広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    菊池涼介

    <全パ7-6全セ(13日)>“赤忍者”に背中を見せてはいけない…。3回、山本(オリックス)から豪快な同点2ランを放ったDeNA・筒香に手荒い祝福が待っていた。広島・菊池が主砲の油断したベンチの帰り際を狙って、強烈なカンチョー一閃。見事食らった筒香は、ただただ悶絶の表情を浮かべていた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-00000012-tospoweb-base

     「巨人2-5広島」(7日、東京ドーム)

     広島・田中が500試合連続フルイニング出場を果たした。

     この日は4打数無安打だったが、三回に死球で出塁してチャンスメークした。

     試合後、田中は「通過点なので、500試合だからと言って何もない。チームが勝てたのが素直にうれしいです」と話した。

     続けて「ケアもしていたし、嫁さんがご飯を作ってくれて、みなさんのサポートのおかげです」と周囲の助けに感謝していた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180707-00000143-dal-base

     「交流戦、広島2-6日本ハム」(18日、マツダスタジアム)

     広島・緒方孝市監督が交流戦を総括し、リーグ戦再開へ視線を向けた。今季は7勝11敗と苦戦し、4年ぶりの負け越し。この夜も先発・福井が日本ハムに先制され、打線は必死に追い上げたが、逆転はならなかった。

     試合後、指揮官は「この6月は厳しい戦いになると自分でも思っていたし、こういう結果になってしまった。ここからまたリーグ戦が再開するし、いろんな課題が出ているので投手を中心とした野球をしっかりできるようにしたい。そこを修正できないと、これから先厳しい戦いが待っている。これを乗り越えないと大きな喜びもない。またそれができるように頑張っていく」と言葉に力を込めた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180618-00000155-dal-base

    ■オリックス 4-1 広島(12日・京セラD大阪)

     広島は12日のオリックス戦に1-4で敗戦。打線が散発の2安打とオリックス投手陣に抑え込まれたものの、名手・菊池が美技で敵地・京セラドームを沸かせる場面があった。


     この試合、先発の福井が2回に大城に先制2ランを被弾。さらに、4回はT-岡田の犠飛で追加点を許した。5回に新井のソロ弾で1点を返すも、6回には福井がロメロにソロ弾を被弾。再び引き離された。

     苦しい戦いが続く中、広島にとって数少ない見せ場の1つとなったのが、8回の菊池の守備だ。2死一塁の場面で、吉田正の二遊間へのゴロを猛然と追いかける。驚異的な守備範囲で打球に追いつくと、深い位置から倒れ込みながら送球。見事に吉田正をアウトに仕留めた。

     広島は9回、2死から丸が四球で出塁するも、最後は鈴木が空振り三振に倒れて完敗。菊池自身も4打数無安打2三振に終わるなど打線がふるわず、魅せるプレーも勝利にはつながらなかった。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180612-00137275-fullcount-base

    <日本生命セ・パ交流戦:オリックス4-1広島>◇12日◇京セラドーム大阪

     広島の連勝が3で止まった。

     打線はベテラン新井が2号ソロを放ったが、初対戦のアルバースに苦しんで今季最少タイの2安打1得点。今季初登板の先発福井は2本塁打を許して6回4失点の黒星だった。15年から続いていた同カードの連勝も9で止まった。

     緒方孝市監督の談話は以下の通り。

     -福井は丁寧に投げようとしていた印象

     緒方監督 いいボールもあった。けれど、詰めの甘さがあった。2回の2ランは低めの変化球をうまくとらえられたけどね。

     -2安打にとどまった

     緒方監督 最後まで打線がタイミングを合わせられなかったね。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180612-00236904-nksports-base

    ■広島 7-0 楽天(8日・マツダスタジアム)

     広島は8日、マツダスタジアムで行われた東北楽天戦に7-0で勝利した。先発の大瀬良が7回無失点の好投でリーグトップの9勝目。打線は通算1000試合出場を達成した丸が攻守に活躍した。緒方監督は「今日は(大瀬良)大地と丸に尽きるね」と、投打の主軸の活躍にご満悦だった。



    「投打ともナイスゲームだった」と、会見で自ら切り出した緒方監督は「大地は粘り強いピッチングだった。相手に流れが行きそうなところをしっかり抑えてくれた」と、自身7連勝となった頼れる右腕を称賛した。

    「初回から得点してピッチャーを援護した」という打線では、丸が初回の先制タイムリーに3回に追加点となる本塁打と活躍したが、指揮官が力説したのは3回の2死一、二塁のピンチで、茂木のセンター前へのライナー性の打球を好捕した守備だった。「あのプレーは大きかった」という緒方監督は「打球に対する判断、一歩目の鋭さ。あのプレーでないと捕れない打球だった」と、現役時代は守備にも定評があった外野手らしく、ファインプレーを解説した。

     同じようなプレーで足を痛めて戦線離脱となった経緯もあり、記者からは復帰間もない丸を心配する声も出たが、緒方監督は「心配ないって。体はもう大丈夫だし、何年もゴールデングラブ賞を獲っている選手だから」と不安を一蹴した。投手陣が崩壊状態の交流戦で初の完封勝ちは、チームの再加速のきっかけになるかもしれない。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180608-00136452-fullcount-base

    ◆日本生命セ・パ交流戦 広島4―8日本ハム(7日・マツダスタジアム)

     広島は先発した中村祐太投手(22)が大炎上。大敗を喫し、連勝を逃した。

     自身3連敗中だった右腕は、3回に突如崩れ一挙7失点。打線は4回の野間の2ランなどで、4点差まで追い上げるのが精いっぱいだった。緒方監督は中村祐について「先発としての役割を果たせていない。下で頑張ってもらうしかない」と2軍降格を明かした。

     収穫はリリーフ陣だ。2番手でマウンドに上がった育成出身左腕・フランスアは、角度のある直球を駆使し4回2/3を1失点(自責0)。8回から登板した永川は、2イニングを無失点に抑えた。「松坂世代」の37歳は、昨年9月に左ひざをクリーニング手術。2016年5月25日の巨人戦以来となる1軍登板で再出発を飾り、「だいぶ緊張した。結果が出てホッとしてます」と安どの表情を浮かべた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180607-00000252-sph-base

    このページのトップヘ