広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    江夏豊

     プロ野球セ・リーグは、広島が37年ぶりの連覇を果たした。大型連載の第26回は広島一筋22年、先発に、抑えにと活躍した大野豊氏(62)。二十歳のころは島根・出雲市信用組合に勤務しながら、軟式のチームでプレーしていた。21歳のときにドラフト外でプロ入り。通算148勝138セーブを挙げた裏には、多くの人との出会い、社会人時代の貴重な経験があった。

     プロ野球選手を目指そうなんて、考えたことはありませんでした。なりたいと思ったこともありません。二十歳になったのは1975年。のちにお世話になる広島カープが初のリーグ優勝を飾った年です。私は出雲市信用組合に入行して2年目。軟式野球部でプレーしていました。

     ノンプロではないので、午前中だけ仕事をして、午後は練習に専念というわけにはいきません。本店の渉外担当として朝から夕方まで業務をこなした後、日が暮れるまで練習をするという毎日でした。

     朝は8時半に出勤し、9時頃から課のミーティングで、その日の担当エリアをチェック。午前中は商店街を中心に歩き回りました。午後は原付きバイクで遠方を回り、夕方に本店へ戻って集金したお金の計算です。金額が合えば5時頃に終了しますが、1円でも違っていると、合うまで数え直しでした。

     野球部といっても専用グラウンドはなく、日替わりで借りたグラウンドに、仕事が終わった人から集合。土曜の午後や仕事が休みの日曜に、まとまった練習や試合をしました。

     初任給は、手取りで約3万5000円。毎年、1万円ずつの昇給でした。出費は通勤用に買った原付きバイクとスーツの月賦が計5000円。家に5000円を入れ、できる範囲で貯金した残りが自由に使えるお金です。朝のミーティングは喫茶店でモーニングを食べながらだったので、月単位だと、朝食に最もお金がかかったかもしれません。

     プロに入るまで、ずっと軟式でプレーしていたと思っている人もいるようですが、出雲商高では硬式でした。真っすぐはそれなりに速かったので、はまれば抑えるけど、なかなかはまらないという投手です。中学、高校の大会で優勝したとか、何か記録を残したことはありません。夏場はやせて、すぐにばててしまうこともあり、高校3年夏の島根大会は初戦敗退でした。

     母子家庭で育った私は、母(富士子さん)を早く楽にさせてあげたくて、中学を卒業したら自立しようとも思いましたが、将来のために実業を学ぶことができる商業高校への進学を選びました。

     卒業後も野球は続けたかったので、3年生の夏が終わると杉原宏敦監督の勧めで、1学年下の捕手と一緒に1週間、ノンプロの三菱重工三原(広島・三原市、2014年に解散)の練習に参加しました。しかし、お世話になろうという気にはなりませんでした。就職は母がいる地元で、と考えていたからです。

     就職案内を見ても、出雲市内に硬式野球部を持つ企業はありません。銀行マンは自分の性格に合わないだろうと思いながらも、軟式とはいえ唯一、野球部がある出雲市信用組合を選んだのです。 (あすに続く)

    ■大野 豊(おおの・ゆたか)

     1955(昭和30)年8月30日生まれ、62歳。島根県出身。出雲商高、出雲市信用組合を経て77年3月にドラフト外で広島に入団。抑え、先発と転向を繰り返し、80-90年代の広島投手陣を支えた。98年に引退するまで22年間の通算成績は148勝100敗138セーブ、防御率2・90。主なタイトルは最優秀防御率2度、最優秀救援、沢村賞各1度。引退後は広島と、2004年アテネ、08年北京両五輪日本代表で投手コーチ。13年に野球殿堂入り。左投げ左打ち。
    引用元 http://www.sanspo.com/baseball/news/20170926/npb17092611000001-n1.html

     ◇セ・リーグ 広島3―2阪神(2017年9月18日 甲子園)

     広島のリーグ連覇は1979、80年以来、37年ぶりだ。当時、守護神として連覇に貢献した江夏豊氏(69=野球評論家)が当時を振り返った。(聞き手・内田 雅也)

     18年間のプロ野球生活で広島にいた3年間が最も幸せな楽しい時期だった。80年は開幕前から「勝てる」感覚があった。79年に優勝して適材適所で人材がいた。決して層が厚いわけではなかったが、監督の古葉さん(古葉竹識氏)が「この場面ではこの選手」という用兵を把握していた。

     レギュラーをつくるのは比較的簡単だ。問題は代打、代走、守備要員、投手なら中継ぎ、リリーフをいかにつくり、うまく起用していくかにある。その点、今の緒方監督も選手の特長を生かしてやりくりしている。センターラインの1、2、3番を固めた。15年の就任後、実績のなかった中崎を抜てきするなど今の継投の形をつくった。しぶといチーム。連覇もうなずける。

     南海時代の77年に野村克也監督から「革命を起こそう」と言われ、リリーフ専門となった。79年は広島に移って2年目。春にサチ(衣笠祥雄氏)が「おい、今年は優勝するぞ」と言った。「ウチの穴をおまえが埋めてくれたからな」との言葉はうれしかったが、半信半疑だった。何しろ自分は優勝を知らない。阪神で73年に巨人と最終戦まで優勝争いを演じたが、当時のカープはまた雰囲気が違った。チーム一丸というのかな。自分もその空気に乗せられていった。

     カープでは首脳陣が選手と同じレベルで悩んでくれたり、相談に乗ってくれた。キャンプ地の日南は昼間は喫茶店、夜はスナックになる店があってね。首脳陣と一緒にわいわいやった。恐らく今のカープもそんな雰囲気じゃないのかな。家族と言えば親子だが、首脳陣とも兄弟という間柄のような関係にある。それもまた強みかもしれん。(談)

     ◆江夏 豊(えなつ・ゆたか)1948年(昭23)5月15日、奈良県生まれ。大阪学院高から66年1次ドラフト1位で阪神入り。68年、プロ野球新記録のシーズン401奪三振。73年にはノーヒットノーラン達成。76年に南海へ移籍し抑え投手に転向。78年に広島へ移り、2連覇に貢献した。81年に移籍した日本ハムでも優勝。84年西武で現役引退した。通算206勝158敗193セーブ、防御率2・49。

     ▽広島の前回連覇 1975年の初優勝から4年、79年は7人が規定打席に到達する盤石のレギュラー陣で優勝した。高橋慶彦が初の盗塁王、山本浩二が初の打点王。投手陣は南海から移籍2年目の江夏豊が9勝22セーブで初のMVPと最優秀救援に輝き、北別府学が17勝を挙げた。近鉄との日本シリーズを制し初の日本一。第7戦のラストは9回無死満塁をしのぐ「江夏の21球」だった。

     翌80年はマジック2で迎えた10月17日に阪神とのデーゲームに勝ち、新幹線で大阪から広島へ移動中に2位・ヤクルトが敗れて連覇を決めた。山本が本塁打、打点の2冠王でMVP。江夏が9勝21セーブで2年連続の最優秀救援を獲得した。
    引用元 https://news.infoseek.co.jp/article/sponichin_20170919_0075/

    ■広島カープOB・衣笠祥雄さん(70)

     去年も今年も、セ・リーグのほかの5球団は自分のところの立て直しに必死。広島だけが普通に野球をやった結果の連覇だった。

     僕らの連覇を振り返ると、1979年に2度目の優勝を経験して、80年の2月1日にキャンプに入ったとき、球場にチャンピオンフラッグがあるのを見て、「もう1年勝たないと本物じゃない」と思った。

     あの2年は僕にとって32、33歳で一番難しいところ。体の馬力が落ちてきてね。でもチームに助けてもらった。強かったから「いままで一緒にやってきたんだから、何としてもチームの役に立ちたい」と。野球観が変わった2年だった。

     抑えに江夏がいたのが大きかった。ヤツが来て、投手陣の最後のワンピースが決まった。79年の日本シリーズは「江夏の21球」で有名だけど、いまとなっては近鉄の西本監督がなぜスクイズに出たんだろうって考える。スクイズ失敗で大毎の監督を辞めた人が、そこまで追いつめられたのかな。野球って残酷だ。

     メンバーが若いから、広島は来年、初の3連覇も十分に可能性があると思う。日本シリーズで万全のソフトバンクと対戦してほしい。「強さとは何か」が勉強できるから。そしたら、勝っても負けても3連覇につながると確信してます。
    引用元 http://www.asahi.com/articles/ASK9F6DGVK9FPTQP01F.html

     9月14日のDeNA戦は、大接戦の末、5-4で広島が勝った。だが、優勝マジック対象チームの阪神が、これも接戦の末に巨人と引き分けたため、優勝はならなかった。残り9試合でマジック1。15日は試合がないため、優勝決定は9月16日以降となったが、広島の2年連続8回目の優勝は「当確」だ。広島は過去7回、どんな優勝決定日を迎えていたのだろうか。



     1975年10月15日、残り2試合で、2位中日との差は2.5ゲーム差。マジック「1」の広島は、後楽園球場で巨人と対戦した。超満員の観客が見守る中、広島は5回に先制したが、追加点は奪えず。1-0で迎えた最終回に、同年入団のゲイル・ホプキンスが高橋一三から3ランホームランを放ち、チーム創設25年で初優勝を果たした。投げては、外木場義郎、金城基泰の完封リレー。この年からチームカラーになった「赤」のヘルメットを被った「赤ヘル軍団」が、初めて歓喜の時を迎えた。

     1979年10月6日、残り8試合でマジック「1」の広島は、広島市民球場で阪神を迎え撃つ。2回に阪神・スタントンのソロが出て先制される苦しい展開だったが、6、7、8回と畳みかけて逆転に成功。8回1死から広島はクローザーの江夏豊がマウンドに登場し、古巣と対峙した。9回、イニングまたぎの江夏は阪神に激しく食い下がられ、代打川藤幸三、真弓明信のタイムリーで1点差に迫られるも、辛うじて逃げ切る。31000人の地元大観衆の前で、古葉竹識監督の体が宙を舞った。

     1980年10月17日、この日、広島はマジック「2」で、阪神と甲子園でのデーゲームに臨んだ。15000人とやや寂しい観客の前で、広島は6-3で阪神を下す。この時点でマジック「1」。マジック対象のヤクルトは神宮球場でのナイトゲーム。中日と対戦するが1-4で敗戦。この瞬間に広島のリーグ連覇が決まった。カープナインは広島へ帰る新幹線の中だったが、「ヤクルト敗れる」の一報を受けて山本浩二、衣笠祥雄以下のナインが、車内で優勝の雄たけびを上げる。

     1984年10月4日、マジック「1」としていた広島は横浜スタジアムで大洋と対戦。25000人の観客が見守る中、5回に2点を先制される厳しい展開だったが、6回に山本浩二が大洋の関根から逆転3ランを放った。この1点のリードを守り切って小林誠二が完投し、4年ぶりのリーグV。古葉竹識監督にとって4度目のリーグ優勝で、これが名将の最後の優勝となった。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170915-00010026-fullcount-base

     広島カープが25年ぶりにリーグ優勝を達成した。ファンの中には、今回の優勝を1975年の初優勝に重ねる向きが少なくない。あの時は球団創設26年目での悲願達成だった。

     41年前、不動のリードオフマンとしてチームを牽引したのが大下剛史である。地元出身の大下は74年のオフに、日本ハムからトレードで移籍してきた。

     アマチュアの名門・広島商、駒澤大で持前の俊足好打好守を磨き、“暴れん坊軍団”と呼ばれた東映では切り込み隊長として活躍した大下は、どのようにして広島を変えたのか。洗いざらい語ってもらった。




    物議を醸した「ワシのトレード」

     ―東映で1年目からレギュラーとして活躍し、日拓・日本ハムとチーム名を変えながらもスタメンを張っていた大下さんが74年オフ、トレードで広島に移籍してきたことは驚きでした。何が原因だったのでしょう。

     大下 結局は水原茂と三原脩の確執ですよ。僕は水原のオヤジさんに世話になっていたので、73年に球団社長に就任した三原さんにすれば水原色を消したいという狙いがあったんじゃないかな。

     おもしろい話があってね、ワシが広島からトレードを打診された直後に(東映時代からの先輩の)張本勲さんから電話が入ったんです。「剛史、このトレードはすぐに断れ。行くんやない!」と。そんなこと言われても、こちらはどうすることもできない。

     ワシの次は大杉勝男さん、そして張本さんと相次いで、主力がトレードでチームを去っていった。時間をかけて三原さんは水原色を一掃したんです。

     ―74年オフに広島の打撃コーチから監督に昇格したジョー・ルーツが大下さんのプレーを買っていたという話を聞いたことがあります。

     大下 それはワシも後で知ったんだけど、74年のカープとのオープン戦で、ワシがコーチの制止を振り切って走ったシーンがあったらしい。それを見ていたルーツが、監督になる条件のひとつとして「オオシタを獲ってくれ」と球団に頼んだというんです。「オオシタのプレースタイルはオレのやる野球にマッチしている」とね。

     ―トレードではレギュラークラスの渋谷通、上垣内誠との二対一でした。大下さんへの期待の大きさがわかります。

     大下 これも後で聞いたんじゃけど、球団代表の重松良典さんは契約書にハンコを押す時、手の震えが止まらんかったらしいよ。球団にすれば、ひとつの賭けだったんでしょう。


    引用元 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170212-00050787-gendaibiz-bus_all

     レジェンドの意志を継ぐ!広島・中崎翔太投手(24)が14日、宮崎県日南市の天福球場で、江草、塹江と行っている自主トレを公開。黒田博樹氏(41)から学んだ短期、長期の2種類の目標設定を継続することを明かした。小さな目標をクリアし、リーグ連覇、悲願の日本一、防御率0点台を目指す。

     小さい目標からコツコツ…。その積み重ねがリーグ連覇、日本一という大きな結果につながっていく。中崎は今季も「黒田式」目標設定を継続する。

     「目標がないと自分のやることに対して迷いが出る。優勝という目標を掲げるのであれば、今日を抑えるとか、1週間を抑えるとか、小さい目標をクリアしていけば、大きな目標に近づけると思う」

     きっかけは昨季限りで現役を引退した黒田氏の言葉だ。「しっかり目標を立てて、という話をしてもらって。小さい目標でいいからと教わって、僕も考えるようになりました」。昨季は61試合に登板し、3勝4敗34セーブ、防御率1・32。「1カ月12試合」という短期的な目標をクリアしていくことで、自己最高成績につなげてみせた。

     自主トレでは塹江と食事した際に、黒田氏の教えを伝えた。レジェンドの金言を継承しつつ、個人的にもスケールの大きな目標を立てる。

     「ホームランも2本打たれたのでなくしたいし、防御率ももっと良くなると思う。防御率0点台?終わってからそういう結果が出ていればいいと思う」

     私生活もストイックだ。正月に祝い酒を口にしただけで、3年連続の禁酒に挑戦。「制限を付けることによって頑張れる。自由にやって結果が出るのは、ムシが良すぎる」と一切の甘えを排除している。

     練習では順調な仕上がりを披露した。キャッチボールでは1球1球指先の感覚を確認。昨季後半に発症した腰痛再発を防ぐため、砂浜での走り込みも敢行しているという。一番乗りしたキャンプ地・日南での自主トレも決意の表れだ。

     「(昨年は)最後に悔しい思いをした。ずっと忘れることはないと思う。またそこに挑戦できるように、いいシーズンを送れたらいいと思います」

     節目の通算100セーブまで36セーブ。キャリアハイを実現すれば、今季中の達成も射程圏。レジェンド右腕の意志を継ぐ守護神が、2017年も最後を締める。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170115-00000014-dal-base

     来季からソフトバンクのヘッドコーチを務める達川光男氏(61)が16日放送のニッポン放送「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」(月~金曜、前11時30分)に生出演。高田文夫(68)、松村邦洋(49)、磯山さやか(33)と爆笑トークを繰り広げた。

     現役時代に最も鍛えられた存在として、江夏豊氏(68)の名前を挙げた達川氏。江夏氏が風呂に入るタイミングで偶然を装って入浴し、背中を流していたことを明かした。「専属のブルペンキャッチャーがいるのに捕らせてくれと頼み込んだ。『10年早い。お前を相手に調整すると試合で打たれる』と言われたけど」と、懐かしそうに振り返った。

     「結局、リードは普通の会社のあいさつみたいなもの。初球の入りが大事」と独自の捕手論で締めていた。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161216-00000195-sph-ent

     広島は24日、マツダスタジアムで「違法薬物根絶・暴力団追放講習会」を行った。

     広島県警察本部刑事部薬物銃器対策課員及び捜査第四課員を講師として招いた。約1時間の講習に、選手、スタッフが耳を傾けた。

     選手会長の小窪哲也内野手(31)は「分からなかった部分も、教えてもらった。気を引き締めていきたい」と振り返った。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161124-01742579-nksports-base

     四半世紀ぶりに訪れた歓喜に、広島の街が真っ赤に燃えた。

     高く厚い壁を乗り越えた今だからこそ振り返りたい25年前の記憶...。あの時の広島と今の広島を比較していくこの企画。今日は“エース”を見ていこう。


    引用元http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160928-00090414-baseballk-base

    このページのトップヘ