広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    衣笠祥雄

     広島・丸佳浩外野手(28)が3日(日本時間4日)、13年5月20日のロッテ戦から継続中の連続試合出場に強いこだわりを示した。来季も全試合に出場すれば5年連続となり、球団史上4人目。今季は休日も体を動かし、初のMVPを獲得。来季も丸流ルーティンを継続し、リーグ3連覇を目指す。



     丸にとって、優勝旅行がつかの間の休息だ。家族との時間を楽しみ、この日はテレビ収録に参加。前日は仲間とゴルフを満喫し「楽しいです。プロに入ってから暖かいところでゴルフをするのは初体験。すごくやりやすかった」と振り返る。シーズン中に休まない男が「練習は無理ですよ。切羽詰まっているわけではない。帰ってからやろうと思う」と笑顔で言った。

     プロ10年目の今季、球界の顔へ成長を遂げた。4年連続で全試合に出場し、打率・308、23本塁打、92打点。最多安打、ベストナイン、ゴールデングラブ賞を獲得し、MVPにも輝いた。

     「なかなか取れるものじゃない」と重みをかみしめつつ「それは今年の話。来年はダメになっている可能性もある」と慢心は一切ない。「まだアピールする立場。結果を出さないといけない」とまで言い切った。

     13年5月20日のロッテ戦から、連続試合出場を継続中。来季も全試合出場で5年連続となれば、広島では衣笠祥雄、山本浩二、山崎隆造に続いて球団史上4人目。プロ11年目も毎日グラウンドに立つことが第一目標だ。

     「試合に出続けることは、僕にとって数少ない野球に対するこだわり。そこはモチベーション」

     来年4月に29歳となるが、ルーティンは継続する。「同じ動きでやることがある程度、生活のリズムになっている」。シーズン中はナイターなら試合開始の8時間前に球場入りし、試合がない休日もマツダスタジアムで汗を流す。「体を休めるという感覚は僕にはない。動けるうちは動こうというスタンス」と自らの考え方を示した。

     来季にはカウントダウンも始まる。通算1000安打まで残り53本。「モチベーションになる。早くクリアできればチームに貢献できる。狙うわけではないが、早いうちに達成できれば」と早期達成への意欲を隠さない。節目の数字も通過点。鯉の鉄人は休まず、さらなる高みを目指す。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171205-00000012-dal-base

     37年ぶりにセ・リーグ連覇を果たした今季の広島。ドラフトでは、地元・広陵高の中村奨成を1位指名し、将来の正捕手候補には背番号「22」が与えられた。

     同じタイミングで、既存選手の背番号変更も発表。今シーズン正三塁手の座をつかみ、リーグ4位の打率.310をマークした安部友裕は、10年間背負った「60」を新入団の永井敦士に託し、来シーズンから新たに「6」を背負うことが決まった。

     若手がしっかりと育ち、再び黄金時代を迎えつつある広島。2014年には、三村敏之、長内孝、緒方孝市らが背負ってきた「9」を、不動の中堅手へと成長した丸佳浩が継承。2016年には、宮川孝雄、高橋慶彦、東出輝裕らが長年着用してきた「2」を、正遊撃手となった田中広輔が引き継いだ。

     安部が新たに背負う「6」も、小早川毅彦、浅井樹、梵英心と、その時代を象徴する名手たちが受け継いできた。「7」を継承した堂林翔太は伸び悩んでいるが、こちらも山本一義、野村謙二郎ら、かつてのスター選手が背負ってきた番号。プリンスには来季こそ、殻を破る活躍に期待したい。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171203-00139254-baseballk-base

     「愛媛国体・高校野球硬式・準々決勝、広陵10-1天理」(8日、坊ちゃんスタジアム)


     今秋ドラフト1位候補の広陵(広島)・中村奨成捕手(3年)が、準々決勝・天理(奈良)戦で2安打1打点1盗塁を記録し、守備でも二盗を阻止して七回コールド勝ちに貢献した。U-18W杯では不振だったが、プロ志望届提出後、初めての対外試合で復調をアピール。1位候補にリストアップしている広島など4球団の前で、あらためて能力を示した。

     打席に入るたびに歓声が沸く。プレーするたびに拍手が巻き起こる。中村が愛媛でも高校野球ファンの視線をくぎ付けにした。

     大会新記録の6本塁打を放った今夏の甲子園のように、グラウンドで躍動。「楽しみながら試合をすることができた。こんなに人が入るんだと思ってびっくりした。応援はありがたかった」と穏やかな笑顔を見せた。

     9月29日にプロ志望届を提出後、初めての対外試合。広島、オリックスなど4球団のスカウトの前で、走攻守で見せ場を作った。

     二回2死二塁は、天理の右腕・碓井の内角シュートを左翼線へ運ぶ適時二塁打。1打席目に一邪飛に打ち取られた球を、次打席で捉える修正能力を見せた。六回1死は左前打を放ち、二盗にも成功。守備では二回2死一塁の場面で強肩を披露し、ストライク送球で二盗を阻止した。

     9月のU-18W杯(カナダ・サンダーベイ)は、8試合で25打数3安打、打率・120、0本塁打、0打点。守備でも精彩を欠き、本来の力を出せないまま終戦した。

     カナダから帰国後は常に木製バットを使って、スイングを見直した。「金属は当てれば飛ぶけど、木製は下半身で回らないと打てない」。今夏の甲子園をイメージしながら打撃フォームを修正。少しずつ好調時の打撃を取り戻してきた。

     U-18W杯では結果が出なかったが、プロの評価は変わらない。1位候補にリストアップしている広島・白武スカウト部長は「W杯は関係ないでしょう。今日も長打を打てるスイングをしていたし、足と肩はいいわけだから」と話した。

     ドラフト会議は10月26日。早実・清宮らとともに今年の目玉となる逸材は、「早く決まってほしい気持ちもあるし、選ばれるのかな、という不安やドキドキもある」。運命の日まであと20日を切り、気持ちは高ぶってきた。

     高校での試合は多くても、あと2試合となった。9日に行われる準決勝の相手は東海大菅生。「あと2つ勝って国体で優勝したい」。有終の美を飾り、運命の日を待つ。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171009-00000029-dal-base

     広島が2年連続8度目のリーグ優勝を決めた。目に涙を浮かべながら11度宙を舞った緒方孝市監督(48)はインタビューで「昨年は25年ぶりにリーグ優勝して広島のファンの方に喜んでもらえた。あの素晴らしい時間をもう一度と選手たちが頑張ってくれた。よくやったな、おまえたち!」とベンチに向かって絶叫した。

     圧倒的な攻撃力が際立った。

     チーム打率.274、147本塁打、706得点、108盗塁はダントツのリーグ1位。中日、横浜などで活躍した評論家の門倉健氏がこう指摘する。

    「1番・田中(28)、2番・菊池(27)、3番・丸(28)に、先月末に故障離脱するまで打点王としてチームを引っ張った4番・鈴木(23)、3割をマークしている安部(28)といった主力野手がみんな若い。試合終盤の逆転勝ちが多いチームですが、攻撃陣を奮起させた中継ぎ投手陣の踏ん張りも見逃せません。今村、一岡、ジャクソン、中田、抑えの中崎が50試合以上に登板して強さを見せた。世代交代がうまくいっていない巨人をはじめとした他球団との差は大きい」

     中日の森監督は「何を取ってもうちより上。なかなか、よそが対等に戦うのは難しい」と白旗である。

     就任3年目の緒方監督の成績はリーグ4位、1位、1位。昨季は絶対的エースの前田健がメジャー移籍し、今季は精神的支柱の黒田が引退した後のシーズン。いずれも苦戦が予想される中での連覇だけに価値がある。緒方監督の契約は1年ごとに更新されているが、就任時に松田オーナーは「うちはだいたい5年で考えている」と語っているだけに、あと2年は安泰。「それ以上の長期政権の可能性が出てきました」と広島のさる球団関係者がこう言う。

    「野村謙二郎前監督をはじめ、球団方針としてこれまでのほとんどが5年を一区切りに交代している。ミスター赤ヘルの山本浩二監督も5年ずつで2期。それ以上となると1975年から11年間の古葉監督だけ。この間、4度リーグ制覇するなど黄金時代をつくったからです」

     広島は次期監督候補がズラリと順番待ちをしている球団である。複数の関係者によれば、佐々岡現二軍投手コーチ(50)、OBの前田智(46)、黒田(42)、現役の新井(40)を含めて4人が控える。緒方監督が長期政権を握り、その後の2人を「ひとり5年」の法則に当てはめると、ファンの多くが待望する男気・黒田監督の誕生は、15年から20年も先ということになる。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170920-00000012-nkgendai-base

     広島ドラフト4位ルーキーの坂倉将吾捕手(19)が20日、1軍の全体練習に参加した。

     21日に出場選手登録される見込みだ。

     広島の高卒1年目捕手の出場となれば6人目。安打を放てば65年衣笠祥雄以来となる。フリー打撃では広角に打ち分け、コーチ陣も絶賛。クライマックスシリーズ(CS)、日本シリーズへ再始動したチームに楽しみな存在が加わる。

     左打席から広角にボールを打ち分けた。曇天のマツダスタジアムに快音が響く。ルーキー坂倉が、初めて合流した1軍練習で迎打撃コーチの球を打ち返した。「勝手に緊張しました。コースなりの打撃を心がけた。バットをスムーズに出そうと思って逆方向への打球も多くなった」としっかりとした口調で語った。

     日大三から入団した高卒1年目。非凡な打撃センスに定評があり、ウエスタン・リーグで99試合に出場し打率2割9分8厘、1本塁打、34打点をマークした。打撃練習を見守った石井打撃コーチも「キャンプで見たときからいいなと思っていた。2軍だけど数字も残っている。高卒1年目と考えると、多少抜けている」と高評価を下した。

     高卒1年目で安打を放てば球団では鈴木以来。捕手に限れば出場だけでも過去5人に限られる。さらに安打、本塁打を放てば65年衣笠祥雄以来、2人目。首脳陣は口をそろえて「結果は期待していない。思い切ってやってほしい」と言うが、坂倉は意欲満々。「プロである以上、結果がすべて。(安打は)意識すると思う。自分のスイングを心がけたい」と腕を回した。鉄人以来の快挙へ。高ヘッドコーチは「スタメン出場もあるかもしれない」と示唆した。

     チームはCS、日本シリーズに向けて再始動。みっちり約2時間の全体練習を行った。エルドレッド、ジョンソンなど主力選手の出場選手登録も抹消し、ポストシーズンに向けた激しい競争も始まる。坂倉が生き残れば、まさに秘密兵器となる。楽しみか不安かと問われると「楽しみが90%。不安な思いがあったら、結果は出ない」ときっぱり。再出発からのサバイバルで、坂倉がプロへの第1歩を踏み出す。【池本泰尚】
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170921-00008202-nksports-base

     ◇セ・リーグ 広島3―2阪神(2017年9月18日 甲子園)

     広島のリーグ連覇は1979、80年以来、37年ぶりだ。当時、守護神として連覇に貢献した江夏豊氏(69=野球評論家)が当時を振り返った。(聞き手・内田 雅也)

     18年間のプロ野球生活で広島にいた3年間が最も幸せな楽しい時期だった。80年は開幕前から「勝てる」感覚があった。79年に優勝して適材適所で人材がいた。決して層が厚いわけではなかったが、監督の古葉さん(古葉竹識氏)が「この場面ではこの選手」という用兵を把握していた。

     レギュラーをつくるのは比較的簡単だ。問題は代打、代走、守備要員、投手なら中継ぎ、リリーフをいかにつくり、うまく起用していくかにある。その点、今の緒方監督も選手の特長を生かしてやりくりしている。センターラインの1、2、3番を固めた。15年の就任後、実績のなかった中崎を抜てきするなど今の継投の形をつくった。しぶといチーム。連覇もうなずける。

     南海時代の77年に野村克也監督から「革命を起こそう」と言われ、リリーフ専門となった。79年は広島に移って2年目。春にサチ(衣笠祥雄氏)が「おい、今年は優勝するぞ」と言った。「ウチの穴をおまえが埋めてくれたからな」との言葉はうれしかったが、半信半疑だった。何しろ自分は優勝を知らない。阪神で73年に巨人と最終戦まで優勝争いを演じたが、当時のカープはまた雰囲気が違った。チーム一丸というのかな。自分もその空気に乗せられていった。

     カープでは首脳陣が選手と同じレベルで悩んでくれたり、相談に乗ってくれた。キャンプ地の日南は昼間は喫茶店、夜はスナックになる店があってね。首脳陣と一緒にわいわいやった。恐らく今のカープもそんな雰囲気じゃないのかな。家族と言えば親子だが、首脳陣とも兄弟という間柄のような関係にある。それもまた強みかもしれん。(談)

     ◆江夏 豊(えなつ・ゆたか)1948年(昭23)5月15日、奈良県生まれ。大阪学院高から66年1次ドラフト1位で阪神入り。68年、プロ野球新記録のシーズン401奪三振。73年にはノーヒットノーラン達成。76年に南海へ移籍し抑え投手に転向。78年に広島へ移り、2連覇に貢献した。81年に移籍した日本ハムでも優勝。84年西武で現役引退した。通算206勝158敗193セーブ、防御率2・49。

     ▽広島の前回連覇 1975年の初優勝から4年、79年は7人が規定打席に到達する盤石のレギュラー陣で優勝した。高橋慶彦が初の盗塁王、山本浩二が初の打点王。投手陣は南海から移籍2年目の江夏豊が9勝22セーブで初のMVPと最優秀救援に輝き、北別府学が17勝を挙げた。近鉄との日本シリーズを制し初の日本一。第7戦のラストは9回無死満塁をしのぐ「江夏の21球」だった。

     翌80年はマジック2で迎えた10月17日に阪神とのデーゲームに勝ち、新幹線で大阪から広島へ移動中に2位・ヤクルトが敗れて連覇を決めた。山本が本塁打、打点の2冠王でMVP。江夏が9勝21セーブで2年連続の最優秀救援を獲得した。
    引用元 https://news.infoseek.co.jp/article/sponichin_20170919_0075/

     ◇セ・リーグ 広島3―2阪神(2017年9月18日 甲子園)

     前回連覇時の監督だった古葉竹識氏(81=現東京国際大野球部名誉監督)は「広島の良き伝統は今も息づいている。若くて、走れる。今も37年前と同じだ」と語った。

     79、80年。山本浩二、衣笠祥雄が目立つ打線で、2年連続盗塁王の高橋慶彦、山崎隆造ら若手が育ちつつあった。「彼らのように走れる選手が何人もいた」と、リーグ唯一の3桁盗塁を誇る今のチームに当時を重ねる。「打線が投手陣を助けたのも似ている。逆転の機運が常にあった」と言葉を続けた。

     「木庭教スカウト部長とはチーム編成に関して連日のように話し合った」という。自前の選手を育てて、勝つ。変わらない伝統がうれしい。「おめでとう。今年こそ日本一に輝いてほしい」と目を細めた。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170919-00000075-spnannex-base

    ■広島カープOB・衣笠祥雄さん(70)

     去年も今年も、セ・リーグのほかの5球団は自分のところの立て直しに必死。広島だけが普通に野球をやった結果の連覇だった。

     僕らの連覇を振り返ると、1979年に2度目の優勝を経験して、80年の2月1日にキャンプに入ったとき、球場にチャンピオンフラッグがあるのを見て、「もう1年勝たないと本物じゃない」と思った。

     あの2年は僕にとって32、33歳で一番難しいところ。体の馬力が落ちてきてね。でもチームに助けてもらった。強かったから「いままで一緒にやってきたんだから、何としてもチームの役に立ちたい」と。野球観が変わった2年だった。

     抑えに江夏がいたのが大きかった。ヤツが来て、投手陣の最後のワンピースが決まった。79年の日本シリーズは「江夏の21球」で有名だけど、いまとなっては近鉄の西本監督がなぜスクイズに出たんだろうって考える。スクイズ失敗で大毎の監督を辞めた人が、そこまで追いつめられたのかな。野球って残酷だ。

     メンバーが若いから、広島は来年、初の3連覇も十分に可能性があると思う。日本シリーズで万全のソフトバンクと対戦してほしい。「強さとは何か」が勉強できるから。そしたら、勝っても負けても3連覇につながると確信してます。
    引用元 http://www.asahi.com/articles/ASK9F6DGVK9FPTQP01F.html

     9月14日のDeNA戦は、大接戦の末、5-4で広島が勝った。だが、優勝マジック対象チームの阪神が、これも接戦の末に巨人と引き分けたため、優勝はならなかった。残り9試合でマジック1。15日は試合がないため、優勝決定は9月16日以降となったが、広島の2年連続8回目の優勝は「当確」だ。広島は過去7回、どんな優勝決定日を迎えていたのだろうか。



     1975年10月15日、残り2試合で、2位中日との差は2.5ゲーム差。マジック「1」の広島は、後楽園球場で巨人と対戦した。超満員の観客が見守る中、広島は5回に先制したが、追加点は奪えず。1-0で迎えた最終回に、同年入団のゲイル・ホプキンスが高橋一三から3ランホームランを放ち、チーム創設25年で初優勝を果たした。投げては、外木場義郎、金城基泰の完封リレー。この年からチームカラーになった「赤」のヘルメットを被った「赤ヘル軍団」が、初めて歓喜の時を迎えた。

     1979年10月6日、残り8試合でマジック「1」の広島は、広島市民球場で阪神を迎え撃つ。2回に阪神・スタントンのソロが出て先制される苦しい展開だったが、6、7、8回と畳みかけて逆転に成功。8回1死から広島はクローザーの江夏豊がマウンドに登場し、古巣と対峙した。9回、イニングまたぎの江夏は阪神に激しく食い下がられ、代打川藤幸三、真弓明信のタイムリーで1点差に迫られるも、辛うじて逃げ切る。31000人の地元大観衆の前で、古葉竹識監督の体が宙を舞った。

     1980年10月17日、この日、広島はマジック「2」で、阪神と甲子園でのデーゲームに臨んだ。15000人とやや寂しい観客の前で、広島は6-3で阪神を下す。この時点でマジック「1」。マジック対象のヤクルトは神宮球場でのナイトゲーム。中日と対戦するが1-4で敗戦。この瞬間に広島のリーグ連覇が決まった。カープナインは広島へ帰る新幹線の中だったが、「ヤクルト敗れる」の一報を受けて山本浩二、衣笠祥雄以下のナインが、車内で優勝の雄たけびを上げる。

     1984年10月4日、マジック「1」としていた広島は横浜スタジアムで大洋と対戦。25000人の観客が見守る中、5回に2点を先制される厳しい展開だったが、6回に山本浩二が大洋の関根から逆転3ランを放った。この1点のリードを守り切って小林誠二が完投し、4年ぶりのリーグV。古葉竹識監督にとって4度目のリーグ優勝で、これが名将の最後の優勝となった。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170915-00010026-fullcount-base

    このページのトップヘ