広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    西武ライオンズ

     9月16日、神宮球場で熱戦が繰り広げられている六大学野球秋季リーグがAbemaTVで放送され、その番組内でプロ野球「平成の助っ人外国人ベストナイン」が発表された。

     解説を務めた元プロ野球・門倉健氏(45)によるセレクトでベストナインを選出した本企画では、新旧で懐かし&納得の名前が挙がる中、監督問題も持ち上がった。

     投手は誰もが納得の選手。現在阪神で活躍し、今季11勝7敗(9月11日時点)の成績を残しているランディ・メッセンジャーだった。

     その理由を問われた門倉氏は「勝ち星を挙げられ、イニングも稼げる。僕が好きな三振も取れる。最高のピッチャーです」と最大級の賛辞を惜しまなかった。

     また今季で来日9年目のメッセンジャー投手が、来季から登録上、日本人扱いになることを受け「その他はタフィ・ローズ、ラミちゃん(現在、横浜DeNAベイスターズ監督)くらいです。これだけ長く日本でやれる選手はきっと何かを持っているし、何より日本の野球を楽しんでいますよ」と嬉しそうに話した。

     しかし、ベストナインを発表した後、ある問題も持ち上がった。それは、監督問題。そのことについて門倉氏は「プレイング・マネージャーとしてラミちゃんじゃない?」と言及するも、しばらく間をおいて「誰も言うこと聞かないかな……」と苦笑。気を取り直した門倉氏は「あぁ、いるじゃん」と話し、ロッテを31年ぶりに日本一に導いた名将のボビー・バレンタイン監督を挙げていた。詳しいラインナップは以下の通り――。

    投手 ランディ・メッセンジャー(阪神)
    捕手 ディンゴ(中日)
    一塁手 アレックス・カブレラ(西武)
    二塁手 ロバート・ローズ(横浜)
    三塁手 ホセ・ロペス(横浜DeNA)
    遊撃手 イ・ジョンボム(中日)
    外野手 ウラディミール・バレンティン(ヤクルト)
    外野手 タフィ・ローズ(近鉄)
    外野手 アレックス・ラミレス(横浜DeNA)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180917-00010000-abema-base

     流出に歯止めがかからない。

     16日、MLB公式サイトが今オフ、西武の菊池雄星(27)のポスティングによるメジャー挑戦の可能性を報じた。菊池のメジャー挑戦は「既定路線」としても、日本球界に衝撃をもたらしたのは、同日、社会人野球パナソニックの右腕・吉川峻平(23)が、日本のプロ野球を経由せず、直接メジャー挑戦することが明らかになった一件だ。

     吉川は最速148キロの直球とシンカーを武器に、今秋のドラフト1位候補にも挙げられている。ダイヤモンドバックスへの入団が最有力といわれる中、メジャー挑戦すれば、ドラ1クラスの選手が日本のプロ野球を経ずに渡米するのは、2008年の田沢純一(JX―ENEOS=当時)がレッドソックスと契約して以来、2人目となる。

     7月には結城海斗(16)が高校へ進学せず、ロイヤルズとマイナー契約。日本人史上最年少で海を渡った。ダルビッシュ(カブス)が小学生時代にプレーした「羽曳野ブラックイーグルス」出身の右腕は、「甲子園を目指していたが、シニア選抜の時にアメリカで野球をし、甲子園よりアメリカで野球をしたいという思いが強くなった」と、今まさに行われている甲子園より、アメリカンドリームを掴もうとしている。

     先駆者である田沢は主にリリーフとして10年間で約26億円を稼いでいる。とはいえ、プロ野球を経ず、いきなり米球界に挑戦するのはリスクも伴う。いわゆる「田沢ルール」の存在だ。日本のドラフトを拒否してメジャー挑戦した選手は、高校出身で3年間、大学・社会人出身で2年間、日本のプロ野球界でプレーできない。

     元マリナーズスカウトで、法大、PL学園などの監督を務めた山本泰氏が、「吉川、結城両選手の意気込みには賛同します。ただし、向こうは言葉も文化も違う。米国、中南米の選手とは体格も違う。成功は容易ではない。行くと決めた以上は、ダメなら日本に戻ろうと中途半端に考えるのではなく、二度と日本には帰ってこない、アメリカで結婚をして家を建て、親を呼ぶ、というくらいの覚悟をもってやってほしい」と話すのも当然だが、彼らは「田沢ルール」のような島国根性丸出しのいびつな決め事をつくった日本球界を嫌ったのではないか。

    ■ブランド力の低下

    「日本プロ野球のブランド力低下が背景にある」とは、スポーツジャーナリストの谷口源太郎氏。

    「今の日本は、政府による『スポーツ立国』の戦略もあり、『日の丸ブランド』を最高に位置づけている。大谷翔平のような日本人選手が国際舞台で戦うことも同じです。五輪、W杯、WBCなどナショナルチームを中心にメディアは報道し、若者たちを引き付ける一方で、プロ野球は今や、ローカルスポーツです。地上波の全国放送はなくなり、球団も観客動員を増やすことばかりを考え、野球レベル向上の方策はおろそかになっていると感じる。数少ない優秀な選手は国際大会などで『大リーグの野球』に触れ、最高のプレー環境を求めて海を渡るという流れは、もはや防ぎようがありません」

     球界OBも、「プロ野球の人気、伝統球団である巨人と阪神は近年、低迷が続いている。カネに飽かした補強が目立ち、育成はままならない。巨人では不祥事が続出し、阪神では首脳陣による選手のスパルタ指導が選手の反感を買い、これにアマも不安視している。しかも、巨人やソフトバンクはポスティングによるメジャー挑戦さえ認めないというのですから、高みを目指そうという球児たちが今のプロ野球界に魅力を感じるはずがない」と危惧する。

     野茂英雄に始まり、イチロー、松井秀喜、そして今年は大谷翔平がメジャー挑戦した。今後は菊池雄星だけでなく、筒香嘉智(DeNA)、菅野智之(巨人)という日本代表のトップ選手が後に続くといわれる。プロ野球を代表する選手たちがメジャー挑戦を視野に入れることが当たり前となった今、彼らに憧れる球児たちが影響を受けるのは当然だろう。

    ■いまだに残る体育会気質

     さらに谷口氏は、「中学、高校の部活の指導体質の問題も、無視はできない」として、こう続ける。

    「パワハラ、上意下達などの体育会気質や、行き過ぎた勝利至上主義が蔓延している。中でも高校野球は『負の遺産』の巣窟。過度な練習が良しとされ、甲子園では酷暑の中で投手が何百球も投げている。特待生問題も含め、本来のスポーツ、部活動とはかけ離れた大人の論理で動いている。純粋にスポーツを楽しみたい、レベルアップしたいと思う子供はますます増えていくでしょう」

     1月には、ダルビッシュが朝日新聞のインタビューでこう訴えている。

    「頑張りすぎなくていいんです、日本の球児は。何百球の投げ込みとか、何千本の素振りとか、そんなのを頑張っちゃダメなんです。日本の高校野球では、正しい知識を持たない監督やコーチが、自分の成功体験だけに基づいて無理を強いている。そういう側面があると感じます。改善されてきているのでしょうが、壊れてしまう選手、苦しむ選手は後を絶ちません」

     DeNAの筒香もドミニカ共和国でのウインターリーグ参加などを経験し、1月の自主トレの際に野球人口が減っていることについて、「世の中が変わっていく中で、野球界は昔から変わっていない」とし、少年野球の勝利至上主義の弊害に言及した。

     今後、優秀な人材はますます日本球界から離れていくことになる――。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180818-00000010-nkgendai-base

     真夏の祭典・オールスターゲームも終わり、1日の休みを挟んですぐに後半戦の戦いへと移っていくプロ野球。今年はセ・パともに混戦模様となっているだけに、ちょっと連勝・連敗しようものなら大きく順位が変わっていくという状況。一体どのチームが抜け出すのか、目が離せない戦いが続く。

     そんな中、前半戦を首位で折り返したのは西武と広島。圧倒的な攻撃力で開幕直後に快進撃を見せた西武は、最終的には2位と2.5差と僅差となったものの首位の座を死守。広島はリーグ連覇したここ2年に続き、3年連続の首位ターンとなった。

    【2018年・首位ターン】
    パ:西武
    78試=46勝31敗1分(2.5差)

    セ:広島
    76試=43勝32敗1分(6.0差)


     やはり優勝を争うとなると、ひとつでも上の順位で後半戦に進みたいと思うところではあるのだが、前半戦から飛ばして首位に立ったチームはそのまま逃げ切ることができていたのだろうか…。今回は直近5年の前半戦首位ターンチームに注目。5年間・10チームの“その後”をまとめてみた。


    <2017年>
    パ:楽天
    75試=50勝24敗1分(1.5差)
    143試=77勝63敗3分(3位)

    セ:広島
    83試=52勝29敗2分(8.0差)
    143試=88勝51敗4分(1位)


    <2016年>
    パ:ソフトバンク
    83試=54勝24敗5分(6.0差)
    143試=83勝54敗6分(2位)

    セ:広島
    87試=52勝33敗2分(10.0差)
    143試=89勝52敗2分(1位)


    <2015年>
    パ:ソフトバンク
    81試=50勝28敗3分(3.5差)
    143試=90勝49敗4分(1位)

    セ:DeNA
    85試=42勝42敗1分(0.5差)
    143試=62勝80敗1分(6位)


    <2014年>
    パ:オリックス
    83試=49勝34敗0分(0.5差)
    144試=80勝62敗2分(2位)

    セ:巨人
    80試=47勝33敗0分(3.5差)
    144試=82勝61敗1分(1位)


    <2013年>
    パ:楽天
    82試=47勝35敗0分(2.0差)
    144試=82勝59敗3分(1位)

    セ:巨人
    83試=49勝31敗3分(2.5差)
    144試=84勝53敗7分(1位)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180715-00159112-baseballk-base&pos=1

     同世代の“星”には負けられない。広島の大瀬良大地投手(27)が22日の阪神戦(甲子園)に先発し、7回3安打無失点と圧巻の投球で両リーグトップの10勝目を挙げた。

     抜群の安定感で4回以降は無安打。試合後の大瀬良は「前回(4回7失点でKOとなった15日のソフトバンク戦)のように、真っすぐとカットなど偏らないようにいろんな球種を使った」と話し、最速150キロの直球を軸にカットボール、スライダー、カーブ、フォークと多彩な変化球を有効に使い、相手打線に的を絞らせなかった。

     今季はまだシーズンの折り返し地点にも到達していないが、すでにルーキーイヤーの2014年と昨季に並ぶ自己最多の10勝。20勝も可能なペースだが「成績はシーズンが終わってから振り返ればいい」とあくまで通過点と考えている。リーグ3連覇、34年ぶりの日本一と大きな目標を見据えるなか、大瀬良はひそかに抱いている野望があるという。

     それは日本シリーズで西武・菊池にリベンジすることだ。大瀬良は2009年夏の甲子園1回戦で長崎日大のエースとして菊池を擁する花巻東と対戦。一時はリードしながらも5―8で敗れ涙を流した。当時から注目を集めていた菊池について「ほんとに真っすぐが速かった。中軸にはコースや高さを投げ分けていたけど(8番打者の)自分にはとにかくストライクを取りにくる感じで(笑い)。1つ、2つどころかものすごくレベルの高い投手だった」と振り返る。

     高校時代に力の差を痛感したとはいえ、今となっては互いに首位チームの先発ローテーションの柱となる存在。頂上決戦に至るまで厳しい道のりが続くが、大瀬良は「もう一度やってみたい気持ちはある」と意欲を見せる。

     この日、無傷の8勝目を挙げた菊池とはくしくも同じ生年月日の大瀬良。“因縁の再戦”は実現するか。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180623-00000017-tospoweb-base&pos=1

     広島薮田和樹投手(25)が28日、1軍に再合流した。マツダスタジアムで行われた1軍の先発投手練習に参加。短距離走などで汗を流した。


     昨季リーグ最高勝率を獲得。今季は開幕ローテ入りも7試合で2勝(0敗)止まりで、計20回2/3で与えた四死球は安打数16本よりも多い26個だった。2軍で再調整し、真っすぐの精度を上げてきた。

     明日からの西武3連戦の3戦目(31日)の先発が予想される。「まずは自分のできることをやりたい。2軍に落ちてやってきたことをすべて出したい」。昨季は交流戦から先発に配置転換されて一気に地位をつかんだ。不調で一時チームを離れた今季も、交流戦を浮上のきっかけとしたい。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180528-00222624-nksports-base

    このページのトップヘ