広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    石井琢朗

     巨人が来季の1軍野手総合格のコーチとして、前ヤクルト打撃コーチの石井琢朗氏(49)の招へいに動いていることが23日、分かった。



     石井氏は現役時代は横浜(現DeNA)、広島で活躍し、打撃ではプロ野球歴代11位となる通算2432安打を誇る安打製造機。守備でも三塁、遊撃を合わせて4度のゴールデン・グラブ賞を獲得するなど、守備の名手として名高い。コーチとしても12年から17年まで広島で、18、19年はヤクルトで1軍打撃コーチなどを歴任し、熱血指導で広島時代には丸を、ヤクルトでは村上を球界屈指の強打者へと育て上げるなど、尽力してきた。

     巨人は今季、リーグトップの663得点を挙げたが、田中俊、若林、山本、重信、増田大ら、まだまだ成長が見込める若手が多くいる。攻守に渡った幅広い指導が期待される。

     また今季のコーチ陣も、配置転換が行われる。吉村打撃総合コーチをベンチに統括的な立場で置き、鋭い戦術眼を持つ元木内野守備兼打撃コーチに作戦面を担当させる方針。三沢投手コーチが2軍から昇格し、宮本投手総合コーチとタッグを組んで、水野投手コーチを巡回コーチとして、1軍~3軍の投手に経験を還元していく見込みだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191024-00000018-sph-base

     広島の緒方孝市監督監督(50)が2019年10月1日、マツダスタジアムで会見し、今季限りでの退団を発表した。

     今季は球団初のリーグ4連覇を目指してスタートを切ったものの、開幕から5カード連続の負け越しでつまずきスタートダッシュに失敗。レギュラーシーズン最終戦までAクラス残留をかけての戦いが続いたが、チームは2015年以来の4位でシーズンを終えた。緒方監督はこの責任を取る形でユニフォームを脱ぐことになった。

    ■過去、指導者経験なしの監督はミスター赤ヘルのみ

     緒方監督の退任に伴い、チームの再建が急務となったフロント。来季に向けての第一歩となるのが新監督の選定だ。鯉党からは前監督の野村謙二郎氏(53)の復帰待望論が根強く、リーグ3連覇の土台を作った実績は評価が高い。理路整然とした野球論にも定評があり、「実績」、「知名度」、「期待度」は他の監督候補らの上を行く。

     「知名度」でいえば、広島、ヤンキースなどで活躍した黒田博樹氏(44)も群を抜く。MLBで複数球団からオファーがあったものの、それを蹴って2014年に古巣・広島に復帰。黒田の「男気」は多くの野球ファンから称賛された。また、現役時代「孤高の天才」と称された前田智徳氏(48)のカリスマ性、昨年引退した新井貴浩氏(42)のリーダーシップは高く評価されている。

     ただ、黒田氏ら3人に共通しているのが指導者の経験がないこと。前田氏は2013年に一軍の打撃コーチ補佐と選手を兼任していたが、指導者としての実績はほとんどない。黒田氏、新井氏もまた、引退後はスポーツ紙の評論家や野球解説を務めるなど、ともに現在は現場から離れている。広島の歴史を紐解くと、指導者の経験がなく、いきなり監督になったのは事実上、ミスター赤ヘル・山本浩二氏(72)だけである。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191001-00000007-jct-spo

     ヤクルトの石井琢朗1軍打撃コーチが今季限りで退団することが28日、分かった。

     石井コーチは熱血指導で2016、17年に広島のリーグ連覇に貢献。17年オフにヤクルトに入団し、同じく広島から移った河田コーチとともに厳しい練習を課し昨年の2位浮上に貢献した。



     選手としては1988年度ドラフト外で投手として大洋(現DeNA)に入団。内野手に転向し98年のリーグ優勝に貢献した。09年に広島に移籍してコーチ兼任だった2012年限りで現役を引退。通算2432安打を放った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190928-00000148-dal-base

     巨人が優勝へのマジックナンバーをついに2とした。

     M4のまま3連敗と足踏みが続いていたが、20日の2位DeNAとの直接対決で先発した山口が7回途中4失点。ハーラートップの15勝目(4敗)を挙げれば、坂本勇が先制弾を含む2発3打点。岡本の2年連続30号など主力が躍動し、9―4でDeNAをねじ伏せた。

     21日の直接対決に勝利すれば、5年ぶりのリーグ優勝が決まる。今季3度目の就任となった原辰徳監督(61)にとっても5年ぶりの胴上げとなるが、水面下ではすでに来季の準備を進めている。

     球界で「腕利き」として知られるヤクルトの石井琢朗打撃コーチ(49)の招聘を検討していることが、この日までに分かった。

    ■ヤクルト退団は確実

     石井打撃コーチは、横浜、広島での現役時代、通算2432安打を放った左の巧打者。引退後は広島で内野守備走塁コーチ、2016年から打撃コーチに転身すると、それまで貧打に泣いていた広島打線を生まれ変わらせた。

    「安打なしでいかに得点するか」とナインに進塁打などの献身性を徹底。多くの打撃改革を行い、15年は不振にあえいだ丸(現巨人)や菊池涼を復活させ、鈴木誠也や西川ら現在の主力に打撃のイロハを仕込んだ。

     効果は絶大だった。16年はチーム打率・272、684得点、1338安打、153本塁打、649打点、長打率・421、出塁率・343と各部門を軒並みリーグトップに押し上げた。得点圏打率も・264(リーグ2位)と前年からの大幅な上乗せに成功。16、17年のリーグ連覇の立役者となった。

     18年からは2年間、ヤクルトで一軍打撃コーチを務め、高卒2年目の村上を指導。20日現在、35本塁打(同3位)、95打点(同2位)の大ブレークに一役買った。が、今季最下位に沈むヤクルトは小川監督、同級生の宮本ヘッドコーチの引責辞任が決まっており、「家庭の事情」で広島を退団した際に拾ってくれた現指揮官とともに、今季限りでヤクルトのユニホームを脱ぐことが濃厚となっている。

     そこで巨人である。

    「広島時代の功績を高く評価している巨人は、実はヤクルトに移籍した2年前にも声をかけている。この時はヤクルトが一足早く、入団は実現しませんでしたが、球団にとっては2年越しの恋人。原監督の評価も高く、石井がヤクルトを退団することになれば、すぐにでもアタックし、一軍の打撃部門を任せるとの声も上がっています」(球界関係者)

     リーグ優勝を果たそうが、巨人の来季に向けたあくなき補強は、もう始まっている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190921-00000021-nkgendai-base

     【球界ここだけの話】阪神・鳥谷敬内野手(38)が今季限りで退団することが決定的になり、各球団で争奪戦の様相を呈している。虎一筋16年のミスタータイガースが現役続行に心が傾いた場合、広島は獲得意思はあるのか、球団幹部に直撃した。

     「他球団の選手のことを、とやかく言うつもりはない。まだシーズン中なので」

     鈴木球団本部長の言葉の通り、広島はセ・リーグ4連覇は厳しい状況ではあるが、DeNA、阪神とクライマックスシリーズ進出争いの真っただ中で、他球団の選手の去就どころではない。ましては鳥谷が本職とする遊撃には田中広輔内野手(30)、ドラフト1位・小園海斗内野手(19)=報徳学園高、7月に楽天からトレードで加入した三好匠内野手(26)ら屈指の選手層を誇っている。

     それでも、鳥谷は遊撃手として歴代最長の667試合フルイニング連続出場記録を打ち立てるなど、試合前の時点で通算2151試合で打率・280(7433打数2082安打)、138本塁打、818打点。起用法や今季4億円だった年俸などの問題はあるが、実績や将来的な指導者として魅力は十分だ。

     近年、広島が他球団のスターを獲得し、成功を収めた例がある。横浜の引退勧告を拒否し、2009年に赤ヘルに加入した石井琢朗コーチ(現ヤクルト打撃コーチ)と、阪神を自由契約になって15年に古巣に戻ってきた新井貴浩氏(現野球解説者)だ。

     前者は広島で4年プレーし、13年に内野守備走塁コーチに就任。16年から打撃コーチに配置転換となり、現在の強力打線の基礎を築き上げた。後者は古巣復帰後、2年目の16年にセ最年長のMVPを受賞。主力として球団初の3連覇に貢献するなどかつての輝きを取り戻し、昨年に惜しまれつつ引退した。

     「タイガースのユニホームを着てやるのは今シーズンで最後。いろいろ考えて決めます」という鳥谷。昨年の赤チョーノに続き、“レッド・バード”誕生はあるのか。大注目のオフを迎える。(柏村翔)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190901-00000525-sanspo-base

     セ・リーグ3連覇中の広島が4勝11敗で最下位に沈んでいる。開幕から5カード連続負け越しは球団史上初。このまさかの低迷の原因を総力取材した。セの他球団の選手らからは、引退した新井氏の穴や、投手力の低下を指摘する声が上がった。


     セ各球団の選手らに広島低迷の要因を聞いた。

     DeNA・ラミレス監督は「丸はチームリーダーでもあった。同じリーダーの新井も抜けた」と指摘した。ヤクルトのA選手は「丸と野間を比較したら、気持ち的に違う」と明かし、阪神のB選手は「ムードメーカーの新井さんが抜けたのが大きいのでは? あの人が(チームを)まとめていた部分はあるはず」との見方を示した。

     一方、中日のC選手は「丸が抜けた影響もないわけじゃないが、そこじゃない。問題はリリーフ陣の勤続疲労。目いっぱいで3連覇してきたので仕方ないが、年々パフォーマンスが落ちている」、阪神のD選手も「打線不振の陰に隠れているが、もともと投手陣に不安はある」と語った。

     また、ヤクルトのE選手は「奇数の打順がうまくいっていないから、つながりに欠ける。そこで4番の鈴木を抑えれば、さらに打線は苦しくなる」と打線の問題点を示す一方で「去年まで守り勝つチームという印象が強いが、1試合3失策している試合がある。焦りもあるのか、投手も四球が多くなっている」と複合的な要因を挙げた。

     だが広島は依然、他球団にとって脅威だ。中日・与田監督は「歯車がかみ合っていないだけで、能力の高い選手がそろっている」と警戒を緩めない。丸、新井の不在を指摘したラミレス監督も「広島を強くないと思ってはいけない。丸がいなくてもいいチーム。野間のように、代わりにいい選手が出てくる。この後、上がってくる。絶対、甘く見ちゃいけない」と軽視は禁物であると強調した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190415-00000227-sph-base

    <DeNA4-2広島>◇14日◇横浜

    あの強かったカープはどこに行ったのか。広島がDeNAに逆転負けし、球団史上初の開幕5カード連続負け越しとなった。打線が機能せず、得点は鈴木の6号ソロとパスボールによる2点のみ。投げては先発九里が4回でKOされ、セットアッパーのフランスアがソトにダメ押しソロを浴びた。ここまで連勝は1度もなし。王者が最下位脱出のきっかけをつかめない。


    今の広島に劣勢をはね返す力はないのか。2点を追う9回。最後の打者西川が一ゴロに倒れ、球団史上初の開幕から5カード連続負け越しが決まった。昨季は82勝中41勝が逆転勝ち。今年はセ・リーグ最少4勝のうち、逆転勝ちは1つしかない。しかも連勝は1度もない。緒方監督は「これが今のチームの現状なんでね。しっかりまた、1試合1試合戦っていくだけ」と話すしかなかった。

    試行錯誤を続ける打線が機能しなかった。得点は2回の鈴木の6号ソロと、7回の捕逸による計2点のみ。DeNAの先発井納を攻略できず、救援陣も打ち崩せなかった。丸がFAで抜けた今季は打線を固定せず、戦いながらベストの形をつくっていく方針。この日は開幕1、2戦目以来、投手以外は前日と同じオーダーで臨んでいた。東出打撃コーチは「打線全体の形を早く決めたい。まだ決まっていない」と苦しい胸の内を明かした。

    投手陣も苦しい戦いを続けている。先発九里は4回KO。ロペスに逆転2ランを打たれ、嶺井にも適時打を許した。4回4安打3失点。佐々岡投手コーチは次回登板について「まだ終わったばかりなのでね」と明言を避けた。先発で勝ちがついているのは2勝の床田と、大瀬良、野村のみ。この日は劣勢で投入したセットアッパーのフランスアもソトに6号ソロを許した。

    13日の勝利を受け、試合前のベンチは前向きなムードに包まれていた。菊池涼は体のキレを出すため二、三塁間をダッシュし、田中広、鈴木らは黙々とスイングを重ねた。3連覇を支えたレギュラーがプライドをもって準備したが、それでも勝てないのがつらい。高ヘッドコーチは今後について「守備は落ち着いてきたから地に足を着けて」と話した。王者が大きな試練を迎えている。【村野森】

    ▼広島が開幕から5カード連続の負け越し。広島では07年に開幕から4カード連続負け越しがあったが、5カード連続は球団史上初めて。また前年優勝チームが開幕5カード連続負け越しは10年日本ハム以来で、セ・リーグでは79年ヤクルト以来40年ぶり。この時のヤクルトは48勝69敗13分けの最下位に終わったが、広島は何勝挙げられるか。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190415-04150074-nksports-base

     広島がドロ沼から抜け出せない。11日のヤクルト戦(マツダ)は先発・岡田が立ち上がりから制球難を露呈。1回0/3を2安打6四球6失点と試合を早々にぶち壊し、2―6で押し切られて4連敗となった。本拠地で同一カード3連敗は2015年6月以来4年ぶりの屈辱だ。

     岡田は「自分の直球がどれだけ通用するか、勝負したい」と意気込んでいたが、そもそもストライクが入らなければ勝負にならない。初回から2四球2安打などであっさり2点を失い、2回は完全に独り相撲。先頭打者から投手の寺原を含む4者連続四球で3点目を与え、一死も奪えずKOされた。その後も守乱が絡んで走者が次々に生還。今のカープ打線にいきなりの6点ビハインドは重過ぎた。

     連日の惨敗に緒方孝市監督(50)の言葉も苦しい。岡田の二軍降格を明言し「地元で勝てていないので本当にファンの人には申し訳ない」と頭を下げた。

     守乱もあったとはいえ投手陣は今カード3試合で計31失点。佐々岡投手コーチも「苦しいよね」と渋い顔だった。こと対ヤクルトで見過ごせないのが2年前まで在籍していた石井、河田両コーチへの“過剰意識”だ。投手陣の間では対戦前から「琢朗さん(石井打撃コーチ)たちの指導の効果が本格的に表れてきている。ウチの打線に似た怖さが出てきたから気を付けないと」との声が上がっていた。

     指揮官は「また明日から試合は続くし、立て直せるようにしっかりやるだけ」と前を向いたが…。今後はツバメ恐怖症の克服もコイ投の課題となりそうだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190412-00000036-tospoweb-base

     【新井さんが行く!ヤクルト編】浦添に行った日、ちょうどサブグラウンドでの特守に立ち会うことができた。(山田)哲人は体力があるね。1時間くらいかな。若い頃を思い出す。ヘッドコーチの(宮本)慎也さんは毎日誰かの特守でノックを何百本も打っているそう。厳しさの中に愛情がある。本当は優しい、大好きな先輩だ。



     新人の頃はシーズン中も毎日特守。試合前から泥だらけだった。慎也さんの目には「とんでもない練習をやらされているなあ…」と映っていたんだろうね。ウオーミングアップしながら「新井、頑張れ」とよく声をかけてくれた。WBCや五輪で人柄に触れ、いろんなことを教わった。

     ヤクルトは去年のオープン戦から明らかに変わったなと感じていた。打者が簡単にアウトにならない。追い込まれても球数を投げさせたり、逆方向へ打ったり。手ごわくなると思っていたら、その通りになった。

     慎也さんは「河田さんと(石井)琢朗が助けてくれる」と言っていた。実際16、17年の広島の連覇は両コーチの存在を抜きには語れない。河田さんは普段は明るくても、叱る時は愛情を持って叱ってくれる。琢朗さんは引き出しが多い。練習量は多いけど、いろんな工夫をして選手を飽きさせない。遅い時で夜8時くらいまで練習しているそう。ますます強くなるね。

     おわりに。つばくろー。いつもありがとうね。めっせーじ、ちゃんと、とどいているよ。また、あえるひを、たのしみにしてるね。(スポニチ本紙評論家)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190209-00000074-spnannex-base

    このページのトップヘ