広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    西武ライオンズ

    hhhf

    hhhf

    20200618-00804957-fullcount-000-6-view

     昨季西武でプレーした154キロ右腕・デュアンテ・ヒース(34)がBCリーグの富山で再起を図っている。6日には無観客で行われたBC石川とのオープン戦で6回から登板。193センチ、112キロの体格から豪快に投げ下ろし、1イニングを2三振、捕飛に仕留めた。「久しぶりに試合ができてよかった。(無観客で)ファンはいないけれど、いつも通りのオープン戦という感じで投げられました」と明るい表情を見せた。

     14、15年は広島に在籍。昨季は首の周辺を痛めたこともあり、34試合に登板して防御率3・73、2勝3敗の成績に終わった。自由契約となったが「もう一度、日本でプレーしたい。NPBでプレーできると思っているので富山に来ました」。18年春に在籍していたこともあるBC富山で再スタートを切った。チーム最年長となる34歳だが、吉田凌太アシスタントコーチは「練習は一番ストイックで、若い選手の見本になる。選手にアドバイスもしている」。チームメートや首脳陣からの信頼も厚い。

     3月のオープン戦でも登板したが、新型コロナの影響で4月から5月末まで全体練習が自粛となり、自主トレを続けてきた。100グラム~2キロまでの重さのボールを投げ分ける「ドライブライン」と呼ばれる肩の強化トレーニングや、遠投、フォーム作りを継続。時には日本人投手の部屋で筋トレに励むことも。「ピッチャーとしてできることはやってきました」と話す。

     BCリーグは20日に無観客で開幕予定。「目標は毎日、うまくなること。その結果、NPBのチームに引き抜かれれば」とヒース。34歳のベテランが、若手チームメートと共に再び大舞台を目指す。(中田 康博)



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/cd6a56f721fb08c53b11df797edfe64c7cd9322b

    ◆ 二塁経験者に監督適正あり!?

     二塁手といえば「堅実な守備とつなぎ役」というイメージが強いが、現代は山田哲人(ヤクルト)や浅村栄斗(楽天)など、強打の二塁手が増加中。振り返ると1980年~90代は、個性的な二塁手が多かった。

     3度の三冠王に輝き、監督としても輝かしいキャリアを誇る落合博満。現役当初は二塁を主戦場としており、1981年、翌82年と2年連続で二塁のベストナインに選出された。一塁や三塁を守ることが多くなった落合に替わり、1983年から2年連続でベストナインに輝いたのが大石大二郎。小さな体で近鉄不動の1番打者として活躍し、鉄腕アトムの主題歌に乗せた応援歌も印象的だった。

     1986年以降は、西武の黄金期を支えた辻発彦が1993年までの間にベストナインを5度受賞。同時期に切磋琢磨していた西村徳文(ロッテ)、福良淳一(阪急、オリックス)、白井一幸(日本ハム)もベストナイン受賞歴があり、90年代後半はダイエー(現ソフトバンク)の小久保裕紀が強打を武器に頭角を現した。

     のちに中日を指揮する落合や、西武を連覇へ導いた現監督の辻。コーチ経験豊富で二軍監督経験のある白井や侍ジャパンを率いた小久保含め、上述の面々が皆、のちに監督職についたという事実は興味深い。

    ◆ 高木豊&R.ローズ、90年代はハマスタ戦士が活躍

     セ・リーグも個性的な選手が揃う。まずは巨人の篠塚利夫(のちに和典に改名)。1981年から87年の間に5度ベストナインを受賞。2度の首位打者にも輝くなど、芸術的な流し打ちは野球少年を魅了した。

     1988年から2年連続でベストナインを受賞したのは広島の正田耕三。1987年から2年連続首位打者、1989年は盗塁王に輝くなど俊足巧打のスイッチヒッターとしてチームを支えた。1990年から2年連続ベストナインに選ばれたのは大洋(現DeNA)の高木豊。こちらも俊足巧打が売りで、加藤博一、屋鋪要とともに「スーパーカートリオ」として人気を博した。

     1992、94年のベストナインは阪神の和田豊。チームは「暗黒時代」と称される低迷期だったが、巧みな右打ちを武器に1993年にはリーグ最多のシーズン161安打を放った。阪神では真弓明信が1983年、岡田彰布は日本一に輝いた1985年に二塁でベストナインを受賞。この3名ものちに監督を務めている。

     1997年以降は、横浜(現DeNA)のロバート・ローズが4年連続でベストナインを受賞。「ベイスターズ史上最高助っ人」と称さる男は、1993、95年にも同賞を受賞しており、「マシンガン打線」の中心打者として1998年のリーグ優勝、日本一にも大きく貢献した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200503-00227467-baseballk-base

     Full-Countでは選手や文化人、タレントら野球を心から愛し、一日でも早く蔓延する新型コロナウイルス感染の事態の収束を願う方々を取材。野球愛、原点の思い出をファンの皆さんと共感してもらう企画をスタート。題して「私が野球を好きになった日」――。第7回は埼玉西武ライオンズレディースでプレーする侍ジャパン女子代表主将を務めた出口彩香内野手の思い出を紹介する。


     過去3度の女子野球ワールドカップに出場し、侍ジャパン女子の6連覇に大きく貢献している出口選手。主に遊撃手を務め、そのリーダーシップでチームをまとめてきた。今年からは埼玉西武が支援する女子クラブチーム「埼玉西武ライオンズ・レディース」で本格活動する予定だったが、彼女たちも制限されている中での活動となっている。背中で引っ張るリーダーに大きな影響を与えたのは元広島の天才打者・前田智徳外野手だった。

     出口さんは神奈川・茅ヶ崎出身。兄の影響で野球をはじめ、野球の名門、熊本工出身の父によく連れられて横浜スタジアムへ足を運んでいた。

     観戦していたのは主に父が大好きだった広島の試合。レフトスタンドで見た野球に没頭した。小学3年生くらいの時だった。

    「父が同じ高校出身の前田智徳さん(現・野球解説者)の大ファンで、試合は基本的に広島カープ戦。スクワット応援もやってましたよ。『かっとばせー! 前田!!』ってやっていました。一生懸命に応援していたら、『今日、何か買ってあげるから』という言葉につられていました」

     選手たちが手を振ってくれることがうれしくて、何気ないファンサービスにどんどん心を奪われていった。野球が大好きになり、自分でもプレーしながら魅力に取りつかれていった。ただプロ野球選手を近くで見るようになると、体の大きさに驚くようになっている自分がいた。

    「この人たちすごいなという感情になってきました。何がというならば、プレーもそうですし、体が大きくて……。プロ野球選手って『こんなに大きいんだ!』と思っていました」

     当時のカープの選手の体の大きさに驚いていた。はじめから前田選手のすごさを知っていたわけではない。野球をわかりはじめてから、YouTubeなどで動画を見たりしていて「私が応援していた人、凄い人だったんだなって思いました」と後からその偉大さに気が付いたという。カープ時代にベストナイン4度、高度な打撃技術は「天才」と呼ばれ、アキレス腱断裂などの怪我とも戦った男の背中は、永遠に忘れることはない。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200429-00761592-fullcount-base

     プロ野球は今季、新型コロナ感染拡大の影響でシーズン開幕が延期となった。それに伴って今季の交流戦中止が決定。毎年、「全球団本塁打」や「全球団勝利」といった記録も注目されてきた交流戦。ただ、今季レギュラーシーズンでも全球団本塁打に達成可能な選手もいる。


     まず、全球団本塁打達成まで残り1球団に迫っている主な選手は以下の通り。

     【セ・リーグ】

     巨人・陽岱鋼(残り日本ハム)

     広島・長野(残り巨人)

     【パ・リーグ】

     ソフトバンク・バレンティン(残りヤクルト)

     楽天・ロメロ(残りオリックス)

     ロッテ・鳥谷(残り阪神)

     今年のレギュラーシーズン中に達成可能の選手は2人。1人はオリックスから楽天に移籍したロメロだ。既に昨年までの交流戦でセ・リーグ6球団から本塁打を放っており、残すは古巣のオリックスのみとなっている。

     もう1人は広島・長野。広島から巨人へFA移籍した丸の人的補償として昨年1月に広島へ。長野の昨季巨人戦成績は12試合で打率・333、2打点で本塁打なし。既に交流戦でパ・リーグ6球団から本塁打を記録しており、巨人から放てば達成だ。

     史上初の全球団本塁打は太平洋・江藤慎一で1975年6月1日・ロッテ戦で達成。これまでは37人が記録している。交流戦が開始された2005年以降は34人、07年から19年まで13年連続で出ている。

     一方、「全球団勝利」へ残り1勝に迫っている主な投手は阪神・中田(残りソフトバンク)、楽天・岸(残り広島)らだが、レギュラーシーズンでは達成できない。記録達成は来年以降へ持ち越しとなった。(デイリースポーツ・記録係)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200424-00000052-dal-base

     新型コロナウイルスの感染拡大を受けプロ野球の開幕は再延期が決まった。選手、ファンにとってはもどかしい時間が流れているが、こんな時こそ過去の名場面を振り返ってみるのはいかがだろうか。ここでは過去に数々の有名人が登場した始球式を振り返っていく。

     これ始球式ですよね? 「パーソル パ・リーグTV」公式YouTubeはファンの心を満たすような映像を「厳選動画ベスト100」として公開。球場全体も唖然とする珍しい一幕が起きたのは2014年7月27日・西武対ロッテ戦だった。この日は女優の武田梨奈さんが登場。始球式前にはなぜか、10枚の瓦を頭突きで叩き割り球場は騒然に……。その後はマウンドに上がりきっちりと大役をこなした。

     武田梨奈さんは当時、頭突きで瓦を割るCMで人気を博し、アクション女優としても活躍していた。それでも女優が頭突きで瓦を割る衝撃の光景にファンからも「始球式とは」「頭かよ」「頭突きぃぃ?」「ホームラン張りの衝撃」と驚きの声が挙がっていた。

     緊急事態宣言も出た今、「#Stay Home」プロジェクトも広がっているだけに、自宅で過去の名場面を楽しみながらプロ野球の開幕を待ってみませんか?



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200410-00746355-fullcount-base

     【江尻良文の快説・怪説】

     7日夜に安倍首相から発令された「緊急事態宣言」は、プロ野球界の明暗を分けた。「明」は原巨人からのV奪回、36年ぶりの日本一達成を宣言している佐々岡新監督率いる広島。「暗」は3年ぶりに西武からのリーグV奪回、V9巨人以来の4年連続の日本一を目指すソフトバンクだ。

     対象になった東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、兵庫、福岡は8球団の本拠地。札幌、仙台、名古屋、広島を本拠地にしている日本ハム、楽天、中日、広島は外れることになった。「これで広島の優勝だけは間違いないのでは」という声が球界OB、関係者からあがっている。

     というのも、各球団選手たちから「決まらない開幕までの準備期間が球団別でまちまちで、あれでは平等・公平ではない。NPBが不公平にならないよう、一律に決めるべき」と大ブーイング。そんな中で佐々岡広島は地元で粛々と練習に励んでいる。

     「緊急事態宣言」対象外なのだから、さらに黙々と、開幕に向けても準備を進められる。ちなみに中国地区の新型コロナウイルス伝染者は鳥取、島根はゼロ。最多の広島でも15人と少ない。

     しかも、広島の最大の援軍は地元ファンの温かく熱い声援。「広島の優勝だけは間違いない」という声には説得力があるだろう。

     広島と真逆。最悪の形で政府の「緊急事態宣言」を受けたのはソフトバンクだ。6日午前に選手会と球団は、ペイペイドームで今後の対応を協議。9日に自主練習をする方針を定めたばかりだが、再協議が必要になっている。

     ソフトバンクにとっては最悪のタイミングというしかない。今後、どんな展開になるのか、興味津々だ。(江尻良文)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200408-00000018-ykf-spo

     今季も数多くのルーキーたちがプロの世界に飛び込んできた。ただ、ルーキーたちは誰しもが入団して即、活躍するわけではない。身体作りに励み、3年、5年が経ってからようやく花開く選手たちも多くいる。ドラフトの真の成果は、ある程度の年数が経ってから分かるものだ。


     では、かつてのドラフト会議で指名された選手たちは、一体どういった結果を残しているのか? 当時のドラフト直後の12球団の指名評価を振り返り、現在、その年々の指名選手たちがどうなったのか、検証してみよう。

     今回は今から7年前の2013年ドラフトを見ていきたい。この年の目玉は森友哉、松井裕樹の高校生2人、大瀬良大地、吉田一将、石川歩ら。ただ、藤浪晋太郎や大谷翔平らが目玉だった前年と比べると、年度全体として“不作”と評されていた。

     1巡目では松井裕樹に最多の5球団、大瀬良に3球団、石川に2球団が競合。外れ1位で柿田裕太に3球団、杉浦稔大に2球団、そして外れ外れ1位で岩貞祐太に2球団が入札した。松井は楽天、大瀬良は広島、石川はロッテ、柿田はDeNA、杉浦はヤクルト、岩貞は阪神がそれぞれ交渉権を獲得。オリックスは吉田、西武は森を一本釣りした。

     この年のドラフトで12球団のうち、最も評価が高かったのはオリックスと楽天だった。オリックスは吉田を一本釣りし、2位の東明も即戦力として期待された。吉田は1軍で主に中継ぎとして活躍し、東明は2年目に2桁10勝をマーク。3位の若月は正捕手となっている。ただ、期待値からすれば、物足りないか。

     松井を5球団競合の末に引き当てた楽天。松井は前評判に違わぬ活躍を見せて2年目から守護神として大活躍した。2015年から3年連続30セーブ超え。最年少100セーブも達成し、昨季は最多セーブのタイトルを獲得した。ただ、2位以下はやや厳しい結果か。2位の内田は大砲候補として期待されているが、ここからの覚醒はあるか。

    このページのトップヘ