広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    磯村嘉孝

     毎年恒例となっているメープルヒル病院(広島県大竹市)の「カープもちつき・クリスマス会」が11日、同病院で行われ、広島の磯村、飯田、庄司の3選手と、安仁屋宗八氏、達川光男氏らカープOB、植田1軍バッテリーコーチ、歌手の南一誠ら13人が参加した。

     「もちつき・ぜんざい会」では選手が力強くもちをつき、安仁屋氏から「庄司はしっかり腰が入っているね」とお褒めの言葉も。同病院の患者、併設の介護老人保健施設「ゆうゆ」の入所者ら約60人と、一般参加者約100人にできたてのぜんざいが振る舞われた。

     続いて行われた「クリスマス会」では、カープクイズ大会や南一誠の歌の披露、託児所園児による踊り、選手からのプレゼント贈呈などがあった。

     磯村は「たくさんの方に応援していただき、来年も頑張ろうという気持ちになった」と笑顔。飯田は「来年は(1軍で)活躍して、またここに来たいです」と話していた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181211-00000079-dal-base

     広島・磯村嘉孝捕手が17日、キャンプ地・宮崎県日南市のチーム宿舎で契約更改交渉に臨み、250万増の1100万円でサインした。

     チームの捕手では今季会沢、石原に次ぐ自己最多の37試合に出場。打率・215、1本塁打、4打点だった。攻守においてレベルアップを見据え「もっと上を目指していきたい。まずは試合にたくさん出ることですね」と力を込めた。(金額は推定)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181117-00000130-dal-base

    【ザ・ギース尾関高文 コイのターゲット】広島東洋カープのみなさま、そしてファンのみなさま、球団初のセ・リーグ3連覇、おめでとうございます! 40回の逆転勝ちに象徴される劇的な試合の連続に何度涙を流したことでしょう。緒方孝市監督(49)をはじめとしたチームのまとまりも素晴らしく、今年は34年ぶりの日本一も間違いないでしょう。今年は丸佳浩外野手(29)や鈴木誠也外野手(24)、大瀬良大地投手(27)がMVP級の活躍をしてくれましたが、陰で優勝を支えてくれた方もたくさんいらっしゃいました。わたくし、ザ・ギースの尾関高文が独断と偏見で選んだ「カープ裏MVP」をご紹介します!

    <選手部門>磯村嘉孝捕手

     今年は大瀬良投手とともにお立ち台にも上がった磯村さん。第3捕手として、安定したこの人がいるからこそカープの捕手陣がうまく回ってたのではないでしょうか。

     常にベンチでも声を出し、チームを盛り上げてくれました。その人柄からチームメートにも愛され、バティスタ選手からは「キハ!(スペイン語でアゴが長いの意)」との愛称で呼ばれています。カラオケでウルフルズの「バンザイ~好きでよかった~」の歌い出しが「イエーイ!」ではなく、アゴの関係で「シェーイ!」になってしまう磯村捕手の魅力は底が知れません。

    <スタッフ部門>一軍チーフトレーナーの松原慶直さん

     緒方監督の初年度から一軍チーフトレーナーとして活躍をされている松原さん。ケガのケアをすることはもちろん、ケガを未然に防ぐことを何よりも大事に考えていらっしゃいます。選手としっかりコミュニケーションをとり、メンタル面もケア。去年から何度も大瀬良投手とは話し合いをされたそうです。

     少しふっくらされている松原さんは今年、菊池選手に「3連覇したら、ライザップしてくださいね!」と約束させられたとか。選手全員の合言葉「3連覇でライザップを」がチームに勢いを与えたかどうかは…わかりません。

    <特別部門>マツダスタジアム施設運営部の皆様

     今年一番の大敵は、天候だったと言っても過言ではありませんでした。今まで類を見ないほどの雨にも見舞われました。急な雨にもしっかり対応し、グラウンドを素晴らしい状態にしてくださったのが、施設運営部の皆様でした。

     雨が降った時にグラウンドにかぶせるシートは敷くのはたったの3分ほど。しかし、翌日になってたたむのに2時間ほどかかるそうです。素早く仕事をして、見えないところでしっかりと仕事をしてくださる皆様には頭が下がる思いです。

     受賞されたみなさま、おめでとうございます! うれしいかどうか分かりませんが、34年ぶりの日本一を目指して頑張ってください!


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181007-00000001-tospoweb-base

     29日のプロ野球公示で、広島は高橋樹也投手を抹消し永川勝浩投手を登録した。阪神は糸井嘉男外野手を抹消し高山俊外野手を登録した。

    【パ・リーグ】
    ■出場選手登録

    ソフトバンク
    捕手 栗原陵矢

    楽天
    捕手 石原彪

    オリックス
    投手 K-鈴木

    日本ハム
    外野手 谷口雄也

    ロッテ
    捕手 吉田裕太

    ■出場選手登録抹消

    ソフトバンク
    投手 松田遼馬

    楽天
    投手 菊池保則

    日本ハム
    投手 B.ロドリゲス

    【セ・リーグ】
    ■出場選手登録

    広島
    投手 永川勝浩

    阪神
    外野手 高山俊

    中日
    投手 浅尾拓也
    内野手 野本圭

    ■出場選手登録抹消

    広島
    投手 高橋樹也

    阪神
    外野手 糸井嘉男

    中日
    投手 鈴木翔太


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180929-00216150-fullcount-base

     29日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で解説を務めた里崎智也氏は、捕手の併用制について語った。

     同中継中に捕手の話題が挙がると、里崎氏は「最近のプロ野球は、捕手を固定するならばするでいいんですけど、無理にこだわる必要はないですよね」と自身の見解を述べた。

     「なぜなら今のセ・リーグの首位の広島は、今日のスタメンは会沢ですけど、石原もある磯村もある。パ・リーグの首位・西武も森のときもあれば、炭谷もある、岡田もある。両リーグの首位にいるチームは、捕手併用制を敷いているんですよね。無理に固定にこだわる必要がないんじゃないのかなと思います」と説明した。

     近年両リーグの優勝チームの捕手を調べてみると、2016年の日本ハムが大野奨太(現中日)、市川友也(現ソフトバンク)、広島は石原慶幸、会沢翼、昨季もソフトバンクは甲斐拓也、高谷裕亮、広島は石原、会沢と捕手を併用していた。

     里崎氏は「今のカープを見ても、3人でこれだけの強さを誇っているわけですから、デメリットを言えという方が難しいですよね」と話し、「あとは1チームの中にハイレベルなキャッチャーが増えたかもしれないですね」と分析した。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180830-00164176-baseballk-base

    <広島6-2中日>◇25日◇マツダスタジアム

    夏バテ知らずだ。広島大瀬良が7回2失点の力投でハーラートップ独走の14勝目。防御率との2冠をキープした。


    これまでこだわりを持ってきた背番号と同じ勝利数に到達した。「実感はあまりないが、1試合1試合やってきた結果。やってることは間違ってないのかなと思う。悪いなりに試合をつくれたのは良かった。イソが引っ張ってくれた」。お立ち台で並んだ磯村を持ち上げた。

    平田に先頭打者弾を浴び、先発陣は1回に4戦連続失点となったが、引きずらない。「ストライクを取るのも苦労した」という状態で、ソロ2発でしのいだ。100球過ぎても続投の7回は気合十分。「前回、前々回と打たれて(回の途中)交代。ここで抑えないと男じゃない」と2者連続三振で締めた。

    暑い8月に3連勝した。対策の1つが疲労回復を促進する冷温交代浴だ。40度の湯に2分入って、12度前後の水に1分入ることを2~3回繰り返す。「刺激が欲しい時は6度と42度。0度を試したら体が痛かった。いい温度はないかという好奇心です」。胃に負担がかかる脂質の摂取もできるだけ控えている。

    「22」となったマジック減らしに貢献。緒方監督も「要所をしっかり抑えてくれた」とたたえた。ピリッとしない先発の中で孤軍奮闘が続く。【大池和幸】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180826-00310613-nksports-base

     「広島6-2中日」(25日、マツダスタジアム)

     広島・大瀬良大地投手が7回2失点で自己最多を更新する14勝目(5敗)を挙げた。被安打7も許した得点は、ソロ本塁打による2点に抑えた。

     チームの優勝マジックは1つ減って22となった大瀬良は、「これからも大事な試合が続くのでしっかり投げたい」とファンの声援に応えた。

     打線も1点を先制された直後の初回、丸の29号3ランで逆転すると、二回には大瀬良が自らタイムリーを放ち、1点を加えた。さらに五回はバティスタが20号ソロを放つと、七回には鈴木が25号ソロで加点した。

     中日は先発・大野雄が5回7安打5失点で今季初勝利にまたも届かなかった。打線は広島と同じ9安打を放つも、初回に平田が7号、六回にはビシエドの20号とソロ2本による2得点に終わった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180825-00000125-dal-base

    ● 広島 4 - 8 巨人 ○
    <19回戦・マツダ>

     6月18日の日本ハム戦以来の先発となった広島・福井優也が、5回途中6失点で今季3敗目を喫した。

     福井は初回先頭の重信慎之介に二塁打、一死後、マギーに犠飛を打たれ先制点を許してしまう。2回も陽岱鋼に被弾。3回と4回も走者を出したが、なんとか無失点で切り抜ける。0-2の5回、先頭の重信慎之介に三塁打を浴びると、4連打で2失点。福井は岡本和真に適時打を浴びたところで、マウンドを降りた。

     後を受けた飯田哲矢も、亀井善行に適時打、投手・今村信貴に押し出し四球で2失点と、この回だけで4点を失い試合が決まってしまった。福井は4回0/3を投げて、7安打、5奪三振、3四死球、6失点。久々の先発も、役割を果たすことができなかった。

     同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 広島-巨人戦』で解説を務めた田尾安志氏は「福井は内容のある負け投手だったら、もう一回使おうという気持ちになるんですけど、今日の内容だとチャンスを与えられないんじゃないかな。他のピッチャーを探すんじゃないかなという気がするんですよね」と厳しかった。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180812-00162444-baseballk-base

    <日本生命セ・パ交流戦:ソフトバンク4-13広島>◇17日◇ヤフオクドーム

     広島が大勝し、連敗を5で止めた。打線は1回に松山の適時打とバティスタの3ランで4点を先制。6回は鈴木の2試合連続アーチなど、打者11人の猛攻で8点を追加した。投げては九里が4失点でプロ初完投を無四球で飾った。緒方孝市監督(49)の談話は以下の通り。



     -打線がよく打った

     緒方監督 初回、6回とね。いい攻撃をしてくれた。初回の攻撃に応えるように、九里も初回のピンチを切り抜けて、テンポよく打たせて取る投球をしてくれた。磯村のリードもさえていた。ベンチから見ていてもいいリードだった。

     -連敗を止めた

     緒方監督 明日は交流戦の7連戦目(日本ハム戦)があるので、いい形でカープの野球をしっかりやって、セ・リーグの戦いに臨みたい。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180617-00241847-nksports-base

    ◆日本生命セ・パ交流戦 ソフトバンク4―13広島(17日・福岡ヤフオクドーム)

     投打の歯車ががっちりかみ合い、広島が連敗を5で止めた。

     初回に松山の中前適時打で先制すると、バティスタが中堅右に9号3ランを放り込んだ。6回には鈴木の9号2ランなど打者11人、8安打8得点のビッグイニングを記録し、試合を決めた。

     5月26日の中日戦(マツダ)以来のスタメンとなったバティスタは、3安打の活躍。「(本塁打は)外角を狙って、コンパクトにスイングすることができました」と手応えを口にした。

     投げては先発・九里が4点を失ったものの、117球の熱投でプロ初完投。今季2勝目を挙げた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180617-00000190-sph-base

    このページのトップヘ