広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    薮田和樹

    ◆広島4―1巨人(13日・マツダスタジアム)

     広島・岡田明丈投手(23)が、リーグトップの菅野(巨人)に1勝差と迫る11勝目を挙げた。

     初回、先頭の陽岱鋼に中越え三塁打を打たれ、無死三塁のピンチを背負ったが、続くマギー、坂本を連続三振。阿部を二ゴロに打ち取った。

     4―0の6回、連打に失策も絡んで1点を失ったが、6回1失点(自責0)で自身4連勝。突如崩れる悪癖も出ず、安定した投球だった。「そこが一番の課題として取り組んできた。良い結果につながったと思います」と振り返った。

     緒方監督も「岡田はテンポというか、リズムというか、走者を出してもそういうのがばらつかなかった。ナイスピッチング」とたたえた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170813-00000211-sph-base

     ◇セ・リーグ 広島4―1巨人(2017年8月13日 マツダ)

     首位・広島は投打がかみ合い、巨人に4―1で連勝を飾った。

     初回、今季初先発の今村から4安打を集中し、3点を先制。5回にも代わった中川から松山の併殺打の間に1点を追加した。

     先発の岡田は初回、先頭の陽岱鋼(ヨウ・ダイカン)に中越え3塁打を許したものの、後続を抑えて無失点で切り抜けた。結局、6回を4安打1失点で薮田に並ぶチームトップタイの11勝目(4敗)を挙げた。チームのマジック再点灯は最短で15日。

     巨人は今季初先発の今村が4回を7安打3失点で2敗目。通算200安打に王手をかけていた阿部は9回に広島の今村から右前打を放ち、大台に到達した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170813-00000136-spnannex-base

    <広島1-0巨人>◇12日◇マツダスタジアム

     巨人菅野に投げ勝った! 広島薮田和樹投手(25)が4安打完封で11勝目を挙げた。7月の球宴で菅野からもらった助言を胸に、走者を出しながらも冷静。1アウトずつを積み重ねた。しびれる1-0の勝利。今季チーム初完封で、3連敗中だったチームを救った。緒方監督も最敬礼だ。


     9回のマウンドに立つことを意味する、8回の打席。大歓声を向けられ、薮田は思った。「新井さんはこんな感じかな」。そして9回。マウンドにゆっくりと向かう途中。向けられた「薮田コール」に、思った。「黒田さんみたいだな」。1つずつ積み重ねた27個のアウト。プロ初完封は、冷静さがもたらした。

     相手は巨人菅野。1点の持つ意味を理解しながらも「余計なことは考えず、1イニングずつと思って投げた」。最速153キロの直球に、カットボール、亜細亜大伝統のフォークに近いツーシームが効いた。今春のキャンプから「これ以上(制球が)荒れたところは見せられない。とにかくゾーンに」と開き直って手にした制球力も光った。加えて脳裏には相手の菅野からの言葉が焼き付いていた。

     「どうやったら完封できますかね」。初めて出場した球宴で、薮田は岡田と並んでベンチに座った。隣の菅野に、勇気を出して聞いた。答えはシンプルだった。「例えば先頭に四球を出しても、次の3人を抑えればいい。『やってしまった』じゃなくて『もし四球になっても』という考えが大事」。金言は直接対決で生きた。4四死球など感覚の波があったなかでも、後続を冷静に打ち取れた。

     8回を投げ終えた後には畝投手コーチに「行ってもいいですか」と続投を志願。中継ぎ陣の登板が立て込み「なんとか完投したかった」と黒田さんさながらのおとこ気を見せた。「イニングの短い小学生以来ですかね」と笑う完投完封でリーグトップの12勝菅野に1勝差と迫った。今季チーム初の完封に緒方監督も「薮田の投球に尽きる。本当に素晴らしい投球。中継ぎ陣にもありがたい投球だった」と絶賛。チームの連敗を3で止めた薮田には風格も漂い始めた。【池本泰尚】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170813-01871328-nksports-base

     ◇セ・リーグ 広島1―0巨人(2017年8月12日 マツダスタジアム)

     広島の先発・薮田が巨人のエース菅野との手に汗握る投手戦を制し、自身初となる完封勝利でチーム最多の11勝目を挙げた。

     「苦しい展開になると思っていた」と菅野との投げ合いを想定していた。試合はやはり1―0の緊迫した展開に。「菅野さんよりも絶対に先にマウンドを降りない気持ちでいった」と初めて9回まで1人で投げ切ってみせた。

     被安打は3ながらも4四死球を与え「2桁安打を浴びたぐらいの感覚」とマウンドでは苦しんでいた。7回以降は3イニング連続で併殺でしのぎ「野手の皆さんに助けられました」と笑顔を見せた。

     試合終盤には観客から大声援が飛んだ。「歓声が力になりました」の言葉通りに8回以降は150キロ台を連発。勝ち頭の右腕が鬼気迫る119球で連敗中のチームを救った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170812-00000152-spnannex-base

     ◇セ・リーグ 広島1―0巨人(2017年8月12日 マツダ)

     広島の薮田が12日の巨人戦に先発登板。自身初の完封勝利で菅野との投げ合いを制して11勝目(2敗)を挙げた。広島の連敗は3でストップ。

     薮田は150キロを超える直球を中心に巨人打線を手玉に取った。9回を投げて与四死球は4ながら、被安打は3本のみで無失点の内容だった。

     打線は巨人・先発の菅野に苦しめられたが、6番・西川が2回に値千金の3号ソロ。自身5月4日の中日戦以来となる一発で両チーム唯一の得点を叩きだした。

     一方の巨人は菅野が7回1失点と好投を見せたが援護なく5敗目。今季7度目の3連勝とはならなかった。通算2000本安打まであと2本と迫っていた阿部は1安打で大記録へ王手をかけた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170812-00000150-spnannex-base

    このページのトップヘ