広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    薮田和樹

     広島・薮田和樹投手(25)が14日、マツダスタジアムで行われた投手練習に参加。ポストシーズンでは中継ぎ経験を生かし、フル回転する覚悟を示した。CSファイナルSでは18日初戦に先発予定だが、その後はブルペン待機も辞さない構え。「どこでも勝ちに貢献できればうれしい」と言葉に力を込めた。


     CSファーストSはテレビ観戦して研究を重ねる考えだ。「どこが打てていないか、配球は(投手によって球種など違うため)自分にできないこともある。スイング、立ち位置を見ます」。今季は阪神、DeNA戦の先発登板が少ないため、打ち取るイメージを膨らませていく。

     11日の練習試合では6回4安打1失点と好投。1年間シーズンを駆け抜けた疲労も抜け「今はシーズンが続いているイメージ。うまく調整できている」と納得顔で話していた。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171015-00000036-dal-base

     「練習試合、広島15-2JR西日本」(11日、マツダスタジアム)

     広島の薮田和樹投手が先発し、6回4安打1失点だった。

     「序盤は手探りだった」と振り返った二回に死球が絡んで1失点。三回も失点にはつながらなかったものの、9番打者に四球を与えた。それでも修正を図りながら試合をつくった。「中盤以降はストライクが投げられるようになったし、変化球の精度も悪くなかった」。91球を投げ、CS前最後の調整登板を終えた。

     中継ぎとして開幕を迎え、先発に配置転換されたシーズンは15勝3敗。勝率・833で、自身初タイトルとなる最高勝率を獲得した。

     中6日で18日のCSファイナル初戦に先発する見込みだ。昨季、成し遂げられなかった日本一を目指す戦いの初陣を託される。「シーズンと同じように入っていきたい」と前を見据えた。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171011-00000100-dal-base

     広島の薮田和樹投手(25)が9日、CS前最後の登板で万全をアピールすることを誓った。11日のJR西日本との練習試合(マツダスタジアム)に先発予定。18日から臨むCSファイナルSを前に「内容、結果とも求めていきたい」と力を込めた。


     レギュラーシーズン最終登板となった9月23日・巨人戦から2週間以上が経過。コンディションは整い、この日は登板2日前のブルペンで40球弱を投げた。「打者が立ってみないと分からないけど、感覚は悪くなかった」。フォームのバランスなどを微調整しており、状態は上向きだ。

     練習試合でのテーマは、意図通りの投球ができるかどうかだ。シーズン終盤は疲れもあり、腕が振れなかった。制球に苦しみ、四球も与えた。「例えば、狙ってファウルが取れたりしたら良い」。アウトを奪うための道筋を明確にして、1球も無駄にせず、投げ込んでいく。

     11日の登板から中6日を空けると、ファイナルS初戦の18日になる。日本一を目指すポストシーズンの“開幕投手”を託される可能性は十分にある。今季は中継ぎから先発に配置転換され、15勝3敗。勝率・833で勝率第1位のタイトルを確実にしている。「任された場所で投げるだけです」。快投で首脳陣を安心させ、大一番へ弾みを付ける。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171010-00000041-dal-base

     広島薮田和樹投手(25)と西川龍馬内野手(22)が主に24歳以下、入団3年目以内で構成する「アジアプロ野球チャンピオンシップ」(11月16~19日、東京ドーム)の日本代表候補に入っていることが8日、分かった。

     薮田は今季15勝3敗、勝率8割3分3厘で、自身初タイトルとなる最高勝率を手にした。西川は今季95試合で打率2割7分5厘、5本塁打。勝負強さと天才的なバットコントロールが売りだ。入団時はともに無名で、広島式育成法で成り上がった2人が国際舞台を経験する。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171009-00023453-nksports-base

     広島のドラフト1位・加藤拓也投手(22)が2日、1歳年上の一般女性(広島県在住)と来年1月にも結婚することを明かした。約2年前に知人の紹介で知り合い「大学4年になったころ」から交際をスタート。プロ入り後は広島に呼び、愛をはぐくんだ。

     この日、松田元(はじめ)オーナーに報告。「婚姻届の提出は来年1月を予定している。結婚したから頑張るとかではないけど、自分が頑張ることが相手のためにもなる」と身を引き締めた。

     今季は4月7日のヤクルト戦で9回1死までノーヒット投球を演じ初勝利を挙げたが、以後は制球難に苦しみ7試合で1勝3敗、防御率4・30。生涯の伴侶を得て、来季は飛躍の年にする。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171003-00000010-spnannex-base

     広島・薮田和樹投手(25)が2日、マツダスタジアムを訪れ、練習で汗を流した。

     プロ3年目の今季は15勝3敗、防御率2・58をマーク。勝率・833で最高勝率のタイトルに輝き「すごくうれしいです。負けを消してもらった試合もたくさんあるので、野手の方のおかげです」と感謝の言葉で喜びに浸った。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171002-00000089-dal-base

    このページのトップヘ