広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    福井優也

     「広島4-8巨人」(12日、マツダスタジアム)

     今季3度目の先発マウンドに上がった広島・福井優也投手は巨人打線のエジキになり、4回0/3で7安打を浴びて6失点KO。チームの連勝を6で止めるともに、昨年8月から続いていたチームのマツダスタジアムでの巨人戦連勝も「13」で止めてしまった。


     「立ち上がりもダメだったし、最後も粘れなかった」。これで今季は3戦3敗、防御率は8・40まで跳ね上がった。試合後、再び2軍調整を命じられ、「また下で頑張ってきます」と言葉少なに帰りのタクシーに乗り込んだ。

     この日は甲子園で母校の済美(愛媛)が劇的なサヨナラ逆転勝利を収めたが、後輩の活躍に続くことはできなかった。「またいい報告があれば(1軍登板の)可能性はある」と畝投手コーチは話したが、昨年4月26日の巨人戦以来、約1年4カ月、勝ち星から遠ざかっている右腕が置かれた状況は厳しい。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180812-00000170-dal-base

    ● 広島 4 - 8 巨人 ○
    <19回戦・マツダ>

     6月18日の日本ハム戦以来の先発となった広島・福井優也が、5回途中6失点で今季3敗目を喫した。

     福井は初回先頭の重信慎之介に二塁打、一死後、マギーに犠飛を打たれ先制点を許してしまう。2回も陽岱鋼に被弾。3回と4回も走者を出したが、なんとか無失点で切り抜ける。0-2の5回、先頭の重信慎之介に三塁打を浴びると、4連打で2失点。福井は岡本和真に適時打を浴びたところで、マウンドを降りた。

     後を受けた飯田哲矢も、亀井善行に適時打、投手・今村信貴に押し出し四球で2失点と、この回だけで4点を失い試合が決まってしまった。福井は4回0/3を投げて、7安打、5奪三振、3四死球、6失点。久々の先発も、役割を果たすことができなかった。

     同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 広島-巨人戦』で解説を務めた田尾安志氏は「福井は内容のある負け投手だったら、もう一回使おうという気持ちになるんですけど、今日の内容だとチャンスを与えられないんじゃないかな。他のピッチャーを探すんじゃないかなという気がするんですよね」と厳しかった。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180812-00162444-baseballk-base

     「広島-巨人」(10日、マツダスタジアム)

     広島・福井優也投手が1軍に合流した。

     今季は2試合の登板で0勝2敗、防御率6・55。6月18日・日本ハム戦では5回4失点で、翌19日に出場選手登録抹消されていた。

     2軍では「ストライク先行でどんどん自分のボールを投げていくことをやっていた」と右腕。ウエスタンでの前回登板だった4日・オリックス戦では、5回2安打無失点と好結果をマークしていた。12日・巨人戦の先発が有力で、結果を求めてマウンドに上がる。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180810-00000084-dal-base&pos=4

     広島は5日のDeNA戦(横浜)を延長10回、6―5で競り勝った。昨年は12勝13敗と唯一負け越し、クライマックスシリーズ(CS)でも2勝4敗(アドバンテージ含む)のDeNA相手にカード勝ち越しを決めた。

     ヒーローは延長10回に登板し、プロ初セーブを挙げた高卒3年目の高橋樹也投手(21)だ。失策で先頭打者を塁に出したが、慌てることなく後続を断った。初のヒーローインタビューでは「絶対に抑えてやるという強い気持ちでマウンドに上がりました。(セーブは)素直にうれしいです」と笑顔がはじけた。緒方監督が「ミキ(高橋樹)は去年から見ているけど、気持ちの強い、物おじしないところがある」と褒める強心臓左腕の活躍で、チームには早ければ昨年と全く同じ8日にも優勝マジックが点灯する。

     その一方、先発した高卒2年目の高橋昂也(19)は散々だった。3回に先頭の桑原に四球、盗塁されるなどして二死二塁。続く筒香に4つ目の四球を与えると無失点にもかかわらず降板を告げられた。高橋昂は「先に援護してもらったのに自分の投球ができず試合を作ることができなくて悔しいです」と唇をかんだ。

     くしくもこの日は甲子園開幕の日。花咲徳栄時代は高校ビッグ4の一角として注目を集めた高橋昂は自己最短降板となり、同じ左腕でプロ初勝利の前にプロ初セーブを挙げたもう一人の「高橋」と明暗が分かれる形となった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180806-00000028-tospoweb-base

     「交流戦、広島2-6日本ハム」(18日、マツダスタジアム)

     広島・緒方孝市監督が交流戦を総括し、リーグ戦再開へ視線を向けた。今季は7勝11敗と苦戦し、4年ぶりの負け越し。この夜も先発・福井が日本ハムに先制され、打線は必死に追い上げたが、逆転はならなかった。

     試合後、指揮官は「この6月は厳しい戦いになると自分でも思っていたし、こういう結果になってしまった。ここからまたリーグ戦が再開するし、いろんな課題が出ているので投手を中心とした野球をしっかりできるようにしたい。そこを修正できないと、これから先厳しい戦いが待っている。これを乗り越えないと大きな喜びもない。またそれができるように頑張っていく」と言葉に力を込めた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180618-00000155-dal-base

    <オリックス4-1広島(12日)>今季初登板となった広島・福井は6回5安打4失点で黒星を喫した。2回に大城の先制2ランを浴び、6回にもロメロのソロを被弾。「ボール、ボールでいきたくなかったので、ストライク先行でいこう」とした結果だったが「もったいなかった」と肩を落とした。今回の登板を前に早大で同期だった日本ハム・斎藤と連絡を取り合ったという。両チームとも若手の台頭が著しく互いに30歳を迎えた。「だんだん肩身が狭くなってくる年齢だし、結果を出して頑張っていこう」と励まし合ったそうだが、結果的に“共倒れ”となってしまった。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180613-00000050-tospoweb-base

    このページのトップヘ