広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    菊池涼介

    ◆中日2―1広島(20日・ナゴヤドーム)

     広島が接戦を落とし、2年ぶりの中日戦連敗を喫した。

     菊池涼介内野手(27)がコンディション不良のため欠場し、「2番・三塁」に西川が入り、「5番・二塁」で安部が先発出場。西川は、2回に失点につながる失策など精彩を欠いた。

     先発・九里は7回2失点(自責1)と粘ったが、打線の援護がなく4敗目(3勝)。緒方監督は「先発が試合をつくってくれているわけだから」と、険しい表情で振り返った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170520-00000189-sph-base

    <中日5-3広島>◇19日◇ナゴヤドーム

     驚異の粘りも、勝利につながらなかった。広島は2度同点に追いつきながら、延長10回に開幕から18試合連続無失点のジャクソンが打たれ、今季2度目のサヨナラ負けを喫した。


     1点を追う9回、連続三振で簡単に2死を取られた。代打・西川が四球を選ぶと、代走の切り札、野間を投入。中日の抑えの田島を揺さぶり、田中の死球でチャンスを広げた。菊池は2ボールからの外角球をコンパクトにたたいて中前に転がした。二塁から野間が生還。土壇場で追い付いた。

     中盤の2点ビハインドも、2死から追いついた。5回2死走者なしから田中と菊池の連続二塁打で1点差。6回は2死二、三塁から石原が右前にはじき返した。

     だが、延長10回。ジャクソンは2死としながらも二塁内野安打など際どい判定もあり、走者を一塁に残して4番ビシエドを迎えた。「外の低めをうまく打たれた。あそこまでに3アウトを取っておきたかった」。打球は左中間スタンドに消えた。

     緒方監督は打線の粘りを「素晴らしい。よく追い付いた」とたたえ、今季初失点がサヨナラ負けにつながったジャクソンも「何も言うことがないよ」と責めようとはしなかった。打つべき手は打った。首位阪神も敗れ、ゲーム差は1・5と変わらない。明日20日、仕切り直しだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170519-01826267-nksports-base

    ◆ヤクルト3x―2広島(9日・神宮)

     広島が手痛いサヨナラ負けを喫した。延長12回無死、中田が大松にサヨナラ弾を浴びた。今季2度目の4連敗。首位・阪神とのゲーム差は2に広がった。

     緒方監督は「今日は(野村)祐輔が良く投げてくれた。点を取られた後も本当にしっかりと投げてくれた」とまずは先発した野村を高く評価した。

     野村は1点リードの4回に3連打で2点を失い、逆転を許したが、7回までの3イニングは3人ずつでピシャリ。7回2失点と先発の役割を十分に果たした。「今日は悪いなりに試合を作れたと思います。4回の失点の後に粘れたことは、次につながると思います」と振り返った。

     8回には菊池が同点打。コンディション不良で欠場していたが、4試合ぶりの復帰戦で早速、勝負強さを見せた。

     野村の後を受けた救援陣も、2番手のジャクソンから今村、一岡、薮田が無失点リレーをつないだが、6番手の中田で力尽きた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170509-00000181-sph-base

     広島菊池涼介内野手(27)がコンディション不良のため、阪神3連戦(甲子園)を欠場した。

     7日は試合前のアップから本隊に合流し守備、走塁、打撃練習をこなした。明日9日からのヤクルト3連戦(神宮)に出場出来る見込み。

     菊池が欠場したチームは阪神3連戦で3連敗を喫し首位から2位となった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170508-01819940-nksports-base

    <阪神6-0広島>◇7日◇甲子園

     広島が阪神に敗れ、15年8月18日の中日3連戦(ナゴヤドーム)以来、2年ぶりの同一カード3連敗。甲子園に限れば小島、ロマノ、佐々岡を立てて敗れた06年9月26日からの3連戦以来となった。

     疲労がたまっていたエルドレッドに代わり、2番に左翼で堂林を今季初起用するも3三振。同じく初先発で6番三塁に入れたペーニャも1安打を放つが好機で凡退した。先発九里も我慢出来ず、5失点で3敗目を喫した。試合後の広島緒方孝市監督(48)の談話は以下の通り

     -先制点がほしかった

     緒方監督 そうだね。

     -きっかけの一打がほしい

     緒方監督 いや、もう、1試合1試合しっかり自分たちの野球をしていくだけ。チーム状態が悪くなったからではなく、常にその気持ちでね。

     -2番堂林は

     緒方監督 堂林は打撃の状態がよかったから。使ってやりたいと思っていた。でもまずスタートで出るメンバーがしっかり活躍しているからね。数少ないチャンスにはなるんだけど。出た時にしっかりやってくれればいい。


    引用元 http://www.nikkansports.com/baseball/news/1819718.html

     広島の菊池涼介内野手が3日、本拠地での中日戦で美技を披露した。

     3点リードの7回表、1死一塁の場面だった。打席に立った中日・井領は、広島3番手・一岡が2ボールから投げた3球目の外角フォークを振った。叩きつけるように打たれたボールは高くバウンドしながら二塁守備に就く菊池の方角へ飛んだ。菊池は守備位置から猛ダッシュして打球を捕ると、前に倒れ込みながら一塁へじゃピングスロー。打った井領は一塁ベースへ疾走したが、菊池の送球が新井のミットへ収まるのが一瞬早く、アウトがコールされた。

     3月のWBCで好守備を連発し、メジャー関係者から“ニンジャ”と注目を浴びた菊池。その美技に見慣れたであろう本拠地ファンも、惜しみない拍手を送った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170503-00010028-fullcount-base

     広島が29日の敵地DeNA戦で一発攻勢で6-1と勝利した。初回、菊池が先制2ランを放つと、鈴木が1試合2発、新井もソロをソロを放った。投げては2年目の岡田が8回途中を1失点の好投で3勝目(1敗)を挙げた。


     DeNA先発の今永に対し、広島打線が初回から得点を奪った。先頭の田中が初球をセンターへはじき返して出塁すると、続く菊池も初球を捉えて右翼席へ2号2ランを放ち先制。4回には4番・鈴木が左翼席に3号ソロを運ぶと、7回には新井も4号ソロを放ち、リードを4点に広げた。さらに8回には鈴木が2番手・平田からこの日2本目となる4号2ランを左翼席へ突き刺した。

     序盤からリードを受けた岡田は4回まで毎回走者を背負うも要所を締めて点を与えない。5回からは3イニング連続で3者凡退に仕留め、スコアボードに「0」を並べた。

     プロ初完封が見え始めた8回には先頭の代打・乙坂に二塁打を浴びると、2死三塁から石川にタイムリーを浴びて初失点。それでも8回を投げ切り、6安打6奪三振1失点と上々の結果を残した。

     9回は薮田が締めて勝利。投打がかみ合った広島が敵地で快勝した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170429-00010018-fullcount-base

    このページのトップヘ