広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    藤井皓哉

     リーグ3連覇を狙う広島に、楽しみなパワーピッチャーが出現した。秋季キャンプでアピールに成功した辻空投手だ。直球のキレや球質を重視する投手が多いプロ野球界にあって、辻は「みんなスピードではないと言いますが、僕はスピードがないとダメ。もっと速い球を投げたい」と自分のスタイルを口にする。

     秋季キャンプでは、最速154キロの剛球でアピール。11月19日のシート打撃では1回を無安打1四球無失点と好投し、「(状態が)良くない中で抑えることが課題だったので良かった」と手応えを口にした。一方、最速149キロにとどまった直球には不満げで、「もっと速い球を投げてアピールしたかった。最低150キロを投げて目立ちたかった」と悔しさをにじませた。

     23歳にして、危機感たっぷりだ。岐阜城北高から12年度育成ドラフト1位で入団。14年に四国アイランドリーグplusへ派遣され経験を積むと、15年11月には念願の支配下登録を勝ち取った。16年は1軍登板なし。オフには非常な通告さえ、頭をよぎったという。

     「昨年、支配下にしてもらったのに、2年結果が出なかった。今年が最後だと思った」

     今季をラストチャンスと位置づけ、覚悟を持って臨んだ。ウエートトレーニングで筋力アップに励み、今年だけで体重10キロ増。入団時から28キロ増え、現在は95キロある。どっしりした下半身に支えられ、球速はアップ、制球も安定した。プロ5年目の今季はウエスタン・リーグで17試合に登板し、1勝0敗3セーブ、防御率2・39。1軍昇格候補に名前が挙がったこともある。スライダー、スプリット、カーブ。変化球の精度にも自信を深め、「(1軍が)身近になってきた。に呼ばれても抑えられる自信がついてきた」と手応えを口にする。

     秋季キャンプでは高ヘッドコーチから「いい直球を投げていた」と、“投手MVP”に挙げられた。辻は「アピールしたいところはできた。オフが大事」と力を込める。来春の1軍キャンプ参加は決定的。オフもスケールアップを果たし、キャンプ初日から全力投球できる準備を整える。(デイリースポーツ・杉原史恭)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171213-00000065-dal-base

     「広島秋季キャンプ」(20日、日南)

     広島・藤井皓哉投手(21)が20日、天福球場のブルペンで今キャンプ最多となる154球の熱投を見せた。すべて直球を投げこみ、納得できなければ「クソー!」と声を荒らげる場面もあった。

     「最初の方はモヤモヤしていたけど、最後の方は質が良くなった。下半身を使って投げられたと思います」

     前日19日は2度目のシート打撃に登板し、1回1安打無失点。だが、リリースポイントが乱れ、畝投手コーチから「一定したボールが投げられていなかった」と指摘を受けた。

     一夜明け「納得できるまで投げよう」と自分の世界に入り込んだ。今季はプロ初登板を含む2試合に登板。4年目を迎える来季は中継ぎの一角を狙う。「1軍で経験したことを生かしたい」とブレークを誓った。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171121-00000041-dal-base

     「DeNA13-7広島」(1日、横浜スタジアム)

     広島の3年目右腕・藤井が2試合連続の好投を見せた。

     4点ビハインドの六回1死満塁のピンチで登板。まず代打・乙坂を三ゴロに打ち取ると、続く倉本も落ち着いて三直に封じた。

     前日にプロ初登板しており「雰囲気はつかめたところがありました。1球1球集中して、高さ、コースを意識して投げました」と振り返った。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171001-00000153-dal-base

    <DeNA13-7広島>◇1日◇横浜

     広島が今シーズンの全日程を終えた。最終戦は先発岡田が乱調。打ち合いとなった末に敗れた。だが勝率6割3分3厘は球団史上最高となった。2日から2日間の休養を挟み、クライマックスシリーズへ向けた調整を再開する。試合後の広島緒方孝市監督(48)の談話は以下の通り。




     -岡田が乱調

     緒方監督 残念です。あの結果と内容ではね。ミニキャンプとかいろんなことをやらせたけどね。残念な結果に終わってしまった。

     -中村祐も中継ぎで登板させた

     緒方監督 岡田がこんな状態だったら、他の選手にチャンスがいくだろうし。ただ、だからと言って、何人もいるわけじゃない。祐太の場合は今回初めて中(中継ぎ)からのスタートで。入りとかはまあ良かったので。そこらへんはクライマックスは、先発を含めたメンバーには入ってくる内容だと思うけどね。

     -投手陣は現状を優先か

     緒方監督 もちろん。今季のシーズン当初からの実績というのはある程度考えなくちゃいけないけど。現状でね、いいものを出してくれる選手を優先して、こっちも選んでいきたいと思う。

     -今後の調整は

     緒方監督 終わったばかりだから2日間、コンディションを整える休養をとってもらって。練習を再開して、練習試合も3つほどある。その前後にも実戦をやっていこうと思う。時間がありそうで、そんなに余裕はない。1日1日の練習で、確認事項を大切にしながら、CSに向かっていきたい。
    引用元 https://www.nikkansports.com/baseball/news/201710010000641.html

     ◇セ・リーグ 広島5―1DeNA(2017年9月30日 横浜)

     広島の新井が1―1と同点の10回1死一、二塁で代打で登場。2点適時二塁打を放ち、一振りでチームを勝利に導いた。

     広島は2回にメヒアの適時打で先制したが、5回にジョンソンが宮崎に14号ソロを許し同点に。その後は両軍の投手が好投し息詰まる投手戦となったが、1―1のまま迎えた10回に代打・新井が田中から左中間突破の2点適時打を放って均衡を破った。高卒新人・坂倉もプロ初安打となる2点適時打で続いて、この回4得点を挙げた。

     先発のジョンソンが5回1失点で降板。6回以降は九里、藤井、戸田、今村、中崎とつないだ。5番手の今村が3勝目。3番手で登板した高卒3年目の藤井は同点の7回に1軍デビューを果たし、1イニングをきっちり3者凡退に抑えた。

     広島は最終戦を残して88勝目。昨季に並ぶ球団最多タイシーズン89勝を懸けて、10月1日に再びDeNAと対戦する。

     一方のDeNAは連勝ならず。阪神が勝利し2位を確定させたため、3位以下が確定。3位を争う巨人が敗れたため、残り3試合であと2勝すれば、たとえ巨人が残り2試合を連勝したとしても勝率で上回る。
    引用元 http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/09/30/kiji/20170930s00001173311000c.html

     「フレッシュ球宴、ウエスタン選抜1-6イースタン選抜」(14日、マスカットスタジアム)

     塹江敦哉投手(広島)がウエスタン選抜の8番手として登板。全18球中17球が直球の真っ向勝負を挑み、1イニングを三者凡退に抑えた。

     1-6で迎えた八回に登場。先頭・柿沢(楽天)を151キロで二ゴロ、広岡(ヤクルト)も150キロで一ゴロに仕留めると、最後は山崎(ヤクルト)に全球直球勝負。10球粘られたが、二ゴロにねじ伏せた。

     「自分の売りをアピールしたかった」と振り返った直球勝負。自己最速タイ153キロをマークするなど、150キロ台を連発した。


    引用元 http://www.daily.co.jp/baseball/carp/2016/07/14/0009285889.shtml

    このページのトップヘ