広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    江夏豊

     広島カープが25年ぶりにリーグ優勝を達成した。ファンの中には、今回の優勝を1975年の初優勝に重ねる向きが少なくない。あの時は球団創設26年目での悲願達成だった。

     41年前、不動のリードオフマンとしてチームを牽引したのが大下剛史である。地元出身の大下は74年のオフに、日本ハムからトレードで移籍してきた。

     アマチュアの名門・広島商、駒澤大で持前の俊足好打好守を磨き、“暴れん坊軍団”と呼ばれた東映では切り込み隊長として活躍した大下は、どのようにして広島を変えたのか。洗いざらい語ってもらった。




    物議を醸した「ワシのトレード」

     ―東映で1年目からレギュラーとして活躍し、日拓・日本ハムとチーム名を変えながらもスタメンを張っていた大下さんが74年オフ、トレードで広島に移籍してきたことは驚きでした。何が原因だったのでしょう。

     大下 結局は水原茂と三原脩の確執ですよ。僕は水原のオヤジさんに世話になっていたので、73年に球団社長に就任した三原さんにすれば水原色を消したいという狙いがあったんじゃないかな。

     おもしろい話があってね、ワシが広島からトレードを打診された直後に(東映時代からの先輩の)張本勲さんから電話が入ったんです。「剛史、このトレードはすぐに断れ。行くんやない!」と。そんなこと言われても、こちらはどうすることもできない。

     ワシの次は大杉勝男さん、そして張本さんと相次いで、主力がトレードでチームを去っていった。時間をかけて三原さんは水原色を一掃したんです。

     ―74年オフに広島の打撃コーチから監督に昇格したジョー・ルーツが大下さんのプレーを買っていたという話を聞いたことがあります。

     大下 それはワシも後で知ったんだけど、74年のカープとのオープン戦で、ワシがコーチの制止を振り切って走ったシーンがあったらしい。それを見ていたルーツが、監督になる条件のひとつとして「オオシタを獲ってくれ」と球団に頼んだというんです。「オオシタのプレースタイルはオレのやる野球にマッチしている」とね。

     ―トレードではレギュラークラスの渋谷通、上垣内誠との二対一でした。大下さんへの期待の大きさがわかります。

     大下 これも後で聞いたんじゃけど、球団代表の重松良典さんは契約書にハンコを押す時、手の震えが止まらんかったらしいよ。球団にすれば、ひとつの賭けだったんでしょう。


    引用元 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170212-00050787-gendaibiz-bus_all

     レジェンドの意志を継ぐ!広島・中崎翔太投手(24)が14日、宮崎県日南市の天福球場で、江草、塹江と行っている自主トレを公開。黒田博樹氏(41)から学んだ短期、長期の2種類の目標設定を継続することを明かした。小さな目標をクリアし、リーグ連覇、悲願の日本一、防御率0点台を目指す。

     小さい目標からコツコツ…。その積み重ねがリーグ連覇、日本一という大きな結果につながっていく。中崎は今季も「黒田式」目標設定を継続する。

     「目標がないと自分のやることに対して迷いが出る。優勝という目標を掲げるのであれば、今日を抑えるとか、1週間を抑えるとか、小さい目標をクリアしていけば、大きな目標に近づけると思う」

     きっかけは昨季限りで現役を引退した黒田氏の言葉だ。「しっかり目標を立てて、という話をしてもらって。小さい目標でいいからと教わって、僕も考えるようになりました」。昨季は61試合に登板し、3勝4敗34セーブ、防御率1・32。「1カ月12試合」という短期的な目標をクリアしていくことで、自己最高成績につなげてみせた。

     自主トレでは塹江と食事した際に、黒田氏の教えを伝えた。レジェンドの金言を継承しつつ、個人的にもスケールの大きな目標を立てる。

     「ホームランも2本打たれたのでなくしたいし、防御率ももっと良くなると思う。防御率0点台?終わってからそういう結果が出ていればいいと思う」

     私生活もストイックだ。正月に祝い酒を口にしただけで、3年連続の禁酒に挑戦。「制限を付けることによって頑張れる。自由にやって結果が出るのは、ムシが良すぎる」と一切の甘えを排除している。

     練習では順調な仕上がりを披露した。キャッチボールでは1球1球指先の感覚を確認。昨季後半に発症した腰痛再発を防ぐため、砂浜での走り込みも敢行しているという。一番乗りしたキャンプ地・日南での自主トレも決意の表れだ。

     「(昨年は)最後に悔しい思いをした。ずっと忘れることはないと思う。またそこに挑戦できるように、いいシーズンを送れたらいいと思います」

     節目の通算100セーブまで36セーブ。キャリアハイを実現すれば、今季中の達成も射程圏。レジェンド右腕の意志を継ぐ守護神が、2017年も最後を締める。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170115-00000014-dal-base

     来季からソフトバンクのヘッドコーチを務める達川光男氏(61)が16日放送のニッポン放送「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」(月~金曜、前11時30分)に生出演。高田文夫(68)、松村邦洋(49)、磯山さやか(33)と爆笑トークを繰り広げた。

     現役時代に最も鍛えられた存在として、江夏豊氏(68)の名前を挙げた達川氏。江夏氏が風呂に入るタイミングで偶然を装って入浴し、背中を流していたことを明かした。「専属のブルペンキャッチャーがいるのに捕らせてくれと頼み込んだ。『10年早い。お前を相手に調整すると試合で打たれる』と言われたけど」と、懐かしそうに振り返った。

     「結局、リードは普通の会社のあいさつみたいなもの。初球の入りが大事」と独自の捕手論で締めていた。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161216-00000195-sph-ent

     広島は24日、マツダスタジアムで「違法薬物根絶・暴力団追放講習会」を行った。

     広島県警察本部刑事部薬物銃器対策課員及び捜査第四課員を講師として招いた。約1時間の講習に、選手、スタッフが耳を傾けた。

     選手会長の小窪哲也内野手(31)は「分からなかった部分も、教えてもらった。気を引き締めていきたい」と振り返った。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161124-01742579-nksports-base

     四半世紀ぶりに訪れた歓喜に、広島の街が真っ赤に燃えた。

     高く厚い壁を乗り越えた今だからこそ振り返りたい25年前の記憶...。あの時の広島と今の広島を比較していくこの企画。今日は“エース”を見ていこう。


    引用元http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160928-00090414-baseballk-base

     ◇セ・リーグ 広島7―3巨人(2016年8月24日 東京D)

     広島が球団創設初の日本一達成翌年となった80年は、4月に10勝4敗2分けと抜け出し、5月13日に首位に立ってからは独走。8月24日の優勝マジック点灯時点で2位に12ゲームの大差をつけた。

     不動の4番だった山本浩二氏は「75年の初のリーグ優勝の後に経験を積んだこともあり前年は日本一。チームとして成熟し、投打に戦力もそろっていた」と振り返る。

     1番に盗塁王の高橋がおり、衣笠、山本、水谷、ライトルの強力な中軸に投手陣は福士、山根、池谷、北別府の先発陣、抑えには江夏がいた。優勝は10月17日。セでは巨人以外で初連覇。

     山本は44本塁打、112打点の2冠王。また、衣笠が8月4日の巨人戦で1247試合連続出場の当時の日本新記録を樹立した。近鉄との日本シリーズも4勝3敗で2年連続の日本一となった。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160825-00000059-spnannex-base

     広島の元内野手で野球評論家の衣笠祥雄氏(69)が著書「鉄人のひとり言」(青志社)を、25日に発売する。1年かけてプロ野球や大リーグの試合などで気になったことを「ひとり言」として書き残して、まとめた。25年間、優勝から遠ざかっている広島に提言もしている。

     自身は1965~87年の広島在籍中、5回のリーグ優勝を経験している。今季の広島はリーグを独走。衣笠氏は75年の球団初優勝時を振り返り、勝って当然という目で周りに見られて体が萎縮してしまうと指摘。現在のチームが当時と共通するのは「みんな走れること」とし、盗塁数がリーグ断トツを誇るナインに「最後まで貫くことが大事だ」とエールを送った。

     出版を前に本紙の取材に対応。ブレーク中の鈴木誠也(21)について「本物だ。山本浩二になれる」と絶賛。流行語大賞候補の「神ってる」には「緒方孝市監督がその言葉を使った時には“誰から聞いてそんなこと言ってんだ”と思ったけど、本当にそうなってきたね」とコメントした。

     同書では大リーグ・マーリンズのイチロー(42)、ドジャースの前田健太(28)にも触れている。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160724-00000098-spnannex-base

     新井貴浩内野手(39)の2000安打が秒読み段階に入り、黒田博樹投手(41)の日米通算200勝も間近に控える広島で、新米広報マンが奮闘中だ。河内貴哉氏(34)――。大記録を前に、球団には相当数の取材申請が届いている模様だが、選手との距離感の近さを背景に手際よい対応が目立つ。河内広報は屈託なく笑う。

     「すべてが初めてのことだから、ボクの中ではこれが普通。でも、2人の大記録が懸かっているので、申請の数は確かにスゴいらしいです」

     いまさら説明するまでもない。3球団が競合した99年ドラフトで1位入団した左腕。翌00年5月3日、プロ初登板初先発となったヤクルト戦(旧広島市民)での投球は、今でも脳裏に浮かんで消えない。5回を6安打2失点。150キロ近い直球をズバズバ決め、うれしくなった記憶がある。

     育ちだろう。すこぶる付きの好人物。ただ、プロ野球人としては大成したと言い難い。自身も認めるように、現役時代は第三者の助言を聞こうとする余りにフォームを見失った。左肩関節唇の再建手術を受けるなど、大きな故障も経験した。それでも常に健気(けなげ)だった。挫折は時に人間を磨く。彼の誇るべき財産だ。

     「思い描いたようにはいかなかったけど、いい人生経験でした」

     昨秋、16年間の現役生活にピリオドを打った。第2の人生。国学院久我山高の先輩を通じ、某新聞社からの誘いもあったようだが、球団からのオファーを二つ返事で受けた。「球団にお世話になろうと考えていたし、どんな仕事でもやろうと思っていた。チームに携われるのがうれしいです」

     命じられたのが広報担当。同じ元投手の小松剛広報が2年前から活躍しており、「いろいろ教えてもらい、助けてもらっています」。選手やチーム、球団をいかにPRするか。カープを取り上げてくれるメディアに感謝しつつ、間を取り持つ広報マンとして独自色を出そうと模索する。

     「選手時代の経験上、このタイミングで(取材が)来たらイヤだな…と思う時は、気を使うようにしています。選手を守りつつ、いかに売り出すか。さじ加減が難しい。自分なりに工夫しながら色を出していけたら…。日々、勉強です」

     最後に大記録が目前に迫る新井に、河内広報の切り盛りぶりについて尋ねてみた。「ダメ。使えない!」。この距離感。愛すべきいじられキャラの、第2の人生は始まったばかりだ。(江尾 卓也)

    このページのトップヘ