広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    津田恒実

     【鯉と鷹の物語】(5)

     広島の抑え投手として活躍後、病魔と戦ったのが「炎のストッパー」として知られた津田恒美氏だ。社会人・協和発酵からプロ入りした1982年に11勝し、新人王。闘志あふれる投球が持ち味で86年に抑えへ転向し、89年には40セーブポイントをマークして最優秀救援投手となった。

     91年の開幕後に頭の痛みを訴え、治療に専念するため同年限りで引退。福岡市内の病院へ入院した。広島のかつての同僚で、同い年で仲のよかった森脇浩司内野手は当時ダイエー(現ソフトバンク)でプレーしており、親友の見舞いへ足しげく通った。

     一時期、快方へ向かった津田氏は「俺、ダイエーへ入れるんかなあ」と森脇氏へ再起の夢を語っていた(津田晃代著『最後のストライク』)が、オールスター戦が東京ドームで行われた93年7月20日、脳腫瘍のため、32歳で死去。もう一度マウンドへ立つ夢はかなわなかった。

     津田氏と左右のダブルストッパーとして活躍した広島の大野豊投手は「投手には珍しく優しくていいやつ」と早すぎる死を悼んだ。(浦)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181101-00000668-san-base

     今年も「ドラフト会議」が近づいてきた。社会問題に発展した“江川事件”や巨人にフラれた清原和博の涙…幾多のドラマを生んだ運命の1日。44年前、近鉄から予想外の1位指名を受け、人生が激変したのが福井保夫さん(65)だった。



     「私も、あの日を境に運命が変わった1人かもしれません。いろんな事情が絡んだでしょうが、まさかの1位。確か11月19日ですよ」

     1974年のドラフト会議。当時は予備抽選が行われており、近鉄は全球団が欲しがる「いの一番」くじを引き当てていた。つまり“全体1位指名”。これ以上ない名誉だが、福井さんにとっては理不尽でもあった。

     この年のドラフトは制度の見直しがあり、契約金の上限が外されていた。高校生ではアイドル的人気を誇った鹿実・定岡正二を筆頭に、銚子商・土屋正勝、横浜・永川英植、土浦日大・工藤一彦がビッグ4を形成。そして何より松下電器(現パナソニック)のチームメートに、剛球右腕で断然1位候補の山口高志がいた。 「私はプロ志望ではあったんですが、どの球団が来ているのか、会社で止まっていて、私には知らされていなかった。山口さんはプロに行かないという話もあったし、契約金も高くなるだろう。それに高校生の有力どころはパ・リーグはダメという状況もあった」

     当時の松下電器には、山口以外にも後にロッテ、阪神で活躍する左腕・福間納がいた。福井さんは制球力とスライダーを武器に投手王国の一角を担っていたが、飛び抜けた存在ではない。ドラフト当日も大阪府門真市にあるラジオ事業部で普段通り従事。そんな中、思わぬ一報が入った。

     「福井保夫、投手、松下電器」。司会のパンチョ伊東さんが独特の声と名調子で真っ先に名前を読み上げた。周囲が騒然となったのは言うまでもない。

     「そりゃ、驚きましたよ。監督からはすぐに本社に来いと。電話が殺到していたのも覚えてます」。運命が変わった瞬間だった。

     契約金2000万円、年俸240万円。1年目の75年、ロッテ戦で初勝利を挙げた。81年に中継ぎとして自身最多18試合に登板も右ひざの故障が響き、以降は登板なし。83年オフにトレードで森脇浩司(現中日1軍野手チーフコーチ)とともに広島へ移籍し、翌年に引退した。あの津田恒実さんとはウマが合い「家族ぐるみで付き合いがあった」という。

     阪急を日本一に導いた剛腕・山口を差し置いて“全体1位指名”で飛び込んだプロの世界だったが、結局、目立った成績を残すことはなかった。現役生活を終えた後は、古巣に戻り6年間、打撃投手、用具係、スコアラーを兼務した。

     退団後は奈良県安堵町の商工会に入り、その経験を生かして政治家に転身。町会議員として8年目を迎え、3年前から、母校の岡山・津山商の非常勤コーチも兼任。岡山県北から悲願の甲子園出場を目指している

     「小さな町なので人に優しい町づくりを。母校には恩返しがしたいだけです」

     まだ65歳。まさかの「いの一番」指名で人生が変わった元猛牛戦士は今、異色の二刀流で猛進中だ。(デイリースポーツ特約記者・山本智行)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181016-00000037-dal-base

     広島の中崎翔太投手が8日、本拠地マツダスタジアムでの中日戦で、通算100セーブを達成した。NPB史上30人目となる。

     NPBの歴代通算セーブ数ランキングを見ると、以下の通りとなる(100セーブ以上)。()内は実働年、RPは救援登板数。※は現役。江夏豊はセーブ制導入後の数字。

    1岩瀬仁紀405S/985RP(1999-2018)※
    2高津臣吾286S/584RP(1991-2007)
    3佐々木主浩252S/431RP(1990-2005)
    4サファテ234S/427RP(2011-2018)※
    5小林雅英228S/450RP(1999-2011)
    6藤川球児224S/672RP(2000-2018)※
    7江夏豊193S/495RP(1967-1984)

    8馬原孝浩182S/371RP(2004-2015)
    9クルーン177S/304RP(2005-2010)
    10武田久167S/534RP(2003-2017)
    11永川勝浩165S/518RP(2003-2018)※
    12豊田清157S/476RP(1995-2011)
    13平野佳寿156S/484RP(2006-2017)
    14赤堀元之139S/360RP(1989-2004)
    15大野豊138S/483RP(1977-1998)
    16大塚晶則137S/305RP(1997-2003)
    17増井浩俊134S/427RP(2010-2018)※
    18斉藤明夫133S/383RP(1977-1993)
    19鹿取義隆131S/739RP(1979-1997)
    20山本和行130S/539RP(1972-1988)
    21林昌勇128S/238RP(2008-2012)
    22牛島和彦126S/327RP(1980-1993)
    23ギャラード120S/194RP(2000-2004)
    24山崎康晃118S/223RP(2015-2018)※
    25ペドラザ117S/194RP(1999-2003)
    26郭源治116S/266RP(1981-1996)
    27山口俊111S/320RP(2006-2018)※
    28佐々岡真司106S/267RP(1990-2007)
    29MICHEAL104S/286RP(2005-2012)
    30中崎翔太100S/283RP(2012-2018)※

     セーブは1974年に正式に記録として導入され、それ以降の投手が対象となっている。通算最多セーブ記録は長らく江夏豊が保持していたが、佐々木主浩が1998年に14年ぶりにこれを更新、以後、高津臣吾、藤川球児、岩瀬仁紀とクローザーに特化した投手が続々と登場して、記録を更新した。

     中崎は史上30人目の100セーブだが、現役では8人目。広島で100セーブを挙げたのはこれが4人目となる。広島の通算セーブ数5傑は以下のようになっている。

    1永川勝浩165S/518RP(2003-2018)※
    2大野豊138S/483RP(1977-1998)
    3佐々岡真司106S/267RP(1990-2007)
    4中崎翔太100S/283RP(2012-2018)※
    5津田恒実90S/228RP(1982-1991)

     広島のクローザーといえば1979年日本シリーズの「江夏の21球」の江夏豊が有名だが、江夏は1978-80年の3シーズンだけ在籍し55セーブを挙げたのみ。上位5人はすべて広島の生え抜きだ。

     多くの場合、クローザーはチームに1人だけ選任される。広島で言えば、永川が長くクローザーを務め、その後サファテ(現ソフトバンク)、ミコライオと外国人が続いたのちに中崎がクローザーになった。しかし、昨年は不振が続いたために、一時期今村猛と持ち場を交換し、中継ぎ投手になった。

     中崎と通算セーブ数24位のDeNA山崎康晃は同じ1992年生まれ。中崎は8月10日、山崎は10月2日に26歳になる。救援投手として入団し、1年目からクローザーとして起用され、わずか4年で100セーブをクリアした山崎に対し、中崎は当初は先発。その後中継ぎに転向し、さらにクローザーになったため、達成まで7年を要した。異なる道のりを歩んできた2人だが、今後も同じセ・リーグのライバルとしてセーブ数を積み重ねていくことになるだろう。


    引用元 https://full-count.jp/2018/08/09/post175647/

    ◆ヤクルト3―6広島(3日・神宮)

     広島・薮田和樹投手(25)が苦しみながらも今季初先発を初勝利で飾った。3回にバレンティンに1号2ランを被弾するなど5回4安打3失点。7四死球と制球難を露呈したが「ここ何試合は真っすぐが悪かったが、そこは修正できた」と前向きに振り返った。

     昨季15勝を挙げたものの、オープン戦防御率は5.52と不振にあえぎ、開幕前の最後の実戦登板だった3月27日のソフトバンク戦(由宇)でも6回7失点と乱れた。「不安は大きかったけど、ボール自体は悪くなかった。あとは変化球でカウントを取ることができたら、もっといい投球ができるし、次につなげていきたい」と修正を誓った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180403-00000281-sph-base

    <オープン戦:楽天4-5広島>◇18日◇静岡

     開幕ローテ入りを確実にしている広島大瀬良大地投手(26)が、先発して5回5失点と課題を残した。

     1回は四球が重なり暴投で先制点を献上。2回と5回にも2点ずつを許した。

     「最初から調子も良くなく、軸になる球を見つけられなかった。(開幕へ)時間も限られている。1日1日を大切にして、いいパフォーマンスを出せるように修正したい」と反省した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180318-00153288-nksports-base

     「広島春季キャンプ」(14日、日南)

     3年連続でキャンプに参加する安仁屋宗八臨時投手コーチが、若手投手の台頭に期待を寄せた。


     6日の第2クールからチームに合流。ブルペンではアドゥワや藤井皓などに助言を送るなど精力的に動き回った。「日南ではみんないいキャンプを送れた。藤井や塹江とか若手にはチャンスがある。1人でも出てくれば戦力アップになるから頑張ってほしい」と話した。

     16年から緒方監督の要請で春季キャンプの臨時コーチを務めるが、この年から“安仁屋効果”で連覇を達成している。

     1軍メンバーとともに沖縄に移動した安仁屋臨時コーチは24日まで指導する。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180214-00000147-dal-base

    <ニッカンスポーツ・コム/We Love Baseball>

     西武の新人合同自主トレを見ていたら、バットを持った紳士が話し掛けてきた。「寒いのに、ご苦労さん」。2軍投手コーチから育成担当に転身した清川栄治さん(56)だった。メットライフドームの天井に積もった雪が崩れ落ちる音と、ノック音が交じり合う。新人たちの息は白い。一緒に眺めながら話を聞いた。「現役平均は7年ぐらい。5年もしたら、半分はいない。今は、みんな希望に満ちてるけどね。だんだん、苦しいことばかりになるんだよ」。口調は穏やかだが、現実を厳しく指摘してくれた。「だから、どれだけ早く『自分は、これだ』というものを見つけられるか、だね」。


     清川さんは83年ドラフト外で広島入り。先発ローテの希望に燃えたが、1軍の声は掛からない。やっと掛かったら、打撃投手としてだった。2軍の若手が手伝うのが当たり前の時代。毎日120球を投げた。「練習時間がない。早めに球場で走るしかなかった」。危機感が募った。それでも、わざと危ない球を投げ打撃投手をお払い箱になる同僚もいる中、真面目に打たれ続けた。「古葉監督のご褒美だったのかな」。広島が優勝を決めた後、消化試合の巨人戦に呼ばれた。2回1失点のデビューだった。

     オフに考えた。80年代の広島は投手王国。生き残るために「見た目を変えよう」。秋季キャンプでオーバーからサイドにした。コーチには黙っていた。「肘が下がってるぞ」と言われたら上手に戻し、コーチが去ったらまた横手にした。ある日、古葉監督がブルペンに現れた。思い切り腕を下げた。ちらっと見てくれた。そこから、だった。

     自分の「これ」を見つけた清川さんは、希少なサイドスロー左腕という立場を確立する。98年に引退するまで、広島、近鉄で実働15年、438試合全てリリーフ。入団時の青写真とは違った。だが、頂に至る道は1つじゃない。横にそれたり、裏から回ったり、いったん下がってから上がったり。「与太話でした。まあ、新人の子の参考になればね」。眼鏡の奥の瞳は優しかった。【西武担当 古川真弥】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180125-00108622-nksports-base

     背番号はチームにとっても、選手にとっても代名詞といえる。今季からロッテを率いる井口資仁監督は現役時代と同じ「6」を背負うことになり、昨季のDeNA躍進に貢献した桑原将志は「37」から「1」へ“出世”を遂げた。

     一般的に1桁背番号は選手にとっても憧れの数字だが、偉大な選手が背負っていた番号として、“後継者”の出現を待つことも多い。また永久欠番となっている例もある。現時点で各球団の空いている1桁番号を探ってみた。 

    【パ・リーグ】 

    ◯ソフトバンク 「5」 
     ホークスは「5」が空き番。松田宣浩が2006年の入団から16年まで背負ったが、同年オフ、憧れていた長嶋茂雄が背負った「3」が空いていたため、変更となった。昨季「5」は誰もつけなかった。 

    ◯西武 「2」「4」 
    「2」は2013年から昨季まで金子侑司がつけたが、今季から「8」を背負うこととなった。過去には山崎裕之(1979~84年)や、吉竹春樹(1987~96年)らいぶし銀の選手が背負った番号だ。「4」は昨季から空き番。2016年はポーリーノが投手として初めてつけたが、1年で退団した。 

    ◯楽天 「3」「7」 
    「3」は昨季から空き番。創設時から08年まで吉岡雄二が背負い、09、10年はリンデン、11年はルイーズ、12年はフェルナンデスと続き、13年はマギーが背負って日本一に貢献。14年エバンス、15年はサンチェス、16年はゴームズとすっかり外国人選手がつける番号になった。「7」は創設から2011年まで山崎武司が、12年から17年まで松井稼頭央とレジェンド級の選手がつけた。松井が西武に移籍した今季は空き番。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180118-00102748-fullcount-base

     「炎のストッパー」と呼ばれた元広島投手、故津田恒美さんの長男大毅さんが、自転車で日本一周を行っている。先日、神戸市を訪れ、2019年夏に広島市にオープンする「津田恒美記念館」をPRした。

     昨年のカープ優勝を機に、記念館設立に動き出した大毅さんは、インターネットで資金を募るクラウドファンディングを開始した今年6月から自転車で日本一周に出発。北は北海道、南は沖縄までの都道県を回り、残るは近畿、東海地区を走り自宅のある埼玉県を目指す。

     日本一周の目的について「四つあるんです。記念館のPR、父がお世話になった人たちにお礼を言うこと、自分がやりたかったということ、そして自信を持つため。野球でも仕事でも中途半端というか、津田恒美の息子というのがすごく嫌で、結果を残していないというコンプレックスがあった。人がやらないこと、それが日本一周だった」と説明した。

     父は1981年度ドラフト1位で広島に入団。1年目の82年に11勝を挙げ、球団史上初の新人王に輝いた。2年目からケガと戦いながら86年には「炎のストッパー」としてリーグ優勝に貢献。91年に病に倒れ、93年7月20日に脳腫瘍のため32歳の若さで永眠した。通算成績は49勝41敗90セーブながら闘志あふれる投球は伝説となり、2012年には野球殿堂入りした。

     偉大な父を持つ大毅さんは、大学まで野球を続けたが、父の存在の大きさに反抗したこともあった。しかし、昨年、広島が25年ぶりにリーグ優勝したことをきっかけに父の偉大さを感じ、記念館設立プロジェクトを立ち上げた。そして日本一周をする中で「自分の考え方次第だったと思うんです。人がどう見ていようが、自分がしっかりすればいい」と感じるようになったという。

     全国を回っているうちに「みなさんにお礼を言わないといけないのに、逆に父から勇気をもらったとお礼を言ってくれるんです。どこへ行っても父のことを知っていると言われるし、すごいなあと思いました」とこの旅でも“津田恒美”の偉大さを感じ取った。

     中でも沖縄・西表島の大原中学校に父の座右の銘でもある「弱気は最大の敵」という文字を壁面に見つけた。当初、西表島に行く計画はなかったが、与那国島行きの船が欠航となり、西表島に行き先を変更して、そこで見つけた文字。「土曜日だったので、だれもいなくてなんでこの石碑があるか分からないんですけど」と残念がった。

     大原中学校に取材すると、壁面は水飲み場の壁で、宜野座淳司教諭は「卒業記念に壁面を白くして文字を入れようということになったんです。(当時の)3年生7人が提案した文字なんです。津田さんのお父さんの座右の銘というのは、津田さんがツイッターにあげるまで知りませんでした」と話した。父との関係はなくても、西表島での偶然は何かの縁だったのだろう。

     一人旅は5カ月近くなる。風雨にさらされ、パンクなどトラブルも数え切れない。「野犬に襲われそうにもなりました」と笑う大毅さん。苦労しながら残り1カ月ほどでゴールを迎える。

     クラウドファンディングでは、予定の400万円を大きく上回る2627万円が集まった。旅を終えると返礼品の発送作業にとりかかる。

     当初は来年の命日(7月20日)を目標にしていたが「一度だけでなく、何度も足を運んでもらえる記念館にしたい」と、準備に時間をかけることになり、再来年のオープンを目指す。「父の命日より誕生日がいいと思うんです」-。2019年8月1日、広島市内に「津田恒美記念館」はオープンする。(デイリースポーツ・岩本 隆)
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171110-00000049-dal-base

     今季からスタートし、大好評をいただいている達川光男ヘッドコーチ(61)のコラム「今昔物語」-。前回まさかの「最終回宣言」が飛び出したものの、多くのアンコールに応えての第4回です。今回の話題は24年前の夏につらすぎる別れとなった「炎のストッパー」の素顔と思い出。そして投手陣の多くの言葉に支えられた自身の現役生活を振り返りながら、珍しく!?真面目に、昔と今を紡いでいきます。最後にちょっとだけ、契約更改の(秘)交渉術も…。

    「キャッチャー防御率」について明かした達川ヘッドコーチ。契約更改のマル秘交渉術とは…

     西スポ読者のみなさん、どうも達川です。早いものでこのコラムも4回目じゃの。前回で一応、最終回にさせてもらうということを伝えとったんじゃけど、「アンコール」がたくさん届いたと記者さんから言われたもんじゃけえ。それはワシもうれしいし、そう思ってくれる読者がいる限りは続けんとな。ただ、ワシの面白い話を期待してくれる方がほとんどじゃと思うんやけど、今回は真面目な話をさせてほしい思うとるんじゃ。たまにはそういう回があってもええじゃろ。配球もそうじゃけど、何事も「緩急」いうもんは大事じゃからな。

     交流戦を最高勝率で終えて、先週の仙台での楽天戦でも勝ち越して今4連勝中と、チームはいい状態じゃと思うよ。で、早速今回のことわざなんじゃけど「寸土力耕(りきこう)、力耕我を欺かず」ということ。たとえ小さな土地であっても、力を込めて耕せば、そこでの実りは耕した人を欺かないという意味よ。いまの成績は、それぞれが自分の役割いうんかの、コツコツと自分の力を尽くしてくれているおかげじゃと思う。この言葉がピタリとはまるチームになってきている思うから、秋にはきっといい実りがあると信じとるよ。

     ただ昔から「夏を制するものがペナントを制する」とか、わしらの時代は「8月を制するものが…」とよく言われてきた。交流戦とかもあって、昔とは日程も変わってきているのは確かじゃけど「オールスター後からが本当の勝負」というのは、今も昔も変わらんと思うから気を引き締めていかんとな。オールスターにはワシも何度か出さしてもろうたけど、毎年この時期になると、つらいことを思い出すんよ。
    引用元 https://www.nishinippon.co.jp/hawks/article/341199/

    このページのトップヘ