広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    西山秀二

     広島・永川勝浩投手(38)が23日、マツダスタジアム内で引退会見を行った。ユニホーム姿で会見場に現れ、心境を語った。代名詞とも言える決め球「フォーク」について、「キャッチャーはずーっと優秀なので」と、歴代の相棒たちを信頼して投げ込めたと振り返り、感謝した。以下、一問一答の要旨(2)。



     -若い頃と変化を自分自身で感じている。

     「昔に比べたら変わったと思いますし、変わらせてもらいましたね、周りの人に」

     -チームメート、スタッフへの思いは。

     「最初のキャッチャー西山さんから始まって、いろいろなキャッチャーに受けていただいて。本当にコントロールの悪い、ベースの前にワンバウンドするようなフォークをみんな体を張って止めていただいて、一番受けてもらったのは石原さんですかね。そういう人たちとワンバウンドを止める、止めないで議論になったこともありますし、そういう意味では体も含めて迷惑をかけたなと思います」

     -それでもフォークを投げ続けた思いは。

     「1年目からうちのキャッチャーはずーっと優秀なので。そういう意味では本当にランナー三塁でも思い切ってフォークを投げられる、キャッチャーがそろっていましたので。そういう意味ではありがたかったし、心強かったですね」

     -チームカラーが合っていた。

     「そうですね。広島に生まれたので、広島という感覚はありましたけど、入って17年させてもらって、他のチームを知らないので一概には言えないですけど、本当に最高のチームであり、本当にいい子たち、いい先輩たちに恵まれたなと思っています」

     -この後、先発のマウンドに上がる。

     「今すごくクライマックスシリーズを争っている中で、両チームの直接対決ですから。たまたまこういう時に僕のこういう試合になってしまって、先発で投げるということで。ただただ、迷惑をかけないように。(打者)1人になると思いますけど、次に投げるピッチャーに本当に迷惑にならないように、それだけを考えています」

     -どんな投球を。

     「今の自分の力で、全力で向かっていったところで、結果はあまり左右されるものではないので、本当に最後、自分に与えていただいたので、自分の投球をして結果はどうあれ、そこで踏ん切りを付けたいと思います」

     -今後のチームメートへの思いは。

     「そうですね、1軍の方では今年は僕はあまり選手と接することはなかったですけど、やっぱり2軍の方でいろんな選手と接して、若いピッチャーが多いので、今を大事にもうちょっと…、今日は今日しかないと思いながら日々を過ごしてほしいと思いますし、これから先のピッチャー陣は彼らが引っ張っていかないといけないと思いますので、そういう意味では1日1日を無駄にせず、今を生きてほしいなと思います」

     -最後にファンへメッセージを。

     「このような大した技術もない選手をずーっと応援して来てくれた方が多かったので、本当にそういう意味ではすべてのことに感謝をして、最後まで僕を応援してくれた方々、昔の市民球場の時から叱咤激励していただいた方々にすべての意味を込めてお礼を申し上げたいと思います。本当にありがとうございました」

     -背番号20に対する思いは。

     「ものすごい番号をいただきまして、1年目に。しかもピッチングコーチは北別府さんという、なかなか過酷な状況を最初に作っていただきまして、ピッチングコーチとしてものすごい感謝はありますし、20番をもう少しきれいな形で終わりたかったなとは思いますけど。さすがに200勝という、あんな偉大な成績は僕はなかなか難しかったので。そういう意味では次にこの20番を付けて投げる選手に、北別府さんのような200勝できる投手、もしくはクローザーになるのであれば、球団新記録を塗り替えられるような選手になってもらいたいと、20番に対しては思います」


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190923-00000047-dal-base

     5月11日、広島の石原慶幸は阪神戦で3安打し、通算安打を1001本とした。1000本安打は292人目、10日にも日本ハムの中田翔が1000本を達成しており、珍しい記録ではないが、広島の捕手では初の1000本安打だった。

     野球では、捕手は投手に次いで守備の負担が大きいとされる。捕手での出場が50%を超す選手の1000本安打は21人しかいない。※は現役。

    1野村克也 2901安打(3017試 打率.277)
    2谷繁元信 2108安打(3021試 打率.240)
    3古田敦也 2097安打(2008試 打率.294)
    4阿部慎之助 2040安打(2107試 打率.284)※
    5木俣達彦 1876安打(2142試 打率.277)
    6伊東勤 1738安打(2379試 打率.247)
    7田淵幸一 1532安打(1739試 打率.260)
    8城島健司 1406安打(1323試 打率.296)
    9中村武志 1380安打(1955試 打率.242)
    10土井垣武 1351安打(1413試 打率.282)
    11矢野燿大 1347安打(1669試 打率.274)
    12森昌彦 1341安打(1884試 打率.236)
    13相川亮二 1150安打(1508試 打率.260)
    14大矢明彦 1144安打(1552試 打率.245)
    15醍醐猛夫 1132安打(1775試 打率.234)
    16田村藤夫 1123安打(1552試 打率.252)
    17和田博実 1104安打(1565試 打率.257)
    18吉永幸一郎 1057安打(1250試 打率.278)
    19伊藤勲 1054安打(1771試 打率.231)
    20日比野武 1048安打(1530試 打率.237)
    21若菜嘉晴 1037安打(1387試 打率.267)
    22石原慶幸 1001安打(1546試 打率.238)※

     歴史に名を残す名捕手が並ぶが、中には現役の阿部慎之助、田淵幸一のように捕手から一塁手に転向した選手もいる。投手の球を受け、盗塁を阻止し、守備の要として重きをなす傍ら、打者としても活躍するのは並大抵のことではない。

     石原は広島の捕手としては初めての1000本安打。すでに、広島で最も多くマスクをかぶった捕手になっている。広島で1000試合以上捕手として出場したのは以下の5選手。()の試合数は、捕手以外での出場も含めたトータルの試合数。

    1石原慶幸 1525試合(1546試合/1001安打)※
    2田中尊 1423試合(1429試合/619安打)
    3達川光男 1320試合(1334試合/895安打)
    4水沼四郎 1243試合(1333試合/696安打)他に中日で17試合10安打
    5西山秀二 1141試合(1203試合/714安打)他に巨人で4試合2安打

     石原は広島を代表する捕手になったと言えるだろう。

     38歳の石原は佐々岡真司、黒田博樹、澤崎俊和から、前田健太、野村祐輔、岡田明丈まで、今世紀の広島を代表する投手の球を受けてきた。今は30歳の會澤翼と併用されているため、出場機会は限られているが、ベテランの知恵、技術は若い選手が多い広島にとって貴重な戦力だと言えるだろう。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180513-00128561-fullcount-base

     「広島14-1阪神」(11日、マツダスタジアム)

     広島・石原慶幸捕手(38)が、三回に能見から左前打を放ち、通算1000安打を達成した。史上292人目。カープでは21人目で捕手では初めて。38歳8カ月での達成は2010年の北川博敏(オリックス)の38歳3カ月を更新する最年長記録。



     一回に昨年4月13日の巨人戦以来となる1号2ランを運び王手をかけると、三回にめぐってきた2度目の打席で一気に記録を達成。一塁上で花束を受け取り、場内からの祝福に応えた。七回にはこの試合3本目の安打を放ち通算安打を1001本とした。

     大勝した試合後、菊池と共にお立ち台に登場した石原は1000安打について「新井さんから、ファームにいるときから『まだか、まだか、もういい加減にしろ』とメールが来てたので、新井さんの前で打てて良かったです」と安どの表情を見せた。

     左足ふくらはぎの故障で開幕を2軍で迎えた新井は、この日1軍昇格し、5番・一塁でスタメン復帰。そのタイミングでの記録達成を何よりも喜んだ。プロ入り17年目、2002年10月5日のヤクルト戦でのプロ初安打から積み上げてきた1000本。先輩の猛ゲキに見事に応えてみせた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180511-00000139-spnannex-base

    <第2クール終了:広島新顔通信>

     ドラフト1位の中村奨成捕手(18=広陵)は8日、宮崎・日南キャンプで現役2投手を相手にフリー打撃を行った。


     左腕の佐藤には13スイングで安打性は2本。右の横山には3スイングで安打性の当たりはなかった。

     打撃マシンでは柵越えを記録しているものの、投手を相手にまだ柵越えはない。昨夏の甲子園で1大会6本塁打を放った期待のルーキーは、木製バット適応に苦しんでいる。【広島担当 前原淳】


    引用元 https://www.nikkansports.com/baseball/news/201802090000278.html

     阪神は3日の広島戦(マツダ)で延長12回の末、5-5の引き分け。今季94試合目で自力優勝の可能性が消滅した。しかし、翌4日のヤクルト戦(京セラ)で3-0で勝利し、一夜で力優勝の可能性は復活。ただ、それでも6日時点で両軍のゲーム差は9で、よほどのことがないかぎり広島のセ・リーグ連覇は間違いなさそうだが、意外にも、緒方孝市監督(48)が虎を“異常警戒”しているという話が聞こえてきた。

     事情を知る阪神の古株OBの1人は「緒方監督は『今年、阪神だけには絶対に勝たないといけないんです』と何度も話してるよ」と明かす。

     もちろん、リップサービスの可能性も捨てきれないが、圧倒的な強さを誇るなかでなぜ、注意深く見守っているのか。そこには2つの理由が見え隠れする。

     1つは対戦成績が8勝8敗1分け(6日現在)で全くの互角である点。前出OBは「クライマックスシリーズ(CS)で対戦する可能性もある。今どれだけゲーム差があっても、CSとなれば1勝のアドバンテージにしかならない。短期決戦になれば、どちらに転ぶか分からない。上にいるチームとしては不安だよ」とみる。

     もう1つは、阪神・金本知憲監督(49)と1968年生まれ同士の「宿命のライバル」であること。緒方監督は86年のドラフト3位で鳥栖高から広島入り。通算1506安打、241本塁打、打率・282をマークした。一方、緒方監督より5年遅れて東北福祉大から広島に入団した金本監督は通算2539安打、476本塁打、打率・285と実績で上回る。セ・パ両球団でフロント経験のある球界関係者は「緒方監督は口には出さないが、同じ年で同じ球団出身、そりゃあ意地でも負けたくないのは当然」と話す。



     金本監督は3日の試合後、「自力V消滅? そんなん別にええよ。この球場、カープの勝率を考えれば、この3連戦(1勝1敗1分)はよくやったな、というのが正直な感想」。この展開にツキを見いだせるか。(山戸英州)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170807-00000015-ykf-spo&pos=4

    このページのトップヘ