広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    美間優槻

     「巨人-広島」(23日、ひたちなか市民球場)

     広島の美間優槻内野手がプロ初打点をマークした。

     田中、新井の本塁打で4点を先制して迎えた初回2死二塁。吉川光の直球をはじき返し、左前へ運んだ。「良い流れでつないでもらったので必死にいきました。少しバットの先だったけど、1本出て良かったです」とコメントした。

     今季は4月13日の巨人戦(マツダ)でプロ初安打。九回にカミネロから中前打を放った。4番を務める鈴木と同じ12年度ドラフト入団の背番号「59」が着実にプロの階段を上がっている。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180523-00000133-dal-base

     広島・松山竜平外野手と安部友裕内野手が10日、マツダスタジアムで行われた野手指名練習に参加。晴れ渡った空の下、フリー打撃などで汗を流した。

     松山は「昨日も悪くなかったので、やっておきたかった。自分のバッティングをして、結果が出るのを待つだけです」と話した。

     打率・211と低迷する安部は「量を打つことも大事。技術の向上を考えないといけない」と力を込めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180510-00000067-dal-base

     広島・東出輝裕打撃コーチ(37)が8日、三塁のスタメンを競わせると明言した。レギュラーの安部が不振で、雨天中止となったこの日の中日戦は庄司がプロ初スタメンの予定だった。9日には右打者の美間が1軍昇格する。今後は相手投手や調子によって日替わりスタメンとなりそうだ。

    【写真】離脱者が相次ぐ中、首位キープ その選手層の厚さとは

     ゴールデンウイークが明け、三塁サバイバルが勃発した。昨季リーグ4位の打率・310をマークした安部がまさかの不振。ここまで打率・212と低空飛行が続き、雨天中止となったこの日は、ついにスタメンから名前が消えていた。

     「リセットもあるし調子を上げてもらわないと困る選手だから。ヒットを欲しがって、状態も悪い。数字も見えてしまうからね」

     タナキクマル、鈴木に続く真のレギュラーと期待する東出打撃コーチはそう説明した。この日は右打者よりも左打者の被打率が高い左腕・浜口が先発予定だったため、庄司をスタメンに抜てき。9日は予告先発が東と発表され、2軍で打撃好調を維持している右打者・美間の1軍昇格が決まった。

     今後は基本的に三塁は日替わりスタメンとなる見込み。チームでは丸が抜けた中堅も野間や高橋大、下水流らが争う。東出コーチは「常にラストチャンスと言っている」と尻をたたきながら、「経験値を上げるチャンス。こういう機会はめったにないよ」と続けた。

     「悔しさしかない。自分の結果でそうなっている。守備、走塁、打撃。チームの勝利のため切り替えて、やれることをやっていく」

     再び競争の中に身を投じる安部は危機感を募らせて、鋭い視線を前に向けた。安部、美間、庄司、ファームには西川もいる。チームが首位を快走する中、ホットコーナー争いが再び熱を帯びそうだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180509-00000028-dal-base

     プロ野球のファームは27日、ウエスタン・リーグの2試合が行われた。

     広島は阪神戦(甲子園)で打線が先発全員の17安打。11―2で大勝した。堂林が2回の2号3ランなど4安打。7回には9安打で7点を奪った。先発・高橋昂は3安打2失点8奪三振の完投勝利で2勝目(1敗)。阪神は先発・才木が6回7安打4失点で2敗目(2勝1セーブ)。2番手・石井は2/3回を6安打5失点だった。

     中日はソフトバンク戦(ナゴヤ)に7―3で逆転勝ち。1点を追う5回に阿部が決勝の1号2ランを放った。伊藤康も6回に1号ソロで、石川駿が3安打。2番手・山井が2回3安打1失点で1勝目(2敗)。ソフトバンクは先発・笠谷が5回6安打4失点(自責2)で2敗目(3勝)。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180427-00000131-spnannex-base

     プロ野球のファームは25日、イースタン・リーグの日本ハム―楽天戦(鎌ケ谷)、ヤクルト―巨人戦(戸田)、西武―DeNA戦(西武第2)が降雨で、ウエスタン・リーグの中日―阪神戦(ナゴヤ)がグラウンド状態不良のため中止となった。

     唯一行われた広島―オリックス戦(由宇)は、広島が6―5で逆転サヨナラ勝ち。1点を追う9回無死満塁から板倉のスクイズで同点に追いつき、さらに1死満塁から桑原が右越えにサヨナラ打を放った。堂林と美間がそれぞれ1号ソロ。5番手・カンポスが1回無安打無失点で1勝目(1敗)を挙げた。オリックスは伊藤が1号3ラン。9回は佐藤達が打たれ、1/3回を3安打2失点で1敗目。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180425-00000140-spnannex-base

     「広島7-4ヤクルト」(17日、呉市二河野球場)

     広島が2年連続リーグ10勝1番乗りを果たし、首位に浮上した。自慢の打線が11安打7得点。粘り強い攻撃で乱打戦を制した。

     試合後、緒方監督は「今日は打線に尽きる。初回から気迫あふれる攻撃を全員見せてくれた」とたたえた。

     ただ六回、右手首に死球を受けた田中の状態を心配し「最後は力が入っていなかった。明日の状態を見てみないと分からない」と話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180417-00000158-dal-base

     広島が競り勝ち、貯金を2に戻した。14日、敵地・東京ドームで行われた巨人戦。丸が放った先制の3ランで奪ったリードを、先発のジョンソンが8回2失点の好投で守り抜いた。


     主砲の1発が勝利を呼んだ。3回だ。1死からジョンソンが中前安打を放って出塁すると、田中も中前安打で続く。2死一、二塁となって打席に立った丸。カウント2ボール1ストライクからの4球目、巨人先発の田口が投じたストレートを捉えると、打った瞬間に本塁打と分かる完璧な当たりに。敵地の右翼席上段へと飛び込む特大の5号3ランで一気に3点のリードを奪った

     序盤にリードをもらったジョンソンは、打たせて取るピッチングで巨人打線を2点に抑え込んだ。4回に犠飛で1点を許し、7回にはゲレーロにソロ本塁打を浴びたが、同点、逆転は許さなかった。左腕は3試合連続でクオリティースタートを果たし、2勝目をマークした。

     巨人は、先発の田口が3回に丸に痛恨の3ランを被弾。点を失ったのはこの3回だけだったが、6回6安打3失点でマウンドを降りた。2年連続2桁勝利中の左腕だが、今季は3度先発マウンドに立ちながら、いまだに未勝利となっている。7回にはゲレーロに今季初アーチとなるソロが飛び出したが、空砲に。1発の後に1死二塁のチャンスをつかんだが、中井の右飛で代走の吉川大が飛び出すボーンヘッド。同点のチャンスを潰した。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180414-00121015-fullcount-base&pos=1

    <巨人10-2広島>◇13日◇東京ドーム

     広島美間優槻内野手(23)が9回にプロ初安打を記録した。

     8回の三塁守備から出場した美間は9回、巨人カミネロの155キロをライナーでセンターへはじき返した。鳴門渦潮(徳島)から12年ドラフト5位で入団しプロ6年目。10打席目で記録した初安打にも「1打席1打席が僕にとっては勝負。無駄な打席はない」と表情を引き締めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180413-00178697-nksports-base

     「阪神1-5広島」(12日、甲子園球場)

     広島の安部友裕内野手が3安打2打点の活躍で連敗ストップに貢献した。

     0-1の二回。先頭で打席に立ち右翼フェンス直撃の二塁打で出塁。この一打がきっかけとなり、この回3得点。逆転に成功した。

     三回に右中間への二塁打を放つと、3-1の七回無死満塁では、左投手の高橋聡からリードを4点に広げる右前2点適時打を放った。「当たりはゴミでゴミヒットだったけど、Hのランプがついて良かった」。打点は、3月30日の開幕開幕戦以来だ。

     13日からは敵地に移動して巨人と対戦する。一夜にして奪い返した首位を守るためにも、「これに一喜一憂せずにまた、あしたから頑張りたい」と力を込めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180412-00000145-dal-base

    <ヤクルト3-6広島>◇3日◇神宮

     広島が4試合連続の逆転勝利で93年以来の開幕4連勝とした。


     1点を追う6回。1死一、二塁で西川の一、二塁間のゴロを捕球した一塁坂口が一塁ベースカバーに入った投手へ悪送球し、一塁走者まで一気に生還した。さらに野間や代打メヒアの適時打で加点し、ヤクルトを突き放した。

     25年ぶりの開幕4連勝となったものの、広島にも拙守や四球連発などミスが目立った。緒方孝市監督(49)は先発薮田について「結果を見れば試合を作ったことにはなるけど、また次回修正してくれることを期待している」と5回7四死球と制球を乱した右腕の立て直しに期待。さらに「ミスも出ているし、しっかり反省するところは反省していかないといけない」と引き締めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180403-00169020-nksports-base

    このページのトップヘ