広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    磯村嘉孝

    hhhf

    hhhf

    geo20081114440013-p1

    EKTqQnqVUAEgRFI

    今年高卒3年目を迎える2017年ドラフト指名組。すでに村上 宗隆(九州学院高→ヤクルト1位)が、目覚ましい活躍を見せているが、ドラフト時の評価は清宮 幸太郎(早稲田実業→日本ハム1位)、安田 尚憲(履正社→ロッテ1位)の2人が抜けていた。


     そんな彼らと同等以上に評価されていたのが、夏の甲子園では史上最多となる6本塁打を記録し、チームを準優勝に導いた中村 奨成(広陵高→広島1位)である。そんな中村が、7月25日にプロ入り以来初めて一軍に上がってきた。  中村は昨シーズンまで一軍での出場機会はなく、また故障もあり、目立った成績を残すことができていないかった。しかし今シーズンは、ファームで打率.339(56打数19安打)とウエスタンリーグでトップと打撃面では大きな成長を遂げている。

    rectangle_large_type_2_47891932aa4f887b69a3629f20ae60f7


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/b54028fbf8494aa850b2f10409652ba5e9951cd8

    【元高卒ドラ1の今季を占う】  広島 中村奨成(21歳・3年目・17年1位)   ◇  ◇  ◇  広陵高3年時、夏の甲子園で清原(PL学園)が1985年に樹立した1大会5本塁打を抜く6本塁打の新記録を打ち立てた。そんな地元のスター候補生が、もがいている。  広島の開幕一軍捕手は、正捕手の会沢、高卒4年目の坂倉、40歳のベテラン石原の3人。坂倉の1歳年下の中村奨は今春のキャンプで一軍スタート。坂倉や新人の石原貴(天理大)と2番手捕手を争ったが、2月16日に二軍行きを命じられた。 「現在、二軍で石原貴や磯村と正捕手争いをしている。プロ入り後の2年間は、左膝や肋骨の骨折など故障に泣かされてきたが、もともと肩が強いし、身体能力は高い。打撃はだいぶ良くなってきた。下半身が強く、インパクトも強い。ファームで結果を出せば、一軍昇格のチャンスありますよ」とは、二軍関係者だ。

    i-img1200x1200-1556785764dktf1b538609


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/3df815284477ec8d734d2c0dad04e512370e38ab

    ウエスタン・リーグ:広島3-2中日>◇19日◇由宇 広島2軍は19日、ウエスタン・リーグ開幕戦をサヨナラ勝利で発進した。 1点を追う9回1死二塁から大盛穂外野手の左翼越え二塁打で追いつくと、続く磯村嘉孝捕手も左中間への二塁打を放ってサヨナラの走者が本塁に生還した。 3カ月遅れで開幕したウエスタン・リーグも無観客で行われた。自然に囲まれた山口・由宇練習場には、両軍選手の声とともにウグイスなどの鳥の鳴き声も響いた。得点が入っても両軍はエアハイタッチで喜び、サヨナラ勝利した広島ナインは殊勲者の磯村をグラウンドに飛び出すことなく、ベンチ内で出迎えた。例年とは違うシーズン開幕に、水本2軍監督は「毎年、(由宇に来るファンが)多くなっているので残念でさみしいですけど、野球選手として新聞やテレビでの情報でファンの方が喜んでくれたらうれしい。こういう状況でも野球がちょっとでも勇気づけられればというのは、ファームも変わらない。ファンが入る日を待っています」と話した。


    広島2軍がサヨナラ勝ち 大盛が同点、磯村が決めた(日刊スポーツ ...



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/49557b539a9e5b35d82e83b78f2783bcf8276d64

     「練習試合、オリックス5-0広島」(5日、京セラドーム)

     広島がオリックスに完封負けを喫し、3月7日の西武戦(マツダ)から2分けを挟んで、対外試合13連敗となった。

     この日はオリックス先発・山岡の前に序盤から抑え込まれ七回まで野間の左前打1本に封じ込められた。野間の安打から好機を拡大させたかったが、山岡のけん制でアウトとなり、結局三人で攻撃が終了。山岡には7回1安打と快投を許し、得点の糸口すら作れないまま八回、九回はいずれも継投の前に三者凡退に終わった。

     得点は、3日の阪神戦(甲子園)で七回に磯村の犠飛で1点を挙げて以降奪えておらず、この試合が終わって20イニング連続無得点となった。

     投手陣は開幕投手に内定している大瀬良が4回2安打無失点と好内容。しかし中継ぎ陣が計5点を失い、未確定の「勝利の方程式」がなかなか見えてこない現状。打線に元気がなく、チームとしても勝ち星から遠ざかる現状に佐々岡監督は「救いは、まだ練習試合というところ。残り8試合の中で準備するだけ」と前を向いた。



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/4c2adf1bef558797df138526271ff15d6b43e471

     広島の小園海斗内野手(19)が21日、1軍に再合流した。

     本拠地・マツダスタジアムで行われたチーム練習に参加した若鯉は、打撃に守備と精力的に体を動かし「また(1軍に)呼んでいただいたので。勝負できるので」と腕をまくった。

     午後からは守備練習に取り組み「ボールから目をそらさない意識でやっていました」と基本を重視。攻守でアピールを続けていく。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200521-00000106-dal-base

     広島の坂倉将吾捕手は16日、マツダスタジアムでの自主練習で守備力向上に励んだ。会沢翼捕手に次ぐ2番手の座を狙う21歳の成長株は「守れないといけないポジション。めりはりをつけてやるようにしている」と意欲十分だった。

     倉義和バッテリーコーチとマンツーマンでみっちりと鍛え、近距離からの強烈なノックを受けた。「僕は反応が課題。ああいう練習も大事」と充実した表情。実戦に入る段階を見据え「投手としっかりコミュニケーションを取って進めていければ」と思い描く。

     倉コーチは「意図せぬ球が来た時に対処できるように。実戦の中では体の動きも変わってくる」と一層の成長を求めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200516-00000108-kyodonews-base

    このページのトップヘ