広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    苫米地鉄人

     【第2の人生へプレーボール】

     今オフも多くの選手が所属チームを退団した。新天地に働き場所を求める者、引退して指導者として歩み出す者がいれば、ユニホームを脱いで新たな世界に挑戦する者もいる。彼らの第2の人生にエールを込めて、スポットを当てる。第1回は広島の今井啓介投手(30)を追う。



      ◇  ◇

     腹をくくって臨んだ1年だった。戦力外通告を受けた今井は悩んだが、引き際は潔かった。12年間のプロ生活に終止符を打った。野球から離れる決断を下し、鍼灸(しんきゅう)師を目指して新たな人生のスタートを切る。

     「昨年1軍に上がれず、今年は後悔したくないという思いと、ここで必要とされなかったらユニホームを脱ごうと考えながら1年間を過ごした。(引退することに)全然、後悔はない」

     05年度高校生ドラフト2巡目で中越高から広島入団。4年目の09年9月18日・阪神戦(甲子園)、先発5回1/3を3失点でプロ初勝利を挙げた。13年には主に中継ぎで自己最多の33試合に登板し、ブルペンを支えた。12年目の今季は2年ぶりに1軍昇格を果たし、中継ぎで4試合に登板。だが、防御率5・40と結果を残せなかった。

     忘れられないのが12年9月1日・阪神戦(甲子園)だ。「初めてスミ1の完封ができた。普通なら代えられていたが最後まで投げさせてもらい自信になった試合」とプロ初完投初完封を飾った思い出のマウンドを振り返った。

     15年に右肩痛を患うなど、ケガに苦しんだ時期もあった。そんな苦い経験が人生の岐路に立った時の決断に影響を与えた。「これまでは治療を受けてきた立場。それを生かすことを考えた時に、そっちの道にも興味があった。妻も賛同してくれた」。鍼灸師の資格取得を目指し、来春から都内の専門学校に進む。

     新しい分野への挑戦に迷いはない。「鍼灸師をやるなら、今しかない。もう30歳になる。後悔したくないので」。人望厚かった右腕が選んだ第2の人生は、ケガや故障で苦しむ人々を支えていく役。厳しかったプロでの経験を糧に、未知の世界へと飛び込んでいく。

     ◆今井 啓介(いまい・けいすけ)1987年5月24日生まれ、30歳。新潟県出身。183センチ、89キロ。右投げ右打ち。投手。中越から2005年度高校生ドラフト2巡目で広島入団。09年7月18日・ヤクルト戦(マツダ)でプロ初登板。通算成績は114試合8勝20敗1セーブ4ホールド、防御率3・59。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171218-00000038-dal-base

     広島育成の松浦耕大捕手(24)が4日、来季の契約を結ばないことを通達された。

     松浦は14年育成ドラフト1位でMSH医療専門学校入団。16年には四国アイランドリーグplusの愛媛に派遣された。

     在籍3年も結果を残せず「何とか支配下になって1軍に上がってと思っていたけど。プロに入ってレベルの高さを痛感した。独立リーグに派遣してもらったり、いろんな経験をさせてもらった」と語った。トライアウトを受けるかも含め、今後は未定。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171004-00019377-nksports-base

     新人合同自主トレが始まった1月上旬に、広島のドラフト2位・高橋昂也投手(18=花咲徳栄)が、球団では苫米地鉄人以来、17年ぶりとなる高卒新人での開幕1軍に意欲を見せたという記事を書いた。「高校BIG4」の一人として昨夏の甲子園を沸かせた高橋昂は、首脳陣からの評価も高く、私自身も話題の一つとして期待するところがあったのだが、17年前の当事者から話を聞き、考えさせられた。

     「高卒新人には、目先の1軍を目指すのでなく、長く1軍で活躍してほしいと思っています。そのためには、まずはファームでプロの体づくりをすることが大切です」

     苫米地氏は現在、広島のトレーナーを務め、今年は主に強化指定選手のトレーニングを担当する予定。かつてスポットライトを浴びた同氏の言葉には、自らの「失敗経験」がこめられており説得力がある。

     「開幕1軍は、タイミングが合ってキャンプを1軍で過ごせて、ラッキーが重なった結果。大した実力があったわけじゃないんです」

     ルーキーイヤーの00年は23試合に登板。ただ、土台ができていない中での投球は結果として代償が大きかった。ケガが重なり02年を最後に1軍登板から遠ざかり、06年に現役引退を余儀なくされた。自らの苦い経験を生かしたいという意向もあって、トレーナーに転身した。

     「自分が短命になってしまったこともあって、(高卒新人は)しっかり体をつくる方針にしようという話になったと球団の方から聞きました。実際、マエケンもそうでしたし。自分と同じことを繰り返してほしくないですね」

     広島のエースとして活躍した前田健太(現ドジャース)も、新人だった07年は1軍出場なし。昨季、中継ぎの軸としてチーム最多タイの67試合に登板した今村も、初昇格は1年目の10年8月中旬だった。「教訓」は確実にチームに生かされている。

     私の考えも少し変わった。高橋昂の1軍でのマウンドは正直、早く見たい。でも、それはリーグ連覇決定後のお楽しみでいいと思う。 (広島担当・柳澤 元紀)


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170217-00000097-spnannex-base

     狙うは開幕1軍-。広島ドラフト2位の高橋昂也投手(18)=花咲徳栄=が8日、廿日市市内の大野練習場で始まった新人合同自主トレ初日に参加し、開幕1軍を目標に掲げた。球団高卒新人の開幕1軍となれば、00年の苫米地以来17年ぶり。152キロ左腕は同時に、日本投手左腕最速の157キロ更新も目指す。


     壮大な夢を抱いて、高橋昂がプロの第一歩を踏み出した。新人合同自主トレ初日。開幕1軍が目標かと問われると「そこを目指して頑張っていきたいと思います。1日でも早くチームに貢献できるように。自分のペースで目指していけたらいいと思います」と意気込んだ。

     既に緒方監督は大卒のドラフト1位・加藤、同3位・床田のキャンプ1軍スタートを明言。高卒の高橋昂は2軍スタートが濃厚だが、甲子園を沸かせた「高校BIG4」の意地がある。キャンプ途中での1軍合流を視野に入れ、00年の苫米地鉄人以来、17年ぶりとなる開幕1軍入りを見据えた。

     最大のアピールポイントはスリークオーターから繰り出す最速152キロの直球だ。高校3年間、体作りや技術向上に励み、約25キロも球速をアップさせた。日本投手左腕の最速は西武・菊池が15年に記録した157キロ。「そこまでとは言わないですけど…投げられたらいいですね」と更新にも意欲を示した。

     昨夏の埼玉大会では37回連続無失点、52奪三振をマーク。決め球も直球だけでなく、カーブ、ツーシーム、2種類のスライダー、フォークを操る。「真っすぐだけでは打たれるので。真っすぐを生かすために、変化球の精度も上げていきたい」と貪欲に話した。

     室内練習場ではランニング、キャッチボール、ダッシュなどで汗を流した。力の入れ具合は「5~6割」ながら、ノーワインドアップから放たれたボールにはキレがあり、本格派の片りんをのぞかせた。「だいぶボールの感じはつかめました」。今後はマイペース調整を貫き、キャンプインまでにブルペン入りする予定だ。

     ヤクルト・寺島、楽天・藤平、西武・今井ら、高校時代にしのぎを削ったライバルの動向は「関係ないので」と気にせず、連絡も取り合っていないという。開幕1軍切符をゲットし、「高校BIG4」最速のプロ初勝利を狙う。高卒1年目ながら自覚は十分。激しい競争に身を投じる。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170109-00000011-dal-base

    <さよならプロ野球>

     2015年も多くの選手が球界に別れを告げた。「さよならプロ野球」で新たな人生を歩み出した元選手を紹介する。

     2016年4月から学生に戻る。15年オフ、広島から戦力外通告された鈴木将光(28)は、鍼灸(しんきゅう)師を目指し、来春から広島市内の専門学校へ通う。夜間課程で、昼間は治療院でアルバイトをしながら生計を立てる。最低でも3年間、受講をしなければならない地道な道のり。それでも現役時代ケガに泣かされた男は、第2の人生でアスリートを支えていく覚悟を決めた。

     球団から戦力外を通告された15年10月26日以降、多くの人にいくつか企業を紹介された。だが「ビビッとくるものがなかった」。答えを出せないまま11月中旬を迎えた。「せっかくプロで10年やれた。次のステップでも何とか生かすことはできないか。つなげていくことはできないかと思っていた」。ビビッと来たのが鍼灸師だった。

     現役時代、ケガで始まりケガに終わった。遊学館から広島入りした06年春に右肩痛、秋にはヘルニアの手術を受けた。その後も度重なるケガに見舞われ、15年も終盤に左太ももを肉離れ。「サポートする側に回って、今度はケガをしないように選手を支えていきたい。野球をして、ケガをした僕だからできることがあると思う」。学生からプロ、そして再び学生となる。両親の理解もあり、ゼロからのスタートを切る。

     不思議と不安はない。「ドラフトで指名された直後のような気持ち。よし、やってやるぞってね。いつか信頼される治療師になりたい」。その目は、広島から指名を受けたあの日のように輝いていた。【前原淳】

     ◆鈴木将光(すずき・まさみつ)1987年(昭62)4月8日、富山県富山市生まれ。05年高校生ドラフト1巡目で遊学館から入団。7年目の12年に1軍初昇格。初打席初安打を記録し、翌13年のWBC日本代表強化試合では内海(巨人)から本塁打を放った。通算6試合出場、11打数2安打。182センチ、85キロ。右投げ右打ち。

     広島・河内は、球団事務所で戦力外通告を受け「最高の球団、仲間、ファン、それと家族に支えられ、16年間は宝物になりました」と振り返った。

     99年ドラフトでは国学院久我山(東京)から3球団競合の末に1位入団。将来を嘱望されたが相次ぐ故障で09年オフに戦力外通告を受け、育成選手を経て、12年に支配下選手。通算成績は166試合で16勝28敗。「16勝しかできなかった」と悔やんだが、「カープに入って良かった」と感謝した。

    このページのトップヘ