広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    菊池涼介

     広島・安部友裕内野手(28)が6日(日本時間7日)、優勝旅行先のハワイで取材に応じ、同学年の「タナキクマル」と競い合い、1~3番の打順に割って入る心意気を示した。アクシデントなどの緊急時に備えつつ、不動の上位打線に風穴をあける。チームは7日午後、チャーター機で広島空港に帰国した。

     誰よりも海が似合う。持ち前の身体能力を生かし、安部が波を乗りこなした。「楽しかったです。かなり乗れましたね」。とても3度目のサーフィン挑戦とは思えない。インストラクターも「すごい!さすがですね」と驚くほどのセンスを見せつけた。

     「覇気」全開の男は優勝旅行中もメリハリが利いている。朝はホテル周辺を散歩し、ジムで汗を流す。すべては来季のため。プロ11年目へ決意の表れだ。

     今季はプロ初の規定打席に乗せ、チームトップの打率・310、4本塁打、49打点をマーク。同学年「タナキクマル」とリーグ連覇の原動力となり、キャリアハイのシーズンを送った。

     「やっと10年目というところで差を縮められた。いずれは追い越したいという気持ちはある」。3人への対抗心は隠さないが、現状の1~3番は「絵に描いたようないい打順だと思う」と素直に認める。

     1番・田中が出て、2番・菊池が送り、3番・丸がかえす-。「彼らがやってくれているから、チームも強い。高め合っていきたい」。来季は「タナキクマル+アベ」の4人でハイレベルに競い合う。

     「上位打線を打ちたい」という言葉もまた本音だ。学生時代は俊足巧打の内野手で鳴らし、主に1番を打った。今季は「つなぐ5番」として脚光を浴びたが、1~3番を打つ能力も十分に兼ね備える。出塁率は・354、盗塁数も自己最多の17。打席でも積極的に仕掛け、「紙一重」と語る淡泊さを上回った。

     緒方監督の構想にも呼応した形だ。「タナキクマル」の並びに関して「今の形が100%のベストか。そういう固定観念を持っていたら失敗する」と柔軟な考えを持つ。故障や体調不良、アクシデントなどペナントレースは想定外のことも起こり得る。安部も「選択肢は多い方がいい。何かあった時に名前が挙がる選手でありたい」と力強く話した。

     現状維持では満足できない。「自分の色を出して、チームから求められるものを出せればいい」と燃える男は力を込める。型にはまらない。リーグ3連覇へ、安部が鯉打線に新しい波を作る。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171208-00000011-dal-base

    「チームとしては一線を引く必要がある」

     そう話したのは、ヤクルトの小川新監督。さる2日、地元・千葉県の講演会での一言だ。ヤクルトは今季、リーグ最下位に低迷。原因のひとつが「ファミリー球団」という甘い体質にあるといわれてきたが、4年ぶりに現場復帰した小川監督はここにきて、他球団とのなれ合い禁止を宣言。「昔は他球団の選手と口を利くなと言われたが、最近の選手は12球団で横のつながりが強い」と球界の環境変化にも言及した。

    「横のつながり」はWBCやオフの合同自主トレなどの交流がきっかけとなる。シーズン中もセ・パ交流戦で異なるリーグ選手との接触機会も増え、携帯電話やSNSの普及で、その輪はさらに広がりを見せている。試合前の練習で、出身校の先輩、後輩や親交のある者同士がグラウンドで長時間話し込んだり、試合中に走者と相手チームの一塁手が笑顔でちょっかいをかけ合うのは、もはや見慣れた光景だ。他球団の選手やスタッフ同士で食事をした楽しげな様子がSNSにアップされることもある。

     なれ合いの積み重ねは、試合に影響を及ぼしかねない。あるセの投手は「普段から仲良くしていると、正直厳しいところを攻めづらくなる」と話し、別の選手も「酒席で盛り上がり、ポロッと相手の弱点やクセをしゃべってしまうこともある」と言う。こういった感情は真剣勝負の緊張感を欠く。八百長とは言わないまでも、「ぶつけてもいいから抑えてやる」という投手の本能は表に出てこない。

     最近、激しい乱闘がめっきり減ったのも、球団の垣根を越えた友達付き合いが原因。暴力を肯定するわけではないが、昨季、乱闘が起きたのは、「あわや」というものを除けば2試合だけだった。

     今季、チームを連覇に導いた広島の緒方監督は、自軍の選手にも情が絡まぬように、常に単独で行動している。その広島をCSで倒して下克上を果たしたDeNAの選手は、「向こうの選手としゃべっているとコーチらに怒られるし、相手にも迷惑をかける」との理由から、練習後に監督がベンチ裏に下がってから駆け足で挨拶に行くという。

     勝負の世界になれ合いは邪魔だ。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171205-00000012-nkgendai-base

     リーグ連覇を達成した広島の選手、家族、関係者ら計228人が1日(日本時間2日)、優勝旅行先の米・ハワイに到着。今季限りで広島を退団し、現在はヤクルトの河田外野守備走塁コーチも優勝旅行に参加した。


     ナインとは久々の再会。「丸に『何しに来たんですか?』って言われたよ」と笑い、愛弟子の田中からも「ヤクルトのユニホーム似合ってないですよ」といじられていた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171202-00000137-dal-base

     ハワイへV旅行中の広島・菊池涼介内野手(27)が2日(日本時間3日)、マイペース調整で、来季へ臨むことを明かした。今年は3月にWBCへ出場したため「急ピッチでやったけど、早いといえば早かった」と振り返る。「ゆっくり今年(今オフ)は自分のペースでやりたい」という。

     シーズンを終えて、菊池は「もう一つシーズンがあったという感じ」とWBCを表現した。侍ジャパンでもチームの主力。2月の代表合宿から数えても、例年以上の試合数を重ねた。シーズンに入るとコンディション不良のため試合を欠場したこともあった。5月の阪神3連戦(甲子園)ではスタメンを外れ、まさかの3連敗。菊池の存在の大きさが浮き彫りとなった。

     それでも138試合に出場し、打率・271、自己最多14本塁打。飛距離も伸ばした。30犠打はリーグ最多。小技も健在で、不動の「二番・二塁」として、ベストナインとゴールデングラブを同時受賞した。

     来季へ向け、具体的な数字については「考えはない」と言いきる。「1試合自分ができることで貢献する。数字に興味はない。チームのために」。来年1、2月は「実戦ではなく体を作ること」がメインだ。リーグ3連覇へ、菊池が最高の準備を整える。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171204-00000037-dal-base

     リーグ連覇を飾った広島の契約更改が本格的にスタートする。丸がMVPを初受賞、ベストナインには5選手が選ばれるなど、多くの選手が37年ぶりのV2に貢献した。軒並み年俸アップが予想される中、今季5人だった日本人の1億円プレーヤーが何人に増えるかにも注目が集まる。


     今季の年俸順に注目選手をピックアップしていきたい。(※金額は推定)

    ○菊池涼介(27歳 今季年俸1億4500万円)
    打率.271、14本塁打、56打点、8盗塁
     5年連続のゴールデン・グラブ賞に加え、ベストナインも初受賞。打率は前年から少し下げたが、攻守に存在感が際立った。

    ○丸佳浩(28歳 今季年俸1億4000万円)
    打率.308、23本塁打、92打点、13盗塁
     3番打者として全試合に出場。文句なしの成績でMVPに輝いた。171安打で最多安打も獲得。安打数、本塁打、打点でキャリアハイを更新。今季のチームの顔として、日本人最高年俸に躍り出そうだ。

    ○石原慶幸(38歳 今季年俸1億2000万円)
    打率.204、1本塁打、12打点、1盗塁
     会沢の台頭で出場機会が減少。成績は下がったが、リード面での安定感は健在。大台を守れるかどうかが焦点。

    ○新井貴浩(40歳 今季年俸1億1000万円)
    打率.292、9本塁打、48打点、2盗塁
     昨季はMVPに輝き、1億円台に返り咲き。今季も勝負強い打撃で数字以上の印象を残した。その印象度がどう年俸に反映されるか。

    ○野村祐輔(28歳 今季年俸1億円)
    25試合登板 9勝5敗、防御率2.78
     エース級との投げ合いが多く勝ち星は伸び悩んだが、防御率はリーグ4位。クオリティースタート(QS)率68%もチームトップと、エースとして十分な働きを見せた。

    ○中崎翔太(25歳 今季年俸8500万円)
    59試合登板 4勝1敗、25ホールド、10S 防御率1.40
     途中腰痛で離脱したが、抑えに、セットアッパーにとフル回転。1億円の大台には届くだろう。野村を超えて、チーム内で日本人投手最高年俸となるか。

    ○田中広輔(28歳 今季年俸7800万円)
    打率.290、8本塁打、60打点、35盗塁
     2年連続でフルイニング出場を達成。不動のリードオフマンに成長した。リーグ最高出塁率、盗塁王、ベストナインも受賞。大幅アップで念願の1億円到達は間違いない。

    ○今村猛(26歳 今季年俸6100万円)
    68試合登板 3勝5敗、17ホールド、23S 防御率2.38
     中崎が離脱後は守護神を務め23S。68試合登板はチーム最多だった。評価がされづらいブルペン陣のリーダー的存在として、大台に届くか注目したい。

    ○鈴木誠也(23歳 今季年俸6000万円)
    打率.300、26本塁打、90打点、16盗塁
     骨折で終盤に離脱したが、出続けれていれば30発、100打点は十分に狙えた。4番にも定着し、若くしてチームの中心に。1億円に届くかの攻防になりそう。

    ○薮田和樹(25歳 今季年俸1400万円)
    38試合登板 15勝3敗、3ホールド 防御率2.58
     今季最もブレイクした選手。中継ぎから先発に転向し、リーグ2位の15勝。最大のアップ率となることは間違いない。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171128-00095233-fullcount-base

     【江尻良文の快説・怪説】

     日本野球機構が17日に発表した2017年セ、パ両リーグのベストナインには、5人ずつ初受賞者が出ていることが珍しく、しかも“苦節何年目”の中堅が多い。

     パ投手が8年目の西武・菊池、同捕手が育成含め7年目のソフトバンク・甲斐、同一塁手には12年目の楽天・銀次(ただし、14年に三塁手で受賞)。さらに三塁手には来日3年目の楽天のZ・ウィーラー、ベストDHには来日4年目のソフトバンクのデスパイネが選ばれた。

     セの方も捕手に11年目の広島・会沢、一塁手に来日5年目の横浜DeNAのJ・ロペス、二塁手に6年目の広島・菊池涼介、三塁手には首位打者を獲得した5年目の横浜DeNA・宮崎敏郎、遊撃手は4年目の広島・田中広輔といった具合だ。

     二塁手は最近3年間、「ゴールデングラブ賞が菊池、ベストナインはヤクルト・山田哲人」と“棲み分け”ができていたが、今季は山田が打率・247、24本塁打、14盗塁の不振で、初めて菊池が独占する形になった。

     08年以降、阪神・鳥谷敬か巨人・坂本勇人のいずれかだったセの二塁手も、広島・田中が4年目で風穴を開けた。

     チーム別では2位・阪神に10ゲーム差をつけ37年ぶりにリーグ連覇した広島が両リーグを通じ最多の5選手。初受賞トリオに加え、外野手で3回目、両リーグ最多の274票を獲得した丸佳浩と2度目の鈴木誠也だ。

     3位・DeNAはロペス、宮崎の他に3度目の主砲・筒香嘉智。11年ぶりのBクラス転落で4位巨人は2度目の菅野智之1人。

     5位中日、最下位ヤクルトのゼロはわかるが、2位阪神の受賞者なしは意外。クライマックスシリーズファーストステージでDeNAに敗れたのも当然か。

     パ・リーグは2年ぶりにリーグ優勝したソフトバンクが最多の4人。初受賞の甲斐、デスパイネの他に、2度目の遊撃手・今宮健太、パ・リーグ最多得票255で3度目の外野手・柳田悠岐。日本ハム入りする清宮幸太郎がここに名を連ねるのはいつになるだろうか。(江尻良文)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171121-00000017-ykf-spo

     ◇NPBアワーズ2017(2017年11月20日)

     ベストナイン表彰で横に並んだ広島・鈴木とDeNA・筒香が、本塁打予告をやり合った。

     鈴木は8月23日に横浜スタジアムで骨折した右足首のリハビリ中。「たくさんの方が頑張れと言ってくれ感謝している。そのファンのためにも横浜スタジアムのライトスタンドに本塁打をぶち込みたい」と宣言した。筒香は「マツダスタジアムのライトスタンドに本塁打をぶち込みたい」と反撃。「今年の成績は納得のいくものではないが悔しさを来年にぶつけて日本一になります」と力を込めた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171121-00000041-spnannex-base

     セ・パ両リーグは17日、2017年度のベストナインを発表した。リーグ連覇を成し遂げた広島からは初受賞の会沢翼捕手、菊池涼介二塁手、田中広輔遊撃手に加えて2年連続3度目の丸佳浩外野手と2年連続2度目となる鈴木誠也外野手の5人が選ばれた。球団では5人選出されたのは2年連続4度目となる。

     喜びのコメントは以下の通り。

     会沢「選んでいただいて光栄です。監督、コーチ、スタッフ、チームメートに感謝します。来年もこの賞を獲れるように頑張ります」

     菊池「ベストナインを初めて受賞でき、光栄です」

     田中「まさか選ばれるとは思っていなかったので驚いています。来年もショートしてベストナインを獲れるように頑張ります」

     丸「このような素晴らしい賞を受賞できて、大変光栄に思います。今回の受賞を糧に今後も精進し、さらなる活躍を目指したいと思います」

     鈴木「去年に引き続き受賞できて、大変光栄に思います。ケガをし、途中離脱したにも関わらず評価していただき、本当に感謝しています。この賞に恥じないように来年はフルで戦っていきたいです」
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171117-00000081-dal-base

    このページのトップヘ