広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    江藤智

    tv-1024x512

     プロ野球で、数々の強打者育成に尽力した内田順三氏(前巨人巡回打撃コーチ)の教え子には、想像を超えて飛躍を遂げた選手たちがいる。その代表例である金本知憲氏と新井貴浩氏について、共通点を聞いた。

      ◇  ◇

     金本は東北福祉大から、91年ドラフト4位でカープに入団。三村敏之さんが2軍監督時代から目をかけ、1軍に抜てきすることになるが、入団時は線が細く、後に3割30本100打点をマークするなんて想像もできない選手だった。打撃は左中間に運ぶ技術はあったが、右肘や右肩が上がって脇が甘くなる欠点があり、内角のスピードボールへの対応が課題だった。

     上からたたく練習を繰り返して克服していったが、1軍で活躍するようになってもネクストサークルでは極端なダウンスイングで意識付けを行っていた。相手ベンチからその姿を見て、巨人の若手に伝えたこともある。

     1、2年目はファームの遠征メンバーから外れたこともある。当時、私は2軍打撃コーチだったが、「残留組は1日1000スイングをやるように」と伝えていた。1000スイングなんて、本当にやろうとしたら大変なこと。半信半疑で言ったつもりだったが、居残った川端(当時の2軍投手コーチ)によると、金本だけは本当にやっていたらしい。大学入学前に一浪した経験もあったからか、反骨心は相当なものだった。

     あの時代では珍しく、積極的に筋力トレーニングに励んだことも飛躍の一因となった。車でいうエンジンの排気量が増すことで、体力もつき、打球にも力強さが加わるようになった。金本の鍛え抜かれた肉体は球界でも有名で、あの長嶋さんも注目していたそう。オールスターの時には「金本の体を見てみたいから風呂に入る時に教えてくれ」と周囲に言っていたそうだ。

     金本同様、新井も努力のふた文字なくして語れない選手だろう。広島とパイプの太かった駒大から、98年ドラフト6位で入団。体は大きかったが、大学でも通算2本塁打。周囲も「何とかものになれば」というくらいの評価で、まさか名球会に入るほどの選手になるとは誰もが思わなかっただろう。

     守備も課題だらけ。駒大の先輩である大下ヘッドコーチが朝からずっとノックをガンガンやっていたが、「これだけやっているなら新井を試合で使うのも当然だろう」と周囲を納得させるほどの練習量だった。

     金本の背中を見て育った新井。これは江藤もそうだったが、彼らに共通するのは体が元気なこと。けがもしない。過酷な練習をしても、すぐ元気になる。多くの選手は辛抱するのが精いっぱいで顔に出るものだけど、彼らにはそうしたことが全くなかった。

     その後、広島・鈴木誠也の2軍時代に指導した経験があるが、彼を見ていると、金本や新井の姿に通ずるハートの強さがあった。いい意味で眼力の鋭さがあり、なにくそ精神でこちらにぶつかってきていた。会うたびに、体もどんどん大きくなっている。技術だけではない、ハートや体の強さ。若手が育つカープの土壌には、こうした伝統がしっかり根付いている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200512-00000107-dal-base

    【名伯楽・内田順三「作る・育てる・生かす」】#25

     前田智徳のティー打撃は芸術的だった。正確性、再現性が高く、試合前に巨人の松井秀喜が見入ったほどだ。右足を高く上げたり、反動を使うことはない。基本に忠実な、シンプルなすり足打法。前の壁をしっかりつくり広角に打つ。右膝付近を攻められて壁を崩されたり、足場を動かされるのを嫌がった。

     前田の打撃を認めていた落合博満や松井も大きな反動を取らない。前田は球を呼び込んで足場を固めて振る。打ちにいきながら振る野村謙二郎とは真逆のタイプである。

     こだわりも強かった。

     一軍のレギュラーになってからは、打撃練習でも自分のルーティンをこなすまではフリー打撃を行うケージに入らない。その前のティー打撃で、片手ずつのスイングを何本、両足をベタ着きして何本、ステップしながら何本……。その他にも独自のメニューがあった。それを全てこなしてからフリー打撃を行う。だから前田のフリー打撃の順番は、後ろに回していた。坂本勇人、山田哲人といった好打者には独自のルーティンがあるものだ。

    ■「野球が楽しくありません」

     そんな前田も1990年の入団当初は弱音を吐いた。私は二軍打撃コーチだった。

    「楽しくありません。こんな感じだとは思いませんでした」

     山本浩二監督がチームを変えようと厳しくやっていた頃だ。2時間もアップをするからヘトヘトになる。コーチもピリピリしていた。前田は「テレビで見る分には一軍は楽しそうだった」と言う。実際は全然違うと言うのだ。

    「だったらおまえはレギュラーを取れ。この世界は18歳でも19歳でもポジションを取れば周囲はいろんなことをしてくれる。グリーン車にだって乗れるんだ。自分の思うような野球環境はつくれる。それにはレギュラーを取らなきゃいけないんだ」

     野球が職業になり、楽しくなくなったという。若い頃からそんな難しい一面があった。

    「孤高の天才」といわれ、他の選手と話をすることはあまりない。誰かと食事に行ったり、つるむのを好まなかった。

     例えば、東京遠征で先輩と食事に出かければ、食事を済ませただけで「じゃあ、失礼します」と帰るわけにはいかない。「2軒目に行くぞ」と言われたら、ついていくしかない。ある選手に聞いた話では「前田は誘っても断るんですよ」と言う。食事代は先輩が払ってくれるが、「自分の時間を大事にしたい。それくらい自分の金で食べます」が持論。10代の頃から堂々と誘いを断っていた。

     前田に打撃のアドバイスをした覚えはあまりない。バットを振らせたり、メンタル面の話をしたことが多かったように思う。チーム内で孤立しないよう、なるべく話をするようにした。

     2007年に2000安打を達成したが、アキレス腱を断裂するなど故障に苦しめられた晩年は、オフをつくらず、トレーニングに没頭していた。同じ高卒選手でも対照的なのは、体が強かった江藤智である。

    (内田順三/前巨人巡回打撃コーチ)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200226-00000008-nkgendai-base

    【名伯楽・内田順三「作る・育てる・生かす」】#26

     1990年代にカープの主砲だった江藤智は、88年のドラフト5位で捕手として入団した。私は二軍打撃コーチ。この時すでに右肩を故障していて、二塁まで強く送球できない状態だった。

     一方で打球の飛距離は群を抜いていた。今ではどこでもやっているロングティー。これを当時の山本浩二監督は好んだ。一番最初にやり出した人物ではないか。体全体を使って強く振る練習になるから、私も推奨している。

     江藤は新人時代に、このロングティーでバックスクリーンにブチ当てた。勢いのないトスをスタンドまで持っていくには、相当な力が必要。肩は故障していても、これだけ強く、遠くへ飛ばせるのは長所であり、大きな魅力だった。江藤を「強化指定選手」にすることにした。とはいえ、投げられなくては捕手は厳しい。3年目からは三塁手として鍛える方針になり連日の猛ノックで土台をつくった。足でしっかり土を掴み、下半身を安定させるため、裸足でのスイングも取り入れた。

     入団1、2年目の頃、江藤には消極的なところがあった。私はこう言ったことがある。

    「バットを振って三振をするのは構わない。ただし、見逃しはダメだ。真っすぐを待っていて変化球がきても、バットは振りなさい」

     自分とボールとの距離は、バットを振らないと分からない。そのうち、変化球を片手でポーンと左中間へはじき返せるようになった。猛練習の中で、下半身が強化され、守備も打撃も着々と成長の跡を見せていく。

    ■巨人へFA移籍

     90年代のチームを主軸として支え、99年オフに巨人へFA移籍。盗塁はできなくても走塁はできる――。当時、私は巨人の一軍打撃コーチ。江藤は、パワーヒッターで足が速くないにもかかわらず、一塁走者の時には、大きなリードを取り、積極的に三塁へ進塁するなど、カープで叩き込まれた走塁を披露。長嶋茂雄監督は「江藤は意識が高い」と最初に驚いたのが走塁だったそうだ。

     のちに、江藤に広島時代の過酷な練習について聞くと、こう話していた。

    「選手時代は夢中でしたけど、全てを受け入れて乗り越えられた。選手としてある程度は成功できた今、コーチをする上で、あの時に厳しくやってもらったことが生きています」

     そんな江藤と15、16年には巨人の一軍打撃コーチを一緒にやることができた。成功の要因は、なんといっても体の強さ。江藤は泥にまみれながらプロで生きる道を切り開いた。それは、体だけは丈夫だった後輩の新井貴浩にも通じている。

     私が50年間もユニホームを着続けられたのは、広島のコーチ3年目に初めて「作った」と自負できる選手に出会ったからに他ならない。後にプロ野球史上初の快挙を成し遂げる正田耕三である。

    (内田順三/前巨人巡回打撃コーチ)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200227-00000010-nkgendai-base

    dvdu005467

     広島・小園海斗内野手(19)が16日に廿日市市内の大野練習場で合同自主トレに参加し、球団史上初となる高卒2年目以内でのシーズン2桁本塁打に意欲を示した。ドラフト制以降の高卒2年目では1990年江藤智の5本が球団最多。年始にピラティスを導入するなど肉体改造に着手し、昨季4本塁打からの大幅増を期した。

     遊撃の定位置奪取の先には、赤ヘル史への挑戦が待っている。小園は合同自主トレ内でのフリー打撃にとどまらず、マシン打撃を追加して約50分間にわたって振り込んだ。会沢ら主力組はマツダスタジアムが拠点で、同じ大野練習場にいた新人らと比べて打球の質の差は明らか。確かな手応えのまま、今季目標を具体的な数字で示した。

     「本塁打は狙ってないし、そう簡単には打てない。ただ去年は後半戦で4本打てた。今年は10本、2桁を目指して頑張りたい」

     ドラフト制以降で高卒2年目での球団最多本塁打は90年江藤智の5本。三村敏之(3本)、前田智徳(4本)ら高卒入団で飛躍した歴代の先輩も2桁には届いていない。昨季は58試合で4本塁打。合同自主トレを視察した東出2軍打撃コーチからも「今日のメンバーでは群を抜いている。最終的には20発打てるようになってほしいし、最初から形にこだわって小さくなってほしくない」と発破をかけられた。

     肉体改造を目指し、年始には大阪府内でピラティスを初体験した。体幹を含めた筋力強化や柔軟性向上につながり、同僚の西川も日本ハム・近藤らとの合同自主トレで導入している。

     「弱いところを中心にやったので、かなりキツかったです。体幹が強い方ではないし、夏場にバテて1年間やれる体力がなかった。シーズン中にもやれたらいいな…と思っています」

     前日15日には遊撃を争う田中広が「タナキクをもう一度全国の皆さんにアピールできるようにしたい」と宣言したばかり。小園も遊撃にかける思いでは負けられない。「まだ自分の実力では無理なので、少ないチャンスをモノにしたい。一つのポジションをつかめれば、ずっと試合に出られる。遊撃を獲りにいくつもりで頑張ります」。し烈な定位置争いが成長速度をさらに速めるだろう。(河合 洋介)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200117-00000056-spnannex-base

     プロ野球のキャンプインまで10日を切り、国内外で自主トレを積んできた12球団の選手たちは追い込み段階に入っている。春季キャンプでは中日のドラフト1位・根尾昂内野手、日本ハムのドラフト1位・吉田輝星投手ら黄金ルーキーに注目が集まるが、まだまだ復活や再ブレークを期す選手たちもいる。Full-Count編集部では、2019年シーズン中の復活を目指す選手を球団ごとにピックアップ。今回はセ・リーグ編をお届けする。


    ○広島:堂林翔太内野手
     2009年に中京大中京のエースとして甲子園に優勝し、ドラフト2位で広島へ。2018年は野間峻祥の台頭もあり、63試合出場、打率.216、5打点。3年ぶりに本塁打ゼロに終わった。チームは丸佳浩が巨人へFA移籍したものの、人的補償として長野久義が加入。鈴木誠也、野間に加え、西川龍馬が外野に挑戦するなど競争は激しい。12年には全試合出場するなどポテンシャルは十分。再ブレークを果たしたい。

    ○巨人:アレックス・ゲレーロ外野手
     17年は中日の主力として130試合出場、打率.279、86打点。35本塁打を放って本塁打王に輝いたものの、巨人1年目の昨季は82試合出場、打率.244、15本塁打、40打点と低迷。4月に5本塁打を放ったが、2軍調整やスタメン落ちが目立った。チームには2年連続MVPの丸がFA加入。強力打線を形成したいところだ。

    ○ヤクルト:館山昌平投手
     右肩や右肘など9度の手術を受けた通算85勝右腕。08年から5年連続2桁勝利をマークしてきたものの、17、18年は未勝利。勝ち星は16年7月22日の中日戦が最後だ。昨季は5試合登板し、0勝4敗、防御率6.86。日大の同級生だった村田修一、杉内俊哉ら80年生まれの“松坂世代”が続々と引退。中日・松坂大輔のように復活を遂げたい。

    ○DeNA:梶谷隆幸外野手
     17年は137試合出場。打率.243に留まったが、21本塁打、21盗塁をマークし、2年連続のクライマックスシリーズ、日本シリーズ進出に貢献した。だが、2018年は右肩痛、腰痛など度重なる故障に苦しみ、8月下旬に右肩のクリーニング手術を受けた。1軍出場はわずか41試合にとどまり、打率.268だった。パンチ力のある打撃で再び上位打線に定着したい。

    ○中日:大野雄大投手
     2010年ドラフト1位で中日入りし、13年から3年連続2桁勝利をマーク。16、17年と2年連続で開幕投手を務めたものの、昨季は開幕ローテ入りも逃して6試合登板、0勝3敗、防御率8.56だった。まだ30歳。与田剛新監督の信頼を掴むために、2年ぶりの白星はもちろん、かつてのエースとしての姿を取り戻したい。

    ○阪神:藤浪晋太郎投手
     甲子園で春夏制覇し、2012年ドラフトで4球団競合の末、阪神入り。13年から3年連続2桁勝利をマークしたものの、17年は3勝、昨季は5勝止まりだった。復活の鍵は制球難の克服。17年は59イニングで53四死球、18年は71イニングで51四死球だった。昨季限りで金本知憲監督が退任し、今季から矢野燿大監督が就任。猛虎復活へはエースの奮闘が期待される。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190122-00285111-fullcount-base

    3181508i

    【越智正典 ネット裏】リーグ優勝を決めたカープが見事に戦うと、私はいつも村上孝雄(旧姓宮川)を思い出し、献敬の思いである。

     1936年生まれ。彼は福岡県豊国学園、門司鉄道管理局で外野手として鍛えられ、スカウト自由競争時代の60年に広島に入団。チームには「ボス」こと大和田明、「ゴジラ」藤井弘、森永勝也。東京在住だがいまもオーナー東洋工業社長松田恒次の墓参りをを欠かしたことがない興津立雄。当時評論家だった青田昇が言っていた。「彼らが打撃練習を始めると皮の匂いがする!」。

     村上は170センチ、68キロ。彼は代打で生きようと決意する。契約金は300万円。先輩たちにとうてい及ばない。で、彼ほど走った男はいない。走りに走った。その姿は胸に迫った。その頃、彼はひょいと言っていた。

    「お金のことを言うのは恥ずかしいんですが、一歩が一円、二歩が二円…そう思って走りました」。

     90年、キャンプイン前にMLB“留学”から帰国していた武上四郎に会うと「アメリカの選手は遠征先でも朝10時には汗を拭くタオルを持ってロビーに現れ、それから3マイルは走るんです。前の日の水分を取るんですよ」。

     村上は勿論、バットもよく振った。白いバットが真っ黒になっていた。バットを折らなかった。72年は一本。同じバットで打ち続けた。打率は代打ばかりで4割4厘であった。

    「一振り人生」15年でバットを置くと、スカウトに。北別府学、津田恒美、高信二、江藤智、前田智徳、石貫宏臣…純真闘志を見抜いて獲った。立派だった。

     カープの3年連続リーグ優勝のチーム編成を見事にやっている苑田聡彦が、監督白石勝巳をはじめ関係者の「中西太二世」の期待のうちに三池工業から広島に入団したのは63年、18歳。心やさしい若者だった。

     はじめは定時制生徒。もうベテランになっていた73年、巨人との東北シリーズ。5月17日の朝、前夕仙台から着いた盛岡の広島の宿の前に、スター選手のサインが欲しくて少年たちがノートを抱えてむらがっていた。

     苑田が部屋から出て来て一人一人に、誰のが欲しいの…と聞き、とどけていた。旭川実業の元監督込山久夫は苑田の勝利を喜んでいる。「苑田さんに真ごころを教わりました。名スカウトです」。

     苑田はとんでもないところに目をつけている。16年、慶応大の投手加藤拓也をドラ1で指名したが、加藤は東京六大学の試合当日、日吉から神宮球場に来るのに東横線の渋谷の数駅前で降りて歩いていた。

     苑田は三池工業で監督原貢に育てられた。そのいつくしみを忘れない。お礼に、少年時代の原辰徳とよく遊んだ。65年夏三池工業は全国優勝。中堅手苑田邦夫は弟である。弟を甲子園に連れて行ってくれたと益々恩師に感謝し続けた。=敬称略=(スポーツジャーナリスト)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181020-00000022-tospoweb-base

    prm1609250001-p4

    このページのトップヘ