広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    菊池涼介

     セントラル・リーグは10日の阪神-中日戦で、レギュラーシーズンの全日程を終了。これによってタイトルホルダーも確定した。広島・田中広輔は盗塁王に加え、最高出塁率のタイトルを初受賞。目立たないが、リーグ連覇を果たした広島にあって田中の貢献度は極めて大きい。



     数ある打撃タイトルの中で、「最高出塁率」は注目度が少ない。NPBで表彰される正規のタイトルだが、ほとんど報道されることはない。それはこのタイトルを取る選手が、首位打者や本塁打王など、他のタイトルも併せて取ることが多いからだ。

     出塁率は「打率+四死球での出塁率」だから、打率が高い打者は出塁率が高くなる。また、本塁打者は勝負を避けられることが多く四死球が増える。このために、首位打者、本塁打王が最高出塁率のタイトルを取ることが多いのだ。

     しかし田中は今季、打率は.290(11位)、本塁打は8本(29位)。それでいて出塁率は1位の.398、これは田中がいかにボールを見極めて四球を選んだかを意味している。

     今季、セ・リーグ打者の総出塁数(安打+四死球)5傑を見れば、田中のすごさが見えてくる。

    田中広輔(広)268(164安打89四球15死球)出塁率.3982
    丸佳浩(広)258(171安打83四球4死球)出塁率.3975
    筒香嘉智(De)238(143安打93四球2死球)出塁率.396
    坂本勇人(巨)228(157安打68四球3死球)出塁率.372
    山田哲人(ヤ)227(130安打91四球6死球)出塁率.364
    引用元 http://www.excite.co.jp/News/baseball/20171011/Full_count_87389.html

     セ・リーグのレギュラーシーズンが10日、全日程を終了し、広島・丸佳浩外野手(28)が最多安打、田中広輔内野手(28)は盗塁王と最高出塁率のタイトルを獲得した。この日はマツダスタジアムでの全体練習で快音を響かせた2人。鯉が誇るタイトルホルダーがCS突破へ、チームを引っ張っていく。

     真夏のような日差しが照りつける中、2人のバットが快音を奏でた。石井打撃コーチが投手役を務めた無死二塁でのケース打撃。田中がライナーで右翼フェンスに直撃させると、丸はパワフルな打球で中堅フェンスにぶち当てた。柵越えはならず、丸は「クソー!」と悔しがったが、2人とも初球を捉えた。CSファイナルSへ向けて仕上がりは順調だ。

     11日からマツダスタジアムで社会人チームとの練習試合を3試合行う。レギュラーシーズン最終戦の10月1日・DeNA戦(横浜)以来、10日ぶりとなる実戦。2人のテーマは明確だ。

     丸「普通に今まで通りやってきたことをやるだけです。試合に入るまでのルーティンがあると思う。久しぶりだからどう、とかはない。しっかり試合に入っていきたい」

     田中「久々の実戦なので、生きたボールを打ったり捕ったり、体の反応を確認したい。1試合目なので、無理はしないでいろんなことを確認したい」

     昨年のCSファイナルSでは田中が打率・833でMVPに輝いた一方、丸はまさかの打率・154。「広輔がよく打ったなあと。あまり覚えていないということは特に何もしていないのかな」。苦笑いで振り返ったが、その後の日本シリーズでは打率・333とさすがの安定感を取り戻した。短期決戦の経験も豊富で攻略法も熟知している。

     「戦い方は違わないけど、短い間に勝負が決まってしまうので先手がより大事になる。難しいことは考えず、シンプルに自分たちの野球を貫きたい」

     この日セ・リーグのレギュラーシーズン全日程が終了。丸が最多安打、田中はイチロー(当時オリックス)、山田(ヤクルト)以来となる盗塁王と最高出塁率のWタイトルを獲得した。田中は「去年1年間試合に出てタイトルに興味を持ち始めた。チームもいい方向に行くんじゃないかと。それを意識したシーズンで実を結んだ。そういう意味では良かったです」と手応えを語った。

     1番・田中が塁に出て盗塁を決め、3番・丸が安打でかえす-。鯉が誇るタイトルホルダー2人が、CS突破のキーマン。初回から速攻で主導権を奪う。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171011-00000029-dal-base

     侍ジャパン社会人代表が出場する「第28回 BFA アジア選手権」が2日、台湾で開幕した。日本は予選ラウンド初戦で香港と対戦。30-0の大差をつけて、5回コールド勝ちの白星発進をした。この試合に、今秋のドラフト候補に挙がる田中俊太内野手(日立製作所)は「1番・二塁」で先発。リードオフマンとして先制のホームを踏み、2安打4打点とチームを勢いづけた。

    「初回に先制点を取れたのは大きかったと思う。それで一気に緊張が取れて、こういうゲームに繋がったと思います。点差が開いても、しっかり集中力を持って、攻撃にしろ、守備にしろ、できたと思うので良かったです」

     先発・谷川昌希(九州三菱自動車)が3者連続三振でゲームの流れを作り、迎えた最初の攻撃だった。1番・田中はフルカウントからボールを見極め、四球で歩いた。2番・福田周平(NTT東日本)も四球を選ぶと、3番・藤岡裕大(トヨタ自動車)の一二塁間を破るヒット。日本は満塁の絶好機を迎えた。

     ここで打席に立ったのは、4番・笹川晃平(東京ガス)。カウント1-1から打球を打ち上げたが、三走・田中は香港の二塁手の下がり方が悪かったため、「ちょっとやりそうだなと思った」という。その予想通り、二塁手は落球。田中は先制のホームを駆け抜けた。その後も日本の攻撃は終わらず。無死満塁で再び回ってきた第2打席は二ゴロだったが、二塁封殺の間に7点目が入った。

     2回には無死二、三塁で打席へ。「点差が開いていたが、積極的にいこうと思っていた」と、1ボールからの2球目を捉え、左中間を割る2点適時三塁打とした。その後もヒットに四球が絡み、1死一、二塁で入った4打席目には「逆方向を狙った中で、内(角)に入ってきたボールを、しっかり我慢して払えた」と、ライトオーバーの2点適時二塁打を放った。

    「(3打席目に)逆方向に当たりが出たので良かったなと思います。調子がいい時は、自然と逆方向に打球が行くことが多い。緩いボールのピッチャーを引っ張りにいくと凡打になるので、逆方向をイメージして打ち返せるといいかなと思います。限られた練習時間でも、もっと良くなるように工夫してやっていきたいなと思っています」
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171003-00010005-fullcount-base

     広島の梵英心内野手(36)が今季限りで退団し、他球団で現役続行を目指すことが2日、分かった。9月に球団側と来季契約について話し合い、出場機会を求めて現役続行を強く希望。遊撃手として低迷期を支えた功労者だけに、球団は意向を最大限尊重し、自由契約の手続きを取る方針だ。3日にも正式に発表される。


     プロ12年目の秋に訪れた野球人生の岐路。梵は熟考に熟考を重ねた上で、今季限りでカープのユニホームを脱ぎ、他球団で現役続行の道を模索することを決めた。今月11日には37歳になる。それは千鈞(せんきん)の重みを持つ決断だった。本人が打ち明ける。

     「今季1軍に上がれなかったのは自分の責任。(球団から)そういう話があるだろうな…と思ったけど、辞める選択肢はなかった」

     9月に入って設けられた球団側との話し合い。金額にはこだわらず、出場機会を求めて他球団で現役続行を目指す意思を伝えた。この日は、大野練習場で2軍スタッフや同僚ナインに広島のユニホームを脱ぐことを報告。けじめをつけた。

     チームの低迷期を支えた功労者だけに、球団は本人の意思を最大限尊重し、野球協約の減額制限超過提示による自由契約とする方針だ。3日にも正式に発表される。

     梵は、地元の三次高から駒大、日産自動車に進み、05年の大学・社会人ドラフト3巡目で入団。攻守走の三拍子そろう遊撃手で、06年の新人王に輝いた。10年には43盗塁で盗塁王に輝き、ゴールデングラブ賞も受賞。強肩とスピード感あふれるプレーに定評があった。

     だが、11年に左膝痛を発症。翌12年には右膝手術も受けた。いきおい守備走塁面に影響が生じ、14年のシーズン中には遊撃の定位置を田中に譲る形に。25年ぶりのリーグ優勝を果たした昨季は、1軍出場がプロ入り最少の7試合。今季は1度も昇格できなかった。

     「体調面に不安はないし、やれるという自信がなければ、そういう結論(現役続行)にはならない。このまま終わりたくない」

     ウエスタン・リーグでは今季、48試合で打率・257。3個の盗塁も決めた。まだまだやれる――。地元広島に生まれ、カープで一時代を築いたベテラン。出場機会を求め、新たな挑戦が始まる。

     ◆梵 英心(そよぎ・えいしん)1980年(昭55)10月11日生まれ、広島県三次市出身の36歳。三次―駒大―日産自動車を経て05年大学・社会人ドラフト3巡目で広島入り。俊足好守の内野手として1年目の06年に打率・289で新人王。10年は全試合出場し、盗塁王とゴールデングラブ賞(遊撃手)を獲得した。1メートル73、76キロ。右投げ右打ち。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171003-00000008-spnannex-base

    石田敦子、かきふらい、さだやす圭、弘兼憲史、満田拓也ら9名のマンガ家が描き下ろした広島東洋カープ選手のイラストを、スマートフォン用アプリ「本屋さんアプリ~本屋へGO!~」上で配布する「本屋さんへ行こう!!」の第1弾が、10月2日から10月15日まで行われる。


    「本屋さんへ行こう!!」では石田が田中広輔選手、一岡竜司選手、かきふらいが安部友裕選手、さだやすが石原慶幸選手、満田が菊池涼介選手のイラストを執筆。弘兼が執筆するイラストは現時点では「?」とされており、このほか野村宗弘が中崎翔太選手、川原正敏が野村祐輔選手、市川ヒロシが西川龍馬選手、村上たかしが新井貴浩選手を描き下ろす。なお10月16日からは西島大介らが参加するキャンペーン第2弾が実施される。

    イラストは日替わりでの配信となっており、期間中に廣文館、フタバ図書の各店舗へと足を運び、「本屋さんアプリ」を立ち上げることでダウンロードが可能に。配布スケジュールは記事末のリストにて確認しよう。このほか第1弾のコラボ実施中に日替わりで配信するスタンプを10種類集めた人の中から合計で30名に、描き下ろしイラストの複製原画をプレゼントする。

    「本屋さんへ行こう!!」イラスト配布スケジュール
    10月2日(月)満田拓也×菊池涼介選手
    10月3日(火)野村宗弘×中崎翔太選手
    10月4日(水)石田敦子×田中広輔選手
    10月5日(木)川原正敏×野村祐輔選手
    10月6日(金)弘兼憲史×?
    10月7日(土)満田拓也×菊池涼介選手、野村宗弘×中崎翔太選手、石田敦子×田中広輔選手
    10月8日(日)川原正敏×野村祐輔選手、弘兼憲史×?
    10月9日(月)村上たかし×新井貴浩選手
    10月10日(火)市川ヒロシ×西川龍馬選手
    10月11日(水)さだやす圭×石原慶幸選手
    10月12日(木)石田敦子×一岡竜司選手
    10月13日(金)かきふらい×安部友裕選手
    10月14日(土)村上たかし×新井貴浩選手、市川ヒロシ×西川龍馬選手、さだやす圭×石原慶幸選手
    10月15日(日)石田敦子×一岡竜司選手、かきふらい×安部友裕選手

    石田敦子
    「本屋さんへ行こう!!」へのコメント
    本屋さんが好きです。カープが好きです。ふたつが合わさる幸せなアプリに参加できてとても嬉しい。カープの選手たちが本屋さんに足を運ぶきっかけになるとしたら素敵です。素晴らしい本に巡り会えますように。私のお勧めは向田邦子さんです。ぜひぜひ。

    田中広輔選手へのコメント
    去年に続いてフル出場?大活躍の1番。優勝の勝利ボールを2年連続つかむ運もある!

    一岡竜司選手へのコメント
    カープに来てくれてありがとう!ほんわか顔でバッターを打ち取るかっこよさ。

    市川ヒロシ


    「本屋さんへ行こう!!」へのコメント
    地元広島のカープ選手の似顔絵を描かせていただけるなんてとても光栄でした。カープも書店もこれを機会にもっともっと盛り上がってほしいと思います!

    西川龍馬選手へのコメント
    若手でイケメンの西川選手。今後のカープを引っ張っていくようなご活躍をお祈りしております!

    かきふらい
    「本屋さんへ行こう!!」へのコメント
    是非私の地元でも行ってもらいたいくらいのすばらしい企画だと思います!

    安部友裕選手へのコメント
    一打席一打席気合が入っていて目が離せません!覇気!

    川原正敏
    「本屋さんへ行こう!!」へのコメント
    カープファンとして、この企画に参加させていただき、光栄です。書店が減っていくこの時世に、少しでも力になれれば幸いです。

    野村祐輔選手へのコメント
    カープファンとして描きたい選手は何人もいますが「一人・・」を選ぶとすれば、やはり『ノムスケ!』。二枚目なので、描きやすいですし・・下手な僕でもなんとか恰好がつく綺麗なフォームなのが嬉しいですね。(全身描いてませんけど・・汗)。これからも、一層の活躍を期待し・・いえ、信じて応援していきます。



    さだやす圭
    「本屋さんへ行こう!!」へのコメント
    おもしろい。カープファンにとってはたまらん。

    石原慶幸選手へのコメント
    黒田と共に広島を変えた、守りの大黒柱。彼のリードによる強気の内角勝負には、痺れるものがある。

    西島大介(第2弾への参加)
    「本屋さんへ行こう!!」へのコメント
    祝優勝。まさに今年の企画。お声がけいただきありがとうございました!

    ブラッド・エルドレッド選手へのコメント
    実は息子の幼稚園で何度もお見かけしていました。熊のように大きくて頼れる存在!

    野村宗弘
    「本屋さんへ行こう!!」へのコメント
    本屋が大好きなんで、こういう企画に誘ってもろうて嬉しいばっかです。

    中崎翔太選手へのコメント
    2年連続胴上げ投手おめでとうございます!!普段の優しそうな顔も試合での威圧感溢れる顔も魅力的で大好きです!



    弘兼憲史
    「本屋さんへ行こう!!」へのコメント
    優勝おめでとうございます!!低迷時代も我慢して支えた甲斐がありました。これからしばらくはカープの天下が続くでしょう。泣くな、ジャイアンツ。

    ?へのコメント
    カープぼうや第二弾をつくるなら、ぜひわたくしに。

    満田拓也
    「本屋さんへ行こう!!」へのコメント
    カープと本屋さんに育ててもらった身として、このような企画に参加させていただき嬉しく思います。書店さんには厳しい時代でしょうが、がんばってください。

    菊池涼介選手へのコメント
    今年は菊池選手ご本人的にベストでないシーズンだったようですが、エリア33は常にチームを救ってましたね。

    村上たかし
    「本屋さんへ行こう!!」へのコメント
    一人でも多くの方に書店へ足を運んでもらえることを願っています。

    新井貴浩選手へのコメント
    これからも一日でも長く活躍してほしいです。
    引用元 http://natalie.mu/comic/news/250709

    【始まりの鐘が鳴る~カープ日本一への道~廣瀬純】リーグ連覇の美酒に酔いしれる裏で、今季悔しい思いをしている主力もいます。「始まりの鐘が鳴る…」で始まる僕の現役時代の応援歌を引き継いでくれ、今でも個人的に弟のようにかわいがっているキク(菊池涼介内野手=27)です。

     圧倒的な守備力でチームをけん引も、打撃面で低迷。昨季3割以上あった打率(3割1分5厘)は今季2割7分6厘止まり(19日現在)。シーズン序盤の3、4月に至っては打率2割5分台という極度の不振に陥りました。

     この不振には明確な理由がありました。今春に開催されたWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)への出場でした。

     キクは日本代表の主力として期待されていたため、年明けの自主トレから急ピッチで体づくりを敢行。同じくチームから代表に選ばれた広輔(田中)や誠也(鈴木)とは異なり、本戦ではレギュラーとしてフル参戦を余儀なくされました。

     その代償は想像以上に大きかったといいます。今年3月下旬、WBCを終えたキクと二人きりで話す機会がありました。体調について聞いたところ、普段周囲に弱音を吐かない男が珍しく真顔でこう漏らしてきました。

    「純さん、実は全然体が動かないんですよ。疲れがたまって抜けないんですよ」

     蓄積疲労が限界に達していたのだと思います。両太ももを含めた下半身には強い張りが襲い、WBC開幕前に絞り切った体重もさらに2キロ以上減っていました。戦線離脱の一歩手前。まさに瀕死の状態だったのです。

     長いシーズンを考えれば休養という選択肢もありましたが、彼は攻守の要。「休みたい」と言えば、チームへの影響は計り知れません。本人もそのことは十分わかっていました。そんな体調のまま迎えたシーズン。打撃面で精彩を欠くのも無理はなかったのです。

     幸い、シーズン序盤からキクを挟む1番・田中と3番・丸、さらには4番・誠也も好調をキープ。チームの開幕ダッシュも重なり、彼の不振が際立つことはありませんでした。今思えば、幸運のひと言に尽きます。本人に4月を振り返ってもらうと「(自分が調子が良ければ)もう5勝、上乗せできる試合もありました」と厳しい口調で話していました。

     全力でプレーできなかった序盤の悔しさをCSで晴らしたい。そんな思いが強いからでしょう。シーズン終盤からは外出を極力控え、食事も体への負担を考慮しながら節制を心がけているといいます。

     そんなキクの現在のストレス発散法は自宅での「ジブリ作品観賞」。連日、寝る前にハマっているようで、先日は「紅の豚」の名シーンを見逃してしまい、悔しがっていました。

    「有名な『飛ばない豚はただの豚だ』のセリフをどうしても聞きたかったんですけど、疲れていたせいもあって、その名ゼリフを聞く前に爆睡してしまったんです。もう一度見ないといけませんね(笑い)」(菊池)

     心身ともに余裕が感じられるようになってきました。ポストシーズンでは期待が持てそうです。

     ☆ひろせ・じゅん 1979年3月29日生まれ。大分県出身。佐伯鶴城高―法大。大学時代の2000年にシドニー五輪野球日本代表を経て、同年ドラフト逆指名で広島入団。10年に打率3割、ゴールデングラブ賞を受賞。13年にはプロ野球新記録の15打席連続出塁をマークした。16年に現役引退。17年から中国放送(RCC)の野球解説者として活躍中。通算成績は978試合で打率2割7分3厘、51本塁打、253打点。右投げ右打ち。
    引用元 https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/771280/

     ◇セ・リーグ 広島3―2巨人(2017年9月23日 マツダ)

     広島が3―2で巨人に競り勝ち、2連勝。先発・薮田が7回2失点で今季15勝目(3敗)をマークした。

     広島は初回、丸が巨人先発・畠から右越え23号ソロを放って先制。1―1で迎えた4回には無死二、三塁から松山の右前適時打で勝ち越すと、さらにバティスタの右犠飛でもう1点加えて2点をリード。最後は1点差で逃げ切った。広島の巨人戦シーズン18勝は球団史上最多となった。

     巨人は0―1で迎えた4回に小林が薮田から左越え2号ソロを放って同点。1―3で迎えた6回には無死一、三塁から重信の遊ゴロの間に1点を返して1点差に迫ったが及ばず2連敗。DeNAとのクライマックスシリーズ(CS)出場争いで厳しい立場に立たされた。巨人の先発・畠は6回を3安打に抑えたが、自らのけん制悪送球もあり3失点。セ・リーグの対戦5カードで唯一白星のない広島戦でまたも勝利ならず、今季3敗目(6勝)を喫している。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170923-00000112-spnannex-base

     ◇セ・リーグ 広島3―2阪神(2017年9月18日 甲子園)

     新井貴浩内野手(40)がインタビューに答えた。盟友だった黒田博樹氏が抜け、4番を鈴木誠也に譲った今季。秘めたる思いを激白した。(構成・江尾 卓也)

     ――大きな補強なく臨んだ今季。連覇への手応えはあったか。

     「厳しい道のりになると思っていましたね。他球団のマークがキツくなるのは見えている。ただキャンプ初日に、周りの姿勢を見て過信や緩みがないことが分かり、感じるものはありました」

     ――具体的に言うと。

     「(田中)広輔とキク(菊池)、丸の3人が中心になり、連係の時から声が出ていたんです。自分たちが引っ張る自覚を感じました」

     ――5月6日阪神戦での9点差逆転、8月のDeNA戦での3試合連続サヨナラと、手痛い敗戦もあった。それでも投打の信頼関係は崩れなかった。

     「黒田イズムだと思います。投手と野手が互いに尊重し合い、一つにまとまるという考え方が根付いている。一時的に感情的になることがあっても、引きずらない。投手が抑えても、野手が点を取らなければ負ける。投手が打たれても、野手が取り返して勝つ試合もある。持ちつ持たれつですから」

     ――昨季務めた4番を譲り、先発を外れる機会も増えた。代打や終盤の守備固めと献身的になれるのはなぜ?

     「やっぱりカープが好きだからね。復帰した時、あれだけの声援を頂いた。あの感動は忘れられない。今度は周りの人に喜んでもらいたい。試合に出たい気持ちは当然あります。ただ、出なくてもチームが勝てばいい。昨季より出場試合は減っていますが、カープの今後を考えたらいいこと。僕にとってもうれしいこと」

     ――7月7日ヤクルト戦での代打逆転3ランは印象深い。

     「昨季より若干ですけど、技術は上がっているんじゃないですかね。低下している体力面を技術面で補っている感覚はあります。ボールに対する反応が昨季より若干良くなったかな…と。飛距離の面でも、よく飛んだと思える打球もあったし」

     ――新4番・鈴木はどう映った?

     「苦しんでいましたね。経験した者にしか分からない苦しみがある。孤独だし、(勝敗を)背負わないといけないし、背負わされる。でも、苦しみながらも成績を残した。誠也自身がワンランク上がったと思います」

     ――いろいろ声を掛けたのでは。

     「我慢です。我慢するしかないんだ…と。よく伝えたのは、その言葉。いろんなことを受け止めた上で、グッとこらえる。耐える。辛抱する。僕はありがたいことに、いろんな経験をさせてもらいましたからね(笑い)」

     ――昨季は日本一に届かなかった。今年こそ…という思いは?

     「もちろんあります。短期決戦は一つのミスで流れがガラッと変わるので、凡事徹底。そうすれば、結果は付いてくると思います」
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170919-00000073-spnannex-base&pos=2

    このページのトップヘ