広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    訃報

     元日本野球機構(NPB)審判員の渡田均氏(わたりだ・ひとし=日本野球機構審判技術指導員)が6日、死去した。62歳。通夜、葬儀・告別式の日程は未定。NPBが発表した。

     大体大を卒業し、1985年4月18日のヤクルト-広島(神宮)で左翼線審として初出場。2015年まで通算2778試合に出場し、日本シリーズとオールスターゲームは各5度出場。09年の第2回ワールド・ベースボール・クラシックでは塁審を務めた。

    rectangle_large_type_2_47891932aa4f887b69a3629f20ae60f7


    引用元 https://www.sanspo.com/baseball/news/20200706/npb20070623230011-n1.html

    元広島投手の望月一(もちづき・はじめ)さんが6日午前9時18分、埼玉県川越市内の自宅で虚血性心疾患のため死去した。静岡県出身。52歳。葬儀・告別式は9日に家族葬で行う。  望月さんは1987年に静岡高からドラフト4位で広島に入団。92年から3年間は40試合以上に登板するなど主に中継ぎで活躍。97年にダイエーに移籍した後、その年に引退した。通算161試合に登板、21勝19敗7セーブ。引退後は理学療法士の資格をとり、広島やロッテでトレーナーを務めた。

    rectangle_large_type_2_47891932aa4f887b69a3629f20ae60f7


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/11a26cdbe4d93c0c85c0e88f2fe88b9491c743c7

    プロ野球の大洋、ヤクルトで監督として指揮を執り、『ニッポン放送 ショウアップナイター』でも解説を務めた関根潤三さんが4月9日、亡くなったことがわかった。93歳だった。



    関根さんは投手として1950年に近鉄に入団。通算65勝をあげ、57年に志願して打者へ転向。打者としては通算1137安打59本塁打。オールスター戦には5度出場し、53年には投手、63年には外野手としてファン投票選出。65年に巨人で1年間プレーして引退。引退後は広島打撃コーチ、巨人では75年にヘッドコーチを歴任。76年には巨人2軍監督。大洋、ヤクルトでは監督を務めた。また、2003年には野球殿堂入りを果たしている。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200409-00000006-nshaberu-base

     元広島投手の北別府学氏(62)が11日、急逝した野村克也さんを悼んだ。

     「野村克也さんを悼む」の題名でブログに投稿。「球界の大先輩 名球会でも ご挨拶をしてその後少しばかりのお小言をいただく 時にはニヤリと嫌味なことを言われる しかしながら全てまとを得ていて嫌な思いをした事は一度も無い」と愛されたひとがらをしのんだ。


     白血病で闘病中の北別府氏は「素晴らしい実績と知力を兼ね備えていたそんな大先輩のようには中々なれません」と称え、「病院で野村さんの事を色々と思い出しています」とつづった。

     「昨日からとうとう無菌室に入りました しばらく家族との面会許可制ですがここで頑張って良い白血球が増えたら少し帰宅できると聞いて頑張れる!!」と記した。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200211-00000043-dal-base

     プロ野球・広島東洋カープの緒方孝市監督の父、義雄(よしお)さんが22日午前5時ごろ、佐賀県鳥栖市萱方町の自宅で亡くなった。84歳。葬儀は23日、鳥栖市内で近親者で行われる。

     義雄さんは魚介卸売・加工業を営み、家業の魚市場の「市」を取って「孝市」と名付けた。緒方監督が鳥栖高3年の夏の大会後、プロ入りの話があると、「厳しい世界。冗談はやめて」と言ったが、カープ入団後の活躍ぶりには目を細めていた。テレビでの試合観戦を何よりの楽しみにしていた。

     ことし3月から久留米市内の病院に入院していたが、義雄さんのたっての希望で今月20日に自宅へ戻り、21日夜は家族らに囲まれて試合を観戦。カープが8連勝で首位に躍り出て、選手と握手する監督の横顔をうれしそうに見守っていた。

     22日夕、鳥栖市内で営まれた通夜で、喪主としてあいさつした緒方監督は「自分が練習しているグラウンドにこっそりと見に来ていたことを思い出す。本当に野球が好きな父でした」としのんだ。

     緒方監督は24日にチームに復帰する予定で、その間は高信二ヘッドコーチが監督代行を務める。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190523-03377558-saga-spo

     広島OBの青木勝男さんが16日、福岡県飯塚市内の病院でパーキンソン病による誤嚥(ごえん)性肺炎で亡くなったことが17日、明らかになった。73歳。福岡県飯塚市出身。飯塚商から山門鉄工所を経て65年に広島に入団し71年に現役を引退。1軍通算成績は10試合に出場し13打数2安打。引退後は飯塚市内で焼き肉店を経営。葬儀・告別式は18日正午から飯塚市新立岩19の2 善光会館飯塚会場で行われる。喪主は妻増美さん。


     17日に行われた通夜には、広島カープOB会長の安仁屋宗八氏をはじめ元投手コーチの龍憲一氏らもかけつけた。

     青木さんは現役生活こそ7年だったが、引退後もカープと深い関わりをもち、古葉竹識氏をはじめ山本浩二氏ら歴代監督や選手と親交があった。昨年まで広島がオープン戦で福岡に来るとチーム関係者を経営する焼き肉店「焼肉のMr.青木」に招待して激励。昨年は緒方監督をはじめエルドレッドやジャクソンらが来店していた。

     20数年前に発症したパーキンソン病と戦いながら、カープの帽子をかぶって店頭に立っていた青木さんだが、今春は病状が悪化しカープ関係者を焼き肉店に招待することができなかったという。

     焼き肉店を経営しながら、故郷の飯塚市でソフトバンクの2軍戦開催に尽力するなど野球を愛してきた青木さん。カープの4連覇と日本一を願って天国に旅立った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190517-00000117-dal-base

     元広島の衣笠祥雄氏が23日に死去したことが分かった。

     死因は上行結腸がん(大腸がん)。71歳だった。

     2215試合連続出場の記録を持ち「鉄人」として親しまれた。87年にはプロ野球界2人目となる国民栄誉賞も受賞した。76年盗塁王、84年打点王、MVP。通算2677試合、2543安打、504本塁打、1448打点、打率2割7分。96年野球殿堂入りした。

     19日に横浜スタジアムで行われたDeNA-巨人でTBSの解説を務めたのが、公の場に姿を現した最後になった。体調を気遣い「代わりましょうか?」と関係者から打診されたものの、仕事への強い意欲を示したという。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180424-00188702-nksports-base

     広島は9日、元スカウト部長で顧問の村上孝雄(旧姓宮川)さんが、8日に北九州市内で死去したと発表した。死因は心不全。79歳。通夜は12日午後7時から、告別式は13日正午から、ベルコシティーホール門司で行われる。喪主は妻美津子さん。

     豊国学園高から門司鉄道管理局を経て、1959年オフに広島に入団。以降は代打を中心に15年の現役生活を過ごした。通算代打安打187本は、現在も破られていない日本記録。

     引退後はスカウトに転身して、九州地区を中心に担当。200勝投手の北別府学氏、2000安打の前田智徳氏、緒方孝市監督らを発掘した。

     広島は8日、元スカウト部長の備前喜夫(びぜん・よしお)氏が7日の午前11時47分に肺炎のため死去したと発表した。享年81歳。

     備前氏(旧姓・大田垣)は、投手として尾道西高(現尾道商)から52年に広島入団。史上初めて高卒新人投手として(18歳5か月)松竹戦で開幕投手を務め、完投勝利した。62年までの11年の現役生活では、170センチの体格ながら115勝(149敗)をマークした。

     引退後は2軍監督などを歴任。87年2月から02年2月まで長期にわたり、チーフスカウトを務めた。この間の獲得選手には野村、江藤、佐々岡、前田智、金本、黒田らがいる。

     通夜、告別式は家族葬で執り行われる。


    このページのトップヘ