広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    菊池涼介

     「広島3-2中日」(21日、三次きんさいスタジアム)

     広島が今季2度目の8連勝。快進撃が止まらず、ついに今季初の単独首位に浮上し、鯉党は歓喜に酔いしれた。


     一時は最大借金8を背負い、首位とは7差を付けられたが、驚異的な巻き返しで“定位置”を奪い返した。開幕から、ここまでの“カープ劇場”を振り返る。

     3・29巨人戦5-0(マツダ)大瀬良が快投。開幕戦で巨人に快勝。

     4・10ヤクルト戦3-15(マツダ)延長十回に3失策が絡んで一挙12失点。悪夢のような惨敗で、涙を流すカープファンの姿もあった。過去、優勝チームの例がない4カード連続の負け越し。

     4・13DeNA戦6-1(横浜)床田がプロ初の1失点完投勝利。連敗を5で止める。

     4・16巨人戦2-8(鹿児島)守備が乱れ、敗戦。借金8、首位巨人との7ゲーム差はいずれもワーストに。

     4・17巨人戦5-4(熊本)敗色濃厚の九回、2死から3点を奪って大逆転勝ち。菊池涼が起死回生の同点打、石原がV打。流れが変わる。

     4・27ヤクルト戦2-0(神宮)床田、フランスア、中崎の完封リレーで8連勝!借金完済

     5・12DeNA戦8-1(マツダ)アドゥワのプロ初完投勝利鈴木11号3ランで快勝。待望の貯金1。

     5・18阪神戦4-0(甲子園)ジョンソン完全復活の3勝目 3戦19イニング連続無失点。貯金5。

     5・21中日戦3-2(三次)野村快投3勝目 今季初の単独首位!貯金7。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190521-00000146-dal-base

     ◇セ・リーグ 広島3―2中日(2019年5月21日 三次)

     広島の菊池涼介内野手(29)が0―0で迎えた5回、2死満塁から左前へ先制2点適時打を放ち、8試合連続安打をマーク。チームの今季2度目の8連勝&今季初の単独首位浮上の立役者となった。

     この日も定位置の「2番・二塁」で先発出場し、4打数1安打2打点。通算打率・303と3割をキープしているだけでなく、8連勝の打撃成績は34打数16安打の打率・471、9打点、得点圏打率はセ・リーグ断トツトップの・455といずれも驚異的な数字を残している。

     貢献度の高さはそれだけにとどまらず、初回の第1打席は3球目を叩いて一邪飛だったが、3回の第2打席はファールで粘った末に10球目を空振り三振、5回の第3打席は無死満塁から2死となって迎えた第3打席で再びファールで粘り9球目の真ん中直球を左前へ弾き返して待望の先制2点適時打とすると、捕邪飛に終わった7回の第4打席も9球粘った。

     前回対戦(7日)で広島打線が3安打完封された中日先発左腕・大野雄は7回2失点で敗戦投手。大野雄がこの試合で投じた117球のうち菊池涼だけで31球も投げさせた計算で、2番打者としての真骨頂となった。

     球界一の名手として知られる守備でも2回から3回にかけて5者連続で二ゴロを処理するなど、8個のゴロを難なくさばいた菊池涼。リーダーとして攻守でチームを力強くけん引している。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190521-00000211-spnannex-base

    ◆広島3―2中日(21日・三次)

     広島が8連勝を飾り、試合のなかった巨人を上回って今季初の単独首位に立った。先発の野村祐輔投手(29)は、竜と地方球場に強い“相乗効果”で7回無失点と好投。3勝目を挙げた。今季の勝利は全て中日戦(3勝1敗)で、ここ4年間は地方球場で無敗の6連勝(7試合)。3回からは完全投球の内容に「真っすぐに力があった。ゴロアウトが(12個と)多くて自分の投球ができた」と胸を張った。

     打のヒーローは0―0の5回2死満塁から決勝の左前2点適時打を放った菊池涼介内野手(29)だ。それでも「きょうは(野村)祐輔が(試合を)つくってくれたから。僕はどうでもいいです」と謙虚に照れ笑いを浮かべた。

     緒方孝市監督(51)も「キク、いいね! 状態がものすごくいい! 紙一重のところで厳しいところはカットして逃げる」と、中日の先発・大野雄に4打席で31球を投げさせて疲弊させた菊池涼の技術に脱帽。一方で、開幕戦で勝利(1位タイ)以来の首位について問われると「関係ない。勝つときでも反省するところはある。しっかりそこは反省したい」とかぶとの緒を締めた。

     指揮官の胸の内には、3点リードの9回に登板して2点を奪われた“冷や冷やセーブ”の中崎翔太投手(26)が念頭にあっただろうか。守護神は1死から福田に7号ソロを献上すると、1死一、二塁では高橋に左中間適時二塁打を浴びた。1点差に迫られ、なおも1死二、三塁のピンチを背負ったが、京田を三邪飛、代打・堂上に四球、代打・松井雅は三ゴロに仕留めて難を逃れた。

     中崎は低くて軟らかいとされる地方球場のマウンドについて問われ「投げにくいとかはなかった。いつもと変わらなかったです」と影響のなさを強調。「打たれたのは甘い球。これまでも打たれているのは全部甘い球。しっかり投げていかないと。勝てて良かったです」と冷たい汗をぬぐった。

     結果的に今季5セーブ目を挙げた中崎。3日の巨人戦まで

     ▼4月 3日・中日戦(ナゴヤD)3―2の9回、1失点

     ▼同月17日・巨人戦(熊本)5―4の9回、無失点

     ▼同月27日・ヤクルト戦(神宮)2―0の9回、無失点

     ▼5月 3日・巨人戦(マツダ)6―3の9回、無失点

     セーブ・シチュエーション(セーブのつく展開)で登板した4試合連続でセーブに成功していた。

     だが、今月5日の同カードは

     ▼5月 5日・巨人戦(マツダ)3―2の9回、1失点

     先頭の代打・重松に中前打を浴び、1死二塁から坂本勇に同点打を浴びてブローン・セーブ(セーブ失敗)。引き分けに持ち込まれている。

     セーブ・シチュエーションでの登板はその日以来、今季6試合目だったが、2試合連続、3試合目の失点となった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190521-00000193-sph-base

     ◇セ・リーグ 広島3―2中日(2019年5月21日 三次)

     広島が先発・野村の7回3安打無失点好投と菊池涼の8試合連続安打となる決勝2点適時打などで中日に3―2で勝利を収め、4月に続いて2カ月連続、今季2度目の8連勝。DeNA戦が雨天中止となった巨人を抜き、今季初の単独首位に立った。広島の貯金は今季初の7。野村は4月24日の中日戦以来27日ぶりとなる今季3勝目(2敗)をマークし、地方球場6連勝となった。

     前回対戦(7日)で3安打完封された中日先発左腕・大野雄にこの日も苦しんだ広島打線だったが、0―0で迎えた5回、会沢、安部、田中広の3連打で無死満塁と攻め立て、2死後、セ・リーグ得点圏打率1位の菊池涼がファールで粘った9球目の真ん中直球を叩いて左前へ先制の2点タイムリー。

     8回には2番手・岡田から鈴木、西川の連打などで無死満塁とし、3番手・小熊に代わった1死満塁から代打・松山が押し出し四球を選んで待望の追加点を入れ、最後は1点差まで詰め寄られたが逃げ切った。

     先発・野村は内野ゴロの山を築いて7回3安打無失点と好投。3番手の守護神・中崎が9回に2点を失ったが、1点差で逃げ切った。先発投手はジョンソン6回、アドゥワ7回、野村7回と3試合連続で無失点投球となった。

     中日は2回に1死一、二塁と先制機をつかんだが、生かせず。3回以降、野村にパーフェクトに抑えられ、9回に福田の左越えソロと高橋の左中間二塁打で2点を返したが、なおも続いた2死満塁で松井雅が凡打に終わった。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190521-00000193-spnannex-base

    ■広島 5-1 阪神(19日・甲子園)

     広島は19日、敵地・阪神戦に5-1で快勝し、7連勝を飾った。先発のアドゥワが7回4安打無失点の快投で2勝目。9回1失点の好投で先発初勝利を挙げた12日のDeNA戦から自身2連勝を飾った。打線は初回に鈴木が先制2点二塁打を放つと、菊池涼やバティスタのタイムリーで追加点を奪った。



     広島は初回、1死から菊池涼、バティスタが連打でチャンスを作ると、鈴木が2点二塁打。幸先よく先制した。さらに、2回は2死三塁で菊池がタイムリー。4回には菊池涼のタイムリースリーベース、バティスタのタイムリーで2点を追加し、5点差とした。

     アドゥワは阪神打線を2回まで無安打に抑えると、3回は2本のヒットで2死一、二塁とされたが、糸井は一ゴロ。6回もヒットと四球で2死一、二塁とされたが、福留はニゴロに仕留めた。7回も2死三塁とされたが、鳥谷を捕邪飛。ここでお役御免となった。

     8回はフランスアが無失点に抑えると、9回は一岡が1失点も逃げ切り、広島は7連勝。アドゥワは7回111球、4安打無失点の快投で防御率1.42と好成績を維持している。打線では、菊池が4安打2打点と存在感を見せた。

     阪神は9回に1点を返したものの及ばず。先発の秋山も5回5失点と踏ん張れず、本拠地で広島に3タテを食らった。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190519-00380374-fullcount-base

    ■広島 10-2 阪神(17日・甲子園)

     広島は17日、敵地・阪神戦に10-2で勝利し、5連勝を飾った。1点ビハインドの8回に菊池涼、バティスタの連続タイムリーで勝ち越し。終盤に試合をひっくり返し、9回に大量7点を奪った。阪神は一時逆転も2点どまり。西は8回3失点と力投したが、踏ん張れなかった。


     試合は序盤から西、広島先発・床田の投手戦に。先制したのは広島。2死からバティスタのヒット、鈴木の四球で一、二塁とチャンスを作ると、西川が先制タイムリーを放った。

     一方、阪神打線も6回に西の力投に応える。床田から1死満塁の好機を作ると、梅野がレフトへタイムリー。さらに、続くマルテもレフトへタイムリーを放ち、一気に逆転。床田をマウンドから引きずり下ろした。

     しかし、広島も終盤に打線が西をつかまえる。松山の四球と野間の内野安打で1死一、二塁として、菊池涼がレフトへ同点打。さらに、バティスタが勝ち越しタイムリーを放ち、再び試合をひっくり返した。

     8回はフランスアが無失点に抑えると、9回に菊池涼、バティスタ、鈴木の3連続タイムリーなど、四球を挟んで6連打で大量7得点。9回は菊池保が締めて5連勝を飾った。

     一方、阪神は競り負けて3連勝はならず。守屋が1死も取れずに5失点するなど9回に登板した救援陣が大量失点を喫して最後は大差となった。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190517-00378426-fullcount-base

     ◇セ・リーグ 広島9―7ヤクルト(2019年5月15日 マツダ)

     広島が驚異的な粘りを見せて5点差を8、9回で追いつき、延長戦の末に主砲・鈴木の球団通算100本目となるサヨナラ弾で9―7と逆転サヨナラ勝ち。劇的な勝利で4連勝を飾って今季最多の貯金3とし、ヤクルトと同率2位で並んだ。ヤクルトは2連敗。



     2―7で迎えた8回に主砲・鈴木が6番手・五十嵐の代わりバナの初球をバックスクリーンに叩き込んで4点差としたのが“逆転のカープ”完全復活への号砲だった。

     3―7で迎えた9回には7番手・梅野から1死一、二塁とし、鈴木の中前適時打で4―7と3点差。さらに1死満塁から磯村の左前2点適時打で6―7と1点差に追い上げた。

     この回さらに続いた2死一、二塁から田中広が四球を選んで2死満塁とすると、代打・小窪が押し出し四球を選んで7―7の同点。延長戦に持ち込んだ。

     延長10回、6番手としてマウンドに上がった守護神・中崎が2死二塁のピンチをしのぐと、その裏、1死からバティスタが四球で出塁。この1死一塁で鈴木がバックスクリーン左へ劇的なサヨナラ2ランを放った。広島はこの一発が球団通算100本目のサヨナラアーチとなった。

     ヤクルトは先発投手のスアレスが1回2安打無失点で降板。2014年から10連敗中だった広島先発・大瀬良から6回までに4点を奪って試合を優位に進めたが、7番手・梅野が9回に4失点。最後は8番手・中尾が力尽きた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190515-00000198-spnannex-base

     ヤクルトの球団マスコット「つば九郎」が28日、自身のブログを更新。前日27日のヤクルト―広島戦(神宮)で史上295人目となる1000安打を達成した広島の菊池涼介内野手(29)の快挙を改めて称えて祝福した。

     同試合に「2番・二塁」で先発出場した菊池涼は0―0で迎えた4回、先頭打者として入った第2打席でヤクルト先発の“ライアン”こと小川から中前へ安打。これがプロ8年目での通算1000安打となった。

     敵地に駆けつけたスタンドの鯉党が祝福のボードを掲げて歓喜する中、つば九郎は大きな花束を抱えて小走りで登場。菊池涼は恐縮しながらもうれしそうな笑みを浮かべて一塁ベース付近で花束を受け取ると1人と1羽でがっちりと握手を交わし、ほっこりするプロ野球ファンが続出していた。

     そんな大記録達成から一夜明け。まずはヤクルト・西浦の刈り上げた後頭部の写真を掲載していじった後、「そして、ごいす~なきろく~ぱちり」と花束贈呈シーンの写真をアップした、つば九郎。「おとももちのきくりんが~1000あんだたっせい。2ばんばったーというだじゅんでの、はやくの1000たっせい、ごいす~です。2000めざしてばんがれ、きくりん!!!」とチームの垣根を越えた仲良し“きくりん”の快挙を喜び、そしてエールを送った。

     つば九郎は2016年に新井貴浩さん(当時広島、現スポニチ本紙評論家)が神宮でのヤクルト戦で2000安打を達成した時にも花束贈呈の大役をこなしており、新井さんとの友情は現在も継続中。新井さんを「お兄ちゃん」と慕う菊池凉の1000安打達成でも大役を務めあげ、喜びを隠せなかった。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190428-00000152-spnannex-base

    <広島8-1DeNA>◇12日◇マツダスタジアム

    広島鈴木が1回に価値のある先制3ランを放った。外角のチェンジアップをうまくバットの先で拾い、左翼スタンドまで運んだ。


    1番野間が内角の難しい変化球を巧みにさばいて左前に運び、すかさず二盗に成功。続く菊池涼が四球を選んで一、二塁。バティスタが倒れた後、チャンスを最高の形で生かした。

    最下位DeNAに対し、効果的な先制パンチとなった。波に乗れないチームを乗せないための鉄則が、先制点を奪うこと。「今日はやれる」という意識を持たせないためだ。鈴木の1発の前には、バティスタの右翼への鋭いライナーで二塁走者がハーフウエーをとっており、三塁に進めなかった。このプレーをカバーした意味でも、鈴木の1発の意味は大きい。

    鈴木や3番バティスタの打力を点につなげるためにも、1、2番にかかる期待は大きい。現在は野間、菊池涼の並びがベストなのだろう。この打順の出塁率を、さらに上げていきたい。(日刊スポーツ評論家)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190512-05120694-nksports-base

    このページのトップヘ