広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    衣笠祥雄

     別れを惜しまれながら、静かにユニホームを脱ぐ。プロ20年目の決断。新井貴浩内野手の歩んだ軌跡に、そっと寄り添い続けた男がいる。広島・鈴木清明球団本部長。獲得に踏み切った入団の経緯から、涙、涙の会見となった阪神移籍。そして球団では過去に例のない、FA移籍した選手の復帰。全ての節目に携わってきた。

     「結局、最後は人間性なんよな」。新井という男を振り返ると、遠い目をして静かに笑う。思い出すのは20年以上も前の話。だが、記憶は鮮明だ。当時、主力だった野村謙二郎氏(元監督)が部屋に来た。母校・駒大の後輩でもある新井を、ドラフトで獲ってほしいという。

     「『チームをまとめていく上で、しかられ役として必要になる選手。獲ってほしい』と言われたんよ。守備は良くなかったし、打てるかどうかもわからなかった。でも広島出身の選手。体も大きかったから、もしかしたら…というくらいだったな」

     松田元オーナーらとも相談の上、ドラフト6位で獲得を決めた。「もう無理だ」と感じたプロ1年目。だが、運命は新井に味方した。FAで江藤(智=現巨人3軍監督)が巨人に移籍したことで「4番・三塁」が空白に。育成急務のチーム事情が新井を育てた。光の数だけ影があるように、努力の数だけ流した汗がある。涙がある。2003年。阪神に移籍した金本に代わる形で、山本浩二監督(当時)から4番に任命された。

     焦り、力み、重圧で大失速。だが、4番は不動だった。同年7月10日の阪神戦(広島)。たまったフラストレーションが一気に爆発した。観客の心ないヤジに生涯初めて応戦した。同本部長が述懐する。

     「開幕から絶不調。浩二さんに「もう代えた方が…」と進言したこともある。でも『4番というのは、状態がいいから、悪いからで代えたらダメなんだ』と。ずっと我慢して使ったというのもある。あの時に、4番の重さというのを初めて感じた。チームとして、我慢して作り上げた打者。ある意味、しごかれても、必死になって練習についてきたよな」

     2000年代前半。いわゆるカープの“暗黒時代”である。4番は新井、エースは黒田博樹氏。広島市民球場に来る観客が、1万人を割ることも珍しくなかった時代だ。同部長は2人と顔を合わす度、チーム再建の方法を話し合った。

     「一番、チーム状態が悪い時にいろんな話をした。よく言われる“暗黒時代”でチームの中心。新井と黒田は年俸も、一番(成績が)いい時に一番悪い方(の条件)をのんでくれた。チームの話もたくさんした。優勝を目指そうと言っていたけど、当時の球団の財力、戦力では到底無理。それでもどうやったら勝てるか、話をした」

     だが、2007年オフ。兄のように慕っていた金本知憲(現阪神監督)の後を追い、阪神にFA移籍を決めた。数回の交渉の末、電話で決断を聞いた。他球団に移籍する選手の会見は、通例として球団ではなく近隣のホテルで行われる。「ワシは行かんぞ」。受話器を切る前に、そう伝えた。新井本人もそう認識している。だが、翌日。気付けば会見場に足が向いていた。

     「出て行った経緯にしても、恨みは一切なかったんよ。いかんぞと言ったけど、実は会見ものぞきに行った。そしたら涙を流していたな。それから、ずっと気になっていたな」

     いまだから明かせる真実がある。大粒の涙が流れた移籍会見。「つらいです。カープが好きだから」。泣き崩れる新井の姿を見たあの日、あの時、広島復帰の道筋は出来上がっていたのかもしれない。2014年オフ。阪神を自由契約になった後、すぐに電話を入れた。

     「帰ってこい」

     「どの面下げて帰ればいいんですか」

     「ええから、帰ってこい。大丈夫じゃ」

     2人の会話はこれだけで十分だった。

     「新井が気にしていたのは反発。緒方(監督)のもあった。指揮官として一度、出て行った選手を戻すことに葛藤はあったはずよ。でも最後は『もし、もう一度、同じユニホームを着るのであれば仲間。僕らが守ってやりますよ』と。緒方の言葉も伝えた。新井も喜んでいたよ。キャンプは初日から、こっちが大丈夫かと思うくらい練習していた。そういう彼の人間性、彼の姿に心をとらわれていった。反発がありながらも戻って、結果が出せる。誰もが同じじゃない。新井だからこそ、できたものだと思う」

     プロ生活20年。ドラフト6位以下の大卒選手で史上初めて、2000安打を成し遂げた。だが、輝かしい実績以上に、感謝している姿があるという。

     「衣笠(祥雄)さんも、カネも骨折してもグラウンドに立った。新井もそう。右手を大きく腫らしても打席に立った。常にプロとして、ポジションを取られてたまるか、という危機感があるんだと思う。琢朗(石井=現ヤクルト打撃コーチ)にしても、豊田(清=現巨人投手コーチ)にしても、晩年の選手になにを求めるかというと、最後は人間性。それが一番。チームにいかにいい影響を与えてくれるか。それが大きいよな」

     いよいよ3連覇を目前としているチームに、その背中で示した功績は計り知れない。(デイリースポーツ・田中政行)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180910-00000048-dal-base

     「広島9-3巨人」(10日、マツダスタジアム)

     超高性能の国産スラッガーだ。広島・鈴木誠也外野手(23)が8月1日・ヤクルト戦以来、今季2度目の1試合2本塁打で3年連続20号に到達した。阪神が勝ったため、優勝マジック点灯はまたしてもお預けとなったが、チームは今季2度目、最長タイの6連勝。マツダでスズキがメルセデスを打ち崩し、巨人戦4年連続勝ち越しを決めた。

     鈴木は豪快にバットを振り抜いた。打球は規格外の弾道を描いて右翼席に着弾。今季2度目の1試合2本塁打で4年連続巨人戦の勝ち越しを呼び込んだ。

     「本当にたまたまです。打った瞬間はどこに行ったかも分からなかったので。三振でもアウトでも一緒。自分のスイングで終わろうと思っていました」

     2点差に詰め寄られた直後の七回だ。2番手・野上の外角直球を強振し、逆方向へ突き刺した。初回は2死一塁から左翼席へ特大の19号先制2ランを放っており、リーチをかけていた3年連続20号へ一気に到達した。

     「使ってもらっているので。今は数字は意識していない。シーズンが終わったときにいい結果だったらいい」

     試合後はそうクールに振り返ったが6年目の進化が著しい。開幕前から「誠也の打球はエグイ。音が違う」と打撃投手から驚きの声が上がっていた。開幕直後の離脱時にフリー打撃を目の当たりにした水本2軍監督も「格が違う。一皮もふた皮もむけた。近年では見たことがない」と目を丸くしていたほどだ。

     “珍プレー”のうっぷんを晴らす猛打賞でもある。前夜は三回の打席で審判員のカウント間違いにより四球とならず、4ボール2ストライクから二ゴロに倒れていた。「気づかなかった。気づいていたら一塁に行っていた」。出塁を損した形だが、この日は5打数3安打の大暴れで打率も出塁率も上昇させた。

     「誠也のホームランから始まって2本目のホームランも非常に大きかった。つなぎの中でタイムリーが下位打線にも出ていた。いいゲームだった」

     試合後は緒方監督もご満悦だ。スタメンは初顔合わせの左腕メルセデス対策にあえて左打者をズラリ。野間、松山、西川が躍動して、ベンチの策がズバリ的中した。阪神が勝ったため優勝マジック点灯はまたしてもお預けとなったが、チームは今季2度目の6連勝。マツダスタジアムの巨人戦は13連勝となった。若き4番に導かれて、真夏のV3ロードを突っ走る。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180811-00000017-dal-base

     今年4月23日に急逝した元広島の衣笠祥雄さん(享年71)のお別れの会が28日、広島市内のホテルで開催された。午前中には広島の監督、コーチ、選手らが献花に参列。緒方孝市監督(49)は「4月23日に亡くなられて、この2カ月あっという間だった。今年のキャンプにたくさん野球の話ができると思っていたができなくて、シーズン中もできなくて、本当に残念で、悲しい気持ちです」と声を絞り出した。



     衣笠さんと「カープの日本人の4番バッターを育てたい」という話をしていたそうで、「鈴木誠也が日々成長してくれて、喜んでくれていると思う」と語った。衣笠さんの遺影の前では「チーム一丸となって、秋には日本一の報告ができるように頑張ります」と誓ったことを明かし、決意を新たにしていた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180628-00000052-dal-base

     23日夜に上行結腸がんのため71歳で死去した元広島の衣笠祥雄(きぬがさ・さちお)さん。プロ野球記録の2215試合連続出場を達成し、国民栄誉賞を受賞して昭和の野球ブームを牽引した。鋼の体と精神力を穏やかな人柄で包み、ファンから愛されたが、知る人ぞ知る、「鉄人」と呼ばれた男ならではの豪快過ぎる伝説の持ち主だ。

     ■真っ赤な外車を駆り

     衣笠さんは1965年に京都・平安高(現龍谷大平安高)から広島に捕手として入団し、間もなく内野手に転向した。

     衣笠さんと親交があり、かつてニッポン放送でプロ野球実況の名アナウンサーとして鳴らした深澤弘氏(82)によると、3年目までは練習に身が入らず、まだ実績もない若造にも関わらず、真っ赤な外車を乗り“スピード狂”と呼ばれていたという。

     そんな3年目のオフ、プロ入り当時の担当スカウトだった木庭教(きにわ・さとし)氏に「サチ、ちょっと話がある」と呼び出される。

     ■まさかの“引退勧告”

     「ひょっとすると、トレードに出されるのかな」と考えていた衣笠さんだが、開口一番「次の仕事を考えよう」と“引退勧告”され腰を抜かした。「おまえの取り組み方では見込みがない」とキツくお灸を据えられたという。

     「血の気が引いた。これは死んだ気になって練習しないと、と心を入れ替えた」という衣笠さんは、さっそく翌68年に一塁手として1軍のレギュラーの座を獲得。21本塁打、打率・276をマークした。

     しかし、一流選手になってもなお、昭和の野球人らしく車と酒を愛していた。

     根本陸夫監督時代の70年。当時の広島は、後に大洋、ヤクルトで監督となる関根潤三氏がヘッドコーチ、後にヤクルトや西武を監督として日本一に導く広岡達朗氏が守備コーチを務め、厳しさに定評があった。

     同年夏。深澤氏は広島から東京へ帰る寝台特急が台風の影響で運休となり、単身赴任で球団寮に住み込んでいた関根コーチの部屋に泊めてもらうことになった。夜10時。関根コーチの指導の下、大広間で山本浩二、水谷実雄、三村敏之、水沼四郎ら、5年後の75年に球団史上初優勝を果たし“赤ヘルブーム”を巻き起こすことになる主力たちが、1時間にわたり素振りで汗を流す姿に圧倒されたという。

     「1人、いなかったな」。終了後に関根コーチがつぶやいた。その1人が衣笠さんだった。

     午前2時。寮の玄関前にタクシーの止まる音がする。泥酔し千鳥足で玄関のドアを開けた衣笠さんに、暗闇から関根コーチが突然「サチ、(素振りを)やろう」と声をかけた。

     仰天した衣笠さん。怒鳴られることも、門限破りをとがめられることもなかったが、上半身裸、パンツ一丁で汗だくになりながら1時間バットを振ることになった。関根コーチは「最後の5スイングは、いい振りだったな」とうなずいた。

     後に衣笠さんは「泥酔していようが何だろうが、バットだけは振る。ああいう積み重ねが、今の自分につながっている」と深澤氏に述懐したという。

     そんな衣笠さんは現役引退後、長年TBSの野球解説者として人気を博した。最後の出演はBS-TBSとTBSチャンネル2で放送された、今月19日のDeNA-巨人戦(横浜)。

     この日、衣笠さんはひどく声がかすれていて、ネット上を騒がせた。広島時代の同僚で親友の江夏豊氏(69)もこの中継を見ていて、本人に電話で「声が出とらんぞ。無理するな」と連絡を入れたほど。衣笠さんは「分かった。分かった」と返したという。

     ■4日前までテレビ解説

     それでも、最後まで解説者として中継をやりきった。実況を担当した戸崎貴広アナウンサーによると、試合前の打ち合わせの段階から「声が出にくそうだった」というが、「試合開始と同時に声がワントーン高くなり、仕事に対する意志の強さを垣間見ました。『鉄人』という言葉に強いこだわりをお持ちの方だったので、最後までご自分の美学を貫かれていたという思いです」。

     TBS系地上波で放送予定の5月3日・広島-巨人戦(マツダスタジアム)の解説も予定されており、心配するスタッフをよそに意欲を見せていたとか。最後までファイティングポーズを取り続けた。

     残念だったのは、87年の現役引退後、監督としてもコーチとしてもユニホームを着る機会に恵まれなかったこと。

     球界関係者は「とにかく曲がったことが大嫌いで一本気。現役時代からこうと思ったら、オーナーや監督のいうことにも耳を貸さずテコでも動かなかった。上司からみると扱いづらいところがあったのが、監督に指名されなかった理由かな」と指摘する。人間として一本筋の通った好漢だったのである。

    引用元 https://www.zakzak.co.jp/spo/news/180426/spo1804260006-n1.html

     お笑いコンビ、とんねるずの石橋貴明(56)とタレント、ミッツ・マングローブ(43)が司会を務めるフジテレビ系「石橋貴明のたいむとんねる」(月曜後11・0)に、元プロ野球投手の江夏豊氏(70)がゲスト出演することが21日、分かった。

     同番組は1970年代以降の昭和に流行したアイドルや歌謡曲、スポーツなどをテーマにトークを繰り広げる内容。江夏氏がフジ系バラエティーで石橋と共演するのは、96年の「とんねるずのハンマープライス」以来、22年ぶりとなる。

     広島時代に左腕のリリーフエースとして活躍した大投手は、4月に死去した盟友・衣笠祥雄氏との秘話などを披露。帝京高野球部出身の石橋について「野球を正面から語ってくれるので、こちらも素直に話すことができました」と感謝した。28日の放送回に登場する。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180522-00000031-sanspo-ent

     【江尻良文の快説・怪説】

     広島球団は28日からの対阪神3連戦(マツダスタジアム)で、故・衣笠祥雄氏(享年71)に哀悼の意を表し、緒方孝市監督、コーチ陣、選手、スタッフが喪章を付けて試合に臨む。

     “ミスター赤ヘル”こと山本浩二氏とのコンビで、常勝赤ヘル軍団を築き上げ、2131試合連続出場の世界新記録(当時)を達成して国民栄誉賞を受賞した“鉄人”だけに当然の措置だろう。

     それにしても、山本氏は2度にわたり合計10年も広島監督を務めたのに、衣笠氏は監督どころかコーチ経験さえなしに終わったのはなぜか、球界七不思議が改めてクローズアップされる。

     ある広島OBがこう謎解きする。「現役引退後、広島にも家を残したまま、東京との二重生活をした山本浩二と、生活拠点を完全に東京に移した衣笠。その差だろう。当時の松田耕平オーナー(故人)が衣笠の東京行きに激怒したというのは、広島では公然の秘密になっている」

     市民球団として旗揚げされた広島カープは一時期、東洋工業(現マツダ)が親会社だった時代もある。だが、通称“松田個人商店”といわれるように、松田ファミリーが人事権を持っている。広島OBの解説には説得力がある。

     とはいえ、現役引退後TBSの解説者をしていた衣笠氏には、他球団の監督になるチャンスはあったはずだ。実際、かつてTBSが親会社だった横浜ベイスターズ(現横浜DeNAベイスターズ)の監督就任情報が流れたことがある。

     だが、結局衣笠氏は評論家活動一筋を貫いた。前出の広島OBはこう見ている。「他球団のユニホームには袖を通さず、終生広島カープの鉄人・衣笠祥雄でいたかったのではないか」。その通りならば、いかにも一本気な衣笠氏らしい野球人生を全うしたといえるだろう。(江尻良文)

    引用元 https://www.zakzak.co.jp/spo/news/180428/spo1804280003-n1.html


    “側近”から見た鉄人とは――。23日に上行結腸がんのため71歳で死去した衣笠祥雄氏を現役時代に支えていた広島の福永富雄球団トレーナー部アドバイザー(75)が、故人の我慢強さと医者をも驚かせたエピソードを明かした。

     筋肉の柔らかさは一級品だったという衣笠氏が一塁でレギュラーに定着したのは入団4年目の1968年のこと。福永氏によれば「実は太ももの肉離れを発症していた」そうだが、せっかく巡ってきたチャンスを逃すわけにはいかない。当時の根本陸夫監督に「試合に出るつもりなら盗塁のサインだって出す。当たり前だが、走ってもらいたい場面では走ってもらうぞ」と言われた衣笠氏は「もちろんです。できます」と二つ返事で試合に出続けたという。

     世界2位の2215試合連続出場を達成する間に左肩甲骨骨折の重傷を負ったのは有名だが、福永氏は「公にはなりませんでしたが、右手親指や手首、肋骨にひびが入りながらプレーを続けたこともあります。そのことは本人、首脳陣、トレーナーくらいしか知らなかったと思います。今では考えられないことですが…」と振り返る。

     体の丈夫さだけではない。衣笠氏が採血を行った際にはスポーツドクターが「こんなに良い血の色を見たことがない」と驚いていたという。「私もトレーナーをやっていて多くの選手を見てきましたが、そういうことを言われた選手は衣笠以外に一人もいません。なので非常に印象に残っています」(福永氏)

     最後に顔を合わせたのは今年1月で体調が良くないことは知っていた。亡くなる6日前の17日にも電話で言葉を交わしたという福永氏は「時代も違うし、あのような選手はもう出てこないんじゃないか」と言って故人をしのんだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180428-00000033-tospoweb-base

     23日夜に死去した元広島の“鉄人”こと衣笠祥雄(きぬがさ・さちお)さん(享年71)は現役時代、“ミスター赤ヘル”こと山本浩二氏(71)との名コンビで鳴らしたが、実は最初は犬猿の仲ともいえる関係だった。元ニッポン放送アナウンサーで2人と親交があった深澤弘氏(82)が、本当の仲を明かす。

     巨人の長嶋茂雄終身名誉監督が、よくこう言っていました。

     「僕の誇りはね、王(貞治ソフトバンク球団会長)と1度もいさかいがなかったことだよ」

     同じチームに力量が突出したスターが2人いれば、お互いに意識し合い、いつしか仲が悪くなる方が普通。奇跡的にONコンビの仲が良く、両雄が見事に並び立ったことが、巨人9連覇の原動力だったともいえます。

     何年か前、(山本)浩二さんにこの話をしたら、彼はこう声をひそめました。

     「僕とキヌ(衣笠さん)の仲は、決して良くなかったです。ライバルで、お互いにとげとげしかった。3番衣笠、4番山本で、僕はネクストバッターズサークルで何度も『打つな!』と念じました。キヌも同じ気持ちだったと思います」

     そんな2人の関係が劇的に変化したのが、1975(昭和50)年。7月19日のオールスター第1戦(甲子園)で、全セの3番を打った山本さんは1回と2回に、6番の衣笠さんは1回と3回に、そろって2打席連続本塁打。2番手で登板した外木場投手も3回無失点の好投で、翌日のスポーツ紙は「赤ヘル軍団現る」と大騒ぎでした。

     このとき、山本さんは「キヌと個人的に話してみたくなった」。広島に戻ると衣笠さんを誘い、初めてサシで酒を飲んだそうです。

     当時の広島は球団創設以来1度も優勝したことがなく、前年まで3年連続最下位の弱小チームでした。2人はこの席で「今年は優勝のチャンスじゃないか」と意気投合。実際に、秋には悲願のリーグ初制覇を成し遂げました。

     以後、2人はアドバイスを送り合い、盟友といわれるようになり、広島も常に優勝争いに加わる強豪へと変貌していったのです。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180427-00000015-ykf-spo

     「広島-阪神」(30日、マツダスタジアム)

     広島・高橋大樹外野手がプロ初安打を放った。

     「7番・中堅」で先発し、第1打席の二回1死走者なし。岩貞のスライダーを左前に運び、Hランプをともした。龍谷大平安から12年度ドラフト1位で入団したプロ6年目での初安打。高校の先輩でもある、23日に亡くなった衣笠祥雄さんの追悼試合で記念の一打を記録した。

     「最初は何とか塁に出ようという気持ちでいきました。追い込まれてしまったので、そこからは三振しないように食らいついていきました。2軍でやってきたことを出せた結果プロ初ヒットになって、めっちゃうれしいです」

     さらにその後打線がつながると、2死満塁で菊池が四球を選び高橋大が先制のホームを踏んだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180430-00000082-dal-base

     ◇セ・リーグ 広島5―2阪神(2018年4月29日 マツダ)

     広島が、終盤に阪神を突き放し今季2度目の5連勝。首位をがっちり守った。

     この日も、23日に亡くなったOB衣笠祥雄氏を悼み、喪章をつけてプレーした広島ナイン。打線は、1点を追う5回に安部、下水流の連打などで2死満塁とすると、菊池が左前へ2点適時打。6回に失策が絡んで同点に追いつかれたが、直後の攻撃でバティスタが左翼席へ3号ソロを放って勝ち越し。7回には田中が今季1号2ランを放ってリードを広げた。チームは、前日28日の阪神4回戦で負傷交代した丸の出場選手登録を抹消。ここまで好調打線をけん引してきた「不動の3番」を欠く中、着実に得点を重ねた。

     先発の大瀬良が7回2/3を投げ、6安打2失点(自責1)と好投、今季3勝目を挙げた。

     阪神は、8日の中日戦(京セラD)以来、中20日となった先発の能見が6回5安打3失点と粘投したが、前日11安打の打線がこの日はつながらなかった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180429-00000126-spnannex-base

    このページのトップヘ