広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    薮田和樹

     広島が5泊7日のハワイV旅行を終えて、日本時間7日に帰国した。今年は選手やスタッフ、その家族ら228人が参加。選手らは常夏の島で、どんな休暇を過ごすのか?意外と知られていないので紹介したい。

     参加者は12月1日にチャーター機で広島空港を出国。ホノルルに到着した1日の夜は滞在先ホテルで、ウエルカムパーティーが開催された。鈴木本部長のあいさつに始まり、緒方監督が乾杯の音頭を取り、連覇をお祝い。ムードメーカー上本が飛び入りでハワイアンダンスを披露するなど大盛り上がりだった。

     2日目はオーナー杯ゴルフが開催。強風に見舞われながらも選手たちはハッスル。丸は「プロに入ってから暖かいところでゴルフするのは初体験。すごくやりやすかったです」と声を弾ませていた。

     行事は2日目まで。3日目はテレビのロケ日が設けられているが基本的に自由行動だ。4日目、5日目はそれぞれがプライベートの時間を楽しんだ。

     安部、野間は報道陣の要望に応え、サーフィンに挑戦してくれた。安部は持ち前の身体能力を発揮。見事な波乗りを見せ「楽しかった。かなり乗れましたね」と満足顔だった。

     野村、薮田、中村祐はオアフ島のシンボル・ダイヤモンドヘッドへ登頂。道中で小学生の時にバッテリーを組んでいた同級生と遭遇した野村は「びっくりです」と目を丸くし、頂上では「景色がきれいで感動しました。パワーをもらいました」と絶景を目に焼き付けていた。

     シーズン中、遠征が多い選手にとって優勝旅行は家族と過ごせる絶好の機会でもある。緒方監督は家族で人気のパンケーキ店へ。新井も子どもたちとプールやショッピングを満喫し、「楽しかった。家族サービスもできて良かったよ」と笑顔。帰国の前夜は石原、会沢、小窪らの家族と夕食を楽しんだという。

     今年はウエスタン・リーグを制したファーム関係者も参加。水本2軍監督は「ありがたいことだよ」と感謝を口にしていた。そして人気者のクレート通訳も初参加。大きな買い物袋を手に「楽しい。靴を買いました」と白い歯を輝かせた。

     選手らは日本時間の7日に帰国。緒方監督は「いい骨休みになった」と振り返り、田中は「毎年、行けるように頑張ります」と来季へ決意を新たにした。

     報道陣も仕事の合間にハワイを満喫。パンケーキをごちそうになり、ダイヤモンドヘッドも登頂。大満足の出張となった。来年は球団史上初リーグ3連覇、そして悲願の日本一を目指すシーズン。ぜひ達成してもらい、歓喜の余韻を伝えたい。

    (デイリースポーツ・杉原史恭)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171210-00000043-dal-base

     ハワイV旅行中の広島は4日(日本時間5日)、薮田和樹投手(25)がシーズン200イニング達成を来季の目標に掲げた。

     今季はシーズン途中から先発転向し、129イニングだったが「(1試合)平均1イニングは伸ばしたい。7回ぐらい投げたい。200?そこが一番の目標です」ときっぱり。「安定した投球」を求め、オフは肉体改造にも励む予定だ。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171205-00000112-dal-base

     広島・野村祐輔投手(28)、薮田和樹投手(25)、中村祐太投手(22)が5日(日本時間6日)、ハワイ優勝旅行で、ダイヤモンドヘッドに登頂した。

     頂上で絶景を見た野村は「景色がきれいで感動しました。パワーをもらいました」と笑顔。薮田も「行こうか迷っていたけど、登ってみたら達成感がありました。みんなで楽しく登れたので、いい思い出になりました」と振り返った。最年少の中村祐は2度目の登頂に「すがすがしい気持ちになりました。高所恐怖症ですが、行って良かったです」と満足感に浸っていた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171206-00000032-dal-base

     広島・薮田和樹投手(25)が30日にマツダスタジアム内で交渉に臨み、3400万円増の年俸4800万円(金額はすべて推定)で契約を更改した。

     近年の球団投手では08年の前田(現ドジャース)の213%を超える243%の大幅アップ率となり、「1年だけじゃなく長年続けている。そういう投手になりたい」と海を渡った先輩同様、先発陣の軸となることを誓った。

     5月末に先発に転向してリーグ2位の15勝。連覇に貢献し、勝率第1位の初タイトルも獲得した。そんな飛躍の3年目にも「もっと安定した投手になりたい」と満足はなく、「ハイクオリティースタート(7回以上、自責点2以内)を毎試合の目標にやっていきたい」と力強く掲げた。

     球団の期待も大きい。鈴木清明球団本部長は「1年間、最低でも170イニング投げるつもりでやって欲しい。黒田やマエケンは200投げる力があった」と要望。当初は中継ぎだったこともあり、今季は129回で規定投球回には届かなかった。イニング増を絶対条件とし、「ここ一番で勝てる投手になりたい。CSでも二つ目が勝てなかったし、それが今年一番悔しかった」と表情を引き締めた。(桜井 克也)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171201-00000077-spnannex-base

     広島の磯村が23日のファン感謝デーで結婚することをサプライズ発表した。「このたび結婚することになりました。僕が家の主として幸せな家庭を築きたい」。

     先輩捕手の石原と会沢とのトークショーの最後に、石原から「重要な発表があります」と促されて明かした。お相手は一般女性で、婚姻届の提出と挙式はいずれも今オフに予定している。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171124-00000036-spnannex-base

     広島は24日、リーグ連覇を達成したお礼と報告のため、広島市内の護国神社を参拝した。松田元オーナー(66)、緒方孝市監督(48)ら首脳陣、選手、スタッフ、球団職員計68人が参列した。今季、最高勝率のタイトルを獲得した薮田和樹投手(25)は、肩を休めすぎない自己流調整で来季の開幕ローテ入りを宣言。春季キャンプまでの約2カ月間、みっちりと準備を整える。


     気持ちはすでに来季へと向いている。今季15勝3敗で最高勝率のタイトルに輝いた薮田。飛躍の1年を送ったが、休んでいる暇はない。つかんだ感覚を忘れないために、肩を休ませないで調整を進めていく考えだ。

     「去年、休ませずにやって今年よかった。(オフの間は)2日以上は肩を休めないようにしたい。キャッチボールやブルペンにちょうどいい高さの壁があるので、壁当てなどをしながら準備していく」

     元々、右肩を痛めていたこともあって、プロ入り前や1年目のオフはボールをほとんど投げられず、主にウエートトレーニングや走り込みで体作りに励んだ。だが、万全な状態となった昨オフから変更し、ネットスローや遠投などで可動域を保ちながら調整。その成果で今年は開幕から11月のアジアプロ野球チャンピオンシップまで、一度も離脱することなく戦い抜いた。

     今オフもその調整法は継続する。「この2カ月間が大事。一日を無駄にしないようにしたい。春のキャンプにしっかり入っていけるように準備していく」。春季キャンプ初日、2月1日のブルペン入りに照準を合わせ、1月中には傾斜を使った投球を開始する考えだ。

     来季へ向けて覚悟と自覚は十分だ。23日のファン感謝デーイベントでは3万2000人の鯉党を前に決意表明。「もう一度、1年間1軍で走り抜けたい」と力強く宣言した。畝投手コーチも「1年だけでなく、2、3年続けて結果を出してほしい」とチームの勝ち頭として期待する。

     この日は、37年ぶりにリーグ連覇を達成したお礼と報告のため、松田オーナーや緒方監督らと護国神社を参拝した。「野手の方に助けられて、今年の成績があると思う」と今シーズンを振り返り、支えてくれた仲間に感謝した薮田。「リーグ3連覇できるのはカープだけなので、3連覇に貢献できるように頑張りたい」。柱となる投手へと成長し、チームの目標を達成してみせる。 

    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/11/25/0010761547.shtml

    <アジアプロ野球チャンピオンシップ2017:日本-韓国>◇予選リーグ◇16日◇東京ドーム

     開幕投手を託された広島・薮田和樹投手(25)は、4回途中3失点と逆転を許して降板した。3回までは毎回の3四球も要所を締めて無安打で無失点。打線が1点を先制した直後の4回に乱れた。

     先頭の4番金ハソンに初球を左翼席に運ばれる同点ソロ。続く崔元準に中前打を許し、さらにバスターエンドランが中前打となって無死一、三塁。ここで7番の河周錫に勝ち越しの左犠飛を許し、交代を告げられた。

     今季は広島で15勝と飛躍。初の国際大会は悔しいマウンドとなり「緊張はしなかったし、調子も悪くなかった。イニングの入りが良くなかった。それがすべて」と振り返った。

     2番手の近藤大が満塁から2点適時打を許し、韓国にこの回だけで4点を許した。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171116-00054659-nksports-base

     広島の福井優也投手(29)が11日、東京都出身の一般女性(31)と結婚した。4年前に知り合い、距離を置いた時期もあったが、5月に再会したことで交際が再スタート。自身の背番号「11」にちなんだこの日に婚姻届を提出した。

     「明るい女性。優柔不断なボクと違い、ハッキリものを言うし、しっかりしている」と福井。現在は都内の会社に勤務しており、同居生活を始めるのは来春になるという。式は12月に都内で挙げる予定。松田元オーナーには既に報告済みだ。

     7年目の今季は先発5試合で1勝3敗、防御率7・16。殻を破り切れていないが、現在は2軍の由宇キャンプに参加し、修正フォームで制球改善に懸命だ。「強い球をいかに確率よく投げるか、いいイメージがある。(結婚を機に)新しい自分をつくりたい」と誓った。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171112-00000010-spnannex-base

    このページのトップヘ