広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    畠山愛理

     広島の鈴木誠也外野手が株式会社スポーツバックスとマネジメント契約を締結したことがわかった。同社が11日付けで発表した。



     株式会社スポーツバックスには鈴木がオフに結婚を発表した元新体操日本代表でスポーツキャスターの畠山愛理さんもの名前も。夫婦揃っての所属となった。

     また同社には、巨人・レッドソックスなどで活躍した上原浩治氏も所属しており、ツイッターで「おっ、広島カープの鈴木誠也が仲間に…嬉しいやんか」と、鈴木の契約に喜びの声をあげていた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200212-00687495-fullcount-base

    【'20キャンプ 突っ込みインタビュー】

     さらに、スケールアップした印象だ。広島、侍ジャパンでも4番として期待される鈴木誠也外野手。第1クール最終日となった5日の今キャンプ初のシート打撃では4打数3安打。3打席目に高橋樹から右中間へ一発を放つなど、その存在感はケタ違いである。

     昨年8月に新体操元日本代表のタレント・畠山愛理(25)と結婚。新婚でシーズンを迎える主砲を直撃した。

     ◇  ◇  ◇

     ――今季初の実戦形式で一発を含む3安打。仕上がりは早そうだ。

    「まだ寒いので、投手が仕上がってないんです。真っすぐを多く投げてくると分かっている。逆に仕留めきれないところもあったので、僕の中ではちょっとヤバイんじゃないかという感じ。変化球は打席に立っていかないと目が慣れない部分はあるけど、真っすぐはずっと打っています。自分のスイングができているのは、いいことだと思いますけど」

     ――常に変化を求める。オフにまた打撃フォームを改造した?

    「意識の部分で少し変えたところはありますが、フォーム自体は昨シーズンから変えていません。その時、その時で修正していくようにしています」

     ――佐々岡新監督が就任した。

    「未知の世界という感じですね。でも、こっちがやることは変わらないと思います」

     ――新監督の印象は?

    「まだあんまり話していないですけど、僕は自分がやることをしっかりやるだけなので、周りは気にならない。(調整などを)任せてもらっているので、しっかりやりたい。それだけです」

     ――今年はいよいよ東京五輪イヤー。侍ジャパンでも4番を期待される。

    「今は(五輪のことは)あまり考えていません。まずはシーズンのことを考える。ちゃんといい成績を出せば(日本代表に)選んでもらえる。成績次第です。そうなった時にしっかりやればいいのかなと。先走るより、目の前のやれることをしっかりやらないとダメだと思います」

     ――そうは言っても五輪の重圧は凄い。

    「経験してみないと分からない。人それぞれ感じることは違うと思う。緊張しない人もいるだろうし、責任を感じる人もいるだろうし。その時になってみないと分かりません」

    ■「野球に集中できるのは奥さんの力」

     ――結婚して臨むシーズン。独身時代と比べ、心境の変化は?

    「いやー、特に変わってないですねえ……。今まで通り、好きなことをやらせてもらっている。野球自体を仕事だと思ったことがないんです。普通に好きな野球をずっとやってきたような感じなので」

     ――本当に何も変化はない? 精神的に落ち着いたとか、責任感が増したとか?

    「確かにサポートしてくれていますし、より野球に集中できる環境になったので感謝しています。ここまで野球のことをずっと考えられるようになったのは、奥さんの力はあると思います。まだ結婚して何カ月かなので、分からない部分もありますけど……」

     ――食事面は?

    「一緒にいる時は作ってもらって助かっていますよ。広島と東京のダブル生活? そうですね。一緒にいられる時は合わせています」

    ■首位打者取った「去年の打撃も納得してない」

     ――2020年の目標は?

    「リーグ優勝、日本一。簡単なことではない。(2016年からリーグ)3連覇したのは奇跡。優勝って難しいなと昨シーズン感じた。東京五輪の金メダルもですね」

     ――昨季はリーグ4位に沈んだ。

    「去年は勝ち負けの波が大きかったので、少しずつ減らしていかないといけない。そうすれば、優勝争いはできる。キレないことですね」

     ――昨季、自身初のタイトルとなる首位打者を取った。

    「たまたまですね。自分のレベルは上がっているとは思わない。だから、少しでも上げたいなと思っています」

     ――本塁打や打点のタイトルも狙いたい?

    「そうですね。取れたらいいですけど、去年の打撃だって納得はしていません。成績も納得していませんけど、結果より内容をしっかりさせたい」

     ――海外FA権取得は最短で23年。昨オフ、菊池涼が球団にポスティングの申請を認められたように、チームへの貢献度が高ければ、海外挑戦の道が開ける可能性もある。将来的な目標は? メジャー挑戦?

    「もちろん、目標はそこにあります。そこっていうか、上を目指してやらないといけない。妥協は許されないし、そのレベルまで行ければ、おのずと、そういうタイミングがくると思っています。まだ先の話ですけど……」

    (聞き手=増田和史/日刊ゲンダイ)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200207-00000030-nkgendai-base

     広島ひと筋にエースとして通算213勝をマークした野球解説者の北別府学さん(62)が13日、ブログを更新。自身の愛妻がカープの後輩夫妻について思わずつぶやいた“ほのぼの感想”を明かした。



     広島の後輩、鈴木誠也外野手(25)の自主トレを扱ったニュースを見たという北別府夫人。鈴木はロンドン、リオデジャネイロ両五輪の新体操日本代表で現在はスポーツキャスターとして活躍する畠山愛理(25)と昨年8月に結婚したばかり。自主トレには愛理夫人を帯同しており、ニュースも令和時代のプロ野球選手夫妻の仲睦まじい様子を扱った。すると、北別府夫人は「んまっ!羨ましい!」と一言。「時代が変わったわね」とうらやんだのだという。

     「一度くらいキャンプとやらを見てみたいと言った家内に対してその際、私は球場だけは来たらいけんでと言ったとのことでした(私の記憶には無い)」と昭和時代のプロ野球選手だった北別府さん。

     その後、再度ブログを更新。愛妻が「最近のカープの選手のお嫁さん達の綺麗で華やかなこと!!広島に来てくれてありがとう!!」と愛理夫人に感謝の言葉を口にし「私たち??あの頃皆、地味だった」とオチを付けていたことをちゃめっ気たっぷりに明かしていた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200113-00000247-spnannex-base

    広島鈴木誠也外野手(25)が、6日から始めた宮崎・串間市での合同自主トレを公開。ソフトバンク内川との合同トレを卒業し、野間ら広島4選手を引き連れて独り立ちした。


       ◇   ◇   ◇

    昨年8月に鈴木誠と結婚した愛理夫人が自主トレ地を訪れ、練習姿を見守った。

    新体操日本代表としてオリンピック(五輪)に2度出場した元アスリートで、NHKのスポーツニュースなどに出演しているだけに、まなざしは真剣そのものだった。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200111-01110738-nksports-base

     プロ野球・広島カープの鈴木誠也外野手(25)と元新体操団体日本代表でスポーツコメンテーター、モデルなどを務める畠山愛理(25)が、ハワイで挙式していたことを自身のインスタグラムで報告。広島のユニホーム姿での笑顔の2ショット写真を揃って公開した。鈴木の投稿は「いいね」が10万件を超える大反響となっている。



     広島の主砲で野球日本代表「侍ジャパン」でも4番を務める鈴木はインスタで「12月3日無事ハワイで挙式を挙げることができました!」と報告。さらに「僕自身家族が増えより一層頑張らないといけない!という気持ちになりました! 実は8月17日に籍は入れていましてその日にホームラン打てたのも思い出に残っております! 皆さんに内緒にし続けていましたのでやっと解放されて清々しい気持ちです!」とつづった。

     そして、2人がモーニング、ウェディングドレスの上に広島のユニホームを着た写真を公開。鈴木の左手薬指には結婚指輪が光っており、「まだまだ未熟な2人ですが力を合わせて頑張りたいと思います! ほなまた! あと嫁にユニホーム着させたところ思いのほか似合ってました! マツダスタジアムにこれを着させて応援来させようとおもいます!」と記した。

     一方、畠山もインスタで同じ写真を公開し「12月3日、大切な方々に囲まれて、無事結婚式を挙げる事ができました」と報告。そして「彼の、野球が純粋に大好きで、競技と真摯に向き合う姿を心から尊敬しています。そしてたわいもないことでケラケラ笑ったり、真剣な話は自分のことのようにお互い考えあえたり、一緒に過ごす時間が本当に楽しくて幸せに感じています」と鈴木への思いを明かしている。

     アスリートビッグカップルの爽やかすぎる2ショット写真は大反響となっており、ファンからは「素敵すぎます」「ドレス姿とても綺麗!!」「本当に綺麗」「おめでとう」「感動しました」などと祝福の声が殺到。鈴木の投稿は「いいね」10万件超、畠山の投稿も「いいね」3万件超となっている。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191211-00010009-encount-ent

     広島の鈴木誠也外野手が10日、自身のインスタグラムを更新し、12月3日にスポーツキャスターの畠山愛理さんとハワイで挙式したことを報告。2人でカープのユニホームを着用した2ショットも公開すると同僚の今村猛投手からも「おめでとう!」と祝福メッセージが届いた。

     カープの、そして日本の4番が幸せいっぱいの2ショットを公開した。自身のインスタで「12月3日無事ハワイで挙式を挙げることができました! 僕自身家族が増えより一層頑張らないといけない! という気持ちになりました!」と報告。

     公開された2ショット写真はカープ色に染まっていた。愛理さんはティアラを付け花束を片手にカープのユニホームを着用すると、鈴木も背番号「1」のユニホームを身にまとい2人は満面の笑みを見せている。

     幸せいっぱいの“鈴木夫妻”の1枚には、すでに7万件を超える「いいね!」が付きファンも祝福。さらに同僚の今村からも「おめでとう!」と祝福のメッセージが送られていた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191210-00631143-fullcount-base

     歌手の鈴木愛理(25)が8日、自身のツイッターを更新し、プロ野球・広島カープの鈴木誠也選手(25)との結婚を発表した新体操元日本代表でタレントの畠山愛理(25)を祝福した。


     鈴木は「鈴木誠也さん、畠山愛理さん ご結婚おめでとうございます」とお祝いの言葉を送り、「同い年とは思えない美しさと可愛すぎる笑顔、凛とした格好良さ、いつ見ても圧倒されています」と畠山を称賛した。

     続けて「ご結婚されたということで #鈴木愛理 になられましたね… 同い年、同姓同名 なかなかない奇跡が嬉しい!」と新たな“鈴木愛理”を歓迎し、2ショットを添えて「またお会いしたいです」と呼びかけた。

     フォロワーからは「年齢も一緒とはすごい偶然ですね!」「同姓同名でこんな可愛い子が並ぶ絵は面白い」「じゃあ愛理ちゃんは畠山性の人と結婚するのかなww」などの反響が寄せられている。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191208-00000328-oric-ent

     広島の鈴木誠也外野手(25)と新体操元日本代表でスポーツキャスターの畠山愛理(25)が結婚したことが7日、分かった。米ハワイ州で現地時間3日に挙式し、この日帰国。昨夏に知り合ってから約1年半でのゴールインとなった。畠山は東京五輪が開催される来年も仕事を続ける予定で、“ビッグ・アスリートカップル”はしばらく、東京と広島での二重生活を続けることになりそうだ。



     侍ジャパンの4番打者と美しき五輪アスリートがゴールインした。鈴木にとっては優勝旅行でも度々訪れた常夏のハワイ。親族らに祝福されて愛を誓い合った2人はこの日、広島球団と畠山の所属事務所を通じて「私たち、鈴木誠也と畠山愛理は、結婚する運びとなりましたことを、ご報告させていただきます」とコメントを寄せた。

     昨夏に共通の知人を介して知り合った。鈴木は広島、NHKでスポーツニュースのキャスターを務める畠山は東京の遠距離恋愛。「少し距離は離れていましたが、会えた時は些細(ささい)なことで笑ったり、悩んだときはお互い励まし合いながら、歩んできました。この先も一緒に過ごしていきたいという想いが募り、この様な運びとなりました」と、約1年の恋愛期間を振り返った。

     鈴木は畠山と出会うまで、遠征先などで豪快に飲み歩いていたという。しかし25歳の若さで身を固めるにあたり、パフォーマンスを最大限に導き出すことを最優先する生活に改めた。“内助の功”で今季は初タイトルの首位打者(3割3分5厘)と最高出塁率(4割5分3厘)を獲得。侍ジャパンを世界一に導いた11月の世界大会「プレミア12」もMVPに輝いた。「まだまだ未熟な2人ですが、力を合わせて、またアスリートらしく、共に歩んで笑顔の絶えない明るい家庭を築いていきたいと思います」と、伴侶を得た喜びと、飽くなき向上心で上を目指す意気込みを示した。

     ともに1994年8月に東京で生まれ、誕生日はわずか2日違い。お互いの誕生日である「16」と「18」をラッキーナンバーにしている。畠山は「美しすぎる新体操選手」として団体で12年ロンドン、16年リオデジャネイロ五輪に出場したが、鈴木も「一生に一度の特別な大会」と位置づける東京五輪が来年7月に開幕する。今後も広島と東京の遠距離で結婚生活を続けるが、五輪の戦いを知る伴侶の力を支えに鈴木は来季、リーグV奪回と東京五輪の金メダルを目指す。

     ◆鈴木 誠也(すずき・せいや)1994年8月18日、東京都生まれ。25歳。高校通算43本塁打を放った二松学舎大付高から、12年ドラフト2位で広島入り。レギュラーに定着した16年のオリックス戦で2試合連続のサヨナラ本塁打を放ち、緒方監督(当時)が評した「神ってる」が同年の新語・流行語大賞の年間大賞に選出された。通算成績は打率3割1分7厘、119本塁打、399打点。ベストナイン4回、ゴールデン・グラブ賞3回。181センチ、96キロ。右投右打。

     ◆畠山 愛理(はたけやま・あいり)1994年8月16日、東京・多摩市生まれ。25歳。6歳で新体操を始め、09年12月にナショナルチーム入り。15年世界選手権では種目別リボンで40年ぶりの銅メダルを獲得し、団体5位と躍進した。16年リオ五輪団体8位。同年、現役引退。17年に日本女子体育大を卒業した後は、20年東京五輪に向けスポーツキャスターとして活躍する。170センチ。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191208-12070266-sph-base

    このページのトップヘ