広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    永川勝浩

    【核心直撃】広島の永川勝浩投手(36)が、来季を「勝負の一年」と位置付けている。今季は5年ぶりに一軍登板なし。1700万円減額の年俸2000万円(推定)で来季の契約を結んだが、チームは中継ぎ、抑えが安定しており、ポジションを奪うのは厳しい状況となっている。投手陣最年長として思うことは。また、赤ヘル最後の「松坂世代」としての胸中は。直撃した。

     ――今季は5年ぶりに一軍登板がなかった

     永川:野球選手として一軍で投げるのが当たり前のこと。そういった意味では、一軍で投げられなかったことは情けないし、自分自身やれることをやって来年に臨みたいとは思っている。

     ――年俸は減額だったが再びチャンスをもらった

     永川:ありがたいこと。契約をしてもらったので、また来年頑張りたい。

     ――一軍は中継ぎ、抑えと勝ちパターンができている。ポジションを奪うという考えか、それともチーム最年長投手としてブルペンを引っ張るという考えか

     永川:どちらにせよ、結果を出さないと上(一軍)には上がれない。上で投げている彼らよりいいボールを投げようと思って練習しているが、ポジションを奪うとかいうレベルに今年も去年もなっていない。まずは一軍でチームが勝つときの力になれれば。

     ――起用法にこだわりはない

     永川:ポジションどうこうよりも、一軍で投げることが大前提。そこで投げられようにしていかないと。

     ――直球やフォークにもより磨きをかけていく

     永川:全体的にレベルアップはしないといけない。まだまだ強いボールを投げられると思って練習している。今年より強いボールに。フォークにしてもそう。いっぱい投げていけるような精度にしないといけない。

     ――制球面はどうか

     永川:制球面というよりも強いボールを投げてフォークを使えるボールにするというのがまずは第一。制球力はその次でいい。

     ――今季限りで江草仁貴氏(37)が現役引退、梵英心内野手(37)が退団。広島で「松坂世代」最後の一人となった

     永川:仕方ないこと。結果を残さないと、いなくなったりする世界なので。これは同級生にかかわらず。そういう年齢だなとは思うが、僕はまだやらせてもらえるということで、全力でやりたい。

     ――出場機会を求めて他球団に移籍するという考えはなかったのか

     永川:考え方は人それぞれあると思う。ただ、プロ野球人生始まって悪いときもあったが、なんとかここまでやらせてもらっている。僕としてはこのチームでダメだからよそでという感覚はなかった。ここに「もうダメなんじゃないか」と言われたらそのまま辞めようとは思っていたし、この先もそう。

     ――10歳と2歳の子供もいる。特に下の子供が物心つくまでは現役続行か

     永川:そこまで下の娘が分かるまで続けるとかない。あとは自分がどれだけやれるかという話なので。そうなればいいけど、執着はしていない。

     ――チーム最年長の新井が40歳。節目の年齢まで続けたいという思いは

     永川:そこまで考える余裕もないし、来年どうやってバッターを抑えようかということしか考えられない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171212-00000003-tospoweb-base

     広島・永川勝浩投手(37)が22日、広島市内にあるマツダスタジアムで契約更改交渉に臨み、減額制限を超える1700万円減の2000万円でサインした。

     今季1軍登板なしに終わったが、現役への思いは強い。「ボロボロになるまで頑張りたい。球団には感謝しています。契約してもらったので、返せるように頑張りたいです」と巻き返しを誓った。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171122-00000041-dal-base&pos=1

     広島・永川勝浩投手(36)がプロ16年目を迎える来季も現役続行することが3日、分かった。今季は1軍登板なしで、今季年俸3700万円から減額制限を超える年俸提示を受けるもよう。すでに左膝のクリーニング手術を終えており、かつての守護神が1軍のマウンドでもうひと花咲かせる。

     もう一度、1軍のマウンドを目指す。永川が減額制限を超えるとみられるダウン提示を受け入れ、来季も現役を続行することを決断した。地元の広島・三次市出身で、チーム低迷期を支えたベテランを球団も功労者として評価しており、復活へ背中を押した形だ。

     プロ15年目の今季は1軍登板なし。だが、野球への情熱は失っていない。昨秋のキャンプで投球フォームを大幅に変更。オーバースローからスリークオーターに変えて、再起を図った。「チームは今が一番いい状態。そこにベテランの僕が入っていかないと」と巻き返しを誓っていた。2軍では24試合に登板し、0勝1敗、防御率4・85。9月14日の中日戦では2/3回を2失点ながら、最速146キロを計測するなど復活の兆しを見せていた。

     実直な性格で、若手からも慕われる。野球に取り組む姿勢は最高の手本だ。ルーキーの高橋昂、長井らの若手が台頭し、26年ぶりにウエスタン・リーグを制覇する中、ベテランとして存在感を発揮した。すでに来季への準備を進めている。9月下旬には左膝をクリーニング手術。プロ16年目へ体の不安はもうない。

     全盛期はダイナミックなフォームから繰り出す150キロ超の直球と、落差の大きいフォークを武器に守護神として君臨した。06年から09年まで4年連続20セーブをマーク。16年に通算500試合登板を達成。積み重ねた165セーブは球団史上最多の数字だ。

     1軍は37年ぶりリーグ連覇を達成し、黄金期を築きつつあるが、投手力には一抹の不安が残る。チーム最多68試合に登板した今村を筆頭に、中崎、中田、一岡、ジャクソンの5人が50試合以上に登板。蓄積疲労が心配される来季は、復活度合い次第で永川にもチャンスが回ってくる可能性がある。

     永川は1軍登板なしに終わった12年のオフにも、年俸8000万円から減額制限を大幅に超える4000万減を経験した。だが、13年は29試合、14年は52試合に登板するなど輝きを取り戻した。16年目を迎える来季も、不死鳥のごとくよみがえる。
    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/10/04/0010612347.shtml

     広島の梵英心内野手(36)が今季限りで退団し、他球団で現役続行を目指すことが2日、分かった。9月に球団側と来季契約について話し合い、出場機会を求めて現役続行を強く希望。遊撃手として低迷期を支えた功労者だけに、球団は意向を最大限尊重し、自由契約の手続きを取る方針だ。3日にも正式に発表される。


     プロ12年目の秋に訪れた野球人生の岐路。梵は熟考に熟考を重ねた上で、今季限りでカープのユニホームを脱ぎ、他球団で現役続行の道を模索することを決めた。今月11日には37歳になる。それは千鈞(せんきん)の重みを持つ決断だった。本人が打ち明ける。

     「今季1軍に上がれなかったのは自分の責任。(球団から)そういう話があるだろうな…と思ったけど、辞める選択肢はなかった」

     9月に入って設けられた球団側との話し合い。金額にはこだわらず、出場機会を求めて他球団で現役続行を目指す意思を伝えた。この日は、大野練習場で2軍スタッフや同僚ナインに広島のユニホームを脱ぐことを報告。けじめをつけた。

     チームの低迷期を支えた功労者だけに、球団は本人の意思を最大限尊重し、野球協約の減額制限超過提示による自由契約とする方針だ。3日にも正式に発表される。

     梵は、地元の三次高から駒大、日産自動車に進み、05年の大学・社会人ドラフト3巡目で入団。攻守走の三拍子そろう遊撃手で、06年の新人王に輝いた。10年には43盗塁で盗塁王に輝き、ゴールデングラブ賞も受賞。強肩とスピード感あふれるプレーに定評があった。

     だが、11年に左膝痛を発症。翌12年には右膝手術も受けた。いきおい守備走塁面に影響が生じ、14年のシーズン中には遊撃の定位置を田中に譲る形に。25年ぶりのリーグ優勝を果たした昨季は、1軍出場がプロ入り最少の7試合。今季は1度も昇格できなかった。

     「体調面に不安はないし、やれるという自信がなければ、そういう結論(現役続行)にはならない。このまま終わりたくない」

     ウエスタン・リーグでは今季、48試合で打率・257。3個の盗塁も決めた。まだまだやれる――。地元広島に生まれ、カープで一時代を築いたベテラン。出場機会を求め、新たな挑戦が始まる。

     ◆梵 英心(そよぎ・えいしん)1980年(昭55)10月11日生まれ、広島県三次市出身の36歳。三次―駒大―日産自動車を経て05年大学・社会人ドラフト3巡目で広島入り。俊足好守の内野手として1年目の06年に打率・289で新人王。10年は全試合出場し、盗塁王とゴールデングラブ賞(遊撃手)を獲得した。1メートル73、76キロ。右投げ右打ち。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171003-00000008-spnannex-base

     広島の江草仁貴投手(37)が20日、今季限りでの引退を球団に申し入れ、了承された。小気味良いテンポで凡打の山を築いた左腕は「思うような球を投げられず、イメージするようなアウトが取れなくなった」と引退理由を明かした。

     今季は1軍登板はなく8月には決意していたが「優勝を目指すチームに水を差したくない」との意向で、この日の発表となった。バレーボールの元日本代表だった竹下佳江夫人からは「好きなようにしたらいいと思う」と労われた。

     阪神時代の05年には同じ中継ぎ投手陣の桟原、橋本、江草の頭文字を取って「SHE」と称され、リーグ優勝に貢献。西武移籍を経て、広島県福山市出身で幼いころからファンだった広島に12年に移籍した。「一度マツダスタジアムのお立ち台に立ちたかった。(11年オフに西武からの)トレードが決まったときは正直うれしかった。ユニホームを着られたことを誇りに思う」

     今後については「本当に何も決めていない。これから決めていきたい」と話した。練習前にはチームメートにあいさつ。全員と握手を交わして別れを惜しんだ。33年ぶりの日本一をめざすチームには「普通にやれば勝てるチーム。一生懸命やって勝ってほしい」とエール。一人のファンに戻っていた。

     ◆江草 仁貴(えぐさ・ひろたか)1980年(昭55)9月3日生まれ、広島県出身の37歳。盈進、専大を経て、02年ドラフト自由枠で阪神入団。主に中継ぎで活躍し、05年には桟原、橋本とのトリオ「SHE」で優勝に貢献。シーズン50試合以上登板を4度こなした。11年5月にトレードで西武移籍。12年3月に再びトレードで移籍した広島では、在籍6年で52試合に登板した。1メートル78、83キロ。左投げ左打ち。
    引用元 http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/09/21/kiji/20170920s00001173414000c.html

    このページのトップヘ