝ともいえる著書「梵脳(ぼんのう)~失敗したらやり直せばいい。」((株)サンフィールド刊)を出版した。カープ時代の秘話、チームメートだった黒田博樹氏、新井貴浩氏らとの秘蔵エピソード、カープ退団の真相などがつづられており、「いろいろな失敗やつまずいたことも含めて書きました。一アスリートだった人間が書いた本ですが、読んだ人が少しでも参考になるものがあれば」と話す。

     新たな挑戦は始まったばかり。「これからもスポーツを自分のそばから離すことなく付き合っていきたい」。12年間在籍したカープ、2度にわたる社会人野球の経験を生かしながら、今後はより大きな視点でスポーツ界と関わっていく。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191127-00000088-dal-base

     広島・中村恭平投手(30)が3日、廿日市市の大野練習場で行われた2軍秋季練習で、新たな決め球としてフォークを磨き、進化することをテーマに掲げた。今季は自己最多の43試合に登板し、セットアッパーを任されるまでの大躍進を遂げた左腕。今季ほぼ使ってこなかった球をモノにし、さらなる高みを目指す。

     大躍進したプロ9年目。だが中村恭はもう一段高いステージを求めて鍛錬に励んでいる。自らに課すのは決め球としてフォークを自在に操ることだ。元々持ち球でもあるが、「精度が良くなかったので、今年はあまり使っていなかった。安定して質がいいのを投げられればいい」と端正なマスクを引き締めた。

     1軍で多くの経験を積んだからこそ感じた課題だ。力強い直球とスライダーで相手をねじ伏せた今季。しかし「2球種だと何回も対戦するとどっちかに絞られた。相手の考える選択肢が3つになった方が確率的にはいい。変化球を意識させられる球、空振りを取れる球があればいいな、と」と狙いを説明した。

     シーズン終盤の9月下旬に上半身のコンディション不良で出場選手登録を抹消されたが、現在は問題なし。秋季練習中は1クールに1、2回ブルペンに入り、フォークの握りなどを試行錯誤していく。「フォークが生きれば、真っすぐも生きてくると思う」と前だけを見据える。

     セットアッパーも任された今季は自己最多の43試合に登板し防御率2・64。「自分が思ったよりやれたことは良かった。でも今年2回離脱して。1年間帯同できるようにしたい」。永川が引退したことで、来季チームの日本人投手最年長となる左腕。己を磨き、さらにでっかくなる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191104-00000042-dal-base

    ◆ 元“守護神”永川が先発で引退登板

     9月23日、マツダスタジアムで行われた中日戦。広島でクローザーとして一時代を築いた永川勝浩が現役最後の登板を行った。引退試合ということもあり、定位置だった9回ではなく2004年以来、実に15年ぶりの先発としてマウンドに登った永川。中日の先頭打者である大島洋平に対してのみの投球だったが、きっちりと凡打に抑え、有終の美を飾っている。

     そんな永川は2002年のドラフト会議で自由枠を用い、亜細亜大から広島へと入団した。1年目から一軍で起用され、シーズン中盤からクローザーに昇格すると、40試合登板で25セーブをマーク。木佐貫洋(巨人)や村田修一(横浜)と熾烈な争いを繰り広げたが、惜しくも新人王の受賞とはならなかった。しかし、期待の若手として大きな注目を浴びたことは間違いない。

     一転、2年目はクローザーを外れ、二軍落ちも経験するなど苦しんだ。1年目から登板数を減らし、22試合の登板に終わってしまう。しかし、3年目以降は中継ぎとしてフル回転。とくに2006年からは4年連続で27セーブ以上を記録し、リーグを代表する投手にまで成長した。

     それ以降は、不振や故障に悩まされることになるが、中継ぎとしてチームを支え、昨シーズンも22試合に登板。しかし今シーズンは、一軍昇格を果たすことができず、現役引退を決意した。


    ◆ 最優秀救援投手は大野、津田、江夏が獲得

     広島で歴代最多の165セーブを挙げた永川だが、最多セーブのタイトルを獲得するには至らなかった。自己最多の38セーブをマークした2008年は、クルーン(巨人)が41セーブでタイトルを獲得しており、惜しくも手は届かなかった。

     しかしタイトルを獲得できなかったのは永川だけではない。意外なことに、最多セーブ(1974年・75年、2005年~)のタイトルホルダーを振り返ると、永川だけでなく広島からの受賞者はひとりもいない。これはセ・リーグでは広島だけ。他の5球団からは、最多セーブのタイトルホルダーが生まれている。

     ちなみにセーブポイント(セーブ数+救援勝利数で算出)が基準だった最優秀救援投手(1976年~2004年)では、大野豊(1991年)、津田恒美(1989年)、江夏豊(1979年・80年)と3人が受賞。とはいえ、直近の大野でも28年前のこと。長きに渡ってクローザーが受賞するタイトルホルダーが現れていないのだ。

     当然ではあるが、セーブ数はチームの勝利数が多ければ多いほど伸びやすい数字だ。1991年から25年間に渡って優勝から遠ざかっていた広島からタイトルホルダーが生まれなかったのも必然か。しかし、Aクラスの常連となっている近年であれば――。永川が獲得できなかった同タイトルを獲得する後輩が現れる日も近いかもしれない。

    <通算成績>
    ▼ 永川勝浩(広島)
    527試合(582回)38勝42敗165セーブ79ホールド 防御率3.47

    ▼ 過去15年の広島守護神
    ※カッコ内は同年の最多セーブ投手とセーブ数
    05年 24S:ベイル(岩瀬仁紀/46S)
    06年 27S:永川勝浩(岩瀬仁紀/40S)
    07年 31S:永川勝浩(藤川球児/46S)
    08年 38S:永川勝浩(クルーン/41S)
    09年 36S:永川勝浩(岩瀬仁紀/41S)
    10年 11S:横山竜士(岩瀬仁紀/42S)
    11年 35S:サファテ(藤川球児/41S)
    12年 21S:ミコライオ(岩瀬仁紀・バーネット/33S)
    13年 27S:ミコライオ(西村健太朗/42S)
    14年 25S:ミコライオ(呉昇桓/39S)
    15年 29S:中崎翔太(呉昇桓・バーネット/39S)
    16年 34S:中崎翔太(澤村拓一/37S)
    17年 23S:今村 猛(ドリス/37)
    18年 32S:中崎翔太(山崎康晃/37)
    19年 12S:フランスア

    ※数字は2019年9月23日終了時点


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190925-00203881-baseballk-base

    このページのトップヘ