広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    緒方孝市

     広島の床田寛樹投手(24)が早くも来季に燃えている。今季は自己最多の25試合に登板していずれも自己最高の7勝6敗、防御率2・96の成績を残した。

     ルーキーイヤーの2017年に2度目の先発登板でプロ初勝利を挙げた直後に左ヒジ手術で戦線離脱。今季は故障から復帰して初めてのシーズンとなったが、4月に4戦全勝してオールスター戦にも初選出された。後半戦、なかなか勝ち星に恵まれなかった床田は「最初にこれだけ勝てたなら、後半はもっとやれたんじゃないかなと思っています」と振り返る。

     規定投球回まで3回1/3足りず「スタミナ面とか弱いなと思った」と課題を口にする床田は「それ(弱い部分)をしっかり強くすれば、今年より一試合でも強い球が投げられるんじゃないかと思う」。来季はフル回転を目指す若き左腕だが、飛躍した姿を見せたい恩師がいる。前監督の緒方孝市氏(50)だ。

     今季開幕前の決起集会でのこと。床田は開幕2戦目に投げることを緒方監督から告げられ、不安な気持ちを思わず吐露。すると前監督から「床田は目の前の試合しか見ていない。143分の1と考えたらプレッシャーはない」と言われたという。「これで負けたら優勝を逃すとか、負けたらシーズンが終わるという試合に比べたら、こんなもんじゃない」。そんな指揮官の言葉を受けた床田は「『確かに』と思って気が楽になった」と明かす。

    「結果を残さなきゃすぐ落とされると思っていた」という床田は先発ローテーションの一角として大きな期待を寄せられていることを自覚。これが今年の成長につながったという。緒方氏は今季限りで退任したが「成長したところは見せたいなと思います」と誓う背番号28は恩返しの大活躍を見せることができるか。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191105-00000020-tospoweb-base

     日本シリーズに4連敗で敗退した巨人・原辰徳監督(61)が「パ強セ弱」に終止符を打つべく、セ・リーグでもDH制導入を提言した。プロ野球の伝統を覆す禁断のルール変更について、広島のキーマンに持論を語ってもらった。

     「僕はどちらでもいいけどね。もし導入するとしたら野手の起用の幅が広がる。投手も打撃の練習に時間を割く必要がなくなるので、そこはいいかもしれないね」

     そう語るのは今季限りで退任した緒方孝市元監督(50)の参謀役として球団初のリーグ3連覇(2016-18年)に貢献した高信二ヘッドコーチ(52)。チームは2016年と18年に日本シリーズに進出し、日本ハム、ソフトバンクに敗れて日本一を逃しているが、原監督の意見に対し、肯定も否定もしなかった。

     「導入されれば現場の負担が減りますね。試合で特に気を使うのは投手の打席。打撃指導や代打を送る必要がなくなるので作業が減る」とは迎祐一郎打撃コーチ(37)。一方で、「基本的にDHは打力のある外国人選手を起用する。その場合、強い外国人選手を獲得できるチームが強くなる可能性がある」と資金力による戦力格差の拡大を心配する。

     「DH」として出場経験のある松山竜平外野手(34)は「(セとパで)同じルールの方が良い。出場できる枠が1つ増えるので若い選手のチャンスが広がる」と歓迎した。投手は「DH」に強打者が入ることによって不利になる意見があるが…。今季楽天からトレードで加入した菊池保則投手(30)は「気になりません。投手と対戦するときも野手と同じ意識で投げている」と投手心理を語る。

     以前、松田元オーナー(68)は「パ・リーグとセ・リーグ、それぞれ違いがあるからおもしろい」と持論を語っていた。日本球界だけではなく、米大リーグでも加熱するDH制導入論争。意見を出し合って、野球界を盛り上げる。(柏村翔)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191027-00000543-sanspo-base

     広島・緒方孝市監督(50)が1日、今季限りでの辞任を表明し、マツダスタジアムで記者会見を開いた。

     緒方監督の辞任を受け、選手は感謝の言葉を並べた。松山は現役、コーチ、監督時代と長い時間を共有した。今季は開幕「5番」で起用されながらつまずき貢献できなかった時期があった。チームは4年ぶりにBクラスで終戦。「今年のチームの成績は僕に責任がある」と唇をかんだ。

     打率.259、6本塁打、49打点と不本意な1年から巻き返しを図る来季。「監督5年間の中でほぼ主力として使ってもらい、育ててもらった。(結果を残して)恩返しができたら」と前を向いた。

     打力を生かすため外野に挑戦した西川は定位置をつかみ取った。「去年も(内野で)あれだけエラーしても使ってもらえた。外野は素人。(今年は)我慢して使ってくださったことに感謝しています」と力を込めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191002-00000031-dal-base

    広島佐々岡真司投手コーチ(52)の新監督就任が7日、発表された。1年契約で、背番号は今季と同じ88。

    投手出身の監督は、球団では67年長谷川良平以来53季ぶりとなる。第19代監督として、4位に終わった今季の立て直しに乗り出す。カープカラーのネクタイで会見し「今年の経験を反省して来季、日本一を目指して全身全霊を込めて務めさせていただきます。これからもよろしくお願いします」とあいさつした。

    国内FA権を初取得した会沢、野村、菊池涼についても言及。チーム編成はフロント主導で行われることを踏まえつつ「必要な選手。いなくなるという頭は、今のところない。1人でも抜けると困る。いっしょに戦っていきたい」とラブコールを送った。

    目指すチームとしては「ピッチャーは助けてもらうものだし、野手もピッチャーのためにという気持ちでチーム愛が浸透し、みんなで勝った喜びを味わう、負けた悔しさを味わう、そういうベンチでありたい。みんなに愛されるそういうチームになっていきたい」と話した。

    佐々岡新監督は89年ドラフト1位で入団して以来、広島一筋。07年の現役引退後は野球解説者として、15年から昨年までは2軍コーチとして、チームに携わった。

    今季は1軍投手部門を担当。春季キャンプでは中崎、一岡以外の全員を先発投手としてスタートさせる斬新な方法で、投手陣を整備。適性を見極めながら、先発、救援のどちらにも対応できる投手づくりに取り組み、防御率を昨年の4・12からリーグ2位の3・68に良化させた。また、昨年2軍で指導した山口、遠藤らを1軍で効果的に起用し、飛躍のきっかけをつくった。

    9日に始まる秋季練習から指揮を執る。広島が新時代を迎える。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191007-10070344-nksports-base

     監督就任が濃厚となった佐々岡ピッチングコーチ。その決め手は、カープを愛し、愛されてきた生え抜きOBとしてのプロ野球人生にあります。

     1990年、ドラフト1位で入団。

     「小さいころからの夢、憧れ。」(佐々岡真司投手・当時)

     山本浩二監督の前で、こう語った青年は、スライダーを武器に、先発・中継ぎ・抑えとフル回転します。

     印象深いのが、10年目で達成したノーヒット・ノーラン。投球の幅を広げ、のちの大勲章につなげます。

     「100勝100セーブを達成。」(当時の実況)

     「どのポジションでも投げようと思ってました。結果として100セーブができて、うれしいです。」(佐々岡真司投手・当時)

     18年の現役生活を終えると、RCCの野球解説者として活躍。グラウンドの外で7年間を過ごしました。

     「カープ野球はピッチャーを中心として守り勝つ野球。」(解説者時代の佐々岡真司さん)

     2015年、再びユニフォームに袖を通すと、今シーズンからは一軍のピッチングコーチとして緒方監督を支えました。

     佐々岡コーチは、実績にこだわらず、ファーム時代からの教え子たちを積極的に起用。2年ぶりに復活勝利を挙げた床田や、先発へ配置転換し、勝利を挙げたアドゥワ、そして、山口や遠藤といった、将来のエース候補たちに「勝つ喜び」を経験させました。

     「楽しみな選手のひとり…」(佐々岡真司コーチ)

     素顔の佐々岡コーチは温厚でムードメーカー的な側面もあり、鈴木球団本部長は「人柄は言うことない」と評価。監督として、まず、「チームが勝つこと」、そして、「投手陣の底上げ」を期待しているということです。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191004-00362800-rccv-l34

    ◆ 注目集まる“ポスト緒方”の行方

     セ・リーグ4連覇を逃し、最後の最後で阪神にまくられてリーグ4位に終わった2019年の広島。セ・リーグの全日程が終了して4位が確定した翌日の10月1日、5年間チームを率いてきた緒方孝市氏は監督の座から退くことを発表した。


     2015年に前任の野村謙二郎氏からチームを引き継ぎ、2016年に25年ぶりのリーグ優勝を達成。そこから3年連続でリーグ制覇を成し遂げた。この期間は憎らしいほどの強さを発揮してセの他球団を圧倒。ちなみに、リーグ連覇は37年ぶり、3連覇は球団初の快挙だった。


     V逸に加えてのBクラス転落ということもあって、早々にチームの立て直しに動き始めた広島。やはり注目が集まるのは“次の監督”というところになるが、こちらも想像以上に早期決着を果たすかもしれない。

     4日、複数のメディアが佐々岡真司投手コーチに監督就任への要請があったことを報道。本人からのコメントも出ており、数日中にも結論が出るのではないか、との見方もある。ネット上では様々な後任候補の予想や希望が挙がっていたが、これで佐々岡氏が一躍“最有力候補”へ躍り出た。


    ◆ “投手出身監督”誕生なら球団53年ぶり!?

     広島の歴代監督を振り返ってみると、驚くほどに野手出身の監督が多い。そこであらためて振り返ってみると、1950年の球団創設以降、投手出身の監督は2人しかいなかったことが分かった。

     まず一人目は創設元年、初代監督に就任した石本秀一。1972年には野球殿堂入りも果たしている人物で、プロ野球計6球団で監督を務めた経歴を持つ名指導者だった。

     そして二人目が、1965年の途中から今で言う“監督代行”のような形で監督に就任した長谷川良平。170センチに満たない身長ながら広島一筋14年で通算197勝を挙げた球団を代表する大投手で、監督としては計3シーズン戦い、2年目の4位というのが最高成績だった。

     なんと、この長谷川を最後に、広島に投手出身の監督は出てこない。もし、佐々岡氏が来季の監督に決まれば、球団70年目にして史上3人目、実に53年ぶりの“投手出身監督”となる。

     約半世紀ぶりの人事は実現するのか…。今後の動向から目が離せない。


    ◆ 広島・歴代監督
    石本秀一(1950~1953途)=【投手】
    白石勝巳(1953途~1960、1963~1965途)=内野手
    門前真佐人(1961~1962)=捕手
    長谷川良平(1965途~1967)=【投手】
    根本陸夫(1968~1972)=捕手
    別当 薫(1973)=外野手
    森永勝也(1974)=外野手
    ジョー・ルーツ(1975途)=内野手
    古葉竹識(1975途~1985)=内野手
    阿南準郎(1986~1988)=内野手
    山本浩二(1989~1993、2001~2005)=外野手
    三村敏之(1994~1998)=内野手
    達川晃豊(1999~2000)=捕手
    マーティ・ブラウン(2006~2009)=外野手
    野村謙二郎(2010~2014)=内野手
    緒方孝市(2015~2019)=外野手



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191004-00204902-baseballk-base

     10月1日、広島東洋カープを5年間率いた緒方 孝市監督の今季限りでの辞任が発表されました。今季は阪神タイガースの追い上げに屈しての4位。とはいえ、昨年までセ・リーグ3連覇を果たし、鈴木 誠也をはじめ数々の若手を日本を代表する選手にまで育て上げた功績は色あせるものではありません。


    そんな緒方監督ですが、筆者は昨年1月に一度だけ直接お話させて頂く機会がありました。その場所はホーム・広島ではなく、契約スポーツ用品メーカーの本社がある大阪。恐れ多くもメーカー社長と緒方監督との対談コーディネーターを仰せつかったのです。事前に伺っていた情報は「緒方監督は難しい方」。相当緊張して当日を迎えました。

     ただ、結論から言えば緒方監督は正にスポーツマンらしい、実直でユーモアにあふれる方でした。シーズンオフという状況がそうさせたのかもしれませんが、私の話にも耳を傾けて頂き、かつ自分の言葉で投げ返してくる。そして「スポーツの存在価値を伝えるために」と題された対談では、これまでほとんど明かされなかったチームの徹底事項や、スタッフ、ファンへの感謝の想いを話していただきました。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191002-00010009-hbnippon-base

     昨季まで球団初のリーグ3連覇に導いた広島の緒方孝市監督(50)が1日、今季限りでの辞任を発表し、マツダスタジアム内で会見を開いた。球団事務所で松田元(はじめ)オーナー(68)に意思を伝え、了承された。球団からは何らかのポストが用意されたが、態度を保留。後任は未定ながら、佐々岡真司投手コーチ(52)らが候補に挙がるとみられる。



     9月中旬。緒方監督が背中を丸め、せきを止めようと苦闘する姿を幾度も見た。会見では決して選手を責めず「いい采配ができなかった」が決まり文句だったはずが、つい個別の選手を非難する発言が口をついた。ベンチでの青白い表情は穏やかと言うよりも、緊張の糸が切れているように見えた。日本一を逃した昨季終了後のオーナー報告でも「しんどいです」と漏らすなど、5年間のタクトで心身とも疲れ切っていた。

     就任2年目の2016年から上位打線を“タナキクマル”で固定し、25年ぶりのリーグ制覇に導いた。鈴木も4番として育て「神ってる」の流行語を生んだ。ナイターでも午前9時頃から監督室にこもって資料をチェックした努力の人。それでも16、18年は日本シリーズで敗れ、17年はCS敗退。短期決戦に弱かったこともあり、SNSを中心にしたファンの評価は「3連覇は野村前監督の“遺産”のおかげ」と必ずしも高くなかった。無念の辞任だろう。(昌)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191001-00000244-sph-base

     広島・高ヘッドコーチが3日、マツダスタジアムを訪れ、鈴木球団本部長と面談した。今季を振り返り、外国人選手やコンバート案など来季へ向けた強化ポイントを確認。緒方監督の辞任については「最後の練習試合の後まで知らなかった」と驚いた様子だった。


     秋季練習や秋季キャンプについても質問が飛んだが「(監督が)決まってから。組閣が決まらないとね」と歯切れが悪かった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191003-00000070-dal-base

    このページのトップヘ