広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    菊池保則

     広島の菊池保則投手(29)が16日、沖縄キャンプで楽天から移籍後初となる実戦形式の練習で登板。シート打撃で菊池涼介内野手(28)との同姓対決が実現し、1安打1四球と貫禄を見せつけられた。

     保則の記念すべき広島での実戦初対決は涼介が相手だった。カウント1ストライクから高めの甘い直球を右翼線に運ばれる二塁打を献上。“キクキク対決”は保則の完敗で幕を開けた。

     メヒアは投ゴロ、田中広は二ゴロ、野間も二ゴロで打ち取り、再び打席に涼介を迎えた。だがフルカウントからの6球目のスライダーが高めに抜けて四球を与えてしまった。

     その後、メヒアは投ゴロ、田中広は見逃し三振に仕留めて保則の出番は終わり。打者のべ7人に1安打1四球だったが、出塁を許したのはいずれも涼介で、他ののべ5人はパーフェクトに封じ込めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190216-00000151-sph-base

     福井優也投手(31)とのトレードで楽天から広島に移籍した菊池保則投手(29)がキャンプ休日の8日、宮崎・日南市の天福球場を所用のため訪問。6日の練習中に下半身の違和感を訴えた模様で、前日7日のシート打撃での登板を回避したが、体の状態について「大丈夫です。明日(9日)の練習に参加はトレーナーと相談して決めます」と話した。

     菊池保は150キロに迫る球威のある直球がセールスポイントで、新天地ではセットアッパー候補として期待をされている。“リタイア1号”となってしまった右腕について、前日7日の練習後、緒方孝市監督(50)は「体の状態をみながらね。彼も新人ではない。チームは変わったけど、経験のある選手。体の状態を考慮しながらになる。無理はしなくていい」と慎重な姿勢だった。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190208-00000569-sanspo-base

     広島の菊池涼介内野手(28)と昨季限りで現役を引退したデイリースポーツ評論家で前広島の新井貴浩氏(42)が4日、春季キャンプ特別対談に臨んだ。ナインはチームを「家族」という言葉で表現する。昨季までの長男と“新長男”とが、3連覇を成し遂げ、今季4連覇の偉業に挑む強さの源などを熱く語り合った。


      ◇   ◇

     菊池涼「どうですか、キャンプを見ていて」

     新井「雰囲気、良いじゃん。すごく良いじゃん」

     菊池涼「初日はみんなさぐりながらというか、そういう感じがありましたね。長野さんも入ってきたし、実績がある人だからみんな気を使ってフォローしているかなと。だから外からはどう見えたのかなと思って」

     新井「みんな良い顔をしてるなって感じたよ。例年と変わりなくね。まっちゃん(松山)を見た瞬間は、かなりパンプアップしたなって思ったけどね」

     -菊池涼選手は、静岡での自主トレ公開時にチームについて「一丸」ではなく「家族」でいたいと表現したのが印象的だった。

     菊池涼「『一丸』と『家族』は、僕の中では全然、違います。新井さんとか黒田さんがチームを家族っていう表現に変えてくれたし、残してくれたものを消さないようにしないと。みんなで同じ方向を向いて同じ気持ちで一つになって戦う。それがファミリー。『家族』から『一丸』にランクが下がってしまうと弱くなる。それこそ新井さんが抜けて丸もいない。丸が面倒を見ていた選手は一皮むけないといけないし、僕とか広輔とか、まっちゃんもそうだけどフォローしていかないと変な方に走ってしまう可能性もある」

     新井「カープは家族のようなチーム。自分が一度出て行って、戻ってきた時からそう思っていた。技術的に素晴らしいだけじゃなくて、性格は素直で明るい。たまたま去年、言っただけであって、現役最後の年だから言おうっていうのはなかったんだよ。ビールかけの時に言ったんじゃないかな?」

     菊池涼「その前くらいから言っていましたよ」

     新井「キクが言ったように、最後のところで気持ちがつながっている。時には家族げんか、兄弟げんかみたいなのはある。でも最後の最後はつながっている。そこがカープの良いところ。ほかのチームがそういう空気感でやっている所って少ないんじゃないかな。純粋に素晴らしい選手が多い、日本を代表するようなプレーヤーが多い。若手も力を持ち、ポテンシャルを秘めた選手もたくさんいる。それに加えて気持ちの面でつながりが、他の球団に負けていない。それが強さの源だと思う」

     -チームは新しくなった。

     菊池涼「変な意味で新しく変わるって考えはない。新しくどうこうやるというよりは、今の流れでうまく詰めていくのが良いんじゃないかと。僕もキャンプに入らないと新井さんと丸がいなくなった穴、重みがわかんないって答えたことがある。でも来てみたらみんなすごくやる気だし、ちゃんと埋めようって思っている。気合、入ってますよ」

     新井「冷静に外から見て間違いなくカープは優勝候補。何かを変えていかないといけないとか思うことはないと思う。丸がいなくなったけど、次の名前が出てこないわけじゃない。野間、バティ、下水流、堂林、龍馬…。いろんな名前が出てくる。そこで競争が生まれてレベルアップしてチーム力がアップしていく。若い選手は去年よりチャンスは増えるし優勝候補の筆頭だよ」


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190205-00000025-dal-base

     「広島春季キャンプ」(3日、日南)

     巨人から新加入した広島・長野久義外野手(34)が全体練習に合流し、カープ名物の12種類の打撃練習を初体験した。初めての練習メニューに四苦八苦しながらも、バットを振り続け、最後はクール最終日恒例のロングティーで締めた。夜には日南市の焼き肉店で行われたナインによる歓迎会に出席。第1クールの3日間で身も心もすっかりカープの一員となった。



     長野が動けば、スタンドのファンも動く。バットを振れば、カメラのシャッター音がグラウンドに響き渡る。第1クール最終日も鯉のチョーさんが視線を独り占めだ。練習後は「疲れました」と振り返ったが、表情は充実感に満ちていた。

     「バッティングも本隊に入りましたし、最後ロングティーも打ったので疲れました。いろんな練習がありましたし、やったことのない練習ばかりだったんですけど、いい練習ができたと思います」

     キャンプ2日目まで別メニュー調整だった長野が満を持して猛練習に飛び込んだ。シートノックこそ回避したが、フリー打撃中に左翼のポジションで白球を追うと、午後からはカープ名物の鬼の打撃練習に参加。初めての練習メニューは四苦八苦の連続だ。慣れないティー打撃で空振りして苦笑いするシーンもあったが、最後まで全力でやりきった。

     カープの打撃練習は独特だ。待ち時間をなくし、とにかくバットを振る。ティー打撃はオープン、クローズなど4種類。ロングティーも2種類あり、竹竿での素振りなど珍しいメニューも。計12種類の打撃練習を終えると、最後はクール最終日恒例のロングティー。歯を食いしばり、バットを振って、振って、振りまくった。

     1月23日の入団会見で「練習はできます。練習しないと言われていますが、誤解が多いので」と練習嫌いという噂をきっぱりと否定したが、わずか3日間で証明してみせた。この日も「ジャイアンツの時も結構練習してたので」とプライドをちらり。今後も1クールに1度は全体での打撃練習に参加する予定だ。

     そんな34歳の姿勢を首脳陣も高く評価している。緒方監督が「周りのペースに戸惑いもあるだろうけど、焦らず焦らず1日1日体を作っていってほしい」と言えば、東出打撃コーチは練習中に「(本塁打は)最低20本な。打てるよ」とノルマを課す場面もあった。

     夜にはナインによる歓迎会に菊池保と出席。「いろんな話をして、みんなの性格を知りたい。名前の呼び方とかどうしようか、みんなに相談します」と長野。カープの原点である日南の地で、身も心もカープ色に染まった。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190204-00000019-dal-base

     広島・菊池保則投手が26日、宮崎県日南市内で行っている先乗り自主トレに参加し、ブルペンでの投球練習や守備練習で汗を流した。

     ブルペンでは捕手を座らせた状態で、直球にカーブやスライダーを交え52球。「もうちょっと変化球を投げたいけど、まずは真っすぐ」と力を込めた。

     また、午後からは床田らとフィールディングの練習に時間を割いた。「(守備は)チームも自分も助けることになる。できるところをアピールしたいので、準備をしっかりしていきたい」と春季キャンプでは投球だけでなく守備でもアピールしていく意欲を示した。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190126-00000090-dal-base

    広島の合同自主トレが広島・廿日市市の大野練習場で行われ、アピール合戦が繰り広げられた。佐々岡真司投手コーチ(51)が見守る中、若手中心の投手陣が次々とブルペン入りした。



    ドラフト2位・島内颯太郎投手(22=九州共立大)は立ち投げで30球を投げ、フォーク、チェンジアップも披露。「いいところを見せようと力んでしまった」と苦笑いだったが、順調な調整ぶりを見せつけた。

    楽天からトレード加入した菊池保則投手(29)は、立ち投げ30球の後、早くも捕手を座らせ12球。「去年は春先がよくなかったので、ブルペン(のメニュー)を早めに入れている。仙台より暖かいので、これまで一番早いくらいのペース」と話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190119-00452248-nksports-base

     楽天からトレードで移籍した広島の菊池保則投手(29)が18日、廿日市市の大野練習場で行われている合同自主トレで、初めてブルペン入りした。捕手を立たせたまま36球を投げ、順調な仕上がりをアピール。同じ茨城出身の会沢翼捕手(30)と“同郷バッテリー”を組み、勝利に導くことを目標に掲げた。



     力のある球だった。菊池保は捕手を立たせ、直球のみを36球投げた。「引っかけたり同じ球を投げられなかったりした」と反省点を口にしながら、100キロ超の体重が乗り移った重い球は威力十分。受けた長田ブルペン捕手が「質が良い。馬力がある」と驚きを隠せなかったほどだった。

     ベスト体重は「わからない」と苦笑する。だが今後も減量をするつもりはない。「見た目は悪いけど僕はある程度、体重があった方が良い球が行くんです」。過去に体重を減らしたことが影響し球威が衰えた。同じ轍(てつ)は踏まない。

     中継ぎとして起用されるのが濃厚な右腕がシーズンで夢見るのは、茨城出身の会沢との同郷バッテリーだ。常磐大高出身の菊池保、水戸短大付(現水戸啓明)出身の会沢は共に高校から直接プロ入り。「受けてもらいたい。組めたら一番、良いです」と菊池保。16日の合同自主トレ初日には、会沢からサポートを惜しまないと言ってもらった。1学年先輩のミットに全力で投げ込み、勝利を手にしたい思いが強くなった。

     19日もブルペンに入り調整ペースを上げていく。並行して行うセ・リーグ打者の研究にも余念がない。「新人のような気持ち。リーグが違うだけで野球が違う。覚えることがいっぱいあります」。29歳右腕は、広島の地で活躍するための準備を進める。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190119-00000027-dal-base

     【球界ここだけの話】広島に「タナ」と「キク」が新たに加わって球団内はざわっとした。広島・鈴木清明球団本部長(64)がその理由を明かした。

     「菊池もそうだし、最近中村とか、同じ名字が増えた。“本家”を超えるようになると、いろいろと考えないといけないな」

     広島で「タナキク」と言えば田中広輔と菊池涼介両内野手だが、今オフに楽天とのトレードで菊池保則投手が、ドラフト5位で田中法彦投手=菰野高=が入団した。来季、田中と菊池の登録名はどのように変更するか、注目が集まった。

     どの球団でも姓と名前の一文字目を合わせるのが一般的で「中村」の場合は祐太、恭平、奨成から、中村祐、中村恭、中村奨になる。「高橋」の場合も樹也、昂也は高橋樹、高橋昂と表記されていたが、チームの顔である「タナキク」は別格。同本部長は来季田中広輔と菊池涼介は「田中」、「菊池」のまま。新入団の菊池保則は「菊池保」、田中法彦は「田中法」にすると明かした。

     近年広島は支配下選手に加えて、育成で入団する選手もいて選手数は増加の傾向にある。今後も同姓の選手が増える可能性もあるため、同本部長は再来年以降、イニシャルと漢字を組み合わせた登録名も認める可能性を示唆した。

     他球団では個性的な登録名の選手が存在している。今季引退した元DeNA・後藤武敏氏は「後藤武敏G.」、「後藤G武敏」、「G.後藤武敏」「G後藤武敏」と4年連続で改名。ほかにもDeNA・大和、ヤクルト・雄平・楽天・銀次の名前のみのパターンやオリックス・T-岡田のような「Takahiro」の頭文字と名字を組み合わせたものもある。

     オフにオリックスから日本ハムへ移籍した金子千尋はもともとフルネーム表記であるのに加えて、今回の移籍を機に金子弌大と大胆な改名をして世間を驚かせた。

     来季広島はリーグ3連覇の立役者「タナキクマル」の一角、丸が巨人へ移籍して「タナキク」となる。田中と菊池への期待は当然だが、新加入の菊池保と田中法の両投手にも注目したい。(柏村翔)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181216-00000539-sanspo-base

     福井とのトレードで広島へ移籍した菊池保が広島市のマツダスタジアムで入団記者会見に臨み、楽天時代と同じ背番号59のユニホームに袖を通した。

     新天地では先発、リリーフを問わず、投手陣に厚みを加える役割を期待されている。同僚には同姓で同学年の菊池涼がおり、あだ名も「キク」と同じ。「日本を代表する野手の菊池選手がいるので、負けず覚えてもらえるように頑張っていきたい」と意気込んだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181215-00000044-spnannex-base

    このページのトップヘ