広島カープブログ

広島カープファンが作る、広島カープのまとめブログです!

    西川龍馬

     2016年の新人王は、セ・リーグが阪神の高山俊、パ・リーグは日本ハムの高梨裕稔が受賞した。近年は大学、社会人1年目選手の受賞が続いていたが、高梨は大卒3年目での受賞。高卒から新入団した選手以外の3年目以上の受賞は、高梨が史上初めてだった。

     今年の新入団選手には好投手が多く、パ・リーグはソフトバンクの田中正義(創価大)、ロッテの佐々木千隼(桜美林大)、オリックスの山岡泰輔(東京ガス)。セ・リーグは広島の加藤拓也(慶大)、ヤクルトの星知弥(明大)、中日の柳裕也(明大)らが早くも新人王候補に挙げられている。

     2年目以降でも、塹江敦哉(広島)、熊原健人(DeNA)、望月惇志(阪神)、野田昇吾、本田圭佑(ともに西武)ら楽しみな投手が多く、野手の西川龍馬(広島)、真砂勇介(ソフトバンク)、平沢大河(ロッテ)らも資格(支配下登録5年以内、投手30イニング以内、野手60打席以内)を有している。

     中でも2年目を迎える広島の西川は、1年目から内野のバックアップとして25年ぶりのリーグ制覇に貢献。菊池涼介、田中広輔、ルナ、安部友裕らの存在もあり62試合の出場にとどまったが、打席数は58で同資格を残した。

     飛躍が期待される2年目。主戦場の遊撃には切り込み隊長の田中がいるが、ルナが去ったあとの正三塁手候補のひとりとして期待されている。その座を安部や堂林翔太らと争うことになりそうだが、1年目から打率.294をマークした打撃センスは魅力的。守備力も高く、菊池、田中の控えとしても計算できる。

     社会人・王子を経ての入団だが、年齢は大谷翔平や鈴木誠也と同じ22歳。緒方監督は連覇の条件に昨季の鈴木のような若手の台頭を挙げており、その中に西川が含まれていることは間違いない。

     大ブレークした鈴木が「天才」と称す期待の2年目・西川龍馬。レギュラーを勝ち取ることができれば、自ずと新人王に近い位置にいるはずだ。

    <2016年ブレークした男:広島田中広輔内野手>

     広島のビッグレッドマシンガンと呼ばれた強力打線をけん引したのは、赤ヘル伝統の機動力野球を体現した田中広輔内野手(27)だった。

     遊撃手として全試合フル出場を果たし、主に1番として打率2割6分5厘、13本塁打、39打点、28盗塁。リーグ10位の出塁率3割6分7厘で塁上をかき回し、同学年のキクマル(菊池、丸)と形成した上位トリオは、他球団の驚異となった。102得点はリーグトップタイの数字だ。

     強気な上、気持ちの切り替えのできる強い精神力は1番打者向きだった。相手の執拗(しつよう)なマークに死球はリーグトップの17を数えた。それでも内角攻めに果敢に踏み込み、逃げなかった。12球団最多となる679打席立っても集中力を落とさず、粘り強い打撃を徹底した。「難しかったですけど、シーズン中盤からやりがいを感じた。あまり打順にこだわりはなかったが、1番をこれからもやっていかないといけない。一番打席に立った中ではしっかり塁に出られたかなと思う」。駆け抜けた1年に手応えと自信を感じた。

     17年は「1番・遊撃」としてフルイニング出場を目標に、三振減と失策減を誓う。大下剛史や高橋慶彦、野村謙二郎など、広島の黄金期を彩ったリードオフマンの系譜に、自分の名前を刻む。【広島担当=前原淳】


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161230-01756956-nksports-base

     25年ぶりにリーグ優勝を果たした広島。今季はファースト・新井貴浩、セカンド・菊池涼介、ショート・田中広輔、センター・丸佳浩、ライト・鈴木誠也と5人が規定打席に到達した。

     内野はサードを除いた3つのポジションで規定打席に到達。サードが1つ課題のポジションといえそうだ。今季はプロ9年目の安部友裕がチーム最多の58試合で先発出場し、次いでルナの53試合、小窪哲也の15試合とレギュラーを固定することができなかった。

     今季中日から加入したルナがレギュラーを掴むかと思われたが、故障で離脱した期間が長く、来日後、自己最少となる67試合の出場にとどまり、打率.272、5本塁打、34打点に終わった。守備では53試合で10失策を記録し、今オフに自由契約となった。

     ルナが抜けたが、現時点で新助っ人獲得の発表がされていない。今季サード最多出場の安部を始め、堂林翔太、西川龍馬らで、レギュラー争いが繰り広げられることが予想される。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161208-00098085-baseballk-base

     広島の鈴木誠也外野手(22)が14日、今オフもソフトバンク・内川聖一外野手(34)と、合同自主トレを行うことを明かした。昨オフに続き2度目。13日まで行われていた侍ジャパンの合宿中に志願し、快諾を得た。「神ってる」2016年を終え、真価の問われる17年。WBC本戦出場、連覇に向け、再び内川道場で飛躍を期す。



     鈴木は既に先を見据えていた。侍ジャパン強化試合の最終戦となった13日・オランダ戦。「神ってる」シーズンを劇的な満弾で終え、「またな!!」と球場のファンに再会を約束した。収穫と課題を手にした1年。さらなる成長を期して、再び内川道場の門を叩く。

     「僕はそのつもりでお願いしました。内川さんの考え方、スイングを見て、勉強することはたくさんある」

     飛躍の1年だった。プロ4年目の今季は129試合に出場。初めて規定打席に到達し、リーグ2位の打率・335、同5位の29本塁打、同5位の95打点と、リーグ屈指の成績を残した。記録だけじゃなく、記憶に残るプレーも多々。きっかけは今年1月、内川との合同自主トレだった。

     内川は2008年から、7年連続で打率3割を達成。球界の右打者史上、最高打率の記録保持者でもある。自主トレでは力の入れ方や、バットの出し方、打席での考え方を教わった。代表合宿中もシーズンで得た経験を相談。「自分の中で出てきた感覚があるので伝えて、内川さんの感覚を聞いたりした」と師から助言を受けた。

     日の丸を背負って戦う重圧を感じた8日間だった。強化試合4戦で、3試合にスタメン出場。計16打数5安打6打点と、初選出で確かな足跡を残した。「いいスイングもあれば、うまくいかない打席もあった。対応はできたと思わないけど、動く球を見ることができたのも収穫でした」。相手は初対戦の外国人投手ばかりだった。経験は来季につながる。

     「来年もこういう結果を残せるとは思っていないので。課題もたくさんある。動く球やクイックへの対応。打撃フォームを大きく変えることはないけど、1つ知識が増えた。来年にも生きると思う」

     この日、東京から帰広。今後も継続して練習を続けていく。来年3月のWBC本戦選出も決定的な状況だ。「今のチームの中にもっとすごいメンバーが入ってくる。肌で感じてみたいですし、来て打者のレベルの高さを感じたので」と鈴木。まだまだ無限の可能性を秘めている。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161115-00000010-dal-base

     大ベテランの新井貴浩から、菊池涼介、丸佳浩、田中広輔らの中堅、そして若手の鈴木誠也に至るまで、各世代の主力が軒並み絶好調だった今季の広島。

     中堅~若手がきっちりと成長した姿を見せ、今後の黄金時代到来を予感させる強さを見せたが、その中でブレイクの兆しを感じさせる楽しみなルーキーが現れた。ドラフト5位の内野手・西川龍馬である。

     大阪府出身の21歳。北陸屈指の強豪・敦賀気比高では1年秋から遊撃手のレギュラーを奪取。2年秋からは主将を務め、県大会、北信越大会で優勝。チームをセンバツ出場へと導いた。

     高校卒業後は社会人・王子に入団し、1年目から公式戦に出場。3年目には3番・遊撃手のレギュラーに定着し、日本代表メンバーとして第27回BFAアジア選手権にも出場を果たしている。


    引用元 http://baseballking.jp/ns/column/89530

    このページのトップヘ