広島カープブログ

広島カープファンが作る、広島カープのまとめブログです!

    西川龍馬

     広島・西川龍馬内野手(22)の開幕1軍が絶望的になったことが17日、わかった。11日のヤクルト戦(福山)で、自打球を当て右膝を負傷。当初は「右膝打撲」と診断されていたが、14日に広島市内の病院であらためて精密検査を受けた結果、「右膝骨挫傷」であることが判明した。加療期間は2~3週間。チームは左の代打一番手を欠いて、開幕を迎えることになった。

     症状は深刻だった。「右膝打撲」から一転、14日のMRI検査で「右膝骨挫傷」であることが判明した。開幕は絶望的。西川は「前に打ち返していれば、こんなことにはなっていない。技術不足。悔しい」と唇をかんだ。

     アクシデントは11日、ヤクルトとのオープン戦で起こった。六回、自打球が右膝付近を直撃。もん絶してグラウンドに倒れ込むと、担架で運ばれ、試合中に広島市内の病院へ直行した。

     この日、マツダスタジアムを訪れた西川はグラウンドでキャッチボールを行った。18日からは3軍に合流し、大野練習場で治療とリハビリを開始する。松原チーフトレーナーは「患部の治癒が最優先。アイシングや電気治療などをします」と説明。西川は「1日でも早く1軍に戻ってきたい」と前を向いた。

     左の代打一番手、さらに代走や守備固めとしても期待されていた。万能選手の離脱は、チームにとって大きな痛手だ。緒方監督は昨秋キャンプから「競争」の二文字を連呼し、戦力の底上げを図ってきた。18日の日本ハムとのオープン戦(マツダ)から、庄司と美間が2軍から合流する。1軍に帯同中の上本も含め、彼らがどれだけ存在感を示せるかにも注目が集まる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170318-00000009-dal-base&pos=1

     「オープン戦 広島-ヤクルト」(11日、福山市民球場)

     広島の西川龍馬内野手が、自打球により負傷交代した。

     六回の打席で、打球が右膝付近を直撃。本塁ベース付近に倒れ込み、苦悶(くもん)の表情を浮かべた。数分しても立ち上がることができず、担架に乗せられダッグアウトに下がった。

     医務室で治療を受けたあと、広島市内の病院へ。移動前、痛みがあるのか?の問いに、うなずいてタクシーに乗り込んだ。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170311-00000073-dal-base

     広島の外国人枠争いが過熱してきた。ヘーゲンズが11日、ヤクルトとのオープン戦の6回から2番手で登板。4イニングを一人の走者も許さず打者12人で抑えた。

     昨季は中継ぎ、先発とフル回転し50試合に登板。今季は先発を任される可能性もある。投手の外国人枠は昨年通りなら「3」となる見込み。ジョンソンが当確で、ジャクソン、ブレイシアと残り2枠を争う格好だ。今日の好投で一歩前進となったことは間違いない。

     打撃では新外国人のペーニャが「7番・三塁」で出場。5回の第2打席で石川から左前打を放った。課題だった右打席での安打。これでオープン戦では11打数5安打、打率.455と好調をキープ。外国人枠はエルドレッドとの争いだが、開幕1軍へアピールを続けている。

     一方で心配なプレーもあった。「9番・遊撃」で出場した西川龍馬が6回の第2打席で自打球が右膝付近を直撃。自力で立てず担架で運ばれ、小窪に代わった。2年目の飛躍が期待された若手内野手が離脱することになれば、チームにとっては大きな痛手となる。


    引用元 https://full-count.jp/2017/03/11/post60853/

     歌手、島谷ひとみ(36)が8日、東京・銀座の広島ブランドショップTAUで行われた「広島秘境ツアーズファイナルツアー募集PRイベント」に出席。鮮やかな真っ赤なドレスで登場し、「スタイリストさんが広島のイベントとなると、全部赤を用意してくれます」とカープ女子であることを笑顔でアピールした。

     また「去年1位になれなかったのは今年のためにとっておいたから」と広島の日本一を予言。自ら選んだ今年のプロ野球・広島の“最強メンバー”を場内アナウンス風に読み上げた。

     この日のイベントは広島県の主催で、広島のぜいを尽くす秘境ツアーの募集受付の開始が発表された。広島・呉市出身の島谷は「私が世界一愛している広島県にぜひ遊びに来てください」と観光PRした。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170308-00000546-sanspo-ent

    ◆練習試合 広島15―1韓国・KIA(23日・こざしんきんスタジアム)

     広島打線が20安打15得点と爆発した。「1番・中堅」で出場した堂林が2打席連続で二塁打。安部、メヒア、下水流、西川の4選手が猛打賞をマークするなど、打ちまくった。

     緒方監督は「攻撃の中でいい得点のシミュレーションができた。後は活躍した選手に聞いてあげて。みんな活躍したけど」と打撃陣をたたえた。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170223-00000156-sph-base

     リーグ連覇を狙う広島の緒方監督(48)が、大胆な配置転換を考えているという。

     チーム関係者が声を潜めてこう言うのだ。

    「カリスマの黒田が昨年限りで引退し、成績(10勝8敗)以上に精神的支柱の抜けた穴は大きい。首脳陣は危機感を持っています。オフに大きな補強もしていない。今年も勝つには戦力の底上げしかありません。昨年の鈴木誠也のようなイキのいい若手が台頭しないと厳しい。期待されているのが、2年目の22歳・西川です。高い内野の守備力を武器に、新人だった昨年は62試合に出場して打率.294。最後の侍ジャパンのメンバーに選ばれた田中は三拍子揃った遊撃手ですが、肩に若干難がある。そこで、肩も強い西川を遊撃にし、田中を三塁へ回す構想があるのです。三塁にはこちらも期待の高い安部らがいるものの、侍メンバーをコンバートするくらい若手が突き上げてこないと連覇は厳しいと緒方監督も予想しているのだと思います」

     黒田が去り、昨季16勝3敗で最多勝投手になった野村に2年連続で昨年並みの成績を望むのは酷だという声がある。40歳になったばかりの新井にしても、6年ぶりの3割台となる打率.300、19本塁打、101打点をマークし、MVPを獲得した昨年はいい意味で期待を裏切ったと見た方がいい。流行語大賞に輝いた「神ってる」鈴木もしかり。129試合出場でリーグ2位の.335、29本塁打、95打点とブレークしたが、「去年は勢いが大きかった。だから今年が大事」と2年連続で結果を残すことの難しさを自覚している。

     昨季優勝の立役者のひとりである田中をどけてまで正遊撃手候補と期待される西川は、二塁の名手菊池にも一目置かれ、野球センスを認められているのだ。

     一昨年の優勝球団ヤクルトは昨季、5位Bクラスに沈んだ。戦力に限りのある球団の連覇は至難の業。チーム内の競争をあおり、活性化するしか手のない緒方監督の手腕もキャンプの見どころになる。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170201-00000017-nkgendai-base

    このページのトップヘ