広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    石原慶幸

     広島・堂林翔太内野手(27)が12日、鹿児島市内の最福寺で石原慶幸捕手、会沢翼捕手と恒例の護摩行に臨んだ。師と仰いだ新井貴浩氏は昨季限りで現役引退したが、3年連続で参加。巨人へFA移籍した丸佳浩外野手の人的補償で新加入する長野久義外野手らとの外野争いを勝ち抜き、新井氏への恩返しを誓った。また高野山別格本山「清浄心院」の住職・池口恵観大僧正(82)も鯉のプリンスの活躍に太鼓判を押した。



     法衣姿の堂林は顔をゆがめ、大きな声で経を唱え上げた。3度目の荒行参加は決意の表れだ。池口住職から「下がりなさい」と、しぐさを送られるほどの熱気を、歯を食いしばって耐え抜いた。

     「やはりきついですね。年々、気持ちを入れてやっています。また来させてもらって、まだ力があり余ってるんじゃないかと自分の中で確認できました。今年は必ず活躍できるようにしたいです」

     強い覚悟を持って約4メートルの高さまで燃えさかる炎と向き合った。師と仰いだ新井氏が現役引退。エルドレッドも退団し、丸はFAで巨人へ移籍した。一塁と外野を守る堂林にチャンス到来と思われた矢先、人的補償で長野の加入が決まった。実績十分のベテランの新加入で再び厳しい立場に追いやられたが、堂林は前だけを見つめている。

     「危機感はいつも持っている。競争は激しく厳しくなるけど、勝つしかその先はない。自分の力で試合に出られるようにしたい。いろんな人に負けないように向かっていけば勝てると思う」

     昨季は63試合の出場で打率・216、0本塁打、5打点。年下の野間や西川がブレークする中、ベンチを温める日が続いた。荒行に挑んだ過去2年はシーズンの結果に結びつかず。辞退という選択肢もあったはずだが、迷わず参加を決め、鹿児島までやって来た。

     「まだまだ足りないところがある。今までは見ての通りです。さらに力を引き出せるように。気持ちは引き締まるし、今年はやるぞ!という思いです」

     池口住職も堂林の変化を感じ取っていた。「前向きになってきている。今まではもうダメだと火に負けていたが、今日は乗り越えていた。いい成績を残すんじゃないか」。堂林へ授けた『不屈招福』『向明勝縁』という言葉には住職の熱い思いが込められている。

     プロ10年目。競争はし烈だが、一歩も引くつもりはない。「今年1年試合に出て活躍することが恩返しになると思う。そこは忘れずにやりたい」。難敵との争いに勝ち抜き、新井氏へ復活を届ける。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190113-00000021-dal-base

    歓迎会はセルフ幹事!? 広島選手会長の会沢翼捕手は長野加入に「うれしいです。人柄もいいですし、チームにとってプラス。一緒にやれるのをワクワクしている」と笑顔で歓迎した。



    15年の春季キャンプでは「新井さん、どのツラ下げて帰って来たんですか会」と称し新井の復帰を祝った。今年も歓迎会開催を計画しつつ、「あの人が開くでしょう」とニヤリ。新加入の先輩に先制パンチを見舞った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190108-00439858-nksports-base

     広島・船越涼太捕手(25)が28日、来季の1軍フル帯同を目標に掲げた。今年は出場機会を増やすため、複数ポジションに挑戦したが、春以降は再び捕手に専念。「スローイングに手応えと言ったら言い過ぎですが、いけるんじゃないかという実感がある。肩の強さも不安はないし、形になってきた」。捕手一本で勝負をかける意気込みだ。

     1軍捕手争いはし烈だ。正捕手の会沢に、ベテラン・石原、さらに磯村や坂倉、中村奨など、個性あふれるライバルがひしめく。わずか1試合の出場に終わった今季。当面の目標は2次キャンプ地の沖縄行きだ。「1軍にいることで途中出場もある。とにかく1軍にいることです」。今季のチーム盗塁阻止率は・192で、強肩を売りにする船越に割り込むチャンスはありそうだ。

     社会人の王子から同期入団した西川は1軍戦力となり、市立柏の同級生である巨人・宇佐見も一歩先を進む。「身近な選手が活躍しているので負けられないという気持ちです」。来季は勝負の一年。定評のある打撃と強肩で、存在価値を高めていく。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181229-00000032-dal-base

     広島・石原慶幸捕手(39)が15日、広島市内のマックスバリュ千田店広場で行われたトークショーに参加し、積極補強を進める矢野阪神を徹底分析する考えを示した。矢野監督は同じ東北福祉大のOBで、プロではライバルチームでしのぎを削った仲。偉大な先輩に敬意を払うとともに、キャンプからオープン戦にかけて新戦力を丸裸にする。

     巧みなトークで盛り上げたイベント後、ベテラン石原が勝負師の顔に戻った。阪神矢野新監督について「偉大な先輩、すごい方」と尊敬のまなざしを向ける一方、「阪神がどう変わっていくか。どういう野球をするか。また一からだと思う」と鋭い視線を送った。

     今季セ・リーグ最下位に甘んじた阪神が巨人に負けじと積極補強を展開中だ。まずオリックスから通算74勝の西を獲得。さらに前中日ガルシア獲得を目指している。石原もそうした動きをつぶさにチェック。この時期はまだメディアの情報に目を通す程度だが、「キャンプ、オープン戦が始まってくれば、こうかと、分かってくると思う」とうなずいた。

     阪神だけではない。丸、岩隈、ビアヌエバらを獲得した巨人も、大補強した。カープのリーグ4連覇を阻止しようと、他球団が目の色を変えている。「カープも頑張っていかないといけない」と警戒を強めるが、チーム力に自信を見せる。

     「うちの若い選手はしっかりしている。おごりもないし、みんなチャレンジャーだと思ってる。3回優勝を経験しているからね」

     今季限りで新井が現役を引退し、来季からチーム最年長となる。「新井さんは精神的支柱だったから。何ができるか、考えてやっていきたい」。来季不惑を迎える男が、いぶし銀の輝きでチームをまとめ上げる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181216-00000038-dal-base

     広島・石原慶幸捕手、小窪哲也内野手、会沢翼捕手、上本崇司内野手、今季限りで現役を引退した土生翔平氏が16日、広島県福山市のツネイシスタジアムで行われた「ツネイシベースボールクリニック」に参加した。

     小学4年生から中学3年生まで約160人が集まり、社会人野球チーム・ツネイシブルーパイレーツの選手とともに野球を通して交流を図った5人。選手会長の会沢は「野球人口が少なくなっているから、野球の楽しさを分かっていただけたらいいかなと思うし、いい野球教室になったと思います」と振り返った。

     また、土生氏は4年連続の参加。「保護者の皆さんがいてこそ、こうやって野球ができると思うので、お父さん、お母さんへの感謝の気持ちを持って野球をやってください」と呼びかけていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181216-00000070-dal-base

     広島・石原慶幸捕手(39)が15日、広島市内のマックスバリュ千田店広場で行われたトークショーに参加し、ハワイ優勝旅行の思い出を語った。「家族サービスをしました。僕の子どももまだ小さいので、歩くペースを合わせるとなかなか進まない。疲れました」と苦笑い。常夏の島ではゴルフの他、新井家、会沢家、堂林家で合同食事会をしたという。「みんな子どもがいるので、走り回って、すごく賑やかでした」と笑顔で振り返った。

     また捕手の練習をしているという少年から上達の秘けつを問われると、「好きな選手のマネをすること」と回答。「人を観察することが大事。何を考えてるんだろうと。そういう癖を付けてほしい」と助言を送った。石原は兄の影響で捕手を始めたと言い、「キャッチャーをやりたいという子は少ないので、キャッチャーの練習をしていると聞いてすごくうれしい」と喜んだ。

     イベントの最後にはサンタクロースからプレゼントをもらい、「サンタさんはいるんですね」と笑っていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181215-00000065-dal-base

     広島・石原慶幸捕手(39)は30日、マツダスタジアムで契約更改を行い2000万円減の年俸7000万円(金額は推定)でサインした。

     今季は、球団捕手では初となる通算1000安打を達成。新井の引退でチーム最年長となり、「(球団からは)新井さんという存在が抜けるので、そういうところも含めて頑張ってくれといわれた」と明かした。

     17年目の今季は58試合出場、打率・177、1本塁打、7打点の成績でシーズンを終えた。(金額は推定)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181130-00000153-spnannex-base

     広島・磯村嘉孝捕手が17日、キャンプ地・宮崎県日南市のチーム宿舎で契約更改交渉に臨み、250万増の1100万円でサインした。

     チームの捕手では今季会沢、石原に次ぐ自己最多の37試合に出場。打率・215、1本塁打、4打点だった。攻守においてレベルアップを見据え「もっと上を目指していきたい。まずは試合にたくさん出ることですね」と力を込めた。(金額は推定)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181117-00000130-dal-base

     広島の主力7選手が恒例の大分・湯布院リハビリキャンプ入りした。この日は全員で露天風呂に入るなど、結束力を高める貴重な機会。

     新井の引退でチーム最年長となる石原は「なれ合いではなくて一丸はいいこと。若い選手が困っていれば、手助けになれればいい」と助言を惜しまない心構えをみせた。侍ジャパンに招集されていた5選手は、17日から合流する予定だ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181117-00000019-spnannex-base

    このページのトップヘ