広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    菊池保則

    【広瀬真徳 球界こぼれ話】日本球界におけるシーズン中のトレードがここ数年、急増している。

     昨季は5組だったが、今季はすでに6組(金銭交換を含む)が成立。7月末の締め切り期限を前に早くも昨季の数を上回った。

     2016年(3組)、17年(4組)と着実に増え続けるシーズン中の選手交換。なぜ活発化し始めたのか。

     ちまたでは「トレードが頻繁に行われるメジャーに倣い始めた」という見方が強いが、理由はそれだけではない。パ・リーグの某球団編成担当は「メジャーの影響や米球界に精通する人物が球界内に増えたことは否定しませんが、球団や選手のトレードに対する意識の変化も大きいと思います」と現場の状況をこう説明する。

    「以前はトレードというと負のイメージが強く、球団側に主導権があるとはいえ、ファンの感情や選手の思いを配慮して消極的だった。でも、今の選手はトレードに前向き。悪い印象を持っていない。『活躍の場があるのなら』という意識が強いのか、ここ数年は契約更改の席などで移籍を直訴してくる選手も多い。今シーズン途中にチームが変わった選手の中には数年前から他球団への移籍を熱望していた選手がいました。そういった選手の気持ちを球団側がくみ『同一リーグでなければ』と柔軟な対応を取るようになってきているのです」

     時代とともに「球団格差」がなくなりつつある点もトレード誘発につながっている。

     かつてのプロ野球界は「人気のセ」と言われたセ・リーグを中心に動いていた。必然的に交換要員の選手を含めトレードの中身もセに有利な内容が多く、交渉が決裂するケースも珍しくなかったという。

    「現在はセパにおける人気面の格差は大きくない。むしろソフトバンク、日本ハム、楽天などは球界をけん引する勢力として年々、チームの存在価値を高めている。こうした流れにより、セパが対等にトレードできる環境が整ったことも一因でしょう」(前出編成担当)

     様々な思惑が絡むものの、トレードの主な目的は戦力の強化。当該選手がおのおのの新天地で活躍すれば球団、選手ともに利益を享受できる。実際、今季のトレードでも古巣で居場所を失いつつあった宇佐見(巨人→日本ハム)や松井雅(中日→オリックス)、下水流(広島→楽天)は早くも新たな環境下で躍動。日本ハム在籍時から主力投手の一人だった鍵谷(巨人)も移籍直後から貴重な中継ぎ右腕としてチームの快進撃を支える。

     成功例が増えるばかりか、今やマイナス要因を探す方が難しいシーズン中のトレード。増加傾向が続くのも無理はない。 

     ☆ひろせ・まさのり 1973年愛知県名古屋市生まれ。大学在学中からスポーツ紙通信員として英国でサッカー・プレミアリーグ、格闘技を取材。卒業後、夕刊紙、一般紙記者として2001年から07年まで米国に在住。メジャーリーグを中心に、ゴルフ、格闘技、オリンピックを取材。08年に帰国後は主にプロ野球取材に従事。17年からフリーライターとして活動。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190723-00000004-tospoweb-base

     ◇セ・リーグ 広島6―5中日(2019年7月23日 マツダ)

     首位・巨人をホームで3タテして単独3位浮上と波に乗る広島が、中日相手に4点差をひっくり返して6―5で延長10回サヨナラ勝ち。今季5度目の4連勝でまたも自力V消滅を回避した。広島のサヨナラ勝ちは2試合連続、両リーグ最多の今季8度目。中日は4連敗となった。


     4点ビハインドから8回に1点を返した広島は2―5と3点差で迎えた9回、1死から代打・三好が中前打で出塁し、2死二塁としてから菊池涼の左前適時打で2点差。ここで打席に入ったのは3回に先制の22号ソロを放っているバティスタだった。するとカウント2―2からの5球目をバックスクリーン左へ叩き込む起死回生の同点23号2ラン。今季15度目の延長戦へと持ち込んだ。

     10回の1死二、三塁のピンチを無失点でしのいだ広島はその裏、先頭・安部が中日6番手・祖父江から左翼スタンドへサヨナラ弾を放って決着をつけた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190723-00000219-spnannex-base

    ○ 広島 4 - 2 巨人 ●
    <13回戦・マツダ>

     広島の菊池保則が連日の好リリーフを見せた。

     2点ビハインドの6回からマウンド上がった菊池保は、先頭の今村信貴を遊ゴロに仕留めると、続く亀井善行を変化球で空振り三振、最後は坂本勇人を146キロのストレートで見逃し三振に仕留めた。2イニング目となった7回は、走者を出したが無失点に抑えた。

     RCCラジオの制作でニッポン放送でも放送された広島-巨人戦で解説を務めた安仁屋宗八氏は、菊池保のストレートに「スピードガンでは145ですけど、バッターはもっと速く感じているんじゃないですかね。亀井にしても、全くストレートにタイミングが合いませんでしたからね」と話した。

    (提供:Veryカープ!RCCカープナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190720-00196356-baseballk-base

     ◇セ・リーグ 広島4―2巨人(2019年7月20日 マツダ)

     広島が負ければ自力V消滅という1戦で首位を独走する巨人に4―2で逆転勝ちを収め、6月1日以来49日ぶりとなる2連勝。6カードぶりの勝ち越しを決め、借金を4に減らした。巨人は3連敗。


     5回まで巨人先発の左腕・今村に散発2安打に抑えられて二塁も踏ませてもらえなかった広島だったが、3番に座ったバティスタの値千金の2発で劇的な逆転勝ちを収めた。

     0―2で迎えた6回、バティスタが左中間スタンドへ今村から起死回生の同点20号2ランを放つと、8回には3番手・デラロサから2打席連発となる逆転の21号2ラン。5点差を徐々に詰め、8回に会沢の逆転2ランでひっくり返した前夜に続いての劇的勝利となった。

     巨人は3回に亀井が右越え10号ソロを放って先制。5回には岡本の適時打で2点リードを奪った。だが、今村が同点弾を浴びると、8回には2番手・田口が先頭・田中広を四球で歩かせてから3番手・デラロサが痛恨の逆転2ランを被弾。3連敗となった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190720-00000272-spnannex-base

    ○ 広島 7 - 6 巨人 ●
    <12回戦・マツダ>

     逆転勝ちを収めた広島。2番手で登板した菊池保則、遠藤淳志が好リリーフを見せた。

     1-5の5回からマウンドに上がった菊池保は、菅野智之を右飛、亀井善行を二ゴロ、坂本勇人を空振り三振に仕留め、わずか6球で三者凡退に抑えた。

     その裏、西川龍馬の適時打で1点を返し、6回から遠藤が登板。遠藤は一死走者なしから岡本和真に四球を与えたが、大城卓三、若林晃弘を連続三振に仕留めた。直後の6回裏に、安部友裕の一発で1点を返す。

     遠藤は2イニング目となった7回は、三者凡退に抑え、2回を0安打、3奪三振、無失点の好リリーフを見せた。

     8回から登板したレグナルトが一発を浴びたが、8回裏に松山竜平の適時二塁打、会沢翼の2ランが飛び出し逆転に成功。1点リードとなった9回は、フランスアが走者を出しながらも試合を締めた。

     RCCラジオの制作でニッポン放送でも放送された広島-巨人戦で解説を務めた横山竜士氏は「菊池、遠藤がジャイアンツの勢いを止めました」と好リリーフを見せた菊池、遠藤の投球を評価した。

    (提供:Veryカープ!RCCカープナイター)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190719-00196275-baseballk-base

    ● 広島 3 - 9 オリックス ○
    <3回戦・マツダスタジアム>

     オリックスが延長10回に一挙9得点。今季の日曜日は開幕から2分け10敗と1度も勝利がなかったが、ようやく長いトンネルを抜け出した。広島は打線が振るわず3連敗。交流戦11位だったヤクルトがロッテに勝利したため、残り1試合を待たず交流戦最下位が確定した。

     広島は先発・ジョンソンが好投するも打線が援護できず。助っ人左腕は7回6安打無失点と踏ん張ったが、今季7勝目はお預けとなった。

     0-0の8回裏、一死二塁の好機を作るも、代打・松山が遊飛に倒れたあと、二死一、二塁後、1番に復帰した田中広は右飛。9回も一死一、三塁とサヨナラの好機を作ったが、途中出場の会沢が遊ゴロ、代打・長野は見逃し三振に倒れた。

     すると直後の10回表、4番手・菊池保が二死二、三塁から4連続適時打を浴び、瞬く間に6失点。5番手・藤井も悪い流れを止められず3点を失った。その裏、田中の適時二塁打、4番・鈴木の2点適時打で3点を返すも焼け石に水。打撃陣の奮起があまりにも遅すぎた。

     広島は4月10日のヤクルト戦(マツダ)でも、3-3の同点で迎えた延長10回に一挙12失点。悪夢が蘇る敗戦で、交流戦通算成績は4勝12敗1分けとなった。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190623-00193203-baseballk-base

    ○ 日本ハム 5 - 4 広島 ●
    <1回戦・札幌ドーム>

     日本ハムが逆転勝ち。広島は先発・野村の初回5失点が響き、交流戦は3カード連続の初戦黒星となった。

     広島は1回表に4番・鈴木の適時二塁打で先制したが、その裏に野村がいきなり崩れた。先頭の西川、続く大田に連打を許すと、3番・近藤には四球を与え無死満塁。4番・中田には初球を左翼線に運ばれ、これが逆転となる2点適時二塁打となった。

     野村は5番・王、9番・中島にも適時打を浴び計5失点。1回49球、6安打1奪三振1四球の内容で、プロ最短となる1回でマウンドを降りた。

     中継ぎ陣は力投。5回は2番手・島内が失策と連続四球で無死満塁のピンチを招くも、あとを受けた3番手の菊池保が2三振含む完璧リリーフで得点を許さなかった。4番手・遠藤もピンチで踏ん張り、5番手・中崎は3者凡退。救援陣は2回から無失点でつないだが、勝利にはつながらず野村は3敗目(3勝)を喫した。

     打線は3点を追う8回、3番・バティスタの18号2ランで1点差に迫るも、あと1点届かず。1番の野間は初回の第1打席で空振り三振、二死三塁で迎えた2回の第2打席は遊ゴロに倒れ、7日ソフトバンク戦(マツダ)の第3打席から13打数連続無安打。5回の打順で代打・長野を送られ、途中交代となった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190611-00191658-baseballk-base

     広島に投手王国復活の予感だ。チーム防御率3・04はリーグ断トツで、防御率2点台も見えてきた。先発陣は大瀬良、野村、ジョンソン、床田、アドゥワの5人で編成。大瀬良が大黒柱として圧倒的な存在感を見せる中、“新戦力”の成長も著しい。トミー・ジョン手術から復帰した左腕・床田はすでに4勝をマーク。先発転向したアドゥワも今季初勝利をプロ初完投で飾るなど2連勝中だ。

     好調の要因は競争意識だという。今季から1軍担当となった佐々岡投手コーチは「先発が踏ん張ってくれている。床田がいい投球を続ける中で、みんなに競争意識が生まれている」とうなずく。同時に「悪ければ外す」と説明。開幕からピリッとしなかった岡田、九里を2軍再調整させたように、投手陣全体に緊張感が漂っている。

     中継ぎ陣にも“新戦力”が登場した。ラーメン好きで注目を集める新助っ人・レグナルトは開幕から16試合連続無失点を記録。連投、イニングまたぎもいとわず、大車輪の活躍だ。左腕中村恭は150キロ超の直球を連発。プロ9年目を迎え、類いまれな素質を開花させようとしている。

     楽天からトレード加入した菊池保の存在感も高まっている。マウンド度胸が光ったのは5日巨人戦(マツダ)だ。3-3の延長十一回、2死三塁で中島を二ゴロに。今季から再び使い始めたというシュートで内角を攻め、「一塁も空いていたし、当ててもいいと思った」と強気の投球で、ピンチをしのいだ。畝投手コーチも「フォークのコントロールも良い。キャンプの時よりも良くなっている」と評価は上昇中だ。

     5月に入って、打線も復調。7連勝で首位・巨人に急接近した。リーグナンバーワンの投手陣を誇るだけに、快進撃は続きそうだ。(デイリースポーツ・杉原史恭)

     



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190521-00000070-dal-base

    ◆日本生命セ・パ交流戦 西武―広島(4日・メットライフドーム)

     広島ナインが2017年の交流戦以来、2年ぶりに体験した“メットライフ名物”にうんざりしていた。球場入口から一塁ダッグアウトまで計百数十段の階段を降りないとたどり着かないが、これは12球団の本拠地球場でも最高の“難所”とされる。


     小窪哲也内野手(34)は商売道具の入ったキャリーバッグを右腕でつり上げながら歩き「ええ筋トレになりますわ」と滝のような汗。ただし階段を降りきったところで右上腕にたまった乳酸が限界を超えたのか、一度、荷物を下に置いて持ち替えようとした。すると小窪に合わせて後続の歩みも強制ストップ。階段の上部からは「うわ~。止まらないで~」とうめき声が漏れてきた。

     昨オフに左膝の手術を受けている佐々岡真司投手コーチ(51)も慎重に階段を降りていた。ようやくダッグアウトにたどり着くと「問題は上りだな―」。この昇降が3日続くことに戦々恐々としていた。

     そんな中、余裕の笑みを浮かべていたのは、昨オフに楽天から移籍した菊池保則投手(29)だ。キャリーバッグを腕でつり上げるのではなく、ハンドルを後ろ手に持ちつつ、キャスターを階段にゴツンゴツンとぶつけながら滑り下ろしていた。壊れるんじゃないかと心配になるほど派手な音を立てていたが「慣れてますんで」。マウンド上ではビッチャビチャにかく汗がトレードマークだが、涼しい顔でロッカールームへと消えていった。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190604-00000126-sph-base

    このページのトップヘ