広島カープブログ

広島カープファンが作る、広島カープのまとめブログです!

    石原慶幸

     広島・新井貴浩内野手(39)が11日、鹿児島・最福寺で護摩行に挑んだ。同僚の石原に、志願で初参加した堂林と会沢を加え、摂氏400度超の熱さに耐えながら己の心を鍛え上げた100分間。約40センチの距離で2メートルを超える火柱と正対し、全身全霊をこめて不動真言を唱え続けた。

     「何年やってもしんどい。でも、これをやらないと始まらない。それくらい大切な場所だし、大切な行。気持ちがグッと引き締まってきます」

     護摩木は、昨年と同じ2000枚。しゃく熱に長時間さらされることで表情は苦痛にゆがみ、意識をしっかり保つために声を張り上げた。

     昨季は132試合で打率・300、19本塁打、101打点。セ界最年長でMVPを受賞し、リーグ優勝の原動力となった。「MVPもリーグ優勝も過去のこと。今年は今年。新しい気持ちでやるだけ」

     高野山別格本山清浄心院住職の池口恵観大僧正(80)からは「一打成仏」「一守不動」の言葉を授かり、「無欲で一心不乱にやりなさい」とエールを送られた。1月30日で40歳を迎えるが、「MVPを獲った去年よりもいい状態。40歳なんて関係ない。今の状態なら50歳までできる」と太鼓判も押された。

     本塁打王を獲った05年にスタートした荒行は13年目に入った。リーグ連覇と日本一を目指す2017年。衰え知らずのベテランが、今季もまた若いチームをけん引する。 (江尾 卓也)


    引用元 http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/01/12/kiji/20170111s00001173265000c.html

     広島・菊池涼介内野手(26)が12日、静岡県静岡市にある清水庵原球場で土生、庄司、磯村らとの自主トレを公開。キャッチボール、ノック、ロングティーなどで汗を流した。悲願の日本一へ向けて「(昨年は)最後の最後に悔しい思いをしたので、そこに向けてしっかりやっていかないといけない。まずは優勝しないといけない」とリーグ連覇を目標に掲げた。

     リーダーの自覚もにじませる。昨季限りでチームの精神的支柱である黒田が現役引退。「黒田さんが抜けて、少し苦しい部分もあると思うけど、新井さん、石原さんに助けてもらったりしながら、ぼく、丸、田中、センターラインで引っ張っていけるようにしたい」と意気込みを語った。

     昨季は141試合に出場し、打率・315、13本塁打、リーグ最多の181安打。4年連続ゴールデングラブ賞を獲得した。WBC日本代表メンバーにも選出されている。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170112-00000077-dal-base

     広島堂林翔太内野手(25)が11日、鹿児島市内の最福寺で護摩行に臨んだ。座った自分の顔よりも高い、約3メートル燃えさかる炎の前で、不動真言を絶叫した。
     苦しみの先に光がある-。そう信じて、弟子入りした新井貴浩内野手(39)が毎年続ける護摩行に同行した。炎の威力に顔はゆがみ、呼吸が整わず、声も出てこない時間もあった。紅潮した顔からは汗が噴き出る。それでも、行の前に新井から言われた「向かっていけ」という言葉を思い起こしたように、堂林は声を張り上げ、不動真言を唱え続けた。炎へ1歩も引かぬ姿は、不退転の覚悟で挑む今季への決意の表れだった。

     新井のほか、石原慶幸捕手(37)、会沢翼捕手(28)も護摩行に臨んだ。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170111-01763866-nksports-base

     8日、『プロ野球No.1決定戦バトルスタジアム』(日本テレビ系)に出演した広島の丸佳浩が、トークバトルのコーナーに登場し、サヨナラ勝ちの時の失敗談を話した。

     丸は昨季3番打者として全143試合に出場し、自己最多の20本塁打、90打点をマークし、25年ぶりのリーグ優勝に大きく貢献。チームの主軸として大活躍した丸だったが、サヨナラ勝ちをしたときに重大なミスを犯したという。丸はサヨナラ勝ちの際、選手たちが水をかけて喜んでいるところに、ワンテンポ遅れて給水タンクをかけるそうだ。

     だが、ある試合で「黒田さん、新井さん、石原さんだけにバッシャンとかかってしまい、黒田さんに『おい!誰や』」と言われ、丸は「すいませんでした」とすぐに謝ったという。

     まさかのベテラントリオに給水タンクの水がかかったというエピソードに、MCを務めたブラックマヨネーズの吉田さんは「いいですね、丸選手」と高い評価を与えていた。

     昨シーズン25年ぶりのセ・リーグ優勝に沸いた広島カープ。精神的支柱であった黒田博樹が引退した2017年シーズンには不安もありそうだが……。

     しかし、OB会長の安仁屋宗八氏は「去年だって前田健太(28、現・ドジャース)の15勝の穴をジョンソン(32)と野村(祐輔、27)が埋めた。今度は大瀬良大地(25)や福井優也(28)、岡田明丈(23)がなんぼでも埋めますよ!」と余裕綽々だ。

     今オフは菊池涼介(26)が6000万円増の1億4500万円でサインするなど、昨季は2人だけだった“日本人1億円プレーヤー”が5人に増えた。

    「黒田の年俸6億円を再配分した格好ですが、カープは伝統的に選手の年俸には渋い。実際、今も複数年契約は外国人のジョンソンとエルドレッド(36)だけ。今季の働き次第で大幅ダウンもあるとわかっているから、選手はみんな必死で頑張りますよ」(地元紙記者)

     伝統のハングリー精神が、連覇へのカギになりそうだ。

    撮影■山崎力夫

    ※週刊ポスト2017年1月13・20日号





    引用元 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170106-00000006-pseven-spo

     【球界ここだけの話】

     赤ヘル黄金期突入へ、若鯉をビシバシと鍛え上げる。広島・緒方孝市監督(48)が正月早々、春季キャンプでのサバイバルを予告。とにかく、言葉の端々が熱かった。

     「2月1日から競争がスタートしている。そこで調整している選手は戦いの場には入れない。それが許されているのはベテランの選手だけ。完全にポジションが決まっている選手はいない」

     39歳の新井、37歳の石原以外はレギュラー白紙を強調した。田中、菊池、丸の「タナキクマル」のトリオや“神ってる”で大ブレークした鈴木ら25年ぶりのリーグ優勝に貢献したV戦士でさえ、レギュラーの保証はない。

     「(宮崎の)日南では1、2軍が合同でキャンプをする。球場と宿舎の距離が近いので、入れ替えを新人でも、ベテランでも考えている。いいものをみせてほしい」

     今オフは昨季151回2/3イニングを投げ、10勝8敗、防御率3・09の成績を残した黒田が引退。攻撃陣では出場67試合も打率・272、5本塁打、34打点で活躍したルナも退団した。

     指揮官はDeNAの山口、ソフトバンクの森福、日本ハムの陽岱鋼(ヨウ・ダイカン)の超大型補強を敢行した巨人、オリックスから“超人”こと糸井を獲得した阪神に警戒心を強めている。

     「うちは大きな補強はしていない。今いるメンバーの質を上げていきたいし、上げられると思っている。新しい力が出てこないと、優勝まで苦しい。若い力に期待している」

     昨年のクリスマス、48回目の誕生日を迎えた緒方監督が向かった先は出身地・佐賀県の基山町。鳥栖高野球部時代に指導を受け、2013年に他界した平野國隆氏(享年66)の自宅を命日に弔問した。仏壇にそっと手を合わせ、決意を新たにした。

     「日本シリーズでは悔しい思いをした。(2017年シーズンは)最後まで笑っていられるようにしたい」

     同日、鳥栖市内のホテルで開かれた「優勝祝賀会」にも出席した緒方監督。1979、80年以来のリーグ連覇、84年以来33年ぶりの日本一へ。恩師との約束を胸に新たな歴史を作る。(柏村翔)


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170101-00000525-sanspo-base

     広島石原慶幸捕手(37)が15日、マツダスタジアム内の球団事務所で契約交渉に臨み、2000万円増の1億2000万円でサインした。今季まで3年契約を結んでいたが、来季は単年契約となる。

     今季はジョンソン、黒田ら主戦とバッテリーを組み、3年ぶりに100試合超の106試合出場を果たした。打撃では打率2割2厘、0本塁打、17打点と振るわなかったが、巧みなインサイドワークで投手陣をリードした。球団からも守備面を高く評価された。本人も「守備面でしかない。打撃はまったくです」と苦笑いも、「すごく評価してもらった」と納得のサインとなった。(金額は推定)


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161215-01752147-nksports-base

     恩師が“50歳現役”に太鼓判だ。広島・新井貴浩内野手(39)が15日、広島市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、推定5000万円増の1億1000万円(プラス出来高払い)でサイン。阪神時代から3年ぶりに1億円台に返り咲いた。

     今季は打率3割、19本塁打で、打点101はリーグ3位。「よく100打点にいけたと思う。年齢も年齢なので」と殊勝に振り返った。

     来年は40歳を迎えチーム最年長。この日、同じく契約を更改した石原慶幸捕手(37)からは「50歳までやってほしい」とエールを送られたが、本人は「できるわけないだろ! 再来年のことも考えられない」と苦笑いするばかりだ。

     しかし、オフ恒例の特訓で、燃え盛る炎の前で経を唱える「護摩行」を取り仕切る鹿児島・最福寺の池口恵観法主は「連絡を取り合っているが、本人は『より順調です』と言っている。年齢は関係ない」と明言。

     来年1月にも13年連続でこの荒行に挑む。今回は堂林翔太内野手(25)の直訴を受け、初めて同行させる予定だ。

     これに池口法主は「常々私は『若い選手を引っ張れ』と伝えているが、その言葉を実践している証拠では」と目を細め「肉体はまだ若いし、精神的にはむしろ強くなっている。来季は今年同様、いやそれ以上の結果を出すのではないか。年俸2億円も夢ではない。私は『50歳までやれ』と話しているが、あと5~10年はできる」と激励した。

     新井本人は「『40歳』と聞くとガクッとくるのであまり言わないで」と言いながらも「また護摩行に行く。精神面も肉体面もしっかり追い込みたい」とモチベーションに衰えなし。恩師の期待に応えてくれそうな勢いだ。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161216-00000029-tospoweb-base

     広島の新入団選手発表が13日、広島市内のホテルで行われた。ドラフト4位日大三・坂倉将吾捕手(18)はまさかの“トレーニング”を明かした。

     右投げ左打ちの打てる捕手。高卒ながら3拍子そろった好素材。高校通算25本塁打を誇り、神宮のバックスクリーンに放り込んだこともある。憧れの選手を問われると「石原捕手です。捕手としての一番は勝てること。僕も勝てる捕手を目指したい」と意気込んだ。

     毎日欠かさないトレーニングを問われると「朝の散歩です」と告白。「朝があまり強くないので。体を動かしたいということと、四季折々を感じたいと思ってやってきました」と続け、会場を笑わせた。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161213-01751261-nksports-base

     ◇決断2016」ユニホームを脱いだ男たち=広島・倉義和捕手(41)

     25年ぶりのリーグ優勝が、広島・倉に現役引退する時を告げた。9月10日。胴上げをテレビの前で迎え、チームの一員としての喜びと同時に、「自分はもう必要な戦力ではない」という思いが胸に去来した。

     「去年から引退を意識していたけど、優勝の輪の中にいられなかったことで、やめなきゃいけないと思った」

     広島一筋19年間。現役選手生活に区切りをつけた瞬間だった。40歳を超えてまで現役を続けることができた要因の一つに、同じく今季限りで現役を退いた1学年上の黒田の存在があった。

     「黒田さんがいなかったらこんな長い間、現役をできなかった」

     1軍に定着した05年にエースから信頼を得て、専属捕手を務めた。07年オフ、黒田がFAでドジャースに移籍してからも、その活躍を喜びながら、広島で帰りを待ちわびていた。

     「向こう(米国)に行っても、また広島に帰って来るはず。また、試合で受けたいという思いがあった。そのためには頑張らないといけないという気持ちにさせられた」

     強い思いで待ち続け、15年にエースが念願の広島復帰。だが、同年は会沢の1軍定着もあり、コンビを組むことはかなわなかった。さらに今季は2軍バッテリーコーチ兼任となったこともあり、選手としても2軍生活に終始した。

     それでも最後にご褒美が待っていた。引退試合となった9月25日、本拠地でのヤクルト戦。打者1人限定で先発マスクをかぶり、黒田と9年ぶりにバッテリーを組むことになった。結果はストレートの四球となったが、久々の感触をかみしめた。その後、試合は降雨ノーゲームとなり、引退試合は記録に残らないが、それは大きな問題ではなかった。

     「最後に黒田さんの球を受けさせてもらったことが記憶に残るから」--。

     来季からはコーチ専任となる。「これまでは自分のことを考えるのと、他の選手のことを考えるのとで半々だった。これからは選手のことだけを考えればいい」。次代を担う捕手の育成に尽力する覚悟だ。 (柳澤 元紀)

     ◆倉 義和(くら・よしかず)1975年(昭50)7月27日、京都府生まれの41歳。京都成章から京産大を経て、97年のドラフト5位で広島入団。8年目の05年には自己最多の109試合に出場。この年から07年まで黒田の専属捕手を務めた。16年は2軍バッテリーコーチを兼任。1メートル79、90キロ。右投げ右打ち。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161215-00000076-spnannex-base

    このページのトップヘ