広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    永川勝浩

     広島の中崎翔太投手が8日、本拠地マツダスタジアムでの中日戦で、通算100セーブを達成した。NPB史上30人目となる。

     NPBの歴代通算セーブ数ランキングを見ると、以下の通りとなる(100セーブ以上)。()内は実働年、RPは救援登板数。※は現役。江夏豊はセーブ制導入後の数字。

    1岩瀬仁紀405S/985RP(1999-2018)※
    2高津臣吾286S/584RP(1991-2007)
    3佐々木主浩252S/431RP(1990-2005)
    4サファテ234S/427RP(2011-2018)※
    5小林雅英228S/450RP(1999-2011)
    6藤川球児224S/672RP(2000-2018)※
    7江夏豊193S/495RP(1967-1984)

    8馬原孝浩182S/371RP(2004-2015)
    9クルーン177S/304RP(2005-2010)
    10武田久167S/534RP(2003-2017)
    11永川勝浩165S/518RP(2003-2018)※
    12豊田清157S/476RP(1995-2011)
    13平野佳寿156S/484RP(2006-2017)
    14赤堀元之139S/360RP(1989-2004)
    15大野豊138S/483RP(1977-1998)
    16大塚晶則137S/305RP(1997-2003)
    17増井浩俊134S/427RP(2010-2018)※
    18斉藤明夫133S/383RP(1977-1993)
    19鹿取義隆131S/739RP(1979-1997)
    20山本和行130S/539RP(1972-1988)
    21林昌勇128S/238RP(2008-2012)
    22牛島和彦126S/327RP(1980-1993)
    23ギャラード120S/194RP(2000-2004)
    24山崎康晃118S/223RP(2015-2018)※
    25ペドラザ117S/194RP(1999-2003)
    26郭源治116S/266RP(1981-1996)
    27山口俊111S/320RP(2006-2018)※
    28佐々岡真司106S/267RP(1990-2007)
    29MICHEAL104S/286RP(2005-2012)
    30中崎翔太100S/283RP(2012-2018)※

     セーブは1974年に正式に記録として導入され、それ以降の投手が対象となっている。通算最多セーブ記録は長らく江夏豊が保持していたが、佐々木主浩が1998年に14年ぶりにこれを更新、以後、高津臣吾、藤川球児、岩瀬仁紀とクローザーに特化した投手が続々と登場して、記録を更新した。

     中崎は史上30人目の100セーブだが、現役では8人目。広島で100セーブを挙げたのはこれが4人目となる。広島の通算セーブ数5傑は以下のようになっている。

    1永川勝浩165S/518RP(2003-2018)※
    2大野豊138S/483RP(1977-1998)
    3佐々岡真司106S/267RP(1990-2007)
    4中崎翔太100S/283RP(2012-2018)※
    5津田恒実90S/228RP(1982-1991)

     広島のクローザーといえば1979年日本シリーズの「江夏の21球」の江夏豊が有名だが、江夏は1978-80年の3シーズンだけ在籍し55セーブを挙げたのみ。上位5人はすべて広島の生え抜きだ。

     多くの場合、クローザーはチームに1人だけ選任される。広島で言えば、永川が長くクローザーを務め、その後サファテ(現ソフトバンク)、ミコライオと外国人が続いたのちに中崎がクローザーになった。しかし、昨年は不振が続いたために、一時期今村猛と持ち場を交換し、中継ぎ投手になった。

     中崎と通算セーブ数24位のDeNA山崎康晃は同じ1992年生まれ。中崎は8月10日、山崎は10月2日に26歳になる。救援投手として入団し、1年目からクローザーとして起用され、わずか4年で100セーブをクリアした山崎に対し、中崎は当初は先発。その後中継ぎに転向し、さらにクローザーになったため、達成まで7年を要した。異なる道のりを歩んできた2人だが、今後も同じセ・リーグのライバルとしてセーブ数を積み重ねていくことになるだろう。


    引用元 https://full-count.jp/2018/08/09/post175647/

     「ヤクルト3-6広島」(31日、神宮球場)

     広島が勝ち、月間成績を12勝5敗で7月を終えた。

     最短で8月2日にマジックが点灯するが、緒方監督の通算300勝にもあと2勝としており、区切りの勝利でマジック点灯の可能性もある。

     なお、広島監督で通算300勝以上は、古葉竹識711、山本浩二649、白石勝己581、三村敏之337、野村謙二郎321の5人。

     試合は同点の六回にバティスタが適時二塁打を放ち、1点の勝ち越しに成功。八回には安部の4号2ラン、田中の7号ソロで3点を追加した。

     投げては先発・ジョンソンは5回5安打2失点で8勝目(2敗)。4点リードの九回は中崎が1点を失い、なおも2死満塁でバレンティンを迎えたが二ゴロに打ち取り、逃げ切った。

     勝ち越し打を含む2本の二塁打を放ったバティスタはヒーローインタビューを受け、「とにかく前へ飛ばす気持ちで打席に入りました。点が入ってすごくうれしいです。最近は調子がいい。3連覇、目指していきます」とコメントした。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180731-00000140-dal-base

     「阪神3-9広島」(26日、甲子園球場)

     広島が快勝し、リーグ50勝一番乗り。初回、阪神・藤浪の乱調もあって、大量リードを奪うと、その後も得点を重ね、投手陣を援護。結局、毎回走者を出しての15安打で9点を奪い、阪神を圧倒した。



     初回は4四球に西川、磯村の適時打など3安打を重ねて5点を先取。四回には鈴木の犠飛、六回には鈴木が左前適時打を放ち、追加点を奪った。八回には丸の21号2ランでダメを押した。

     投げては先発の岡田が3回4安打1失点で降板も、四回以降はアドゥワ、一岡、中田、永川とつないで阪神打線の反撃を2点に抑えた。

     3安打2打点の西川は「試合開始が1時間10分遅れたが、選手全員が集中力を切らさずに試合に臨めた。(初回は)最低限の仕事をしようと思って最高の仕事ができた。最近打っていなかったので、良かった。これからも目の前の試合を全力で戦っていく」と振り返っていた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180726-00000150-dal-base

     「広島8-6巨人」(22日、マツダスタジアム)

     広島・アドゥワ誠投手が2番手として登板し、2回2/3を完全投球。最大6点差をひっくり返す逆転勝利に大きく貢献した。

     0-6の四回1死から登板。マギー、岡本の3、4番を抑えると、五回も冷静に右腕を振り続けた。先頭の陽岱鋼を武器のチェンジアップで空振り三振に仕留めると、田中俊、石川も斬り三者凡退。味方が直後に同点とすると波に乗り、六回も完璧に相手打線を封じた。

     初のお立ち台に上がった高卒2年目は「任されたところを必死に抑えようと思って、結果を残せたので良かった」と安どの表情を浮かべた。

    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2018/07/22/0011470956.shtml

     「広島8-6巨人」(22日、マツダスタジアム)

     広島が2位巨人に3連勝した。6点差をひっくり返し、貯金は15。2位とのゲーム差も8となった。緒方孝市監督は「今日も打線がね。(今村を)それまでは打てていなかったんだけど、(四回に)バティスタから始まって、次の回も野手全員が集中力を持ってやってくれた」とたたえた。

     指揮官はアドゥワをはじめに、中継ぎ陣も評価した。2年ぶりの白星を挙げた永川については「だんだん上がってきた時より、制球できるようになってきた。いいところで結果を出してくれているので、いいところで使いたい」とうなずいた。

     最後にファンへ感謝した。「選手も気持ちが入って、スタンドのファンの後押しがあって、初戦から信じられないような勝ちが続いている。また来週6連戦が続く。また1試合1試合しっかり戦っていきたい」と力を込めた。

    ■広島 8-6 巨人(22日・マツダスタジアム)

     広島が6点差から一発攻勢で試合をひっくり返す驚愕の逆転勝利を飾った。22日、本拠地マツダスタジアムでの巨人戦。4回までに0-6とリードされたが、そこから丸が2打席連続の2ランを放つなど5本塁打が飛び出して試合をひっくり返した。

     先発の高橋昂が3回にマギーに3ラン、4回には吉川尚に2ランを浴びるなど3点を失って6失点。序盤で苦しい展開となった広島だが、その底力は半端じゃなかった。4回にバティスタが14号ソロを放って反撃の狼煙を上げると、そこから怒涛の“花火大会”が始まった。

     5回に田中が5号2ランを放つと、丸にも19号2ラン。さらに鈴木が13号ソロと5回に一挙3本塁打で5点を奪い取って試合を振り出しに。同点で迎えた7回には丸が2打席連発となる20号2ランを放って勝ち越しに成功。驚異の本塁打攻勢で2位巨人に3連勝し、その差を今季最大の8ゲーム差に広げた。

     巨人は投手陣が崩壊。先発の今村が、打たれた3安打全てが本塁打となって5失点。5回途中でノックアウトされると、代わった野上も1失点。20日に100勝100セーブ100ホールドの“トリプル100”を記録した上原が丸に決勝の2ランを浴びた。この日打たれた6安打のうち5本が本塁打。逆転負けで自力Vが消滅した。このカード3連敗となり、今季の広島戦は8試合を残して4勝12敗となり、早くも勝ち越しがなくなった。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180722-00160932-fullcount-base

    ○ 広島 7 - 5 巨人 ●
    <15回戦・マツダ>

     首位・広島が2位・巨人に連勝し、貯金を今季最多の14とした。さらに2位・巨人とのゲーム差を7に広げた。

     広島は初回、巨人のエース・菅野智之を攻めたて、鈴木誠也、野間峻祥の適時打で2点を先制する。先発した大瀬良大地は2-1の4回、3点を失い逆転を許したが、その裏、田中広輔の犠飛で1点を還す。3-4で迎えた5回に、西川龍馬、会沢翼の連続適時打で3点を奪い逆転に成功。6-4の8回には田中広輔の適時三塁打で追加点を挙げた。9回に1点を失ったが、リードを守り切り広島が7-5で勝利した。

     同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 広島-巨人戦』で解説を務めた江本孟紀氏は、試合後のヒーローインタビュー前に「こういう試合で(ヒーローインタビューが誰か)パッと分からないくらいみんながヒーローなんですよ。西川だってそうでしょう。野間もそうだし、一人だけ目立つようなチームじゃダメなんですよ。(強さの)象徴的なんですよ」と勝利の要因に層の厚さをあげていた。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180721-00159716-baseballk-base

     「広島-巨人」(21日、マツダスタジアム)

     広島・永川勝浩投手が、2番手で好救援。2点リードの六回、先発・大瀬良が招いた2死二、三塁のピンチでマウンドへ上がり、代打・石川を投ゴロに仕留めた。永川はこれで、8試合連続無失点となった。

     09年まで3年連続30セーブを挙げた元守護神。10年以降は故障に苦しみ続け、昨季は5年ぶりに1軍登板もなかった。だが、37歳で迎えた今季は復活。試合前の時点で10試合に登板し、防御率0・93と安定感が光っている。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180721-00000116-dal-base&pos=3

    このページのトップヘ