広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    田中広輔

     広島の田中広輔内野手(30)が9日、リハビリを行う廿日市市の大野練習場で取材に応じ、菊池涼にエールを送りながら、来季の巻き返しを誓った。球団は前日、メジャー挑戦を希望していた菊池涼の、ポスティングシステムを利用しての移籍を容認。今季も二遊間を組んできた、盟友の新たな船出。来季は「タナキク」コンビが自身1人になる可能性があるが、柱としてチームをけん引していく構えだ。


     秋空の下で、田中広が菊池涼の背中を押した。同学年であり、長きにわたって二遊間を組んできた間柄だ。盟友が抱いてきたメジャー挑戦という夢の扉をノックしてから一日。素直な気持ちを言葉に変えた。

     「メジャーのステージに立ってほしい。楽しみだし応援したい」

     入団年こそ違うが、共に1989年世代。昨季までのリーグ3連覇はもちろん、これまで何度もあうんの呼吸でチームの勝利に貢献してきた。

     昨季は自身初となるゴールデングラブ賞を受賞。7年連続7度目の同賞に輝いた名手と初めて同時受賞した。名実共に球界を代表する二遊間になった。「成長できたのはキクのおかげ。同級生だし、色んなことを言ってくれた」。感謝の思いは尽きることがない。

     移籍となれば「タナキク」は解体される。来季は自身が先頭に立ち、チームをけん引する覚悟だ。今季は97試合で打率・193、27打点、8盗塁。連続フルイニング出場は635試合で止まり8月末には「右膝半月板部分切除手術」を受けた。

     術後2カ月以上が経過し、練習項目は着実に増えている。この日は、大野練習場に隣接するグラウンドで、「100%の力」で30メートルダッシュ。室内ではノックを受けた。その後はトス打撃とカーブマシンを相手に約40分、バットを振った。

     打撃練習では特に下半身を意識する。「もう一度、下(半身)を使って。痛みはない」。ノックで左右へ振られる動きは問題なく、「走ることもスムーズ」と軽快な足取りで患部が順調に回復していることをうかがわせた。

     2月1日から春季キャンプが始まる。佐々岡新監督は「競争」を合言葉に臨む構えだ。今季、同じ遊撃では小園の台頭があった。田中広は、万全の状態で臨める見通しが立っている。

     膝回りや体幹強化など地道なトレーニングにより、肉体はさらに強くなった。「ケガをする前より、良い動きができるイメージはできている」。たくましさを増した背番号「2」の力強い言葉は、頼もしかった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191110-00000023-dal-base

    ◆ 今季、菊池以外に6人が一軍で二塁を守る

     広島が菊池涼介のポスティングシステムによるMLB移籍を容認した。今後は正式な手続きを経たうえで、入札の意思があるMLB球団と交渉を行い、移籍を目指す。

     球団としてはMLBからの入札が実現しなかった場合には、残留も受け入れるかたちを取るが、MLB移籍となった場合は、戦力的に大きな痛手。菊池の動向次第ではあるが、後釜の準備は必須だ。この秋のキャンプ、そして来春のキャンプ、オープン戦で2020年シーズンに向けた内野の布陣を固めていくことになる。

     2019年シーズンを振り返ると、広島の二塁を守ったのは菊池(138試合)の他に6人いた。曽根海成(10試合)、上本崇司(8試合)、三好匠(5試合)、サンタナ(4試合)、安部友裕(2試合)、小窪哲也(1試合)である。すでにサンタナとは契約を結ばないことが発表されており、その他の5人は候補になり得るメンバーとも言える。

     2013年シーズンからほとんどの試合で菊池が二塁を守っていたこともあり、一軍で二塁を経験している選手はほとんどいない。直近の7年間で見ると、2017年シーズンに上本が16試合で守備についたのが、菊池を除いた二塁としての最多出場ということが、すべてを物語っている。


    ◆ 小園海斗や田中広輔のコンバートも

     菊池の存在によって一軍の二塁手が手薄ということもあり、他のポジションからコンバートして穴を埋める可能性も十分に考えらえれる選択肢だ。2018年ドラフト1位の小園海斗もそのひとり。今季は田中広輔の不振、故障離脱もあり、遊撃手として55試合に出場した。しかし、みやざきフェニックス・リーグでは二塁のポジションでも試合に出場しており、来たるべき日に備えて準備を行っていることがうかがえる。

     一方で、復活を期す田中が二塁に回るというプランもあるだろう。今年8月にヒザを手術したこともあるが、田中も2020年シーズン中に31歳となる。今後、遊撃手として5年、10年と第一線でプレーできる可能性は低い。絶対的な存在だった菊池が退団するタイミングで、二塁にコンバートされたとしてもおかしくはないだろう。

     二塁のポジションを掴むのは、実戦経験が少ないとはいえ、2019年シーズンに二塁を守ってきた選手たちなのか。それとも遊撃として実績がある田中なのか、はたまた高卒2年目の小園に経験を積ませていくのか。

     ポジションこそ異なるが、前田健太がポスティングシステムを使い海を渡った翌年に、野村祐輔が16勝3敗の好成績で優勝に大きく貢献した。それ以降には大瀬良大地というエースも誕生し、エースだった前田が不在でもチームは3連覇を飾っている。チームとしては当時と同じように、菊池が不在となっても、新たなるセンターラインの核を作り出さなければならないし、そういう選手の出現を望んでいることだろう。

     まずは菊池の動向次第ではあるが、プロ入り2年目となる2013年から7年連続でゴールデングラブ賞を受賞してきた球界きっての名手・菊池の後釜として、スタメンに名を連ねるのは、いったい誰になるのだろうか。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191110-00208655-baseballk-base

    「春のキャンプ(2月1日~)に間に合うのでは?」。
    カープファンに朗報が届いた。シーズン中の8月28日に右ヒザ半月版部分切除手術を受け、戦線離脱した田中広輔選手。その後の状態が気になるところだが、小林幹英3軍コーチや、一緒にリハビリに取組んでいる苫米地鉄人トレーナーから「リハビリは順調。このまま進めば、春のキャンプで1軍合流できるはず」と心強いコメントがあった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191105-00010001-hometvv-l34

     広島・小園海斗内野手(19)が1日、秋季キャンプ地の宮崎県日南市に入り、打撃のレベルアップを誓った。秋季キャンプのテーマは、みやざきフェニックス・リーグから継続して「甘い球を一発で仕留めること」。実戦漬けとなる今キャンプでも持ち味の積極性を忘れず、確実性アップも目指す。

     野球漬けとなる日々を前に、ルーキー小園は心を躍らせていた。今季は高卒1年目ながら1軍の舞台を経験。「シーズンで課題がすごくあった。打撃、守備、走塁の課題を克服できるようにやっていきたい」とレベルアップへ目を輝かせた。

     ここ数年、秋季キャンプでは実戦が行われていなかったが、今秋は最大8試合を実施。早くもキャンプ2日目に予定され、10月のみやざきフェニックス・リーグから「ボール球を見極めて甘い球を一発で仕留めること」をテーマに掲げる小園にとっても、絶好のアピール機会となる。

     バットも振って振って振りまくる。「結構振ると思う」と猛練習は覚悟の上だ。シーズンの後半は疲労からスイングに狂いが出たと振り返り「スイング力を高めていきたい。そういうところで成長できるようにやっていきたい」と力を込めた。

     佐々岡監督は若手のアピール合戦を心待ちにする。「結果内容、取り組む姿勢」を求め、「フラットに考えたい。横一線。競争の中で、チャンスをモノにできるか」とサバイバルをあおった。

     「自分の成長のために頑張るだけです」と小園。東出2軍打撃コーチは「来年は15発打ってほしい」と期待。朝から晩まで、猛特訓に身を投じる。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191102-00000021-dal-base

    <みやざきフェニックスリーグ:広島-西武>◇20日◇日南

    広島小園海斗内野手がみやざきフェニックス・リーグ西武戦(日南)で1発を含む3安打を放ち、遊撃取りをアピールした。


    3番二塁で先発し、3回に渡辺の内角高め直球を右越えに3ラン。5回には報徳学園の6学年先輩にあたる田村から右前打を放った。来季は右膝手術から復帰する田中広と、定位置を争う見込み。「まだまだ(田中)広輔さんに追いつけない。少ないチャンスをものにしてレギュラーを取れるように」と意気込んだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191020-10200744-nksports-base

     広島・小園海斗内野手(19)は8日、フェニックス・リーグの韓国ハンファ戦で、“人生初”となる二塁でフル出場した。5度の守備機会を無難に処理。小園が複数ポジションを守れれば、田中広との併用が可能となるだけでなく、メジャー挑戦の意向を示している菊池涼の不在にも備えられる貴重な新オプションとなる。

     佐々岡政権の始動を前に、早くも新オプションが蓄えられている。フェニックス・リーグ開幕2日目にして、小園が人生初の守備位置に就いた。「1番・二塁」でフル出場。初回先頭の二塁へのゴロを無難にさばくと、強烈な正面のゴロあり、2度の飛球ありとパターン豊かな計5度の守備機会に恵まれた。準備期間は試合前の守備練習だけながら、失策なしと持ち前の対応力だけで乗り切った。

     「景色が違いました。ノックとか遊びながらでしかやったことがなかった。ショートよりも(一塁が)近いので、まずはしっかり捕ろうと思っていました」

     秋季リーグに帯同している内野手は、6人のみと少数精鋭。水本2軍監督の方針で、全内野手に複数ポジションを課すことが決まった。「けん制にバントシフトに覚えることはたくさんある。二塁のことが分かれば、ショートでも指示が出せる。いろんなことができれば、自分の幅も広がると思います」。今秋は、ウエスタン・リーグで5試合のみだった三塁にも挑戦する予定だ。

     新体制のカギを握る新オプションになるかもしれない。正遊撃手だった田中広は8月下旬に右膝を手術。来春キャンプでの合流を目指しており、完全復活となれば、小園を三塁起用するなど併用も可能になる。また、菊池涼は今オフにもメジャーに挑戦したい意向を示しており、名手不在を想定した備えも必要。玉木2軍内野守備走塁コーチは「(1軍でも)可能性がないことはない」と明言しており、来季に間に合うように本格挑戦する。

     昨秋から外野に挑戦した西川が中堅で定位置をつかむなど、複数ポジション習得が選手層の厚さにつながってきた。高ヘッドコーチは坂倉、磯村の内野挑戦プランも温めているという。

     「試合に出られることが増える。自分の任されたところでアピールしていきたいです」。小園にとっては勉強の一環ともいえる新ポジションは、V奪還の重要な一手となる可能性もある。 (河合 洋介)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191009-00000006-spnannex-base

     頭打ち寸前だ。

     ペナントレースも終盤になり、個人タイトル争いが激化してきた。17日現在、セ・リーグの打率トップは広島の鈴木誠也(25)。出塁率も・453で1位、安打数はトップと2本差の3位(163)につけ、最大で3つのタイトルを獲得する可能性がある。

     これまでゴールデングラブやベストナインは何度も受賞してきたが、個人打撃タイトルを手にしたことは一度もない。ひとつでも獲得すればプロ7年目で初となる。それが3つなら、年俸の大幅アップは間違いない。

     昨季は前年の右足骨折から復活し、4番として3割30本をクリア。初の大台となる7000万円増の1億6000万円でサインした。“3冠”となれば2億円突破は確実と思われるが、今季チームはV逸必至。しかも、広島には前例がある。外国人選手を除き、年俸が2億円を超えた途端、財布の紐が固くなるのだ。

     昨季、最多勝と最高勝率のタイトルを獲得した大瀬良大地(28)は6300万円から1億4500万円と倍増以上。一昨年、田中広輔(30)は盗塁王と出塁率で7800万円から1億4000万円と弾んだ。その一方で、その年の丸は最多安打と2年連続となるMVPを受賞して7000万円増の2億1000万円でサインしたものの、国内FA権取得を見越した複数年提示やタイトル料は含まれなかった。

    ■「物欲なし」で気になる使い道

     菊池涼介(29)は今オフにもポスティング制度でのメジャー挑戦を希望している。年俸は日本人で球団最高額の2億4000万円。移籍が成立すれば金庫は潤うとはいえ、2億円を超えると特に出し惜しみが加速する球団方針に変わりはなさそう。だとすれば、鈴木の暖冬更改も今年までかもしれない。

     もっとも、本人に年俸の話を振ると、こう言った。

    「僕は本当に物欲がないんですよね。自分の体づくりとか、ケアのために器具やサプリメントに使うのと、人と食事に行くこと以外にはあまり使わない。洋服とかブランドものにもあまり興味がなくて、残りはほとんど貯金です」

     広島もひと安心かもしれない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190919-00000016-nkgendai-base

     ヤクルトの球団マスコット「つば九郎」が30日、自身のブログを更新。28日に右膝半月板部分切除手術を受けた広島・田中広輔内野手(30)へ送った「まってるから。」のメッセージにカープファンから感謝と感動の言葉が相次いだ。


     切り込み隊長として球団初のリーグ3連覇に大きく貢献した田中広だが、今季は打撃不振が続き、今月22日に新人時代の2014年9月以来5年ぶりに出場選手登録抹消。その1週間後となった29日に手術を受けたことが発表された。

     球界随一の人脈を誇るつば九郎は他球団の監督、選手らと親交があり、広島の主力選手も菊池涼を「きくりん」、鈴木を「せいやくん」と呼んでブログでも度々メッセージを送っていたが、この日のブログではあえて田中の名前は出さず。自身が出演したイベントの報告をした後、最後の1行に「C#2。すぐのらいんへんしんありがとう。まってるから。」と短くつづった。名前は出さずとも「C」はカープの頭文字、「2」は田中広の背番号。田中広へのメッセージであることは明らかだった。

     これを受け、ツイッター上にはカープファンからつば九郎に向けたメッセージが殺到。「つば九郎ありがとう」「仕事中だけど泣きそう」「いつもカープの選手に優しいね」「つば九郎の『カープ愛』は相変わらず」「つば九郎泣かせないで…」「こーすけへのメッセージありがとう」「つば九郎好きすぎてヤクルトファンになりそう」「いつもカープのおとももちの事を気にしてくれてありがとう」と球団の垣根を超えたマスコットの“男気”に感謝と感動のメッセージがあふれた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190830-00000173-spnannex-base&pos=2

     「広島3-0中日」(10日、マツダスタジアム)

     広島・西川龍馬外野手が超美技で魅せた。

     八回無死一塁から代打・堂上が放った右中間後方の大飛球をランニングキャッチ。「奇跡です。ボールを見ながら走りました。良かったです」と振り返っていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190910-00000152-dal-base

     【球界ここだけの話】阪神・鳥谷敬内野手(38)が今季限りで退団することが決定的になり、各球団で争奪戦の様相を呈している。虎一筋16年のミスタータイガースが現役続行に心が傾いた場合、広島は獲得意思はあるのか、球団幹部に直撃した。

     「他球団の選手のことを、とやかく言うつもりはない。まだシーズン中なので」

     鈴木球団本部長の言葉の通り、広島はセ・リーグ4連覇は厳しい状況ではあるが、DeNA、阪神とクライマックスシリーズ進出争いの真っただ中で、他球団の選手の去就どころではない。ましては鳥谷が本職とする遊撃には田中広輔内野手(30)、ドラフト1位・小園海斗内野手(19)=報徳学園高、7月に楽天からトレードで加入した三好匠内野手(26)ら屈指の選手層を誇っている。

     それでも、鳥谷は遊撃手として歴代最長の667試合フルイニング連続出場記録を打ち立てるなど、試合前の時点で通算2151試合で打率・280(7433打数2082安打)、138本塁打、818打点。起用法や今季4億円だった年俸などの問題はあるが、実績や将来的な指導者として魅力は十分だ。

     近年、広島が他球団のスターを獲得し、成功を収めた例がある。横浜の引退勧告を拒否し、2009年に赤ヘルに加入した石井琢朗コーチ(現ヤクルト打撃コーチ)と、阪神を自由契約になって15年に古巣に戻ってきた新井貴浩氏(現野球解説者)だ。

     前者は広島で4年プレーし、13年に内野守備走塁コーチに就任。16年から打撃コーチに配置転換となり、現在の強力打線の基礎を築き上げた。後者は古巣復帰後、2年目の16年にセ最年長のMVPを受賞。主力として球団初の3連覇に貢献するなどかつての輝きを取り戻し、昨年に惜しまれつつ引退した。

     「タイガースのユニホームを着てやるのは今シーズンで最後。いろいろ考えて決めます」という鳥谷。昨年の赤チョーノに続き、“レッド・バード”誕生はあるのか。大注目のオフを迎える。(柏村翔)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190901-00000525-sanspo-base

    このページのトップヘ