広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    緒方孝市

    <広島6-5ヤクルト>◇20日◇マツダスタジアム

     広島が最大4点差を8回に2本の2ランで追い付くと、延長10回にエルドレッドのサヨナラ打で勝利した。今季4度目のサヨナラ勝利で、マジックを24とした。緒方孝市監督(48)の談話は以下の通り。

     -打線が終盤にひっくり返した

     緒方監督 こうしてサヨナラ勝ちで、すごい試合をしてくれた。8回は2本の本塁打か。まずあそこでよく追い付いてくれた。

     -得点が奪えない中で松山が1発

     緒方監督 松山に限らず、これだけ連戦が続いて、しんどい日程の中で打線自体がにぶくなっているのは分かっていた。山中に対しての相性もある中、まず松山が先制してくれた。取った後にひっくり返される試合があるのがね…。

     -最後はサヨナラ勝ち

     緒方監督 昨日、今日と打線が点を取れなかった分、最後の最後で素晴らしい攻撃で勝ちをもぎ取った試合だと思う。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170820-01875216-nksports-base

    <広島0-5ヤクルト>◇19日◇マツダスタジアム

     広島は先発小川らヤクルト投手陣の前に5安打に抑えられ、今季7度目の0封負けを喫した。先発薮田は6回に押し出しで先制点を許すと、7回にも1死満塁のピンチを招いて降板。代わった中田が山田に満塁弾を浴びた。敗れた緒方孝市監督(48)の談話は以下の通り。


     -ヤクルト先発小川を攻略できなかった

     緒方監督 前回もなかなか点が取れなかったし、今回もチャンスはあったけど点が入らなかった。

     -先発薮田は中盤、踏ん張れなかった

     緒方監督 スピード的には出てたけど、イニングの入りでワインドアップのバランスが悪かった。引っかけたような投球で、前回みたいにコントロールし切れていなかったところが見えた。ツーシーム系にしても、もう1つ空振りを取れるような球じゃなかったのは前回との違い。

     -7回1死満塁で継投

     緒方監督 もちろん投げさせるときは投げさせる。今日はここらへんがいっぱいかなというところで判断させてもらった。(中田)廉には厳しいところの場面だったし、打たれたのは廉の責任どうのこうのじゃない。こっちがそういうタイミングで継投して、最悪の結果になったので、自分の継投ミスというか、自分の責任。また切り替えて明日から頑張ります。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170819-01874742-nksports-base

    <阪神5-4広島>◇17日◇京セラドーム大阪

     広島は中盤に3点差を追い付くも、同点の9回に4番手中田が1死満塁から福留に犠飛を打たれ、サヨナラ負けを喫した。10日中日戦(ナゴヤドーム)以来、今季4度目のサヨナラ負けで連勝は4で止まり、マジックは26のまま。緒方孝市監督(48)の談話は以下の通り。



     -一時は同点に追い付いた。

     緒方監督 本当にいい攻撃をしてくれた。

     -先発福井は四球から失点。

     緒方監督 先頭に四球を出すと失点につながる。反省して欲しい。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170817-01873701-nksports-base

     巨人の阿部慎之助内野手が13日の広島戦で通算2000安打を達成した。巨人生え抜きでは史上5人目となる大記録に、相手チームの広島からも賞賛の声が聞かれた。

     記録達成となる安打を打たれた今村は「純粋に悔しい気持ちと、僕の記念にもなると思います」と普段通りの冷静な口調でコメントしたが、選手時代から阿部と戦ってきた緒方監督は「本当にすごいよね。キャッチャーというハードなポジションで、数多くのケガとも戦いながらの達成だからね。打撃センスは一流なので。あっぱれでした」と祝福した。

     昨季、自身が2000安打を達成した新井も「彼が素晴らしい選手というのは、みんなが認めるところ。キャッチャーという大変なポジションで長年ずっとやってきて、類い稀な打撃センスと努力の賜物だと思います。本当におめでとうございます」と最大限の賛辞を贈っていた。


    引用元 https://full-count.jp/2017/08/14/post79703/

    <広島4-1巨人>◇13日◇マツダスタジアム

     広島が逃げ切ってカード勝ち越しを決めた。試合後の広島緒方孝市監督(48)の談話は以下の通り

     -初回からいい攻撃

     緒方監督 そうだね。

     -岡田が好投

     緒方監督 テンポというかリズムというか。走者を出してもばらつくことがなかったからね。しっかりと前回の修正をして、しっかり6イニングを投げきってくれたと思います。ナイスピッチングです。

     -続投か継投かの判断は

     緒方監督 別に。代えようと思ったから代えただけ。いつもやってることです。

     -西川がアピールを続ける

     緒方監督 初回のあそこで終わるんじゃなくて、あの1点というのは非常に大きかった。やっぱり連日こうやってスタメン起用に応えてくれるわけやからね。ここからはちょっと、出続けたことがないからしんどいかもしれないけど。チャンスをしっかりつかめるようにね。結果ばっかりこっちは言っていない。いい内容のものを見せてくれればいいわけだからね。

     -阿部について

     緒方監督 すごいね。本当に2000安打というすごい大記録を達成してね。捕手というハードなポジションのなかで、いろんな体の故障を抱えながら。打撃センスというのはもちろん一流の打者なので。目の前にしてあっぱれだね。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170813-01871720-nksports-base

    ◆広島4―1巨人(13日・マツダスタジアム)

     広島・岡田明丈投手(23)が、リーグトップの菅野(巨人)に1勝差と迫る11勝目を挙げた。

     初回、先頭の陽岱鋼に中越え三塁打を打たれ、無死三塁のピンチを背負ったが、続くマギー、坂本を連続三振。阿部を二ゴロに打ち取った。

     4―0の6回、連打に失策も絡んで1点を失ったが、6回1失点(自責0)で自身4連勝。突如崩れる悪癖も出ず、安定した投球だった。「そこが一番の課題として取り組んできた。良い結果につながったと思います」と振り返った。

     緒方監督も「岡田はテンポというか、リズムというか、走者を出してもそういうのがばらつかなかった。ナイスピッチング」とたたえた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170813-00000211-sph-base

    ◆中日6x―5広島(10日・ナゴヤドーム)

     今季3度目のサヨナラ負けで、マジック再点灯はお預けとなった。

     過去2試合で2得点だった打線が初回から中日の先発・八木を攻めて、2回までに5得点。しかし先発・九里がこのリードを守れなかった。5回まで毎回、先頭打者を出して、5回途中5失点。打線も3回以降は追加点を奪えず、最後は守護神・今村が大島にサヨナラタイムリーを浴びた。

     九里は「ゲームを作ることができなかった」とがっくり。緒方監督は「次回(先発)はまだわからない」と厳しい表情だった。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170810-00000254-sph-base

     阪神は3日の広島戦(マツダ)で延長12回の末、5-5の引き分け。今季94試合目で自力優勝の可能性が消滅した。しかし、翌4日のヤクルト戦(京セラ)で3-0で勝利し、一夜で力優勝の可能性は復活。ただ、それでも6日時点で両軍のゲーム差は9で、よほどのことがないかぎり広島のセ・リーグ連覇は間違いなさそうだが、意外にも、緒方孝市監督(48)が虎を“異常警戒”しているという話が聞こえてきた。

     事情を知る阪神の古株OBの1人は「緒方監督は『今年、阪神だけには絶対に勝たないといけないんです』と何度も話してるよ」と明かす。

     もちろん、リップサービスの可能性も捨てきれないが、圧倒的な強さを誇るなかでなぜ、注意深く見守っているのか。そこには2つの理由が見え隠れする。

     1つは対戦成績が8勝8敗1分け(6日現在)で全くの互角である点。前出OBは「クライマックスシリーズ(CS)で対戦する可能性もある。今どれだけゲーム差があっても、CSとなれば1勝のアドバンテージにしかならない。短期決戦になれば、どちらに転ぶか分からない。上にいるチームとしては不安だよ」とみる。

     もう1つは、阪神・金本知憲監督(49)と1968年生まれ同士の「宿命のライバル」であること。緒方監督は86年のドラフト3位で鳥栖高から広島入り。通算1506安打、241本塁打、打率・282をマークした。一方、緒方監督より5年遅れて東北福祉大から広島に入団した金本監督は通算2539安打、476本塁打、打率・285と実績で上回る。セ・パ両球団でフロント経験のある球界関係者は「緒方監督は口には出さないが、同じ年で同じ球団出身、そりゃあ意地でも負けたくないのは当然」と話す。



     金本監督は3日の試合後、「自力V消滅? そんなん別にええよ。この球場、カープの勝率を考えれば、この3連戦(1勝1敗1分)はよくやったな、というのが正直な感想」。この展開にツキを見いだせるか。(山戸英州)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170807-00000015-ykf-spo&pos=4

    ◆中日1―1広島 延長12回引き分け(8日・ナゴヤドーム)

     広島が引き分け、阪神が敗れたため、優勝へのマジックナンバー「33」が点灯した。2回に1点を先制されたが、7回に鈴木誠也外野手(22)が同点適時打。7回1失点だった先発・野村祐輔投手(28)の後を受けた中継ぎ陣が12回まで無失点に抑え、ドロー。

     緒方監督は「みんな粘った。投手にしても、打者にしても。抑えられてきたけど、しっかりと(7回に)1点取ってくれた」と負けなかったことを評価した。

     同点打の鈴木は「なかなかヒットが出ていない中で1本出て良かった」と振り返り、マジック点灯については「特に気にしていない。一戦一戦、戦っていければ」と強調した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170808-00000255-sph-base

    <DeNA4-9広島>◇6日◇横浜

     広島が先発全員安打で快勝。効果的に3本塁打も飛びだした。先発岡田は4回に3連続四球が絡んで2失点するなど悪癖を露呈も、5回3失点で10勝目を挙げた。中継ぎ陣は万全を期して一岡-中崎-今村の勝ち継投をつぎ込んだ。試合後の広島緒方孝市監督(48)の談話は以下の通り

     -西川が先制打

     緒方監督 西川がいい先制打を打ってくれたね。難しいケースのところでね。その後の岡田にしてもそうだしね。自らのバットで。

     -その岡田は

     緒方監督 気持ちよう投げてくれんとね。点とった後の投球がね。あんな弱い姿を見せるようじゃね。本当にダメ。

     -それが5回降板の理由

     緒方監督 誰が見てもそうでしょ。

     -攻撃陣はよく打った

     緒方監督 野手が効果的にね。誠也の本塁打にしても、バティスタの本塁打にしても。カントリー(エルドレッド)も打ってくれたし。本当に打線がこれだけ打ってくれてね。本当に投手を助けてくれた。

     -中継ぎ陣は

     緒方監督 中継ぎ陣に関しては、しっかりと毎試合、こういう登板機会が多いなかでも投げてくれるよね。休ませてやりたいけど。この球場はひとつのプレーで流れが変わる。そこから大量点というのは何度も何度も、うちもやられているからね。明日も休みだし、今日は最後、頑張ってもらったという形。

     -岡田は突然四球で

     緒方監督 これをひとつ、もうひとつ成長してくれたらね。ここが彼がここから一皮むけるかどうかというところの課題だから。今日は自ら点もとったけど、野手に助けてもらっての10勝目。次の1勝を目指してね。しっかり野手に、今度は逆に勇気を与えるような投球をしてほしいね。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170806-01868232-nksports-base

    このページのトップヘ