広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    田中広輔

    広島ピレラは積極打法を貫く。開幕から1番に起用され、打率3割3分3厘。5勝3敗1分けの好発進に貢献した。

    9試合で四球はゼロだが「受け身になるとイージーアウトになってしまう。日本人投手に対応するためにはアグレッシブに、積極的に臨んでいかないといけない」と好調の一因と分析。今後も攻撃的スタイルは変えない。 28日の中日戦は三塁で初先発し、1度の守備機会を無難にこなした。「個人的にはレフトの方がしっくりくるけど守備位置、打順がどこであってもチームに求められることをやるだけ」。好発進の流れを継続させる意味でも、当面は「1番三塁」での起用が濃厚だ。

    20200630-26300781-nksports-000-9-view





    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/35d984eca00409fde0081c26a82d4979078be230

    <カープ観測> 広島のさまざまなデータを計測し、その裏側を探っていく日刊スポーツの不定期連載「カープ観測」。


    開幕3カードを終え、5勝3敗1分けと好スタートの要因になった攻撃力に迫る。昨季開幕9試合では鈴木誠が12打点を挙げ、総得点の約39%を1人でたたき出していた。主砲頼りの攻撃から脱却。下位打線の3人で18得点を挙げるなど厚みを増した広島攻撃陣が好発進を支えた。


    i-img1200x1200-1556785764dktf1b538609



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/7e37ca3a20131cdaeb01b31232279f6fca08ca92

    ◇28日 中日●3ー10○広島(ナゴヤドーム)  竜の梅津、コイの森下。両チームのトッププロスペクト(最有望選手)のマッチアップは、一方的な展開となってしまった。動いたのは2回だが、その予兆は開始第1球にあった。梅津の148キロを1番・ピレラが振り抜いた。右翼・平田のグラブには収まったが、広い本拠地のウォーニングゾーンまで飛ばされた。

    20200629-00010006-chuspo-000-1-view


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/9b332f8c30ef6f94df8e792a0fa3e6ce0392cc0c

    <中日3-10広島>◇28日◇ナゴヤドーム 広島田中広輔内野手が2号3ランを含む3安打4打点と躍動した。

    2回、1死二塁から中前への先制打で大量点の口火を切ると、7回1死一、二塁のチャンスで三ツ間の直球を右中間へ運ぶ3ランでリードを大きく広げた。「チャンスだったので積極的にいきました。追加点になって良かったです」。打率も3割4分5厘まではね上がった。

    20200628-26280418-nksports-000-8-view



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/a646088052f13742fe70e6a6f25ca8c8aa713864

    コイが止めた。広島は24日の巨人戦(東京ドーム)に5―1で勝利。前日23日は高卒2年目の戸郷に抑え込まれた打線が、この日は相手先発のメルセデス相手に爆発を見せた。  まずは初回二死一塁で4番の鈴木誠也外野手(25)が、左翼スタンド上段へ先制の3号2ラン。コイの主砲は「甘い球を待って、それを一発で仕留められて良かった」と笑顔。さらに2回一死一塁で主将・田中広輔内野手(30)が右中間への1号2ラン、4―1の5回一死には開幕から」出遅れていた菊池涼介内野手(30)にも1号ソロが飛び出した。

    i-img1200x1200-1556785764dktf1b538609




    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/91810bbffa6d454b80fc5b3719efb0e7378aee2a

    <巨人1-5広島>◇24日◇東京ドーム 広島は1回、鈴木誠の3号2ランで先制。2回は田中広の1号2ランで追加点を挙げた。巨人は3回に敵失の間に1点をかえした。

    広島は5回に菊池涼の1号ソロで追加点を挙げた。先発九里は6回まで1失点。巨人は先発メルセデスが3回4失点で降板した。 広島が今季3度目の2桁安打を放ち、連敗を2で止めた。7回1失点(自責0)の九里が今季初勝利。巨人の連勝は4で止まった。メルセデス今季初黒星。


    i-img1200x1200-1556785764dktf1b538609





    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/b26dcfc7f34465c044710abf1e0a672f7c8ab07e

    i-img1200x1200-1556785764dktf1b538609

    i-img1200x1200-1556785764dktf1b538609

    <DeNA5-10広島>◇20日◇横浜 夏開幕に“夏男”も快幕した。広島長野久義外野手は、劣勢の終盤に訪れた今季初打席で決勝打を放ち、チームを連勝に導いた。

    1点ビハインドの8回2死一、二塁。DeNA三嶋の真っすぐを強振して左中間を破った。「みんなでつないでくれたチャンスだったので返したいなという思いで入りました。(堂林)翔太がよく一塁からホームに走ってくれたので、ナイスランでした」。自分のことよりも仲間を思う優しさで、移籍2年目の広島にすっかり溶け込んでいる。仲間もベンチから総立ちで殊勲者をたたえたクリックすると新しいウィンドウで開きます


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/9b53fec16c590cb41bb01bf70e30e718058ffe0d

    <DeNA1-5広島>◇19日◇横浜 広島新助っ人ホセ・ピレラ外野手が来日初戦で1発を含む猛打賞と勝利に大きく貢献した。1番左翼で先発出場。

    初回先頭の来日初打席で右前打に初ヒットを放つと、5回には決勝打につなげる左前打。9回には大瀬良に続いてダメ押しの1号ソロを左中間スタンドに放り込んだ。「(大瀬良)大地も一生懸命投げていたので、なんとか援護したかった」。


    広島ピレラが1発含む猛打賞「大地をなんとか援護」(日刊スポーツ ...


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/272f41c360c4296853407cf61443f75edaf3e61d

    このページのトップヘ