広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    江草仁貴

     昨季25年ぶりにリーグ優勝した広島。優勝候補に挙げられながらも勝ちパターンの投手陣を構築することができず優勝どころかAクラスを逃した2015年を反省して、ジャクソン、ヘーゲンズのリリーフ候補の助っ人を獲得した。昨季はジャクソンが勝ちパターンの8回を任され、守護神の中崎翔太とともに“勝利の方程式”を確立。ヘーゲンズはシーズン終盤に先発に転向したが、夏前までは勝ち試合の7回を任され優勝に貢献した。今村猛もジャクソンと同じチーム最多の67試合に登板した。

     ヘーゲンズ、今村、ジャクソン、中崎が勝ち試合のリリーフとして奮闘したが、振り返ると全員が右投手。左のリリーフで30試合以上登板した投手は、12球団で唯一誰もいなかった。右のリリーフのみで優勝したことで、左のリリーフがいなくても勝てると思われるが、ワンポイント、ロングなど役割はあり、左がいないよりかは当然いた方がいい。

     左のリリーフ候補をみると、飯田哲矢、オスカルなどがいる。飯田は14日に行われた紅白戦で白組の4番手として、6回からマウンドにあがると、1回を無失点に抑えた。プロ1年目の15年は一軍で16試合に登板したが、昨季はわずか2試合の登板にとどまった。一軍定着するためにアピールを続けていく。

     飯田の後を受けてマウンドにあがったオスカルは、1イニングを打者9人、5被安打、4失点。シート打撃に登板した11日も、鈴木誠也に本塁打を浴びるなど、悔しい結果に終わっている。

     また、ドラフト3位ルーキーの床田寛樹もいる。14日の紅白戦では、2イニング目となった4回に安部友裕の打球が右膝に直撃したが、後続を打ち取り、2回を3安打無失点に抑えた。

     昨季は右のリリーフ陣の活躍が目立ったが、長いシーズンを戦ううえで、左のリリーフも貴重な存在。今季は一軍に定着する左のリリーフは現れるだろうか。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170217-00103890-baseballk-base

     道場開講じゃ-。広島の中崎翔太投手(24)が23日、若鯉のアニキとして自覚を口にした。年明けから宮崎日南で行う自主トレに、2年目の塹江敦哉投手(19)が志願参加。初めて後輩選手と合同トレを行う。これまでの経験は惜しみなく伝えていく考えで「お互いにとってプラスになるように」と、チーム力アップと並行して自身の成長につなげる。

     来季7年目を迎える中崎は、新たな挑戦を胸に秘めていた。来年1月12日から宮崎・日南市で自主トレを行う。当初は江草と2人の予定だったが、4学年下の塹江が参加を志願してきた。「いつも僕が一番下だった」という守護神にとって、初めて後輩と臨む合同トレ。口にしたのは先輩の自覚だ。

     「下の子がいたらまた、気が引き締まると思う。僕も自分のやるべきことをやりたい。基本的には、自分でどれだけやるかなので」

     塹江は150キロを超える速球が魅力。3年目を迎える来季、先発、中継ぎの両方で台頭に期待が掛かる左腕は「普段はおとなしい中崎さんが試合になれば雰囲気が変わる。そういう切り替え方を自主トレで聞きたいと思っています」と“アニキ”から飛躍のきっかけを吸収するつもりだ。

     守護神2年目の今季、61試合で3勝4敗、34セーブ、防御率1・32と安定した数字を残した中崎自身も、先輩として助言を惜しまない。「やるのは自分次第ですが、食事も毎日一緒に取るので、会話も増えてくると思う」。また「僕も言ったからにはやらなきゃいけない。やっているところを見せないと」と先輩としての自覚を胸に、有言実行で新たな可能性を探る。

     来季も守護神は不動。この日はマツダで有酸素運動や、肩周りの強化など汗を流した。「江草さんも来てくれるので。同じ左投手にしか分からないこともある。僕もまだプロに入って6年。お互いにとってプラスになれば」。リーグ連覇、日本一への礎にしたい。道場開講で“中崎アニキ”が成長を誓う。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161224-00000035-dal-base

     広島の下水流昂外野手が15日、秋季キャンプを行っている宮崎県日南市のチーム宿舎で契約更改交渉に臨み、450万増の1200万円で来季の契約を更改した。

     今季は自己最多となる48試合に出場。左投手が先発時の場合はスタメン出場し打率・250、5本塁打、18打点。右の長距離砲として、チームの勝利に貢献した。来季へ向けて「ここが本当のスタート。来年、結果を残したい」と意気込んだ。

     その他の契約更改選手は下記の通り。

     野間1400万円(200万減)、江草1600万円(現状維持)、磯村770万円(200万増)、庄司580万円(現状維持)※金額はいずれも推定


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161115-00000103-dal-base

    このページのトップヘ