広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    白濱裕太

     「愛媛国体・高校野球硬式・準々決勝、広陵10-1天理」(8日、坊ちゃんスタジアム)


     今秋ドラフト1位候補の広陵(広島)・中村奨成捕手(3年)が、準々決勝・天理(奈良)戦で2安打1打点1盗塁を記録し、守備でも二盗を阻止して七回コールド勝ちに貢献した。U-18W杯では不振だったが、プロ志望届提出後、初めての対外試合で復調をアピール。1位候補にリストアップしている広島など4球団の前で、あらためて能力を示した。

     打席に入るたびに歓声が沸く。プレーするたびに拍手が巻き起こる。中村が愛媛でも高校野球ファンの視線をくぎ付けにした。

     大会新記録の6本塁打を放った今夏の甲子園のように、グラウンドで躍動。「楽しみながら試合をすることができた。こんなに人が入るんだと思ってびっくりした。応援はありがたかった」と穏やかな笑顔を見せた。

     9月29日にプロ志望届を提出後、初めての対外試合。広島、オリックスなど4球団のスカウトの前で、走攻守で見せ場を作った。

     二回2死二塁は、天理の右腕・碓井の内角シュートを左翼線へ運ぶ適時二塁打。1打席目に一邪飛に打ち取られた球を、次打席で捉える修正能力を見せた。六回1死は左前打を放ち、二盗にも成功。守備では二回2死一塁の場面で強肩を披露し、ストライク送球で二盗を阻止した。

     9月のU-18W杯(カナダ・サンダーベイ)は、8試合で25打数3安打、打率・120、0本塁打、0打点。守備でも精彩を欠き、本来の力を出せないまま終戦した。

     カナダから帰国後は常に木製バットを使って、スイングを見直した。「金属は当てれば飛ぶけど、木製は下半身で回らないと打てない」。今夏の甲子園をイメージしながら打撃フォームを修正。少しずつ好調時の打撃を取り戻してきた。

     U-18W杯では結果が出なかったが、プロの評価は変わらない。1位候補にリストアップしている広島・白武スカウト部長は「W杯は関係ないでしょう。今日も長打を打てるスイングをしていたし、足と肩はいいわけだから」と話した。

     ドラフト会議は10月26日。早実・清宮らとともに今年の目玉となる逸材は、「早く決まってほしい気持ちもあるし、選ばれるのかな、という不安やドキドキもある」。運命の日まであと20日を切り、気持ちは高ぶってきた。

     高校での試合は多くても、あと2試合となった。9日に行われる準決勝の相手は東海大菅生。「あと2つ勝って国体で優勝したい」。有終の美を飾り、運命の日を待つ。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171009-00000029-dal-base

     広島多田大輔捕手(21)が4日、来季の契約を結ばないことを通達された。

     多田は球界最高身長(189センチ)の捕手として14年ドラフト7位で鳴門渦潮から入団。2年間で1軍出場はなかった。今後はトライアウトを受ける予定で「まだどうしてもやり尽くした感じはない。現役でやれるうちはやりたい」と語った。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171004-00019375-nksports-base

     敵地・仙台で楽天に3連勝し福岡に戻ってきた工藤ホークス。ゲーム差も6・5(22日現在)に大きく突き放し、余裕? も出てきたわけではなかろうが、ソフトバンク達川ヘッドコーチは試合前から多弁だった。



     「ワシは足だけは勝ってると思うよ。足は高校の時から速かったんよ」。ヤフオクドームの外野からてくてく歩いてベンチに戻ってくると、なにやら話し始めた。

     何の話? と思ったら、この日、6号を放ち甲子園の大会通算本塁打の新記録を打ち立てた広陵・中村奨成捕手(3年)の話題だった。「試合? 最初から全部見とったよ。打撃も守備も肩もいいわ。ワシが彼に勝つんは、足だけじゃ。いや、足も速いけのう。顔は負けてないやろう。あ、好みがあるけ、わからんか」。広島代表だけあって、大会注目の捕手への視線はことのほか熱い。「うちの家の近くの子じゃったんよ。頑張ってほしいなあ」。母校広島商の後輩ではないが、やはり高校野球は「地元愛」を喚起させるようだ。「守備もええ。(スクイズの打球を好捕するなど)5メートル以内の動きはすばらしい。今宮がキャッチャーになったようなもんじゃ」。絶賛の言葉が続いた。

     ホークスでは今季、育成出身の甲斐が成長。7年目で開花した。プロの世界でも最も捕手育成が難しいとされる。昨年まで九鬼、谷川原、栗原と3年連続で将来性豊かな高卒捕手を獲得したが、甲子園での活躍を見せつけられると、捕手出身の達川ヘッドコーチにとっては、のどから手が出るほど欲しい逸材なのではないか…。

     「いやいや、ウチは…。もっとゆったりしたところがいいんじゃないの」。手を振ってその手の話題をけむにまいたあと、ポツリと言った。

     「広島がええんじゃない」。え、そこも郷土愛かい!


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170822-01876016-nksports-base&pos=5

     「広島1-0ヤクルト」(18日、マツダスタジアム)

     広島・磯村が中村祐を好リードした。初回、二回は先頭の出塁を許したが、「祐太が粘ってくれた」とねぎらい、「三回以降は落ち着いて投げてくれた」とうなずいた。

     6回無失点の好投に「右打者のインコースに真っすぐを投げきれていたので、甘くなっても打ち損じてくれました」と分析した。

     磯村自身もアピールに成功。「祐太のピッチングが良かったから苦労しなかった」と謙遜しながら「一緒に結果を残せたのは次につながる。自信を持ってやっていきたいです」と前向きに話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170818-00000149-dal-base

     これぞ王者の歩みということか。マジック点灯まで秒読み段階の広島が4日のDeNA戦(横浜)に3―13で完敗した。引き分けを挟み約1か月ぶりの2連敗。緒方孝市監督(48)は「こういう試合をしたのは自分の責任」と話したが、そもそも“想定内”の敗戦だった。

     前日3日の阪神戦は延長12回、4時間34分に及ぶ熱戦で、しかもこの日は移動ゲーム。「みんな2~3時間しか寝ていない」(東出打撃コーチ)ことから、試合前練習は新井やエルドレッドらをフリー打撃免除にするなど約20分短縮した。

     プロ初先発の2年目左腕・高橋樹に、先発マスクは2014年6月28日以来の白浜というバッテリー。初回に鈴木の22号2ランなどで3点を先制するも、4回までに8失点で逆転されると、攻守の要である菊池を5回の守備から引っ込め、勝ちパターンのブルペン陣にも休養を与えた。広島は先月末から7週にわたって6連戦が組まれ、特に今月はホームとビジターを行き来する日程。指揮官一人が責任をかぶる形で“捨てゲーム”をつくった格好だ。

     チーム関係者によれば、左太もも裏の筋損傷で離脱中のジョンソンは症状が思いのほか軽く、来週中にも二軍戦に登板し、9月上旬と見られていた復帰時期が8月中旬に前倒しになる可能性もあるという。リーグ連覇と33年ぶりの日本一を目指す広島にとっては今季ワーストの大敗も小休止でしかないのかもしれない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170805-00000017-tospoweb-base

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170805-00000017-tospoweb-base

     「DeNA13-3広島」(4日、横浜スタジアム)

     プロ14年目の広島・白浜が2014年6月28日のDeNA戦以来、3年ぶりとなる先発マスクをかぶった。


     二回には左中間へフェンス直撃の二塁打を放つなどバットではアピールしたが、本業の守りではプロ初先発となった2年目・高橋樹を白星には導けなかった。

     高橋樹がこの日打たれた7本の安打はすべて直球。「初回は真っすぐが良かったので、そのままいってしまった。もう少し工夫しても良かったかなと思う」。最後までマスクをかぶったものの、今季ワーストの13失点に責任を痛感していた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170804-00000166-dal-base

     「広島5-5阪神」(3日、マツダスタジアム)

     広島が土壇場の九回に追いつき、ベンチ入り25人中24人を起用する総力戦で延長十二回引き分けに持ち込んだ。これで7カード連続負け越しなし。同時に阪神の自力優勝の可能性を消滅させた。

     3点を追う広島は土壇場の九回、阪神の守護神・ドリスを攻め、新井、エルドレッドの連打で無死一、二塁とし1死後に代打松山が右前適時打で1点を返した。なおも1死一、三塁の好機に代打西川が、カウント3-2から中堅右へ運んだ。三塁走者の上本に続き、スタートを切っていた一塁走者の野間も本塁を陥れ同点とした。

     延長十二回には7番手の一岡が、1死三塁のピンチを招きながら無失点で切り抜けた。ベンチには投手の中田しか残っていなかったが、十二回の守りが終わった時点で有事に備えベンチでヘルメットの大きさを確認し、出場の準備を始めたほどの総力戦となった。

     延長に入って十一、十二回は得点圏に走者を進めながらサヨナラ勝ちを逃した。それでも緒方監督は「勝ちに等しい引き分け」とチーム一丸の戦いに目を細めた。

     先発の九里が初回2死から5連打を浴び4失点。四回にも2死から連打で1点を失った。結局5回10安打5失点だったが、六回以降に救援陣が踏ん張った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170803-00000149-dal-base&pos=3

    このページのトップヘ