広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    西武ライオンズ

     楽天を自由契約となった松井稼頭央が西武、西武を自由契約となった渡辺直人が楽天へ移籍し、今季から両選手は古巣でプレーすることになった。

     松井稼頭央が今年の10月で43歳、渡辺も今年の10月で38歳と、大ベテランの域だが、新天地でもう一花咲かせたいところ。松井と渡辺のように新人時代に所属していたチームに戻り、再び活躍した選手を見ると新井貴浩(広島)が当てはまる。

     新井は2007年オフにFA権を行使し、広島から阪神へ移籍。11年に打点王に輝くなど、阪神の中軸を担っていたが、14年にゴメスに一塁のレギュラーを奪われ出場機会が減少した。同年に阪神を自由契約で退団し、15年に古巣・広島へ復帰。

     復帰後は代打での起用が予想されたが、レギュラーポジションを奪い125試合に出場して、打率.275、7本塁打、57打点の成績を残した。翌16年は4番打者として、101打点を挙げる活躍で、25年ぶりのリーグ優勝の立役者となり、自身はリーグMVPを受賞した。昨季は若手、中堅の成長もあり、途中出場も増えたが、100試合に出場して、打率.292、9本塁打、48打点と存在感を見せている。

     昨年9月16日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 広島-ヤクルト戦』で解説を務めた田尾安志氏は「タイガースにいたころの印象は、追い込まれてから外のスライダーのボール球を空振りするイメージが非常に強かった。カープに戻ってからスイングがよくなった。本当に粘っこいスイングができるようになりましたね」と40歳を超えてなおも進化を続ける新井の打撃に目を細めた。

     松井と渡辺は新井と選手のタイプは違うが、同じように復活を待ち望むファンも多いはず。古巣でもう一花咲かせたいところだ。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180107-00141688-baseballk-base

     佐賀県出身の指揮官2人が、2017年のプロ野球を盛り上げた。広島を37年ぶりのリーグ連覇に導いた緒方孝市監督(鳥栖高出身)と、就任1年目で西武を4年ぶりのAクラスに引き上げた辻発彦監督(佐賀東高出身)。2人に今季を振り返り、来季に向けた思いを聞いた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171226-03163839-saga-spo

     日本野球機構は14日、来季の春季非公式試合(オープン戦)の日程を発表した。

     オープン戦というと序盤はキャンプ地近くの地方球場で行われることが多く、その地元のファンはもちろんのこと、遠征を楽しみにしているファンも贔屓チームが一体いつ・どこで試合を行うのかという発表を首を長くして待っている。

     西武は来年3月3日(土)、佐賀県佐賀市のみどりの森県営球場にて広島と対戦する。西武を率いる辻発彦監督は小城市出身、対する広島・緒方監督は鳥栖市の出身と両監督が佐賀県の出身ということもあり、地元での直接対決実現に注目が集まっている。

     この対決はスポーツによる地域の活性化や県の情報発信を図るべく、 スポーツイベントやスポーツ合宿の誘致を行う「佐賀県スポーツコミッション」の取り組みのなかで決定したもので、同球場でのプロ野球の開催は昨年7月に行われたウエスタンリーグのソフトバンク-中日戦以来のこと。オープン戦は2001年3月のヤクルト-横浜(現DeNA)以来でなんと17年ぶりのことだ。

     就任1年目で西武を2位に引き上げた辻監督と、広島をリーグ連覇に導いた緒方監督の直接対決。地元でより良い姿を見せるのはどちらの監督になるのか、今から注目が集まる。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171214-00140425-baseballk-base

     巨人史上最強の助っ人と称されるウォーレン・クロマティ氏。1984年に加入すると首位打者、MVP、ベストナインなど数々のタイトルを獲得し、大きな輝きを放った。1990年に退団するまで通算779試合に出場。打率.321、171本塁打、558打点と好成績を残した。



    クロマティ氏が敬愛するイチローに送る異名「Chosen One」の意味

     60歳を過ぎた今でも来日し、その元気な姿を披露。今夏には宮城県石巻市で行われたリトルリーグ小学4・5年生の全国大会「MLBカップ」にゲストとして参加し、16チーム、250人の野球選手に直接指導を行った。その際は2か月間滞在してプロ野球を視察するなど精力的に活動した。

     そんなクロマティ氏がこのほど、巨人でプレーした当時を振り返り、メジャーリーグで活躍すると確信した5人の実力者がいたことを明かしてくれた。同氏が真っ先に挙げたのは秋山幸二氏だ。

    「昔のNPBのレベルは本当に高かった。当時メジャーでも活躍できる実力を持った選手はいた。アキヤマはまさにそうだ」
    引用元 https://full-count.jp/2017/11/09/post92110/

     パ・リーグCSファイナルステージでソフトバンクを苦しめた楽天のベンチで、与田剛投手コーチが投手陣の手綱を握っていた。2位躍進の西武の前ヘッドコーチで、今季はファームを指揮したのが潮崎哲也2軍監督。セ・リーグ連覇の広島の戦力を支えるファームには佐々岡真司投手コーチがいる。この3人、プロ入りは同じ年だった。野茂英雄(新日鉄堺→近鉄)に史上最多の8球団が競合した1989年ドラフトで、「野茂じゃない」選択をした球団から単独指名を受けた。


     1年目の90年からパのタイトルを総なめした野茂。張り合うようにセで新人王になったのが、NTT東京から中日入りして31セーブを挙げた与田だ。松下電器から西武入りした潮崎は個人タイトルの野茂に対し、チームタイトルであるリーグ優勝、日本一の両方で胴上げ投手に。NTT中国→広島の佐々岡は与田と新人王を争い、2年目の91年には優勝、MVPと満開の花を咲かせた。「野茂じゃない」選択のもう1人、慶大→巨人の大森剛こそ通算5本塁打と鳴かず飛ばずだったが、野茂の外れ1位も佐々木主浩(東北福祉大→大洋)らがいる空前の「当たり年」となった。

     次の90年ドラフトは亜大・小池秀郎に8球団が集結。ロッテ入団を拒否した小池のいないパで91年の新人王になったのが、オリックスに単独1位指名された長谷川滋利だ。「小池じゃない」単独指名は他に元木大介(浪人→巨人)、木村恵二(日本生命→ダイエー)、水尾嘉隆(福井工大→大洋)の顔ぶれだった。

     今年のドラフト会議が26日に迫ってきた。早実・清宮幸太郎には既に1位指名を公表した阪神とヤクルトのほか、ソフトバンクや日本ハムなどが集中する見通し。7球団かそれ以上の競合になるとも予想される。一方、広島は地元・広陵の中村奨成の指名を公表した。JR東日本・田嶋大樹や立命大・東克樹は即戦力左腕の呼び声高く、履正社・安田尚憲は高校生スラッガーとして清宮と双璧をなす。チーム強化の即効性なら大学や社会人選手で、3年続いたドラフト1位投手がCSでも活躍しているDeNAが好例。人気では「1強」気配のドラフトだからこそ、「清宮じゃない」選択に注目したい。(記者コラム・和田 裕司)
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171024-00000086-spnannex-base&pos=4

     広島の江草仁貴投手が20日、球団に今季限りでの引退を申し入れ、了承された。

     江草は「自分の球が思うように投げられずイメージしたアウトが取れなくなった。8月に引退を決めたが、チームが優勝争いをしていたので水は差したくなかった。やり残したことはない。ずっと子供の頃からカープの帽子をかぶって遊んでいた。(西武からの)トレードが決まった時はうれしかった。カープのユニホームを誇りに思います」と語った。



     江草は広島県福山市の出身。松坂世代の1人で、盈進高から専大に進学し、02年度ドラフト会議で、自由枠で阪神に入団した。主に中継ぎとして活躍し、05年にはSHE(桟原・橋本・江草)を組み、リーグ優勝に貢献。09年には62試合に登板した。11年途中に西武にトレード。12年の開幕前には、嶋重宣との交換トレードで地元・広島へ移籍した。

     広島では6年プレー。13年に左肘のじん帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けた。今季は1軍登板がなかった。

     妻は12年ロンドン五輪で28年ぶりの銅メダルを手にした女子バレーボール日本代表のセッターとして活躍した竹下佳江さん。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170920-00000047-dal-base

    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>交流戦の本拠地試合が持ち回りとなり、広島がメットライフドームを訪れるのは2年ぶり。自然に囲まれた球場は蒸し暑いが、すがすがしい気持ちになる。メットライフドームからほど近い東大和市出身の菊池涼介内野手(27)も、懐かしさを持って球場に入っていた。野球少年だった菊池にとって、ここは特別な球場だ。

     「500円くらいだったかな。お小遣いで券を買って、あのへんから見てた」

     指さした先は、バックスクリーン左の芝生席。熱心な西武ファンというわけではなかったが、目を輝かせてプロ野球を見ていたという。さらには近くであった野球教室にも参加したことがあり「西武のOBの方とか、広瀬(哲朗)さんに教えてもらったこともあったね」と笑った。

     なかでも特別な思い出が、99年の球宴だ。「あそこで見てた」と今度指さしたのは左中間スタンド。「センターの松井さんが近くてさ。松井、近い! でかい!って思ってた」。中越え本塁打でMVPを獲得した松井秀喜氏の姿を思い出す。「笑顔」がモットーの菊池。スーパープレーと楽しそうな姿を目に焼き付けた少年も、きっといるだろう。【広島担当=池本泰尚】


    引用元 https://www.nikkansports.com/baseball/column/bankisha/news/1833377.html

    このページのトップヘ