広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    磯村嘉孝

     5月31日の阪神戦(マツダ)で球団新を更新する月間20勝を劇的なサヨナラ勝ちで決めたカープ。延長11回2死走者なしからサヨナラへの扉を開いたのは、同28日に“愛され写真”を特集した上本崇司でした。



     サヨナラ打を打ってヒーローとなった野間は「僕のヒットも上本選手のおかげです」と感謝。サヨナラの場面でもやはり愛されていたタカシの紙面掲載できなかったショットをたっぷりどうぞ。

     まずは11回2死走者なしから競馬のG1レースのファンファーレを登場曲に場内をざわつかせながら打席に向かいます。そして追い込まれながらも思い切りのいいスイングで鋭いライナーを左前に運んでチャンスメーク。今季2安打ともに能見から放つキラーっぷりを披露します。

     磯村の四球で二塁に進む際にはセカンドを守っていた兄・博紀と軽く言葉を交わした様子。そういえば9回にも三塁上で兄弟の絡みがありましたね。5月25日の巨人戦(東京D)では田中兄弟による三塁上でのクロスプレー(リプレー検証の結果、走者の兄に軍配)がありました。2週連続で違う兄弟選手が塁上で絡むのも珍しいですね。

     そしてサヨナラのシーン。劇的な一打を放ち、もみくちゃになる野間の向こうでもう一つ歓喜の輪が…。サヨナラのホームを踏んだ上本のもとに一目散に向かったのは長野&菊池涼。2人でタカシのユニホームを脱がそうといたずらっぽい表情を見せます。タカシはその後も集まってきたナインに次々と頭を叩かれ、最後は野間とハイタッチ。ムードメーカー2人の活躍にナインの笑顔があふれました。

     2位に4ゲーム差をつけて交流戦を迎えます。昨年は10位と苦戦したパ・リーグとの戦いでもこんなシーンがたくさん見たいですね。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190603-00000129-spnannex-base

     広島は11日から敵地で日本ハム、楽天と6連戦。DHとして期待された松山がまさかの体調不良で離脱する中、首脳陣は磯村嘉孝捕手(26)の優先順位を上げ、本業だけでなくDHでも先発起用する構えだ。今季ブレークし、打率・383を誇る右打者。今季交流戦では12球団で唯一DHの無安打が続いており、低調な空気を打破する打撃に期待がかかる。

     交流戦は今季もまた苦難の船出となった。西武、ソフトバンクに2カード連続で負け越し、目下2勝4敗。巻き返すには、11日からの敵地6連戦をどう乗り切るか…が重要だ。カギを握るのはやはりDH。井生スコアラーが言う。

     「最終的には首脳陣が決めることですが、ボクの中で磯村の優先順位は高いです」

     期待された松山が体調不良で離脱する緊急事態。他の候補として強打の会沢、実力者の長野、左では坂倉の名前が挙がるが、今季ブレークした26歳の評価はすこぶる高い。何しろ、47打数18安打2本塁打12打点。打率・383がキラリと光る。

     「ボクがDHなんて無いです、無いです」

     磯村は苦笑しながら首を横に振る。DHは2軍戦で経験済みだ。守備でのリズムを重視する向きには難しい役割だが、「ボクはあまり気にしない。代打の時もギリギリまでベンチ待機し、スイングをして向かうタイプなので」と強調した。

     プロ9年目。それにしても、この成長ぶりはどうだ。分岐点はあった。途中出場した5月7日の中日戦から、先発マスクを被った5月12日のDeNA戦にかけて、3打席連続で見逃し三振。バットが出なかった過程を振り返り、猛省した。

     「配球を考えたら、甘いボールを見逃していた。それからです。どんな球種でも、甘いボールを一発で仕留められるように心掛けたのは。確率は上がっていると思います」

     軽打に徹していた昨季までとは一転、「どうすれば遠くへ飛ばせるか…を考えるようになった」こと、それをスイングに取り入れていることも、飛躍の一因と言っていい。

     交流戦は3分の1を消化。DHが安打を打っていないのは広島だけだ。「走者が居なければ塁に出る。チャンスなら還す。状況に応じてやりたい」。磯村の先発起用が増えそうな敵地での6連戦。停滞ムードを吹き飛ばす一打に期待だ。(江尾 卓也)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190611-00000089-spnannex-base

    ■広島 9-1 西武(交流戦・5日・メットライフ)

     広島は5日、敵地での西武戦を9-1で勝利し連敗を2でストップし交流戦初勝利を挙げた。田中が3号満塁弾を含む3安打5打点の大活躍を見せた。


     両チーム無得点で迎えた3回。広島は1死三塁から野間の二ゴロの間に三走・田中が生還し先制。同点の7回には1死満塁から田中の右前タイムリー、代打・磯村の2点タイムリー二塁打で3点を奪い勝ち越しに成功した。

     さらに8回はバティスタの17号ソロ、田中の3号満塁アーチで一挙5点を奪い試合を決めた。この日、田中は満弾を含む3安打5打点の大活躍でチームの勝利に貢献した。

     西武は先発の十亀が6回まで1失点と好投を見せていたが7回に崩れた。打線も広島投手陣から1得点と自慢の強力打線が不発に終わった。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190605-00398755-fullcount-base

    ■広島 2-1 阪神(31日・マツダスタジアム)

     広島は31日、阪神との直接対決(マツダ)で2-1で延長11回サヨナラ勝ち。5月の勝利数を「20」に伸ばし、球団月間記録を更新した。阪神は連勝が3でストップした。



     広島は5回2死二塁から菊池涼の中前適時打で先制し、先発の3年目左腕・床田は7回5安打無失点と好投。1点リードの9回は守護神・中崎に追いつかれたが、延長11回2死一、二塁で野間が右越えへサヨナラ適時打を放った。2位の阪神とのゲーム差を4に広げ、5月は20勝4敗1分けの快進撃だ。

     阪神は先発の西が7回6安打1失点と好投。9回2死一、三塁から梅野の左前適時打で同点に追いついたものの、あと1点が遠かった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190531-00393133-fullcount-base

    <ヤクルト-広島>◇30日◇神宮

    ホプキンス超えだ。広島西川龍馬内野手(24)が1回2死一塁から一二塁間を破る右前打を放ち、連続試合安打を22試合に伸ばした。


    広島では76年ホプキンス、14年菊池涼(5月31日~7月2日)の21試合連続を抜き、97年ロペス、14年菊池涼(7月26~8月21日)の22試合に並ぶ球団4位の記録となった。

    自らの記録を伸ばす一打でランエンドヒットを成功させてチャンスを広げると、6番磯村の2点二塁打でリードを広げた。磯村は「ひと振りでしっかり捉えることが出来ました」と振り返った。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190530-05300608-nksports-base

     ◆ヤクルト0―13広島(30日・神宮)

     首位・広島がヤクルトを下し3連勝。この日の勝利で今月19勝目(4敗)となり、1994年8月の月間18勝を抜いて月間勝利数の球団新記録を更新した。


     広島は初回に3番・バティスタがヤクルト先発・小川から右翼ポール際へ13号ソロで先制。6番・磯村の左中間への2点二塁打で3点を奪うと、6回までに10得点のワンサイドゲームに。7回に1点、さらに9回にバティスタがこの日2本目となる14号2ランを決め13点の爆勝。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190530-00010003-spht-base

    ● 巨人 3 - 8 広島 ○
    <9回戦・東京ドーム>

     広島の坂倉将吾が、10球粘って二塁打を放った。

     坂倉は4-3の7回二死走者なしの場面で、レグナルトの代打で登場。坂倉は巨人・戸根が投じた初球のストレートをファウルにすると、1ボール1ストライクから3球連続でファウルで粘る。そこから2つボールを選び3ボール2ストライクとすると、再び2球連続ファウル。粘りに粘った10球目のストレートを弾き返す二塁打で出塁した。

     この打撃に24日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で解説を務めた田尾安志氏は「内容が非常によかった。追い込まれたあと、ファウル、ファウルで粘りながら、ボール球を投げさせて、フルカウントに持っていった。真っ直ぐがくるだろうというカウントにしましたよね。大したもんでした」と坂倉の打撃内容を評価。

     その後、坂倉は野間峻祥の内野安打で5点目のホームを踏んだ。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190525-00189845-baseballk-base

     広島の中村奨成捕手(19)が復帰へ向けて最終段階に入っている。2月1日の春季キャンプ初日の打撃練習で「右第一肋骨(ろっこつ)疲労骨折」し、治療とリハビリを続けてきた。既にカーブマシンでの打撃練習やブルペンでの捕球など、大半の練習メニューを再開。今月末に病院で検査を受ける予定で、そこで最終的なゴーサインが出るのを待つ。

     大野練習場のブルペンで、中村奨はマスクをかぶっていた。岡田が投じる剛球に乾いたミット音を響かせる。「ナイスボール」。発する声にも力がこもった。野球ができる喜びを感じながら、着実に前に進む毎日だ。

     「2、3カ月練習している訳ではないから、いろいろ落ちている。でも、できることが少しずつ増えてきた。これから運動量とか振り込みとか増やしていきたい。痛み?ないです」。汗をぬぐい力を込めた。

     春季キャンプ初日の2月1日。大野練習場での打撃練習中に背中の痛みを訴え病院で受診。「右第一肋骨(ろっこつ)疲労骨折」と診断された。2日目からは絶対安静。日南移動後も時が過ぎるのを待つしかなかった。自主トレ期間に準備をしてこなかった訳ではないが、結果が全ての厳しい世界。「悔しかったし正直、終わったなと思った」。高校時代、そしてルーキーイヤーも常にプラス思考で取り組んできた。今度ばかりは「なかなか前を向けなかった」と回想した。

     気持ちを新たにできた1つのきっかけは恩師やかつてのチームメートの存在があったから。日南の宿舎でスマートフォンが鳴る。広陵・中井監督からだった。「宮崎からいつマンゴーを送って来るんや?って」。なにげない会話に自然と笑顔になった。ふさぎがちだった心が、フッと開いたような気がした。

     一部の練習に制限があるものの、既にカーブマシンでの打撃練習やゴロ捕球、全力ダッシュなど大半ができるようになった。今月末に受ける検査が最後になる見通しだ。順調にこのままの状態が続けば、全てのメニューが解禁できる。

     「短期的な目標は試合に出ること。ケガをしていたから、こういうプレーしかできないとは思われたくない」。再スタートの時は間もなくだ。(デイリースポーツ・市尻達拡)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190511-00000050-dal-base

     【球界ここだけの話】広島が12日に、マツダスタジアムでのDeNA戦で乳がんの早期発見を願うピンクリボン運動と母の日のコラボレーション企画「かあさんありがとう ~Pink Ribbon Day~」を開催した。緒方孝市監督(50)をはじめ、コーチ、選手は帽子やロゴや背番号がピンクの「ピンクリボンユニホーム」を着用し、見事に勝利を飾った。

     この試合では鈴木が決勝3ラン、磯村が3安打3打点、アドゥワがプロ初完投勝利を飾るなど今季最多の3人がお立ち台に登場。鈴木、磯村、アドゥワがそれぞれ「お母さん、俺やったよー!!」と絶叫するなど大盛り上がりで幕を下ろしたが、続きがあった。

     後日、1軍と2軍の全選手は特別ユニホームに感謝の言葉を添えて実家の母へ贈った。さらに緒方監督、コーチ陣は母ではなく夫人へ感謝のメッセージを記してプレゼントするなど、実は全員が参加していた。

     東京出身の鈴木は「サンキュー」と記した特別ユニホームとともに契約するアシックス社特注のピンク色の“母の日バット”を実家へ贈った。当日登板がなく、報道陣へメッセージを公開した長崎出身の大瀬良は「感謝 体に気をつけて いつまでも元気で」。岡山出身の野村は「いつもありがとう ハル(愛犬)の世話よろしくね」とペンを走らせた。

     松田元オーナー(68)は「野球をやるためには両親のサポートが必要。(選手は)両親に感謝しないと」との思いを持っており、今回のイベントを発案。球場内は至る所にピンクと赤の花が飾られ、イニング間の大型ビジョンには、一般募集したカープファンが母親へ感謝のメッセージを述べるシーンが放映されるなど、球界でも前例のないものに仕上がった。

     鈴木は「もしやるなら全部(アンダーウエアやスパイクも)同じ色にしてほしいですね」と要望を出した。球団職員は「次回はメーカーに協力してもらってそうしたいですね」とやる気マンマンだ。アイデアに富んだカープらしい母の日だった。(柏村翔)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190519-00000537-sanspo-base

     「広島4-0阪神」(18日、甲子園球場)

     隠れたスラッガーが、もはや隠しきれないほど活躍し始めた。

     広島・磯村の好調が止まらない。この日は七回2死一塁で、先発・ジョンソンの代打として出場。メッセンジャーから左中間二塁打を放った。

     このチャンスは得点に結びつかなかったが、前日も九回2死二塁から代打で左前打して、このつなぎが後ろの打者に“伝染”、そこから7得点を呼び込んだ。

     これで代打成績は4打数3安打、今季通算22打数10安打、打率・455。磯村は「シンプルに来た球を打とうと。チャンスをもらえてるので、結果を出すだけ」と、必死さが好調に結びついているようだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190518-00000145-dal-base

    このページのトップヘ