広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    畝龍実

     広島は29日、育成ドラフト3位の畝章真(うね・たかまさ)投手(24)=四国IL香川=に高松市内の同球団事務所で指名あいさつを行い、支度金290万円、年俸300万円で仮契約を結んだ。

     サラブレッドながら“雑草派”だ。父は今季まで広島1軍投手コーチを務めた同OBの畝龍実氏(55)。しかし内野手だった広島新庄高では3年間を通して公式戦でベンチ入りできなかった。しかし引退前後に「父も投手だったんだから、俺もやってみよう」と投手に転向。自ら名古屋商大のセレクションを受験して合格し、3年秋のリーグ戦で公式戦初マウンドを踏むまでに成長した。

     昨春、四国IL香川入り。投手転向から昨年までスリークオーター右腕だったが、また“転向”した。NPBで通用する一芸を求めて、今年の後期シーズンからアンダースローに近いサイドハンドに変えたのだ。西武・潮崎(現西武編成ディレクター)、ヤクルト・高津(現ヤクルト監督)の画像に見入り、シンカーを習得。母・深雪さん(55)には試合動画の撮影をお願いし、現役時代は左サイドだった父に見てもらい、アドバイスを求めた。「これはダメだ」「もっとこうすべきだ」というスマホ越しの金言に耳を傾けた。

     その父は来季から育成選手らを指導する3軍統括コーチに就く。それでもジュニアは「自分で区別しないといけない。父ではあるがコーチ。いち選手として扱ってもらう」と無用の甘えを断ち切るつもりだ。父は故障に悩まされ、プロでは7試合の登板に終わり、白星を挙げることはできなかった。「父の強い思いを引き継いで、応えたい。1軍で登板を果たして、白星も飾りたいです」。まずはファームで結果を出し、支配下登録を勝ち取る。そして親子鯉2代の悲願をかなえる。

     ◆畝 章真(うね・たかまさ)1995年9月9日、広島市安佐北区出身。24歳。口田小3年から口田育成会ソフトボールクラブで三塁手としてソフトボールを始め、口田中(野球部)、広島新庄高、名古屋商大を経て2018年に四国IL香川入り。最速142キロの直球を軸に、スライダー、カットボール、フォーク、シンカー、ツーシームを投げ分ける。右投両打。177センチ、83キロ。家族は両親と弟。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191029-00000152-sph-base

     広島・畝龍実投手コーチが19日、長男・畝章真投手(四国ILp・香川)のドラフト指名に喜びを口にした。


     17日のドラフト会議で広島の育成3位となり、電話で「おめでとう」と祝福の言葉を送ったという。「根気強くやってここまで来たと思う。決まったからと言って練習をおろそかにするのはダメ。準備して(新人合同)自主トレについてこられるように」と話した。

     章真は7種類の変化球を操る右腕で、18年に名古屋商科大から香川に入団。今季は24試合に登板し、5勝5敗、防御率3・28だった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191019-00000092-dal-base

    ◆ 注目集まる“ポスト緒方”の行方

     セ・リーグ4連覇を逃し、最後の最後で阪神にまくられてリーグ4位に終わった2019年の広島。セ・リーグの全日程が終了して4位が確定した翌日の10月1日、5年間チームを率いてきた緒方孝市氏は監督の座から退くことを発表した。


     2015年に前任の野村謙二郎氏からチームを引き継ぎ、2016年に25年ぶりのリーグ優勝を達成。そこから3年連続でリーグ制覇を成し遂げた。この期間は憎らしいほどの強さを発揮してセの他球団を圧倒。ちなみに、リーグ連覇は37年ぶり、3連覇は球団初の快挙だった。


     V逸に加えてのBクラス転落ということもあって、早々にチームの立て直しに動き始めた広島。やはり注目が集まるのは“次の監督”というところになるが、こちらも想像以上に早期決着を果たすかもしれない。

     4日、複数のメディアが佐々岡真司投手コーチに監督就任への要請があったことを報道。本人からのコメントも出ており、数日中にも結論が出るのではないか、との見方もある。ネット上では様々な後任候補の予想や希望が挙がっていたが、これで佐々岡氏が一躍“最有力候補”へ躍り出た。


    ◆ “投手出身監督”誕生なら球団53年ぶり!?

     広島の歴代監督を振り返ってみると、驚くほどに野手出身の監督が多い。そこであらためて振り返ってみると、1950年の球団創設以降、投手出身の監督は2人しかいなかったことが分かった。

     まず一人目は創設元年、初代監督に就任した石本秀一。1972年には野球殿堂入りも果たしている人物で、プロ野球計6球団で監督を務めた経歴を持つ名指導者だった。

     そして二人目が、1965年の途中から今で言う“監督代行”のような形で監督に就任した長谷川良平。170センチに満たない身長ながら広島一筋14年で通算197勝を挙げた球団を代表する大投手で、監督としては計3シーズン戦い、2年目の4位というのが最高成績だった。

     なんと、この長谷川を最後に、広島に投手出身の監督は出てこない。もし、佐々岡氏が来季の監督に決まれば、球団70年目にして史上3人目、実に53年ぶりの“投手出身監督”となる。

     約半世紀ぶりの人事は実現するのか…。今後の動向から目が離せない。


    ◆ 広島・歴代監督
    石本秀一(1950~1953途)=【投手】
    白石勝巳(1953途~1960、1963~1965途)=内野手
    門前真佐人(1961~1962)=捕手
    長谷川良平(1965途~1967)=【投手】
    根本陸夫(1968~1972)=捕手
    別当 薫(1973)=外野手
    森永勝也(1974)=外野手
    ジョー・ルーツ(1975途)=内野手
    古葉竹識(1975途~1985)=内野手
    阿南準郎(1986~1988)=内野手
    山本浩二(1989~1993、2001~2005)=外野手
    三村敏之(1994~1998)=内野手
    達川晃豊(1999~2000)=捕手
    マーティ・ブラウン(2006~2009)=外野手
    野村謙二郎(2010~2014)=内野手
    緒方孝市(2015~2019)=外野手



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191004-00204902-baseballk-base

     「広島4-6ヤクルト」(16日、マツダスタジアム)

     広島のジョニー・ヘルウェグ投手が1/3回を無安打無失点だった。

     1点を奪われて迎えた八回2死三塁から登板。代打のバレンティンを内角へのツーシームで投ゴロに打ち取った。「アドレナリンがすごく出た。感覚はすごく良かったよ」

     開幕カード以来の登板。シーズン残り試合やその先にあるCSを見据えた場合、救援陣の選択肢を増やす意味でも大きな戦力となる。佐々岡投手コーチは「球に力があった。右打者のときに起用したい」と期待を寄せた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190916-00000117-dal-base

    【赤ペン!!赤坂英一】「いまの大瀬良はエースの自覚十分ですよ。投手陣のみんなを背中で引っ張り、立派に黒田の後釜を務めていると思う」

     今季、ベンチからブルペン担当になった広島・畝投手コーチが、改めて大瀬良を評価している。ハーラートップの6勝(2敗)、リーグ2位の防御率2・00という成績もさることながら、「ほかの投手や後輩の面倒も見ていますから」と言うのだ。「今年、2年ぶりに復帰した床田にも、大瀬良のほうからアドバイスしているそうですよ。試合での配球からふだんの調整法まで、あれこれ教えてやっているらしい。床田はシーズン通して投げるのは初めてで、5月以降は少し調子を落としていました。そういう中で、大瀬良のような先輩から助言をもらえるのは非常にありがたいはずです」

     振り返れば、大瀬良も最初のころは様々な先輩から手取り足取りされていたものだ。新人だった2014年、広島のエースは現在ドジャースで活躍中の前田。当時、「チームマエケン」という若手のグループをつくり、大瀬良を引き入れてプロでの調整法を教えていた。

     ただし、前田はカープ伝統の投げ込みを否定。私の取材にも、「球数をたくさん投げる練習にはいいことは一つもない」と明言していた。だからかどうか、1年目のキャンプで大瀬良が投げたのは一日最多で約50球。これに対し、今年からメインの一軍投手担当となった佐々岡コーチは、キャンプでの投げ込みを重視。「100球までは肩慣らし」がモットーで、1日に300球以上投げ込む日をつくっていた。

     投げ込み不足が響いたのか、大瀬良は2年目の15年以降、不振で中継ぎに転向し、16年は右ヒジも故障。そんな苦境にあっても、精神的支柱の黒田に助言を仰ぎ、ツーシームの使い方や新たなフォームを模索していた。

    「大瀬良もいろんな経験をしたから、昨年は先発投手のキャプテンに指名しました。これからは、おまえが投手陣の先頭に立って頑張れという期待を込めてね。その経験が少しでも役に立っていれば、ぼくもうれしい」と畝コーチ。そういう責任感もあってか、大瀬良は昨季15勝で最多勝のタイトルを獲得した。

     今年のキャンプでは佐々岡コーチの指導の下、1日約130球の投げ込みを敢行。いまの大瀬良は、かつて広島を支えたエースたちのレガシーをしっかり継承している。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190612-00000008-tospoweb-base

     広島の一部先発投手が25日、マツダスタジアムで練習したが、コンディション不良のため23日のソフトバンク戦(ヤフオクD)の登板を回避したクリス・ジョンソン投手(34)は姿を見せなかった。


     この日、球場で調整したのは野村、大瀬良、岡田、床田の4投手。ブルペンで107球を投げ込んだ床田は「きょうジョンソンが来ないことを、僕も知らなかった」と、24日は通常通りの練習メニューをこなしていた米国人左腕の不在に困惑の表情を浮かべていた。

     畝龍実投手コーチ(54)は報道陣の問いに「僕は何も言わない」とだけ答えて帰りのタクシーに乗り込んだ。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190325-00000137-sph-base

     「広島紅白戦、紅組4-1白組」(16日、コザしんきんスタジアム)

     広島・佐々岡真司投手コーチが紅白戦で、1軍投手コーチ就任後初めて試合中のマウンドへ向かった。

     白組の九里がマウンドに上がった四回。2死一、二塁で上本に2点適時三塁打を浴びると、続く船越には四球を与え2死一、三塁。ここで佐々岡コーチはマウンドへ歩み寄った。

     「『しっかり打ち取れ』と言った。(2イニング予定で)途中で降りるのは不細工だから。(シーズンの)予行練習もあるけどね」。九里は直後の田中広を見逃し三振に抑え、この回の追加点を許さなかった。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190216-00000120-dal-base

    あるぞ、島内1軍キャンプ! 広島畝投手コーチが新人合同自主トレを初視察し、ドラフト2位・島内颯太郎投手(22=九州共立大)の調整具合に太鼓判を押した。



    キャッチボールを見守り「フォロースルーがマエケン(ドジャース前田)みたい」と高評価。1、2軍振り分けについては「分からない」としたが、17日のスタッフ会議で抜てきされる期待が高まった。島内も「1軍でやりたい」と意気込んだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190114-00445603-nksports-base

    広島ドラフト5位・田中法彦投手(18=菰野)が、新人一番乗りでブルペン入りした。

    トレードマークの濃いまゆ毛ばかり目立っていたが、野球でもアピール。大野練習場の屋外で立ち投げし、ストレートを約30球投じた。「7割くらいで投げました。久しぶりなんで、指にかかったり抜けたりした」と苦笑い。畝投手コーチは「いい球を投げていた。しっかり体もつくれていた」と話した。





    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190113-00445624-nksports-base

    このページのトップヘ