広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    田中広輔

     ◇セ・リーグ 広島3―2中日(2019年5月21日 三次)

     広島の菊池涼介内野手(29)が0―0で迎えた5回、2死満塁から左前へ先制2点適時打を放ち、8試合連続安打をマーク。チームの今季2度目の8連勝&今季初の単独首位浮上の立役者となった。

     この日も定位置の「2番・二塁」で先発出場し、4打数1安打2打点。通算打率・303と3割をキープしているだけでなく、8連勝の打撃成績は34打数16安打の打率・471、9打点、得点圏打率はセ・リーグ断トツトップの・455といずれも驚異的な数字を残している。

     貢献度の高さはそれだけにとどまらず、初回の第1打席は3球目を叩いて一邪飛だったが、3回の第2打席はファールで粘った末に10球目を空振り三振、5回の第3打席は無死満塁から2死となって迎えた第3打席で再びファールで粘り9球目の真ん中直球を左前へ弾き返して待望の先制2点適時打とすると、捕邪飛に終わった7回の第4打席も9球粘った。

     前回対戦(7日)で広島打線が3安打完封された中日先発左腕・大野雄は7回2失点で敗戦投手。大野雄がこの試合で投じた117球のうち菊池涼だけで31球も投げさせた計算で、2番打者としての真骨頂となった。

     球界一の名手として知られる守備でも2回から3回にかけて5者連続で二ゴロを処理するなど、8個のゴロを難なくさばいた菊池涼。リーダーとして攻守でチームを力強くけん引している。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190521-00000211-spnannex-base

     19日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-DeNA戦』で解説を務めた谷繁元信氏が、リーグ4連覇を目指す広島について語った。

     同番組中にデーゲームの情報で広島が勝利し、今季最多の貯金を6としたことを伝えられると、谷繁氏は「どの時期に5割あたりにくるかなと思っていたんですけど、連勝してすぐに借金を返済して、今度は貯金6。今年はさすがにもたもたするかなと思ったんですけど、最初だけでしたね。3連覇しているチームは強いですよね」とコメント。

     谷繁氏が驚くほどの勢いで、チーム状態を上げてきた広島。その広島は2年連続MVPを獲得した丸佳浩が巨人へFA移籍し、開幕直後は苦しんだ。谷繁氏は「丸が抜けたことをみんなが意識していた。自分たちの仕事、自分たちの野球をしなければいけないという風にうまく切り替えたんじゃないですか」と分析した。

     広島は球団史上初となる開幕から5カード連続で負け越し、一時は借金8まで膨れ上がったが、7連勝で貯金を今季最多の6。気がつけば首位・巨人とゲーム差なしの2位まで浮上してきた。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190520-00189261-baseballk-base

     野球評論家の張本勲氏が19日放送のTBS系「サンデーモーニング」(日曜・前8時)に生出演。今後のプロ野球セリーグを展望した。

     今週を振り返り6連勝で首位巨人を追走する広島について「広島が来そうだね。ピッチャーがいいからね」とした。その上で「問題は田中。田中が元気になってきたらこれは強いよ」と解説した。

     一方で巨人について「巨人は1位だけど、原監督がうまくやりくりしてますよ。一軍二軍を5人6人入れ替えたりしてますから、ちょっと混戦になるんじゃないの一番二番は」と予想していた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190519-00000064-sph-base

    ■広島 5-1 阪神(19日・甲子園)

     広島は19日、敵地・阪神戦に5-1で快勝し、7連勝を飾った。先発のアドゥワが7回4安打無失点の快投で2勝目。9回1失点の好投で先発初勝利を挙げた12日のDeNA戦から自身2連勝を飾った。打線は初回に鈴木が先制2点二塁打を放つと、菊池涼やバティスタのタイムリーで追加点を奪った。



     広島は初回、1死から菊池涼、バティスタが連打でチャンスを作ると、鈴木が2点二塁打。幸先よく先制した。さらに、2回は2死三塁で菊池がタイムリー。4回には菊池涼のタイムリースリーベース、バティスタのタイムリーで2点を追加し、5点差とした。

     アドゥワは阪神打線を2回まで無安打に抑えると、3回は2本のヒットで2死一、二塁とされたが、糸井は一ゴロ。6回もヒットと四球で2死一、二塁とされたが、福留はニゴロに仕留めた。7回も2死三塁とされたが、鳥谷を捕邪飛。ここでお役御免となった。

     8回はフランスアが無失点に抑えると、9回は一岡が1失点も逃げ切り、広島は7連勝。アドゥワは7回111球、4安打無失点の快投で防御率1.42と好成績を維持している。打線では、菊池が4安打2打点と存在感を見せた。

     阪神は9回に1点を返したものの及ばず。先発の秋山も5回5失点と踏ん張れず、本拠地で広島に3タテを食らった。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190519-00380374-fullcount-base

    ■広島 9-7 ヤクルト(15日・マツダスタジアム)

     広島が一時あった5点差をひっくり返して逆転サヨナラ勝ちを飾った。15日、本拠地でのヤクルト戦。4点ビハインドで迎えた9回に怒涛の4点を奪って、試合を振り出しに戻すと、延長10回に鈴木がサヨナラ2ランを放った。


     土壇場にドラマが待っていた。4点差で迎えた9回、菊池の右前安打、バティスタの三塁失策で1死一、二塁とすると、鈴木が中前適時打を放ってまず1点。満塁となり磯村が2点適時打を放って1点差。田中広が四球を選んで再び満塁とすると、代打・小窪が押し出し四球を選んで同点に追いついた。

     延長にもつれ込むと、鈴木がこの日2本目の本塁打となるサヨナラ13号2ランを放って激戦に終止符を打った。広島は4連勝。貯金を今季最多の3に増やし、2位に浮上した。

     ヤクルトは7番手の梅野が9回に4安打2四球で4点を失い、同点とされると、延長10回に8番手中尾がサヨナラ弾を食らって痛恨のサヨナラ負けを喫した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190515-00376665-fullcount-base

     ◇セ・リーグ 広島9―7ヤクルト(2019年5月15日 マツダ)

     広島が驚異的な粘りを見せて5点差を8、9回で追いつき、延長戦の末に主砲・鈴木の球団通算100本目となるサヨナラ弾で9―7と逆転サヨナラ勝ち。劇的な勝利で4連勝を飾って今季最多の貯金3とし、ヤクルトと同率2位で並んだ。ヤクルトは2連敗。



     2―7で迎えた8回に主砲・鈴木が6番手・五十嵐の代わりバナの初球をバックスクリーンに叩き込んで4点差としたのが“逆転のカープ”完全復活への号砲だった。

     3―7で迎えた9回には7番手・梅野から1死一、二塁とし、鈴木の中前適時打で4―7と3点差。さらに1死満塁から磯村の左前2点適時打で6―7と1点差に追い上げた。

     この回さらに続いた2死一、二塁から田中広が四球を選んで2死満塁とすると、代打・小窪が押し出し四球を選んで7―7の同点。延長戦に持ち込んだ。

     延長10回、6番手としてマウンドに上がった守護神・中崎が2死二塁のピンチをしのぐと、その裏、1死からバティスタが四球で出塁。この1死一塁で鈴木がバックスクリーン左へ劇的なサヨナラ2ランを放った。広島はこの一発が球団通算100本目のサヨナラアーチとなった。

     ヤクルトは先発投手のスアレスが1回2安打無失点で降板。2014年から10連敗中だった広島先発・大瀬良から6回までに4点を奪って試合を優位に進めたが、7番手・梅野が9回に4失点。最後は8番手・中尾が力尽きた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190515-00000198-spnannex-base

    <広島8-1DeNA>◇12日◇マツダスタジアム

    広島鈴木が1回に価値のある先制3ランを放った。外角のチェンジアップをうまくバットの先で拾い、左翼スタンドまで運んだ。


    1番野間が内角の難しい変化球を巧みにさばいて左前に運び、すかさず二盗に成功。続く菊池涼が四球を選んで一、二塁。バティスタが倒れた後、チャンスを最高の形で生かした。

    最下位DeNAに対し、効果的な先制パンチとなった。波に乗れないチームを乗せないための鉄則が、先制点を奪うこと。「今日はやれる」という意識を持たせないためだ。鈴木の1発の前には、バティスタの右翼への鋭いライナーで二塁走者がハーフウエーをとっており、三塁に進めなかった。このプレーをカバーした意味でも、鈴木の1発の意味は大きい。

    鈴木や3番バティスタの打力を点につなげるためにも、1、2番にかかる期待は大きい。現在は野間、菊池涼の並びがベストなのだろう。この打順の出塁率を、さらに上げていきたい。(日刊スポーツ評論家)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190512-05120694-nksports-base

     エースとして広島ひと筋に通算213勝をマークしたプロ野球解説者の北別府学さん(61)が10日、自身のブログを更新。打撃不振が続く中、同日のDeNA戦(マツダ)で20打席ぶりとなる安打を今季1号2ランで飾った広島・田中広輔内野手(29)にかつてのチームメートで昨年4月に亡くなった衣笠祥雄さん(享年71)の姿を重ねた。

     衣笠さんは2215試合連続出場の日本プロ野球記録、678試合フルイニング出場の球団記録を持つ言わずと知れた“鉄人”。田中広は2015年4月1日のDeNA戦(横浜)から現在604試合連続フルイニング出場を続けており、今季中の“鉄人超え”が視野に入っている。

     打撃不振の田中広へ8日のブログで「昨年までどれ程この男に助けてもらってきたか」「これを乗り越えた田中広輔を見たい」と熱いエールを送っていた北別府さん。

     田中広の今季1号が飛び出すと、すぐにブログをしたため「今日、こんな宝物が出てきました」とタンスの中から愛妻が見つけたという「2131試合連続出場記念 1987年6月13日」との文字が刻まれた記念盾の写真をアップした。

     衣笠さんがルー・ゲーリックの持つ2130試合連続出場を超えた記念で作った、その盾の真ん中には「2131」の文字の下に合わせるように「M.KITABEPPU」の文字も。「記念の品に後輩の名前入り。ファンの方や後輩にまで気配りのあった衣笠先輩 先輩と同じフルイニング出場の記録を目指す後輩が苦しんでいる中 衣さんが ファンの皆さんが 見守っている中の先ほどのホームランだと思えました」と思いをつづった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190510-00000220-spnannex-base

    ■広島 8-1 DeNA(12日・マツダスタジアム)

     広島は12日、本拠地DeNA戦に8-1で快勝した。プロ3年目のアドゥワ誠投手が9回7安打1失点の好投でプロ初完投。今季初勝利を挙げた。打線も4番・鈴木の先制3ラン、女房役・磯村の3打点などで援護した。

    「母の日」にピンクが入ったユニホームを身に着けてマウンドに上がったアドゥワは初回、先頭・神里に内野安打を許し、石川の犠打で1死二塁とされるも、宮崎、筒香を打ち取り無失点。その裏に鈴木の先制3ランが飛び出すと、2回は3者凡退。3、4回もヒットを浴びながら無失点に抑えた。

     打線は磯村のタイムリーなどで2、3、4回と1点ずつを追加。アドゥワは5回に伊藤光にソロ弾を浴びたが、6回には磯村が2点タイムリーを放ち7点差に。アドゥワは7、8回も無失点に抑えると、97球で9回のマウンドに上がり、プロ初完投を達成。先発としての自身初勝利で、今季1勝目を挙げた。

     広島は2連勝でカード勝ち越し。ついに5割の壁を超え、開幕戦以来の貯金1とした。

     DeNAは打線がアドゥワの前に1点しか奪えず。先発・京山も3回5失点と誤算だった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190512-00372423-fullcount-base

    このページのトップヘ