広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    西武ライオンズ

     2018年ドラフト会議で104名(育成21名を含む)が指名され全員が入団、今季よりプロ野球選手としてのキャリアをスタートさせます。指名順位が高かろうと低かろうと入団してしまえば横一線でのスタートとは言いますが、指名順位によってプロ野球選手として生き残れる年数に差が生じるものなのでしょうか。また、ポジションごとの差や、高校からの入団、大学・社会人からの入団での差はあるものなのでしょうか。そこで、1993年から2008年のドラフト会議で指名された選手がどのくらいプロ野球選手としてNPB、MLBに在籍していたかの年数を分析してみました。


     まずは1993年から1999年のドラフト会議で指名され入団した選手がどれだけの年数以上、在籍していたかを紹介します。

     1993年のドラフトで入団した選手が10年以上在籍した確率は59.4%であり、ほぼ6割の選手が10年以上プロ野球選手であり続けたことがわかります。そして15年以上の在籍が3割、20年以上の選手も1割弱いたことがわかります。なお1993年ドラフトで最後に指名されたのがロッテ7位指名の福浦和也。福浦は26年目となる2019年シーズンもプロ野球選手として過ごします。

     なお1994年から1996年のドラフト入団選手はすべて引退しましたが、1997年のドラフト入団選手ではソフトバンクを戦力外となった五十嵐亮太の獲得を古巣ヤクルトが発表。今季も現役を続けることになりました。1998年ドラフト入団では松坂大輔、福留孝介、上原浩治、藤川球児、實松一成の5人が今季も選手として契約を結んでいます。また、1998年ドラフト入団の選手の10年以上在籍確率は50%、20年以上も9.5%と近年では高い現役続行確率となっています。その印象もあってか「選手の寿命は年々伸びている」と思われがちなのですが、1999年のドラフト入団選手を見てみると、10年以上在籍確率が4割と6年前に比べて大きく減少しています。両年のデータの代表値を比較しますと、

    ○1993年
    平均在籍年数 11.2年 中央値 11年 最頻値 11年

    ○1999年
    平均在籍年数 9.0年 中央値 8.5年 最頻値 7年

     と平均在籍年数が2年ほど短くなっています。

     また最頻値(最も度数が大きい在籍年数)の推移を見てみると、

    1993年 11年
    1994年 8年
    1995年 5年
    1996年 9年
    1997年 8年
    1998年 4年
    1999年 7年

     となっており、年による振り幅はありますが、いわゆる「壁」と呼ばれる年数が徐々に短くなっている様子が伺えます。特に10年以上在籍確率が高かった1998年ですが、4年でNPBを去る選手が最も多かったという側面もありました。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190113-00280146-fullcount-base

     広島の緒方孝市監督(50)が前日6日に長野の獲得を“予言”していた。7日、西武・辻監督貢献会の新春パーティーに出席した佐賀県の山口祥義知事が明かした。

     緒方監督は6日、地元の佐賀・鳥栖で3連覇の祝賀会に出席。指揮官と話した山口知事は「昨日(6日)、緒方監督が“丸も新井もエルドレッドもいなくなるけど、あした(7日)面白い選手をとってくる”と言っていたら、佐賀出身の長野選手だった」と明かした。

     セ3連覇の緒方監督と10年ぶりのパ制覇を果たした辻監督はともに佐賀県出身。丸の人的補償で広島が獲得した長野も佐賀出身とあって、同知事は「佐賀ってつながっているんだな」と、しみじみ語っていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190107-00000135-sph-base

     部門賞では異例の4人同時受賞となった。それぞれ立場や境遇は違っても4監督の「無念」には本人にしか分からないつらさがあることだろう。

     V逸の責任を取る形でユニホームを脱ぐことになったのが、由伸前監督と金本前監督。特に後者は来季に向けた組閣も進めていたことから、事実上の解任だった。先日の野球殿堂入りを祝う会では壇上から「(若手が)なかなか伸びてくれず監督を辞任することになってしまいました。北條、高山、大山! 聞いてるか!」とスピーチして笑いを誘ったが、悔しさはそう簡単に消えないはずだ。

     10年ぶりにパ・リーグを制覇した辻監督と、球団初のセ・リーグ3連覇を達成した緒方監督もしかり。くしくも2人は佐賀県出身で県境を接する“ライバル県”のチームに下克上を許した。やられたら、やり返すしかない。来季こそ“がばいシリーズ”実現となるか――。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181228-00000058-tospoweb-base

     FAに関する規約は抜け道だらけだ。巨人が自由契約にした上原浩治投手(43)と1カ月半後に再契約した経緯を巡り、人的補償からの“一時避難”を可能とする裏技が浮き彫りになった。

     「元から(再契約の)話ができてるんじゃないかと言われていたが、そういうことは一切なかった。契約してもらえてうれしい」

     巨人と年俸5000万円(推定)で来季契約に合意した上原は14日、一部で広がっていた“出来レース”説を強く否定した。

     巨人は当初から「シーズン終了後に左ひざのクリーニング手術を行ったこともあり、双方合意の上、球団が自由契約を通知した」と説明。だが球界内でも「上原クラスの功労者なら、支配下に置いたまま治りを待つのが誠意では?」との疑念が生じていた。

     異例の自由契約は憶測を呼び、代表的なものが、巨人が今オフのFA補強を見越して人的補償の対象から上原を除外するため、再契約を前提に“一時避難”させた-というものだ。

     真相は別として理論上、この手法を使えば28人しか指定できないプロテクトリストに加えて、選手を際限なく補償の対象外に置ける。NPB関係者は「仮にどんな密約があろうと、自由契約の選手は建前として、どの球団とも交渉できるから、FA規約上で問題にはできない。あとは各球団の良識に任せるしかない」との見解。この日の上原も「12球団OKだったが、どこからも話がなかった」と強調した。

     戦力としての評価は29位以下でも、人気選手や功労者には別の配慮が必要。流出はもちろん、プロテクト漏れが暴露されるリスクも考えて、リストに加える球団は多い。人的補償の対象は支配下選手のみだから、FAに備えて一時的に自由契約にしたり、育成契約に切り替えたりといった“脱法行為”が今後横行する可能性は否めない。

     穴だらけで良識任せのFAルールには、早めの手当が必要ではないか。そもそも移籍活性化を望む選手会側から、各球団にFA市場への参戦をためらわせる一大要因の人的補償制度に対して、廃止を求める声が上がらないのは理解に苦しむ。(笹森倫)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181217-00000003-ykf-spo

     広島県呉市内でのトークショーに参加した広島・田中広は、西武の“秋山理論”で自身初の「打率3割、180安打」を目指す。

     1歳年上の秋山とは、11月に行われた日米野球でともに侍ジャパン入りして打撃論を交わした。ともにリードオフマンで、現在、継続中の連続フルイニング出場数は、1位が秋山(596試合)、2位が田中広(568試合)と共通項も多い。「意識してきたこととは真逆の感覚と言ってもいい。打席でのアプローチとか、左肩が早く出ないためにはどうしたらいいのかを聞きました。自主トレで試したい」。秋山からはバットをもらい、オフ期間中に試す予定だ。

     今季の打率・262は自己最低。それでも、打撃スタイルはブレずに貫く。「打率だけを見始めたら終わりだと思っている。(進塁打などを)他の人もできているからカープは強い。180安打を打てれば、自然と3割には乗ってくると思う」と、打撃進化のヒントを探すオフとする。(河合 洋介)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181217-00000025-spnannex-base

     ソフトバンクが2年連続の日本一に輝き、幕を閉じた2018年のプロ野球。各球団の秋季キャンプも終わり、球界はすっかりシーズンオフとなった。各球団が来季に向けた戦力編成を進め、入退団の情報や噂が球界を飛び交っている。



     各球団の助っ人についても、徐々に動きが出始めている。セ・リーグ王者の広島ではエルドレッド、ジャクソン、カンポス、巨人ではカミネロ、マギーの退団が決定。パ・リーグでも、日本ハムのアルシア、ロッテのオルモス、シェッパーズ、ドミンゲス、楽天のアマダー、ペゲーロ、ディクソンらが、来季は新天地に戦いの場を求める。その一方で、広島はカイル・レグナルト投手、巨人はクリスチャン・ビヤエヌバ内野手、ロッテはケニス・バルガス内野手らなど、新助っ人の入団が続々を発表されている。

     今季もNPBでは期待以上の活躍をした助っ人、期待には添えなかった助っ人と、様々だった。彼らの成績が直接成績に反映されたチームもあれば、影響が少なかったチームもあるが、ここでは当初の期待、そして年俸によるコストパフォーマンスを考慮した上で、今季のセパ両リーグのベスト助っ人、ワースト助っ人を独自に選定してみたい。(金額は全て推定)

    【セ・リーグ】
    ○ベスト
    DeNA ネフタリ・ソト(3500万円)
    107試合416打数129安打41本塁打95打点 打率.310

    ○ワースト
    阪神 ウィリン・ロサリオ(3億4000万円)
    75試合281打数68安打8本塁打40打点 打率.242

     セ・リーグは今季、助っ人選手の活躍が目立った。その中でも働きが際立ったのは、リーグ3連覇を果たした広島のヘロニモ・フランスア投手、中日のオネルキ・ガルシア投手、ダヤン・ビシエド内野手、そしてDeNAのネフタリ・ソト内野手だろう。

     フランスアはわずか年俸880万円だったにも関わらず、シーズン途中からセットアッパーとして不可欠な存在に。47試合で防御率1.66と圧巻の成績を残し、広島の3連覇に大きく貢献した。中日のガルシアは今季チームトップの13勝をマークし、ビシエドは首位打者に輝いた。DeNAのソトはシーズン序盤を2軍で過ごしたにもかかわらず、41本塁打を放って初タイトルを獲得した。この4選手の貢献度は甲乙つけがたいが、年俸4000万円、107試合で41本塁打を放ったソトをベスト助っ人に推したい。

     一方、年俸1億円以上の高額契約ながら活躍できなかった選手もいた。阪神では年俸3億4000万円と鳴り物入りで入団したウィリン・ロサリオ内野手がわずか8本塁打に終わり、同1億9000万円のマルコス・マテオ投手も不振。中日のディロン・ジー投手は血行障害のため、開幕後すぐに離脱した。巨人ではアルキメデス・カミネロ投手(同2億2000万円)が故障などで奮わず、中日から移籍したアレックス・ゲレーロ外野手(同4億円)は15本塁打に終わった。

     この中でセ・リーグのワースト助っ人は、やはり最下位に終わった阪神のロサリオだろうか。年俸3億4000万円という期待の大きさに対して、75試合で打率.242、8本塁打、40打点は、あまりにも物足りない数字だった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181204-00260142-fullcount-base

    「正直、クビを覚悟していた」

     巨人の大竹寛(35)が27日、都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、50%減の年俸2625万円で更改した。

     広島からFA移籍5年目の今季は開幕ローテ入りを果たしたものの、2試合の登板にとどまり、1勝1敗、防御率6.00。4月12日のDeNA戦で5失点すると即二軍落ちとなり、その後、一軍へ戻ることはなかった。

    「もう1年契約していただけるんだと。金額よりその気持ちの方が強い」と巻き返しを誓った。

     二軍ではエース格だった。ローテを守り、17試合で9勝4敗、防御率2.97。35歳がフル回転したのは理由がある。

     巨人はFAで西武から炭谷を獲得。西武の辻監督が前向きな姿勢を見せている「人的補償」で、28人のプロテクトメンバー以外の選手を取られる可能性が高い。もし広島の丸が巨人移籍を決断すれば、さらにもう1人、持っていかれることになる。

     最近は一岡(27=広島)、奥村(23=ヤクルト)、平良(23=DeNA)、高木勇(29=西武)などが流出し、批判の的になっている。巨人としては若手を取られたくない事情がある。

    「そこで大竹です。間違ってもプロテクトの『28人』には入らないだろうし、二軍でフル回転しているから、故障していないとアピールできた。巨人では最高9勝でも、2ケタ勝利4度と若手より実績があるのが強み。何より地元・埼玉出身。西武の今季の防御率はリーグ最下位の4.24。強力打線が牽引したが、投手陣は崩壊していた。さらにエースの菊池がポスティングでのメジャー移籍が濃厚。西武は最近のドラフトで高橋、今井、斉藤といった次世代を担う投手を1位で指名していて駒はいる。欲しいのは一にも二にも経験豊富な投手。年俸も2000万円台なら指名しやすくなった。そんな事情があるから、大竹の可能性は十分ある。“エサ”といってはなんだけど、巨人もそのつもりで残したんじゃないか」(球界関係者)

     大竹は移籍1年目の14年に原監督の下でリーグ優勝を経験した。

    「巨人を選んだ時の気持ちを思い返した。原監督の時に取ってもらい、縁を感じている。何でもいいので力になりたい」と決意を示した。

     球団の思惑通り、“力”になれるか。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181128-00000017-nkgendai-base

    このページのトップヘ