広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    西川龍馬

     広島・西川龍馬内野手(24)が13日、鹿児島県・徳之島で自主トレを公開した。今オフから日本ハム・近藤健介外野手らの合同自主トレに参加。2017年に打率4割超の球団最長記録を更新した“4割男”近藤から打撃にお墨付きを与えられ、今季の活躍に太鼓判を押された。昨季は107試合出場で打率・309、6本塁打、46打点。巨人から長野が加入するが、自慢の打撃に磨きをかけ、レギュラーを目指す。



     気温20度。徳之島の温暖な気候の下、西川は思う存分、体をいじめていた。近藤の自主トレメニューは刺激的で超ハード。午前中は体幹トレ、ダッシュ、キャッチボール、ノック、フリー打撃をこなし、午後は特打やウエートなどで汗を流す。

     「暖かいし、外でやれるのはいいですね。みんな意識が高い。メニューはキャンプよりきついですよ。体はもう仕上がってます」

     1日約7時間トレ。今回のために作製された「チーム徳之島」のTシャツは汗びっしょりだ。約2週間の“島ごもり”。過酷な環境に身を置いても、顔つきは充実感に満ちていた。

     一昨年の侍ジャパンで近藤と意気投合し、今回の合同自主トレが実現した。近藤は17年に故障で規定打席未到達ながら53試合、231打席で打率・413をマーク。同じ左打ちのヒットメーカーの姿に、西川はくぎ付け。超一流の技術を吸収しようとまなざしを向けている。

     「コン(近藤)さんはきれい。構えから打ちそうでしょ。打つまで、打つ瞬間、打った後も体がぶれないですから。右膝も開かないし、壁ができている、練習もこれだけやったら打てると思います」

     練習中は互いの打撃を動画撮影し、意見交換するという。憧れの人と過ごし、意識も一段と向上した。昨季107試合に出場し、打率・309、6本塁打、46打点。プロ4年目の今季はレギュラーとして規定打席到達が目標だ。さらに「いつか一緒に首位打者を取りたい。今はそういうレベルじゃないけど首位打者、最多安打のタイトルを取りたい」と高い志を口にする。

     そんな西川の野望を伝え聞いた近藤は「僕もそこは目指しているところです」とうれしそうに笑った。「見習うところが多い。何か盗めたらいいと思っています。意識も高い。龍馬も試合に出たら、いい成績を残すと思います」と今季の活躍に太鼓判を押した。

     西川は昨秋から外野に本格挑戦。巨人から長野が加入し、ライバルは増えるが、「人のことは気にしない」とクールに受け流した。近藤からお墨付きをもらった自慢の打撃に磨きをかけ、勝負の一年に身を投じる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190114-00000021-dal-base

     広島・船越涼太捕手(25)が28日、来季の1軍フル帯同を目標に掲げた。今年は出場機会を増やすため、複数ポジションに挑戦したが、春以降は再び捕手に専念。「スローイングに手応えと言ったら言い過ぎですが、いけるんじゃないかという実感がある。肩の強さも不安はないし、形になってきた」。捕手一本で勝負をかける意気込みだ。

     1軍捕手争いはし烈だ。正捕手の会沢に、ベテラン・石原、さらに磯村や坂倉、中村奨など、個性あふれるライバルがひしめく。わずか1試合の出場に終わった今季。当面の目標は2次キャンプ地の沖縄行きだ。「1軍にいることで途中出場もある。とにかく1軍にいることです」。今季のチーム盗塁阻止率は・192で、強肩を売りにする船越に割り込むチャンスはありそうだ。

     社会人の王子から同期入団した西川は1軍戦力となり、市立柏の同級生である巨人・宇佐見も一歩先を進む。「身近な選手が活躍しているので負けられないという気持ちです」。来季は勝負の一年。定評のある打撃と強肩で、存在価値を高めていく。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181229-00000032-dal-base

     広島の安部友裕内野手(29)が27日、機動力復活で三塁のレギュラー奪取を誓った。昨年9月に受けた右ふくらはぎへの死球が影響し、今季は体のバランスが崩れて腰痛を発症するなど思うように走ることができなかった。秋季キャンプで下半身を鍛え直し、走る土台作りは順調だ。

     安部は三塁のレギュラーをつかみ取るためのカギを機動力と捉えている。「スピードが落ちると首脳陣は使いづらい」と分析。一昨年まで自身の大きな武器だった走力を磨き直して勝負する。

     昨季の死球が影響した。9月18日の阪神戦。メンドーサの投球が右ふくらはぎを直撃し、その後「打撲箇所の血腫除去」手術を受けた。今季は「足踏みをしても(患部を)かばっている感じがあった」。体のバランスが崩れ、春季キャンプで腰痛を発症。シーズン中も悩まされた。

     若手に交じって参加した秋季キャンプでは個別メニューで練習。下半身を強化しながら走る量を増やし、走り方を見直した。無意識のうちに右足をかばっていた走り方は徐々に修正され、正しい姿勢で土を蹴られるようになった。1歩目に推進力が戻りスピード感が出てきた。

     昨季は自身初の規定打席に到達し打率・310を記録。だが正三塁手を目指した今季は、打撃不振や右手中指の骨折などで72試合の出場に終わった。来年が勝負の一年になる。

     「走攻守3拍子でアピールする。競争が待っているので、負けない気持ちで頑張ります」。サバイバルの春季キャンプ。グラウンドを縦横無尽に駆け巡る。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181228-00000033-dal-base


    【赤ペン!!赤坂英一】「来季、広島で3番・丸の穴を埋めるのは会沢ではないか」――。他球団の首脳陣から、今季の躍進著しい赤ヘルの正捕手を警戒する声が聞かれる。今季は自己最多タイの106試合に出場、打率3割5厘、42打点、球団の捕手として史上最多の13本塁打をマーク。4200万円増の9200万円(推定)を勝ち取った契約更改では自分の主張だけでなく、選手会長として「選手の声を球団に伝えた」と、中心選手としての自覚も十分だ。

     今年までソフトバンクのヘッドコーチを務め、交流戦と日本シリーズで広島と戦ったOB・達川光男氏もこう絶賛する。「いまの会沢はセで一番の捕手じゃ。総合力では12球団トップと言うてもええかもしれん。年齢的にも30歳で、いろんな経験を積んどるし、捕手としては今が旬。まさに脂が乗りきっとる。その上、あれだけの打撃力を持っとるんじゃからな」

     達川氏が言うように、会沢のパンチ力は二軍での下積み時代から折り紙付き。石原、倉に次ぐ3番手捕手だった2012年には、ベンチに置くのはもったいないからと、野村前監督に外野にコンバートされそうになったこともあったほどだ。

     来季、丸の抜けた3番を打ちそうなのは、実績からいえば松山、バティスタ。伸びしろを買うとすれば、今季自己最多の447打席に立ち、打率2割8分6厘、5本塁打、46打点を挙げた野間。首脳陣には、今季25試合で1番を打った経験を生かすため、「来季は野間を1番に固定して、1番だった田中を3番に格上げする手もある」との意見もあるという。

     あるセ球団のコーチも広島の“丸抜き19年型打線”を警戒している。「田中を丸に代わって3番に入れるのなら、会沢が5番に据えられる可能性もある。そうすると、松山、バティスタら一発のある打者を下位のポイントゲッターにできる。“恐怖の6~7番”ですよ。これで8番あたりに安部や西川が入ったら、長打もあるし、つなぎもできる。相手にとっては実に嫌な打線になる」

     広島では巨人に移籍した丸に続き、菊池涼も先日、来オフにもポスティングでメジャーに移籍したいと球団に直訴した。が、来年に限れば、チームの地力ではまだまだ巨人に引けを取らない。4連覇する可能性も十分ある、と私は思う。そのカギを握っているのが“打てる正捕手”会沢なのだ。

     あかさか・えいいち 1963年、広島県出身。法政大卒。毎週金曜朝8時、TBSラジオ「森本毅郎スタンバイ!」出演中。「最後のクジラ 大洋ホエールズ・田代富雄の野球人生」(講談社)などノンフィクション増補改訂版が電子書籍で発売中。「失われた甲子園 記憶をなくしたエースと1989年の球児たち」(同)が第15回新潮ドキュメント賞ノミネート。ほかに「すごい!広島カープ」(PHP文庫)など。日本文藝家協会会員。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181226-00000034-tospoweb-base

     広島・西川龍馬内野手(24)は17日、マツダスタジアムでの契約更改に臨み、1100万円増の推定年俸3100万円でサインした。

     今季は、107試合に出場して、打率・309、6本塁打、46打点とキャリアハイ。それでも、リーグワーストの17失策と不安定な守備を露呈して、定位置奪取とはいかなかった。

     「悔しさしかなかった。やっぱり守備。守備がよければ、もっと出られた」

     秋季キャンプからは外野にも本格挑戦しており、「丸さんも抜けて、チャンスと思っている」と決意を新たにした。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181217-00000120-spnannex-base

     広島県呉市内のホテルで16日に行われたトークショーに田中広輔内野手(29)と堂林翔太内野手(27)が参加した。

     堂林は、「よく家に遊びに来ます」という同僚の鈴木に長男がなつき、「セイヤ」と下の名前で呼んでいるエピソードを披露。すると、田中も優勝旅行のハワイで、堂林の長男から「セイヤ」と呼ばれたことを明かして、会場からは爆笑が起きた。

     西川にも「セイヤ」と言ったそうで、「息子はみんなを“セイヤ!”と呼んでいました」と苦笑いだった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181216-00000106-spnannex-base

     広島・西川龍馬内野手(23)が6日(日本時間7日)、プロボディーを作り定位置奪取への意気込みを見せた。現在体重は73キロで「77キロぐらいにはしたい。外野でも三塁でもどこでもいい。とにかく試合に出ることが大事」と力を込めた。

     今季は自己最多の107試合に出場したがレギュラーに定着するまでには至らなかった。入団1年目の16年から体重は6キロ増えたが「まだ細い」と感じている。肉などを大量摂取しながらウエートトレも並行して筋肉量を増やし、パワーなどを上げていく考えだ。

     この日は優勝旅行先でトレーニングし、その後はハワイの海でスタンドアップサドルボードにも挑戦した。丸が巨人にFA移籍し「チャンスだと思ってやりたい」と意気込んだ西川。さらなる飛躍を遂げるプロ4年目のシーズンとする。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181208-00000035-dal-base

     11月30日に丸が巨人移籍を表明した。2年連続セ・リーグMVPの流出はチームにとって大きな痛手だ。そこでクローズアップされるのが、来季のセンターと3番打者。迎打撃コーチは「不動(の選手)が出て行ってしまうわけだから。これまでは(3番に誰を入れるか)プランを考えなくて良かった。まだ分からないが、候補は何人かいる」と話した。



     今秋のキャンプでは丸流出に備えて、守備面で起用の幅を広げていた。テーマは複数ポジション。西川、坂倉、メヒアが外野に挑戦し、下水流は一塁を守った。来季は俊足と強肩を誇る野間のセンターコンバートが有力。一塁、三塁、左翼は、松山、バティスタ、安部を中心に、激しいバトルが繰り広げられそうだ。

     打線は「1番田中、2番菊池、4番鈴木」が基本線。打撃コーチによると、鈴木が勝負を避けられるのを防ぐため、5番に松山を置きたいという。東出打撃コーチは「3番は最初の2カ月ぐらいで決められたらいい」と、シーズン序盤は日替わり起用を示唆。実績のある安部や会沢なども候補に、相手投手との相性や傾向を見てオーダーを組む方針だ。

     もう一つ頭を悩ませるのが「ポスト新井」だ。今季の新井は代打の切り札として相手投手の左右に関係なく打席に立った。「逆転のカープ」にとって重要なポジションなだけに迎コーチは「レギュラークラスの実力がないといけない」と力説。「来年はここ一番の代打を誰かが担わないといけない」と切り札の台頭に期待を寄せた。

     これまでも前田のメジャー挑戦、黒田氏の現役引退を乗り越えてリーグ3連覇を成し遂げてきた。緒方監督は「丸、新井、エルドレッドが抜けたけど、やる野球は変わらない。そこに新しい力が出てくる、と。チームとして戦力ダウンかもしれないけど、ダウンしたところからあとは上積みしかない」と話す。来春は見どころの多いキャンプ、オープン戦となりそうだ。

    (デイリースポーツ・杉原史恭)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181207-00000066-dal-base

    米国ハワイの優勝旅行に参加している広島西川龍馬内野手(23)は現地時間3日にカポレイゴルフクラブで開かれたオーナー杯でクリスタルパターをお披露目した。


    前日2日に現地で購入し、早速使用。「良いですよ」とご機嫌の様子も、スコアは伸びず、61人中19位に終わった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181204-00410495-nksports-base

     2018年シーズンを最後に、20年間の現役生活にピリオドを打った広島の新井貴浩氏。DAZNでは、オフの新番組「Home of Baseball」の配信を2日から開始し、その中で新井へのロングインタビューを行った。2016年に現役引退した黒田博樹氏とともに、広島のレジェンドとして巨人に続く2球団目となるセ・リーグ3連覇に貢献した新井氏が、カープへのチーム愛、選手たちとの絆、自らの歩んできた道について語り尽くした。第4回は、主力選手の故障や不振の穴を埋めて余りある活躍を見せた若手の野間峻祥、西川龍馬について語っている。


     足の引っ張り合いはしなくても、レギュラー陣が故障などで離脱した際は、若手選手にとって格好のアピールの場となるのは間違いない。今シーズン、丸が故障離脱した際に代役として大活躍したのが野間峻祥外野手。もともと代走や守備固めで使われていたが、打撃にも大きな進歩を見せ、丸の復帰後も外野の一角を奪取。さらには田中広輔の不調で1番に抜擢されるなど、初の規定打席に達して打率.286、5本塁打、46打点、17盗塁をマーク。2014年のドラフト1位が、ついにその力を発揮した。

    「(野間は)守ること、走ることはもう、すでに球界でトップクラスですからね。課題のバッティングが思うようにはいってなかったんですけども、今年何かつかんだんじゃないんですかね。見送り方とかそういうところを見ても、レベルアップしたなと思いました」。

     丸の離脱によって生まれたチャンスを自らつかみ取り、プロ入り4年目でレギュラーの座を確保した。

    「丸がケガしたことによって、彼(野間)の試合に出る、打席に立つ回数が増えてきたんですね。たくさん打席に立つ中で、だんだんと自分の中で『こういう感じなのかな』っていうのをわかりかけてるんじゃないんですかね。スタメンで試合に出られるということは、だいたい4打席ありますから、その中で修正も効くんですよね。そういう気持ち的な余裕も、同時にちょっとずつ出てきてたのではないでしょうか」

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181202-00259179-fullcount-base

    このページのトップヘ