広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    福井優也

     「広島7-6巨人」(26日、マツダスタジアム)

     広島は、今季8度目の逆転勝利で、2年連続で3・4月の勝ち越しを決めた。


     今季、初先発した福井は初回、中井に先制ソロを浴びるなど二回までに3点を失うが、粘りの投球で6回6安打3失点にまとめた。右腕にとってはこの日が開幕。独特の緊張感から本来の投球ではなかった。2失点した二回は、大竹への四球からピンチを広げた。緒方監督は「ホームランのあと。落ち着いて投げてほしかったけど、ピッチャーに四球を出してから失点。反省多き試合。また頑張ってもらいましょう」と話した。

     野手陣については、鈴木や菊池などが堅守をみせ、バットでも9安打を集め7点を奪った。特に硬い守備について「しっかりと守っていた」と評価した。

     リーグ制覇した昨季も3・4月を勝ち越して勢いに乗った。だが、指揮官は「考えていない」と即答すると「うちの野球ができるかどうか」と前を見据えた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170427-00000087-spnannex-base

     広島は26日、マツダスタジアムで行われた巨人戦に7-6で勝利した。負ければ首位転落となる試合での逆転勝ちで、チームは3、4月の勝ち越しを決めたが、緒方監督は「勝ち越しとかそういうのは関係ない。ちゃんとウチの試合をやっていかないとね」と、浮かれる様子はなかった。

     今季初登板となった福井が6回3失点で初勝利を挙げたが、立ち上がりから失点し、中盤も2イニング連続で先頭打者に四球を与えるなど、不安定な内容だった。緒方監督は「毎回ランナーを出して、バックの守りに助けられた試合だった。勝ち投手にはなったけど、はっきり言って反省点は多い」と苦言も呈した。

     3点ビハインドからの逆転勝ちには「こんなゲームはそうそうできない」と野手の粘りを評価。「今日は打ち勝てた試合だった。試合に出た選手が結果を出してくれた。ウチはプレイボールがかかったら、スタメンも控え選手も関係ない。全員で戦っている」と、チーム力での勝利を強調した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170426-00010031-fullcount-base

     ◇セ・リーグ 広島7―6巨人(2017年4月26日 マツダ)

     広島が2位・巨人との首位攻防第2ラウンドを逆転で制し、ゲーム差を再び1.5とした。

     0―3から同点に追いつき迎えた6回。1死満塁から8番・会沢の中前2点打などで3点を勝ち越した。1点差に迫られた7回には安部の右前打で二塁走者・菊池がヘッドスライディングで生還し、再び巨人を突き放した。

     投げては今季初登板初先発の福井が2回以降、無失点に抑え、6回を6安打無失点で初勝利。チームは敗れれば首位転落の危機だったが、首位の座を死守した。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170426-00000145-spnannex-base

     待ちわびた時がやってきた。巨人との首位攻防3連戦を前に、広島福井が1軍に合流した。マツダスタジアムで先発投手とともに、調整を行った。ブルペンではなく、本拠地マウンドに上がり、50球を投じた。実際の傾斜を利用した予行演習で、最終調整はバッチリだ。

     明日26日の先発が見込まれる。巨人とは通算8勝2敗で防御率2・41。5連勝中と抜群の相性を誇る。5勝4敗と苦しんだ昨季も3勝を挙げ、リーグ優勝の大きなポイントにもなった。「苦手意識はない。そういう数字は自分に有利になると思ってマウンドに上がりたい」。今季初登板を前に胸を張った。

     先発の一角を期待されながら、春季キャンプ終盤に背中の張りで一時別メニューとなった。調整遅れから開幕ローテ争いから脱落。開幕は2軍で迎えた。「いつ呼ばれてもいいように準備してきた」。ウエスタン・リーグ4試合に登板し、1勝2敗、防御率4・26。周囲を納得させる数字ではないが、ドラフト3位床田寛樹投手(22=中部学院大)が左肘痛で離脱し、チャンスが巡ってきた。巨人キラーぶりを発揮し、首位の座とともに、自身の先発の座も確保したい。【前原淳】



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170425-01812915-nksports-base

     広島福井優也投手(29)が24日、1軍に合流した。マツダスタジアムで行われた先発投手の練習に参加。ブルペン投球代わりにマウンドで50球を投げ込み、今季初登板が予想される26日巨人戦に備えた。

     福井は春季キャンプ終盤に背中の違和感で数日別メニューとなったことで調整が遅れた。開幕ローテ入りできず、2軍で調整を続けてきた。4試合に登板し、1勝2敗、防御率4・46。好結果ではないものの、3位床田寛樹投手(22=中部学院大)の離脱によってチャンスが巡ってきた。「いつ呼ばれてもいいように準備をしてきた。相手どうこうではなく、自分の球をしっかり投げて試合をつくりたい」。今季初先発へ気持ちを引き締めた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170424-01812716-nksports-base

     昨年の王者・広島が今年も好調だ。開幕15試合を11勝3敗1分で乗り切り、貯金は早くも8つ。安定した強さで今年も首位を走っている。

     広島の下馬評はと言うと、「昨年は出来すぎ」という声も少なくなく、また投手陣の精神的支柱を担った黒田博樹がユニフォームを脱いだことで、“黒田ロス”に陥るのでは...という心配も指摘されていた。

     ところがフタを開けてみると、ここまでのチーム防御率は3.04でリーグトップ。黒田が抜けた先発陣はここまでリーグトップのイニング数98回1/3を記録し、それでいて防御率はリーグ2番目の3.39と安定したパフォーマンスを披露している。

     先発陣の勝利の内訳を見てみると、九里亜蓮と岡田明丈が2勝で引っ張り、野村祐輔とルーキーの加藤拓也、床田寛樹が1勝ずつの計7勝。そんな彼らにはある“共通点”がある。全員が大卒でプロの世界へと入ってきた投手たちということだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170417-00112817-baseballk-base

     広島のドラフト1位・加藤拓也投手(22)=慶大=が7日のヤクルト戦(マツダ)でプロ初登板初先発することが6日、決まった。咽頭炎を発症し、4日に登録抹消されたジョンソンの代役として白羽の矢が立った形だ。

     加藤は春季キャンプからアピールを続け、オープン戦でも2試合1勝0敗、防御率2・70と結果を残した。しかし、制球面の課題を克服できず、開幕ローテ入りを逃していた。

     2軍では3月30日のウエスタン・ソフトバンク戦(タマスタ筑後)に先発し、7回6安打1失点と好投。首脳陣からも評価されていた。怪腕が、本拠地マツダスタジアムでデビューする。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170406-00000105-dal-base

    このページのトップヘ