広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    西川龍馬

     2軍調整中の広島・安部友裕内野手が11日、マツダスタジアムで行われた全体練習に参加。シート打撃で攻守にわたって存在感を示した。


     九里と対戦した第1打席では右越え三塁打。第3打席でも左中間を破る二塁打を放ち3打数2安打だった。守備では三塁を守り、小窪の左翼線を抜ける当たりに飛びつくファインプレーをみせた。

     練習後は「一から頑張ります」と話した。

     安部は開幕から打撃状態が上向かず、6月14日に出場選手登録を抹消された。48試合に出場し打率・179,1本塁打、11打点。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180711-00000124-dal-base

     「巨人-広島」(8日、東京ドーム)

     広島・岡田明丈投手が4回9安打6失点(自責5)で降板。今季7勝目はならなかった。

     初回は先頭の坂本勇に中越え二塁打を許したが、後続を断ち無失点スタート。だが1点リードの二回2死一、二塁で今村に中前適時打を浴び、同点とされた。

     2-1の四回には2四球で2死一、二塁とされると、吉川尚に左翼線への2点適時二塁打を放たれ逆転を許した。その後も1点を追加されると、なお一塁で岡本に右中間への2ランを被弾。一挙5点を奪われ、この回まででマウンドを降りた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180708-00000100-dal-base

     広島・西川龍馬内野手(23)が3日、今季6度目の試合中止を受けてマツダスタジアムに隣接する室内練習場で汗を流した。プロ3年目の今季は勝負強い打撃を生かして、三塁のレギュラーに定着している。西川はサッカー日本代表・長友のコメントに影響を受け、ポジティブシンキングで三塁を死守する。

     蒸し暑い室内練習場で、爽やかな汗を飛ばした。悪天候のため、午前11時半に試合中止が決定。フリー打撃、ノックなどで調整した西川は三塁レギュラー死守へ、謙虚な言葉に決意をにじませた。

     「たまたまいいところに飛んでくれているだけです。でも去年より打てている。立て続けに頭から出ることはなかったので。4打席あるのは全然違う。最後まで出たいですね」

     今季は春先に調子が上がらず、2軍降格を味わったが、5月下旬に三塁定位置を奪取。ここまで43試合に出場し、打率・296、2本塁打、17打点と好調を維持している。「去年は全部芯に当てて打とうと思っていたけど、詰まってもいいと思えるようになった」。打席数を重ねることで配球を読んで打席に立つなど、気持ちに余裕も生まれたという。

     サッカー日本代表・長友の言葉にも感銘を受けた。ベルギー戦はテレビ観戦できなかったが「長友さんのプレーもそうだけどポジティブな受け答えが印象に残った」と言う。ベルギーに敗れた後も長友は「悔いはない」とコメント。西川は「僕は何も考えないというか、なるようになるという考え。ポジティブに生きたいと思った」と影響を受けた。長友のように前向き、ポジティブに。不動の三塁への道を、龍馬がゆく。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180704-00000030-dal-base

     長嶋茂雄、中西太、藤村富美雄、掛布雅之、小久保裕紀、原辰徳……。彼らに共通するのは、「三塁手」であるということ。名だたる名選手の名が挙がり、ホットコーナーとも呼ばれてチームの中心選手がそのポジションを担うことが多い。


     先に名前を挙げたように、歴代の三塁手たちは強打者揃いである。長嶋茂雄氏に代表されるように「4番・サード」は花形だった。ところが、今季のプロ野球では、その三塁手が“人材不足”となりつつある。

     近年の球界を代表する三塁手として、その筆頭に名前が挙がっていたのはソフトバンクの松田宣浩だろう。侍ジャパンの常連として名を連ねてきた“熱男”だが、今季は大不振に苦しんでいる。ここまで71試合で252打数54安打14本塁打36打点、打率.214と低調。1日のロッテ戦では5回終了で途中交代を命じられた。

     もう1人、近年で強打の三塁手として名前が挙がるのは、西武の中村剛也。通算360本塁打を放っているスラッガーではあるが、こちらも今季は大不振。29試合で99打数13安打3本塁打8打点、打率.131となっている。西武では売り出し中の外崎も三塁手を守っており、こちらの方は打撃成績を残している。

     外崎とともに結果を残し、現在球界でナンバー1と言える三塁手はDeNAの宮崎敏郎だろう。昨季のセ・リーグ首位打者は今季も打率.321のハイアベレージをマーク。今季はすでに昨季に並ぶ15本塁打を放っており、パンチ力もアップした。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180703-00146160-fullcount-base

     「阪神6-11広島」(24日、甲子園)

     広島・堂林翔太内野手が決勝点につながる大仕事を果たした。


     同点の九回無死二塁で代打出場。難しい場面の中、ドリスの内角高め150キロ直球をバントでうまく三塁線へ転がし、右腕の悪送球を誘った。一塁側ファウルゾーンを転々とする間に二走・西川が生還。「ドリスがバント処理できないのは頭に入っていた。来た球に対して素直にいきました」と納得の表情を浮かべた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180624-00000137-dal-base

    <阪神6-11広島>◇24日◇甲子園

     阪神小野と広島岡田の投げ合い。広島は1回、菊池の犠飛で先制。阪神は岡田を崩せず、3回まで1安打無得点。

     広島は同点の6回に鈴木、松山、野間の3連続適時打などで5点。阪神は6回2死満塁から原口の中前適時打で2点を返した。

     6-6の9回、広島は1死満塁から阪神ドリスの暴投で勝ち越し、鈴木が10号満塁弾を放ち3連勝。阪神は単独最下位となった。

     広島アドゥワが2勝目、阪神ドリスは3敗目。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180624-00248040-nksports-base

     「阪神3-11広島」(23日、甲子園球場)

     首位・広島が一発攻勢で阪神に大勝し、交流戦明け2連勝とした。


     初回1死一塁で、丸がカウント2-2から6球目、岩貞の低め変化球を右翼席へ運ぶ先制アーチ。3試合連続の10号2ラン。「打ったのはチェンジアップ。何とか食らいついていきました。結果的に良い先制点になりました。手応えも良かったですね」。

     2-0の五回には丸が右翼ポール際へ運ぶ11号ソロで加点。「良いスイングでしっかり捉えることができました。追加点につながって良かったです」とコメントした。自身今季初、17年7月6日・巨人戦以来、通算7度目となる1試合2本塁打でリードを広げた。

     六回には西川が2号3ラン。2番手・守屋の3球目、131キロスライダーを捉え、右翼スタンドへ。「チャンスだったので積極的にいきました。うまく前でさばくことができました」と振り返る一発で突き放した。

     3点差に追い上げられた八回には鈴木の犠飛で1点を加えると、九回には下水流の2号2ランなどで4点を奪い、2桁11点を挙げた。

     投げては4月26日のDeNA戦以来の登板となった野村が5回2/3を4安打無失点で、4月6日以来の3勝目。復帰登板を見事、白星で飾った。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180623-00000132-dal-base

     大阪育ちの広島・西川龍馬内野手が19日、公式ブログを更新し、大阪で18日早朝に発生した大地震への思いをつづった。

     「皆様」と題したブログで「昨日の朝、自分の育った大阪を中心に大地震に見舞われたとの報道を見て大変驚きました。私の両親、兄弟、実家は幸いにも無事で安心しました。しかしながら、避難を強いられ大変なお思いをされている方がいらっしゃることも報道で知りました。そしてまだまだ余震も続いていますし、大きな不安の中で生活をされている方もたくさんいらっしゃると思います。一日も早く平穏な気持ちで過ごせる日常が来る事を願うばかりです」とつづった。

     高校は福井の敦賀気比、社会人は愛知の王子そしてプロ入り後は広島で過ごしている。しかし、小、中学と大阪で過ごし今も実家は大阪にある。それだけに大阪のことが気になるようだ。「自分は野球選手なので、一生懸命プレーする姿を見て頂く事しか出来ません。少しでも喜んで頂けるようなプレーが出来るように、しっかり頑張ります」と締めた。

     西川は2015年度ドラフト5位で広島に入団。ルーキーイヤーの2016年は開幕1軍入りを果たし、2戦目でプロ初打席初安打を記録。シュアな打撃で連覇に貢献。昨年は第1回アジア・プロ野球チャンピオンシップの日本代表に選出された。3年目の飛躍が期待された今季は、開幕当初から打撃不振に陥り、2軍落ちも経験。現在は1軍に復帰し、22日からペナントレース再開に備えている。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180619-00000085-dal-base

    <日本生命セ・パ交流戦:広島3-0楽天>◇10日◇マツダスタジアム

     広島は先発九里が6回無失点と好投すると、7回に西川が今季1号となる先制3ランを右翼席に突き刺した。7回からは勝ちパターンの今村、ジャクソン、中崎のリレーで逃げ切り。今季4度目の同一カード3連勝で貯金を11、交流戦の貯金も1とした。広島緒方孝市監督(49)の談話は以下の通り。

     緒方監督(自ら語りだし)九里がナイスピッチングでした。本当にしっかり抑えてくれた。この3連戦、先発投手がしっかりゲームをつくってやってくれた。中継ぎ陣もしっかりと仕事をしてくれた。

     -西川が大きな1発

     緒方監督 西川がね、2アウトから。あつ(会沢)がつないでくれて、西川がまさか、まさかの1本やったね。びっくりした。

     -西川は状態が上向いている

     緒方監督 1回、下で調整してもらって上がってきてからはすごい数字を残しているでしょ。あとは痛いかゆいと言わずにやってもらうだけです。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180610-00234965-nksports-base

    このページのトップヘ