広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    田中広輔

     2月1日からはじまる春季キャンプまであと2週間。選手たちは各地で自主トレを行い、来たるべき日に備えている。そんななか、沖縄県恩納村で東海大の先輩でもある大松尚逸(ヤクルト)らと自主トレを行っている田中広輔(広島)が「ゴーデングラブ賞を取りたい」とコメントした。

     田中は2017年シーズンに盗塁王・最高出塁率のタイトルを獲得したものの、守備の栄誉であるゴールデングラブ賞はここまで受賞したことはない。広島では二遊間でコンビを組む、菊池涼介、中堅の丸佳浩がともに5年連続で受賞中と同賞の常連でもある。同じ1989年生まれで、『タナ・キク・マル』とトリオで扱われることも多い田中も同賞受賞をし、守備面でも2人に並べるか。

     田中の2017年シーズンにおける失策数は16個(143試合)。セ・リーグの同じ遊撃手を見ると、倉本寿彦(DeNA/143試合)、京田陽太(中日/141試合)が14個、ゴールデングラブ賞を受賞した坂本勇人(巨人/142試合)にいたっては9個だった。もちろん、失策数だけで守備力を判断されるわけではないが、その数が少ないに越したことはない。タイトルを獲得するためにも、まずは一桁台を目指したいところだ。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180117-00142283-baseballk-base

     広島の田中広輔内野手が13日、沖縄県の恩納村で行っている自主トレを公開した。楽天・今江やヤクルト・大松などとの合同自主トレで、今年で4年連続4度目。午前中はランニングやノックを行い、午後からはロングティーなど打撃練習した。


     23日までの日程で「暖かい場所。野球選手は走れなくなったらダメなので、まずはしっかりと走って土台を作りたい」と力を込めた。

     昨季は不動の1番打者として盗塁王と最高出塁のタイトルを獲得。チームのリーグ2連覇に大きく貢献した。今季は球団史上初の3連覇と日本一が目標だ。「個人的にはすべての成績でキャリアハイを目指したい。去年の数字では優勝できない。それをベースに考えて、いい成績を残したい」と力を込めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180113-00000061-dal-base

     広島緒方孝市監督(49)が日刊スポーツの新春インタビューで、球団史上初の3連覇がかかる18年への決意を語った。重圧がかかる新シーズンを前に、就任4年目の指揮官は泰然自若で前を見据えた。主力選手に真の強さを、若手にはアピールを求める。常にチーム内に競争を求め、チーム力を上げてきたその手腕に、今年も期待が高まる。【聞き手=前原淳、池本泰尚】

     -新年を迎えた

     緒方監督 昨年は連覇を成し遂げたといっても、クライマックスで負けている。一昨年も日本シリーズで負けた。いずれもマツダスタジアムで負けているので、達成感よりも負けた悔しさの方が大きい。昨年は日本一という期待をひしひしと感じていたが、応えられなかった。今年こそは、という気持ちでいる。

     -監督は「毎年、チームの色は変わる」と言っている

     緒方監督 昨年は丸がMVPを受賞し、田中が2年連続フルイニング出場。キク(菊池)も含めて、彼ら3人は本当にレギュラーとして働いてくれた。ただ、彼らには「隙を見せるな」「ほかの選手にチャンスを与えるな」と言っている。慢心や過信などがあれば、すぐにとってかわる選手が出てくる世界。実力と実績だけでなく、そのときの力も見せつけてチームを引っ張っていってくれというメッセージを彼らに伝えたい。

     -4番については

     緒方監督 不完全燃焼だった誠也が、シーズン終盤とクライマックスシリーズにいられなかった悔しさを今年どのように見せてくれるか。本当の4番となるシーズンにしなくてはいけないし、こちらも期待している。ただ、与えるわけではない。松山やバティスタらとの競争の中で名を連ねてもらいたい。

     -ポジションを与えて成長を促すのではなく、常に競争を求める

     緒方監督 レギュラーとして責任感を持って戦ってもらうのは当たり前だが、好不調もあればケガなどイレギュラーなこともある。選手個人に責任を背負わせるようなことはしたくない。

     -昨年は野手が投手を育てた

     緒方監督 長いペナントレースはやっぱり投手力。大きな鍵になる。先発の数も中継ぎの数もしっかりしないといけない。優勝に貢献した薮田は昨年、ワンチャンスを生かした。薮田だけでなく、岡田、大瀬良、九里と、先発として手を挙げている選手は昨年の成績が最低ラインになる。ここからどう成長していくか見てみたい。そのほかの若い投手にもチャンスをあげようと思っている。それだけのものを見せてくれれば。練習ができていなければ、1日でも広島に戻ってもらうと伝えている。来季も競争。そこからスタートしてもらう。

     -今年の新人には即戦力候補が少ない

     緒方監督 今年は素材重視で魅力ある選手を取ったドラフトだった。来年、再来年しっかりチームの底上げとなる選手が入ったと思っている。いい素質の選手が入ったと思うし、すごく楽しみ。最近は高校からでも基礎体力が高い。(ドラフト1位)中村にしても出てくるのも早いと思う。

     -他球団の動向は

     緒方監督 気になる気にならないというものではなく、どんな戦力で来るのかは見ておかないといけない。動向だけはしっかり見ている。ただ、他球団の戦力に合わせて戦うわけじゃない。昨季までやってきた野球の精度をさらに上げていくことを目指すだけ。

     -セ・リーグ2球団目、球団初の3連覇へ向けて

     緒方監督 新たな気持ちで、リーグ優勝に向けた戦いが始まる。どんな準備をして臨むのか。(就任4年目も)経験して甘んじるのではなく、経験したからこそ、あれもやらなければいけない、これもやらなければいけないとなる。尽きることはない。それはシーズン通してやっていかないといけないこと。過度な重圧を感じているというよりも、毎年その気持ちは変わらない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180104-00092250-nksports-base

     打者のセイバーメトリクスの指標の一つにP-S(Power-Speed-number)というものがある。長打力と俊足を兼ね備えた選手を評価する指標だ。

     数式は(本塁打×盗塁×2)÷(本塁打+盗塁)、この数値が20以上だとパワーとスピードを兼ね備えた打者だということになる。

     この数値のNPBの歴代5傑は以下の通り。

    1秋山幸二(西武)1990年 41.51(本塁打35盗塁51)
    2秋山幸二(西武)1987年 40.35(本塁打43盗塁38)
    3別当薫(毎日)1950年 37.97(本塁打43盗塁34)
    4張本勲(東映)1963年 36.57(本塁打33盗塁41)
    5岩本義行(松竹)1950年 36.33(本塁打39盗塁34)

     このうち別当、岩本はトリプルスリーを記録している。秋山幸二は、NPB史上に残る打って走れる選手だったことがわかる。張本勲はNPB史上最多の3085安打を記録した安打製造機だが、同時に504本塁打319盗塁。全盛期には出塁した後も目が離せない選手だったのだ。

     この数値は本塁打、あるいは盗塁が0の選手は「0.00」になる。端的な数字であり、総合的な選手の評価ではないが、「打って走って」というタイプの選手をピックアップする面で優れている。

    今回は2017年のセ・リーグのP-S10傑を見てみよう。

    1梶谷隆幸(De) 21.00 (本塁打21盗塁21)
    2鈴木誠也(広) 19.81 (本塁打26盗塁16)
    3糸井嘉男(神) 18.79 (本塁打17盗塁21)
    4山田哲人(ヤ) 17.68 (本塁打24盗塁14)
    5丸佳浩(広) 16.61 (本塁打23盗塁13)
    6坂本勇人(巨) 14.48 (本塁打15盗塁14)
    7田中広輔(広) 13.02 (本塁打8盗塁35)
    8上本博紀(神) 11.52 (本塁打9盗塁16)
    9桑原将志(De) 11.3 (本塁打13盗塁10)
    10菊池涼介(広) 10.18 (本塁打14盗塁8)

     DeNAの梶谷が1位。2014年の盗塁王だが、今季は初めて20本塁打をクリア。パワーアップして貢献度が高くなっている。

     広島は「たな、きく、まる」トリオに加えて、鈴木誠也がランクイン。出塁数が多い上に、長打もあり、しかも走力も優秀。4人ともに20代。まさに日の出の勢いの広島を代表する打者たちだと言えるだろう。



    引用元 https://full-count.jp/2017/12/28/post100123/

     今季盗塁王と最高出塁率に輝いた広島・田中がレジェンドOBを前に、将来的な目標として「トリプルスリー」を掲げた。東京・神宮前のサマンサタバサ表参道の広島コラボショップイベントに、山本浩二氏と野村謙二郎氏(スポニチ本紙評論家)と参加。打率3割、30本塁打、30盗塁の大台について「目標でもあるので、それに向かって頑張りたい」と意欲を口にした。

     95年に同じ遊撃でトリプルスリーを達成した野村氏は「助言は特に必要ない。ホームランはもともと打とうと思えば打てる。近い将来やってくれる」と太鼓判。山本氏も「それを達成すればチームも優勝に大きく近づく」と歓迎した。田中は今季打率.290、8本塁打、35盗塁だが、昨季は13本塁打をマーク。長打力に磨きをかければ不可能ではない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171228-00000034-spnannex-base

     広島・新井がタナキクマルに「リーダーになれ」と指令を出した。

     1~3番でチャンスメイクする田中、菊池、丸の存在は連覇に欠かせなかったが、精神的支柱でもあるベテランは「もう彼らのチーム。年下が多くなっているし言わないといけない立場」と、プレー以外でもナインをけん引する姿勢を望んだ。この日は広島市内でのトークイベント前に球場を訪れ、来季20年目を迎える自身の調整について「順調にきている」と納得の表情を浮かべた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171226-00000290-sph-base

     巨人にドラフト5位で指名された田中俊太内野手(24)=東海大相模高―東海大―日立製作所=は、セ・リーグのベストナイン、最高出塁率賞者・最多盗塁者賞の広島・田中広輔内野手(28)=東海大相模高―東海大―JR東日本=の弟だが、2人の間の次男で現会社員の洋平さんも東京・日大三高時代はレギュラー捕手として活躍した。

     3人に幼少時から野球を教えたのは父・正行さん(57)。東海大相模高時代は俊足強打の遊撃手として鳴らし、1年時は2学年先輩の原辰徳・巨人前監督と寮で同室だった。強豪野球部の先輩といえば厳しく近寄りがたいイメージもあるが、正行さんによると「原さんはとても気を使う人で、自分がケガをしたときは布団まで敷いてくれた」という。

     正行さんの強打ぶりは「飛距離は先輩の津末(英明=元日本ハム、巨人)さんにも負けなかったくらい」だったが、「練習のノックでボールに飛び込んだときに左肩を痛め、それから打てなくなりましたね」と悔しそうに振り返る。プロの道は諦め、卒業後は神奈川・座間市役所に就職して、そこでも野球部で大活躍。全国レベルの大会にも出場し「六大学野球の出身者も多かった」という強豪チームと激闘を繰り広げた。

     小学生に野球を教えるようになったのは2001年秋、小学6年の広輔がボーイズリーグ(硬式)の相模原イーグルスに入団したのがきっかけだった。04年に同チームの監督に就任し、俊太が在籍した06年と、翌07年の春には全国大会4強の成績を残した。現在は同チームの中学部コーチで務めている。

     当時の小学生への指導法は、今もチームで語り草だ。「大きな夢を持って入ってきているのに、ちまちました野球を教えても仕方がない」とバントは一切教えず、打撃練習はトスしたボールをフルスイングで遠くへ飛ばす“ロングティー”ばかり。「審判に『ストライク』のコールをさせないくらい、いい球はどんどん打っていけと言いました。三振しても空振りならほめてあげた」

     野球に取り組む姿勢はストイックだが、ゲンも担いだ。「試合の前日はグラブは磨いて枕元に置いて寝ること。そうすれば捕れそうにない球もグラブに入るかもしれない」と選手や保護者にすすめて、遠征先の球場などでは自ら真っ先に「ウンが付くように」とトイレを掃除したという。

     プロに進んだ息子2人の小中学生時代について「どちらも足が速かったが、自分と似てガツガツしたスタイルの広輔は体の使い方がうまくて馬力があった。俊太は柔らかくてスマートな感じ。だけど一生懸命やっているのに、そう見えなくてかわいそうだった」と“親心”も交えて懐かしそうに話した。

     今も座間市役所に勤務する正行さん。来年の夢は、巨人と広島の試合で兄弟対決を観戦することだ。(記者コラム・芝野栄一)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171226-00000103-sph-base

     チャンスメーカーだけでなく、時には4番打者と同じように一振りで試合を決める役割が求められる3番打者。

     今季の3番打者を振り返ると、セ・リーグMVPに輝いた丸佳浩(広島)が12球団で最も良い働きを見せたと言えるだろう。1試合だけ1番打者を打ったため全試合出場とはならなかったが12球団トップの142試合で3番出場、安打(171)、本塁打(23)、打点(92)とあらゆる部門でトップに立った。

     丸は11月20日に行われた『NPB AWARD 2017』で「シーズン中調子の波が激しいタイプだったんですけど、今季は波が比較的少ないシーズンだったと思います」と分析。「球場に入ってから練習に行くまで、練習に入ってから試合に行くまで、毎試合一緒のルーティンで入っていけたことが安定した数字が残せることができたのではないかと思います」と好不調の波が減った理由について語った。

     また、丸が好成績を残せた要因に“調子の波”だけでなく、1番・田中広輔、2番・菊池涼介の存在は大きい。7月26日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で解説を務めた山本昌氏は上位打線に「野球の上手い選手が揃っているので、何かをしてくるんですよね。その辺で得点率が高いなと思います」と話している。

     3番打者の成績は以下の通り。

    【出場数】
    1位 142試合 丸 佳浩(広島)
    2位 134試合 坂本勇人(巨人)
    3位 106試合 浅村栄斗(西武)

    【安打】
    1位 171安打 丸 佳浩(広島)
    2位 148安打 坂本勇人(巨人)
    3位 125安打 浅村栄斗(西武)

    【本塁打】
    1位 23本塁打 柳田悠岐(ソフトバンク) 
    1位 23本塁打 丸 佳浩(広島)
    3位 21本塁打 バレンティン(ヤクルト)

    【打点】
    1位 92打点 丸佳浩(広島)
    2位 76打点 浅村栄斗(西武)
    3位 75打点 柳田悠岐(ソフトバンク)

    【得点圏打率】
    1位 .406 筒香嘉智(DeNA)
    2位 .398 柳田悠岐(ソフトバンク)
    3位 .353 秋山翔吾(西武)

    ※3番での成績のみ

    (ニッポン放送ショウアップナイター)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171225-00141098-baseballk-base

     広島の菊池涼介が21日契約更改を行い、4500万円アップの1億9000万円でサイン。これで、広島の日本人選手の契約更改が終了した。

     年俸1億円を超えた広島の日本人選手を見ると、丸佳浩がチームトップの2億1000万円。次いで菊池の1億9000万円、田中広輔の1億4000万円、野村祐輔の1億2000万円、中崎翔太の1億1500万円、新井貴浩の1億1000万円と、1億円以上の選手が6人もいる。

     広島は今季リーグ連覇を達成し黄金期を迎えているが、98年から12年まで15年連続Bクラスに沈むなど長年低迷していた。

     来年は6人も年俸1億円超えの日本人選手がいるが、15年連続Bクラスとなった12年オフは前田健太、栗原健太、大竹寛の3人。4位に終わった15年オフは、黒田が球団最高の6億円だったが、1億円超えの日本人選手は黒田と石原の2人。さらに、新井貴浩、黒田博樹が抜けた07年オフは、1億7000万円の前田智徳のみ。低迷している期間の1億円プレーヤーは、“エース格”と“4番打者”だけという印象だった。

     チーム力とともに、選手たちの年俸も上がっている広島。来年以降は、今オフ9500万円で更改した今村猛、9000万円で契約更改した鈴木誠也とさらに、1億円プレーヤーが増えていきそうな予感だ。

    【2017年オフ】
    丸 佳浩 2億1000万円
    菊池涼介 1億9000万円
    田中広輔 1億4000万円
    野村祐輔 1億2000万円
    中崎翔太 1億1500万円
    新井貴浩 1億1000万円

    (金額は推定)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171224-00141045-baseballk-base

    「『他の選手にこのピッチャーどうですか?』と聞かれても、凄いぞと言ったことないですから。このピッチャーは、大したことないぞ、と言うんですよ。1番バッターは、そういう気持ちで打席に立っている」。

     7月1日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-DeNA戦』で解説を務めた田尾安志は1番打者について、このように話した。

     今季の1番打者を振り返ると、桑原将志(DeNA)が12球団で唯一、1番打者で143試合にフル出場。安打数(161安打)は1番打者として12球団2位、本塁打(13本塁打)と打点(52打点)は12球団3位の成績だった。

     桑原と同様に1番打者として存在感を示したのが、広島のリーグ連覇を支えた田中広輔。田中は1番打者として12球団トップの安打数(164安打)、盗塁数(35盗塁)をマークした。田尾氏は田中の盗塁について8月6日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター DeNA-広島戦』で「クリーンナップを迎えたところで2球目に田中が盗塁する。こういう攻撃は他球団ではなかなか見受けられない。こういう隙があればいつでもいくよという怖さを他球団も感じるんじゃないですかね」と話した。

     今季1番や3番を打つことの多かった秋山翔吾(西武)は、1番打者として12球団トップの20本塁打、65打点を記録。嶋重宣打撃コーチは秋山が今季本塁打を量産した要因について、「インパクトがもともと強いバッター。打球に角度がついている」(ニッポン放送ショウアップナイターのアナウンサーの取材時のコメント)と教えてくれた。さらに「年々体力もついてきている」と体の強さも要因のひとつに挙げた。

     1番打者のトップ3は以下の通り

    【出場数】
    1 143試合 桑原将志(DeNA)
    2 142試合 田中広輔(広島)
    3 122試合 西川遥輝(日本ハム)

    【安打】
    1 164安打 田中広輔(広島)
    2 161安打 桑原将志(DeNA)
    3 142安打 秋山翔吾(西武)

    【本塁打】
    1 20本塁打 秋山翔吾(西武)
    2 16本塁打 茂木栄五郎(楽天)
    3 13本塁打 桑原将志(DeNA)

    【打点】
    1 65打点 秋山翔吾(西武)
    2 60打点 田中広輔(広島)
    3 52打点 桑原将志(DeNA)

    【盗塁】
    1 35盗塁 田中広輔(広島)
    2 32盗塁 西川遥輝(日本ハム)
    3 20盗塁 京田陽太(中日)

    ※1番での成績

    (ニッポン放送ショウアップナイター)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171223-00140942-baseballk-base

    このページのトップヘ