広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    菊池涼介

     優勝マジックを「4」としている広島は、20日からの“マツダスタジアム9連戦”で1991年以来27年ぶりとなる「本拠地胴上げ」を狙うが、超人的な二塁守備と勝負強い打撃でチームを牽引する菊池涼介内野手(28)が地元を中心に異例の“経済効果”を及ぼしている。



     菊池のイラストが描かれた「サントリー烏龍茶 菊池涼介ボトル」。昨年の6月と9月に中国・四国地方限定&数量限定で発売され、瞬く間に鯉党の人気アイテムに。今年も5月下旬と今月11日にそれぞれ絵柄を変えて販売されると、「昨年比300%増(4倍)の売り上げ」(発売元サントリーフーズの担当者)を示した。

     今年は菊池の兄貴分で今季限りでの現役引退を表明した新井貴浩内野手(41)と共演したテレビCMも3本制作され、なおさら話題を呼んでいる。

     19日に本紙記者が広島市内のスーパーで探したところ、菊池のサインが印刷された特製ケース1箱(24本入り)が2280円(1本当たり95円)で販売されていることが確認できたが、某大手ショッピングサイトでは、販売エリア以外に住むファンの購入を当て込んでいるのだろう、3本1400円という5倍近い“ぼったくり価格”でも売られていた。

     前出のサントリーフーズ担当者は「これまで特定のカープの選手に特化した飲料水は記憶にない」。しかも、ペットボトルのウーロン茶の売り上げは、ここ数年の“緑茶ブーム”に押され、15年前の1割未満と低迷しているという。菊池を前面に押し出したことで“起死回生”の売り上げを示し、「足を向けて寝られないです」と最敬礼だ。現在全国から連日商品の問い合わせがあるが、今のところ通信販売などの予定はない。

     一部始終を聞いた菊池は「オレは関係ないでしょ。(売り上げ増は)新井さん(のCM共演のおかげ)だと思うよ」と謙遜。一方、新井は「300%増? それってスゴいことでしょ。買って応援していただいていることは本当にありがたい」と感慨深げだ。

     球団史上初のリーグ3連覇の“プレ・フィーバー”がこんなところにも現れている。(山戸英州)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180920-00000019-ykf-spo

    ■広島 7-3 阪神(21日・マツダスタジアム)

     広島は21日、本拠地で行われた阪神戦に7-3で勝利し、優勝マジックを3とした。前日に続き、雨天の中での試合となったが、7回に逆転に成功すると、8回に新井が右翼へタイムリー三塁打を運び、勝利を確かなものとした。


     先発マウンドに上がった野村は、3回に大山と陽川のタイムリーで3点を先制されたが、その後は粘って5回3失点で降板。後を託されたアドゥワ、一岡、フランスア、中崎が走者を背負いながらも無失点リレーでつないだ。

     打線は、阪神の先発・小野に4回まで無得点に抑えられていたが、5回に田中の右犠飛などで2点を返すと、7回には鈴木の左前タイムリーで同点。さらに松山の打球を途中出場の植田がトンネルし、逆転に成功する。8回にも新井のタイムリー三塁打、菊池の2点タイムリーなどで3点を加え、突き放した。

     この日は2位ヤクルトが試合がなかったため、広島は優勝マジックを1減らして「3」とした。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180921-00209745-fullcount-base

     広島・野間峻祥外野手(25)に世界から仰天エールが届いた。登場曲の「恋のマイアヒ」を歌うダン・バラン(元O―Zone)が来日し、赤いビジター用ユニホームを着て16日のヤクルト戦(神宮)を観戦。野間への感謝の言葉と応援風景を動画にしてツイッターに投稿した。

     「“Hi野間さん”と出てきたのでビックリ。神宮に来られたのは知らなかったけど、ありがたいです」

     本人が興奮気味に振り返る。18日の朝、インスタグラムでカープ関連を「たまたま」検索したらヒットしたという。この日は本拠地での全体練習に参加。ナインに報告すると、「スゴいな」と驚きの声が数多く上がった。

     とりわけ敏感に反応したのが新井だ。「球場に来たら、アイツから“ボクも世界的に認知されました”と言って、ツイッターを見せてきた」と説明。「スゴいと思うし、当然かな…とも思うし、野間さんがどんどん遠い存在になって寂しい」といじり、周囲を笑いの渦に包み込んだ。

     優勝マジックは4。チームの3連覇は目前だが、野間には規定打席(443)到達という目標がある。自己最多を更新し、積み重ねた打席は383。残り15試合で60打席、1試合平均4打席が必要だが、連続23試合に伸びた1番での先発出場が続けば十分可能だ。

     「変な打席内容が続いたり、打たなかったら、次の試合に出られるかわからない。1試合1試合、1打席1打席に集中し、結果、規定打席に乗ればいい」

     世界的なミュジーシャンから送られたエールを胸に、野間は個人目標をクリアしてセ界的なスターを目指す。(江尾 卓也)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180919-00000067-spnannex-base

     「広島7-2DeNA(12日、マツダスタジアム)

     広島・新井がチームの連敗ストップに大喜びした。

     5日に今季限りでの現役引退を表明してからチームは今季ワースト6連敗。試合後は「かなり気にしていました」と明かし、久々の勝利に「うれしい。ちょっと続いていたからね」と満面の笑みを浮かべていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180912-00000160-dal-base

    ■広島 7-2 DeNA(12日・マツダスタジアム)

     広島は12日、マツダスタジアムで行われたDeNA戦に7-2で勝利し、連敗を「6」で止めた。2位のヤクルトが引き分けたため、マジックは2つ減って「7」となった。菊池が4安打4打点と活躍し、クリーンアップも3人すべてが打点を記録した理想的な展開に、緒方監督は「我々のゲームをしっかりやれば勝ちにつながるということ」と満足そうだった。



    「今日はナイスゲームだったね」と会見場に現れた緒方監督は「九里がしっかり6回まで1失点で抑えてくれて、その後もリリーフ陣がよく投げてくれた」と投手陣を褒めた。

     連敗中はあと一本が出ず、この日も4回までDeNA先発・東の前に無得点だった打線が、菊池のひと振りで目覚めた。緒方監督が「重苦しい空気だったのが、あれで流れが変わった一発だった」と振り返ったように、同点の7回には丸が勝ち越しタイムリーを放ち、鈴木、松山も続いて3点を勝ち越した。

    「いいところで3人が大きな打撃をしてくれた。いいイニングだった」と喜んだ指揮官は「丸も(鈴木)誠也も、これまでチャンスで打てなかったけど、勝負どころでランナーを返してくれてよかった」と、主軸の復調に安堵した様子だった。

     今季ワーストの6連敗を「負けるべくして負けていた」と反省した緒方監督だが、理想的な勝利での連敗脱出に、最後は「また明日から一戦、一戦頑張っていきます」と、これまで通りの姿勢を取り戻していた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180912-00202719-fullcount-base

     ◇セ・リーグ 広島7―2DeNA(2018年9月12日 マツダ)

     広島は同点の7回、クリーンアップの3者連続タイムリーでDeNAに逆転勝ちし、連敗を6で止めた。2位・ヤクルトが巨人と引き分けたため、マジックは7になった。

     カープ打線がようやく目を覚ました。1―1の7回、先頭の野間が2番手・エスコバーから四球を選んで出塁すると、ここまで同点ソロを含む3打数3安打の菊池の犠打と捕逸で1死三塁に。3番・丸の痛烈な右前打で勝ち越すと、4番・鈴木の中越え三塁打、5番・松山の右前打と、クリーンアップの3者連続適時打でこの回、3点を勝ち越した。8回にも1死三塁から菊池の4安打目となる走者一掃のニ塁打で3点を追加した。

     5日にチームの精神的な支柱でもあるベテラン新井が今季限りでの現役引退を表明。リーグ3連覇へ独走状態ながら、ここから3年ぶりの6連敗と“小休止”だっただけに、ベンチの新井も拍手で同僚を称えた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180912-00000151-spnannex-base

     2018年4月、プロ野球・中日の松坂大輔が国内では12季ぶりの勝利を挙げた。今季、同じ1980年生まれの「松坂世代」で、昨季まで広島でプレーした梵英心は、栃木県小山市を拠点とする社会人野球チーム・エイジェックで内野手兼コーチとして新たな野球人生を踏み出した。梵はどんな日々を過ごし、何を求めてボールを追っているのか。



     ◇「一般的なサラリー」の正社員

     エイジェック野球部は今年2月に発足。練習拠点は、小山市内の閉校した小学校だ。梵は正社員として在籍している。
     「ありがたいことに、野球に専念させてもらっています。こんなに野球漬けの環境はそうはないと思います。一般的なサラリーですよ。元プロ野球選手だからすごくもらっているという世界ではないです。サラリーマン出身、社会人だったので、金銭感覚はそれなりに持っているつもりです」
     充実した毎日だが、新天地が決まるまでの道は長かった。昨年10月、広島を自由契約に。プロ野球の他球団や米独立リーグなどへの移籍を探ったが実現せず、今年5月にようやくエイジェックへの加入が発表された。
     「まだ若い選手には負けない気持ちもあったし、もう少し頑張ればチャンスをつかめそうで。球団も自由契約にしてくれて。NPBのどこかに行けたら一番よかったんですけど。(エイジェックは)野球選手として見てくれたので、それが決め手ですね」
     「かっこいい言い方ですけど、社会人野球に何か恩返しできないかな、と。エイジェックはスポーツ選手のセカンドキャリアをサポートしている会社でもあったし、野球人口の減少に対して何か行動できないかなというのもずっと思っていました」

     ◇「いつも勉強」の毎日

     栃木で、梵は同じ松坂世代の村田修一と再会した。村田も昨オフ巨人を自由契約となり、独立リーグのBCリーグ・栃木に入団。BCリーグの栃木もエイジェックが運営し、同じ練習拠点を使用している。村田はNPBへの復帰を目指して練習に励んだが、今年8月に今季限りでの引退を表明した。
     「村田はとっつきにくい性格とか言われているじゃないですか。でも、そういう部分はまったく見えなかった。校舎からグラウンドを見ていると、若い選手にしっかりアドバイスをしている。あいつなりに頑張っているのかなというのは伝わってきます」
     「僕の勝手な思いで、村田と直接そういう話をしたとかではないんですけど、村田はまだ野球に対して何か求めているんだろうなと思います。野球のことを勉強したいんだろうな、野球に向き合いたいのかなというのを感じます。僕もここにたどり着いて、改めて野球が好き、野球がしたいと気付いたので、村田も多分そうだと思います」
     梵は、同い年の松坂を「雲の上の存在」と表現。自らを松坂世代と意識したことはないという。10月には38歳となる今について、梵はこう語る。
     「このチームはいろんな選手がいます。そういう選手に、僕が知っている物をすべて渡してあげたい。教えるのは難しいです。自分が勉強しないといけない。テレビで試合を見ていても、『こういうことがあるんだ』って、いつも勉強です。何かヒントがないかなってアンテナを立てておかないと、これからは生きていけないと思うので」

     ◇生きている広島との絆

     梵と広島との絆は今も生きている。広島の菊池涼介や安部友裕らから、エイジェックに道具の差し入れがあったという。現在の「強いカープ」は、梵の目にどう映っているのか。
     「底力があるなあと思って見ています。選手がすごく伸び伸びしていて、自信を持ってやっているので、1個のミス、1個の負けを引きずっていません。それが昔との違いですね」
     梵は広島県出身で、少年時代から広島ファンだった。指導者として広島に戻る日は来るのかと尋ねると、梵はこう言った。
     「興味はあります。でも、(広島の指導者に)なりたいという願望は今はないです。今はエイジェックの選手にすべてをささげたい気持ちでやっています。だから、中途半端な気持ちでやったら、今の選手、今のチームに申し訳ない。今はここですべての力を注いで、もし、そういうタイミングが来るなら、その時のために自分も成長しないといけないなというのは、頭の片隅には置いています。でも、それがすべてではないです」(時事ドットコム編集部)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180911-00000067-jij-spo

     ◇セ・リーグ 広島4―5DeNA(2018年9月11日 マツダ)

     広島はDeNAに4―5で敗れ、3年ぶりとなる6連敗。球団史上初となる3連覇へ向けた優勝マジックは試合前の「9」から変わらなかったが、最短Vはさらに1日のびて17日となった。

     優勝決定を待ちわびる鯉党にとってはやきもきする展開が続いているが、悪いことばかりではない。広島は17日から19日まで試合が組まれていないが、最短Vはあくまで広島全勝が前提。6連敗中という現状で17日の優勝決定は現実的ではない。20日からは阪神、DeNA、ヤクルトと本拠マツダでの9連戦が控えており、その9連戦中に優勝が決定することが濃厚だ。

     一昨年は東京ドーム、昨年は甲子園と敵地でセ・リーグ優勝が決まった広島。地元での優勝決定となれば1991年以来27年ぶりだけに、球団初の3連覇はさらに盛り上がることになりそうだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180911-00000173-spnannex-base

    このページのトップヘ