広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    羽月隆太郎

     プロ野球が開幕し広島はセ・リーグ4連覇に向け熾烈な戦いを続けている。田中、菊池、鈴木……今やカープの主力として活躍する先輩たちの姿に追いつき、追い越せと言わんばかりに若手たちはファームで汗を流している。2軍で指揮を執る水本勝己監督は「俺の仕事は1軍に戦力をどんどん上げること。こっちの意図を本人たちがどれだけ分かっているか」と語る。



     5日のオリックス戦ではドラフト1位ルーキー・小園が「1番・遊撃」、同3位・林は「4番・一塁」、同7位・羽月は「9番・二塁」で先発出場。高卒ルーキー3人がスタメンに名を連ねた。羽月は4回の第2打席で右前適時打を放ちプロ初打点をマークするなどマルチを記録した。林も2安打を放ち生きのいい若手が躍動する姿を見せた。

     水本2軍監督はここまでほぼ全ての試合で林を4番で起用。1軍から2軍に合流した小園もファームでは「1番・遊撃」としてフル出場させている。2軍といえど高卒ルーキーが1番と4番にどっしりと座っているのが現状だ。

    「何年か後のカープを背負う選手と思っている。1番(小園)と4番(林)は今後も続けていく。本人たちがこっちの意図をどう思っているか。努力できないなら外すが、それだけのことをできるとこちらは思っていますから」

     リーグ3連覇を果たしセ・リーグでは頭一つ抜ける存在となった広島。だが、世代交代も必ずやってくるのがプロの世界。何年か後を見据えたチーム作り、常に優勝を狙える常勝軍団を形成するため2軍の舞台は最も重要ともいえる。

    「ゲームに出てヒットを打つ。でも、そこで満足することはできない。2軍でちょこっと当てただけの4安打では1軍では打てません。結果も大事だが内容も必要。いいスイング、思いっきりも大事だしそれをいかに継続できるかです」

     層の厚い1軍をみればいきなりポジションを奪えるほど甘くはない。だが、1軍のチーム力が安定している今だからこそ時間をかけ、出場機会を増やし2軍で育成することが可能だ。若手の育成は全てのチームの課題だが、カープにはしっかりとした育成サイクルが植え付けられている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190406-00337716-fullcount-base

    ◆ウエスタン・リーグ 中日10―5広島(26日・ナゴヤ)

     中日のドラフト1位・根尾昂内野手(18)=大阪桐蔭高=が大量得点の口火を切った。2点リードで迎えた8回、先頭で打席に入ると、ケムナの初球の真っすぐを豪快に振り抜いた。左中間を真っ二つに破る二塁打を放つと、1死から近藤、石岡、松井佑が3連続長短打で一挙3得点。根尾は「まだまだです。いいところに飛んでくれた」と謙そんしたが、存在感を示した。



     根尾以上の活躍を見せた18歳が敵軍にいた。広島のドラフト4位・中神拓都内野手(18)=市岐阜商高=が「9番・遊撃」で初スタメン。3回に大野雄の直球を右前にはじき返すと、4回2死からは右中間に二塁打。2軍初スタメンで初安打&初長打をマークし「やってやろうと思っていました。自信になります」と喜びを口にした。

     根尾とはともに岐阜出身で高校時代は練習試合で顔を合わせた。さらに投手兼遊撃手の二刀流だった共通点もある。「そんなに意識はしていないですけど、負けないように、負けたくないとは思っています」と表情を引き締めた。

     広島のドラフト3位・林晃汰内野手(18)=智弁和歌山高=も「4番・一塁」で先発し、初回に先取点につながるヒットを放った。高校時代はミレニアム世代と呼ばれたように、今季の高卒1年目は逸材がそろっている。

     広島の水本2軍監督は「2軍の選手はよそのチームであっても活躍を見せてくれたら俺たちはうれしい」と目を細めた。開幕1軍入りを内定させた小園に注目が集まっているが、阪神・小幡竜平内野手(18)=延岡学園高=、ソフトバンク・野村大樹内野手(18)=早実高=らはすでに2軍戦で試合に出場している。今季はウエスタン・リーグからも目が離せなさそうだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190326-00000148-sph-base

     3月7日にマツダスタジアムで恒例の社会人選抜「オール広島」との練習試合が行われた。スタメンにはドラフト1位・小園海斗内野手(18)=報徳学園=、同6位・正随優弥外野手(22)=亜大=、同3位・林晃汰内野手(18)=智弁和歌山=が名前を連ね、同7位・羽月隆太郎内野手(18)=神村学園=は途中出場。同2位・島内颯太郎投手(22)=九州共立大=もピンチの場面で登板した。

     最初に輝きを放ったのは林だ。二回、1死から142キロの直球をはじき返し、左翼線への二塁打とした。「強い打球を打てたのは良かった。これから自信になると思います」。身長188センチ、体重90キロ。一塁守備では失策もあったが、力強いスイングは、スケールの大きさを感じさせた。

     六回の守備から出場した羽月は直後に飛んできたゴロをはじいて失策。「プレッシャーに負けて思い通りに足が動かなかった」。試合後は悔しそうに唇をかんだが、八回の打席では際どい球をファウルにして四球をもぎ取るなど、持ち味の粘り腰を発揮した。

     1軍で奮闘を続ける正随こそ4打数無安打に終わったが、小園と島内はきっちりと仕事した。小園は3打席目に二塁手のグラブをはじく内野安打。直後に二盗を決めた。八回1死満塁のピンチに登場した島内はキレのある直球で3球三振。見事な火消しで開幕1軍へ大きくアピールした。

     試合後、水本2軍監督は林と羽月について「いいところも悪いところもあった。いい経験をさせてもらった。マツダスタジアムで緒方監督の前ではああいうことが起こる。林はバットも折ったけど、いい当たりも打った。羽月は2ストライクからファウルで粘って、四球を取った」と満足そうに振り返った。

     今季、1軍はリーグ4連覇に挑む。2軍は1軍に足りない戦力を補いつつ、若手育成に取り組む。将来の4番候補の林はクリーンアップとして起用する方針だ。“1軍”を経験した個性派ぞろいのルーキーは近い将来、マツダスタジアムで大暴れしてくれるはずだ。

    (デイリースポーツ・杉原史恭)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190314-00000047-dal-base

    「ポスト丸」がついに土俵際だ。侍ジャパンにも選出された広島の野間峻祥外野手(26)が開幕まで2週間を切った15日、二軍に降格することが分かった。代わって高橋大樹外野手(24)が一軍に合流する。

     巨人に移籍した丸の抜けた穴を埋める筆頭格の野間はこの日、ウエスタン・リーグ開幕のソフトバンク戦(由宇)に「1番・中堅」で出場した。オープン戦はここまで7試合で打率1割8分2厘、0本塁打、0打点と惨たんたる結果。それだけに巻き返しの気持ちも強かったのだろう。3回に先頭で打席に立つと、左中間を破る三塁打。しかし、その後がいただけなかった。ドラフト7位の羽月が適時打を放ち、プロ初安打初打点で1点が追加されるはずだった。ところがここでソフトバンク側が走者の野間がホームベースを踏んでいないとアピール。これが認められ、得点は無効となった。

     4年目の昨季、初めて規定打席に到達し、打率2割8分6厘、5本塁打、46打点、17盗塁とブレークした野間に大きな期待を寄せていた緒方監督は「凡ミスをしているようではダメ」とバッサリ。さらに「怠慢プレーと取られても仕方のないプレーだった」と怒りをにじませ、二軍行きを決定した。

     正中堅手候補には昨季、規定打席未達ながら打率3割を超えた西川、巨人からFAの人的補償で移籍してきた長野もおり、不振の上に大チョンボをやらかした野間は無期限二軍の可能性すら出てきた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190316-00000019-tospoweb-base

     オフにも球界の話題の中心にいた広島カープ。念願の日本一に向け、大きな可能性を感じさせるシーズンである。同時に、数年で大幅な血の入れ替えが起こりそうなチーム状況も同居している。だからこそ高卒野手に大きな期待がかかっている。今はドラ1小園海斗の話題に隠れてはいるが、将来性豊かな2人、林晃汰、羽月隆太郎に注目してみた。



     2018年にリーグ3連覇を達成したカープであるが、最後のところで日本一まで手が届かなかった。あれから早いもので3か月近くが経過。キャンプイン前、1月下旬の広島では大野練習場とマツダスタジアムで多くの選手が自主トレを行っていた。 

     今オフ、球界を大きく騒がせたFAでの丸佳浩の巨人移籍、それにともなう長野久義の広島加入。今自主トレでは長野の姿を見ることはできなかったが、もともと実績のある選手である。終結した首脳陣たちも「シーズンが始まれば相応の結果は残してくれるはず」という確信に近いものがあるはずだ。むしろ長野以上に注目していたのは新人選手たちの現状ではないだろうか。 

     長年、広島のウィークポイントは左腕投手と言われる。確かに18年、先発ではクリス・ジョンソン、ブルペンではヘロニモ・フランスアしかコンスタントな活躍をした左腕はいない。しかし床田和樹、高橋昂也、高橋樹也、戸田隆矢など1軍経験も能力もある若い投手はいる。結果には結びついていないといえ、決して悲観することはない。 

     逆に広島は野手、それも二遊間に関して将来に多少の不安を抱えている感がある。現在、二塁・菊池涼介、遊撃・田中広輔という球界を代表する2人を有する。しかし菊地は昨オフの契約更改時、「ポスティング制度でのメジャー挑戦」を直訴。田中も順調なら20年中に国内FA権を取得する。センターラインがいなくなる可能性も否定できない。 

     また二遊間のみならず、三塁、一塁を含めても、長い期間、実は高卒選手が何年間も試合に出続けるような内野の不動のレギュラーに定着していない。移籍した丸や4番の鈴木誠也も高卒ながら外野手。そういった意味でも守れるだけでなく、打てる高卒内野手の登場に期待もかかる。18年ドラフトで指名した7人のうち3人が高校生内野手。これらを見ても現状が見て取れる。 




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190201-00290337-fullcount-base

     広島の赤松真人外野手(36)が21日、広島・廿日市市の大野練習場で自主トレを行い、菊池涼介内野手(28)との“再会”に感慨深い表情を浮かべた。

     2016年12月に胃がんを公表して以来、一緒に練習するのは初めて。「菊池のプレーを見ることがなかったので、変な感じでした。あいつ、ここ(大野練習場)には来ないのに。まあ、俺に会いたかったんでしょう。楽しくできました」と終始笑顔で捕球を繰り返した。

     予定外で現れた菊池の姿に、ドラフト1位・小園海斗内野手(18)=報徳学園高=や、同7位・羽月(はつき)隆太郎内野手(18)=神村学園高=はガチガチ。あいさつするのがやっとの状況だったが、赤松が羽月を指さして「ルーペ! ルーペ!」と呼びかけ、そのニックネームの意味を理解した菊池が爆笑すると、高校生ルーキーの緊張も一気にほぐれた。

     スター選手と若手の間を取り持った赤松。「僕らの若いときと違って、菊池でも(引退した)新井さんでも、若手にしゃべって和ませるようになっている。チームが家族一丸にならないと連覇できないことを知ってますから」とキッパリ。もちろん“潤滑油”になるだけでは飽き足らない。「去年より確実にできると思う。ギアを上げて試合でトライしていきたい」と3年ぶりの1軍出場に自信を示した。

     菊池は「赤松さんとノックを受けられたことは俺の中で幸せ」と照れ笑い。“ルーペ”ことハズキ…ではなくハツキも「赤松さんにつけていただきました。イジってもらってうれしかったです」とベテランに感謝していた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190121-00000133-sph-base

     ミスター三塁打だ。広島のドラフト7位・羽月隆太郎内野手(18)=神村学園=が10日、1年目から1軍出場し、自慢の足で魅了していく決意を示した。17年夏の甲子園では、2試合で2本の三塁打を記録。プロでもその足を駆使して先の塁を貪欲に狙い、ドラフト1位・小園に負けない存在感を際立たせていく。

     軽快な身のこなしでトレーニングを終えた羽月は、充実感たっぷりに汗をにじませた。新人合同自主トレ第1クール最終日。「アピールポイントは足」と胸を張り、ルーキーイヤーについて「(1軍昇格が)一番いいのは今年。ゆくゆくは足で人を魅了できる選手になっていければなと思っています」と闘志を燃やした。

     武器を存分に発揮する。50メートル走5秒7。高校2年時の夏の甲子園では、2試合で2本の三塁打を記録した。「(ベースの)少しの回り方で二塁打が三塁打になる。右中間や左中間(の打球)はしっかり最短で走れば、自分の足ならいけると思う。キャンプでも少しの回り方にこだわってやっていきたい」。磨きを掛け、盗塁だけでなく、ミスター三塁打としても魅せていく。

     この日のトレーニングでは、高い敏しょう性も示した。三浦トレーナーは「格段に動きがいい。(スピードを)0から100にするのが上手。高卒1年目でここまでの動きは見たことがない」と感嘆する。羽月も「ダッシュでも全力に近く実戦を考えてやっていました」とうなずいた。

     現在、特に課題とするのは「五流ぐらい」と自己分析する打撃面。日々成長を見据え、「ケガしない体作りはもちろん、小園に負けないように」と掲げた羽月。志高く、プロの階段を上っていく。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190111-00000034-dal-base&pos=4

    このページのトップヘ