広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    西武ライオンズ

     1935年の球団創設から84年。阪神には85年の日本一や、暗黒時代など多くの歴史がある。時代のシンボル的な存在を支えた人たちが、当時を振り返る企画「あの時は…」。第1回は、05年に鉄壁のリリーフ陣「JFK」とともにリーグ優勝に貢献した「SHE」の一員、江草仁貴氏(38)です。球団タイ記録のシーズン87勝を挙げた強さの理由を振り返ってくれました。

      ◇  ◇

     05年はすごく居心地のいい雰囲気で戦っていました。ブルペン陣も全員がすごく仲がよかったです。

     強い時は勝っているということなので、どうしてもJFK(ウィリアムス、藤川、久保田)の登板が増えてしまう。他の試合でいかに休ませるかというのをチームは考えていたと思います。接戦で負けている時とかにJFKを登板させなくても、SHE(桟原、橋本、江草)でカバーできたらなという思いはありました。

     ブルペンでは、野球の考え方や球種の握りなどを、お互いに教え合っていました。僕は05年に初めて1軍に定着して、フルでやったのも初めて。いろんな人に聞きながら助けてもらいました。

     基本的にみんなが抑えてベンチに帰ってくる。こっちも負けないようにという意識で投げていました。「抑えるのが当たり前」というようないい循環で回っていましたね。

     広島でも2回のリーグ優勝(16、17年)を経験しましたが、強いチームは雰囲気がいい。負けが込んできた時にいかに楽しくできるか。必ず苦しい、しんどい時があります。そういう時にベテランやムードメーカーが士気を高めて引っ張っていくのがいいのかと思います。

     当時の阪神なら金本さんが「決起集会をやろうか」と声を掛けてくれて引っ張ってくれた。広島だったら黒田さんとか新井さんがいて。普段は若いのがしっかりして、しんどい時にベテランがサポートをしてくれる、というのが理想だと思います。負け込んでくると雰囲気が悪く、暗くなってしまう。

     それを早くいい方に変えていけたら流れも変わってくる。ビールかけをした時は、今まで生きてきた中で一番と言っていいくらい、うれしかったです。あれはぜひ、現役の選手みんなにも経験してほしいなと思います。

     今はリハビリ型デイサービスの「株式会社キアン」という介護事業の運営と、大阪電気通信大学(阪神大学野球連盟)でコーチをしていますが、阪神の試合は見ています。一緒にプレーした人たちには何とか頑張ってもらいたい。球児、能見さん、鳥谷、岡崎、秋山も一緒にやっている。優勝に近づくためにも、全員でいい雰囲気を築き上げて戦っていってもらいたいですね。(元阪神タイガース投手)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190409-00000028-dal-base

     31日のプロ野球公示で、西武はヒース投手を抹消し廖任磊投手を昇格させた。守護神として期待されていたヒースは29日のソフトバンクとの開幕戦で延長11回に登板しデスパイネにサヨナラ打を浴びていた。


     広島はドラフト1位ルーキーの小園海斗内野手を抹消した。小園は球団の高卒新人では2000年の苫米地以来となる開幕1軍入りを果たしたがここまで出場がなかった。巨人ヤングマン、山本泰寛内野手を抹消し、畠世周投手、ビヤヌエバ内野手を昇格。また、阪神は移籍後初先発となる西勇輝投手を登録した。

    【セ・リーグ】
    ■出場選手登録

    ヤクルト
    投手 高梨裕稔

    巨人
    投手 畠世周
    内野手 C.ビヤヌエバ

    阪神
    投手 西勇輝

    ■出場選手登録抹消

    広島
    内野手 小園海斗

    巨人
    投手 T.ヤングマン
    内野手 山本泰寛

    【パ・リーグ】
    ■出場選手登録

    西武
    投手 廖任磊

    ■出場選手登録抹消

    西武
    投手 D.ヒース


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190331-00332712-fullcount-base

    「空振り三振は積極的にチャレンジした結果だが、見逃し三振は消極的な態度の表れ」ということで見逃し三振が咎められる傾向にあるようですが、見逃し三振覚悟でヤマを張り、狙い通りならバッティング、そうでなければ無理に体勢を崩さず見逃すことでバッティングが向上するという実例もあるようです。



     今回は打者の「空振り三振」と「見逃し三振」に分けてランキングを紹介していきます。

     まずは12球団の三振における「空振り三振」と「見逃し三振」の割合を見てみましょう。

    ○2018年チーム三振
    【パ・リーグ】
    オリックス
    空振り三振 811(80.9%) 見逃し三振 191(19.0%)

    楽天
    空振り三振 847(78.9%) 見逃し三振 220(20.5%)

    西武
    空振り三振 863(78.2%) 見逃し三振 236(21.4%)

    日本ハム
    空振り三振 856(77.7%) 見逃し三振 242(22.0%)

    ソフトバンク
    空振り三振 772(77.3%) 見逃し三振 220(22.0%)

    ロッテ
    空振り三振 680(76.6%) 見逃し三振 204(23.0%)

    セ・リーグ
    中日
    空振り三振 758(77.3%) 見逃し三振 207(21.1%)

    DeNA
    空振り三振 803(77.1%) 見逃し三振 227(21.8%)

    広島
    空振り三振 851(74.5%) 見逃し三振 276(24.1%)

    阪神
    空振り三振 801(73.8%) 見逃し三振 274(25.2%)

    ヤクルト
    空振り三振 682(73.3%) 見逃し三振 237(25.5%)

    巨人
    空振り三振 795(71.0%) 見逃し三振 305(27.2%)

     オリックスの空振り三振の割合が80%を超えています。積極的にスイングにいってはいるものの、ボール球に手を出す確率も多く、空振りが増えているという様子が伺えます。

    ○2018年 空振り三振ランキング (カッコ内順位は三振ランキング)
    山川穂高(西武) 111(1位)
    丸佳浩(広島) 108(2位)
    ペゲーロ(楽天) 102(5位)
    レアード(日本ハム) 100(3位)
    福田永将(中日) 100(7位)
    バレンティン(ヤクルト) 99(4位)

    ○2018年 見逃し三振ランキング (カッコ内順位は三振ランキング)
    鈴木誠也(広島) 42(11位)
    岡本和真(巨人) 39(5位)
    田中広輔(広島) 37(9位)
    筒香嘉智(DeNA) 36(17位)
    山田哲人(ヤクルト) 33(7位)
    嶋基宏(楽天) 33(38位)
    秋山翔吾(西武) 32(29位)

     空振り三振のランキングでは、三振上位の顔ぶれが並んでいますが、見逃し三振の方では必ずしも相関があるというわけではありません。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190327-00329133-fullcount-base

     広島OBの北別府学氏が自身のブログでプロ1号を放った広島ドラフト1位ルーキー・小園海斗内野手を絶賛した。



     北別府氏は3日に「いやはや」のタイトルでブログを更新。西武とのオープン戦で左腕・武隈から右翼席へプロ1号を放った黄金ルーキーを「オープン戦でこれ程の成績を残している高卒ルーキー 恐るべしです!! カープに入団してくれて良かったと心から思います」と絶賛した。

     小園はオープン戦出場3試合の全てで安打を放ち打率.571、1本塁打、1打点と開幕1軍に向け快進撃を続けている。セ・リーグ3連覇のチームに現れた新星に「他球団ならこんな脅威は無いですからね」と言及している。

     広島の球団史上初の200勝投手として知られる“レジェンド”も絶賛する高卒ドラ1ルーキー。今後もオープン戦で結果を残せば目標の開幕1軍も夢ではなさそうだ。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190304-00311154-fullcount-base

     ◇オープン戦 広島6―1西武(2019年3月2日 佐賀)

     広島・レグナルトは6回に登板し、真価を測るには格好の中軸3人を迎えた。昨季まで2年連続最多安打の秋山はフルカウントから外角スライダーで左飛。昨季本塁打王の山川は直球で追い込み、低めのチェンジアップで空振り三振。最後の森は高めの直球で空振り三振に仕留めた。

     「3、4、5番だったけど、打順に関係なく、僕の仕事はアウトを取ることなので結果にこだわった。問題はなく投げられた。真っすぐをもう少し力を込められたらいい」

     4度の実戦を終えて計4回無失点。しかも「前回と今回はカーブは一度も投げていない。寒かったからなのか、握りがしっくりこなかったので投げなかった」と手の内すべてを見せていない。また評価を上げた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190303-00000067-spnannex-base

     「オープン戦、西武-広島」(3日、長崎県営野球場)

     広島の新3、4番コンビが勝負強さを発揮した。

     1点を追う五回、無死二、三塁から対外試合初の3番に入った西川が左前適時打を放つと、続く4番鈴木が右翼席へ、3ランを放り込んだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190303-00000088-dal-base

    ■広島 10-4 西武(オープン戦・3日・長崎)

     広島のドラフト1位ルーキー・小園海斗内野手が3日、西武とのオープン戦でプロ1号を放った。開幕1軍に向け猛アピールを続ける息子に母・こず江さんも「1試合1試合、気持ちを切らさずに頑張ってほしい」とエールを送った。


     自宅でTV観戦し記念すべきプロ1号を見届けた、こず江さんは「直前のファーストフライがラッキーな形だったので、ここで打ってほしいなと思っていたら……。ビックリしました」と“打ち直し”の一発に驚きの声を挙げた。

     宮崎、沖縄のキャンプ地にも足を運び練習試合、オープン戦は3試合を観戦。食事を共にする機会もあり「高校時代と変わらずプロに入ってもニコニコしていて安心しました。コーチの方や先輩の方にも色々と教わっているようで素晴らしいチームに入ったなと感じています」と口にする。

     高卒ルーキーながらオープン戦出場3試合で安打を放ち、打率.571、1本塁打、1打点と大活躍。「本人も目標を切らさずにやっているみたいです。1試合1試合、気持ちを切らさずに頑張って欲しいです」と、開幕1軍へ猛アピールを続ける息子にエールを送っていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190303-00310407-fullcount-base

    <オープン戦:西武4-10広島>◇3日◇長崎県営球場

    広島長野久義外野手が移籍初安打&初打点をマークした。西武戦の5回、代打で出場。1打席目は凡退したが、7回1死一、二塁の第2打席で、森脇から左中間を破る2点二塁打を放った。



    走者2人が追いかけっこのように続けざまにホームインし、二塁ベース上で笑みを浮かべた。「僕だけ打ってなかったので、ちょっとホッとしました」と話した。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190303-03030691-nksports-base

    ◆広島6―1西武(2日・佐賀)

     西武・辻発彦監督(60)と広島・緒方孝市監督(50)が出身地の佐賀で激突する同県対決は、昨年(10―0)に続いて広島が完勝した。

     「天気が心配だったけど無事にできた。たくさんのファンの前で、いい雰囲気で野球ができてよかった」と、オープン戦だけに勝敗自体ににこだわりは見せなかった辻監督だが、勝敗を決定づけた7回の3失点については厳しいひとこと。「あの四球だよね」と指揮官が指摘したのは、2年目右腕の伊藤が2死三塁から曽根に与えたストレートの四球だ。直前の1死三塁で松山を二ゴロに打ちとり、ピンチを脱したかに見えたところで再び走者を増やし、続く会沢に初球を狙い打たれて右中間へ走者一掃の2点二塁打。続く西川にも右前適時打を浴びた。

     「打たれるのは仕方ないかもしれないが、せっかく2死まで来たのに、そこで踏ん張れないのが残念。打ちとれる打者をしっかり打ちとらないと、1点で済むところが3点になっちゃう」と、詰めの甘さを嘆いた。試合後のミーティングでも、改めて投手陣に勝負どころでの細心な投球を求めたという。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190302-00000203-sph-base&pos=1

     元巨人投手、監督の堀内恒夫氏(71)が2日、自身のブログを更新。ともにFA移籍で巨人入りした選手の人的補償として新天地に移った西武・内海哲也投手(36)、広島・長野久義外野手(34)の両ベテランに“堀内流”のエールを送った。

     この日、佐賀県で行われた西武―広島のオープン戦について「今日は特に西武の先発ピッチャーが気になってね(笑)」と切り出した堀内氏は、まずは先発して3回1安打無失点で実戦初登板を終えた内海を「体も良さそうだし去年より少し球が速くなったんじゃない?」と高評価。さらに、西武にとってはこの広島戦がオープン戦初戦だったことから「球団から期待と気遣いのご挨拶代わりの登板だろうね」「今日のピッチングはそれにしっかりと応えられた。俺はそう思うよ」と喜んだ。

     2回には「内海VS長野」の“元巨人対決”が早くも実現。結果は4球目の内角スライダーでボテボテの三ゴロに抑えた内海に軍配が上がったが、「長野…なんだろ、あのサードゴロ(笑)打ち方も変わってないけど、君、意識し過ぎだよ(笑)」と苦笑い。「でもまぁ2人共、元気そうで良かった」とホッと胸をなで下ろす大先輩だった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190302-00000161-spnannex-base

    このページのトップヘ