広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    田中広輔

     「巨人2-5広島」(7日、東京ドーム)

     広島・田中が500試合連続フルイニング出場を果たした。

     この日は4打数無安打だったが、三回に死球で出塁してチャンスメークした。

     試合後、田中は「通過点なので、500試合だからと言って何もない。チームが勝てたのが素直にうれしいです」と話した。

     続けて「ケアもしていたし、嫁さんがご飯を作ってくれて、みなさんのサポートのおかげです」と周囲の助けに感謝していた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180707-00000143-dal-base

     7月6日の巨人対広島戦(東京ドーム)で、巨人の田中俊太内野手は「2番・二塁」で先発出場し、3打数無安打に終わった。その4歳上の兄で広島の田中広輔は「1番・遊撃」で先発し、こちらも4打数無安打。田中兄弟の直接対戦は、今季8試合目、スタメン同士での対戦は3試合目だった。

     兄の広輔は東海大相模高、東海大、JR東日本を経て、2013年ドラフト3位で広島に入団。1年目の後半から正遊撃手となり、今や広島が誇る上位打線「たな・きく・まる」の一角として不動の1番打者になっている。

     弟の田中俊太は東海大相模高、東海大、日立製作所を経て、2017年ドラフト5位で巨人に入団。兄同様、即戦力として1年目から1軍で活躍し、6月以降はスタメンでの起用が多くなっている。

     MLBでは、マリナーズのカイル・シーガー、ドジャースのコーリー・シーガー兄弟のように、兄弟揃ってスター選手という例は珍しくない。しかし、最近のNPBでは兄弟揃って活躍する例は少ない。

     昨年は、NPBの兄弟選手は6組いた。

    新井貴浩(広)、新井良太(神)
    堂上剛裕(巨)、堂上直倫(中)
    星野雄大(ヤ)、星野大地(ソ)
    大嶺祐太(ロ)、大嶺翔太(ロ)
    上本博紀(神)、上本崇司(広)
    高濱卓也(ロ)、高濱祐仁(日)

     しかし、新井兄弟は弟の良太が、堂上兄弟は兄の剛裕が引退。星野兄弟はオフに揃って戦力外となった。さらに、今年6月になって大嶺兄弟の弟・翔太が突然引退を表明。現時点での兄弟選手は上本兄弟、高濱兄弟、そして今季から誕生した田中兄弟の3組だけになった。

     今季、兄弟が直接対戦した試合は、上本兄弟は兄・博紀が5月5日の中日戦で前十字靭帯断裂の大怪我をしたこともあり「0」、高濱兄弟も弟の祐仁が1軍昇格していないため「0」、田中兄弟だけが8試合で対戦している。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180707-00148911-fullcount-base

     「巨人4-0広島」(6日、東京ドーム)

     広島が今季4度目の完封負けを喫した。巨人のエース・菅野の前にリーグ屈指の打線が沈黙。8回まで6安打無失点に抑えられた。

    【写真】緒方監督の女子高生次女は母親似の美少女

     試合後、緒方監督は「ホームが遠かった。ランナーを置いてから失投が少ない」と脱帽し、「また何回も対戦があるわけだから。明日、あさっても試合があるし、切り替えてやりたい」と話した。

     6回2失点の大瀬良については「悔しかったと思う。絶好調ではなかったけど要所でしっかり投げてくれた」とねぎらっていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180706-00000136-dal-base

     「広島4-2ヤクルト」(4日、マツダスタジアム)

     広島がヤクルトに快勝し、前半戦の首位ターンを決めた。緒方監督は5勝目を挙げたジョンソンを「今日は良かった。(KOされた)前回がよっぽど悔しかったんだろう。立ち上がりからボールに角度があった」と評価し、石原のリードについても「ピッチャーを引っ張ってくれた」とたたえた。

     攻撃陣にも言及し、「丸が打って欲しい時に打ってくれる。頼りになる。1、2番もチャンスメークしてね」とうなずき、「うちの野球ができた。ナイスゲームだった」と満足そうだった。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180704-00000136-dal-base

     「広島4-2ヤクルト」(4日、マツダスタジアム)

     先発した広島のジョンソンが8回1/3を2失点で5勝目(2敗)を挙げた。2016年5月24日・巨人戦(マツダ)以来、2年ぶり4度目の完封が見えた九回もマウンドに上がったが、無死から連打を許すなど失点し、中崎にマウンドを譲った。それでも四回まで無安打と安定した内容でチームの勝利に貢献した。

     好投した助っ人左腕はお立ち台に呼ばれ、「ストライクを先行させていい投球ができた。ああいうピッチングができると自分のリズムで投げられる。サイコウデース」とファンの声援に応えた。

     打線は初回、田中の4号先頭打者本塁打などで2点を先制すると、五回には丸、鈴木の連続適時打で2点を追加した。これで今季ホーム試合ではヤクルトに負けなしの6連勝となった。

     3日に29歳の誕生日を迎えた先頭打者弾の田中は「1日遅れの誕生日プレゼントだと思ってうれしかったです。風にもうまくのってくれた」と、ジョンソンからは「ハッピーバースデー」と歌で祝福されていた。

     ヤクルトは九回に連打で無死一、二塁とし、荒木の遊ゴロで1点を返すと、山田哲の右前打で1死一、三塁とし、ここでマウンドに上がった中崎に対して、バレンティンが三塁間を破るタイムリー。4安打を集中して2点差に迫った。

     さらに1死一、二塁の同点機だったが、坂口が空振り三振。続く畠山が四球を選んで2死満塁も、最後は川端が見逃し三振に倒れて、3連敗を喫した。

     先発したブキャナンが5回7安打4失点で5敗目(6勝)。青木は頭部死球の影響で試合出場しなかった。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180704-00000119-dal-base

     「マイナビオールスターゲーム2018」(7月13日=京セラ、同14日=熊本・藤崎台県営野球場)に監督推薦で出場する選手が2日、発表された。広島からは大瀬良大地投手、中崎翔太投手、会沢翼捕手、田中広輔内野手が選ばれた。

     中崎は2年ぶり2度目の出場となる。ここまでリーグトップの20セーブをマークしており、首位を走る広島を支えてきた。「大変、うれしく思うしありがたい。(ファン投票では)たくさんの方が投票をしてくれましたし、見に来てくれると思うので、しっかりと投げるところを見せられれば良いと思います」と意気込んだ。

     会沢は3年ぶり2度目。初出場した15年はマツダスタジアムで本塁打を放つなど活躍し、球団の捕手としては初めてとなるMVPに輝いた。第2戦が行われる熊本は、16年に起きた熊本地震から今も復興の途中にある。「少しでも野球を見てもらって、元気になってもらえれば」と話した。

     田中は2年連続3度目の夢舞台。初出場した15年には特別賞を受賞した。「素直にうれしい。いろんな選手といろんな話ができる、すごい貴重な時間。聞きたいとこがありますし、いろんな選手に聞けたらいい」と話した。

     ファン投票では外野部門で鈴木誠也外野手が、選手間投票では菊池涼介内野手がすでに出場を決めている。監督推薦で選ばれた選手を含め、広島からは6人が出場する。


    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2018/07/02/0011408393.shtml

     「交流戦、広島2-6日本ハム」(18日、マツダスタジアム)

     広島・緒方孝市監督が交流戦を総括し、リーグ戦再開へ視線を向けた。今季は7勝11敗と苦戦し、4年ぶりの負け越し。この夜も先発・福井が日本ハムに先制され、打線は必死に追い上げたが、逆転はならなかった。

     試合後、指揮官は「この6月は厳しい戦いになると自分でも思っていたし、こういう結果になってしまった。ここからまたリーグ戦が再開するし、いろんな課題が出ているので投手を中心とした野球をしっかりできるようにしたい。そこを修正できないと、これから先厳しい戦いが待っている。これを乗り越えないと大きな喜びもない。またそれができるように頑張っていく」と言葉に力を込めた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180618-00000155-dal-base

     ◇交流戦 広島3-0楽天(2018年6月10日 マツダ)

     広島が同一カード3連戦3連勝を飾った。

     広島は0―0の7回、2死一、三塁で西川が右翼へ1号3ランを放ち、均衡を破った。

     先発の九里が6回を投げ3安打無失点と好投、2番手で1回無失点の今村が2勝目を挙げ、最後を締めた中崎が17セーブ目を挙げた。

     楽天は先発の美馬が7回3失点と力投も、打線が精彩を欠き、今季7度目の零敗で3連敗。借金も19に膨れ上がった。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180610-00000122-spnannex-base

    ■広島 7-0 楽天(8日・マツダスタジアム)

     広島は8日、マツダスタジアムで行われた東北楽天戦に7-0で勝利した。先発の大瀬良が7回無失点の好投でリーグトップの9勝目。打線は通算1000試合出場を達成した丸が攻守に活躍した。緒方監督は「今日は(大瀬良)大地と丸に尽きるね」と、投打の主軸の活躍にご満悦だった。



    「投打ともナイスゲームだった」と、会見で自ら切り出した緒方監督は「大地は粘り強いピッチングだった。相手に流れが行きそうなところをしっかり抑えてくれた」と、自身7連勝となった頼れる右腕を称賛した。

    「初回から得点してピッチャーを援護した」という打線では、丸が初回の先制タイムリーに3回に追加点となる本塁打と活躍したが、指揮官が力説したのは3回の2死一、二塁のピンチで、茂木のセンター前へのライナー性の打球を好捕した守備だった。「あのプレーは大きかった」という緒方監督は「打球に対する判断、一歩目の鋭さ。あのプレーでないと捕れない打球だった」と、現役時代は守備にも定評があった外野手らしく、ファインプレーを解説した。

     同じようなプレーで足を痛めて戦線離脱となった経緯もあり、記者からは復帰間もない丸を心配する声も出たが、緒方監督は「心配ないって。体はもう大丈夫だし、何年もゴールデングラブ賞を獲っている選手だから」と不安を一蹴した。投手陣が崩壊状態の交流戦で初の完封勝ちは、チームの再加速のきっかけになるかもしれない。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180608-00136452-fullcount-base

    このページのトップヘ