広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    試合結果

     セ・リーグ首位の広島は27日、敵地でDeNAに4-3で逆転勝ちした。1点を追う7回に代打・新井が逆転タイムリー。先発・野村は6回6安打3失点の粘投で4勝目(2敗)を挙げた。2位阪神が敗れたため、ゲーム差は「6」に広がった。

     まずは初回、DeNAロペスが野村から先制弾。先制に成功するも、広島は2回にDeNA先発・濱口から田中が押し出し四球を選んで同点。さらに、3回は安部が勝ち越しタイムリーを放った。

     しかし、DeNAはその裏にロペスがセカンドへタイムリー内野安打。同点に追いつくと、6回には筒香のソロ本塁打で勝ち越した。

     3連勝中のルーキー濱口は6回7安打7四球ながら2失点の粘投で降板。7回はパットンがマウンドに上がったが、広島は2死二、三塁のチャンスを作る。ここで代打・新井が逆転タイムリーツーベース。広島が試合をひっくり返した。新井はこれで3501塁打として、史上28人目の3500塁打を達成。「打撃の神様」川上哲治氏(3500塁打)を超え、歴代27位に浮上した。

     広島は7回を中田、8回を中崎、9回は今村とつないで1点のリードを死守。3連勝を飾り、貯金19とした。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170627-00010023-fullcount-base

     広島が25日の本拠地阪神戦で5-0と完封勝ちし、2連勝をマーク。貯金を今季最多の「18」とした。先発の大瀬良が7回8安打無失点の力投で5勝目を挙げた。

     初回、阪神先発の岩貞に対して鈴木のタイムリーで先制した広島は4回に田中のタイムリー、菊池の5号2ランで3点を加点。8回には代打・松山の犠飛でダメ押しの5点目を挙げた。

     大瀬良は毎回ランナーを背負う中でも要所を締めて無失点投球。8回は中崎、9回は今村とつないで完封リレーを見せた。

     阪神は広島を上回る8安打を放ちながら無得点で4連敗。岩貞は5敗目を喫し、広島とのゲーム差は「5」に広がった。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170625-00010017-fullcount-base

     ◇セ・リーグ 広島13―3阪神(2017年6月23日 マツダ)

    セ・リーグ首位の広島は5回の1イニングだけで3本塁打が飛び出すなど17安打13得点と打線が爆発。2位・阪神との3連戦初戦に13―3で圧勝した。

     広島は初回、田中、菊池、丸の3連打で1点を先制し、さらに鈴木、松山と2つの犠飛で追加点を挙げ3点をリード。3回には1点を返されたが、すかさずその裏には田中、菊池の連打などで1死一、三塁としてから鈴木の右前適時打と松山の犠飛で2点を追加し、5―1と4点差をつけた。

     圧巻だったのは5回。この回から登板した阪神2番手・柳瀬から先頭の菊池が右前打で出塁すると、続く丸が右翼スタンドへ13号2ラン。さらに1死から二塁打の松山を塁に置いてエルドレッドが左翼スタンドへ17号2ラン。さらに安部の二塁打と2つの四球で2死満塁とすると、この回2度目の打席となった10人目の菊池がバックスクリーンへ4号満塁アーチを叩き込み、この回一挙8得点の猛攻で試合を決めた。

     阪神は12点を追う8回、この回から登板した2番手・加藤から四球、安打、四球で無死満塁のチャンスを築き、ここで代わった3番手・九里から原口の犠飛などで2点を返したが、大量失点が響いた。

     広島の先発・ジャクソンは7回で9安打されながらも1失点に抑えて今季2勝目をマークしている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170623-00000169-spnannex-base

     「交流戦、広島4-7ソフトバンク」(18日、マツダスタジアム)

     広島の先発・中村祐は1回2/3を5安打4失点で、プロ初黒星を喫した。

     勝ちか引き分けで交流戦勝率1位が決定する大一番の先発を託されたが、先発の役割を果たせなかった。

     「力不足です。力みもありました。この悔しさをバネにしたい」と悔しさをにじませた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170618-00000123-dal-base

     (セ・パ交流戦、広島3-2ソフトバンク、2回戦、1勝1敗、17日、マツダ)広島がソフトバンクに逆転勝ち。交流戦の勝率単独1位となり、18日にソフトバンク戦に臨む。

     広島は一回、ソフトバンク・今宮に先制本塁打、四回に松田に適時打を浴び0-2とリードされた。それでも、四回裏の攻撃でエルドレッドが同点2点打。八回には3番・丸の12号ソロで勝ち越した。

     九回には、3番手・今村が二死二、三塁とピンチを招くも、最後は今宮を三ゴロに仕留め試合終了。八回に登板した2番手・中崎が今季2勝目となった。

     お立ち台に上がった丸は大歓声に「サイコーです!」とシャウト。八回のソロ本塁打は、相手投手が岩崎に代わった直後だった。そのことについては「甘い球はどんどんいこうと。初球から甘い球を1スイングで捉えられた」と振り返った。

     2日間で4本塁打の活躍。「なかなかこんな機会はないと思うので、勘違いせず今後もきっちりやっていきたい」と謙虚なコメント。18日に交流戦勝率1位をかけた試合に向け、丸は「チームの目標として、まず交流戦を優勝する、という一番身近な目標をたてているので、まずあした、そこに向けて勝ちたいと思います」と力強く語った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170617-00000543-sanspo-base

     ◇交流戦 広島3―5ソフトバンク(2017年6月16日 マツダ)

     広島・丸がチーム史上6度目の3打席連続本塁打。過去には65年に興津、90年にアレン、94年と98年に江藤、12年にニックが記録しているが、ソロ3連発はチーム史上初だ。

     また、3打席連続本塁打が飛び出した6試合のうち、広島が勝利したのは興津がチーム史上初の3連発を記録した65年の巨人戦(兼六園)のみ。それ以外の試合はいずれも敗れており、広島は自軍選手が3打席連続本塁打を放った試合で5連敗となった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170616-00000155-spnannex-base

     「交流戦、広島7-2オリックス」(15日、マツダスタジアム)

     広島が快勝し、15年から続いているオリックス戦の連勝が9に伸びた。

     初回、丸の2点適時打、安部の1号などで5点を先制。3点差で迎えた六回にもエルドレッドの16号ソロで加点。

     先発の岡田は6回7安打2失点で7勝目(2敗)を挙げた。

     オリックスはディクソンが立ち上がりの大量失点が響いた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170615-00000109-dal-base

     ○広島7-6オリックス●(マツダスタジアム・14日)

     広島が今季3度目のサヨナラ勝ちで交流戦単独首位に。投手陣が踏ん張れず最大5点差を一度は追い付かれたが、延長十二回に鈴木がソロで決着をつけた。オリックスはロメロの2打席連続本塁打などで粘りを見せたが、力尽きた。

     広島・緒方監督 4番が最後に仕事をしてくれた。攻撃はいい形ができていた。中継ぎ陣は疲れが出ているよう。(八回に同点3ランを浴びた)ジャクソンはスライダーの精度が落ちていて気になるが、その後はみんな、いいボールを投げてくれた。

     オリックス・福良監督 よく追い付いたんですけどね。(広島戦は15年から8連敗)明日、何としても取らないと。やられっぱなしでは。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170614-00000109-mai-base

    <日本生命セ・パ交流戦:楽天2-1広島>◇10日◇Koboパーク宮城

     広島野村と楽天美馬の投手戦となるも、野村が8回にペゲーロに左翼へ勝ち越し打を浴びて2敗目。好調の打線は美馬に8回4安打1点に抑えられた。連勝が6でとまった広島緒方孝市監督(48)の談話は以下の通り。

     -美馬に抑えられた

     緒方監督 初対決で、しっかり情報や映像を見てイメージを持って立っていたと思うけど、相手が想像以上の出来だったと思う。両サイドに投げ分けていたしね。1点を奪う攻撃はできたけど、もう1点が取れなかったね。

     -先発野村は好投

     緒方監督 今シーズン1番くらいの投球内容だったと思う。球数120球くらい(126球)いったけど、相手の力が最後上回ったというところだろうが、本当にいい投球をしてくれた。

     -野村に8回も託した

     緒方監督 あそこまで行ったらね。中心になってチームを引っ張っていく投手だし、本人も白黒付けたかっただろう。こちらが見ていても、行ってもらって良かった。結果は別に。残念な結果になったけど。

     -2番菊池が通算200犠打

     緒方監督 一番難しい打順に座って、本当にチームの勝利に貢献するような進塁打、犠打、いろんな難しい打撃を求められる中で、彼は十分にこなしてくれている。そういう節目の試合でチームの勝利で祝えたらよかったけど、これから先の戦いの中でもっともっと貢献してもらいたいし、彼ならできると思う。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170610-01838260-nksports-base

     ◇交流戦 広島12―3楽天(2017年6月9日 コボスタ宮城)

     咽頭炎による体調不良で4月5日に一軍登録を抹消されていた広島・ジョンソンが、9日の楽天戦に3月31日の阪神との開幕戦以来となる先発登板。6回2失点と好投し、復帰戦で今季1勝目(1敗)を挙げた。

     ジョンソンは持ち前の低めへの制球力で強力楽天打線からゴロを量産。4回に3本の単打を集められ2点を失ったが、長打を1本も許さなかった。6回109球を投げて被安打6、3奪三振、2与四球で2失点の内容だった。

     打線は塩見の負傷によって緊急先発となった楽天・戸村を攻め3回途中までにKO。2回にバティスタ、西川の適時打などで3点を奪うと、3回にも押し出し死球と松山の適時二塁打で再び3得点。8回に4点、9回に2点を奪い、計16安打12得点と圧倒した。

     7回以降は中崎、中田、九里とつないで逃げ切った。広島はセ・パ首位対決に先勝し、3日のロッテ戦から6連勝。セリーグ首位をがっちりキープし、2位阪神が敗れたためゲーム差は3に広がった。

     一方の楽天は先発予定の塩見のアクシデントが響き連勝とはならなかった。代役先発の戸村が2回0/3を5失点で今季初黒星(2勝)。2位ソフトバンクとの差は0・5ゲームに縮まった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170609-00000145-spnannex-base

    このページのトップヘ