広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    河田雄祐

     刻一刻と迫る大一番へ、セ・リーグ覇者に抜かりはない。広島は15日の全体練習で、急きょマツダスタジアムのナイター照明の下、外野の芝の上で約1時間、野手全員が順番にノックを受けた。

     雨が降りしきるグラウンドにナインの声が響き渡った。CSファイナルSが開幕する18日と、翌19日の天気は雨予報。どんなグラウンド状況にも対応できるよう、当初予定になかった屋外ノックをメニューに組み込んだ。

     くしくもこの日、甲子園でのCSファーストS、阪神-DeNA戦は雨の中で行われた。両軍選手がぬかるみに足を取られ、水たまりで勢いを失う打球に苦戦した。それだけに河田外野守備走塁コーチは「やらないでやられると後悔する。やっときゃよかったと思う。そういうのをなくしたいと思って」と、自らバットを握り飛球を打ち続けた理由を説明した。

     同時に、選手が本拠地のナイター照明の下でプレーするのは9月28日のヤクルト戦以来。田中が「久しぶりだったので、距離感など確認した。シーズン中から悪天候でも守ることはあるので特に変わりはないですが、全てに注意しながら守った」と話せば、外野手の野間も「ナイターや雨の中ではボールの見え方が全然違う。普段以上に警戒心を持ってやらないといけない」。勝つための備えは十分。あとは、相手を待つだけだ。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171016-00000034-dal-base

     ヤクルトは5日、来季監督に小川淳司シニアディレクター(SD、60)が就任すると発表した。契約は2年で年俸は8000万円(推定)。年内は編成のトップとしてのSD職を兼務する。背番号は前回の監督時代と同じ80。

     衣笠剛球団社長(68)は現状のチームを「層が薄い。チーム力が非常に低い」とした上で、今回の人事について「今のチームのすべてを知っている小川SDに預けて優勝…というよりも、チームの強化、底上げをお願いしたい」と説明。小川監督は「チーム状況を何とかしなきゃいけないとSDの立場でも責任を感じていた。立て直さないといけないという思いは非常に強く、引き受けさせてもらった」と話した。

     今季は主力選手に故障者が続出し、序盤から最下位に低迷。球団ワースト記録を更新する96敗、借金51でシーズンを終えた。巻き返しは容易ではない。しかし小川監督は「どこのポジションも補強ポイント」としつつも「今いる戦力でできるのが理想」と言う。球団幹部も「FAは今のところ考えていない」と話しており、FAを含めて補強には消極的だ。

     新外国人の獲得も同様で「今年は7人体制で外国人の年俸が12球団で3番目に多かったから、その反省もあって来年は少数精鋭でいく予定」(編成担当者)。現有戦力の底上げを優先し、足りない部分のみドラフト、外国人の獲得で埋めていくのが基本姿勢だ。

     そうなると脇を固めるコーチ陣がチーム強化の鍵となってくる。球団OBの宮本慎也氏(46)にヘッドコーチ就任を要請。また、これまでは生え抜きを大事にするファミリー球団だったが、広島のリーグ連覇に貢献し、今季限りで退団することになった石井琢朗打撃コーチ(47)と河田雄祐外野守備走塁コーチ(49)の招聘にも動く。「やるからには勝つことは大きな目標。そのためにどうするか考えていく」と小川監督。その戦いはすでに始まっている。
    引用元 http://www.excite.co.jp/News/baseball/20171006/TokyoSports_788260.html

     広島・丸佳浩外野手(28)が5日、マツダスタジアムで全体練習に参加し、今季限りでの退団が決まった石井打撃コーチと河田外野守備走塁コーチに贈る日本一を誓った。「いろいろ教えてもらいました。日本一という形で送り出せたらいいと思います」。感謝の思いをプレーで表す。

     もう一度、2人の喜ぶ顔が見たい。一緒に美酒を浴びたい。チームを去る石井、河田両コーチへ-。チームリーダー丸が、恩返しの日本一を約束した。

     「いろいろ教えてもらいました。今シーズンまでしか一緒にできないので、日本一という形で送り出せたらいいと思います」

     経験豊富な両コーチから走攻守の極意を伝授され、結果につなげてきた。プロ10年目の今季は打率・308、23本塁打、92打点の好成績。13盗塁の足も健在で、安定したセンターの守備でもチームを支えてきた。

     MVP最有力と言われる中、新たな勲章も手にする。DeNA・ロペスと並ぶ171安打で、リーグ最多安打のタイトルを確実にした。「チームとして優勝という形で終われたので充実感があるシーズンでしたけど、タイトルという形でも名前を残すことができてうれしい気持ちです」と素直に喜びを語った。

     シーズン中は休日も球場を訪れて体をケア。試合前練習でも同じメニューを貫いた。「面白くないルーティンかもしれないけど、それが結果につながった」。33年ぶりの日本一も背番号9が引っ張る。石井、河田両コーチへの感謝の気持ちをプレーで示し、2人の花道を飾る。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171006-00000040-dal-base

      連覇を達成した広島に衝撃が走った。広島は5日、石井琢朗打撃コーチ(47)、河田雄祐外野守備走塁コーチ(49)が球団に辞任を申し入れ、今季限りで退団することを了承されたと発表した。この日までに選手、フロントなどチーム内にあいさつを済ませた。共に家族を東京に残して単身赴任をしており、家族との時間を大切にしたいとの意向から、退任となった。連覇を支えた2人がポストシーズン後に、広島を去る。全体練習終了後に、記者会見を行う。


     石井打撃コーチは現役通算2432安打を放ったバットマンで、09年から広島でプレー。内野守備走塁コーチをへて、16年から打撃コーチとなった。巧みな理論と多くの引き出し、徹底した練習量で「ビッグレッドマシンガン打線」を作り出し、昨季の25年ぶりリーグ優勝に貢献。「打率はよくて3割。失敗の7割をどう生かすか」を選手に説き、凡打でも内容を求めた。15年に不調だった菊池、丸を復活させ、若い鈴木の成長をアシスト。今季は安部や西川などチーム全体の底上げにも尽力した。

     河田外野守備走塁コーチは三塁コーチとして抜群の判断力を発揮。16年に導入されたコリジョン・ルールにもいち早く対応し、機動力野球を復活させた。走塁面では今季の盗塁王が確実な田中や代走要員の野間など、潜在能力を開花させた。守備面でも積極的なプレーを推奨。鈴木が前方の飛球に突っ込んで後逸した際には「俺はああいう教え方をしている。誰がなんと言おうとオレは曲げない」と選手を守った。

     松田元オーナーは「革命を起こしてくれた2人。チームにとってはもちろん痛手だが、それでも前に進まないといけない」と語った。33年ぶりの日本一を2人へのはなむけとしたい。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171003-00000109-sph-ent

     リーグ屈指の攻撃力を支えたのは打撃だけではない。「一つ二つ先の塁を狙う」と意思統一された走塁も広島の武器だ。706得点はリーグ断トツ。三塁ベースコーチを務める河田外野守備走塁コーチは「去年からやっていることを今年も持続できている。長打1本できっちりホームまでかえる。一つ二つ先という意識でやれば点は入る」と手応えを明かす。

     昨季チーム盗塁数118に対して今季は108個。「失敗数は同じぐらいかな。数より確率。やみくもに走るより、相手にプレッシャーをかけられたらいい」とうなずく。

     1番・田中は昨季の経験を生かし、ここまで32盗塁。自身初のタイトル獲得へまっしぐらだ。「5番・安部」という新オプションも打線の切れ目をなくし、つながりを生んだ。

     試合終盤の勝負どころでは「代走・野間」がコールされる。胃がんからの復活を目指す赤松に代わり、今季は野間が代走の切り札。ここまで10盗塁。河田コーチは「一生懸命よくやっている。器用ではないけど、フィジカルは素晴らしい。いいところで決めてくれている。野間だから回せたのが4つぐらいある」と高く評価する。

     象徴的なシーンは、8月3日・阪神戦(マツダスタジアム)だ。2-5の九回、新井の全力疾走でもぎ取った内野安打から1点を返し、なおも1死一、三塁。打席は西川。フルカウントからの7球目をはじき返した打球は中堅右で弾んだ。スタートを切っていた一走・野間は一気にホームイン。中継プレーはスムーズだったが、走力が勝って延長12回ドローに持ち込んだ。

     河田コーチは「右中間寄りの打球でホームまでかえられるのはなかなかない。あそこで回せたのはコーチをしていても初めてだよ」と目を丸くする。野間は「スタートも切っていたし、二塁を回る前ぐらいで落ちると分かった。(三塁で)止めるかなと思ったけど、中継プレーは何が起こるか分からない。全力で走って、後は河田さんに任せています」と控えめに振り返った。

     野間の足は今やチームに欠かせない。相手に重圧を与えるリーグ連覇の要因となった。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170921-00000040-dal-base

    <広島6-4阪神>◇7日◇マツダスタジアム

     新・神ってる男がまた打った。広島安部友裕内野手(28)が5回2死一塁、左中間へ勝ち越しの適時三塁打を放った。2位阪神を相手に3連勝を決める殊勲打。緒方監督が今季の推しメンに挙げる男の活躍で、2年連続のクライマックスシリーズ(CS)進出を決め、リーグ連覇へのマジックを8とした。最短の優勝は12日。いよいよゴールが見えてきた。

     広島がまた風を吹かせた。同点に追いついた後の5回2死一塁。勢いに乗った安部は阪神秋山の内角フォークをすくい上げた。強引になることなく、華麗に逆方向へ。打球は飛び込んだセンター中谷のグラブの先を抜けた。安部は快足を飛ばして一気に三塁へ。滑り込んでド派手なガッツポーズを決めた。「本当にうれしかった。自然と出た」と満面の笑みで表現した。

     劣勢をひっくり返した。先発ジョンソンが不調で1回に3点を献上。1回の攻撃中に雨天による25分の中断も挟んだ。集中力を保つのも難しい展開。安部は2回1死からチーム初安打となる安打を右翼へ。田中の2ランで1点差に迫った後の4回には先頭で左翼へ二塁打を放っていた。そして勝ち越しの三塁打。「一番だめなのは三振。逆方向しかないと思った」と頭の中を明かした。

     「攻撃こそ最大の防御。最後まで攻めて勝つ!」。選手サロンに置かれたホワイトボードに似顔絵付きで石井打撃コーチが書いた言葉だ。これまでと違うのは、吹き出しの主。これまでは河田外野守備走塁コーチのイラストが書かれていたが、その上から松山の顔写真が貼られ「マッちゃんの今日の一言」と書かれていた。柔らかく、雰囲気に乗せて有言実行。攻撃陣の結束力が試合でも出た。

     いちるの望みを持ちマツダスタジアムに乗り込んだ阪神をやっつけた。チームは6連勝で貯金は32。優勝へのマジックは一気に8まで減った。2年連続のCS進出を決め、連覇へもカウントダウンだ。緒方監督は「独特のムードのなかで後押しを受けて、選手も乗せられるように、チャンスでたたみ掛ける攻撃が出来ている」とうなずいた。追い風がビュンビュン吹いている。【池本泰尚】

     ▼広島がオール逆転で阪神に3連勝。広島の逆転勝ちは両リーグ最多の今季37度目。45度の逆転勝ちを記録した昨年の広島は、オール逆転の3連戦3連勝が6月17~19日オリックス戦しかなかったが、今季は4月11~13日巨人戦、5月2~4日中日戦に次いで3度目だ。これでマツダスタジアムでは43勝17敗1分け、勝率7割1分7厘。今季も本拠地で強く、昨年マークした本拠地球場49勝の球団記録にどこまで迫るか。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170908-01884448-nksports-base

     102試合目で優勝マジック33が初点灯した広島。まだ41試合を残す中、野手では唯一、シーズン自己最多出場を更新しているのが5年目の上本崇司内野手(26)だ。新人だった13年の30試合を上回る33試合に出場している。

     実は「第4の捕手」という“重役”を担っている。植田バッテリーコーチが説明する。「彼は器用だから。何かあったときは頼む、と前もって伝えている」。7月21日の中日戦。負け試合の中、勝利を目指すため石原、磯村に代打が送られたことで、9回には会沢がマスクをかぶった。万が一、会沢にアクシデントがあった際、マスクをかぶる予定だったのが上本だった。

     「捕手で試合に出たのは中学のときが最後。正直、準備は何もしていないけど、心構えだけはできています」。チームにとっては、捕手としての出場機会がないことが一番だろうが、欠かせないピースであることも事実だ。

     今季は定評のあった守備に加え、俊足ぶりも光る。プロ初盗塁を含む2盗塁をマーク。何より今季のチーム初勝利を呼び込んだことが記憶に残っている。開幕2戦目だった4月1日の阪神戦。延長10回に代走出場し1死二、三塁から安部の二塁へのゴロで三塁走者として好走塁を見せ、サヨナラ勝ちを呼んだ。

     河田外野守備走塁コーチからも走塁面で評価を受ける。「そんなに出場機会はないけど、初めて盗塁を決めたこともあり、自信をつけたんじゃないかな。必要とされていることに喜びを感じていると思う。今年は自信なさげにしている姿がなくなったね」と変化を感じている。

     上本自身も「強気な気持ちを持って、今年はやれていると思います」と一定の手応えをつかんでいる。その一方で、現状には満足していない。「試合出場数が、ただ増えただけでは仕方ないです。盗塁もまだ2つだけですし、打席にももっと立ちたいですから」。

     今季は7打席に立って1四球も無安打。悔やむのは5日DeNA戦で7回2死で回ってきた打席だった。カウント2―2からフォークを空振り三振。「結果を出したいという気持ちが強くて…。つい、欲が出てしまいました」。顔をしかめながら振り返る姿から歯がゆさが伝わってきた。代走、守備固め要員のままで終わるつもりは毛頭ない。(記者コラム・柳澤 元紀)


    引用元 http://m.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/08/09/kiji/20170809s00001173031000c.html

     広島のサビエル・バティスタ内野手(25)が5日、巨人戦(マツダスタジアム)の試合前練習で、河田雄祐外野守備走塁コーチ(49)から個別アドバイスを受けた。

     バティスタは前日(4日)の同カードで、6回二死二塁から、平凡な飛球を見失い(記録は二塁打)、相手に得点を与えてしまった。

     河田コーチは「打球を見失ったら、まず動かないように」と指導する一方で、外野ノック中には「いいぞ、スーパースター!」と声をかけるなど落ち込まないよう気を使った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170705-00000053-tospoweb-base

     メモを取る手が止まった。17日のDeNA戦(マツダスタジアム)。ミスが重なり9回に3点を追いつかれた試合だ。鈴木の痛恨の後逸について、河田外野守備走塁コーチに話を聞きにいったときだった。目を真っすぐ見て「オレはああいう教え方をしている。オレは誰がなんと言おうと曲げない」と言われた。いらついているわけでもなく、心底の言葉だと感じた。

     もちろんいいプレーではない。前方の打球にスライディングキャッチを試みるなら、最低でも体に当てなければならない状況。だがそれは素人に言われなくても百も承知だろう。ミスを恐れて前に出なければ就任当時から掲げる「ポテンヒットの撲滅」は出来ない。長い目で見て、鈴木を育てる上で取らなければならないリスク。打たれた今村は不運だが、チームがそれを共有出来ているのだ。

     翌日、緒方監督にも聞いた。「誠也は若いし、まだまだ経験しないといけない選手だからね。こっちもそう思っている。(河田コーチの言葉は)強い責任と愛情を持って指導してくれている証しでしょう」。失敗と悔しさと愛情を受けて、どこまでも育っていく。【広島担当=池本泰尚】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170524-01827223-nksports-base

    このページのトップヘ