広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    西武ライオンズ

     真夏の祭典・オールスターゲームも終わり、1日の休みを挟んですぐに後半戦の戦いへと移っていくプロ野球。今年はセ・パともに混戦模様となっているだけに、ちょっと連勝・連敗しようものなら大きく順位が変わっていくという状況。一体どのチームが抜け出すのか、目が離せない戦いが続く。

     そんな中、前半戦を首位で折り返したのは西武と広島。圧倒的な攻撃力で開幕直後に快進撃を見せた西武は、最終的には2位と2.5差と僅差となったものの首位の座を死守。広島はリーグ連覇したここ2年に続き、3年連続の首位ターンとなった。

    【2018年・首位ターン】
    パ:西武
    78試=46勝31敗1分(2.5差)

    セ:広島
    76試=43勝32敗1分(6.0差)


     やはり優勝を争うとなると、ひとつでも上の順位で後半戦に進みたいと思うところではあるのだが、前半戦から飛ばして首位に立ったチームはそのまま逃げ切ることができていたのだろうか…。今回は直近5年の前半戦首位ターンチームに注目。5年間・10チームの“その後”をまとめてみた。


    <2017年>
    パ:楽天
    75試=50勝24敗1分(1.5差)
    143試=77勝63敗3分(3位)

    セ:広島
    83試=52勝29敗2分(8.0差)
    143試=88勝51敗4分(1位)


    <2016年>
    パ:ソフトバンク
    83試=54勝24敗5分(6.0差)
    143試=83勝54敗6分(2位)

    セ:広島
    87試=52勝33敗2分(10.0差)
    143試=89勝52敗2分(1位)


    <2015年>
    パ:ソフトバンク
    81試=50勝28敗3分(3.5差)
    143試=90勝49敗4分(1位)

    セ:DeNA
    85試=42勝42敗1分(0.5差)
    143試=62勝80敗1分(6位)


    <2014年>
    パ:オリックス
    83試=49勝34敗0分(0.5差)
    144試=80勝62敗2分(2位)

    セ:巨人
    80試=47勝33敗0分(3.5差)
    144試=82勝61敗1分(1位)


    <2013年>
    パ:楽天
    82試=47勝35敗0分(2.0差)
    144試=82勝59敗3分(1位)

    セ:巨人
    83試=49勝31敗3分(2.5差)
    144試=84勝53敗7分(1位)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180715-00159112-baseballk-base&pos=1

     同世代の“星”には負けられない。広島の大瀬良大地投手(27)が22日の阪神戦(甲子園)に先発し、7回3安打無失点と圧巻の投球で両リーグトップの10勝目を挙げた。

     抜群の安定感で4回以降は無安打。試合後の大瀬良は「前回(4回7失点でKOとなった15日のソフトバンク戦)のように、真っすぐとカットなど偏らないようにいろんな球種を使った」と話し、最速150キロの直球を軸にカットボール、スライダー、カーブ、フォークと多彩な変化球を有効に使い、相手打線に的を絞らせなかった。

     今季はまだシーズンの折り返し地点にも到達していないが、すでにルーキーイヤーの2014年と昨季に並ぶ自己最多の10勝。20勝も可能なペースだが「成績はシーズンが終わってから振り返ればいい」とあくまで通過点と考えている。リーグ3連覇、34年ぶりの日本一と大きな目標を見据えるなか、大瀬良はひそかに抱いている野望があるという。

     それは日本シリーズで西武・菊池にリベンジすることだ。大瀬良は2009年夏の甲子園1回戦で長崎日大のエースとして菊池を擁する花巻東と対戦。一時はリードしながらも5―8で敗れ涙を流した。当時から注目を集めていた菊池について「ほんとに真っすぐが速かった。中軸にはコースや高さを投げ分けていたけど(8番打者の)自分にはとにかくストライクを取りにくる感じで(笑い)。1つ、2つどころかものすごくレベルの高い投手だった」と振り返る。

     高校時代に力の差を痛感したとはいえ、今となっては互いに首位チームの先発ローテーションの柱となる存在。頂上決戦に至るまで厳しい道のりが続くが、大瀬良は「もう一度やってみたい気持ちはある」と意欲を見せる。

     この日、無傷の8勝目を挙げた菊池とはくしくも同じ生年月日の大瀬良。“因縁の再戦”は実現するか。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180623-00000017-tospoweb-base&pos=1

     広島薮田和樹投手(25)が28日、1軍に再合流した。マツダスタジアムで行われた1軍の先発投手練習に参加。短距離走などで汗を流した。


     昨季リーグ最高勝率を獲得。今季は開幕ローテ入りも7試合で2勝(0敗)止まりで、計20回2/3で与えた四死球は安打数16本よりも多い26個だった。2軍で再調整し、真っすぐの精度を上げてきた。

     明日からの西武3連戦の3戦目(31日)の先発が予想される。「まずは自分のできることをやりたい。2軍に落ちてやってきたことをすべて出したい」。昨季は交流戦から先発に配置転換されて一気に地位をつかんだ。不調で一時チームを離れた今季も、交流戦を浮上のきっかけとしたい。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180528-00222624-nksports-base

     【データプラス】 すっかり定着したQS(クオリティースタート)は先発投手が6回以上、自責点3以下に抑えると記録される指標。ここでは各球団のQS率とQS達成試合の勝率などに注目する。 (記録課・志賀 喜幸)

     今季、球界全体のQS達成試合の勝率を調べると・671。チーム別に見ると、両リーグ最高のQS率66・7%を誇る西武はQS試合で・769の高勝率。また、広島は唯一、これを上回る勝率・783とセ、パの首位が効果的な援護でQS試合をものにしている。

     対照的にQS試合を生かせないのがオリックス。QSを西武の26に次ぐ25も記録しながら、その試合の勝敗を見ると14勝11敗の勝率・560止まり。チーム主力のQS達成試合の勝敗を見ても西がQS7試合で2勝4敗、山岡が同6試合で2勝3敗と好投が報われない。現在4位に沈むチームの浮上はQSに応える打線の援護が鍵になる。

     次に、HQS(ハイクオリティースタート=7回以上、自責点2以下)試合の勝率も計算すると球界全体で・793。QSよりも大幅に勝利の可能性がアップするが、そのHQS率の両リーグ1位は日本ハムの39・0%。開幕41試合で16ものHQSを記録し、その試合は・813(13勝3敗)の高勝率だ。チーム内のHQSトップは上沢の5。HQS率は71・4%となり、セ、パ規定投球回到達投手では菅野(巨)、メッセンジャー(神)、則本(楽)の62・5%を抑えるNo・1だ。打線はパ5位の打率・228と復調途上の日本ハムだが、上沢ら強力先発陣の活躍で西武を脅かす存在になりそうだ。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180522-00000082-spnannex-base

     「イニシャルD」だ。西武の新外国人デュアンテ・ヒース投手(32)が15日、埼玉県所沢市の球団事務所で入団会見を行った。1年契約で、年俸17万5000ドル(約1925万円)プラス出来高払い。

     14、15年に広島でプレーして6勝6敗、防御率2・36。今季は独立リーグ、BCリーグ・富山に所属していた。

     背番号68のユニホームに身を包んだヒースは「NPBに戻ることが目標だった。感謝の気持ちでいっぱいだ」。あす16日にさっそく1軍に合流する予定で「バッターを攻めていく。ピッチングの時は常に戦う」と闘志も満点。ファンには「ニックネームは(デュアンテの頭文字の)D、と呼んでほしいね」と笑顔で話した。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180515-00000090-spnannex-base

    このページのトップヘ