広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    西川龍馬

     優勝マジック24とリーグ2連覇に向けて首位をひた走る広島。好調の要因のひとつに1番・田中広輔、2番・菊池涼介、3番・丸佳浩、4番・鈴木誠也の上位を打つ4人が挙げられる。

    【上位4人の打撃成績】
    1(遊)田中広輔 率.291 本 4 点44 出塁率.388
    2(二)菊池涼介 率.288 本13 点51 出塁率.326
    3(中)丸 佳浩 率.315 本19 点76 出塁率.404
    4(右)鈴木誠也 率.301 本25 点88 出塁率.388

     プロ野球解説者の山本昌氏は、7月26日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で「上位の4人は助け合って、みんなで攻めてきますよね」と話す。「また野球の上手い選手が揃っているので、何かをしてくるんですよね。その辺で得点率が高いなと思います」と続けた。

     8月15日の阪神戦では、初回に田中と菊池の連打でチャンスを作ると、3番の丸が先制の3ラン。3点リードの4回には田中が二塁打、菊池の四球で一、三塁とすると、丸がタイムリー、鈴木誠也の野選で得点を挙げたという試合もあった。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170821-00128719-baseballk-base

     代打で打率.433、1本塁打、11打点の成績を残す広島の西川龍馬は、三塁でレギュラー出場していた安部友裕が故障でスタメンを外れてから9試合連続で先発出場する。

     15日に放送された『ショウアップナイタープレイボール』に出演した山本昌氏は、「安部選手がケガしても西川選手がいますし、穴を全く感じさせませんよね」と安部と遜色ない活躍を見せる西川を評価した。

     西川は安部が復帰後も三塁で先発出場するなど、レギュラー争いを激化させている。
    引用元 https://baseballking.jp/ns/128272

    <広島4-1巨人>◇13日◇マツダスタジアム

     広島が逃げ切ってカード勝ち越しを決めた。試合後の広島緒方孝市監督(48)の談話は以下の通り

     -初回からいい攻撃

     緒方監督 そうだね。

     -岡田が好投

     緒方監督 テンポというかリズムというか。走者を出してもばらつくことがなかったからね。しっかりと前回の修正をして、しっかり6イニングを投げきってくれたと思います。ナイスピッチングです。

     -続投か継投かの判断は

     緒方監督 別に。代えようと思ったから代えただけ。いつもやってることです。

     -西川がアピールを続ける

     緒方監督 初回のあそこで終わるんじゃなくて、あの1点というのは非常に大きかった。やっぱり連日こうやってスタメン起用に応えてくれるわけやからね。ここからはちょっと、出続けたことがないからしんどいかもしれないけど。チャンスをしっかりつかめるようにね。結果ばっかりこっちは言っていない。いい内容のものを見せてくれればいいわけだからね。

     -阿部について

     緒方監督 すごいね。本当に2000安打というすごい大記録を達成してね。捕手というハードなポジションのなかで、いろんな体の故障を抱えながら。打撃センスというのはもちろん一流の打者なので。目の前にしてあっぱれだね。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170813-01871720-nksports-base

     ◇セ・リーグ 広島1―0巨人(2017年8月12日 マツダ)

     広島の薮田が12日の巨人戦に先発登板。自身初の完封勝利で菅野との投げ合いを制して11勝目(2敗)を挙げた。広島の連敗は3でストップ。

     薮田は150キロを超える直球を中心に巨人打線を手玉に取った。9回を投げて与四死球は4ながら、被安打は3本のみで無失点の内容だった。

     打線は巨人・先発の菅野に苦しめられたが、6番・西川が2回に値千金の3号ソロ。自身5月4日の中日戦以来となる一発で両チーム唯一の得点を叩きだした。

     一方の巨人は菅野が7回1失点と好投を見せたが援護なく5敗目。今季7度目の3連勝とはならなかった。通算2000本安打まであと2本と迫っていた阿部は1安打で大記録へ王手をかけた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170812-00000150-spnannex-base

     5日のDeNA戦(横浜スタジアム)で途中交代した広島・松山竜平外野手(31)と安部友裕内野手(28)が7日、ナゴヤ球場に隣接する室内練習場を訪れ、患部の状態をチェックした。

     2人は東出、迎、両打撃コーチが見守る中、ダッシュ、キャッチボールを行い、軽めのティー打撃で状態を確認した。右肩関節症の松山は「今日は(コメントは)なしです」と言葉少な。腰痛症の安部は「思ったより動けました。ここまで来たらやるしかないです」と力を込めた。

     8日の出場については、試合前に話し合われる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170807-00000095-dal-base

    <DeNA4-9広島>◇6日◇横浜

     広島が先発全員安打で快勝。効果的に3本塁打も飛びだした。先発岡田は4回に3連続四球が絡んで2失点するなど悪癖を露呈も、5回3失点で10勝目を挙げた。中継ぎ陣は万全を期して一岡-中崎-今村の勝ち継投をつぎ込んだ。試合後の広島緒方孝市監督(48)の談話は以下の通り

     -西川が先制打

     緒方監督 西川がいい先制打を打ってくれたね。難しいケースのところでね。その後の岡田にしてもそうだしね。自らのバットで。

     -その岡田は

     緒方監督 気持ちよう投げてくれんとね。点とった後の投球がね。あんな弱い姿を見せるようじゃね。本当にダメ。

     -それが5回降板の理由

     緒方監督 誰が見てもそうでしょ。

     -攻撃陣はよく打った

     緒方監督 野手が効果的にね。誠也の本塁打にしても、バティスタの本塁打にしても。カントリー(エルドレッド)も打ってくれたし。本当に打線がこれだけ打ってくれてね。本当に投手を助けてくれた。

     -中継ぎ陣は

     緒方監督 中継ぎ陣に関しては、しっかりと毎試合、こういう登板機会が多いなかでも投げてくれるよね。休ませてやりたいけど。この球場はひとつのプレーで流れが変わる。そこから大量点というのは何度も何度も、うちもやられているからね。明日も休みだし、今日は最後、頑張ってもらったという形。

     -岡田は突然四球で

     緒方監督 これをひとつ、もうひとつ成長してくれたらね。ここが彼がここから一皮むけるかどうかというところの課題だから。今日は自ら点もとったけど、野手に助けてもらっての10勝目。次の1勝を目指してね。しっかり野手に、今度は逆に勇気を与えるような投球をしてほしいね。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170806-01868232-nksports-base

     「DeNA4-7広島」(5日、横浜スタジアム)

     広島の松山竜平外野手と安部友裕内野手が負傷交代した。

     松山は初回の打席で「右肩の違和感」を覚え、二回の守備から交代。安部は二回の打席に感じた「腰の違和感」のため、三回の守備からベンチに退いた。共に試合中に横浜市内の病院に向かい検査を受けた。診断結果は、6日にも下る。

     松原チーフトレーナーは試合後、「全力でのプレーが難しいので判断しました。大事を取ってのこと。あした(6日)以降については、経過を見て判断します」と説明した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170805-00000148-dal-base

     ◇セ・リーグ 広島7―4DeNA(2017年8月5日 横浜)

     広島・薮田和樹投手(24)が、3年目で自身初の2桁勝利となる10勝目(2敗)をマークした。
     立ち上がりの初回、5安打を浴びて3点を失ったものの、力のある直球で6回を8安打4失点(自責3)、10三振を奪った。これで5月末の先発転向後は8戦7勝1敗。クオリティースタート(6回以上、自責点3以下)は7度目と試合をつくり、チーム一番乗りで10勝の大台に到達した。

     打線は2―3の5回に新井の適時打で同点とし、西川の中犠飛で勝ち越した。1点リードの7回にはバティスタの8号2ランと11安打で7得点と薮田を援護。2位・阪神が勝ったため、マジック点灯はお預けとなったが、1引き分けを挟んでの連敗を2で止めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170805-00000131-spnannex-base

    このページのトップヘ