広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    西川龍馬

    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

     言うなれば「小窪の魂、百まで」だ。今オフ広島の選手会長が会沢翼捕手(29)に代わった。前任者の小窪は2年間の任期を全う。その小窪やベテラン新井、石原らの推薦で、会沢にすんなり決まった。新選手会長はいつも「基本的には小窪さんがやってきたことを引き継ぐこと。チーム一丸を重視したい」と言う。連覇を果たした広島の武器は一体感。小窪の奔走を副会長として一番近くで見た会沢には“イズム”がある。


     初仕事は選手会長になったその日。11月末の選手会納会だった。ミーティングの後、会沢は25歳以下の選手を集めた。鈴木、西川、野間らを前に「お前たちがしっかりしないと、これからのカープは強くならないぞ。私生活でも、オンオフしっかりしよう」と語りかけた。その心は、「(強さの原動力を)次の世代につなげていかないと」。小窪会長時代に目が届かなかった世代に、会沢がイズムを伝えたことになる。

     当然会沢の色もこれから出るだろう。小窪は「僕より決断力、行動力もある。3連覇、日本一に向かって色を出していってほしい」と語っていた。もう長い低迷期はゴメンだ。他球団にはないような団結力。根本は変わることなく、広島は強さを維持していくはずだ。【広島担当 池本泰尚】

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171212-00073393-nksports-base

     広島・新井貴浩内野手(40)が1日(日本時間2日)、優勝旅行先のハワイで球団史上初リーグ3連覇へ自信を見せた。セの他球団は大補強を展開中。4位・巨人は西武からFAで獲得した野上に加え、今季中日でプレーした本塁打王・ゲレーロがターゲット。3位・DeNAも阪神から大和をFAで獲得し、2位の阪神は前韓国・ハンファの大砲・ロザリオを狙っている。

     そうした他球団の動きにも、新井は泰然自若。「うちが連覇しているわけだから、向こうも負けないと思っている」と冷静に受け止め「自分たちはまだまだ若いチーム。これから伸びしろがあるチーム」と戦力の底上げに手応えを示した。

     今季1軍で出場機会を増やした西川、野間、バティスタらに加えて、ファームには打撃センスが光る坂倉らが控える。来季は今夏の甲子園を沸かせた怪物・中村(広陵)も新加入。「カープの伝統である猛練習で、各自のレベルがワンランク上がればチーム力は上がっていく」と新井は深くうなずいた。

     この日はホノルルで家族との時間を楽しんだ。2年連続の参加に「いいよね。ゆっくり過ごせて、リラックスできる時間だと思う」と満喫。頭の中は「トレーニングしないといけない」と野球でいっぱいだが、しばしの間、リーグ連覇のご褒美に浸る。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171203-00000040-dal-base

     広島の西川龍馬内野手(22)が26日、マツダスタジアムを訪れ、来季の目標に自身初となる2桁10盗塁以上を掲げた。今季は95試合に出場し4盗塁。3年目に向け「盗塁が増えれば自分自身の幅が広がる」と意欲を示した。

     機動力を大きな武器とするチームにあって、足でアピールするには大変な努力を要する。そんな中、今季初盗塁を決めるなど盗塁への意欲が高まってきた西川は「2桁はしたい」と力を込めた。

     今季チーム盗塁数112はリーグ断トツ。田中が35盗塁で盗塁王に輝き、チーム2位の安部が17、同3位の鈴木が16と上位5選手は10盗塁以上だ。それに西川が割って入る。

     今季限りで退団した河田前外野守備走塁コーチ(現ヤクルト)にキャンプ、シーズンを通して指導を受けてきた。「スタートや体の使い方を教えてもらいました」。低い姿勢を保ちながら加速するのが成功への道。そのために今オフは肉体強化に汗を流す。

     食事と筋力トレで筋肉量を増やし、現在の体重73キロから来春キャンプまでに77キロにするのが目標。強じんな下半身ができれば、スタート直後にバランスを保つことができる。

     侍ジャパンの一員として優勝した「アジアプロ野球チャンピオンシップ2017」の韓国との開幕戦。7-7の同点となった直後の延長十回2死一塁で二盗を決め、サヨナラ勝利につなげた。緊迫した状況でも物おじしない強い精神力がある。

     天才的な打撃に加え、走力をアピールできれば勝利、そして自身の三塁レギュラー獲得に近づく。来季は積極的にグラウンドを駆け巡る。

    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/11/27/0010767355.shtml

     試合終盤の大事な局面で登場する代打。その一振りが勝敗を分けることも多く、非常にプレッシャーがかかるポジションだ。

     その代打で成功率が高かった球団はどこだったのかを見ていきたい。セ・リーグで代打成功率が高かったのは広島の.260だ。7月7日のヤクルト戦(神宮)では代打で登場した新井貴浩が逆転の3ランを放ち試合を決めた。非凡な打撃センスを持つ2年目の西川龍馬は、代打で打率.341、2本塁打、13打点をマークした。レギュラーの競争が激しい広島では、エルドレッド、松山竜平といった選手たちも代打で登場することもあった。

     一方で代打成功率が最も低かったのがDeNAの.156。昨年は下園辰哉が代打でリーグトップの11打点を挙げるなど、代打成功率はリーグトップの.248を記録した。今季はCS、日本シリーズで乙坂智、細川成也が代打で存在感を見せたが、乙坂はシーズンで代打での打率が.148と振るわなかった。

    【代打成功率ランキングセ】
    1位 .260 広島
    2位 .246 中日
    3位 .238 巨人
    4位 .223 阪神
    5位 .187 ヤクルト
    6位 .156 DeNA

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171125-00139115-baseballk-base

     広島は22日、安部友裕内野手の背番号を60から6に変更すると発表した。中村恭平投手は22から64に変わる。

     新入団選手の背番号も決まり、ドラフト2位指名の山口翔投手(熊本工高)は47、3位指名のケムナ・ブラッド・誠投手(日本文理大)は29となった。 


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171122-00000116-jij-spo

     「ENEOS アジアプロ野球チャンピオンシップ2017・決勝戦、日本-韓国」(19日、東京ドーム)


     侍ジャパンが西川(広島)の特大ソロで1点を追加した。

     6-0で迎えた7回、先頭打者として打席に入った西川が真ん中から内寄りの甘い球を一閃。高々と舞い上がった打球は、ポールの上空を越えて右翼席上段に着弾した。

     前の打席で右中間を破る2点タイムリー適時二塁打を放つなど、この日は3安打の大当たり。若き侍が打線爆発でリードを7点に広げた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171119-00000138-dal-base

     「広島秋季キャンプ」(17日、日南)

     広島・高ヘッドコーチが「ENEOSアジアプロ野球チャンピオンシップ2017」に出場中の侍ジャパン・西川の活躍に目を細めた。

     16日の韓国戦(東京ドーム)。西川は7-7の同点に追いついた延長十回、2死から右前打と二盗で好機を作り、続く田村の左中間二塁打でサヨナラのホームを踏んだ。

     日南市内のチーム宿舎でテレビ観戦したという高ヘッドコーチは「ライト前に打っていたね。頑張っとるね」とうれしそうだった。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171117-00000128-dal-base

    このページのトップヘ