広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    西川龍馬

     「広島秋季キャンプ」(9日、日南)

     広島・西川龍馬内野手(24)が9日、日南秋季キャンプに参加し、来季自己ベストの打撃成績を残すためにも集中の秋を継続していく意欲を示した。今季、打率・300に届かなかった原因を「集中力」と自己分析。今キャンプは守備がメインで打撃は自主練習が多いが、打席に入れば“一振不乱”。ランチ特打でも心地良い快音を響かせまくった。

     日南の日差しを浴び、西川は眼光鋭くバットを振り続けた。松山と2人のみで行ったランチ特打。左腕の打撃投手相手には36スイング中7本の柵越えを記録するなど快音を奏でた。進化へ「集中力だけですね」と語り、「ランチ(特打)も周りに何もない状態で、より集中できる。今日はわりかし良かった」と好感触を示した。

     規定打席に初めて到達したプロ4年目は打率・297。好成績を残すも、「1、2打席目あかんかったら、集中力が欠けていた。そこを集中していれば、3割いけたかなというのはあった」と言う。それだけに、一球一球に集中している秋だ。

     今キャンプは守備がメインで、打撃面は自身に任せられている部分が多い。午後の打撃ローテには入っていないが、この日の午後も自主的に右翼奥の屋内練習場で約1時間黙々とバットを振り、感覚を研ぎ澄ませた。

     打撃センスピカイチの背番号63。東出2軍打撃コーチも「技術については言ったことがない。(課題は)集中力の使い方」と説明し、「ウソ偽りなく、3割3分3厘は打てる」と太鼓判を押した。

     今季は主に外野での出場だったが、この秋は三塁の練習も再開している西川。「内野守備も下半身を意識して、(打撃に)つながっていけば」。前だけを見据え、プロ5年目も結果を残していく。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191110-00000030-dal-base

    広島林晃汰内野手(18)が5日、秋季日南キャンプの紅白戦で決勝打を含む2安打とアピールした。


    前回の紅白戦で無安打に終わった結果から、新打法の意識を大きく変えた。先輩西川の助言も、実戦での好結果につながった。内容や取り組む姿勢も首脳陣は評価。初の1軍キャンプで得られるものは、経験だけではない。球団期待の長距離砲は、実り多き秋にする。     ◇     ◇    ◇

    力をバットにぶつけた。紅白戦の5回2死一塁。林は、平岡の直球を強振した。右翼線への二塁打となり、一塁走者を本塁にかえした。前の打席でのキャンプ初安打に続く初長打が、勝ち越し打となった。負ければ坂道ダッシュが待っていた白軍野手を救う一打で、首脳陣の評価を高めた。

    佐々岡監督 必死にアピールしようとしているのが見えた。必死に食らい付いて、1戦目と2戦目で違うものを見せてくれた。

    新指揮官は若い選手に「失敗した後のプレー、取り組む姿勢」を何より求める。キャンプ初実戦となった3日の紅白戦で林は4打数無安打に終わった。奥歯をかみしめ、打撃の意識を変える覚悟を抱いた。キャンプインと同時に軸足に重心を残す打法に変えたが、映像を見るとイメージと実際のフォームに違いがあった。「もっと極端にやってみよう」。捕手側に上体が傾くほど、重心を100%軸足に残すように変えた。

    同じ右投げ左打ちの西川の助言もヒントとなった。「もっと打ちに行っていい」。探るようにゆっくり体重移動するのではなく、投球に力強くぶつけるように移動させるようにという指摘。紅白戦前の打撃練習から「バットに(球を)乗せて打てている感じが出てきた」と変化を感じた。東出打撃コーチも「つかみかけている。1日で飛距離が変わった」と目を丸くした。

    結果が出なかった後の行動で、林は結果と内容をものにした。長打も出た。その姿こそ、佐々岡監督が望むもの。練習最後のロングティーでは東出打撃コーチから他の選手の約2倍の500~600球をトスされながら、最後まで力強く振り抜いた。「スイング(スピード)や長打。そこを求めつつ、その上でアピールしたい」。今こそ、バットを振って、振って、振り抜くときだ。【前原淳】

    ◆林晃汰(はやし・こうた)2000年(平12)11月16日、和歌山・岩出市生まれ。岩出小1年から「岩出ヤンキース」で捕手、三塁手として野球を始める。岩出中では「紀州ボーイズ」に所属。2、3年と全国大会出場。智弁和歌山では1年夏からベンチ入り。18年ドラフト3位で広島入団。1年目は2軍でチーム3番目に多い102試合に出場、打率2割2分5厘、7本塁打、35打点。182センチ、90キロ。右投げ左打ち。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191105-11050895-nksports-base

    ◆広島紅白戦 白組2―7紅組(3日、宮崎・日南市天福球場)

     佐々岡真司監督(52)の“初采配”で「いとしのレイラ」が躍動した。宮崎・日南秋季キャンプ2日目に監督就任後の初実戦となる紅白戦を行い、2017年育成ドラフト2位の藤井黎来(れいら)投手(20)=182センチ、92キロ=が好投した。紅組の3番手として2回2安打1失点(自責0)ながら、力強い直球と落差の大きいフォークで西川ら1軍メンバーを翻弄。投球内容を指揮官に高評価された。

     6回2死一、二塁。カウント1―1から藤井黎が投げたフォークが外角低めにストーンと落ちた。空振りした西川が「ウソだろ?」という表情でミットに収まった球を振り返る。セ・リーグ6位の打率2割9分7厘をマークしたバットマンに臆することなく、次は内角直球で勝負。芯で捉えられたが力で勝って右飛に仕留めた。背番号121の育成右腕は「フォークはちょっと通じてるのかなと思ったりします」と遠慮気味に胸を張った。

     「タケルさん(今村)や一岡さんのような中継ぎのフォークピッチャーにあこがれています」という20歳。プロでの最速は147キロで、この日も安定して142~4キロを投げられた直球の精度も非凡だ。1点ビハインドの5回から登板して、6回に4点の援護点をもらったことで、佐々岡政権初の“勝利投手”も転がり込んだ。そんな指揮官も「真っすぐとフォークがいいという報告が(コーチ陣から)入っている中で、力をつけているなという感じはしました」。ルーキーイヤーの昨季は2軍投手コーチとして指導し、今キャンプで1軍に抜てきした“いとしのレイラ”にゾッコンだ。

     黎来(れいら=NPBでの登録名は旧字体の「黎來」)という珍しい名前。両親に「黎明(れいめい)の『黎』は、時代の始まり(にふさわしい人)。『來』には人という文字が3つ入っているので、人がいっぱい集まるように」という意味で名づけられたという。ロックバンド「デレク・アンド・ザ・ドミノス」時代のエリック・クラプトンの代表曲「いとしのレイラ」は「聞いたことないです。今度、YouTubeで聞いてみます」。約半世紀前の名曲は知らないが、レイラが令和のカープを背負って立つ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191103-00000170-sph-base

     広島・西川が25日、後輩の指名を歓迎した。

     母校・敦賀気比の木下元秀外野手が育成ドラフト2位で指名され、東監督から連絡があったという。

     木下は2年時の昨年はエースとして、今夏は4番として2年連続の甲子園出場に大きく貢献。今夏は甲子園で12打数7安打6打点と大活躍した。

     西川は面識こそないものの、木下の甲子園でのプレーは記憶しており、「一緒の高校から入ってきてくれるのは楽しみです」と声を弾ませていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191025-00000135-dal-base

     今季外野のレギュラーを奪った広島・西川が14日、マツダスタジアムでの秋季練習で三塁練習を再開した。


     午後の特守で約1時間、山田内野守備走塁コーチのノックを受けた。高ヘッドコーチは「今年外野に行って自信を付けたから、よく考えたい」と本格的なコンバートには否定的。西川は「下半身強化になるし、バッティングにもつながる」とプラスに捉えていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191014-00000107-dal-base

    広島佐々岡真司新監督(52)のカラーが早くも出た。今季打撃で好結果を残した西川、磯村2選手が、本職とは違うポジションでノックを受けた。



    全体練習後の特守に、西川が外野用グラブから内野用グラブに持ち替え、磯村は捕手ミットから一塁グラブに持ち替えて姿を見せた。佐々岡監督は「秋なのでやらせているところもある。ひとつの狙いでもある」と説明。複数ポジションは今秋のテーマであり、2選手の打力を生かして起用の幅を広げる考えだ。

    2人が本職とする外野と捕手は層が厚い。外野は右翼の絶対的主力の鈴木のほか、長野や野間、松山らが控える。また捕手はレギュラーの会沢がFA権を行使せず残留し、ベテラン石原や若い坂倉もいる。西川は今季中堅のレギュラーを奪い、初めて規定打席に到達して2割9分7厘の高打率を記録。磯村も限られた中で代打率3割2分3厘と勝負強い打撃がみられた。チームとして固定できないポジションで起用の可能性を広げることは、そのままチーム力アップにもつながる。一昨年まで主戦場とした三塁再挑戦となる西川が「プラスに考えたい」と前向きにとらえれば、磯村も「僕にとってはいいことだと思ってやろうと思う」と意欲を示した。新指揮官は、現有戦力を最大限に発揮する術を探る。【前原淳】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191014-10140609-nksports-base

     広島・緒方孝市監督(50)が1日、今季限りでの辞任を表明し、マツダスタジアムで記者会見を開いた。

     緒方監督の辞任を受け、選手は感謝の言葉を並べた。松山は現役、コーチ、監督時代と長い時間を共有した。今季は開幕「5番」で起用されながらつまずき貢献できなかった時期があった。チームは4年ぶりにBクラスで終戦。「今年のチームの成績は僕に責任がある」と唇をかんだ。

     打率.259、6本塁打、49打点と不本意な1年から巻き返しを図る来季。「監督5年間の中でほぼ主力として使ってもらい、育ててもらった。(結果を残して)恩返しができたら」と前を向いた。

     打力を生かすため外野に挑戦した西川は定位置をつかみ取った。「去年も(内野で)あれだけエラーしても使ってもらえた。外野は素人。(今年は)我慢して使ってくださったことに感謝しています」と力を込めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191002-00000031-dal-base

     広島が25日、マツダスタジアムで全体練習を行い、小園海斗内野手(19)が居残りティー打撃を敢行した。

     先輩たちの居残り練習も一段落したところで、ドラフト1位の若武者がティー打撃用のネットに向かった。そこには東出、迎の両打撃コーチが待ち構えていた。マンツーマンではなく“ツーメンツーマン”の豪華な指導。両コーチの言葉にうなずきながら、時折笑顔、時折厳しい表情を浮かべて、1球ずつ丁寧にスイングを続けた。

     9月10日の段階で打率は2割3分3厘だったが、以降の9試合で29打数3安打と振るわず2割1分3厘に下降した。主にスイングの際につくるトップの形について指導を受けたという小園は「できているときもあるんですが、バラバラなので率が残せていない。当たり前のことができる(鈴木)誠也さん、(西川)龍馬さんのような選手に自分もなりたいです」と語気を強めた。

     今後はポストシーズンだけでなく、長く正遊撃手として鯉を引っ張っていくべき存在。「使っていただけるのは本当にうれしいことです。まずチームに1つでも貢献できるようにやっていきたい」。まずは勝てば3位が確定する27日の今季最終戦(中日戦・マツダ)で、持ち前の全力プレーを見せつける。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190925-00000137-sph-base

     全国各地で行われていた全国高校野球選手権大会の地方大会が終了した。今大会でもっとも注目されていた佐々木 朗希を擁する大船渡高校(岩手県)は岩手大会の決勝で敗退。3年間で1度も甲子園の舞台に立つことは叶わなかった。また、及川 雅貴(横浜高校)や西 純矢(創志学園高校)も地方大会で散った。

     プロ野球の世界を見渡しても、最後の夏に甲子園へ手が届かなかった選手は多い。

     そんな中、7月27日のヤクルト対広島(神宮)の試合では、最後の夏に甲子園へ出場できなかった同世代の広島の選手たちが結果を残し勝利に導いた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190730-00010011-hbnippon-base

     「広島3-0中日」(10日、マツダスタジアム)

     広島・西川龍馬外野手が超美技で魅せた。

     八回無死一塁から代打・堂上が放った右中間後方の大飛球をランニングキャッチ。「奇跡です。ボールを見ながら走りました。良かったです」と振り返っていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190910-00000152-dal-base

    このページのトップヘ