広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    試合結果

    <広島6-3中日>◇25日◇マツダスタジアム

     広島が2回に6点を先制。鈴木の5号ソロに始まり西川、大瀬良、田中、菊池と4者連続適時打。大瀬良は3回まで1安打投球。



     中日は6回、2死一塁から京田の右中間三塁打で1点を返した。先発の柳は3回から立ち直ったが、5回6失点で降板した。

     広島が逃げ切って2連勝。貯金を今季最多12とした。大瀬良はリーグトップタイの7勝目。中日は2連敗で、柳は4敗目。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180525-00219379-nksports-base

     ◇セ・リーグ 広島9―3巨人(2018年5月23日 ひたちなか)

     41歳3カ月の広島・新井貴浩内野手が、球団歴代最年長記録を更新する今季1号含む2安打5打点の活躍で、チームの勝利に貢献した。


     今季4度目の先発で出場。初回、田中の先頭打者弾で幕を開けた雨中の戦い。新井が続いた。1死一、二塁から左腕・吉川光の高めのスライダーを高々と右翼席に運んだ。ケガで出遅れて11日に1軍昇格し、13打席目で飛び出した今季1号3ラン。プロ入りから20年連続本塁打となる一発は、石井琢朗の41歳0カ月を超える球団最年長弾となった。

     新井は4回での第3打席でも右翼線へ2点二塁打を放ち、計5打点の活躍。4回までに9得点と、先発の岡田を大量援護し、2位・巨人とのゲーム差を再び4・5とした。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180523-00000163-spnannex-base&pos=1

     「巨人8-0広島」(22日、宇都宮清原球場)

     広島の中村祐太投手が、4回7安打4失点(自責点3)で2敗目を喫した。

     初回、坂本勇が放った打球がワンバウンドして左膝の内側を直撃するアクシデントがあった。マウンドに倒れ込むと一度、ベンチ裏へ。アイシング治療を受け、再び仕事場へ戻った。

     だが続く吉川に四球を与えるなど1死満塁のピンチを招くと、岡本の三ゴロ併殺打崩れの間に先制点を奪われた。

     0-1の三回には吉川の中前打をきっかけに走者をためると3点を失い、この回で中村恭との交代を告げられた。打球が当たったことが直後の投球に影響したか?と問われた中村祐は「踏ん張れない感覚がありました」と話した。四回の3失点については「実力不足。(四球などで)無駄なランナーを出したことが失点につながった」と唇を結んだ。

     今季初黒星を喫した前回15日の中日戦(ナゴヤドーム)は4回8安打6失点だった。2試合連続でのKO劇にも緒方監督は「前回より良かった。(きょうは)先頭だけでマウンドを降りる訳にはいかないという、気持ちの部分は見せてもらった。次回に期待をしたい」と力を込めた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180522-00000166-dal-base

     「広島1-0ヤクルト」(20日、マツダスタジアム)

     広島は1点を守り抜き、今季最多の貯金11となった。

     田中が二回に先制適時打を放つなど、今季4度目の猛打賞を記録。先発・九里は8回5安打無失点の好投で今季初勝利を飾った。

     ヤクルトは先発・小川が3回4安打1失点。打線は八回まで得点を奪えず、1点が遠かった。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180520-00000125-dal-base

     「広島5-2ヤクルト」(19日、マツダスタジアム)

     広島が逆転で勝ち、貯金10とした。

     2点を追う三回、2死無走者から安打と2四球で満塁の好機。ここで野間が右翼席へライナーで運ぶ値千金の1号満塁本塁打。六回も野間の三塁打を足がかりに1死一、三塁とし、エルドレッドの三ゴロが相手の失策を誘い、貴重な追加点をもぎ取った。

     先発の大瀬良が6回2失点と粘り、阪神・メッセンジャーに並ぶリーグトップタイの6勝目。七回から今村、ジャクソンとつなぎ、九回は守護神の中崎で締めくくった。

     ヤクルトは初回、三回と1点ずつを奪ったが、先発のブキャナンが六回途中5失点と崩れた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180519-00000106-dal-base

    <中日2-3広島>◇17日◇ナゴヤドーム

     広島が逆転勝ちし、ナゴヤドームでは今季6戦目で初勝利を飾った。5回に2点を先制されたが、直後に松山の適時二塁打で同点。9回は鈴木が左越えに決勝4号ソロを放った。


     緒方孝市監督(49)は「(好機に凡退した)3打席目がよっぽど悔しかったんだろう。目の覚めるような1発を打ってくれた」とたたえた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180517-00211731-nksports-base

    <中日5-2広島>◇16日◇ナゴヤドーム

     首位広島が2連敗を喫し、2位巨人とのゲーム差は2・5に縮まった。先発の岡田は6回3失点で今季初黒星。打線は柳の攻略にてこずり、8回の2点にとどまった。ナゴヤドームでは今季5戦5敗。以下は緒方孝市監督(49)の談話。

     -柳に苦しんだ

     緒方監督 いい投球をされた。

     -岡田は粘って試合をつくった

     緒方監督 そうだね。

     -ナゴヤドームでいい流れにならない

     緒方監督 常々言っているけど、1試合1試合しっかり戦うだけ。

     -この2戦で盗塁されるケースが目立つ

     緒方監督 うちは完成されたチームじゃない。どのチームにも弱点はある。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180516-00210604-nksports-base

    <中日10-4広島>◇15日◇ナゴヤドーム

     首位広島は投手陣が流れをつくれずに大敗した。ここまで3戦3勝だった先発の中村祐太投手(22)が初めて3本塁打を浴び、自己ワースト6失点で今季初黒星。

     終盤にもリリーフ陣が追加点を許した。チームは連勝が2で止まり、ナゴヤドームで今季4戦4敗となった。緒方孝市監督(49)は「また明日からしっかり戦うだけ」と前を向いた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180515-00209635-nksports-base

     ◇セ・リーグ 広島6―1阪神(2018年5月12日 マツダ)

     広島が12日の阪神戦に6―1で勝利し貯金が今季最多の「10」となった。先発の大瀬良が7回1失点で5勝目(2敗)。2回に先制タイムリーを放つなど投打に渡って活躍した。


     大瀬良は初回に3番糸井、4番福留を三振に仕留める上々の立ち上がり。2回を3者凡退に抑えると、裏の攻撃では1死満塁の場面に打席へ。小野の6球目を強振し、右翼フェンス直撃の2点適時二塁打。自らのバットで先制点を奪った。

     2点リードで進んだ5回、板山にプロ初本塁打となるソロを打たれたが、追加点を許さず7回104球を投げ5安打無四球1失点と力投した。

     打線は7回にバティスタの右犠飛と安部、野間、会沢の3者連続押し出し四球で加点。勝負を決めた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180512-00000121-spnannex-base&pos=2

     「広島14-1阪神」(11日、マツダスタジアム)

     広島が今季最多の5本塁打を放ち、大量14点を奪って快勝した。

     一回に菊池の6号、バティスタの7号、石原の1号の3本の本塁打を含む5安打で6点を先取。二回にも3点を加えた。さらに七回にも菊池が7号3ラン、バティスタが8号ソロと、この試合2度目の連続アーチをかけて4点を加えた。

     先発のジョンソンが7回を1失点に抑えて3勝目。

     阪神は能見が4回9失点と打ち込まれたのが誤算。江越の1号で完封負けを阻止するのがやっとだった。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180511-00000165-dal-base

    このページのトップヘ