広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    町田公二郎

     巨人から広島に移籍した長野久義外野手(34)が23日、マツダスタジアムで入団会見を行った。巨人にFA移籍した丸佳浩外野手(29)の人的補償として加入。マツダスタジアムを「すごくいいイメージ」と表現した。


     (記者の囲み会見。問わず語りで)

     「こんなに囲まれるの、最初で最後なんで…。人前に出るのが苦手で、すごい緊張しましたし、できればやりたくないですね」

     ―人的補償で移籍。複雑な気持ちは。

     「いや、そういうのは全然なかった。最初に(移籍発表時にコメントとして)言った通り、強いチームに選んでいただいて光栄。頑張るぞという気持ちでした」

     ―若い選手とともに成長できるか。

     「ホントに若い選手がいっぱいしますし、勢いのある選手が多い。話を聞いてみたいです」

     ―自信はあるか。

     「自信? いやあ、聞かないでください…。(しばらく間を置いて)頑張ります」

     ―ホーム球場のイメージは。

     「僕、初本塁打もマツダ(10年4月4日)でしたし、最初のヒーローインタビューもマツダ。すごくいいイメージですし、大好きな球場なんで楽しみです」

     ―巨人時代にマツダの大声援をどう感じたか。

     「僕、ライトなので、一番近く(鯉党の)すぐ後ろだったんで。すごい声援でした。大きな声援をもらえるように頑張ります」

     ―開幕戦で巨人と対決。

     「もう、楽しみです。対戦するのが、すごく」

     ―ノミ(飲み)ニケーションを楽しみだという選手もいるが、戦々恐々としている選手もいる。

     「とにかく石原さんが酒に強いので、それは僕もビビってます(笑い)」

     ―アマ時代に日本代表の対外試合で「ホームラン打ってくるわ」と予告して本塁打を放ったと野村が証言している。開幕戦でもあるか。

     「言ってないと思いますよ(笑い)。いやあ(開幕戦の相手は)智之(菅野)ですからね、ちょっと厳しいな。でも頑張ります。出られるようにね」

     ―背番号は5と9から5を選んだ。

     「野間君が入った時に松山君から番号(37番)を譲り受けたと聞いてますし、(現役時代に背番号37と9を背負った)緒方監督の思いも知ってました。それは、僕なんかより、生え抜きのこれからの選手が着けるべきだと思います。そういう思いで5番にしました」

     ―背番号5のイメージは。

     「5番に対する思い入れ? いやあ、僕がジャイアンツに入ったとき、今の(DeNA)ラミレス監督が5番だったイメージですかね。あとは栗原さん。(しばらく間が空いて)…町田さん(笑い)」

     ―カープの歴史も勉強しているようだ。

     「いや、これから勉強します」

     ―赤いネクタイ。

     「この前、買いました。買ってる時に『あいつ(赤い)ネクタイ買ってるよ』と思われたんですよ。このために買ったと思われてます。赤なんか、したことなかった。そもそも黒か白かグレーとかしかTシャツも着ない。初めて(赤いネクタイを)つけました」

     ―松田元(はじめ)オーナーからメッセージは。

     「気をつかわないで頑張ってくれ、と言っていただきました」

     ―道具も赤にするか。

     「いや、ないです。ジャイアンツのときもオレンジを使ってなかったんで。赤…、う~ん考えます。これから」

     ―丸は巨人ナインにカープ情報を授けると言っていた。広島ナインに情報を教えるのか。

     「もちろん。僕が持ってる情報だったり、いろんなことは全て伝えたいなと思います。聞かれればですけどね。あまり最初から偉そうに言うのもアレなんで…って丸君も言ってましたよね(報道陣爆笑)」

     ―若いナインは緊張している。

     「全然気をつかわないで、どんどん声をかけてほしいですね」

     ―巨人・阿部が「長野が練習する男だったらどんな選手になっていただろうか」と発言。

     「さっき(練習できますと)訂正しましたよね。みなさん書いといてください(笑い)」

     ―米ロサンゼルスでの自主トレはどうだったか。

     「秘密ですよ、そんなもん(笑い)」

     (最後に)

     「一斉に(報道陣の)名前を覚えるのは無理なんで、趣味とか特技とか名刺渡すときに言ってください」



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190123-00000079-sph-base

     広島・小窪哲也内野手(33)は30日、マツダスタジアムで契約更改を行い、200万円減の年俸3100万円(金額は推定)でサインした。

     今季は、打率・308。それでも、主に代打として出場は17試合に限られ、「中々、1軍に上がれない中で…。もっと1軍で試合に出て貢献したい」と雪辱を誓った。(金額は推定)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181130-00000154-spnannex-base

     広島が12日、マツダスタジアムで社会人チームの三菱重工広島と練習試合を行い、11-0と前日のJR西日本との練習試合に続いて大勝した。

     投げては先発野村祐輔投手(28)が丁寧な投球で6回3安打無失点に抑えると、打線は丸佳浩外野手(28)とサビエル・バティスタ内野手(25)の2試合連続本塁打など3本塁打を含む14安打11得点。順調な調整ぶりをうかがわせた。

     2試合連続本塁打、複数安打を記録したバティスタは「いい練習ができているので、試合でもアピールできたと思う」とポストシーズンでのスタメン奪取に自信をのぞかせた。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171012-00026423-nksports-base

     「都市対抗中国第1代表決定戦、三菱重工広島3-2シティライト岡山」(8日、東広島運動公園)


     プロ野球広島、阪神で活躍した町田公二郎監督が指揮を執る三菱重工広島(広島市)が3-2でシティライト岡山(岡山市)に逆転勝ちし、2年ぶり16度目の本大会出場を決めた。

     町田監督は選手から3度胴上げされ、目を潤ませた。「昨年は悔し涙で、今年はうれし涙。選手が強い心で、しっかりと代表の座をつかみ取ってくれた」と感激に浸った。

     監督就任1年目の15年は本大会でチームを19年ぶりとなる4強へ導いた町田監督だったが、昨年の中国予選では悪夢を味わった。第1代表決定戦まで進みながら、そこから悪夢の連敗を喫して代表の座を逃した。あれから1年。同じ過ちを繰り返すわけにはいかなかった。

     シティライト岡山と力のこもった試合となった。しかし、六回に1点を勝ち越され、嫌な空気がベンチに漂い始める。そんな中で飛び出したのが5番・松原の起死回生の一発だった。七回、一塁に左前打で出塁した国本を置いて右翼ポールを巻き込むように逆転2ランを放った。

     「これまで大事な試合で打てず、ずっとチームに迷惑をかけていたが、やっと勝利に貢献するバッティングができました」。この日は妻と2歳になる娘がスタンドに観戦に訪れていた。家族の前で頼もしいパパの姿を見せられた松原は満面に笑みを浮かべた。

     この1点のリードを、先発・鮫島から新人左腕・伊藤の好継投で守り抜いた。勝利が決まると、選手全員がマウンド付近に駆け寄り、抱き合って喜びを分かち合った。駒大から加入した伊藤は最優秀選手賞も獲得し「自信になります。社会人野球は大学よりもレベルも高く、今大会ではいい経験を積むことができた」と喜びをかみしめた。2年ぶりの本大会出場に鮫島は「やっとスタートラインに立つことができた。この2年間で得たものを東京ドームで発揮できれば」と意気込んだ。

     町田監督は「昨年の敗戦から、わずか1年でしっかりと結果を残してくれた。選手の成長を感じる」と目を細めた。本大会へ向けては「選手それぞれが自分の役割を果たしてほしい。野手なら打つべきボールをしっかり打つ、投手なら打者を抑えるボールをしっかりと投げる。そういう戦いをしていくことが大事。やる以上は一番上を目指す」と、1979年から遠ざかっている優勝を見据えた。


    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/2017/06/08/0010266365.shtml

    このページのトップヘ