広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    苑田聡彦

    【越智正典 ネット裏】プロ野球で、ボルサリーノか、ノックスか、粋なソフトをななめにかぶって街を歩いていたのは、水原茂、岩本信一、それから根本陸夫。苦渋がなにもないように見えたのが男のオシャレであった。

     広島カープの野崎泰一がそうであった。1975年広島がキャンプのコーチに招いたウォーレン・スパーン(363勝、奪三振2583、73年殿堂入り)と意気投合。二人で街を歩くと、いまにもビング・クロスビーの歌が聞こえて来そうであった。

     野崎泰一は23年7月2日、当時軍港の広島県呉で生まれた。大正12年関東大震災の年である。呉港中学へ進んだ。呉港中学は丘の上。丘の上なので野球グラウンドを作れない。毎日のように丘を下り海軍工廠と試合。大人にもまれるので逞しくなる。呉港中学は34年、山陽大会(当時)決勝で広陵中学を破り、3年連続で第20回大会の甲子園へ。のちのミスタータイガース、藤村富美男の投打にわたる奮戦で全国優勝を果たした(決勝、川上哲治の熊本工業を2対0。奪三振14、被安打2)。大会史は藤村を「阿修羅の如し」と伝えている。

     野崎は戦前強力時代の専修大学に進んだ。38年、静岡キャンプを打ち上げた巨人は東京にグラウンドがなく、月島の専修大のグラウンドを借りている。野崎は間もなく野球が出来なくなった。戦争苛烈。43年に卒業。終戦。職業野球が復活した。野崎は甲子園球場が占領軍に接収されていた46年、阪神に入団。はや投げが人気を呼んだ。お客さんは野崎のピッチングに男の度胸を見たのだ。

     50年、プロ野球は2リーグに。誕生した広島カープの監督石本秀一が広島出身の選手に呼びかけた。「みんな“ヒロシマ”に帰ってこい!」

     52年、野崎は東急を経て戻って来た。が、翌年現役引退。野崎はユニホームを脱いでも、ふるさと球団に尽くしたかった。スカウトになった。が、この貧乏球団にはオカネがない。九州、四国、交通不便な奥へ行ってもタクシーに乗れない。テクテク歩いた。

     野崎を尊敬する59年カープ入団の大型三塁手興津達雄は「先輩は凄いです。1年間に少なくても靴10足は履き潰しました。池田高校の蔦監督がいちばん尊敬していたのは野崎さんですよ。カープを強くしたい野崎さんの精神が苑田(聡彦スカウト統括部長)に受け継がれているんです。カープは、また全国的には無名の選手を探して来て、二軍で鍛えてきっと黄金時代を作りますよ」

     苑田は毎年そうだが、昨年の暮れにもカープのカレンダーを一本持って興津の家に挨拶に行っている。興津が野崎のように思えるのだろう。

     野崎の話をしたら思い出した。61年に専修大から入団した山本兵吾がキャンプインの前にピッチングを教えて下さいと、訪ねてくると「バッターが打てん球を投げんかい!」。68年、コーチでカープに入団した早大、毎日、近鉄の小森光生が家に遊びに来ると大喜び。「めしを食べて行ってくれたあー。元気一杯の大めしだったあー」。野崎はそういう男である。 =敬称略=



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200118-00000002-tospoweb-base

    【越智正典 ネット裏】スカウト自由競争時代、福島県磐城高、常磐炭鉱、清峰伸銅の左腕投手小野正一を獲るために毎日オリオンズのスカウトが実家を訪ねると、小野は不在。「ご挨拶に伺いました」。父親は差し出された名刺を見ると「ああ、毎日新聞ならもう取ってるよ。ご苦労さん!」。新聞は月ぎめ333円の時代である。1955年のことである。プロ野球のスカウトの存在はまだ広く知られていなかった。

     明治大、大洋のマネジャー、61年に巨人のスカウトで迎えられた沢田幸夫は、法政二高の第42回夏の甲子園大会優勝投手、あの“赤い手袋”の柴田勲らを獲るのだが、仲間からは“漬物の沢ちゃん”と呼ばれていた。当時、スカウトたちは夏の甲子園大会が終わってから動き出していたが、目指す選手の家で町一番の仕出し屋からご馳走を取って接待されると「まだ、ダメだあー」。反省しきりだった。が、ホカホカごはんに味噌汁と漬物でもてなされると大よろこび。「きっと獲れる。家族同様にしてもらった」

     中央大の先輩、中日ドラゴンズの球団代表高田一夫に呼ばれてドラゴンズの九州駐在スカウトになった池田義定は夏の大会が終わっても動かなかった。あるとき、私は偶然、博多の岩田屋デパートの文房具売り場で池田が大入り袋を買い込んでいるのを見た。そうだったのかあー。

     彼はナイターが終わった翌朝にはもう「球団からいま届きました。おかげさまで勝てました。大入りでした」と大入り袋を関係者に配っていた。池田の家に行った。机の上には中日ドラゴンズの印、日付印。壁に竹筒。竹筒に10円玉を貯めていた。関係者は感激。エンギ物である。中には10円。ときには“ご縁がありますように”と5円玉。貰い易い。

     池田は高田が退任すると退団。米、味噌、醤油、それに日用品の販売会社と野球部をつくった。配達するのは選手。団地の最上階まで全力疾走で持って来てくれるので、評判になった。空ビンも回収してくれる。こうして76年ドラフト外でマコちゃんこと、島田誠も巣立って行った。日本ハム、ダイエー、マコちゃんは6回もゴールデン・グラブ賞を受賞している。

     私はそれからもスカウトの指名選手への対応を見るのを楽しみにしている。そのチームのこれからがわかると思えるからだ。

     99年、広島が1位で国学院久我山高の186センチの左腕河内貴哉(広島球団部課長、兼企画グループ広報室課長)を獲得すると苑田聡彦(現スカウト統括部長)が、河内のおかあさんに会わせてくださいと校長に願い出た。事務課が応接間でどうぞというと「ありがとうございます。けど恐れ多すぎます。体育館のスミのほうを貸して下さい」。凄い。謙虚な男である。

     苑田はおかあさんに「カープの栄養士のお願いです。家にあるもので、なんでもいいですから具が沢山入った味噌汁を作って下さい」。苑田が中心となって広島が見事なチーム編成を続けて来たのはご存じの通りである。カープはまた新しい時代を興すだろう。
     =敬称略=


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191109-00000016-tospoweb-base

     広島からドラフト2位指名を受けた宇草孔基外野手(22=法大)は27日、東京六大学野球秋季リーグの東大戦に「2番・右翼」で先発し、3打数無安打と快音残せず途中交代した。今秋は打率・100の不振に、苑田聡彦スカウト統括部長は“悩みのススメ”を説いて激励。この日の試合が学生最後の試合となる可能性もあり、宇草自身もプロでの雪辱を誓った。

     7回に1点差に迫り、なおも2死二塁の好機で、宇草は代打を送られて交代した。「悔しかった。だけど絶対にふてくされないようにと思って、彼(代打・西山)の目を見て“頼む。打ってくれ”と伝えました」。前日26日に4打数無安打に抑えられた左腕の小林大に対して、1打席目は左飛に倒れると、2、3打席目はともにワンバウンドするチェンジアップに空振り三振。「低めの球を振らないようにと思っていたけど…。実力不足です」と言い訳しなかった。

     打撃不振に苦しむ。今秋は40打数4安打で、打率・100、0本塁打、1打点。今春は同・339に加えて4本塁打を放った長打力が影を潜めている。そんな本領から遠のく姿を見守る苑田聡彦スカウト統括部長は“悩みのススメ”を説いた。

     「こういうときは安打が出ない方がいい。一からやり直せるからね」

     黒田博樹氏、金本知憲氏らを発掘した名物スカウト。「タイミングがズレているだけだと思う。変なクセとかではない」と心配無用を強調する。入団直前にぶつかった壁こそが、成功の糧になり得ると説く。

     「自分で会得するしかない。練習は嘘をつかないから。“悩め悩め”と言うのも酷かもしれないけど…。でも全く心配していない」

     リーグ戦を全て消化した法大は、優勝の可能性を残した。首位の慶大が11月2、3日の早大戦に連敗すれば、法大―慶大の優勝決定戦が行われる。一方、慶大が1勝すれば、宇草にとっては、今回の途中交代が学生最後の試合となる。

     「この悔しさには、絶対意味がある。大学で“積み重ね”を学びました。全てがつながっていると思う。プロで絶対にやってやろうと思いました」

     不振にも評価を落とさずドラフト2位指名を受けた原石には、下を向かない反骨心がある。

    (河合 洋介)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191028-00000020-spnannex-base

     広島は27日、マツダスタジアムでスカウト会議を開いた。今回は大学、社会人の候補選手を中心にチェック。高校生を含めて、候補選手は84人に絞った。

     1、2位の上位候補の選手は約20人。中でも星稜・奥川恭伸投手、大船渡・佐々木朗希投手、創志学園・西純矢投手、明大・森下暢仁投手、JFE西日本・河野竜生投手の5人を高く評価した。

     苑田スカウト統括部長は「5人がずば抜けている。重複するだろうね。今日は単独で行くかという話は出ていない」と話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190927-00000062-dal-base

    <U18W杯壮行試合:高校日本代表5-5大学日本代表>◇26日◇神宮

    U18W杯(30日開幕、韓国・機張)に出場する高校日本代表が26日、大学日本代表との壮行試合を行い、大船渡・佐々木朗希投手(3年)が先発。 1回を12球、2奪三振で無安打無失点に抑え、最速156キロをマーク。大学日本代表のドラ1候補・森下暢仁投手(4年=明大)は2回を投げ、2奪三振も1安打1失点だった。


       ◇   ◇   ◇

    ▽巨人柏田スカウト いつも通り素晴らしい。佐々木くんの、あれだけバンバンとストレートで押していくところも良いですね。フォークがナックルみたいに揺れて落ちている。キャッチャーにとっては見たことのないような球。捕れなくても仕方がない。

    ▽DeNA吉田球団代表補佐兼スカウト部長 佐々木くんはあの大きな体でもクイックも上手だし、軸もぶれない。指先から足の先まで神経が通っている。森下くんも球には力がある。もうちょっと制球は良いはずだけれど、今日は佐々木くんの投球も見て力んじゃったのかな。でも今は、それくらいのほうが良いんですよ。

    ▽広島苑田スカウト統括部長 佐々木くんの球の速さはもちろんだけれど、走り方、投げ方、バスから降りる姿まで、すべてにバランスが良くて格好が良い。森下くんも1つの球種が悪ければ違った球種を中心に変えるなど対応力が素晴らしい。

    ▽阪神谷本修球団副社長兼球団本部長(佐々木を初視察。スカウトら9人態勢で視察し、スピードガンで最速158キロを計測)「バックネット裏で見てましたけど、ホップしてくる感じでしたね。スカウトはまだ本気を出していないと。恐ろしいですね」

    ▽中日松永編成部長 佐々木君は言うことなし。分かりきっていること。目いっぱい投げていない中で、あれくらいの球を投げられる。投球のバランスもいい。森下君は、大学生の中では、(完成度が)一番できている投手。ローテーションに入る素材だと思う。

    ヤクルト伊東編成部長 今日の佐々木君は腕を振って投げていて、いい球を投げていた。1位候補に変わりはありません。森下君は、今日は力みがあったんじゃないかな。変化球が高めに浮いたりしていた。でもこれからどんどん調子を上げてくるでしょう。1位候補の1人ですよ。

    ▽ソフトバンク永井部長 佐々木君は、伸びしろという部分では一番いい。これからどう伸びていくんだという楽しみが大きい。(1位候補は)当然です。森下君は、完成度が高い。直球主体で投げて、直球で空振りが取れるのが評価できる。まちがいなく上位候補。

    ▽西武渡辺GM 佐々木君は、あれだけのボールを投げて軸がぶれない。(岩手大会で)最後、投げなかったので(状態が)どうかと思ったけど、評価は変わらない。素晴らしい投手。森下君は経験がある。打者を見ながら投げられる。当然、即戦力。

    ▽楽天立花球団社長 佐々木君は球速はあるし、変化球も良い。これだけの大歓声でプレッシャーを力にして大したもの。森下君も素晴らしい。奥川君も見たけど、この3人はすごいですね。(1位指名は)これから議論していきます。

    ▽ロッテ松本球団本部長 佐々木君の印象は岩手大会と一緒。球速、制球、変化球の精度の3つが非常に高いレベル。加えて伸びしろがあることが、すごい。森下君は試合をつくる力がある。即戦力。

    日本ハム山田スカウト顧問 佐々木君は体が大きい割にはバランスがいい。ボールの1つ1つ全部がいい。いろんなボールを投げられて器用ですね。評価は変わりません。森下君は実戦的で安定していますよね。走者を出しても余裕を持って投げている。勝てる投手と言えますね。

    ▽オリックス古屋編成副部長 佐々木君は、期待されている中、結果で応えるのはメンタル強いと思う。とてつもない力を持っている。あれだけ足上げて、安定した投球が出来るのは素材はまちがいない。森下君は大学、社会人ではナンバーワンでしょう。すぐ使える投手です。

    ◆佐々木朗希(ささき・ろうき)2001年(平13)11月3日生まれ、岩手県陸前高田市出身。高田小3年から野球を始め、11年の東日本大震災で被災。地元の大船渡へ進学。2年の6月に高校日本代表候補入り。今年4月、U18高校日本代表候補合宿の紅白戦で最速163キロをマークした。7月25日、花巻東との岩手大会決勝の登板を回避し甲子園出場なし。190センチ、86キロ。右投げ右打ち。

    ◆森下暢仁(もりした・まさと)1997年(平9)8月25日生まれ、大分県大分市出身。大分商では1年夏に背番号11で甲子園ベンチ入り(登板なし)。3年夏はU18W杯で10回を投げ無失点。明大ではリーグ通算13勝9敗。6月の全日本大学選手権では、明大の38年ぶり優勝に貢献してMVP。7月に優勝した日米大学野球では2勝を挙げMVP。180センチ、75キロ。右投げ右打ち。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190826-08260826-nksports-base

    このページのトップヘ