広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    畝龍実

     キャンプ中盤から、広島のドラフト1位・加藤(慶大)の評価が急上昇している。武器は威力のある直球だ。足を高く上げ、勢いよく右腕を振り下ろす。ダイナミックなフォームは威圧感たっぷり。だがキャンプ序盤まで評価が分かれていた。ブルペンで球威はあるものの、制球にばらつきが見られたためだ。


     そうした中、畝投手コーチは「低めへの直球」に活躍する可能性を感じていたという。多少制球に難があっても、低めへの直球はズバッと決まる。「これはやるかも」と、予感めいたものがあったそうだ。その期待通り、右腕は実戦登板で期待に応えていく。

     実戦初登板した13日・紅白戦(日南)では同級生・鈴木のバットを剛球で粉砕。続く19日・紅白戦(日南)はボール先行の場面でスライダーを投じてカウントを整えるなど、新たな一面を披露した。同試合で鈴木を空振り三振に斬った球種も、フォークだった。

     「変化球でカウントを取れたら真っすぐが生きる。真っすぐ待ちのバッターはバットを振れなくなる」

     19日の試合後、他球団のスコアラーは口をそろえた。緒方監督も、「低めへの直球が良かった」と評価した。対外試合初登板初先発した24日・ロッテ戦(コザ)も2回無失点。三者連続三振を奪うなど、登板を重ねる度、マウンドで強烈な印象を残している。

     ルーキーらしからぬ堂々たる態度も、右腕の持ち味だ。安仁屋臨時投手コーチは「強気な子」と表現。チーム宿舎のホテルで一緒に食事したこともあり、「ひょうきんなところもあるんだ」、「一風変わっているけど、聞く耳は持っているよ」とルーキーをかわいがっているようだ。

     いよいよ開幕ローテが視界に入ってきた。今キャンプのテーマは“ポスト黒田”探しに他ならない。加藤に負けじと、ドラフト3位・床田(中部学院大)も好投を続けている。畝投手コーチから「投球術を持っている」と評価され、先発左腕不足に悩むチームにとって頼もしい存在だ。

     緒方監督はルーキー2人を「シーズンでも戦力になるという思いがある」と構想に入れ始めた。ルーキー2人がローテに食い込めるか。キャンプ後半からオープン戦にかけて、注目だ。(デイリースポーツ・杉原史恭) 


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170225-00000038-dal-base

     今季25年ぶりのリーグ優勝を達成した広島が2017年のコーチングスタッフを発表した。今季限りで引退した倉義和捕手が2軍バッテリーコーチ専任となる以外は今季と陣容は変わらず、来季V2を目指す。

    ここまで発表された2017年の各球団コーチングスタッフ一覧

     来季のコーチングスタッフは以下の通り。

    〇1軍
    監督 緒方孝市
    ヘッドコーチ 高信二
    外野守備・走塁コーチ 河田雄祐
    内野守備・走塁コーチ 玉木朋孝
    打撃コーチ 石井琢朗
    打撃コーチ 東出輝裕
    打撃コーチ 迎祐一郎
    投手コーチ 畝龍実
    投手コーチ 小林幹英
    バッテリーコーチ 植田幸弘

    〇2軍
    監督 水本勝己
    外野守備・走塁コーチ 永田利則
    内野守備・走塁コーチ 山田和利
    打撃コーチ 朝山東洋
    打撃コーチ 森笠繁
    投手コーチ 佐々岡真司
    投手コーチ 澤崎俊和
    バッテリーコーチ 倉義和

    〇3軍
    統括コーチ 浅井樹
    投手コーチ 菊地原毅
    投手コーチ・強化担当 青木勇人


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161124-00010010-fullcount-base

     広島の「2016カープファン感謝デー」が23日、マツダスタジアムで行われた。

     トークショーでは、異例のコーチ陣も登場。畝投手コーチ、石井打撃コーチ、河田外野守備走塁コーチがマイクを握った。河田、石井コーチはお互いを「ドSコーチ」と呼び合うなど爆笑を誘った。

     25年ぶりの優勝の礎を築いた3人のコーチ。秋季キャンプでも「ドS」は健在だったようで、河田コーチが「琢朗がずっとバットを振らせていた。まだ、振らせるのか、というくらい振らせていましたからね」と明かした。畝コーチも「僕はもともと優しいんですが、ノックをずっと打ってドSになりかけましたよ」と笑った。

     最後は石井コーチが河田コーチにカラオケをむちゃぶり。実現はしなかったが、選手だけでなく、コーチ陣の結束も明らかになる形となった。


    引用元 http://www.nikkansports.com/baseball/news/1742051.html

     それも投手の「仕事」のひとつだ。6日、広島の野村祐輔(27)が一歩間違えればポストシーズン絶望という“惨事”の主役となった。

     JR西日本との練習試合で、五回から2番手投手として登板。先頭打者のライナー性の打球を首筋に受け、その場にうずくまったのだ。

     これには広島の選手、首脳陣も騒然。畝投手コーチが、おっとり刀でベンチを飛び出すなど、マツダスタジアムは緊張感に包まれた。幸い、野村は軽症。自らの足でベンチ裏に下がり、病院に行く予定もないという。

     それにしても、CSを目前にしながら、エース右腕のまさかのアクシデント。仮に顔面ならば、そうでなくとも首筋は人間の急所だ。軽症で済んだのが幸運と言うべきだろう。

     このピッチャー返しで、野村も改めて守備の重要性を思い知ったのではないか。投手は「9人目の野手」。ボールを投げ終えた時点で、野手として打球に備えなくてはいけない。にもかかわらず、近年はピッチング後にバランスを崩す投手が多い。野村がそうだとは言わないが、彼らの大半は「いかに強いボールを投げるか」しか念頭になく、守備は二の次、三の次なのだ。

     評論家の山崎裕之氏もかつて日刊ゲンダイの対談で、「名球会の投手の中で、投げ終わった後にバランスを崩す投手なんていなかった。守備の下手な今の投手は危険です」と、警鐘を鳴らしていた。

     野村は「首への打球は授業料」と、前向きに捉えた方がいい。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161007-00000022-nkgendai-base

     広島は27日、右腰の違和感で出場選手登録を抹消された守護神の中崎翔太投手(24)が広島市内の病院で検査を受け「右傍脊柱(ぼうせきちゅう)筋の炎症」と診断されたと発表した。松原チーフトレーナーは「筋肉が切れたりしているわけではない。クライマックスシリーズ(CS)まで時間があるので十分備えようということ」と軽症を強調。別メニューでのトレーニングや治療を行った中崎は「(焦りは)多少はあるが、そんなにひどい状態ではない。CSへしっかり準備したい」とこちらも暗い表情は見せなかった。

     しかし、仮にCSに間に合ってもぶっつけ本番となる可能性は高い。畝投手コーチは「最後の登板が14日(阪神戦・甲子園)。1か月近く空けるのは…」と思案顔。万が一の場合は「9回は今村ということも考える。抑えの経験もあるので」と“プランB”を用意していることも明かした。

     中崎が違和感を訴えたのは23日のこと。翌24日のヤクルト戦では8回をジャクソン、9回は今村の継投で無失点にしのいだ。今村は2011年にサファテ(現ソフトバンク)が離脱した際に臨時守護神を務め、同年10月8日のヤクルト戦でプロ初セーブを上げている。

     今村は「やることは変わらない。任されたイニングを0で抑えるまで」と涼しい表情。首脳陣の不安が杞憂に終わればいいのだが…。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160928-00000004-tospoweb-base

    【元番記者が明かす 鯉の裏話】1996年、最大11.5ゲーム差をひっくり返され、巨人に「メークドラマ」を許してしまった三村敏之監督の無念。今回の優勝ではそれも…。歓喜の胴上げの輪の中にあった78番。前田健太(ドジャース)が抜けた投手陣をうまくやりくりした畝龍実投手コーチ(52)の背番号だが、それは2009年に亡くなった三村さんの広島監督時代の背番号でもある。

     三村カープでの畝コーチはチーム付きスコアラー。三村さんを師と仰ぎ、公私にわたって多くの時間、行動をともにした。だからこそ、96年はつらかったし、悔しかった。そんな気持ちもまた20年の時を経てついに…。

     13年オフ、スコアラーから投手コーチへの転身が決まった畝コーチは球団から「背番号は何番が欲しいか」と聞かれ「僕の場合は78番しかないです」と答えた。三村さんへの思いを胸に戦うためだった。三村さんの教えは頭の中に叩き込まれている。選手へのアドバイスも「こんな時、ミムさんならどうするだろうか」と心の中で自問自答しながら…。節目には必ず広島市内にある三村さんのお墓に行き、手を合わせた。今年は開幕前も、前半戦終了時も、ロード中に優勝マジックを点灯させ、広島に戻った8月29日にも行ってきたそうだ。

     記者は当時の三村監督が「僕はフィールドマネジャー。畑を耕して、種をまいて、育てていく。そういう仕事よね。それが大きな実になるのを夢見ながらね」と話しておられたのを思い出す。緒方監督は三村さんの現役時代の背番号「9」を受け継いだ愛弟子だし、水本二軍監督も三村イズムの継承者だ。三村さんが育てた面々が育てる側になって成し遂げた優勝。そして、光り輝いた背番号78。三村さんの笑顔が目に浮かぶ。

    (1994~96年担当・山口記者)


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160912-00000031-tospoweb-base

    このページのトップヘ