広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    磯村嘉孝

    <阪神1-5広島>◇12日◇甲子園

     広島岡田明丈投手(24)が6回107球、1安打3四球1失点で2勝目を挙げた。



     1回、先頭高山をいきなり四球で歩かせると、自らのミスも絡み、無死満塁のピンチを迎えた。それでもロサリオの犠飛による1点に抑えると、次第に立ち直りを見せ、4回には3者連続三振を奪った。2回以降は安打を許さず、4回から6回までは1人の走者も出さなかった。

     リードを広げた7回2死二、三塁で打席が回ってきたところで代打が送られた。

     緒方監督は「まだいっぱいいっぱいではなかった。まだ見たかったけど、攻撃で打順の巡りもあったから」と説明。次回は登板間隔を詰め、18日ヤクルト戦(マツダスタジアム)に先発するとみられる。

     岡田は「キャッチャーの磯村さんと話をしてクイックの方が良かったので、そのへんを意識しながら修正できました。引きずらず、切り替えて修正できたことはまた次につながると思います」とうなずいた。手応えを得た2勝目となった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180412-00177762-nksports-base

    ◆阪神1―5広島(12日・甲子園)

     広島が連敗を4で止め、わずか1日で首位に返り咲いた。リーグ連覇した2016、17年もワーストが4連敗だっただけに、3年ぶりの5連敗を免れる底力を発揮した。

     1点ビハインドの2回に先頭・安部の右越え二塁打と堂林の左前安打で無死一、三塁のチャンスを作ると、磯村が投手強襲の適時打。なおも2死一、三塁で菊池が右前に勝ち越し打を放った。「点につながって良かったです」。さらに満塁から松山が押し出し四球を選び、一気に勝ち越した。

     先発・岡田は序盤に制球に苦しみながらも6回を1安打1失点で自身2連勝。「捕手の磯村さんと話して、クイックの方が良かったのでそのへんを意識しながら修正できた」と振り返っていた。 


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180412-00000242-sph-base&pos=1

     開幕4連勝と好スタートを切った広島は4日、ヤクルト戦(神宮)に5-8で敗れ今季初黒星を喫した。

     プロ初登板初先発の3年目左腕・高橋昂は3回まで無失点と好投を見せたが4回につかまった。1死三塁から中村に左中間へタイムリー二塁打を浴び先制を許すと、2死一、二塁で西浦に左前タイムリー、続くバレンティンに左翼席へ3ランを浴び一挙5失点。この回で降板となりデビュー戦は4回8安打5失点。

     打線は6回に磯村の1号ソロ、エルドレッドの3号3ラン、さらに松山の1号ソロと一発攻勢で同点に追いついたが、その裏に九里が無死一、三塁から西浦に中前適時打を浴び勝ち越しを許した。8回にも青木のタイムリーなどで2点を奪われリードを広げられた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180404-00118094-fullcount-base

     「オープン戦、広島4-2ソフトバンク」(25日、マツダスタジアム)

     セ・リーグ3連覇を狙う広島がオープン戦最終戦を白星で飾った。

     1点を追う四回に3点を奪い逆転した。1死から丸が左前打を放つと、鈴木は四球、松山は左前打で満塁の好機。続く安部の放った一塁方向への打球が敵失となり2者が生還。なお一、三塁となり、エルドレッドの中犠飛でさらに1点を追加した。

     五回に丸が適時打を放ち、4戦連続打点をマーク。前回登板の18日楽天戦(静岡)で5回7安打5失点と乱れた先発・大瀬良は、不安を払しょくする5回3安打1失点で開幕前最終登板を終えた。

     ソフトバンクは先発・中田が5回3安打4失点。4番・内川はマルチ安打で結果を残した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180325-00000118-dal-base

    ◆オープン戦 広島―ソフトバンク(25日・マツダスタジアム)

     広島・大瀬良大地投手(26)が5回3安打1失点の好投でシーズンに向け、復調の兆しを見せた。4回に松田の犠飛で1点を失ったものの、150キロ超の直球を軸に4奪三振。「しっかりゲームの中でいいものが出せた」と満足げに振り返った。

     18日の楽天戦(静岡)では5回7安打4四球で5失点。この試合までオープン戦防御率は9・00と結果が出ていなかった。「どうしても投げ急いでしまっていた。ゆったりと体を大きく使いながら体重移動していくイメージが出せました」と手応えを感じていた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180325-00000134-sph-base

     強力投手陣、伸び盛りの若手。リーグ3連覇を目指すカープには好材料が揃う。そして捕手陣のレベルの高さからも目が離せない。


    「現状、経験では大ベテランの石原(慶幸)に勝る捕手はどこにもいないよ。他球団を見渡しても評価は高い。どんな時でも落ち着いているし、配球なども素晴らしい。ただ現在、最も試合に出ているのは會澤(翼)。ここ数年で、コンスタントに試合に出続けているのは大きい。やはり捕手というのは経験が最も重要なポジションだからね。打撃も良いし。その石原が形としてはバックアップ。これは本当に心強い。この2人はどちらが試合に出ても安心して見ていられるからね」

    「2年目で若いけど1軍に帯同している坂倉(将吾)も良い。打撃は言うことないし、捕手としての技量が備わってくれば。そこに磯村(嘉孝)などもいる。新人の中村(将成)も本当に良いものをもっているけど、うちの捕手陣に割って入るにはよほど頑張らないとね。とはいえ捕手はケガも多いし、何人いても多過ぎるということはない。それだけ難しいポジションだから」

     植田幸弘バッテリーコーチはうれしい悩みを語ってくれた。

     良い捕手のいるチームは強い。これは野球がどんなに進化しても変わらない。これまで強豪と言われたチームを見てもレギュラークラスの捕手を数人抱えていた例は枚挙にいとまがない。安定した投手陣や機動力、強力打線が注目されるカープ。しかしチームをしっかり支えているのは捕手陣である。そこでの競争は熾烈を極める。これは80年代、水沼四郎、達川光男などの時代からの伝統だ。 

     17年シーズンは會澤が106試合、石原が77試合、坂倉が3試合に出場している。(代打なども含む)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180316-00112562-fullcount-base

     リーグ3連覇を目指す広島は2月27日、沖縄キャンプを打ち上げた。

     終盤の実戦でケガ人が相次ぎ、丸は右肩の違和感、鈴木は骨折した右足がまだ万全ではない。緒方監督はキャンプ総括で不安要素も口にしたが、それでも高橋昂や藤井皓、坂倉や高橋大など、続々と期待の若手が頭角を現し、広島はより一層、レベルアップした印象を受けた。

     とりわけ筆者の目に強く残ったのが、昨秋から本格的に外野守備に挑戦中の上本。レギュラー獲りへまい進する野手とは少し違ったアプローチで、一軍生き残りへ躍起になっていた。

     沖縄キャンプの初日に行われた紅白戦(5回制)では、両チームの一番下に、それぞれ上本の名が記されていた。これは胃腸炎を患った野間の一時離脱の影響によるものだったが、上本はこの試合、表裏関係なく全イニング外野守備に就き、左翼では頭上を襲う打球を軽快にランニングキャッチし、中堅では安打性のライナーをダイビングキャッチ。改めて身体能力の高さを示したと同時に、野間が居ぬ間に“外野・上本”のアピールに成功した。

     紅白戦では最後まで打席に立つことはなく「しょうがない。そういう選手なんで」と話した上本。それでも、その後の対外試合では途中出場で鋭い当たりを連発するなど、しっかりと打撃面でも成長した姿を見せた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180228-00145364-baseballk-base

     「広島春季キャンプ」(27日、沖縄)

     高卒2年目の坂倉将吾捕手が初の1軍キャンプを完走した。「いい時間でした。レベルアップできたかは分からないけど、ケガなくできたのはいいこと」と振り返った。



     緒方監督からキャンプで目立った選手に名前を挙げられるなど、アピールに成功。今後の実戦へ向けて「守備でも打撃でもアピールしていきたいです」と意気込んでいた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180227-00000111-dal-base

     広島・会沢が正捕手獲りを改めてアピールした。韓国・KIAとの練習試合でジョンソンとバッテリーを組んで2回を零封。「チーム事情はあるけど、狙っていかなくてはいけないところ。話し合って臨んだので、しっかりできたと思う」と胸を張った。

     ジョンソンにとっては今春初の実戦マウンド。長く女房役を務める石原ではなく、会沢と組ませたところに首脳陣の意図が透けて見える。「初めて実戦でこの内容なら上々。会沢も石原も信頼しているよ」と助っ人左腕も納得顔で振り返った。

     新選手会長はバットでも魅せた。1―0の2回無死一塁の場面で左中間へ適時二塁打。「(攻撃では)1日1本という気持ち」。制球が不安定だった2番手・九里には、すかさずマウンドで声を掛けるなど正捕手を担う自覚は十分だった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180223-00000018-spnannex-base

    このページのトップヘ