広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    田村恵

    「育成のカープ」を象徴する存在の一人と言っていいだろう。プロ11年目で初の規定打席到達を目前にした松山竜平外野手(33)が打率3割3厘、72打点、12本塁打で球団初のリーグ3連覇に貢献した。優勝を決めた26日のヤクルト戦でも初回に守備で大ファインプレーを披露し、打撃では2安打2打点といぶし銀の働きを見せた。タナキクマルや選手会長の会沢、鈴木ら中心選手は年下ばかりで野間やバティスタも成長著しい。常にポジションを脅かされながらもジッと耐え、今季は国内FA権も取得した“鯉のアンパンマン”が本紙に独占手記を寄せた。

     ビールが目にしみて痛いです。でも優勝した後のビールかけは何度味わっても最高です。しかも今日は打って2安打2打点。一昨年、昨年に続いて優勝が決まる試合で打点を挙げることができました。

     守備でも「初回に松山が目の覚めるようなファインプレーをしてくれた」と緒方監督に優勝インタビューで褒めてもらったのだから、なおさらうれしいです。チーム一丸となって球団初のリーグ3連覇を達成することができました。

     これもひとえにファンの皆様の声援があったからこそ。本当に感謝しています。

     一昨年、昨年と過去に2度のリーグ優勝を経験していますが、個人的に今年は少し意味合いが違います。僕のキャリアの中で最も多くの打席に立ち、規定打席も視界に入った中で緒方監督を胴上げすることができたからです。

     昨季までは外野での出場がほとんどで、こんなに多く一塁を守ったのは初めてでした。これまでは持ち味の打撃でチームに貢献することを第一に考えていましたが、今季は守備に対する意識も強く持って臨みました。左翼、一塁とポジションの選択肢が広がったことで、野間が左翼で起用されても僕は一塁で試合に使ってもらえた。首脳陣には感謝しかありませんが、一方で結果を出さないと使ってもらえなくなるのがこの世界。あとは自分がしっかり応えられるかどうかでした。

     打撃面で良かったのは三振が少ないことです。バットに当てさえすれば相手の失策もあるし、どういう形でも出塁に結びつく可能性がグッと上がります。追い込まれても粘っていれば四球も増えてくる。ただ、まだレギュラーとは言えません。一塁にバティスタ、新井さんが起用されることでスタメンを外れることもありますからね。まだまだ向上心を持って野球に取り組んでいきたいと思っています。

     思えば紆余曲折のあるプロ野球人生でした。3年目を終えた時点で一軍出場はわずか2試合。2014年のオフには愛着のあった背番号37をドラフト1位で入団した野間に譲ることになり正直、ショックでした。でも、落ち込んだのは背番号変更が決まった当日だけ。この世界では気持ちの切り替えも大事ですから。

     そういう意味で、昨年の9・10月に初の月間MVPに選んでいただいたことは目の色が変わる、いいキッカケになりました。活躍が認められて年俸も生涯最高額になりましたし、今年は国内FA権もかかっていた。権利をどうするかはシーズン全てが終わってから考えることになりますが、発奮材料になったのは確かです。

     カープの強さについても触れておきましょう。原点にあるのは「雰囲気の良さ」だと思います。和気あいあい…というだけでなく、ピリッとした緊張感もある。今季限りでの現役引退を表明された新井さんや石原さん、一昨年まで一緒にプレーした黒田さんがつくり上げたものと言ってもいいでしょう。僕は「アンパンマン」に始まり、最近では首脳陣や年下の選手からも「マツコ」のニックネームでイジられたりしていますが、組織で戦っていく上でコミュニケーションが取りやすい雰囲気は絶対に必要で、僕も先輩たちのように欠かせない存在になりたいと思っています。

     最後になりますが、家族のサポートにも感謝です。ネタだと思われるかもしれませんが、3人の息子はいずれもアンパンマンのファンで、特に今は三男が夢中なんです。「アンパンマン、アンパンマン」と言ってテレビで放送されては録画して1週間見続け、翌週もそれを繰り返す。シーズン中は家族で過ごす時間も限られますが、アンパンマンやジブリの映画を一緒に見てリラックスすることも活力になりました。

     何はともあれ今日で一区切りはつきました。ただ、本当の戦いはまだ先にあります。昨季は悔しい終わり方でした。もう、あんな思いはしたくない。34年ぶりの日本一。鹿児島のじいちゃん、ばあちゃんに喜んでもらうためにも、そこだけを目指して頑張ります。
     (広島東洋カープ外野手)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180927-00000040-tospoweb-base

     広島が2年連続でセ・リーグを制し、改めてチーム強化方針が評価される形となった。カープはなぜ強いのか。ひもとくと15年連続Bクラスの時代からぶれていない松田元オーナー(66)の独自理論があった。

     黒田が引退しても、14勝の薮田、12勝の岡田ら若手投手が台頭し、穴を埋めた。松田オーナーは育成を重視したドラフトにおける独自戦略が実ったものだとみる。

     「人が見ていないときに見ていると思うんだ、スカウトがね…」

     例えば2014年ドラフト2位で指名した薮田は、直球は150キロを超えたが、亜大では右肘を疲労骨折するなど、リーグ戦登板は3年春の2試合だけで通算0勝。実績はほとんどなかった。10年ドラフト6位でリリーフの要、中崎もスカウトの努力の結晶だった。

     「現場の使う勇気、我慢する勇気が広島にはある。我慢しないと使えない。薮田なんか、そういう部分がある。薮田は下の順位で取れたかもしれないけれど、(素材がいいので)早い順位で取った。中崎なんか、あの時は無観客試合があって、他球団は誰も見に行ってないんだけど、こっそり見に行って陰で見ている。こっそり撮ったビデオをわしらに見せている」

     10年は宮崎県で口蹄(こうてい)疫が流行。感染拡大防止対策が取られ、スカウトでさえ県内の出入りが難しいなか、担当の田村スカウトが粘り強く中崎を発掘した。

     「よそのスカウトはみんなで行くけど、カープは個々で動くケースが多い。結構みんなそれぞれ、目標を持って動いている。可能性のある選手を見つける確率は、高くなっているんだと思う」

     オコエ(楽天)、小笠原(中日)、高橋(ソフトバンク)ら高校生に注目度の高い逸材がそろった15年のドラフトでは、全国的な知名度や実績はなくても潜在能力を見抜き、早くから鞘師スカウトがマークしていた大商大・岡田からの方針転換はなかった。

     逆指名ドラフトで苦しんだ時代もあった。それでも「選手は育てるもの」という不動のポリシーを貫き、FA補強に否定的なスタンスを取った広島が、ドラフト指名で重視するのは投手なら〈1〉球速、〈2〉高身長、そして〈3〉人間性だという。素材としての評価はもちろん、「人間性」は松田オーナーがキーワードとしてよく用いる。チームのムードに一体感があるように見えるのは、この人間性が関係しているようだ。松田オーナーは4番に成長した鈴木の、あるエピソードを披露した。(特別取材班)

     ◆松田 元(まつだ・はじめ)1951年2月11日、広島県生まれ。66歳。慶大からルイス&クラーク大での米国留学を経て、東洋工業(現マツダ)入り。83年に球団入りし、取締役、オーナー代行を歴任。2002年7月に父・耕平氏の死去を受け3代目オーナーに就任した。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170920-00000029-sph-base

     リーグ優勝を決めた9月10日の巨人戦。広島のスタメンは全てドラフトで獲得した選手だった。FA制度で補強する球団に対抗しながら、自前で育成した選手で手にした勲章。松田元オーナー(65)、鈴木清明球団本部長(62)が「スカウトの力」を要因に挙げる。25年ぶりのリーグ制覇をいかにして成し得たのか、縁の下を支える男たちにスポットを当てたい。

     歴史的な歓喜の瞬間は、ホテルの一室で見届けた。次々に電話が鳴る。アマチュア関係者からの祝福に「これからもお願いします」-を添える。気の休まる間もない、次なる原石発掘の作業。真っ黒に日焼けしたスカウト陣の尽力なくして、悲願は成し得なかった。

     広島のドラフト戦略は一貫していた。1位指名は即戦力で戦える投手が中心。2位以下で野手を中心に、育成に主眼を置く。重視するのは肩の強さと走力、そして性格だった。外部からの「補強」ではなく、ドラフトでの「補充」。選手を財産と考え、スカウトには野球能力だけでなく、性格把握まで求めた。

     田村恵スカウト(40)は松山や安部、今村、大瀬良、中崎、戸田ら多くの主力選手獲得に尽力した。その田村スカウトが重きを置いてきたのは「伸びしろ」。高校生なら6、7年後、大学生は2、3年後に焦点を置き、「選手が24、25歳になった時の成長曲線を描く」と言う。中崎はドラフト6位で獲得。日南学園時代の球速は135キロ前後だった。

     「契約前にご両親には『数年後に必ず150キロ出る』と伝えた。笑われていましたけどね。性格は誰もが認めるところ。中崎には強さとしなやかさがあった」

     入団6年目の今季、最速153キロを記録した。無名の18歳は予測通りに才能を開花。積み上げた34のセーブなくして、優勝は果たせなかった。田村スカウトは言う。「キツい練習でも耐えられるかどうか。まず投げ方やフォームを見る。その成長速度に関わってくるのが性格。安部、松山にしてもそう。下積みで流した汗や涙は裏切らない」。広島伝統の猛練習に耐えられる素材か、どうか。「大瀬良も中崎も戸田も、もっと成長できる。現状で満足してもらっては困る」と背中を押す。

     松本有史スカウト(39)は、岩本に菊池、堂林らを獲得した。菊池、堂林は2位指名。菊池は中央球界で無名で、球団内にも疑問視する声はあった。「走攻守の3拍子じゃない。肩も含めてキクには4拍子ある、と。入れば活躍する自信もあった」。球団が個々のスカウトの声に耳を傾ける度量も大きかった。

     松本スカウトが重視したのは野球センス。「捕球の柔らかさや、スナップなどはセンス。その上で同じような選手なら、足の速い選手を獲ろうと」。菊池も鈴木も獲得する上で、比較選手より足が速かった。肩が強かった。菊池は中京学院大1年から、堂林は中京大中京1年から学校に通い詰めた。「惚(ほ)れたら惚れ抜け」-は、球団スカウトの合言葉だ。

     アマチュアでは無名だった男が12球団No.1の守備力を持つ選手にまで、その才能を開花させた。田村スカウトが獲得した大瀬良らも同様。ドラフトで希望枠制度が撤廃された今も足を使い、選手に姿を見せることで信頼関係を築く。「カープに入りたいな」と思わせることが、後の活躍につながると信じている。

     苑田聡彦スカウト統括部長(71)は言う。「今でも他球団のスカウトと、選手の評価は絶対にしない。自分の目をどれだけ信じるか」。だからこそ足を使う。「いいも、悪いも全てを見る。野球は一つの球を追っ掛けるスポーツ。思いやりのない人間が、この世界で生きてはいけない」。確かな眼力と、足を使い続ける努力。情報化社会でも不変の強さがここにある。選手の努力と同じように、スカウトが流した汗と涙も、裏切らなかった。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161001-00000009-dal-base

    このページのトップヘ