広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    田中広輔

     広島・小園海斗内野手(19)が16日に廿日市市内の大野練習場で合同自主トレに参加し、球団史上初となる高卒2年目以内でのシーズン2桁本塁打に意欲を示した。ドラフト制以降の高卒2年目では1990年江藤智の5本が球団最多。年始にピラティスを導入するなど肉体改造に着手し、昨季4本塁打からの大幅増を期した。

     遊撃の定位置奪取の先には、赤ヘル史への挑戦が待っている。小園は合同自主トレ内でのフリー打撃にとどまらず、マシン打撃を追加して約50分間にわたって振り込んだ。会沢ら主力組はマツダスタジアムが拠点で、同じ大野練習場にいた新人らと比べて打球の質の差は明らか。確かな手応えのまま、今季目標を具体的な数字で示した。

     「本塁打は狙ってないし、そう簡単には打てない。ただ去年は後半戦で4本打てた。今年は10本、2桁を目指して頑張りたい」

     ドラフト制以降で高卒2年目での球団最多本塁打は90年江藤智の5本。三村敏之(3本)、前田智徳(4本)ら高卒入団で飛躍した歴代の先輩も2桁には届いていない。昨季は58試合で4本塁打。合同自主トレを視察した東出2軍打撃コーチからも「今日のメンバーでは群を抜いている。最終的には20発打てるようになってほしいし、最初から形にこだわって小さくなってほしくない」と発破をかけられた。

     肉体改造を目指し、年始には大阪府内でピラティスを初体験した。体幹を含めた筋力強化や柔軟性向上につながり、同僚の西川も日本ハム・近藤らとの合同自主トレで導入している。

     「弱いところを中心にやったので、かなりキツかったです。体幹が強い方ではないし、夏場にバテて1年間やれる体力がなかった。シーズン中にもやれたらいいな…と思っています」

     前日15日には遊撃を争う田中広が「タナキクをもう一度全国の皆さんにアピールできるようにしたい」と宣言したばかり。小園も遊撃にかける思いでは負けられない。「まだ自分の実力では無理なので、少ないチャンスをモノにしたい。一つのポジションをつかめれば、ずっと試合に出られる。遊撃を獲りにいくつもりで頑張ります」。し烈な定位置争いが成長速度をさらに速めるだろう。(河合 洋介)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200117-00000056-spnannex-base

     2019年は70勝70敗3分の4位でリーグ4連覇を逃した広島。今オフには、佐々岡新監督が就任し、内外野を守れるユーティリティのピレラが加入したことでレギュラー争いが激戦となりそうだ。さらにポスティングシステム(入札制度)を利用してメジャー移籍を目指していた菊池涼介の残留が決定。そこで、ここでは広島の来季の基本オーダーを予想してみたい。


    1(遊)田中広輔
    2(二)菊池涼介
    3(中)西川龍馬
    4(右)鈴木誠也
    5(一)松山竜平
    6(左)長野久義
    7(三)ピレラ
    8(捕)會澤翼
    9 投手
    開幕投手 大瀬良大地

     1、2番は昨季の開幕と同じ“タナキク”コンビ。新選手会長の田中は昨季、打撃不振とケガなどで93試合で打率.193、8盗塁と自己最低の成績に終わったが、実績から万全ならば遊撃のレギュラーと予想した。一方、高卒1年目ながら田中の離脱中に遊撃を守った小園は、このまま一気に定位置奪取といきたいところだ。

     外野は鈴木、西川、長野の3選手。3番には昨季は打率.297、16本塁打と成長著しい西川、4番には首位打者、最高出塁率の2冠に輝いた鈴木、ピレラの本職は二塁だが、菊池涼の残留が決まったことから三塁とした。しかし三塁はメジャーでは1試合しか経験がないため、外野、一塁を守る可能性も高そうだ。そうなった場合には野間、松山らも含めた争いとなるだろう。

     また、ドーピング検査で陽性反応を示して6か月の出場停止処分を受け、保留者名簿に記載されたままになっているバティスタの去就がまだ決まっていないが、仮に残留となれば一塁、外野はさらに激戦となることが予想される。開幕投手は、昨季11勝の大瀬良が2年連続での開幕投手が最有力になりそうだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200110-00657429-fullcount-base

     2016年からセ・リーグ3連覇も、昨年は4位に沈んだ広島。緒方孝市氏が監督を退任して佐々岡真司氏が就任した今季、レギュラー争いも1からのスタートになりそうだ。ここでは2020年のカムバックに期待がかかる選手たちを取り上げたい。


    ○長野久義外野手(35歳)

     新人王(2010年)、首位打者(11年)、最多安打(12年)を獲得した巨人のスターが、FA移籍した丸佳浩の人的補償として昨季加入した。しかし、72試合出場で打率.250、5本塁打、0盗塁。ルーキーからの2桁本塁打は9年連続で途絶えた。ただ、8月にバティスタがドーピング違反で出場停止になり、出場機会を確保すると調子を上げ、9月には打率.313をマークしたのは好材料。今季はまだまだ衰えない姿をアピールしたい。

    ○田中広輔内野手(30歳)

     2016から3年連続フルイニング出場でリーグ3連覇に貢献した。2017年は打率.290、35盗塁で盗塁王に輝く活躍だった。しかし、昨季は打撃不振に陥り、フルイニング出場が635試合、連続出場が636試合でストップ。93試合で打率.193、8盗塁に終わった。今季は選手会長に就任、小園とのレギュラー争いに挑む。

    ○堂林翔太内野手(28歳)

     2009年の夏の甲子園を中京大中京高の4番エースとして制覇し、ドラフト2位で入団した。入団3年目の2012年開幕戦で1軍デビューすると、全試合に出場してチーム最多の14本塁打。オフには野村謙二郎監督(当時)の背番号「7」を受け継いだが、12年の成績を超えられずにいる。昨季は28試出場に終わったが、9月には5年ぶりのサヨナラヒットも放った。佐々岡新監督となり、プロ11年目は勝負の1年となる。

    ○薮田和樹投手(27歳)

     亜大から2014年ドラフト2位で入団。3年目の2017年に38登板(15先発)で15勝3敗、防御率2.58とブレークし、最高勝率に輝いた右腕。しかし、2018年は9登板(4先発)で2勝1敗、防御率5.74、昨季は4登板(2先発)で0勝2敗、防御率9.24に終わった。2年間で39回1/3を投げて42四球の制球難を改善して再起を図りたい。

    ○岡田明丈投手(26歳)

     大商大から2015年ドラフト1位で入団。1年目から先発ローテーションに定着して日本シリーズでも好投し、2017年には24登板(22先発)で、12勝5敗、防御率4.00と活躍した。しかし昨季はプロ入り最少の3登板(2先発)に終わり、防御率は14.14。巻き返しなるか。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200106-00653430-fullcount-base

     広島の朝山東洋打撃コーチ(43)が30日、理想の1番打者像を明かした。来季も4番・鈴木を軸に打線を組むが、得点力アップのためにはリードオフマンの働きが重要だと強調。2番以降に勇気を与える打撃ができる選手を起用する方針だ。来年の春季キャンプ、オープン戦を通じ、適任者を見極めていく。

     得点力アップには1番打者の活躍が欠かせない。朝山打撃コーチはリードオフマン像を言葉にした。「一番初めに打席に入る。みんなが見ているし、その打者が打てば『行けるぞ!』という雰囲気になる。勇気をもたらしてくれる打者を置きたい」と力を込めた。

     攻撃的な姿勢を求めている。状況に応じ、四球を選ぶこともチームのプラスになる。それでもまずは積極的なスイングを心掛けてほしいという。「1球も振らずに見逃し三振などで終われば、その後の打者が受け身になる」。理想の結果は「1点を取れば、雰囲気が明るくなる。先頭打者ホームラン」だ。

     リーグ4連覇を逃し、4位に終わった今季は1番探しで混迷した。田中広が開幕から絶不調。一時、存在感を示した野間も定位置をつかむことはできなかった。勝ち切れなかった前半戦は、9人(16、17年=2人、18年=4人)が入れ替わった。

     春季キャンプから競争の幕が開ける。右膝の手術を受けた田中広は万全の状態で臨める見通しが立ち、野間は秋季キャンプでパンチ力を見せつけた。西川も打撃力はチーム屈指だ。この3人が有力候補で、もちろん新たな選手の台頭も待ち望んでいる。

     不動の4番・鈴木を軸に組む来季の打線。「攻撃的なメンバーを置きたい」と青写真を描く。サバイバルレースから切り込み隊長の座を勝ち取ってほしいと願っている。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191231-00000022-dal-base

     広島はポスティングシステムを利用してメジャー移籍を目指していた菊池涼介内野手の来季残留を発表した。夢のMLB挑戦は実現することはできなかったが、カープにとっては大きな“補強”に成功したといって過言ではない。菊池涼の残留で来季、リーグ制覇奪還を狙う2020年の広島打線を見ていく。


     菊池涼の残留で余程のことがない限り「2番・二塁」は決定だろう。「タナキクマル」と呼ばれた“相方”の田中広は終盤に怪我で離脱しドラフト1位・小園が遊撃のポジションを守った。田中広が順調に回復し万全の状態でキャンプに挑むことができれば「1番・遊撃」の最有力候補であることは間違いない。

     今季ドーピング違反で6か月間の出場停止処分を受けたバティスタ次第になるが、19年からの戦力ダウンはほとんどないと言える。新助っ人ピレラはメジャー通算17本塁打で内外野を守れるユーティリティも武器。中軸として期待したいがキャンプ、オープン戦など実戦での対応力を見てからになりそうだ。

     今季はプロワーストの72試合の出場にとどまった長野は移籍2年目となる来季は正念場を迎える。そこに高い身体能力が武器でパンチ力もある野間がポジションを争う。

    ○2020年広島オーダー予想

    【広島】
    1(遊)田中広輔 小園海斗
    2(二)菊池涼介
    3(中)西川龍馬
    4(右)鈴木誠也
    5(一)松山竜平
    6(三)ピレラ 安部友裕
    7(左)長野久義 野間峻祥
    8(捕)會澤翼
    9(投)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191228-00647070-fullcount-base

     デイリースポーツ主催の「広島東洋カープ 激励パーティー」がこのほど、広島市のANAクラウンプラザホテル広島で開かれた。広島の山口翔投手(20)と小園海斗内野手(19)の若鯉コンビがゲストとして登場し、約280人の参加者を沸かせた。来季2年目を迎える小園は遊撃の定位置奪取を誓い、2桁本塁打と2桁盗塁の達成に意欲を示した。



     多くの鯉党が詰めかけた会場で、小園は笑みを絶やさなかった。大きな拍手の中、壇上に上がり、ファンの質問タイムでは「一番印象に残ったプレーは?」「山口投手の良いところは何ですか」などに、19歳らしい初々しい表情で答えた。「いつも応援しています!」「来年はレギュラーを取ってください!」。ファンからたくさんの言葉を掛けられ、期待を肌で感じ取った激励会となった。

     既に視線は2年目のシーズンへ向けられている。秋季キャンプでは選手としての幅を広げるため二塁や三塁で特守。遊撃とは違う動きを体に覚え込ませたが、それでも慣れ親しんだポジションへのこだわりは強い。

     「悔しいことがいっぱいあった。だからこそ頑張りたい」。苦い記憶は6月だ。3試合連続で計4失策。チームの黒星に直結した試合もあった。来季も遊撃を守り、今季のミスを挽回するプレーでチームを勝利に導きたいと思っている。

     今季は58試合に出場し打率・213、4本塁打、16打点、1盗塁だった。先発で出場を続けていくためには走攻守三拍子そろったアピールが求められる。攻撃面については「2桁、10本のホームランを打ちたい。盗塁は10盗塁」と力を込めた。

     目標を口にできるのは、秋季キャンプで手応えがあったから。バットでは、打席位置を朝山打撃コーチの提案で従来より約50センチ捕手側に下げた。「球を長く見られる」。課題とする変化球への対応が徐々にでき始め、ボール球を見極める確率も増した。盗塁では広瀬外野守備走塁コーチの指導を受けながら足の運び方や重心の位置を見直した。

     今オフは本格的に始めた筋力トレで基礎体力の強化も進める。現在の体重は86キロ。開幕まで「90キロにいかないくらいが目標」だ。瞬発系の練習を継続しておりスピードも維持。来季へ向け充実した自主トレを続けている。

     パーティーの最後には、しっかりと前を見据えて来季の目標を語った。「絶対に優勝したい。ショートで定位置を取れるように頑張ります」。若さを前面に押し出して厳しく、そして激しいサバイバルレースに臨む。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191225-00000017-dal-base

     外野一本で勝負や! 広島・西川龍馬内野手(25)が13日、マツダスタジアム内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、3700万円増の6800万円でサインした。外野に本格挑戦した今季は「天才」と称される打撃が開花。138試合で打率2割9分7厘、16本塁打、64打点の好成績を残した。来季へ向けては“リョーマ節”全開で「見栄えのいい数字を残したい」と首位打者取りを宣言。7年目の来季は定位置固めに挑む。

     一気に倍増超となる提示には「もう少し低いと思っていました。すごく評価していただいた」とニンマリ。球団側から高く評価を受けたのは外野守備だったといい「(自分でも)まさかここまでやれると思わなかった」と白い歯を見せた。

     打撃面の成長も著しく、6月には球団単独2位の27試合連続安打も記録。ただ本人は「悔いが残っている」という。「もうちょっと集中しておけば良かったな、と。周りがざわざわして、それがストレスになって…。(新記録を)狙っていたけれど『もういいかな』っていう部分もあったので。集中力がない分、打率も3割に届かなかった」と反省した。

     来季の目標については「打率は3割以上。首位打者を取れるぐらいに。本塁打は20本。打点は70以上は。盗塁はまあ、10できれば。得点圏で高い数字を残して、四球、安打数も…。アレ? 全部やんか!」と独りツッコミで笑いを誘うと、オフは現状の体重75キロから5キロ増の80キロへのウエートアップを図るという。

     ただ、三塁再挑戦については「それは無理。(秋季キャンプで)監督も分かったのでは。外野で勝負して駄目だったら諦めがつく」と外野一本を直訴。来季は外野でさらなる飛躍となるか。

    (金額は推定)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191214-00000012-tospoweb-base

     リーグ4連覇を逃し、4年ぶりの4位に終わった広島。苦しい戦いを強いられた裏でチームは崩壊寸前だった。



     開幕から6カード連続で勝ち越しなしと低迷。5月に球団の月間記録となる20勝を挙げて首位に立ったが、交流戦は最下位に沈んだ。いまいち波に乗れない状況が続く中、7月には緒方監督の野間に対する行き過ぎた指導が明らかになった。

     6月30日のDeNA戦(横浜)で野間が一塁への全力疾走を怠ったことに緒方監督が激怒。試合後、監督室に呼び出してプレーへの姿勢を正す過程で複数回、平手でたたいた。同監督は7月15日、試合前のミーティングで選手、スタッフに謝罪。その後、一部週刊誌でこの事実が報道されることが分かると、球団は監督へ厳重注意処分を下したことなどを発表した。

     当時のチーム状況について関係者は「表沙汰になったことで『誰が漏らしたのか』と疑心暗鬼になる者も出て、チームの雰囲気は最悪だった」と語る。この一件以来、緒方監督の求心力は薄れていった。

     勝負どころの夏場には再びチームはどん底に落とされた。8月17日、球団はバティスタにドーピング検査で陽性反応が出たと発表。主に3番打者を務めた主軸の離脱は他の主力への大きな負担となり、終盤の失速につながった。

     シーズン全日程終了から10日後の10月7日に就任した佐々岡新監督は「他の球団と比べても、優勝できる戦力。明るく一体感のあるチームにしたい」と言った。一枚岩になっての王座奪還へ。新生カープは足元を見詰め直し、来季に臨む。(肩書は当時)。 



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191211-00000019-jij-spo

     広島・小園海斗内野手と林晃汰内野手が7日、広島市内のショッピングセンターでイベントに参加し、質問コーナーやクイズなどでファンと交流した。

     小園はプロ1年目の今季58試合の出場で打率・213、4本塁打、16打点。「1軍でいい経験をさせてもらっていろんなことを吸収させてもらいました」と振り返った。

     質問コーナーで仲のいい選手を聞かれると「同級生はみんな仲よくしています」とにっこり。続けて「ご飯をごちそうしてくれる先輩は?」という質問には「龍馬(西川)さん、誠也(鈴木)さん、野間さんがご飯に連れて行ってくれます」と答えていた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191207-00000061-dal-base

    このページのトップヘ