広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    西武ライオンズ

     【データプラス】 すっかり定着したQS(クオリティースタート)は先発投手が6回以上、自責点3以下に抑えると記録される指標。ここでは各球団のQS率とQS達成試合の勝率などに注目する。 (記録課・志賀 喜幸)

     今季、球界全体のQS達成試合の勝率を調べると・671。チーム別に見ると、両リーグ最高のQS率66・7%を誇る西武はQS試合で・769の高勝率。また、広島は唯一、これを上回る勝率・783とセ、パの首位が効果的な援護でQS試合をものにしている。

     対照的にQS試合を生かせないのがオリックス。QSを西武の26に次ぐ25も記録しながら、その試合の勝敗を見ると14勝11敗の勝率・560止まり。チーム主力のQS達成試合の勝敗を見ても西がQS7試合で2勝4敗、山岡が同6試合で2勝3敗と好投が報われない。現在4位に沈むチームの浮上はQSに応える打線の援護が鍵になる。

     次に、HQS(ハイクオリティースタート=7回以上、自責点2以下)試合の勝率も計算すると球界全体で・793。QSよりも大幅に勝利の可能性がアップするが、そのHQS率の両リーグ1位は日本ハムの39・0%。開幕41試合で16ものHQSを記録し、その試合は・813(13勝3敗)の高勝率だ。チーム内のHQSトップは上沢の5。HQS率は71・4%となり、セ、パ規定投球回到達投手では菅野(巨)、メッセンジャー(神)、則本(楽)の62・5%を抑えるNo・1だ。打線はパ5位の打率・228と復調途上の日本ハムだが、上沢ら強力先発陣の活躍で西武を脅かす存在になりそうだ。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180522-00000082-spnannex-base

     「イニシャルD」だ。西武の新外国人デュアンテ・ヒース投手(32)が15日、埼玉県所沢市の球団事務所で入団会見を行った。1年契約で、年俸17万5000ドル(約1925万円)プラス出来高払い。

     14、15年に広島でプレーして6勝6敗、防御率2・36。今季は独立リーグ、BCリーグ・富山に所属していた。

     背番号68のユニホームに身を包んだヒースは「NPBに戻ることが目標だった。感謝の気持ちでいっぱいだ」。あす16日にさっそく1軍に合流する予定で「バッターを攻めていく。ピッチングの時は常に戦う」と闘志も満点。ファンには「ニックネームは(デュアンテの頭文字の)D、と呼んでほしいね」と笑顔で話した。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180515-00000090-spnannex-base

    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム:CATCH!!>

     東京・神田にあるニコライ堂は五月雨にぬれていた。ホークスの監督でもあった故根本陸夫氏(享年72)が今も静かに眠っている。「母の日」でもあった13日、隆子夫人と親族らが19回目の祈りをニコライ堂の緑青色のドームの中に眠る故人にささげた。4月30日の命日から2週間。スケジュールを調整して隆子夫人ら親族は久々にそろった。



     「球界の寝業師」とも呼ばれた根本さんが世を去って19年の歳月が過ぎた。あの世から今のプロ野球界をどう見守っているのだろうか…。根本さんが生前、こっそりと話してくれたことがある。

     「ヤクルトを辞めた栗山くんがいるだろう。彼をなあ、西武の時、球団に誘ったんだ。彼はしっかり勉強もしとるしなあ。でも残念だったなあ」。根本さんが人を誘った話をするのは珍しかった。だから深く記憶に残っていた。そしてこの日、ヤフオクドームにいた日本ハム栗山監督も鮮明にその出来事を覚えていた。いや、今でも根本氏の言葉を肝に銘じているような話しぶりだった。

     「現役を辞めて、マスコミの仕事をすることになっていたので、根本さんから誘われましたが、西武球団まで行って丁重にお断りさせていただきました。すると、根本さんは『マスコミの人がどんな感じで仕事をしているのか、しっかり勉強しなさい。君のためになるから』と言われて…」。もう30年近く前の話である。根本氏は当時の栗山監督を編成部門を統括するフロントマン、自らの後継者として育てたいと思っていたようだった。縁とは不思議なものだ。その栗山監督は日本ハムの監督に就任する際に球団幹部から「根本陸夫になりませんか?」と口説かれたという。

     今季、連覇を狙うホークスにとってライバルになりそうな栗山ハム。一昨年は日本ハムに大逆転Vされ昨年はホークスが雪辱V…。故人をしのびつつここ数年を振り返ってみると、何とも因縁深いではないか。【ソフトバンク担当 佐竹英治】



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180514-00208311-nksports-base

     西武は10日、BCリーグ富山との間で、デュアンテ・ヒース投手(32)の譲渡について合意したと発表した。入団会見などは未定。ヒースは身長193センチ、108キロの右投げ右打ちの投手。今季から富山に所属していた。14年から2年間、広島に所属した。



     14年は7試合に先発し3勝0敗、防御率は2・38。15年は救援投手として43試合に登板し、3勝6敗4セーブ10ホールドをマーク。防御率は2・36だった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180510-00204180-nksports-base

     【江尻良文の快説・怪説】

     セ、パ両リーグは7日、今季開幕からホームとビジターで対戦が1回りした3日時点の各球団の観客動員を発表。納得、不可解な数字が入り乱れる舞台裏を明かす。

     球団史上初のリーグ3連覇を目指し順調に首位を走る広島が、なぜか前年比1・1%減。そのワケは、3万3000人収容の本拠地マツダスタジアムの半分にも満たない、呉市二河野球場(1万5000人収容)での主催試合(4月17日・ヤクルト戦)が含まれているからだ。セ・リーグ断トツの前年比18・3%増をマークしたのが中日。本拠地ナゴヤドームで3試合先発した松坂大輔の効果であることはいうまでもない。

     パ・リーグ首位を独走中の西武は、観客動員でも両リーグを通じトップの前年比21・8%増。10年ぶりのリーグ優勝と日本一が現実味を帯びているのだから、ファンが足を運ぶのも当然。一方、ロッテが前年比で13・2%の大幅増というのは、低迷しているチーム成績はともかく、井口資仁新監督の清新さが支持されているのだろう。

     日本ハムは米大リーグ・エンゼルスに移籍した大谷翔平に代わる新看板にと期待されたゴールデンルーキー・清宮幸太郎が限局性腹膜炎などのために開幕1軍を逃したことが、9・7%減の要因。今後どれだけ取り戻せるか。

     1月に急逝した故・星野仙一球団副会長の弔いV奪回を宣言しながら、最下位独走の楽天は、12球団ワーストの前年比13・7%減。どこまで巻き返せるか、草葉の陰で星野さんも見守っているだろう。(江尻良文)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180508-00000002-ykf-spo

     人気野球漫画「グラゼニ」に登場している本紙・セキネ記者が「元グラゼニ女子」で「ミス東スポ2017」の日里麻美とともに“野球人”を取材する月イチ企画も今回が最終回。最後を飾るのは広島時代は名バイプレーヤーとして知られ現在はクリケットに転身、先頃、日本代表に初選出されたことでも注目を集めている木村昇吾さん(37)。広島時代の秘話を語るとともに、松坂世代の一人としての思いを激白する。

     セキネ:いよいよプロ野球が開幕。リーグ連覇している広島を各チームが追う展開となりそうですが、古巣の戦いぶりをどう見ますか?

     木村:ケガ人なども多少出ているようですが、普通にやれば、今年も勝つと思いますよ。2016、17年と連覇しましたが、本当は僕が最後にいた年(15年)も優勝すると思ったんですよ。それぐらい力をつけていた。和というか、個の力が揃い始めたところに、エースのマエケン(前田健太投手=ドジャース)が抜けて、みんなで“やらなあかん”というところがプラスされたんだろうなと思っています。

     日里:エース離脱の危機感から力が結集されたんですね。

     木村:小窪とか赤松だったり、いろいろな選手に後で聞くと、16年はキャンプ時から「お前、何やってんねん!」みたいな形で互いに叱咤激励しながらやっていたらしいんです。だからキャンプから「これ、いける!」と。負ける気がしなかったと言ってましたね。

     セキネ:その優勝の前年(15年)オフに木村さんはFA宣言しました。決断に至った理由は?

     木村:当時の自分はどこでもこなせるバイプレーヤーということでいわば、ジョーカーですよね。どんなカードとしても切れる、でも裏を返せば、切れるからこそ、最後まで(ベンチに)取っておかざるを得ない状態にまでなっていた。つまり、出ようと出まいと評価が変わらないんですよ。安定しちゃったところが悩みでした。

     セキネ:モチベーションの維持の問題?

     木村:あくまでレギュラーでやりたかったのにそうなるとこの位置に満足しているというか…。「何してんの、自分?」となってしまったんですよ。これは環境を変えなあかんとなって。

     日里:ただ獲得に名乗りを上げる球団はなく、最後は西武にテスト入団でした。

     木村:ネットでは「セルフ戦力外」とか「身の程知らず」とか書かれましたね(笑い)。経緯はいろいろあったんですが、西武さんが手を挙げてくれて、ありがたかったです。

     セキネ:今年は中日に入団した松坂選手を筆頭に、村田選手(ルートインBCリーグ・栃木)など、再び“松坂世代”の生き方に注目が集まっています。
     木村 僕は松坂世代といっても本当に端くれなんで応援なんておこがましいんですが、(松坂)大輔にしろ、(村田)修一にしろ、いい方向に向かっていってほしいと思っています。みんな必死に頑張っていますしね。でもその死に物狂いにやっている中で、勝ち負けがついて淘汰されていくという世界ですから。ただ現役時代はドラフト1位、大嫌いでした。

     日里:そうなんですか!?

     木村:ドラ1の彼らを倒して名を上げたいとは常に考えていましたね。バッターボックスも一緒、投げているボールの大きさが変わるわけではない。でもベンチで見ていると「何でそんなことができるんだろう」とすごい距離がある。輝いているスターはやはり違うんですよ。結局はそういった彼らに負けたくないという気持ちがあったから、プロ野球の世界でも頑張れたという面はありました。

     日里:最後に現在、取り組んでいるクリケットについても聞かせてください。ある意味安定していたプロ野球の世界と違い、一からの挑戦ということでぶっちゃけお金の心配は? というか、生活できないんじゃないんですか?

     セキネ:まったくあんたは最後の最後まで、質問が直球すぎるわよ(怒り)。

     木村:まあまあ、お金の問題に関しては言いだしたらキリがないですからね。クリケットのトッププレーヤーの中には成功したらインド、豪州、英国などのリーグを転戦し、30億円稼ぐ選手もいます。長年野球を続けてきて、次に同じだけの情熱を注げるスポーツに出会えたことを今は幸せに感じています。応援、よろしくお願いします!

    【グラゼニとは】講談社「週刊モーニング」で連載中の、中継ぎ左腕・凡田夏之介を主人公とした異色の野球漫画。球界では有名な「グラウンドには銭が落ちている」の言葉を体現すべく、がむしゃらに道を突き進んでいく凡田の姿とともに「カネ」を巡る野球界の赤裸々な裏事情も描かれ、人気を博す。原作・森高夕次、漫画・アダチケイジ。「グラゼニ」全17巻と「グラゼニ~東京ドーム編~」14巻までのシリーズ累計で300万部を突破。4月から「BSスカパー!」でアニメが放送開始。

    ☆プロフィル=きむら・しょうご 1980年4月16日生まれ。大阪府出身。尽誠学園高、愛知学院大を経て、2002年ドラフト11巡目で横浜ベイスターズ(現横浜DeNAベイスターズ)に入団。08年に広島へ移籍後は内外野を守れる貴重なバイプレーヤーとして存在感を発揮した。16年から西武に所属し、昨年10月に戦力外通告。日本の元プロ野球選手が初めてクリケットに挑戦(本紙既報)することでも注目を集めている。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180330-00000005-tospoweb-base

     広島・大瀬良大地投手(26)が4日、地元長崎での西武とのオープン戦に先発。故郷の大声援を受けて、マウンドに上がった。

     「高校のときとは違いますけど、懐かしい球場ですね。普段ないような声援をもらって、特別な感情を持ちました。序盤は力が入ってしまいましたが、全体的にはしっかり投げることができました」

     一回一死二塁で森に中前へ先制打を浴びると山川、松井にも適時打を許すなど3失点。二回以降は150キロ近くの直球と変化球を使って、3回3失点だった。ホロ苦い結果に終わったが、ファンの前で力強い投球を披露した。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180304-00000534-sanspo-base

     「オープン戦、西武-広島」(4日、長崎県営野球場)

     広島のアレハンドロ・メヒア内野手が「6番・三塁」で先発し、オープン戦3試合連続打点をマークした。

     3点を追う二回。先頭のエルドレッドが右中間フェンス直撃の二塁打を放つなどで1死一、三塁。カウント1-2から高橋光の直球を中前にはじき返し、三走・エルドレッドが生還した。前日まで2戦連続本塁打を記録するなど、好調をキープしている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180304-00000057-dal-base

    このページのトップヘ