広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    薮田和樹

     「広島7-6巨人」(26日、マツダスタジアム)

     広島は、今季8度目の逆転勝利で、2年連続で3・4月の勝ち越しを決めた。


     今季、初先発した福井は初回、中井に先制ソロを浴びるなど二回までに3点を失うが、粘りの投球で6回6安打3失点にまとめた。右腕にとってはこの日が開幕。独特の緊張感から本来の投球ではなかった。2失点した二回は、大竹への四球からピンチを広げた。緒方監督は「ホームランのあと。落ち着いて投げてほしかったけど、ピッチャーに四球を出してから失点。反省多き試合。また頑張ってもらいましょう」と話した。

     野手陣については、鈴木や菊池などが堅守をみせ、バットでも9安打を集め7点を奪った。特に硬い守備について「しっかりと守っていた」と評価した。

     リーグ制覇した昨季も3・4月を勝ち越して勢いに乗った。だが、指揮官は「考えていない」と即答すると「うちの野球ができるかどうか」と前を見据えた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170427-00000087-spnannex-base

    <広島7-6巨人>◇26日◇マツダスタジアム

     広島が競り勝ったこの日の試合について、日刊スポーツ評論家の広瀬叔功氏は勝負のポイントに6回の代打攻勢を挙げた。

     「6回の代打攻勢が見事だった。監督、打撃コーチ、スコアラーの連係プレーが光ったと言える。巨人大竹寛の球数、巨人の継投の傾向がベンチ内に共通認識としてあったのだろう。先頭の鈴木が四球で出塁。5番から7番まで左打者が続くところで、山口鉄ではなく、左腕池田が来ることも予想出来ていたのだろう。迷いなく代打エルドレッドを告げた。まだ6回だったが、代打の順番も含めた的確な指示が出ていたのは一目瞭然だ。

     無死一、二塁で安部には犠打。西川には新井を告げた。代打攻勢で巨人の若手左腕を攻略。左腕から右腕へスイッチ出来ないことも、吉年スコアラーらの分析で、確信じみたものがあったのだろう。一気にたたみ掛ける起用で、球場の押せ押せムードも生み出した。会沢の一打を生み出したのはベンチの力も大きかったのではないか」。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170426-01813872-nksports-base

     広島は18日、マツダスタジアムで行われたDeNA戦に4-3で勝利した。15安打を放ちながら、最後までリードを許した末の逆転サヨナラ勝ちに、緒方監督は「大きい試合」と安堵した様子だった。


     8回まで相手を上回る11安打も得点は2点のみ。それでも1点ビハインドで迎えた9回に抑えのパットンから4安打を集中してサヨナラ勝ちとなった。

     緒方監督は「會澤が最後にみんなを救ってくれた」と途中出場で殊勲打を放った捕手を褒めた。毎回のように得点圏に走者を進めながら、4番の新井から6番のエルドレッドにあと一本が出なかった。特に5番の鈴木は4打席目まで3三振と完全にブレーキになっていたが、9回に安打を放ってサヨナラにつなげた。


    鈴木の打撃には「大きな収穫」、薮田も称賛「彼のポジションはどんどん上がっている」
    「今日は攻撃の反省がたくさんあった」という指揮官は、「(鈴木)誠也が最後の打席で大きな仕事をしてくれた。レギュラーとしてその試合を任された選手として、それまでの結果に沈むことなくやってくれたことは大きな収穫」と、若き主砲をねぎらった。

     先発の野村が6回3失点で降板した後は、薮田と中田が3イニングを無失点に抑えて逆転勝利につなげた。緒方監督は「薮田は昨年、(今村)猛がやっていたポジションで、結果を出し続けている。彼のポジションはどんどん上がっているよ」とビハインドでの投球を評価し、「(中田)廉もしっかり抑えてくれた。負けていても、最小失点で抑えてくれているので、逆転勝利につながっている頼もしい中継ぎ陣です」と満足そうだった。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170418-00010035-fullcount-base

     昨年の王者・広島が今年も好調だ。開幕15試合を11勝3敗1分で乗り切り、貯金は早くも8つ。安定した強さで今年も首位を走っている。

     広島の下馬評はと言うと、「昨年は出来すぎ」という声も少なくなく、また投手陣の精神的支柱を担った黒田博樹がユニフォームを脱いだことで、“黒田ロス”に陥るのでは...という心配も指摘されていた。

     ところがフタを開けてみると、ここまでのチーム防御率は3.04でリーグトップ。黒田が抜けた先発陣はここまでリーグトップのイニング数98回1/3を記録し、それでいて防御率はリーグ2番目の3.39と安定したパフォーマンスを披露している。

     先発陣の勝利の内訳を見てみると、九里亜蓮と岡田明丈が2勝で引っ張り、野村祐輔とルーキーの加藤拓也、床田寛樹が1勝ずつの計7勝。そんな彼らにはある“共通点”がある。全員が大卒でプロの世界へと入ってきた投手たちということだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170417-00112817-baseballk-base

     桜前線が北上しているなか、今回は4月11日から16日までのプロ野球を振り返る。セ・リーグではリーグ連覇を狙う広島が敵地で巨人相手に3連勝し、1分けを挟んだ連勝を「10」にまで伸ばした。だが、その勢いを阪神が止めた。甲子園での広島3連戦を2勝1敗で勝ち越すと、5連敗を喫した巨人と入れ替わって2位に浮上。その他、下位チームは星をつぶし合い、早くも上位と下位の差が開こうとしている。

     パ・リーグでは東北楽天が好調を維持し、先週も3勝1敗と貯金を増やし球団史上初となる10勝一番乗りを達成。首位を快走している。2位に付けたのはオリックス。金子千尋が14日の福岡ソフトバンク戦で現役最多に並ぶ21度目の完封勝利を挙げるなど、3勝2敗と白星を先行させた。一方、ソフトバンクが4連敗を喫し、3勝1敗だった埼玉西武と入れ替わって4位に転落。千葉ロッテ、北海道日本ハムも苦しい戦いが続き、開幕から半月が過ぎた段階でAクラスとBクラスが昨季と逆になった。

     さて、4月11日~4月16日でもっともファンの支持を集めた選手は誰なのか? スポーツナビが運営するアプリ「スポナビ プロ野球速報」で実施している「みんなのMVP」。ユーザーが設定したお気に入りチームから勝敗に関係なく、各試合でもっとも活躍した選手に投票し、その試合のMVPを決める。両リーグ合わせての得票率週間トップ10は下記の通りとなった。

    1位:4月16日 九里 亜蓮(広) 83.4%
    2位:4月15日 岡田 明丈(広) 82.5%
    3位:4月15日 野上 亮磨(西) 80.7%
    4位:4月16日 吉見 一起(中) 79.3%
    5位:4月13日 細谷 圭(ロ) 77.4%
    6位:4月13日 又吉 克樹(中) 77.2%
    7位:4月14日 メヒア(西) 76.1%
    8位:4月11日 千賀 滉大(ソ) 74.4%
    9位:4月15日 涌井 秀章(ロ) 73.9%
    10位:4月13日 柳田 悠岐(ソ) 73.3%
    10位:4月14日 二木 康太(ロ) 73.3% 

     得票率トップだったのは、セ・リーグの首位を走る広島の4年目右腕・九里亜蓮。昨季は便利屋的な役回りだったが、今季は開幕からローテ入りして2連勝を飾ると、4月16日の阪神戦でも7回2/3を4安打2失点、計138球の熱投で10個の三振を奪って見せた。この試合は味方打線が初回に1点を奪ったのみで敗戦投手となったが、マウンド上で力投を続けた姿は賞賛に値するものだった

     2位には、その前日の試合で9回4安打1失点でプロ初完投勝利を飾った広島の2年目右腕・岡田明丈がつけた。最速151キロのストレートで最後まで阪神打線を寄せ付けず、無四球での9奪三振の内容も光った。引退した黒田博樹の穴が心配された広島だったが、7日の東京ヤクルト戦で9回1死までノーヒットノーランを続けた加藤拓也も含めて、もうその穴は埋まったのかも知れない。

     その他では、3安打1失点で完投しながら負け投手となった西武・野上亮磨、7回5安打1失点の好投も味方の援護に恵まれなかった中日・吉見一起、さらにプロ初先発で8回6安打2失点だった中日・又吉克樹と、力投実らず負け投手となった投手陣が上位にランクイン。次回登板では味方打線からの援護を期待したい。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170417-00000100-spnavi-base

    <阪神2-1広島>◇16日◇甲子園

     広島が敗れて今季初のカード負け越し。貯金は8となった。115球を投じてなお、先発九里を8回のマウンドに送り出したが、原口に決勝の適時打を浴びた。試合後の広島緒方孝市監督(48)の談話は以下の通り。

     -九里が力投

     緒方監督 九里頑張ったね。よく投げた。

     -8回は継投も選択肢にあった

     緒方監督 まあ、試合の結果について、特にベンチワークについては監督であるオレの責任だから。九里は頑張ってくれた。野手も盛り上げたし。本当にしんどいなか、最後まで1人1人がプレーしてくれた。

     -抑えて、勝ちがつけば自信になる

     緒方監督 四球だけじゃん、ちょっと不安定なところを見せたのは。2回、3回の。あとは打者に向かってしっかり投げ込めていたし、まともにとらえられる打球もなかった。7回、8回も1球1球だった。悔しい思いもしただろうし、経験にして次に生かしてほしい。九里が責任を感じることはなにもない。

     -若い投手の育成の方針もあったか

     緒方監督 抑えられると思ったから、送り出した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170416-01808836-nksports-base

    このページのトップヘ