広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    畝龍実

     広島の畝龍実1軍投手コーチが9日、広島市安佐南区で行われた「第17回八木ソフトボールクラブ野球教室」に参加。辻空投手、庄司隼人内野手、美間優槻の3選手と集まった、小学生233人の講師役を務めた。

     畝コーチと辻はキャッチボール、ノックを担当。下半身を主導とした投げ方や捕球方法を伝えた。同コーチは「ユニホームを着た選手を見たら自分もプロへという意識が湧いてくるのではないな。ふれ合うということが一番大事だと思う」と話した。

     素振りやティー打撃を野手の庄司、美間が指導。一人一人、丁寧にスイングをチェックし、アドバイスを送った。美間は「いいね。ナイスバッティング」と笑顔で子どもたちに声をかけ、「楽しい時間が過ごせました」と交流を楽しんだ。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171209-00000079-dal-base

     広島は6日、来季のコーチングスタッフを発表した。

     先日、コーチ就任が発表された広瀬純外野守備走塁コーチは1軍に、石井琢朗コーチが抜けた打撃部門は15年以来、3年ぶりに2人体制となる。
    【1軍】

    ▽監督 緒方孝市(48=鳥栖) 背番号79

    ▽ヘッド 高信二(50=東筑) 71

    ▽内野守備走塁 玉木朋孝(42=修徳) 90

    ▽外野守備走塁 広瀬純(38=法大) 75

    ▽打撃 東出輝裕(37=敦賀気比) 72

    ▽同 迎祐一郎(35=伊万里商) 91

    ▽投手 畝龍実(53=専大) 78

    ▽同 小林幹英(43=専大) 73

    ▽バッテリー 植田幸弘(53=南部) 84

    【2軍】

    ▽監督 水本勝己(49=倉敷工) 89

    ▽外野守備走塁 永田利則(56=広島商) 85

    ▽内野守備走塁 山田和利(52=東邦) 80

    ▽打撃 朝山東洋(41=久留米商) 83

    ▽同 森笠繁(41=関東学院大) 92

    ▽投手 佐々岡真司(50=浜田商) 88

    ▽同 沢崎俊和(43=青学大) 87

    ▽バッテリー 倉義和(42=京産大) 76

    【3軍】

    ▽統括 浅井樹(45=富山商) 82

    ▽投手 菊地原毅(42=相武台) 86

    ▽同 青木勇人(40=同大) 93
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171106-00046363-nksports-base

     37年ぶり2度目の連覇を成し遂げた広島は、26年ぶりに2軍とともに“兄弟優勝”を達成した。2軍は7日、宮崎市の宮崎サンマリンスタジアムで元広島2軍監督の内田順三2軍監督が率いる巨人とファーム日本一をかけて戦う。2軍の命題でもある「育てながら勝つ」を実践した水本勝己2軍監督は、就任2年目で1軍へ選手を供給しながらウエスタン・リーグの頂点に立った。

     「ファームが優勝したということは結果的にもいいこと。そういった部分ではいい1年間だったのではないかな」

     1軍での選手実績は皆無だが、持ち前の指導力でチームを優勝に導いた。故三村敏之元監督を慕いブルペン捕手からコーチ補佐、3軍統括コーチに2軍バッテリーコーチから2軍監督となったのは有名な話。プロの選手として実績がないことがクローズアップされているが、アマチュア球界ではプロ野球選手の例に漏れず名をはせた。

     もう30年以上前の話である。1986年夏、高校野球岡山大会の決勝・岡山南戦で倉敷工の主砲は右翼席に本塁打を放った。水本2軍監督は「カーブを狙って打った」と今も鮮明に覚えていた。倉敷工の18年ぶり7度目の甲子園出場に強打の捕手として貢献した。

     この年は群雄割拠の岡山高校球界だった。3年生にはのちにプロ入りした選手が5人もいた。岡山理大付には86年度ドラフト2位でロッテに指名された森広二投手、関西には阪神からドラフト6位指名された関西・真鍋勝己投手。2投手ともプロでは大成できなかったが、真鍋は今もNPB審判員として活躍している。

     そして岡山東商には社会人・川崎製鉄水島を経て経て89年度ドラフト2位で巨人に入団した吉原孝介捕手、倉敷工が決勝で破った岡山南には90年度のドラフト外でダイエー(現ソフトバンク)に入団した岡山南・坊西浩嗣捕手がいた。水本、吉原、坊西の3人は、捕手三羽がらすとして岡山球界では有名な存在だった。

     坊西の岡山南は、この年のセンバツ大会でベスト4に入っていた。水本は甲子園で開幕日の第3試合で後に巨人に入団する川辺忠義投手率いる秋田工に1-11で敗れ、早々に姿を消した。卒業後は社会人野球の名門・松下電器(現パナソニック)に入社。ここでは89年度ドラフト1位で西武に入団した潮崎哲也投手(現西武コーチ)とバッテリーを組んで3年連続で都市対抗野球に出場した。

     高校、社会人と名門を歩んだ水本は、高校の先輩でもある当時広島のコーチを務めていた片岡新之介コーチ(現MSH医療専門学校監督)を頼ってテストで広島に入団した。

     アマ時代まで順風満帆だった野球人生もプロでは2軍でわずか39試合、2年の選手生活だった。ちょうど26年前、福山・みろくの里神勝寺球場で故三村敏之2軍監督が胴上げされた年に現役を引退した。

     プロ野球選手として花を咲かせることはできなかったが、プロ入りまではエリートコースを歩んだといっていい。現役を引退した年以来にファームの優勝。これも何かの縁かもしれない。

     ファーム選手権を前に「イースタンのレベルも分かるし、自分たちがどのレベルにいるのかも分かる。とてもいい経験になるので、やるからには当然、全力を尽くす。巨人2軍監督は内田さんなので、選手の成長した姿を見せられたらいい」と語った。宮崎の地で水本ヤングカープがどのような結果を出すか注目だ。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171007-00000035-dal-base

     「広島4-5ヤクルト」(16日、マツダスタジアム)

     思わず天を仰いだ。あとアウト一つ、ストライク一つの状況から、痛恨の一打を許してしまった広島・薮田和樹投手。優勝が懸かった一戦のマウンドを託されたが、6回2/3を4失点と踏ん張り切れず。歓喜の瞬間と巨人・菅野に並ぶハーラートップタイの15勝目はお預けとなった。

     「これも野球なので、次また頑張りたい。いい経験になった」

     悔やまれるのは2点リードの七回だ。2本の長短打などで2死二、三塁のピンチを招き、代打・大松を迎えた。2球で追い込み、捕手のサインに首を振って選択したシュート。バットの芯は外したが、一、二塁間を破られる同点の2点適時打。ここで交代が告げられた。

     今季は勝ち頭としてチームを引っ張っている広島出身の右腕。幼少期から旧市民球場に足を運び観戦していたが、地元での優勝を味わったことはない。そのチャンスを自らの手で導く機会を得たが、つかみ切れなかった。

     緒方監督は「初めての雰囲気だったからね。立ち上がりはいまひとつだったが、中盤は修正できていた」と責めることはなかった。畝投手コーチも「全体的にはよかった」とし、「(七回は)投げ切ってほしかった」と振り返った。

     リーグ連覇のゴールテープまで、あと少し。最後まで気を緩めることなく、薮田は腕を振る。
    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/09/17/0010561621.shtml

     「ヤクルト2-9広島」(3日、神宮球場)

     広島打線が復調の兆しを見せ、ヤクルトに3連勝を決めた。石井琢朗打撃コーチによるアンダースロー山中対策がズバリはまり、二回に松山竜平外野手、会沢翼捕手の本塁打で逆転した。5日からは本拠地マツダスタジアムで2位阪神との3連戦。この日、阪神が敗れ、6・5ゲーム差に広がったが、リーグ連覇へ油断なし。元気を取り戻した鯉が虎を一気に突き放す。

     広島にとっては今年最後の神宮球場。応援歌「宮島さん」の大合唱が鳴り響いた。「ワッショイ!ワッショイ!」の大きな歌声の中、ナインは笑顔で球場を後にした。低調気味だった赤ヘル打線を“石井マジック”が呼び覚ました。

     試合開始3時間前、プロで勝利投手になったこともある石井打撃コーチがマウンドに立っていた。この日の先発はアンダースローの山中。前回苦戦した右腕のリベンジに燃え、松山、会沢、野間、西川相手にフリー打撃の投手役を自ら買って出たのだ。山中そっくりの下手投げで気持ちを込めて投げ続けた。

     特訓の成果は1打席目に出た。1点を追う二回、4番に座る松山が右翼席へ10号ソロ。1死一塁から7番会沢が左翼ポール際へ4号2ランを放り込んだ。

     2人は石井コーチへ感謝、感謝だ。松山は「練習通りいいポイントで打つことができました。今日のホームランは琢朗さんのおかげです」。会沢も「練習通り、前のポイントでしっかり振り抜くことができました」と成果を強調した。会沢は六回にも5号ソロを放ち自己最多シーズン94試合出場を自ら祝った。

     試合後、2人のコメントを伝え聞いた石井コーチは「それはうれしいね」とニッコリ。「僕どうこうより結果を出してくれたことがうれしい」。体を気遣われると、「大丈夫、大丈夫」と繰り返し、心配を吹き飛ばした。

     ヤクルトに3連勝し、今回の東京遠征6連戦は4勝2敗と上々だ。東京ドームで巨人に2連敗し、虎の足音も聞こえ始めていたが、神宮で嫌なムードを払拭。再び赤ヘル打線に復調の兆しが見えた。

     2位阪神とは6・5ゲーム差。5日からはマツダスタジアムで直接対決だ。今季の対戦成績は10勝9敗1分けとほぼ互角。シーズン終盤、いよいよ勝負の3連戦となる。

     それでも緒方監督は「相手どうこうは関係なく、今まで通り我々の野球を一戦一戦やっていくだけ」といつも通りの言葉。歓喜のゴールテープへもう足踏みはしない。一気に虎を突き放す。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170904-00000035-dal-base

     「阪神5-9広島」(18日、甲子園球場)

     広島のジェイ・ジャクソン投手が不安定な投球を露呈した。

     9-3の九回から登板。先頭の鳥谷に左前打を浴びると、続く糸原には四球を与え、ピンチを広げた。暴投などもあり2点を失い、2死一塁で上本を打席に迎えた場面で交代を告げられた。

     0/3回2安打1四球2失点に「リズムに乗りきれなかった。自分の球は投げ切れたけど、失点してしまった。それが改善点」

     畝投手コーチは今後の起用について「点差がある楽な場面で投げてもらう」と話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170718-00000156-dal-base

     ◇日本生命セ・パ交流戦 広島4―7ソフトバンク(2017年6月18日 マツダ)

     広島は球団初の交流戦最高勝率の座を逃しても、昨年の勝率・647(11勝6敗1分け)を上回る過去最高・667(12勝6敗)で終え、緒方監督は「我々の野球ができた。1位にはなれなかったけど、自信を持っていいと思う」と前を向いた。

     先発の中村祐がプロ最短の1回2/34失点でプロ初黒星。サファテから2点を返した9回の反撃及ばず、最終決戦に敗れた。「相手の抑えから、あきらめることなく点を取ってくれた」。粘りをたたえた緒方監督は2位の阪神を本拠地で迎え撃つ23日からのリーグ戦再開へ手を打った。

     4試合連続で失点したジャクソンの配置転換だ。畝投手コーチは「今のままで8回を任せるのは苦しい。元のポジションを競争の中で取り戻してほしい」と説明。1軍に残して復調を促す方針で、代わって中崎を8回のセットアッパー、好調の中田や一岡を7回に当て込むことを決めた。交流戦終了時点での貯金16は昨季11を上回るペース。目指す連覇へ歩みは止めない。 (柳澤 元紀)

     ▼広島・加藤(中継ぎで1軍復帰。9回に登板し、最速153キロを記録し3者凡退)自分が投げたいようなフォームで投げられた。後はないと思う。自分の力を出し切らないといけない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170619-00000027-spnannex-base

     自滅だった。

     1日の西武戦に先発した岡田明丈(23)。2点リードの四回、先頭の秋山と2番の源田に連続四球を許すと、続く浅村には死球を与えて無死満塁。併殺打の間に1点を返され、栗山の中前打で同点に追い付かれた。岡田は五回にも2点を奪われ、広島の連勝は7でストップした。

     敗因のひとつは四回の3者連続を含む5つの与四死球だ。完投負けの岡田は「(四回は)先頭を出したところで力んでしまった。修正して次に生かせたら」と下を向いた。

     1日現在、セの首位にいる広島の不安要素のひとつは、与四死球数の多さだろう。目下、リーグワーストの「213(敬遠を除く)」。これに頭を抱えた畝投手コーチは5月初旬に監督、コーチ、投手陣を集めて緊急ミーティングを開いたという。

    「四球は交流戦に入っても気を付けないといけない部分。技術うんぬんというよりも、四球数がリーグワーストだからという数字が先にあるので、自分が抑えなきゃという気持ちが空回りしてしまっている。精神的な部分が大きいので、そこをケアしながらやっていかないといけない。バッターが打ってくれる分、助かっているところもあるので、(点が取れないときに)自滅という形は避けないと」とは畝コーチ。

     打線が2点しか取れなかった昨夜は、図らずも「四球で自滅」という弱点を露呈した格好だ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170602-00000022-nkgendai-base

    このページのトップヘ