広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    江草仁貴

    <ウエスタン・リーグ:阪神4-4広島>◇27日◇甲子園

     広島江草仁貴投手(37)が引退試合を行った。8回から登板し、同じくこの日が引退試合だったかつての同僚・阪神狩野と対戦。互いに少し笑みを浮かべながら向き合い、結果は左翼への二塁打だった。「狩野が先に1本ヒット打ってりゃ良かったのに。ガチンコで行ってきれいに打たれましたね」と笑った。

     江草がマウンドを降りると、狩野が二塁ベースから歩み寄り、抱擁。江草はあふれる涙を拭いながらベンチへ戻った。試合後は広島ナインに5度胴上げされた後、狩野に手招きされ今度は阪神ナインから5度胴上げ。「あんな風にしてもらえると思っていなかったので、すごい感激しています」と感無量の様子だった。

     後輩へ伝えたいことを聞かれ「もう一緒にいる子達にはずっと伝えているので特に言うことはないですけど、頑張ってやってきてこういう最後が迎えられたのがすごい幸せなことなので、そういう思いを1人でもできる子が出たらいいなと思います」。今後については未定で「本当に何も決めてないので、ちょっと考えながら。野球に携われれば一番いいと思ってますけど、そういう仕事があればやりたいです」と話した。プロでの一番の思い出は「今日じゃないですか。今日が一番楽しかったです」。最後の試合が最高の試合になった。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170927-00013739-nksports-base

     広島・新井貴浩内野手(40)が20日、マツダスタジアムで行われた全体練習に参加し、シーズン残り7試合、CS、日本シリーズに向けて『凡事徹底』の心構えを説いた。37年ぶりのリーグ連覇を達成しても、戦い方は変わらない。カープ野球を継続し、日本一への道を歩む。

     歓喜の余韻に浸る時間は終わった。37年ぶりのリーグ連覇から2日。秋の気配が漂うマツダスタジアムで、新井は1年前との変化を感じていた。

     「今年はみんな落ち着いているように感じるね。その日はみんなで喜んだけど、CSに向けてしっかり切り替えができている」

     久々のリーグ優勝に沸いた昨季とは違う。チーム全体がどっしりと構え、次なる戦いに備えている。33年ぶりの日本一へ-。ナインに頼もしさを感じつつ、短期決戦での心構えを説いた。

     「みんな短期決戦の怖さを経験しているから。ちょっとしたミス、気の緩みにつけ込まれて流れが変わる。そう思って、みんなやっている。自分たちができることをこなしていく。『凡事徹底』と言うけどね、みんな分かっていると思う」

     昨季は危なげなくCSを勝ち抜きながら、日本シリーズで日本ハムに屈した。2連勝で勢いよく敵地に乗り込んだものの、そこから一気に4連敗。昨季の悔しさ、教訓をチーム全体で共有し、“凡事徹底”を貫く。

     だから、リーグ優勝が決まってもシーズンの戦い方は不変だ。残り7試合。新井は「今までと変わらない。一戦一戦。優勝が決まっても次はCSがあるから、気を引き締めてやっていきたい」と力を込めた。自身のスタンスも変わらない。「いつも言っているように、行けと言われたところで行く。いい準備をするだけ」とおなじみの言葉を繰り返した。

     この日、江草が今季限りでの現役引退を表明した。阪神時代の3年を含めて計6年間一緒にプレー。左腕の勇姿を思い返し「さみしいよな。この時期になると毎年。そういうニュースが出るから。テンポが良くて野手としては守りやすかった。いいピッチャーだったよ。ちぎっては投げ、ちぎっては投げで…」としみじみと語った。

     左腕の思いも背負い、新井はグラウンドに立つ。この日は若手に交じって、元気にフルメニューを消化した。悲願の日本一へ、目の前の試合を懸命に戦う。
    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/09/21/0010572883.shtml

     広島の江草仁貴投手(37)が20日、今季限りでの引退を球団に申し入れ、了承された。小気味良いテンポで凡打の山を築いた左腕は「思うような球を投げられず、イメージするようなアウトが取れなくなった」と引退理由を明かした。

     今季は1軍登板はなく8月には決意していたが「優勝を目指すチームに水を差したくない」との意向で、この日の発表となった。バレーボールの元日本代表だった竹下佳江夫人からは「好きなようにしたらいいと思う」と労われた。

     阪神時代の05年には同じ中継ぎ投手陣の桟原、橋本、江草の頭文字を取って「SHE」と称され、リーグ優勝に貢献。西武移籍を経て、広島県福山市出身で幼いころからファンだった広島に12年に移籍した。「一度マツダスタジアムのお立ち台に立ちたかった。(11年オフに西武からの)トレードが決まったときは正直うれしかった。ユニホームを着られたことを誇りに思う」

     今後については「本当に何も決めていない。これから決めていきたい」と話した。練習前にはチームメートにあいさつ。全員と握手を交わして別れを惜しんだ。33年ぶりの日本一をめざすチームには「普通にやれば勝てるチーム。一生懸命やって勝ってほしい」とエール。一人のファンに戻っていた。

     ◆江草 仁貴(えぐさ・ひろたか)1980年(昭55)9月3日生まれ、広島県出身の37歳。盈進、専大を経て、02年ドラフト自由枠で阪神入団。主に中継ぎで活躍し、05年には桟原、橋本とのトリオ「SHE」で優勝に貢献。シーズン50試合以上登板を4度こなした。11年5月にトレードで西武移籍。12年3月に再びトレードで移籍した広島では、在籍6年で52試合に登板した。1メートル78、83キロ。左投げ左打ち。
    引用元 http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/09/21/kiji/20170920s00001173414000c.html

     広島の江草仁貴投手が20日、球団に今季限りでの引退を申し入れ、了承された。

     江草は「自分の球が思うように投げられずイメージしたアウトが取れなくなった。8月に引退を決めたが、チームが優勝争いをしていたので水は差したくなかった。やり残したことはない。ずっと子供の頃からカープの帽子をかぶって遊んでいた。(西武からの)トレードが決まった時はうれしかった。カープのユニホームを誇りに思います」と語った。



     江草は広島県福山市の出身。松坂世代の1人で、盈進高から専大に進学し、02年度ドラフト会議で、自由枠で阪神に入団した。主に中継ぎとして活躍し、05年にはSHE(桟原・橋本・江草)を組み、リーグ優勝に貢献。09年には62試合に登板した。11年途中に西武にトレード。12年の開幕前には、嶋重宣との交換トレードで地元・広島へ移籍した。

     広島では6年プレー。13年に左肘のじん帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けた。今季は1軍登板がなかった。

     妻は12年ロンドン五輪で28年ぶりの銅メダルを手にした女子バレーボール日本代表のセッターとして活躍した竹下佳江さん。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170920-00000047-dal-base

     20日のプロ野球セ・リーグ公示は次の通り発表された。

     【出場選手登録】

     阪神 長坂拳弥捕手

     【同抹消】

     広島 今村猛投手、ジョンソン投手、上本崇司内野手、エルドレッド内野手、天谷宗一郎外野手

     阪神 坂本誠志郎捕手

     再登録は30日以降、可能となる。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170920-00000084-dal-base

     間もなく9月。ペナントレースも最終盤に差し掛かった。この段階でもまだ1軍出場がない中堅、ベテラン選手がいる。故障や病気などでリハビリが続く選手、若手の台頭で出番を奪われた選手など、彼らにとっては厳しい季節が訪れる。

    各球団発表、2016-2017年の引退、戦力外、補強、移籍一覧

     今年度中に30歳を迎える選手(1988年3月31日以前に生まれた選手)のうち、8月29日時点で1軍出場がない選手を見ていこう。

    【パ・リーグ】11人、※カッコ内は誕生日。
    〇日本ハム1人
    瀬川隼郎投手(1986.10.21)

     28歳で地元室蘭シャークスからプロ入りした左腕。1年目の2016年に9試合に登板したが、昨年は1試合、今季は出番がまだない。

    〇ソフトバンク1人
    松坂大輔投手(1980.9.13)

     3年契約の最終年だが、1軍登板のめどが立っていない。一世を風靡した投手だけに、来季の去就が気になるところだ。

    〇ロッテ2人
    古谷拓哉投手(1981.7.14)
    金森敬之投手(1985.7.24)

     古谷は2010年には58試合に登板したセットアッパーだが、昨年、左手母指中手骨骨折の重傷を負い今季も投げず。日本ハム、ロッテと渡り歩いた金森も登板なし。

    〇西武4人
    鬼崎裕司内野手(1983.4.7)
    大崎雄太朗外野手(1984.10.18)
    豊田拓矢投手(1987.3.28)
    岩尾利弘投手(1987.7.20)

     パで最多の4人が不出場。2013年はユーティリティーで105試合に出た鬼崎、2012年に外野手として107試合に出場した大崎はともに、若手の台頭で出番がなくなっている。一時は救援投手として活躍した豊田、岩尾ともに出番がない。

    〇楽天2人 
    片山博視投手(1987.4.19)
    武藤好貴投手(1987.7.22)

     片山は2014年を最後に1軍登板がない。今季は久々の1軍出場が期待されたが、シーズン直前に左肘内側側副靱帯の損傷と左肘頭の疲労骨折が判明、全治10か月で出場できなくなった。2015年に60試合に登板した武藤も1軍に登板していない。

    〇オリックス1人
    比嘉幹貴投手(1982.12.7)

     2014年に62試合に登板し、防御率0.79と圧倒的な実績を残した比嘉だが、2015年から登板数が激減。登板過多の影響が出たか今季はまだ出場なし。
    【セ・リーグ】23人
    〇広島5人 
    江草仁貴投手(1980.9.3)
    梵英心内野手(1980.10.11)
    永川勝浩投手(1980.12.14)
    赤松真人外野手(1982.9.6)
    小野淳平投手(1987.4.5)

     松坂世代の江草、梵、永川が出場していない。梵は2013年まで不動の遊撃手だったが田中広輔の登場とともに出場数が激減。1000本安打まであと10本に迫りながら今季は出場なし。2007年から3年連続30セーブを記録した永川も投げていない。赤松は1月に胃がんの手術をし、7月から練習に合流した。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170830-00010013-fullcount-base&p=2

    このページのトップヘ