広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    田中広輔

     セ・リーグ首位の広島は27日、敵地でDeNAに4-3で逆転勝ちした。1点を追う7回に代打・新井が逆転タイムリー。先発・野村は6回6安打3失点の粘投で4勝目(2敗)を挙げた。2位阪神が敗れたため、ゲーム差は「6」に広がった。

     まずは初回、DeNAロペスが野村から先制弾。先制に成功するも、広島は2回にDeNA先発・濱口から田中が押し出し四球を選んで同点。さらに、3回は安部が勝ち越しタイムリーを放った。

     しかし、DeNAはその裏にロペスがセカンドへタイムリー内野安打。同点に追いつくと、6回には筒香のソロ本塁打で勝ち越した。

     3連勝中のルーキー濱口は6回7安打7四球ながら2失点の粘投で降板。7回はパットンがマウンドに上がったが、広島は2死二、三塁のチャンスを作る。ここで代打・新井が逆転タイムリーツーベース。広島が試合をひっくり返した。新井はこれで3501塁打として、史上28人目の3500塁打を達成。「打撃の神様」川上哲治氏(3500塁打)を超え、歴代27位に浮上した。

     広島は7回を中田、8回を中崎、9回は今村とつないで1点のリードを死守。3連勝を飾り、貯金19とした。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170627-00010023-fullcount-base

     第28回BFAアジア選手権(10月、台湾)に出場する侍ジャパン社会人代表の1次選考合宿は24日、千葉県柏市内で行われ、前日に続き紅白戦を行った。

     広島・田中を兄に持つ今秋ドラフト候補の日立製作所・田中俊太が、2安打の活躍。前日も1安打を放ち、生き残りをアピールした左打者は「小さくならずにどんどんいこうと思った」と笑顔だった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170625-00000038-spnannex-base

    <広島13-3阪神>◇23日◇マツダスタジアム

     野球場からボールが消える、前代未聞のシーンがあった。


     広島田中広輔内野手(27)が1回に左翼へ放ったライナー性の打球を、阪神の左翼を守る福留孝介外野手(40)がジャンプして捕球しようとした瞬間だ。打球は福留が差し出したグラブをかすめるように、左翼フェンスに空いた切れ跡の穴にすっぽりと入ってしまった。橘高三塁塁審も本塁打のジャッジで手を回し、田中も1度は本塁まで戻ってきた。リプレー検証の結果、二塁打として試合が再開された。

     田中は試合後「松山さんが練習中にフェンスにのぼった時に空けた穴だって言っていました。本塁打では絶対にないと思ったけど、よく伸びてくれました」と冗談めかして言った。ラバーフェンスは毎年張り替えられるが、柔らかい素材で傷がつきやすい。広島の選手以外でもフェンスにのぼる練習は頻繁に行われている。松山がつけた傷かは定かではないが、ボールがすっぽり吸い込まれた形となった。

     審判団も打球を確認しきれず、ひとまず本塁打の判定を下して、リプレー検証に入ろうという判断だったという。責任審判の橘高審判員は「福留選手が捕球したと思ったら、ボールもなかった。ボールを探したけどなかった。まさかラバーをぶち破るとは思っていなかったが、短時間で頭を整理して、確認する意味でも一度回そう(本塁打のジャッジをしよう)と。すぐにリプレーするつもりだった。福留選手とかぶって、接点が隠れていた。ボールがラバーを抜けるというのは初めて」と驚きの表情だった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170623-01844870-nksports-base

     猛練習で有名な広島がシーズン中にまさかの2連休だ。前日19日の全休日から一夜明けた20日、ナイター練習(マツダ)で、主力が不参加。高ヘッドコーチが理由を明かした。

     「広島では珍しいよね。6連戦もあったし、交流戦は厳しい戦いが多かった。主力にはコンディションの維持を優先してほしかった」

     野手陣で参加したのは松山、野間、西川ら7人。新井、エルドレッドのベテラン以外に田中、菊池、丸、鈴木の20代のメンバーも休ませた。

     5月30日の交流戦開幕から6連戦を3週連続で消化し、12勝6敗の好成績を収めた。だが、期間中に菊池が下半身のコンディション不良で1試合欠場し、丸も右太もも裏の違和感で3試合で途中交代。緒方監督は「そこ(体調面)が一番大事。コンディションが整わないと」と話し、休養を優先したようだ。21日から全体練習がスタート。2日間のリフレッシュを経て、23日からの2位阪神との対決に臨む。


    引用元 http://www.sanspo.com/baseball/news/20170621/car17062105010001-n1.html

     広島が21日、マツダスタジアムで全体練習を行った。前日休養が与えられた主力組に加え、2軍から上本崇司内野手(26)も参加した。

     WBCに出場し、今季はここまで全試合出場の鈴木誠也外野手(22)も全体練習で汗を流した。前日まで2日間の休養は多くの時間を睡眠に充て疲労回復に努めた。4月25日から4番に固定され、肉体だけでなく、精神的な負担は例年以上に増している。

     「3日ぶりでしたけど、今日しっかり練習できたので大丈夫かなと思います」

     ここまでリーグトップタイの53打点をはじめ、打撃3部門で上位につける。一方で得点圏打率は3割を切る、2割7分6厘。相手バッテリーの警戒が増す状況にも「自分の技術がないから打てていないだけ。攻め方が変わったのが多少あっても、意識するほど変わっていない。僕次第だと思う」ととらえる。

     この日は全体練習後に行われた特打にも加わり、最後までバットを振った。万全の状態を整え、23日からの2位阪神との3連戦に臨む。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170621-01843834-nksports-base

    ■スコアの余白 番記者のつぶやき

     プロ入り10年目、時の人となった。広島の安部は5月26日の巨人戦で規定打席に達すると、打率3割5分1厘でいきなりセ・リーグの首位打者に立った。


     そんな27歳の内野手にはお決まりのフレーズがある。本拠マツダスタジアムのお立ち台で、自身を変えてくれた一言を叫ぶ。

     「覇気で打ちました」

     2007年秋の高校生ドラフト1巡目で福岡工大城東高から入団。能力の高さは誰もが認めるが、なかなか芽が出なかった。

     いつの間にか同学年の3人に後れをとっていた。同じドラフトで3巡目の丸、そして大卒の菊池、社会人出身の田中が先発に定着した15年には、26試合の出場に終わった。「悔しかったです」。2軍でもがいているときに、東出1軍打撃コーチ(当時は選手兼任の2軍野手コーチ補佐)に言われた。「お前、覇気がねえな」

     気持ちを前面に押し出すようになり、成績も付いてきた。25年ぶりにリーグ制覇した昨季は主に三塁手として、自己最多115試合に出場した。今季のキャンプでも、前向きな姿勢は変わらなかった。「練習へ取り組む姿勢を考えている」。球団が新外国人内野手を獲得すれば「かかってこい、ペーニャ」と叫びながら、素振りを繰り返した。

     苦手な左投手を克服すれば、さらに怖い選手になる。出遅れた「タナキクマル世代」のドラ1が今、猛烈に巻き返している。(広島担当・吉田純哉)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170603-00000033-asahi-spo

    <日本生命セ・パ交流戦:広島4-5ロッテ>◇2日◇マツダスタジアム

     広島は先発九里が1回に4失点する乱調がありながら中盤に2本塁打で同点に追い付くも、延長12回に7番手ブレイシアが代打ダフィーに勝ち越し打を浴びて敗れた。移動試合の死闘を落として連敗となった広島緒方監督(48)の談話は以下の通り。

     緒方監督 (自ら切り出し)終盤はチャンスとピンチが交互にあり、あと1本出るどうかどうかのところで相手に1本出た。終盤の中でお互いいい守りもあり、ぎりぎりのところで紙一重でやられてしまった。

     -先発九里投手は立ち上がりに乱れた。

     緒方監督 見たまんま。

     -4点ビハインドからよく追い付いた。

     緒方監督 そういうことです。よく追い付いてくれた。ワンチャンスでね。また明日デーゲームなので、切り替えて行きましょう。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170602-01834048-nksports-base

     広島・田中広輔内野手(27)が29日、東京都内のホテルで「日本生命セ・パ交流戦」開幕記者会見に出席し、対戦したい投手に西武の十亀を挙げた。

     30日から早速、西武と3連戦。3戦目にも対戦する可能性があり「社会人時代(JR東日本)のチームの先輩の投手。全然、打たせてもらってないので、打たせてくださいと頼みながら勝負したいと思います」と笑った。続けて「真っすぐが力強いので、力負けしないように逆方向に打っていきたい」とイメージを膨らませていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170529-00000088-dal-base

    「6番にエルドレッドみたいなバッターがいると、チームは強い」。

     27日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』の解説を務めた山崎武司氏は、広島打線の印象をこのように語った。

     同日の試合に『6番・一塁』でスタメン出場したエルドレッドは、3回の第2打席でリーグトップの12号ソロを放つと、4回の第3打席は2点タイムリー、6回の第4打席は押し出し四球を選び、1ホーマー4打点の活躍で勝利に貢献した。

     広島打線は1番・田中広輔、2番・菊池涼介がチャンスメイクし、3番・丸佳浩、リーグトップの39打点をマークする4番・鈴木誠也が還す。5番には打率リーグトップの.346を記録する安部友裕が座り、6番・エルドレッドや新井貴浩で、さらに追加点を奪うという抜け目のない打線となっている。

     山崎氏はこの日のスタメンについて「(エルドレッドの)後ろに松山でしょう。8番に会沢も長打力がある。形としては、好調の安部が5番打っていますけど、左、右、左、右とジグザグに組んでいますし、当分この打順でいいんじゃないかなと思います」と太鼓判を押す。

     またこの日は一塁にエルドレッド、左翼に松山竜平がスタメン出場したことで、昨季リーグMVPに輝いた新井貴浩はベンチスタートとなった。層が厚いことで、エルドレッドや新井といったベテラン選手たちに休養を与えることもできる。

     中心選手だけでなく、下位打線、控え選手も、結果を残し、リーグトップのチーム打率.279、253得点、43本塁打を記録する広島打線。リーグ優勝した昨季よりもさらに、パワーアップした打線といえそうだ。

    (提供=ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170528-00118212-baseballk-base

    このページのトップヘ