広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    美間優槻

     広島の美間優槻内野手(23)が9日、広島市安佐南区で開かれた「八木ソフトボールクラブ」による野球教室に参加。プロ6年目となる来季の目標に「開幕1軍」を掲げ、三塁のレギュラー争いに割って入ると誓った。開幕2カード目に対戦するヤクルトには今季限りで退団した石井打撃コーチが在籍。成長した姿を見せつけ、恩返しする。

     背水の陣で臨む。美間は来季へ向けて熱い思いを吐露した。「来年が本当に勝負。覚悟はある。死にものぐるいでやらなくてはいけない。開幕1軍というのが第一目標」。自らの立場を理解し、危機感を口にした。

     プロ5年間で1軍出場は、2015年の1試合のみ。今季も2軍生活が続いたが、ウエスタン・リーグでは87試合に出場し打率・300、10本塁打。好成績を残し、秋季キャンプ参加メンバーに抜てきされた。

     そのキャンプでは、シート打撃で快音を響かせるなど、東出、迎両打撃コーチから打撃面の成長を評価された。来春の1軍キャンプ参加は濃厚で、このチャンスを何としても生かなければならない。

     狙うのは三塁のポジションだ。安部や西川らがレギュラーを狙う激戦区。「三塁は右打者が少ないので、そこを生かす。何とか勝ち取りたい」と割って入るつもりだ。

     5年間、指導してくれた石井打撃コーチが退団し、ヤクルトへ。「いろいろ教えてもらった。神宮で会えるようにし、成長した姿を見せたい」。来季は開幕2カード目に対戦がある。そこで勇姿を見せ、恩返しするのが今の目標だ。

     畝投手コーチらと参加した野球教室では233人の少年少女に打撃指導し「教えるのは難しかったが、楽しかった」と笑顔で振り返った。来季は美間スマイルを1軍の舞台で振りまく。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171210-00000032-dal-base

     広島の畝龍実1軍投手コーチが9日、広島市安佐南区で行われた「第17回八木ソフトボールクラブ野球教室」に参加。辻空投手、庄司隼人内野手、美間優槻の3選手と集まった、小学生233人の講師役を務めた。

     畝コーチと辻はキャッチボール、ノックを担当。下半身を主導とした投げ方や捕球方法を伝えた。同コーチは「ユニホームを着た選手を見たら自分もプロへという意識が湧いてくるのではないな。ふれ合うということが一番大事だと思う」と話した。

     素振りやティー打撃を野手の庄司、美間が指導。一人一人、丁寧にスイングをチェックし、アドバイスを送った。美間は「いいね。ナイスバッティング」と笑顔で子どもたちに声をかけ、「楽しい時間が過ごせました」と交流を楽しんだ。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171209-00000079-dal-base

     「広島秋季キャンプ」(11日、日南)

     キャンプ初の休日を返上して、美間優槻内野手(23)が汗を流した。

     室内練習場で1人、打撃マシンと対峙(たいじ)。約30分間、黙々と打ち込んだ。その後、野間、坂倉と共にランニング。第2クールへ向けて調整した。

     自主練習を終えた美間は「フェニックスリーグの時も休みの日に練習をしていた。他の選手がやっているのを見ると、やらなかったときになんでやらなかったんだろうと後悔する。周りはすごい選手ばかりなので、もっと練習をやらないといけない」と前を向いた。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171111-00000077-dal-base

     37年ぶりの連覇を達成した広島は今季、クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージでDeNAに2勝4敗(アドバンテージの1勝を含む)で敗戦。2年連続の日本シリーズ進出を逃した。
     シーズンでは2位阪神に10ゲーム差をつけ、圧倒的な力を見せつけたが、短期決戦ではもろさも露呈。球団初の3連覇と、34年ぶりの日本一がかかる来季へ向けて、補強ポイントを探った。

    ◯左腕投手

     先発、中継ぎ共に左腕の数が不足している。先発で10試合以上登板したのはジョンソン(13試合)だけ。ほかではルーキー床田が3試合。高橋樹と戸田がそれぞれ1試合ずつに投げただけだった。

     救援での左腕の最多登板は高橋樹の9試合。以下、飯田が8試合、佐藤が6試合、戸田とオスカルが2試合ずつと、サウスポーの出番は圧倒的に少なかった。それだけにドラフトで即戦力左腕の補強に乗り出すかに思われたが、指名した6選手のうち投手4人は全員が右腕。ファームには高卒ルーキーの高橋昂を筆頭に、高橋樹、塹江、戸田と将来期待できそうな20代前半の左腕が控えているが、来季1軍でバリバリ働けるかどうかは未知数。戦力外を含め、他球団からの補強か、新外国人か、今後何らかの動きがあるかもしれない。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171110-00092312-fullcount-base

     広島がマツダスタジアムで秋季練習を開始した。リーグ2連覇を達成した今季はCSファイナルSで敗退。34年ぶりの日本一を狙う来季へ、緒方監督は「しっかりレベルアップしてほしい。全員にチャンスはある」と競争意識をあおった。

     新任の広瀬純外野守備走塁コーチも合流。練習はフリー打撃など約4時間行われた。丸は「切り替えはもうできている。(キャンプ地の)日南で本格的に動けるように準備する」と話した。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171102-00000070-spnannex-base

     「右ふくらはぎ打撲箇所の血腫除去」で9月26日に出場選手登録を抹消された広島・安部友裕内野手(28)のCSファイナルステージでの復帰が9日、絶望的となった。

     1軍首脳陣が「切ってしまっている。(CSでの復帰は)無理じゃないかな」と見通しを語った。安部は正三塁手として今季打率・310、4本塁打、49打点と活躍。チームは右足首骨折の鈴木に続いて、レギュラー2人を欠いて、CSを戦うことになる。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171010-00000510-sanspo-base

     イースタン、ウエスタン両リーグは5日、9・10月の「スカパー!ファーム月間MVP賞」を巨人・岡本和真内野手(21)、広島・美間優槻内野手(23)が受賞したと発表した。

     岡本は16試合に出場して打率・355、3本塁打。9月30日の西武戦では2本塁打を含む4安打7打点を記録するなど、リーグトップの18打点をマークした。美間は15試合で49打数24安打、リーグトップの打率・490、5本塁打の好成績だった。

     受賞選手には両リーグから記念品、スカパーJSAT株式会社から賞金5万円が贈られる。表彰式は7日のファーム日本選手権(サンマリンスタジアム宮崎)の試合前に行われる。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171005-00000098-spnannex-base

    このページのトップヘ