広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    西武ライオンズ

    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>交流戦の本拠地試合が持ち回りとなり、広島がメットライフドームを訪れるのは2年ぶり。自然に囲まれた球場は蒸し暑いが、すがすがしい気持ちになる。メットライフドームからほど近い東大和市出身の菊池涼介内野手(27)も、懐かしさを持って球場に入っていた。野球少年だった菊池にとって、ここは特別な球場だ。

     「500円くらいだったかな。お小遣いで券を買って、あのへんから見てた」

     指さした先は、バックスクリーン左の芝生席。熱心な西武ファンというわけではなかったが、目を輝かせてプロ野球を見ていたという。さらには近くであった野球教室にも参加したことがあり「西武のOBの方とか、広瀬(哲朗)さんに教えてもらったこともあったね」と笑った。

     なかでも特別な思い出が、99年の球宴だ。「あそこで見てた」と今度指さしたのは左中間スタンド。「センターの松井さんが近くてさ。松井、近い! でかい!って思ってた」。中越え本塁打でMVPを獲得した松井秀喜氏の姿を思い出す。「笑顔」がモットーの菊池。スーパープレーと楽しそうな姿を目に焼き付けた少年も、きっといるだろう。【広島担当=池本泰尚】


    引用元 https://www.nikkansports.com/baseball/column/bankisha/news/1833377.html

     「交流戦、西武4-2広島」(1日、メットライフドーム)

     広島の松山竜平外野手(31)が“十亀キラー”ぶりを発揮。二回、スライダーを捉え、右翼席に運ぶ2号2ランを放った。これで対十亀は通算9打数4安打で打率・444、3本塁打だ。しかし逆転負けで勝利にはつながらず、チームの連勝は「7」でストップ。空砲にはなったものの、アンパンマンにとっては次戦以降へ弾みがつく一発となった。

     バスへと続く長い階段を上がりながら、松山は言った。「積極的に振りにいって、自分のスイングができた。(自分に)甘いかもしれないけど、いい打ち方だったと思う」。膝元への投球に、うまく体を回転させた。十亀から放った2号2ランは、納得の一撃だ。

     0-0の二回1死一塁。内角へのスライダーをすくい上げた。バットから白球がはじき返された瞬間、球場にいた誰もが柵越えを予感したほどの完璧な当たりだった。これで十亀との対戦成績は9打数4安打で打率・444、3本塁打。“十亀キラー”ぶりを発揮して、指揮官の起用に応えた。

     西武戦は、特に燃えるものがある。相手ベンチには「師匠」と慕う嶋打撃コーチがいる。チームメート時代には弟子入りを志願し、沖縄・石垣島での自主トレで打撃指導を仰いだ。「すべてにおいて僕の師匠と言える存在です」。同じ左打ち。首位打者に輝いた赤ゴジラに魅了され、その背中を追いかけ続けた。この3連戦中には「打撃の状態はいいと思うから続けていけ」と声を掛けられたという。何よりもうれしい一言。エールを力に変えないはずはなかった。

     メットライフドームは、忘れられない場所でもある。11年に涌井(ロッテ)から決勝打となるプロ初本塁打を放ち、お立ち台で人目もはばからず涙した。14年は一転、悪夢が襲う。飛球を追いかけ右翼フェンスに激突し、左前十字靱帯(じんたい)を損傷して長期離脱を余儀なくされた。「いろいろな出来事がありましたね」。この日、チームは逆転負けを喫し、連勝が「7」で止まった。それでも納得のアンパンチは、2日からのロッテ3連戦(マツダ)につながる大きな一発になったはずだ。

     前日は堂林が1号3ラン。DH制が採用され、出場機会が増える交流戦においてアピールに成功した。ライバルの存在にも「とにかくいい準備をするだけ」と自然体を強調する。平常心でいつも通りに-。その先に明るい光が待っている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170602-00000009-dal-base

    <日本生命セパ交流戦:西武4-2広島>◇1日◇メットライフドーム

     松山の2号2ランで先制しながら、先発岡田が4回に3者連続四死球から追い付かれ、5回には勝ち越しを許した。広島打線は4回以降、無得点。6回は1死一、三塁。8回は2死一、二塁と好機をつくったが、あと1本が出なかった。連勝が7で止まった広島緒方孝市監督(48)の談話は以下の通り。


     -岡田投手が4回に突如崩れた。

     緒方監督 もったいないと言えば、もったいない。

     -試合の中での変調は、よく見られる。

     緒方監督 本人のコメントを聞いて。リードしているときの投球よりも、ひっくり返されてからの投球の方がスイスイ投げている。

     -打線はいい形で先制した。

     緒方監督 毎回毎回5点も6点も取れるわけじゃない。相手投手も点を取られてから次の1点を絶対やるもんかと気迫のこもった投球をしているから、そんな簡単には点を取らせてはくれない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170601-01833451-nksports-base

     「交流戦、西武4-2広島」(1日、メットライフドーム)

     広島の岡田明丈投手が8回6安打5四死球4失点で2敗目を喫した。


     二回、松山の右越え2ランで2点をもらったが、四回に自滅。3四死球で無死満塁のピンチを迎えると、中村の遊ゴロ併殺打の間に1失点。さらに2死三塁から栗山に中前適時打を浴び、試合を振り出しに戻された。

     続く五回も先頭・岡田の右前打からリズムを崩して2点を奪われ、逆転を許した。八回まで投げるものの、中盤の乱調が黒星に直結。「野手のみなさんに先制してもらったのに、守り切れなかった」と責任を背負った。緒方監督も急変について「もったいないと言えば、もったいない」。続けて「リードしているときの投球よりも、ひっくり返されてからの投球がスイスイ投げている。(野手も)毎回、毎回5点も6点も取れる訳ではない」と振り返った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170601-00000147-dal-base

    ◆日本生命セ・パ交流戦 西武―広島(31日・メットライフドーム)

     広島・堂林翔太内野手(25)が今季1号を放った。5―1の5回1死一、三塁。代わったばかりの西武3番手・小石のインハイ直球を完璧にとらえ、左翼席の中段へ放り込んだ。昨年4月26日のヤクルト戦(神宮)以来、400日ぶりの一発でリードを7点に広げた。

     「打ったのはストレート。何とかランナーを返そうという気持ちでいきました。インサイドの球をうまく反応することができました」と久々の本塁打を振り返った。


    引用元 http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20170531-OHT1T50184.html

    ● 西武 4 - 9 広島 ○
    <2回戦 メットライフドーム>

     広島の一岡竜司が、2つの四球を出しながらも1回を無失点に抑えた。

     7点リードの6回からマウンドにあがった一岡は、先頭の中村剛也に対し3ボール1ストライクとボールが先行。結局、先頭の中村を四球で歩かせた。続く5番・メヒアを右飛に打ち取ったが、6番・栗山巧を四球で一、二塁と得点圏に走者を背負う。西武に流れを渡さないためにも、ここを抑えたい一岡だったが、7番・木村文紀に3ボールとボールが先行。それでも2ストライクまで持っていき、最後は6球目のストレートで、木村を空振り三振に斬って取った。

     ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める里崎智也氏は「こういうパターンがあるんですよ。一岡は、まだツキがありますね。キャッチャーからすれば、打ち損じてくださいお願いしますとサイン出していますから。それが振り遅れて三振してくれるんですから、バッテリーとしたらありがたいですよね」とコメント。

     なんとか二死まで漕ぎつけた一岡は、外崎修汰を147キロのストレートで空振り三振に仕留め、1回を無失点に抑えた。里崎氏は一岡の投球について「木村の三振で蘇りましたね。外崎のピッチングの時のダイナミックさは別人でしたから。最初からそうできると、もっと良さが出てくると思いますね」と話した。

    (提供=ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170531-00118797-baseballk-base

     「交流戦、西武0-5広島」(30日、メットライフドーム)

     今季初先発した広島・薮田が6回5安打無失点の好投で、4勝目を手にした。


     「要所を抑えられたことが良かったです。とにかく3、4、5番の前にランナーをためないことを意識しました。いつも通りのピッチングをするだけだと思っていました」

     直球は自己最速の156キロをマーク。ツーシーム、カットボールなどを交えて、スコアボードに「0」を並べ続けた。野村の離脱で巡ってきたチャンスに満点快投。緒方監督は「しっかりと投げてくれたのは大きかった。中継ぎで投げているときより余裕というか、窮屈さがなかった。先発の頭数が足りないので次も行ってもらう」と次回の先発起用を明言した。

     次回は6月6日・日本ハム戦(札幌)の先発が有力。薮田は「今日と変わらず、自分のできることをやっていきたいと思います」と自然体で意気込んだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170530-00000151-dal-base

     ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める田尾安志氏が30日、同日の西武戦で今季初先発した広島の薮田和樹の投球について解説した。

     プロ3年目の今季は、開幕からビハインド、ロングリリーフ、勝ちゲームなど様々な役割をこなし、試合前まで23試合に登板して、3勝1敗、防御率3.00の成績。この日は、火曜日に登板する野村祐輔が故障で離脱したこともあり、先発のチャンスが巡ってきた。

     今季初先発となった薮田は、毎回のように走者を背負うも、粘り強いピッチングでスコアボードに0を並べていく。1点リードの6回は二死後、栗山巧、メヒアに連打を浴び、二、三塁のピンチを招いたが、木村文紀を力強いストレートで右飛に打ち取り、無失点で切り抜けた。ピンチを凌いだ薮田はこの回でマウンドを降り、今季初先発は6回を5安打4奪三振2四死球無失点で、4勝目を手にした。

     田尾氏はこの日の薮田について「毎回のようにランナーを出して危ない場面があったが、ここ一番を抑えていた」と粘り強い投球を評価。続けて「キャッチャーの構えたところに、きっちり来なくてもいい所にいっていた。真っ直ぐは勢いがあって速かった」と制球はアバウトながらも150キロを超えるストレートは魅力的だったようだ。また、「インサイドに食い込んでくるツーシームは、右バッターは気になったと思う」と西武打線を封じることができた要因を分析した。
     
     ジョンソン、野村祐輔の2本柱が離脱し、苦しい先発台所事情の中、今季初先発で6回無失点と結果を残した薮田。今後の投球に期待したいところだ。

    (提供=ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170530-00118636-baseballk-base

    このページのトップヘ