広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    西武ライオンズ

     昨季野手では鈴木誠也(広島)、原口文仁(阪神)、桑原将志(DeNA)、倉本寿彦(DeNA)などがレギュラーに定着した。一軍に定着を目指し、若手選手などはオープン戦で必死にアピールを続ける。

     そこで気になるのが、オープン戦の勢いをそのままにシーズンでも大活躍していたかということ。近年レギュラーに定着した選手たちのオープン戦(※レギュラーに定着したシーズン)の成績を見ていきたい。

     昨季神ってる活躍で広島の25年ぶりのリーグ優勝に大きく貢献した鈴木は、オープン戦の成績はというと、打率.375を記録したが、右足のハムストリングの筋挫傷により出場試合数はわずかに2試合だった。外野のレギュラーを争っていた野間峻祥が同年のオープン戦、13試合に出場して打率.308とアピールしており、出遅れた印象があった。

     それでも、鈴木は4月に昇格を果たすと、6月に2試合連続サヨナラ弾を放つなど、打率.335、29本塁打、95打点の活躍をみせレギュラーに定着。チームに欠かせない存在となった。

    <2016年>
    鈴木誠也
    OP戦:2試 率.375 本0 点1
    シーズン:129試 率.335 本29 点95


    15年ブレイクの森も…

     高卒2年目の15年にブレイクした森友哉(西武)も、オープン戦の出場試合数は、わずかに2試合。安打を1本も記録することができなかった。

     シーズンが始まると『6番・指名打者』で出場し、得意の打撃力で活躍しレギュラーに定着。オールスターにも出場し、清原和博が放って以来28年ぶりに10代の選手が本塁打を記録した。シーズン後半に入ると、当たりが止まった時期もあったが、最終的には打率.287、17本塁打、68打点の成績を残した。

    <2015年>
    OP戦:2試 率.000 本0 点0
    シーズン:138試 率.287 本17 点68

    山田哲人もOP戦は活躍できず…
     14年に田中浩康から二塁のポジションを奪った山田哲人(ヤクルト)も、13試合に出場して、打率.213、0本塁打、1打点とオープン戦はいまひとつだった。田中浩は11試合に出場して打率.200。両選手ともに決め手を欠く内容となったが、シーズンが開幕するとスタメンで起用されたのは若い山田だった。

     山田は3・4月打率.291、4本塁打、17打点を記録すると、5月以降は9月を除き、毎月月間打率3割をマーク。日本人の右打者ではシーズン最高となる193安打を放ち、レギュラーの座を不動のモノにした。

    <2014年>
    OP戦:13試 率.213 本0 点1
    シーズン:143試 率.324 本29 点89

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170318-00108717-baseballk-base

     広島は8日、マツダスタジアムで行われた埼玉西武とのオープン戦に1-6で敗れた。寒風吹く中で、投打ともに精彩を欠く結果となったが、緒方監督は「これからいろいろとバランスを見ながら選手を起用していきたい」と先を見据えた。


     先発の野村は4回2失点。指揮官は「初回は逆球もあったし、思ったところに投げられていなかった。それでもその後はしっかりと修正していい形で投げられていた」と評価した。初回に先頭打者の打球を足に受けたが、「痛がるそぶりを見せなかったので、そのまま投げさせた」と心配する様子はなかった。

     WBC組以外はほぼベストメンバーだった打線については、「(新井は)見たまま。丸は内容も良かったし、今年も打線の中心としてやってもらいたい」と状態に満足そうだった。

     新外国人のペーニャも安打を放ったが、「ゲーム勘は最初から問題なかったようだった。今は日本のピッチャーに慣れていく段階」と、今後に期待した。

     リリーフの一岡が右内転筋痛で離脱したが、最終回に登板した中田が無失点に抑えた。緒方監督は「下からの強い推薦があった。いいボールを投げていたし、またチャンスを与えていく」と合格点を付けた。

     外国人枠争いやリリーフ陣の整備など、この先もまだまだ競争が続きそうだ。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170309-00010004-fullcount-base

     広島緒方監督が西武辻監督との「佐賀シリーズ」実現に腕を回した。

     26日、地元の佐賀・鳥栖市役所を表敬訪問。橋本市長から「(佐賀市出身の)辻監督率いる西武との日本シリーズが楽しみ」と期待され「そうなれるように。辻さんもコーチが長くて経験豊富。交流戦から胸を借りるつもりで戦いたい」とコメントした。連覇へ向け「2月1日から実戦が当たり前のように出来るように。競争の場という意味で厳しいキャンプになる」と選手にもリクエストを出した。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161227-00000507-sanspo-base

     西武を戦力外になった中崎雄太投手(25)が24日、現役続行に意欲を見せた。

     この日、西武第二の室内練習場で汗を流した左腕は、11月12日の12球団合同トライアウト(甲子園)を受けることを明言。「左投手の特徴を生かしたい。そういった部分をアピールしたい」と意気込んだ。

     今季は投球フォームをサイドスローに変更。シーズン途中は1軍に昇格し8試合に登板した。連日調整を行い「やれることはやりたい」と話した。

    【日本シリーズ大予想:伊原春樹(本紙専属評論家)=日本ハム4勝2敗】どちらも似たチームだ。打撃でいえば長打力はどっこいどっこい。走れる選手が日本ハムは西川、陽、中島がおり、広島は菊池と丸。五分五分に近いが、日本シリーズは大谷がおそらく休む暇もなく二刀流で来るだろうし、中田、レアードの調子もいい。打は総合力で日本ハムがやや上だろう。

     投手力は先発を見るとこちらも日本ハムが有利。ポイントは4番手だ。日本シリーズの場合は先発4人がしっかりしていればいい。第1戦からの先発予想をすると大谷―ジョンソン、有原―野村、高梨―黒田。ここまでは何とか五分五分だ。しかし、日本ハムの4番手は順当なら増井だろうが、吉川、加藤も控えており、その中から調子のいい投手を選べばいい。片や広島はこれといった4番手がいない。ここに大きな差がある。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161020-00000010-tospoweb-base

     西武は1日、木村昇吾内野手(36)、竹原直隆外野手(36)、宮田和希投手(27)、山口嵩之投手(27)、中崎雄太投手(25)の5選手に、来季の契約を結ばない旨を通達した。

     木村は昨季広島からFA宣言し、テスト生を経て入団。7月に、断裂した右膝前十字靱帯(じんたい)の再建手術を受けて戦線を離脱していた。まだランニングも再開できておらず、11月のトライアウトは受けられない状態。「せっかく入団させてもらったのに、恩返しできず申し訳ない。昨年のFAの時とは違って、非常に難しいと思いますが、次の移籍先を探したい」と話した。

     また球団は田口昌徳バッテリーコーチ(46)、小野寺力2軍投手兼育成コーチ(35)から退団の申し入れがあり、これを了承したことも発表した。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161001-00000089-nksports-base

     8年ぶりの200勝が目前となった広島カープ・黒田博樹投手。その数字だけでなく、ほとんどが先発として積み上げたものだということに、西武ライオンズの元エースで監督経験もある東尾修氏は注目する。

    *  *  *
     広島が相変わらず素晴らしい戦いをしている。6月29日のヤクルト戦(マツダスタジアム)では、黒田博樹が日米通算200勝へ王手をかける199勝目を手にした。

     黒田の技術面の素晴らしさはたくさんある。でも、何はさておき、「ハンドルに遊びがある」という表現が当てはまるような、投球フォームの柔軟性がいいよね。踏み出した左足の足首、ひざの柔軟性。下半身から上半身へのスムーズな力の伝達。そして指先の器用な感覚だろう。

     米大リーグに行く前の広島時代の黒田は本格派投手ではあったが、メジャーを経て、技巧をスムーズに採り入れた。これは柔らかさがないとできない。日本より硬いメジャーのマウンドで、大きな故障もせずに乗り切れたのも、柔らかさが要因だろう。

     200勝を達成する投手は本当に少なくなった。中日の山本昌が達成したのは2008年。あれから8年か。投手の分業制が進み、完投数が減っている実情は理解できる。

     だが、グラウンドに立ち続ける黒田の姿を見てほしい。足に打球を受けても、中6日でしっかりマウンドに立つ。準備としてどんな練習をしてきたのか。安打数の世界記録を作ったイチロー(米マーリンズ)もそうだが、記録を作る人間は、試合に出続けるし、それができる理由が必ずあるものだ。

     しかも、価値があるのはこれまで築いた199勝のうち、198勝が先発での勝利ということだ。中継ぎでの1勝は、05年10月7日のヤクルト戦(神宮)。当時の山本浩二監督が最多勝を黒田にとらせるために、2―2の五回から中継ぎ登板させ、見事に勝利。この年は15勝で最多勝を獲得している。翌06年は防御率1.85。文字通り日本球界を背負う投手に成長した。


     近年、投手の評価を示す指標は、勝利数よりも、防御率や、WHIP(1イニングあたりに出した走者)などに変わっている。だがそもそも、打線の援護が得 られなければ、0点に抑える、相手よりも先にマウンドを降りない──というのが勝負の鉄則だ。投手である以上、先発にこだわってほしいし、先発投手なら 「試合を作る」だけでなく、勝利にこだわってほしい。その積み重ねが200勝へつながっていく。

     黒田のおかげで、内角のボールからストライクゾーンに入ってくる「フロントドア」、そして外角のボールからストライクゾーンに入る「バックドア」という言葉が浸透してきた。

      でも、高校生ら若い選手にはまねをしてほしくない。投手にとって最高峰の技術に属するものだからだ。まず、同じ投球フォームで投げ続ける「土台」が不可 欠。球場ごとにマウンドは異なるから、投球フォームには柔らかさが求められる。そのうえで手首と指先の繊細さで制球をつける必要がある。私も西武時代、右 打者の外角のボールゾーンからシュートしてストライクゾーンに入る球を試したが、精度は高められなかった。

     41歳でローテーションを守り続けることがどれだけ大変か。今の広島の若手投手たちは本当に幸せだ。黒田のプロ意識や、登板に向けてどんな準備をしているのかを目の当たりにできるのだから。これは広島にとって、かけがえのない財産だ。


    引用元 http://dot.asahi.com/wa/2016070700167.html

     【球界ここだけの話】

     人生には分岐点となるタイミングが何度かある。9日の西武-巨人戦(西武プリンスドーム)。一塁側ベンチから西武の試合前練習を眺めていた巨人・内田打撃コーチが、懐かしい思い出を語ってくれた。

     「嶋と出会ったのは、僕が広島に帰った年(2003年)。なかなか芽が出なくて、その年の秋は、クビになる寸前だった。『赤ゴジラ』なんて呼ばれる前の話だよ」

     目を細めて話し出したのは、広島時代の教え子でもある西武・嶋打撃コーチとの話だ。2004年に首位打者と最多安打のタイトルを獲得。元巨人の松井秀喜氏と同じ背番号55を背負っていたことから『赤ゴジラ』と呼ばれた好打者だ。

     投手として東北高から広島に入団した嶋は打撃を買われて、1999年から野手に転向していたのだが、1軍では活躍できずに2軍生活が続いていた。持病の腰痛にも悩まされており、03年秋には戦力外が検討されていたという。

     「でもね、僕は勝負できる選手と思った。だから嶋に、『俺はお前ならできると思う。ついてくるか』と聞いた。球団にも給料が安いんだから残してくれ、って言ったし、秋のキャンプから本当につきっきりで練習をした。厳しい練習をしたのに不思議と腰痛も出なかった」

     運にも恵まれた。翌04年のオープン戦では序盤で結果が出なかった。チーム内には木村拓(故人)、森笠、朝山ら外野のライバルを起用する声が出ていたが、故障で次々と離脱。正念場となった試合で活躍し、山本監督もシーズンでの起用を決断したという。

     そこからブレークしたのは、本人の力と周囲の協力があったからこそだが、内田コーチとの出会いがなければ、今もプロ野球の第一線に身を置いているか、どうかは分からない。

     その後、内田コーチはひとしきり話し終えると、あいさつにきた元赤ヘルの木村昇に優しく語りかけた。

     「おい、昇吾。嶋コーチのいうことを聞くんだぞ。あいつは苦労してここまで来た。どうやってはい上がったか、よく聞いておくんだ。きっと、お前の役に立つから…」

     こうやって、野球界のよき伝統は後輩たちに受け継がれていく。

    (巨人担当・桜木理)


    引用元 http://www.sanspo.com/baseball/news/20160617/lio16061713340004-n1.html

     ◇交流戦 広島6―0西武(2016年6月16日 マツダ)

     広島の野村祐輔投手(26)が6回を6安打無失点でリーグ単独トップとなる8勝目(2敗)を挙げた。

     7勝で並んでいた同僚のジョンソンを再び上回った。お立ち台では「最高です。雨の中、たくさんのファンの方が応援してくださった。どうしても勝ちたいと思ってマウンドに上がった」と声を張り上げた。

     粘った。4回まで毎回安打を許し、最大のピンチは2点リードの5回1死一、二塁の場面。第1打席で中越え二塁打の浅村をこん身の内角ストレートで空振り三振に斬ると、続く鬼崎も二直に仕留めた。

     「(浅村の場面は)気持ちで行くしかなかった。抑えられて良かったです」。童顔の甘いマスクをほころばせた。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160616-00000149-spnannex-base

    このページのトップヘ