広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    緒方孝市

    <中日5-3広島>◇19日◇ナゴヤドーム

     驚異の粘りも、勝利につながらなかった。広島は2度同点に追いつきながら、延長10回に開幕から18試合連続無失点のジャクソンが打たれ、今季2度目のサヨナラ負けを喫した。


     1点を追う9回、連続三振で簡単に2死を取られた。代打・西川が四球を選ぶと、代走の切り札、野間を投入。中日の抑えの田島を揺さぶり、田中の死球でチャンスを広げた。菊池は2ボールからの外角球をコンパクトにたたいて中前に転がした。二塁から野間が生還。土壇場で追い付いた。

     中盤の2点ビハインドも、2死から追いついた。5回2死走者なしから田中と菊池の連続二塁打で1点差。6回は2死二、三塁から石原が右前にはじき返した。

     だが、延長10回。ジャクソンは2死としながらも二塁内野安打など際どい判定もあり、走者を一塁に残して4番ビシエドを迎えた。「外の低めをうまく打たれた。あそこまでに3アウトを取っておきたかった」。打球は左中間スタンドに消えた。

     緒方監督は打線の粘りを「素晴らしい。よく追い付いた」とたたえ、今季初失点がサヨナラ負けにつながったジャクソンも「何も言うことがないよ」と責めようとはしなかった。打つべき手は打った。首位阪神も敗れ、ゲーム差は1・5と変わらない。明日20日、仕切り直しだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170519-01826267-nksports-base

    <広島9-2DeNA>◇18日◇マツダスタジアム

     1回に2点を先制されながら、その裏に鈴木と安部の連続適時打などで一挙4点を奪い、試合の主導権を奪い返した。その後も丸やエルドレッドの本塁打などで追加点を奪い、DeNAを突き放した。大勝で2カード連続勝ち越しの広島緒方孝市監督の談話は以下の通り。



     -先制された直後に打線が逆転した。

     緒方監督 野手が初回からしっかりと若い投手を勇気づける攻撃をしてくれた。2本の本塁打など効果的な追加点もあり、いい得点の仕方だったと思います。

     -前日9回に守備でミスをした鈴木や安部が打撃で結果を残した。

     緒方監督 そこはひきずることなく、次の日しっかり切り替えて。ミスはつきものなので、その試合で挽回できるか、その次の試合で取り戻すのかどうか。そういう姿が見られる選手がレギュラーに近づく。ミスしても取り戻して、挽回する姿を見せてくれるのは、成長している証拠。

     - 中村投手も粘った。

     緒方監督 入りが悪かったけど、ちょっと期間も空いて難しさがあるにしろ、言い訳にはならない。次の課題は入り方。初球から自分の球を投げられるように、意識を持って練習して次の登板機会を待って欲しい。とりあえず中(継ぎ)に入れるか、先発枠にするのか他の投手を見ながらの起用になると思う。

     - 逆転負けの翌日に逆転勝利し、2カード連続の勝ち越しとなった。

     緒方監督 昨日は昨日。1戦1戦いかに切り替えるか。今日は終わったんだから。明日しっかり、我々の守り勝つ野球をやるだけ。それだけだから。引きずっても仕方ない。反省はするよ。勝っても負けても反省。そういうことです。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170518-01825653-nksports-base

     広島は17日、マツダスタジアムで行われたDeNA戦に4-5で敗れた。勝ちパターンに入ってのまさかの逆転負けに、緒方監督は「ミスが絡んだ失点でリードを最後まで守りきることができなかった」と悔しそうだった。


     1点ビハインドの7回に集中打で逆転し、3点リードで9回は抑えの今村投入と、完全に勝ちパターンの展開だった。十八番の逆転勝ちで、ホームゲームでの9連勝が目前だったが、土壇場のミスの連鎖で同点とされ、延長での決勝点も失策が絡んだものだった。

     緒方監督は「9回はワンアウトから、サードゴロをしっかりアウトにしていればね」と安部の失策に触れ、「(今村)猛も、昨年から大事なポジションで投げて、今年は最後を任せているので、冷静にしっかりした投球を期待したんだけど、(鈴木)誠也の後逸もあって、守りきることができなかったね」と残念そうに話した。

     ピンチを広げた鈴木のプレーに関して、河田外野守備走塁コーチは「捕れると思ったら、思い切って突っ込むように。オレはそういう教え方をしている。後逸だけはしてはいけないという人もいるだろうけど、ドンピシャのタイミングだったしね。誠也もまだ若いし、これから勉強していって欲しい」と、ミスを責めることはしなかったが、結果的には逆転負けにつながる大きなプレーになった。

     延長10回には、投手の一岡が失策でピンチを広げ、1死満塁とされてロペスに決勝の犠牲フライを許した。指揮官は「投手、野手を含めて、守りをしっかりやらなければこういう結果になる」と反省しながらも、「選手たちにはこれをいい経験としてもらって、明日からまたしっかりやっていきたい」と、最後は前を向いた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170517-00010033-fullcount-base

    「昨年ブレイクしましたけど、確かな実力を付けたバッターになった。自力で4番を奪ったような感じがします」

     ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める山本昌氏は、4月25日の巨人戦から15試合連続で4番に座る広島・鈴木誠也を絶賛した。

     昨季“神ってる”活躍で広島の25年ぶりのリーグ優勝に貢献した鈴木は、今季も10日のヤクルト戦で1試合2本塁打を記録するなど、ここまで打率.312、7本塁打、27打点と好成績を残す。打点は阿部慎之助(巨人)と並びリーグトップ、本塁打もリーグ2位につけるなど、広島打線には欠かせない存在となった。

     進化を続ける22歳の若武者に山本昌氏は「キャンプの時に取材させてもらったんですけど、今年のスイングは昨年とガラリと変わった。ワンランク上になっている。今の活躍も当然かな」と分析する。

     さらに山本昌氏は、「このまま若い鈴木選手が成長していくと、末恐ろしい4番打者になりそうですね。鈴木誠也選手はもっともっと成績をあげていきそうな気がします」と将来を期待した。

     振り返れば、開幕前に行われた『セ・リーグファンミーティング2017』で緒方孝市監督は、「鈴木誠也は昨年以上の成長が見られれば、4番に据えようかなという考えがあります。逆にプレッシャーがかかって、成績が落ちるようならば他の誰かをいれなければいけない」と期待と不安が交錯していた。鈴木はプレッシャーを見事に跳ね除け、ここまでは素晴らしい活躍をみせる。練習熱心で日々貪欲に成長を求める鈴木が将来、どんな4番打者になるのか今から楽しみだ。

    (提供=ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170512-00116078-baseballk-base

     巨人7回戦が雨天中止となり、広島には恵みの雨となった。先発予定だった岡田が13日にスライド登板することも決まった。

     九里も3戦目へ流れるとみられる。中継ぎ陣の登板も立て込んでおり、絶好の休養に。東京からの移動ゲームだったこともあって、野手陣も疲労がたまっていた。緒方孝市監督(48)は「中継ぎ陣だけじゃなくて、野手陣も東京から移動してきたところだったから、いい休養になった。また明日からです」と語った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170512-01822361-nksports-base

     「マイナビオールスターゲーム2017」(7月14日ナゴヤドーム、同15日ZOZOマリンスタジアム)の記者会見が11日、都内で行われ、セ・リーグを率いる広島緒方孝市監督(48)が出席した。


     司会者から「パ・リーグで気になる選手」を問われると「そうですね」と間を置いた後に本音で答えた。

     「正直僕は、大谷くんがみたいんですよ。すみません、(栗山)監督。本当にね、見たいんです。すみません。ただ、こればっかりはね、体を万全にしないといけないし、監督も後半の戦いがあるのでね。すみませんこんなこと言って」

     左太もも裏肉離れから復帰を目指す大谷の名前を思わず出した。栗山監督も「いえいえ」と苦笑い。“微妙な”回答に、会場も笑いに包まれた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170511-01821675-nksports-base

     「ヤクルト7-8広島」(10日、神宮球場)

     広島が、鈴木誠也外野手(22)の3安打2本塁打5打点の活躍で連敗を4で止めた。

     試合後、チームを救った鈴木について緒方孝市監督(48)は「もう4番目とは言えない。当たり前のように4番打者としてチームを救う一打を打ってくれる。頼もしい」と賛辞の言葉を並べた。

     ここまで14試合連続で、若鯉に4番を託した。「1打席1打席、ムダにしないように集中して大切にしている。良いときもあれば悪いときもあるんだけど、それをずっと続けてくれている」と指揮官も今後の打線の主軸として期待を寄せた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170510-00000146-dal-base

    【大下剛史「熱血球論」】広島は明らかに前日6日の大逆転負けを引きずっていた。どう立て直してくるのか注目していたが、何の抵抗もない。初回に一死満塁のチャンスをつかんだが、5番の新井と6番に入ったペーニャが2者連続で空振り三振。勝ちたいのかどうかも分からないような迫力のなさで、あっさりと阪神に零敗だ。

     ちょうどこのぐらいの時期は開幕からの疲労がピークを迎える。順調に4月を首位で終えて、気の緩みも出ていたのだろう。9点差をひっくり返された6日の試合では象徴的なシーンがあった。6回二死満塁で先発の岡田から中田にスイッチした場面だ。

     リリーフカーに乗ってブルペンから姿を現した中田はグラブで顔を隠しながら、どこかニヤニヤしていて、口もモゴモゴと動いていた。3連投中で出番なしと踏んでいたのか、あってももう少し後だと思って腹ごしらえをしていたのかもしれない。5回まで1失点と快調に投げていた岡田が急に崩れたことによるスクランブル発進だったのだろうが、押し出し四球に適時三塁打を許したのは当然の結果でもあった。ベンチとブルペンの意思疎通も十分にできていなかったようにも思う。

     長いシーズンには山もあれば谷もある。どんなチームでも順風満帆に1年を過ごすことはできない。広島にとっては今が谷で、考えようによっては気を引き締める機会を阪神に与えてもらったとも言える。

     経験上から、こういうときは選手を責めてはいけない。焦って選手の入れ替えなどするより、今いるメンバーで酒でも酌み交わしながら、原点回帰するための話し合いをすることの方が得策だ。

     幸いなことに9日からの神宮でのヤクルト戦に備えて、広島は8日から東京の宿舎に泊まる。それぞれが家族の元へ帰らなければいけない地元と違って選手やスタッフも集めやすく、ミーティングをするには絶好のタイミングだ。

     広島のチーム力はライバルと比べて抜けているが、かといって安心できるほどでもない。悪い流れを断ち切るためにも、今こそチーム一丸となってもらいたいものだ。(本紙専属評論家)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170509-00000006-tospoweb-base

     本拠地マツダで中日に3連続逆転勝ちしたと思ったら、敵地甲子園で阪神に連続逆転負けからの3連敗で首位陥落。まさに“天国と地獄”を味わったゴールデンウィークの緒方広島だった。3勝3敗の五分で終えたとはいえ、甲子園での3連敗は実に痛い。5日の7回戦でまたもや制球難を露呈し、2軍降格となったドラフト1位・加藤からの悪い流れを、最後まで断ち切ることができず、今季最大のピンチを迎えた。


     原因は言うまでもなく「無駄な四死球」に他ならない。2日の中日4回戦(マツダ)が2四球、翌3日の5回戦も2四球で共に勝利したが、4日の6回戦は逆転勝ちを飾ったものの、先発・大瀬良の4個を含む6四球と荒れた。そして、加藤が乱れた5日の阪神7回戦が9個で、9点差を大逆転された6日の8回戦が8個。先頭打者への四球、2死走者なしからの四球がことごとく失点につながった。四球の出し方には加藤のように技術面に問題のあるパターンと、岡田や薮田のようにメンタル面が影響するパターンの2種類がある。現状のカープ投手陣は後者だろう。広島OBの野球評論家・横山竜士氏は「打たれたくない意識が強すぎて慎重になってカウントを悪くし四球を与え、四球を与えたくないという意識から制球が甘くなって痛打される-。完全な悪循環に陥ってしまった感じの阪神3連戦だった」と論じた。

     2日から始まった本拠地・マツダでの中日3連戦。初戦は野村からの継投で2四球、続くプロ初勝利を挙げた中村祐先発の3日も2四球で見事な勝利を収めたが、最終戦の4日は逆転勝ちしたとはいえ、先発・大瀬良からの継投で6四球と乱れた。そして迎えた5日の阪神7回戦。地元で逆転3連発し、今季最多タイの貯金「9」にして甲子園に乗り込んできた緒方鯉はエルドレッドの2打席連発で序盤に4点をリードした。相手先発はエース・メッセンジャー。4戦負けなしの敵エースを助っ人の連発で沈め、快勝ペースで推移したが、制球難の新人に落とし穴が待っていた。ここが首位陥落の始まりだった。

     そして迎えた6日の8回戦。広島は五回までに9点を挙げながら、ここまでチームトップの3勝をマークしていた岡田が突然崩れた。五回裏に梅野の適時打で1点を返された時点で、横山氏は「かなり危ない状況だった」と言う。打たれた安打は2本のみだったが、四、五回と先頭を四球で出塁させるなど、不安定な投球が続いていた。そして8点リードの六回裏も先頭・高山を歩かし、北條の二塁打の後、糸井の内野ゴロの間に失点する。続く代打・キャンベルを三振に仕留めて一息ついたが、中谷に痛恨の死球。「外角を狙ったのに抜けて当たってしまった。あの球を見たら交代かと思ったんですが…」と横山氏。継投機を逸した後の悲劇は語るまでもない。

     前日(5日)の試合で加藤を継いだブレイシア、一岡が崩れて逆転負けを喫したことで、岡田に1イニングでも長く投げてほしいという緒方監督の思いも空しく、想像を絶する地獄に突き落とされた。原因は前述の通り、投手陣の“四球禍”に他ならないが、気の毒だったのは、逆転された七回裏の『魔の15分間』である。9-8と1点リードし、マウンドにはイニングまたぎの3番手・薮田。1死一、二塁から鳥谷の放った打球を二塁・西川がファンブルする間に二走・江越が本塁に突入。一度はセーフのジャッジが出たが、リプレー検証の結果、アウトになった。広島にとっては幸いだったが、ジャッジが変わるまでの15分間はいかにも長すぎた。

     「薮田には辛い“間”になりましたね。張り詰めていた緊張の糸が緩んでしまったわけですから…アメリカだったらあれだけ間が開けば交代させるケースが多い。15分間、ひたすらマウンド上で待たされた薮田の心中は察するに余りあります」

     中継ぎで活躍してきた横山氏はそう言って審判団の“長すぎたジャッジ”に疑問を呈した。確かに1点を消せはしたが、その代償はあまりにも高くついた。この大逆転負けの翌7日は完封負け。昨年は一度もなかった同一カード3連戦3連敗を喫したのも自然の流れと言える。攻守の要だった菊池を体調不良で欠く間に起きた惨劇。だが、それでも貯金は6つもある。悲観する必要は全くないし、これが今の時期で良かったと前向きに捉えるべきだろう。(デイリースポーツ・中村正直)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170508-00000043-dal-base

    このページのトップヘ