広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    河田雄祐

     リーグ連覇を達成した広島の選手、家族、関係者ら計228人が1日(日本時間2日)、優勝旅行先の米・ハワイに到着。今季限りで広島を退団し、現在はヤクルトの河田外野守備走塁コーチも優勝旅行に参加した。


     ナインとは久々の再会。「丸に『何しに来たんですか?』って言われたよ」と笑い、愛弟子の田中からも「ヤクルトのユニホーム似合ってないですよ」といじられていた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171202-00000137-dal-base

     広島の西川龍馬内野手(22)が26日、マツダスタジアムを訪れ、来季の目標に自身初となる2桁10盗塁以上を掲げた。今季は95試合に出場し4盗塁。3年目に向け「盗塁が増えれば自分自身の幅が広がる」と意欲を示した。

     機動力を大きな武器とするチームにあって、足でアピールするには大変な努力を要する。そんな中、今季初盗塁を決めるなど盗塁への意欲が高まってきた西川は「2桁はしたい」と力を込めた。

     今季チーム盗塁数112はリーグ断トツ。田中が35盗塁で盗塁王に輝き、チーム2位の安部が17、同3位の鈴木が16と上位5選手は10盗塁以上だ。それに西川が割って入る。

     今季限りで退団した河田前外野守備走塁コーチ(現ヤクルト)にキャンプ、シーズンを通して指導を受けてきた。「スタートや体の使い方を教えてもらいました」。低い姿勢を保ちながら加速するのが成功への道。そのために今オフは肉体強化に汗を流す。

     食事と筋力トレで筋肉量を増やし、現在の体重73キロから来春キャンプまでに77キロにするのが目標。強じんな下半身ができれば、スタート直後にバランスを保つことができる。

     侍ジャパンの一員として優勝した「アジアプロ野球チャンピオンシップ2017」の韓国との開幕戦。7-7の同点となった直後の延長十回2死一塁で二盗を決め、サヨナラ勝利につなげた。緊迫した状況でも物おじしない強い精神力がある。

     天才的な打撃に加え、走力をアピールできれば勝利、そして自身の三塁レギュラー獲得に近づく。来季は積極的にグラウンドを駆け巡る。

    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/11/27/0010767355.shtml

     ヤクルトが、来季の新首脳陣として招へいを目指している前広島・石井琢朗打撃コーチ(47)、河田雄祐外野守備走塁コーチ(49)の就任が3日、決定的となった。正式に契約を結び次第、球団から発表される見込みだ。

     愛媛・松山秋季キャンプには第2クール、11日から合流する予定。広島を37年ぶりのリーグ連覇に導いた立役者の2人が、今度は球団史上ワースト96敗を喫したチームの立て直しに一役買う。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171104-00000055-sph-base

     「セCSファイナルS・第5戦、広島3-9DeNA」(24日、マツダスタジアム)

     最後まで最前線で戦い抜いた。死力を尽くしたが頂点へはたどり着けなかった。今季限りでの退団を発表した広島・石井琢朗打撃コーチ(47)と河田雄祐外野守備走塁コーチ(49)。有終の美は飾れなかったが、2人にやり残したことはない。



     功績は計り知れない。持っている全ての知識を選手らに授けた。石井コーチは打撃の意識を改革。無死満塁で併殺でも1点を奪えばOKと、つなぐ攻撃を徹底させた。鯉の機動力野球を復活させたのが河田コーチだ。指導を受けた田中は盗塁王を獲得。試合中には外野へ細かい指示を送り、相手の得点機を何度も阻止した。

     2人が去ってもチームカラーは変わらない。これからも「石井・河田イズム」は継承されていく。恩返しは来季へ持ち越し。球団史上初のリーグ3連覇、34年ぶりの日本一を目指す。今後のコーチ人事については近日中に発表される。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171025-00000037-dal-base&pos=1

    いまやセ・リーグ随一の攻撃力を誇る赤ヘル打線も、シーズン4位に終わった2015年終了時点、つまりほんの2年前までは「貧打」「得点力不足」が代名詞だった。同年のチーム打率.246はリーグ5位、506得点はリーグ3位の成績で、お家芸の盗塁もやはりリーグ4位の80にとどまっている。105本塁打と473打点、長打率.368は3位ながら出塁率.312は同5位。得点圏打率は同6位の.235と低調で、“あと1点”“あとひと押し”が足りず、15年の1点差試合は25勝26敗と負け越しいる。そんなチームを生まれ変わらせたのが、石井琢朗打撃コーチ、そして河田雄祐守備・走塁コーチだ。2人の起こした“革命”を、あらためて振り返る。(文=小林雄二)
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171016-00010000-victory-base

     刻一刻と迫る大一番へ、セ・リーグ覇者に抜かりはない。広島は15日の全体練習で、急きょマツダスタジアムのナイター照明の下、外野の芝の上で約1時間、野手全員が順番にノックを受けた。

     雨が降りしきるグラウンドにナインの声が響き渡った。CSファイナルSが開幕する18日と、翌19日の天気は雨予報。どんなグラウンド状況にも対応できるよう、当初予定になかった屋外ノックをメニューに組み込んだ。

     くしくもこの日、甲子園でのCSファーストS、阪神-DeNA戦は雨の中で行われた。両軍選手がぬかるみに足を取られ、水たまりで勢いを失う打球に苦戦した。それだけに河田外野守備走塁コーチは「やらないでやられると後悔する。やっときゃよかったと思う。そういうのをなくしたいと思って」と、自らバットを握り飛球を打ち続けた理由を説明した。

     同時に、選手が本拠地のナイター照明の下でプレーするのは9月28日のヤクルト戦以来。田中が「久しぶりだったので、距離感など確認した。シーズン中から悪天候でも守ることはあるので特に変わりはないですが、全てに注意しながら守った」と話せば、外野手の野間も「ナイターや雨の中ではボールの見え方が全然違う。普段以上に警戒心を持ってやらないといけない」。勝つための備えは十分。あとは、相手を待つだけだ。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171016-00000034-dal-base

     ヤクルトは5日、来季監督に小川淳司シニアディレクター(SD、60)が就任すると発表した。契約は2年で年俸は8000万円(推定)。年内は編成のトップとしてのSD職を兼務する。背番号は前回の監督時代と同じ80。

     衣笠剛球団社長(68)は現状のチームを「層が薄い。チーム力が非常に低い」とした上で、今回の人事について「今のチームのすべてを知っている小川SDに預けて優勝…というよりも、チームの強化、底上げをお願いしたい」と説明。小川監督は「チーム状況を何とかしなきゃいけないとSDの立場でも責任を感じていた。立て直さないといけないという思いは非常に強く、引き受けさせてもらった」と話した。

     今季は主力選手に故障者が続出し、序盤から最下位に低迷。球団ワースト記録を更新する96敗、借金51でシーズンを終えた。巻き返しは容易ではない。しかし小川監督は「どこのポジションも補強ポイント」としつつも「今いる戦力でできるのが理想」と言う。球団幹部も「FAは今のところ考えていない」と話しており、FAを含めて補強には消極的だ。

     新外国人の獲得も同様で「今年は7人体制で外国人の年俸が12球団で3番目に多かったから、その反省もあって来年は少数精鋭でいく予定」(編成担当者)。現有戦力の底上げを優先し、足りない部分のみドラフト、外国人の獲得で埋めていくのが基本姿勢だ。

     そうなると脇を固めるコーチ陣がチーム強化の鍵となってくる。球団OBの宮本慎也氏(46)にヘッドコーチ就任を要請。また、これまでは生え抜きを大事にするファミリー球団だったが、広島のリーグ連覇に貢献し、今季限りで退団することになった石井琢朗打撃コーチ(47)と河田雄祐外野守備走塁コーチ(49)の招聘にも動く。「やるからには勝つことは大きな目標。そのためにどうするか考えていく」と小川監督。その戦いはすでに始まっている。
    引用元 http://www.excite.co.jp/News/baseball/20171006/TokyoSports_788260.html

     広島・丸佳浩外野手(28)が5日、マツダスタジアムで全体練習に参加し、今季限りでの退団が決まった石井打撃コーチと河田外野守備走塁コーチに贈る日本一を誓った。「いろいろ教えてもらいました。日本一という形で送り出せたらいいと思います」。感謝の思いをプレーで表す。

     もう一度、2人の喜ぶ顔が見たい。一緒に美酒を浴びたい。チームを去る石井、河田両コーチへ-。チームリーダー丸が、恩返しの日本一を約束した。

     「いろいろ教えてもらいました。今シーズンまでしか一緒にできないので、日本一という形で送り出せたらいいと思います」

     経験豊富な両コーチから走攻守の極意を伝授され、結果につなげてきた。プロ10年目の今季は打率・308、23本塁打、92打点の好成績。13盗塁の足も健在で、安定したセンターの守備でもチームを支えてきた。

     MVP最有力と言われる中、新たな勲章も手にする。DeNA・ロペスと並ぶ171安打で、リーグ最多安打のタイトルを確実にした。「チームとして優勝という形で終われたので充実感があるシーズンでしたけど、タイトルという形でも名前を残すことができてうれしい気持ちです」と素直に喜びを語った。

     シーズン中は休日も球場を訪れて体をケア。試合前練習でも同じメニューを貫いた。「面白くないルーティンかもしれないけど、それが結果につながった」。33年ぶりの日本一も背番号9が引っ張る。石井、河田両コーチへの感謝の気持ちをプレーで示し、2人の花道を飾る。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171006-00000040-dal-base

      連覇を達成した広島に衝撃が走った。広島は5日、石井琢朗打撃コーチ(47)、河田雄祐外野守備走塁コーチ(49)が球団に辞任を申し入れ、今季限りで退団することを了承されたと発表した。この日までに選手、フロントなどチーム内にあいさつを済ませた。共に家族を東京に残して単身赴任をしており、家族との時間を大切にしたいとの意向から、退任となった。連覇を支えた2人がポストシーズン後に、広島を去る。全体練習終了後に、記者会見を行う。


     石井打撃コーチは現役通算2432安打を放ったバットマンで、09年から広島でプレー。内野守備走塁コーチをへて、16年から打撃コーチとなった。巧みな理論と多くの引き出し、徹底した練習量で「ビッグレッドマシンガン打線」を作り出し、昨季の25年ぶりリーグ優勝に貢献。「打率はよくて3割。失敗の7割をどう生かすか」を選手に説き、凡打でも内容を求めた。15年に不調だった菊池、丸を復活させ、若い鈴木の成長をアシスト。今季は安部や西川などチーム全体の底上げにも尽力した。

     河田外野守備走塁コーチは三塁コーチとして抜群の判断力を発揮。16年に導入されたコリジョン・ルールにもいち早く対応し、機動力野球を復活させた。走塁面では今季の盗塁王が確実な田中や代走要員の野間など、潜在能力を開花させた。守備面でも積極的なプレーを推奨。鈴木が前方の飛球に突っ込んで後逸した際には「俺はああいう教え方をしている。誰がなんと言おうとオレは曲げない」と選手を守った。

     松田元オーナーは「革命を起こしてくれた2人。チームにとってはもちろん痛手だが、それでも前に進まないといけない」と語った。33年ぶりの日本一を2人へのはなむけとしたい。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171003-00000109-sph-ent

    このページのトップヘ