広島カープブログ

広島カープファンが作る、広島カープのまとめブログです!

    石原慶幸

     広島の正捕手争いが熱い。25年ぶりにリーグ制覇した昨季は石原慶幸が83試合、會澤翼が50試合、磯村嘉孝が10試合でスタメンマスクをかぶった。


     昨季、ベストナイン、ゴールデン・グラブ賞を獲得した石原が今季も一歩リードしているが、會澤、磯村も力をつけており、スタメンの座を虎視眈々と狙っている。

     石原の強みはなんといっても経験。37歳と大ベテランの域に達したが、円熟味あふれるリード、キャッチングは随一。肩も衰えはなく、昨季の盗塁阻止率.333は巨人・小林の.356に次ぐリーグ2位の数字だった。投手陣から絶大な信頼を集めている。打率.202、0本塁打と打撃面での貢献度は低いが、正捕手最有力の座は揺るがないだろう。

     追いかける立場の會澤の魅力はなんといっても捕手離れした打撃力。2014年には65試合の出場ながら、打率.307、10本塁打をマーク。捕手で2桁本塁打は球団史上4人目の快挙だった。15年は93試合出場で打率.246、6本塁打、16年は83試合出場で打率.239、7本塁打と捕手としての打撃力は12球団でも有数だ。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170306-00010008-fullcount-base

     「阪神春季キャンプ」(23日、宜野座)

     これほど輪郭の見えない年も珍しい。第5クールを終えた阪神キャンプは休日を挟んでいよいよ最終クールを迎える。熾烈なサバイバルの内野手もそうだが、やはり捕手が気になる。扇の要、チームの心臓はいつ定まるのだろうか。

     虎の開幕投手はランディ・メッセンジャーが担う。開幕候補の「筆頭」だと金本は明言する。では3月31日にマツダでメッセを受けるのは誰か。宜野座組の岡崎、原口、梅野、坂本が候補になる。オープン戦の結果次第とはいえ、本番ギリギリまで引っ張ることのできないポジションだとも思う。

     「意外じゃないですよ。そうやって周りから言われるほうが、僕は意外ですよ。Bクラスのキャッチャーはそうそう選ばれないと思いますしね。キャッチャーってチームが勝たないと、まず評価されないポジションですから…」

     午後から、開幕戦の相手広島のキャンプ地にお邪魔し、石原慶幸と話をしてきた。僕がカープ担当時代、彼はまだ大学生だったが、新井貴浩を通じて10年来の交流がある。昨季プロ15年目にして初めてベストナインに選ばれた石原に「初って意外だね」と伝えると、「全然」と首を横に振った。

     確かに、そうか。石原が初めて規定打席に達した04年から数えてみても、昨季まで13年間で広島のAクラス入りは3度しかない。最近10年のベストナインを振り返れば分かりやすい。07年から8年連続で受賞した捕手は阿部慎之助。この間、巨人はすべてAクラス入りし、6度のリーグ制覇。15年は優勝したヤクルトの中村悠平だし、阪神が勝った03、05年は矢野輝弘(現・燿大)が選ばれている。

     「僕の場合、チームを勝たせられなかったからダメなんですよ」

     広島を25年ぶりに頂点へ導いた石原は自戒を込める。捕手一人で勝てるものではない。ただ、このポジションがあやふやなチームが常勝になった試しがないことも事実だ。勝てる捕手とは、打てる捕手か、守れる捕手か。肩、リード、捕球、研究心…。適性を挙げればキリがないポジションである。

     今季から阪神の2軍育成コーチになった藤井彰人は石原を「最強の捕手」と評してきた。昨秋の就任会見で「勝つために必要な選手を育てたい」と語った藤井が言う。「投げる、捕る、止める。ずっと石原が一番うまいと思ってきましたよ」。基礎が「最強」だから勝てる捕手になったと強調する。

     「歴代の打てる名捕手を見ても、結局は皆さん、守れる。僕の場合バッティングがダメなので、守れないとアウトだと思ってやってきましたから…。守れて当然という思いで、あとは打てるように練習するしかない、と。やはり、打てて守れる捕手が理想ですよね。阪神なら矢野さんがそうでしょ」

     石原はそう言って室内練習場へ向かい、一人黙々とバットを振っていた。開幕戦は「最強の捕手」が待ち受ける。阪神は「勝てる捕手」を誰が担うのか。まずは金本から「筆頭」に指名される開幕候補を楽しみに待ちたい。=敬称略=(デイリースポーツ・吉田 風)



    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170224-00000049-dal-base

     「広島春季キャンプ」(12日、日南)

     広島ドラフト2位の高橋昂也投手(18)=花咲徳栄=が12日、1軍キャンプに初参加し、ブルペンで64球の熱投を披露。しなるような腕の振りからキレのある球を投げ込んだ。今回は1軍の“1日体験”のため13日からは2軍キャンプに戻るが、投球を見守った松田オーナーや首脳陣は評判通りの実力を見せつけた左腕を大絶賛した。

     午前10時20分から始まった投手陣のブルペン練習。その先陣を切って高橋昂がマウンドに上がった。受けるのは正捕手の石原。その後方では緒方監督が目を光らせ、松田オーナーも視察に訪れた。右隣ではエース左腕のジョンソンも投球練習を開始。並の新人なら腕が縮こまってしまいそうなシチュエーションだが、強心臓の18歳は物怖じすることなく、快速球を投げ込んだ。

     自慢のストレートに2種類のカーブ、スライダー、フォーク、シュート。多彩な持ち球を駆使しながら64球の熱投。投げ終えると石原から「ナイスボール!」という賛辞とともにグータッチを求められた。高橋昂はちょっぴり戸惑いながらもコブシを合わせて1軍初投球を終えた。

     「あれだけ多くの人には見られたことがなかったので…。でも、思ったよりも自分のペースで投げられた。すごくいい経験をさせてもらいました」。この日は他の高卒新人3人とともに1軍を“1日体験”。前夜は、みんなで「1軍ってどんな雰囲気なんだろう」と想像をかき立てた。緊張感いっぱいで天福球場にやってきたが、そこは「高校BIG4」と評され、甲子園の大舞台も経験した左腕。少々のことで萎縮するような心臓ではない。

     畝投手コーチは「腕の遅れて出てくる感じはジョンソンとよく似ている。特に右打者の外へのボールはいい球だった」と話せば、緒方監督も「いい素材が入ってきた。楽しみを感じた」と絶賛。さらに松田オーナーも「監督が見ていて、石原が受けて、あの状況であれだけの球を投げられるのはすごいと思わんか?度胸がある。慌てることなく大きく育てていきたい」と、期待値の高さを口にした。

     大物の片りんを見せつけた高橋昂だが、足元はしっかりと見据えている。16勝右腕の野村の投球をじっくり観察。「テンポが良くてコントロールもいい。これぐらいの制球力と球のキレがないと1軍では通用しないんだなと感じた」と自らの目指すレベルも確認した。

     13日から再び2軍での練習が始まるが、「できるだけ早く(1軍の戦力として)チームに貢献したい」ときっぱり。この日の貴重な経験を胸に刻み、未来のエース左腕はさらなる進化を誓った。


    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/02/12/0009910799.shtml

     自主トレ真っ盛りのマツダスタジアム・屋内練習場。フリー打撃に汗を流す若手相手に、打撃投手を務めるベテラン捕手の姿があった。真剣な表情。時に笑顔ものぞく。石原慶幸―。リーグ連覇と日本一を目指す春のキャンプインを前に、その姿、存在が頼もしい。

     ようやく…の思いを禁じ得ない。プロ15年目を迎えた昨季、女房役としてリーグ優勝に貢献し、ベストナインとゴールデングラブ賞を初受賞。中日・吉見が「石原さんが谷繁さんにしか見えなかった」と語ったように、以来、他球団の選手からも賞賛の声が相次いだ。

     勝てば官軍ということだろう。評論家時代の達川光男氏(現ソフトバンク・ヘッドコーチ)は、早い段階から「石原は12球団の中でも指折りの捕手よ」と高く評価。09年には第2回WBC日本代表にも選ばれたが、実直で派手なことを好まない分、実力と世間の認知度には誤差があった。

     思い起こせばFA権を初取得した10年オフ、4球団が水面下で調査していた。岐阜県出身。中でも、中日が熱心と伝わった。同じ野球観を持つ黒田、新井が揃って移籍しており、石原も同じ道を歩むだろう…と思った。だが、彼が下した結論は残留。7年前に聞いた言葉が忘れられない。

     「愛着のあるチームで勝ちたいですからね」

     黒田、新井が復帰し、最も変わったのが石原だ…という声がある。必死にプレーしていたつもりでも、無意識のうちに現状に甘えてしまう。よくある話だ。年輪を刻んでなお必死に練習する2人に感化され、忘れていたものを思い出したとしても何ら責められまい。

     「選手としてレベルアップするのはもちろん、チームのために自分は何ができるか。それを常に考えながらやりたい」

     11年連続となった鹿児島・最福寺での護摩行。今春は、志願参加の会沢も一緒に2泊3日の荒行に挑んだ。正捕手を争うライバルだが、求められれば助言や協力を惜しまない。他の捕手とてしかり。V旅行先のハワイでは家族サービスをする傍ら、若手投手と食事に出掛ける姿があった。

     定評のあるキャッチングに円熟味を増したリード。実力に認知度が追いつき、名実ともに球界屈指の存在になった。晩年にこそ問われるベテランの価値。7年前の願いを叶えて迎えた16年目の春も、石原は元気だ。(江尾 卓也)


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170127-00000083-spnannex-base

     昨年はプロ最少の出場7試合、初の無安打と屈辱のシーズンを送った広島・梵英心内野手(36)が24日、親交のある稀勢の里の横綱昇進を刺激に一軍再定着を誓った。

     共通の知人を介して知り合い、横綱が広島に来た時は食事をともにする間柄。優勝後の会見で涙する姿を見て「自分のことのように感動した」という。お祝いの花を贈ったところ「気を使っていただきありがとうございます」と連絡が来たといい「年明け早々いいニュースが届いた。この流れに乗っかって自分も頑張りたい」と腕をぶす。

     9日から21日まで、安部、小窪らと沖縄で合同自主トレを実施。くしくも三塁手争いではこの2人に先行されてしまっただけに「合同トレだが、僕は僕のリズムでやりたかったし『自分勝手にやっていこう』と伝えた。今は人のことを見る余裕はない」と、なりふり構ってはいられない。沖縄ではタブレット端末を使い、動画で打撃フォームをチェック。夏場に体重が減ったことを反省し、食事を増やして体重アップにも努めた。

     チームは昨季、25年ぶりのリーグVを達成したが、中心となったのは新井とすでに引退した黒田氏の大ベテラン2人に次代を担う若鯉たちで、梵はカヤの外だった。「試合に出ないといけない立場なので、自分でチャンスをつかむしかない」。冬の時代を支えたベテランが背水の陣から巻き返す。


    引用元 http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/644341/

     広島・石原慶幸捕手(37)が19日、マツダスタジアムの室内練習場で、新井、下水流と汗を流した。

     昨季はリーグ優勝に貢献し、ゴールデングラブ賞と、ベストナインを獲得。この日は合同自主トレ休日だったが、「休日でも自分たちがやろうと思えば、関係なくやろうと思っている」と意欲的だった。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170119-00000054-dal-base

     広島・新井貴浩内野手(39)が11日、鹿児島・最福寺で護摩行に挑んだ。同僚の石原に、志願で初参加した堂林と会沢を加え、摂氏400度超の熱さに耐えながら己の心を鍛え上げた100分間。約40センチの距離で2メートルを超える火柱と正対し、全身全霊をこめて不動真言を唱え続けた。

     「何年やってもしんどい。でも、これをやらないと始まらない。それくらい大切な場所だし、大切な行。気持ちがグッと引き締まってきます」

     護摩木は、昨年と同じ2000枚。しゃく熱に長時間さらされることで表情は苦痛にゆがみ、意識をしっかり保つために声を張り上げた。

     昨季は132試合で打率・300、19本塁打、101打点。セ界最年長でMVPを受賞し、リーグ優勝の原動力となった。「MVPもリーグ優勝も過去のこと。今年は今年。新しい気持ちでやるだけ」

     高野山別格本山清浄心院住職の池口恵観大僧正(80)からは「一打成仏」「一守不動」の言葉を授かり、「無欲で一心不乱にやりなさい」とエールを送られた。1月30日で40歳を迎えるが、「MVPを獲った去年よりもいい状態。40歳なんて関係ない。今の状態なら50歳までできる」と太鼓判も押された。

     本塁打王を獲った05年にスタートした荒行は13年目に入った。リーグ連覇と日本一を目指す2017年。衰え知らずのベテランが、今季もまた若いチームをけん引する。 (江尾 卓也)


    引用元 http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/01/12/kiji/20170111s00001173265000c.html

    このページのトップヘ