広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    西武ライオンズ

     2018年のプロ野球公式戦が終了し、ストーブリーグに突入した。今季のタイトルホルダーの顔ぶれを見ると最優秀防御率、最多勝、最多奪三振の菅野智之(巨人)、首位打者、最高出塁率の柳田悠岐(ソフトバンク)、最多安打の秋山翔吾(西武)、盗塁王の山田哲人(ヤクルト)、西川遥輝(日本ハム)といったおなじみのタイトルホルダーから、山川穂高(西武)、大瀬良大地(広島)、多和田真三郎(西武)、新外国人のボルシンガー(ロッテ)などは初めて個人タイトルを手にした。

     山川、大瀬良、多和田、ボルシンガーの4選手に共通しているのが、オープン戦で思うようなアピールをできなかったこと。昨季10勝を挙げ、今季も先発の軸として期待された大瀬良は、オープン戦の防御率は6.23。やや不安な状態で開幕を迎えたが、4月に3勝(2敗)、5月に4勝(0敗)、6月に3勝(1敗)と、6月が終了した時点でシーズン自己最多タイの10勝に並んだ。

     6月1日に放送された『ニッポン放送制作のロッテ-広島戦』で解説を務めた野村弘樹氏は「雰囲気が違う。昨年先発で結果を残して、今年もいい形で成績をあげてきている。堂々としている。自分のボールにさらに自信が持ててきていますよね」と昨季からの成長を感じたという。大瀬良はその後も白星を積み上げ、最終的にはリーグ最多の15勝を挙げた。

    ▼最多勝、勝率第1位
    大瀬良大地(広島)
    OP戦:3試 1勝1敗 防6.23
    公式戦:27試 15勝7敗 防2.62


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181118-00172759-baseballk-base

     セ・パ両リーグは5日、来年度の交流戦日程を発表した。19年6月4日から同23日までで各球団ホームゲーム9、ビジター9の計18試合が組まれている。(総試合数は108)地方球場開催は同11日の楽天―ヤクルト(郡山)、同18日の阪神―楽天(倉敷)の2試合となった。予備日は予め設けた各カード予備日、および同24~27日に組み込まれる。

     初戦カード(4日~)はセ・パ王者同士がぶつかる西武―広島戦のほか、日本ハム―ヤクルト、楽天―巨人、ロッテ―阪神、オリックス―DeNA、ソフトバンク―中日戦となっている。開始時間は来年1月20日前後に発表される。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181105-00000096-spnannex-base

    【日本シリーズ】鯉と鷹の物語(2)

     日本シリーズでは初対戦となったカープとホークス。その両チームで監督を務めた人物が根本陸夫氏だ。広島では就任した1968年にチームを初のAクラス(3位)へ導き、あの鉄人・衣笠祥雄氏を育てるなど、古葉竹識監督による75年の初優勝へとつながる土台を築いた。

     その後西武では監督、管理部長としてチームの強化にすご腕を振るい、

    常勝ライオンズの生みの親となった。93年にはソフトバンクの前身・ダイエーの監督へ転身。94年オフに指揮官を王貞治監督へバトンタッチし、球団専務となると工藤公康、秋山幸二ら投打の柱を他球団から補強した。

     大胆な選手獲得の手法で“球界の寝業師”とも呼ばれたが、本人は「ルールは逸脱していない」ときっぱり。有力な選手の情報がすぐ耳に入る全国津々浦々に網羅した野球人脈が強みだった。

     球団社長となった99年4月に72歳で急逝し、同年のダイエーの優勝、日本一は見届けることはできなかった。今回の両チームの対戦を一番喜んでいるのは根本氏かもしれない。(浦)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181028-00000590-san-base

     秋の一大イベント・ドラフト会議も終わり、いよいよ土曜日に開幕する日本シリーズ。今年はセ・リーグ3連覇を果たした広島と、2位からクライマックスシリーズを勝ち上がって2年連続の日本一を目指すソフトバンクという対戦になった。

     1950年に始まった日本シリーズの歴史のなかで、この「広島-ソフトバンク」という組み合わせは意外にも初顔合わせ。“山陽新幹線シリーズ”とネットでも話題になった、比較的近い距離で争われる頂上決戦となる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181026-00170242-baseballk-base

     2018年の日本シリーズ第1戦は、延長12回、2-2の引き分けになった。日本シリーズでの引き分けはこれが9試合目、第1戦の引き分けは3試合目だ。

     実は、この3試合はすべて広島がからんだ試合だ。

    ○1975年10月25日 西宮球場
    広島|100 010 010 00–3
    阪急|300 000 000 00–3

     球団創設以来25年目での初優勝を果たした広島は、敵地・西宮球場で初戦を迎えた。先発は広島がエース外木場義郎、阪急は足立光宏。初回に広島はホプキンスのタイムリーで先制したが、阪急は大熊、マルカーノの本塁打で逆転。広島は小刻みに加点して8回に追いついたが、この回からマウンドに上がった剛腕・山口高志に抑え込まれ、引き分けとなった。

     なお、この時期の日本シリーズはすべてデーゲーム。引き分け規定は、17時30分以降、新しいイニングに入らないというものだった。

    ○1986年10月18日 広島市民球場
    西武|010 100 000 000 00–2
    広島|000 000 002 000 00–2

     西武は東尾修が先発、広島は北別府学。西武は2回にブコビッチのタイムリー二塁打、4回にもブコビッチのタイムリー二塁打で得点し、このまま最終回を迎えたが、広島は9回1死から完封目前の東尾に対して、小早川毅彦、山本浩二が2者連続ソロホームランで追いつく。しかし、延長となって両軍ともに得点が入らず、引き分けとなった。

     この当時の引き分け規定は、試合開始から4時間半を経過した時点で新しいイニングに入らないというものだった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181028-00237558-fullcount-base

     21日に行われたプロ野球のパ・クライマックスシリーズ・ファイナルステージ第5戦で、西武はソフトバンクに5-6で敗れ、10年ぶりの日本シリーズ進出を逃した。元広島投手の北別府学氏(61)が同日夜、自身のブログを更新。試合後に行われたセレモニーで涙を見せた西武・辻発彦監督(59)に言及した。

     北別府氏は辻監督について「知る限り、敗けて涙を見せたプロ野球の監督というのは初めて」とし、「日本シリーズ進出をかけた大舞台 想像を絶するような精神力で戦ってきた末の涙 ファンの方々の心も打っただろうけどきっと選手たちの心にも響いたのではないかな?」と辻監督や選手、ファンの胸中を思いやった。

     リーグ優勝しながら敗れた西武について、「来期投手力を磨いたら理想的なチームになるのは間違いないと思います」と評した。

     今季で2年契約が満了する辻監督はこの日、後藤高志オーナーからの要請を受け来季の続投が決定。新たに2年契約を結んだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181022-00000569-sanspo-base

     広島東洋カープと埼玉西武ライオンズがリーグ優勝を果たした今季のプロ野球。両チームのキャンプ地は宮崎県日南市だ。人口5万人ほどの小さなまちはお祝いムードに包まれるが、困った問題も起きている。



     カープは1963年から半世紀以上も日南市中心部で春季キャンプを張ってきた市民になじみのチーム。2016年に25年ぶりのリーグ優勝を果たして以降、リーグ3連覇と快進撃を続けてきた。だが16年は日本シリーズで涙をのみ、17年はクライマックスシリーズ(CS)で敗退した。

     その悔しさをまちづくりに生かそうと、地元有志がJR九州と協力して「カープ愛」を表現したのが2月に完成した「カープ油津駅」。駅舎の色を白から赤に塗り替え、カープのロゴまで入った。今季こそは日本一に輝き「まちづくりにもさらに弾みをつけたい」とファンの願いは熱く、市中心部の油津商店街では優勝記念セールが開かれた。

     一方、ライオンズのキャンプ地は旧日南市と09年に合併した南郷町にある。04年から春季キャンプに来ており、埼玉まで有志が試合に出向くなど応援を重ねてきた。ライオンズ応援団副団長の菓子職人、安藤勝商さん=日南市南郷町=は「同じ市内で近いからこそ対抗心がわく。日本一になって南郷駅を青くしたい」。

     次第に表面化しつつある地域間バトル。市関係者からは「この対抗心を活用して綱引きでもして盛り上げたら」と冗談が飛ぶ。だが両チームの応援団体の事務局を務める日南市観光協会の関係者は、早くも日本シリーズでの対戦を見据えて不安を募らせる。

     例えばここ数年のカープの応援で恒例のパブリックビューイング(PV)。PVに両チームのファンが集まれば、勝って喜ぶ市民と負けて肩を落とす市民が居合わせ、気まずい雰囲気になりかねない。

     「悩ましいですが、方法を検討中です」と担当者。市民からは「ホームチームに合わせ、市中心部と南郷町で試合ごとに交互にPVをやっては」といった案や、「気持ちよく応援するために別々にPVをやろう」という声があがる。

     市役所では昼の館内放送でリーグ優勝を目指してきた両チームの応援歌を流してきたが、日本シリーズで対戦すれば、どちらを流すかは決まっていない。

     崎田恭平市長は9月、カープがリーグ優勝した際はカープのユニホームを着て市中心部のPVで市民と優勝を喜び、その3日後、ライオンズがリーグ優勝をかけてのぞんだ試合では南郷町でライオンズのユニホーム姿で町民とPVで応援。「日本シリーズはカープとライオンズが対戦する日南シリーズにしてもらいたい」と、両チームにエールを送る。

     市観光協会の広池幸治さんは「応援の事務局としては大変だが、まちが盛り上がっているのがうれしい。まずは両チームの日本シリーズ出場を願いたい」。カープとライオンズが登場するクライマックスシリーズ・ファイナルステージは17日から始まる。(稲野慎)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181016-00000042-asahi-soci

     プロ野球は13日でレギュラーシーズンが終了し、セ・パ両リーグの総観客数は2555万719人で、昨年の2513万9463人を更新し、2005年の実数発表以降で最多となった。

     セは1423万5573人(1試合平均3万3183人)で昨年を約21万人上回り、パも約20万人増の1131万5146人(1試合平均2万6376人)だった。

     広島、DeNAと西武、ロッテ、ソフトバンクは最多更新。阪神と、日本ハム、楽天、オリックスは昨年を下回った。

     平均試合時間はセが昨年より7分長い3時間19分、パは4分長い3時間18分だった。 


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181013-00000086-jij-spo

     中日の森繁和監督(63)が今季限りで退任し、前ロッテ監督の伊東勤氏(56)が後任の最有力候補に浮上していることが5日、本紙の取材で分かった。6年連続Bクラスにあえぐ中日の再建を、捕手として西武の黄金期を支え、監督としても日本一に導くなど輝かしい実績を誇る伊東氏に託す。同氏は松坂大輔投手(38)のことも熟知しており、森監督はGM(ゼネラルマネジャー)やSD(シニアディレクター)など編成トップとして球団に残る見通しだ。

     中日の新監督に意外な人物が急浮上した。森監督の続投か退任かで混沌としているなか、現在は評論家で、侍ジャパンの強化本部で副本部長の要職にも就いている前ロッテ監督の伊東氏にチーム再建の切り札として白羽の矢が立った。

     伊東氏は22年間の現役生活でリーグ優勝14回、日本一8回、名捕手として西武の黄金時代を築いた。2003年限りで現役を引退し、04年に監督就任。松井稼頭央のメジャー移籍やカブレラの死球による長期離脱などで苦戦が予想されるなか、チームを2年ぶりのリーグ優勝、日本シリーズでは同じく就任1年目だった中日・落合博満監督との「オレ流」と「レオ流」の対決を制して12年ぶりの日本一に導いた。07年まで指揮を執り、09年のWBCでは総合コーチとして当時の原辰徳監督をサポートして2連覇に貢献している。

     11年はLGの臨時コーチ、12年には斗山のヘッドコーチと韓国プロ野球でも指導者としてのキャリアを積み、13年にロッテの監督として日本球界に復帰。深刻な戦力不足を西武仕込みの熱血指導と巧みな戦術で補い、5年間で3度のクライマックスシリーズ(CS)進出を果たすなど、非凡な手腕を発揮した。

     現役時代は西武一筋。指導者としても中日のユニホームを着た経験はない。いわゆる完全な外様で、監督就任なら1984年の山内一弘監督以来30年以上ぶり。森監督が退任するとなればコーチ陣の入れ替えも必至で、伊東氏の組閣構想には今季まで楽天の二軍投手コーチだった与田剛氏も入っている模様だ。現役時代の西武や監督時代のロッテで苦楽をともにした現楽天の清水雅治一軍外野守備走塁コーチの名前も浮上している。

     監督としての手腕はもちろん、伊東氏には別の期待も寄せられている。ソフトバンクでの3シーズンで一軍登板1試合ながら、今季から中日に加入して6勝を挙げた松坂の完全復活を手助けする役割だ。

    “平成の怪物”が高卒1年目から16勝をマークし、3年連続最多勝を獲得するなどエースとして活躍したころは同僚として、04年からは監督として接した伊東氏。中日関係者は「伊東氏は酸いも甘いも知り尽くしている。今年6勝して復活したとはいっても松坂の実力からして、伊東氏からすればまだまだ物足りない、もっとできるはずと思っていてもおかしくない。監督になれば松坂をもっと勝たせられるはず」と声を大にする。
     そもそも伊東氏と森監督も、西武時代に現役として同じ釜の飯を食べた仲。この2年間で指揮官として結果は残せなかったが、いきなり1年目で大活躍したアルモンテやガルシアのような優良な外国人を獲得したり、兄貴分のように慕われるなど人望が厚い。森監督がフロント入りしてバックアップしてくれるとなれば、伊東氏としても心強いことだろう。

     中日内には土井正博打撃コーチ、奈良原浩内野守備走塁コーチといった西武出身者が多い。球団の編成部で国際渉外担当を務める元投手コーチの友利結氏も西武OBだ。

     チーム再建へなりふり構ってはいられない。来季は“血の色”を「ドラゴンズブルー」から「ライオンズブルー」に変えてでも、8年ぶりのリーグV奪回を目指す。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181006-00000009-tospoweb-base

     「いらっしゃいませ~。優勝セールを実施しています~」

     ここは西武池袋本店(東京・豊島)。店内では、埼玉西武ライオンズの帽子や法被(はっぴ)を着た店員が大きな声を出しながら接客をしていた。店員が配布しているチラシを手に取ると「監督背番号にちなんだ85セール」や「各種お楽しみ袋セール」といった文字が目に飛び込んでくる。優勝セールの期間中、紳士服フロアや婦人雑貨フロアなどで日替わりで値引きセールを行っている。


     株式会社そごう・西武は「2018年 パ・リーグ 埼玉西武ライオンズ 優勝セール」を2018年10月1日~7日にかけて行っている。開催店舗は西武池袋本店やそごう横浜店など計14店舗だ。

     開催店舗一覧を見ると、あることに気づいた。そごう・西武はライオンズのオフィシャルスポンサーであり、原則的には全店で優勝セールを行うはずだ。しかし、今回、開催店舗からはそごう広島店の名前が抜け落ちているのだ。その理由を同社広報に尋ねてみると、現在、「非常に稀(まれ)」な状態が発生しそうになっていることが判明した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181003-00000058-zdn_mkt-bus_all

    このページのトップヘ