広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    薮田和樹

    【赤ペン!!赤坂英一】「いまの大瀬良はエースの自覚十分ですよ。投手陣のみんなを背中で引っ張り、立派に黒田の後釜を務めていると思う」

     今季、ベンチからブルペン担当になった広島・畝投手コーチが、改めて大瀬良を評価している。ハーラートップの6勝(2敗)、リーグ2位の防御率2・00という成績もさることながら、「ほかの投手や後輩の面倒も見ていますから」と言うのだ。「今年、2年ぶりに復帰した床田にも、大瀬良のほうからアドバイスしているそうですよ。試合での配球からふだんの調整法まで、あれこれ教えてやっているらしい。床田はシーズン通して投げるのは初めてで、5月以降は少し調子を落としていました。そういう中で、大瀬良のような先輩から助言をもらえるのは非常にありがたいはずです」

     振り返れば、大瀬良も最初のころは様々な先輩から手取り足取りされていたものだ。新人だった2014年、広島のエースは現在ドジャースで活躍中の前田。当時、「チームマエケン」という若手のグループをつくり、大瀬良を引き入れてプロでの調整法を教えていた。

     ただし、前田はカープ伝統の投げ込みを否定。私の取材にも、「球数をたくさん投げる練習にはいいことは一つもない」と明言していた。だからかどうか、1年目のキャンプで大瀬良が投げたのは一日最多で約50球。これに対し、今年からメインの一軍投手担当となった佐々岡コーチは、キャンプでの投げ込みを重視。「100球までは肩慣らし」がモットーで、1日に300球以上投げ込む日をつくっていた。

     投げ込み不足が響いたのか、大瀬良は2年目の15年以降、不振で中継ぎに転向し、16年は右ヒジも故障。そんな苦境にあっても、精神的支柱の黒田に助言を仰ぎ、ツーシームの使い方や新たなフォームを模索していた。

    「大瀬良もいろんな経験をしたから、昨年は先発投手のキャプテンに指名しました。これからは、おまえが投手陣の先頭に立って頑張れという期待を込めてね。その経験が少しでも役に立っていれば、ぼくもうれしい」と畝コーチ。そういう責任感もあってか、大瀬良は昨季15勝で最多勝のタイトルを獲得した。

     今年のキャンプでは佐々岡コーチの指導の下、1日約130球の投げ込みを敢行。いまの大瀬良は、かつて広島を支えたエースたちのレガシーをしっかり継承している。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190612-00000008-tospoweb-base

    6月16日のプロ野球の出場選手登録と抹消は以下の通り。

    【セ・リーグ】

    <登録>

    【写真】広島高橋大樹外野手

    広島 高橋大樹外野手

    <抹消>

    DeNA 井納翔一投手

    【パ・リーグ】

    <登録>

    ソフトバンク 加治屋蓮投手

    日本ハム 西村天裕投手

    日本ハム 杉浦稔大投手

    オリックス 田嶋大樹投手

    ロッテ ボルシンガー投手

    <抹消>

    ソフトバンク 森唯斗投手

    日本ハム 平沼翔太内野手

    オリックス 宗佑磨外野手

    ※再登録は6月26日以降


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190616-06160258-nksports-base

     19日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-DeNA戦』で解説を務めた谷繁元信氏が、リーグ4連覇を目指す広島について語った。

     同番組中にデーゲームの情報で広島が勝利し、今季最多の貯金を6としたことを伝えられると、谷繁氏は「どの時期に5割あたりにくるかなと思っていたんですけど、連勝してすぐに借金を返済して、今度は貯金6。今年はさすがにもたもたするかなと思ったんですけど、最初だけでしたね。3連覇しているチームは強いですよね」とコメント。

     谷繁氏が驚くほどの勢いで、チーム状態を上げてきた広島。その広島は2年連続MVPを獲得した丸佳浩が巨人へFA移籍し、開幕直後は苦しんだ。谷繁氏は「丸が抜けたことをみんなが意識していた。自分たちの仕事、自分たちの野球をしなければいけないという風にうまく切り替えたんじゃないですか」と分析した。

     広島は球団史上初となる開幕から5カード連続で負け越し、一時は借金8まで膨れ上がったが、7連勝で貯金を今季最多の6。気がつけば首位・巨人とゲーム差なしの2位まで浮上してきた。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190520-00189261-baseballk-base

     「阪神2-10広島」(17日、甲子園球場)

     終わってみれば、広島の大勝となったが、投手陣にもグッドニュースが。3番手で登板し、七回1イニングを無安打1四球、無失点と好投した九里亜蓮投手(27)が、直後の逆転によって今季初勝利を手にした。


     「白星がついたことは良かった」と少し、ほおを緩めた。また「それは打線が点を取ってくれた結果ですから」と、手柄は野手陣に譲った。

     無条件で喜ぶことはしない。「(2死から糸井への)フォアボールがありましたから。あそこでしっかり投げないと」と九里。

     開幕からローテーションを任されたが、3連敗を喫したところで2軍落ち、中継ぎへの配置転換を命じられた。だから、今季初勝利を喜ぶよりも、より完璧な投球内容を追いかける。

     ただ10日のDeNA戦、14日のヤクルト戦といずれも中継ぎで無失点と、好結果も積み重ねてきて、3度目の中継ぎで手にした初勝利だ。

     現在、先発を5人で回しており、一方で今月末からは、6連戦が4週続く日程が待っている。そこへ再び割り込むためにも、弾みとなる1勝目であることは間違いない。九里の、「行けと言われたところで、ベストを尽くすだけ」という九里に、先発復帰のお呼びがかかることは十分、考えられる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190517-00000165-dal-base

     3月中旬にウエスタン・リーグが開幕し、カープの若手投手陣が好スタートをきった。先発ローテには薮田、アドゥワら1軍実績がある投手が顔を並べ、競争はハイレベルだ。昨季3勝を挙げた中村祐太投手(23)も3月23日のオリックス戦で6回3安打1失点と好投。1軍返り咲きへアピールした。

     「今すごく状態が上がっている。ブルペンで意識していることが試合に出せている。続けていけば、自分のものになると思います」

     ブルペンでは投球フォームを微調整中だ。小林2軍投手コーチからアドバイスを受け、投球動作の際に左手で壁を作ることを意識。これまでは腕が横振りになり、球がシュート回転したり、引っかけたりすることがあったが、縦振りにすることで、球質アップが実感できているという。

     先発で長いイニングを投げるため、メリハリを利かせた投球術もテーマに掲げる。中村祐は「8割の力で100の球が投げられるように」と表現。1試合の中で力加減し、ピンチや上位打線と対戦した場面で、ギアチェンジする投球が理想だ。

     春季キャンプは体重を絞って臨んだが、消化不良に終わった。雨の影響で登板機会にも恵まれず、実戦では佐々岡投手コーチから球威不足を指摘された。2軍合流後は再び体重増に励み、本来の球威を取り戻しつつある。

     「万全の状態をキープして(1軍に)呼ばれたときは一発で決めたい。次に上がったら落ちないと、強い気持ちを持っていいものを出していきたいです」

     17年にプロ初勝利を含む5勝を挙げ、昨季は3勝。1軍の先発が苦しい時にまばゆい輝きを放ったが、長続きしなかった。6年目を迎えた今季は殻をぶち破り、ローテに定着することが目標だ。4月下旬からは12連戦があり、1軍昇格のチャンスは十分にある。今年こそブレークを狙う。

    (デイリースポーツ・杉原史恭)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190409-00000053-dal-base

     「教育リーグ、広島1-0阪神」(12日、由宇球場)

     教育リーグ・阪神戦に先発した広島・岡田は、5回2安打無失点と好投。2軍戦ながら結果を出した。

     開幕ローテの5番手、6番手を九里、ローレンスと争う。佐々岡投手コーチは、ローテ入りについて明言を避けながらも、「四球も1個だったと聞いた。真っすぐの強さも良かったようだね」と目尻を下げた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190312-00000172-dal-base

    広島佐々岡真司投手コーチは薮田和樹投手の強制送還を決めた。

    21日阪神戦で押し出し四球を与えるなど制球を乱した右腕を23日に、2軍のキャンプ地日南へ送る。

    2次キャンプも残り4日。すでに登板予定のない投手もいる中での降格は非情ともいえるが、佐々岡投手コーチは「彼だけでなく周りにも厳しく。みんなが競争というメッセージになれば」と投手全体にハッパを掛けた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190222-02220839-nksports-base&pos=1

     19日に沖縄市の「コザしんきんスタジアム」で行われる予定だった広島とロッテの練習試合は試合開始直前に降り出した大雨により、雨天中止となった。ロッテの藤原恭大外野手が「1番・中堅」で、広島の長野久義外野手が「3番・DH」で出場予定だったが、場内でスタメンが発表された直後から大雨が降り出し、グラウンドは水浸しに。試合開始時間を待たずに中止が決まった。


     この日は藤原と、広島のドラフト1位小園海斗内野手の初対決としても注目を集めたが、オール枚方ボーイズの出身の2人の対決は実現せず、藤原は「雨はしょうがないですね」と苦笑い。高校時代にも組まれた練習試合が中止になっていたといい、小園は「もうずっとできないんじゃないですかね」と、こちらも苦笑いだった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190219-00301860-fullcount-base&pos=3

     ◇広島・春季キャンプ(2019年2月17日)

     広島・大瀬良大地投手(27)は17日、2次キャンプ地の沖縄で初めてシート打撃に登板し、打者6人をわずか19球で無安打、1奪三振、1与四球に封じた。

     3アウト制の2イニングを想定しての登板。2イニング目が圧巻だった。会沢を1ボール1ストライクから内角への変化球で三邪飛。バティスタへの初球も内角の変化球を選択して、バットを折っての三飛に仕留めた。

     ジョンソンと並んで、今季の開幕投手最有力候補。右打者に変化球での“内角攻め”で、順調な調整ぶりを披露した。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190217-00000106-spnannex-base

    このページのトップヘ