広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    試合結果

     ◇セ・リーグ 広島8―5DeNA(2019年7月15日 横浜)

     1分けを挟んで20年ぶりの11連敗中だった広島がDeNAに8―5で勝って連敗をストップ。6月25日以来20日ぶりとなる7月初白星を挙げ、借金を4に減らした。DeNAは2連敗で借金3。


     球宴が終わり、リーグ再開初戦となった1戦。広島は初回、DeNA先発の右腕・井納から西川が中前打を放つと、菊池涼が三塁線を抜く二塁打、バティスタ四球で無死満塁。ここで鈴木が左翼へ二塁打を放って2点先制すると、松山も右前適時打で続いて3点目が入り、さらに無死一、三塁。続く会沢の遊ゴロ併殺打の間にもう1点を加えて初回から4点を奪った。

     広島は3回にも2死二、三塁から会沢の左前適時打と安部の右前適時打で2点を追加し、6点リード。3点差に詰められて迎えた9回には2死満塁から途中出場していた曽根の左前にポトリと落ちる適時打で2点を加えて逃げ切った。

     広島の勝利は九里がプロ初完封を飾りチームの連敗を3で止めた6月25日の楽天戦(楽天生命パーク)以来20日ぶり。九里は6回6安打3失点とまとめて今季4勝目(5敗)を挙げている。

     DeNAは先発の井納が今季最短の3回7安打6失点KO。打線は6点を追う3回に1死満塁からプロ初の2番に入った筒香の押し出し四球で1点を返し、さらにソトの左翼線二塁打で2点を入れて3点差。3―8で迎えた9回には細川の代打1号2ランで再び3点差としたが及ばなかった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190715-00000267-spnannex-base

    「阪神8-5広島」(6日、甲子園球場)

     広島が引き分けを挟んで今季初の7連敗を喫し、5月10日以来の借金1。3位に転落した。そんな苦しい状況の中、松山竜平外野手(33)が復調の兆しを示した。3安打3打点で今季初の猛打賞。低調だった打線も相手先発・青柳対策で大幅に組み替え、11試合ぶりの4得点以上となる5得点を記録。首位・巨人とは8ゲーム差に広がったが、打線はこれを続けていくしかない。

     試合が決すると、鯉党のため息と虎党の歓声が入り交じった。引き分けを挟んで4年ぶりの7連敗で、5月10日以来の借金生活。厳しい現実に直面したが、緒方監督は「全力でやっているから。出し切ってくれているから。今日はいい形の攻撃ができていた」と言葉を絞り出した。

     投打がかみ合わない敗戦だったが、松山が復調気配を示したのが明るい材料だ。「5番・一塁」で8試合ぶりにスタメン出場。二回無死一塁で右前打を放って得点につなげると、三回2死一、三塁では中前へ落とす一時同点の2点適時二塁打。五回は中越えの適時三塁打を放ち、3安打3打点。今季初の猛打賞だった。

     チームをけん引する一人として期待されていたが、今季は開幕から不調で、試合前まで打率・163。「打撃の状態は悪くないので、続けていきたい。今まで仕事ができていない。何とか打っていきたい」と巻き返していく思いを口にした。

     打線全体も明るい兆しを見せた。この日は相手先発・青柳対策として大幅に組み替え。チーム唯一全試合スタメンだった菊池涼がベンチスタート。試合前まで変則右腕の右打者被打率が・176に対し、左打者が・329だったこともあり、1番に曽根、3番に坂倉を入れるなど先発6人を左打者とした。

     これが奏功した。二回に安部がチーム34イニングぶりの適時打を放つなど、青柳を四回途中7安打3得点でKO。この日5得点で、4得点以上は11試合ぶり。迎打撃コーチは「点を取るためにやるべきことを今日のようにやってくれれば」と話した。

     チームはジェットコースターのようなシーズンを歩んでいる。4月16日に首位・ヤクルトと最大7ゲーム差をつけられ最下位に沈むも5月の猛攻で首位にも立った。だが再びトンネルへ潜り込む。球団最大の逆転優勝は1991年の7・5ゲーム差だったが、この日首位・巨人と8ゲーム差に。再び“優勝確率0%”の境界線を越え、3位にも転落した。

     西日本豪雨から1年。復興途中の被災地に勇気を与える白星を届けることはできなかった。「どうやって安定して戦っていけるか、一戦一戦、戦うだけです」と指揮官。勝利のために辛抱強く相手を攻略していくしかない。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20190707-00000026-dal-base

     「DeNA2-2広島」(30日、横浜スタジアム)

     雨のため20分遅れで試合開始となった一戦は延長十二回、引き分けに終わった。


     2-2の十二回。DeNAの守護神・山崎の前に三者凡退に仕留められ、広島の勝ちはなくなった。その裏に投入の7番手・遠藤も奮起。DeNA打線を3人で斬り、得点は許さなかった。

     広島は勝利目前で追いつかれた。2-1で九回を迎えたが、1点を守り切れず。5番手のフランスアが2死三塁で佐野に右前へ同点打を運ばれ、延長にもちこまれた。

     直前の九回表に無死満塁と絶好の追加点のチャンスを作りながら国吉の前に無得点に終わったのも響いた。

     意地を見せていた。1点を追う七回。先頭の鈴木がこの日2安打目となる中前打で出塁。続くメヒアが藤岡から逆転の2号2ランを右翼へ運んだ。鈴木は四回に14打席ぶりの安打を放っていた。

     先発の床田は三回に筒香に先制二塁打を許したが、6回を3安打1失点の好投だった。

     引き分けたDeNAは35勝36敗で阪神と並び、同率の3位に浮上した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190630-00000130-dal-base

    ■広島 2-0 楽天(交流戦・25日・楽天生命パーク)

     広島は25日、敵地・楽天戦に2-0で勝利した。先発の九里が9回3安打3奪三振無四球、二塁を踏ませぬ快投でプロ初完封。打線は初回に菊池涼のソロで先制すると、5回に内野ゴロで1点をもぎ取った。交流戦は最下位に沈んだ広島だが、最終戦は白星で飾った。


     広島は初回、2番・菊池涼がレフトに叩き込む5号ソロ。先制に成功した。さらに、5回にはヒット2本と失策で無死満塁の絶好機を作り、楽天先発の菅原をマウンドから引きずり下ろすと、2番手・森原の前に西川は遊ゴロ。この間に1点を追加した。

     先発の九里は2回2死からウィーラーに左前打を許したものの、その他は完璧な投球。走者を出さずに終盤戦に突入する。8回先頭の銀次に2本目のヒットとなる中前打を許したものの、後続を断って無失点に抑えると、9回も抑えてプロ初完封。広島は全カード負け越しを阻止し、5勝12敗1分で交流戦を終えた。

     楽天は投手陣が5安打2失点と踏ん張ったが、打線が沈黙して敗戦。10勝8敗で交流戦を終えた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190625-00419810-fullcount-base

    ● 広島 3 - 9 オリックス ○
    <3回戦・マツダスタジアム>

     オリックスが延長10回に一挙9得点。今季の日曜日は開幕から2分け10敗と1度も勝利がなかったが、ようやく長いトンネルを抜け出した。広島は打線が振るわず3連敗。交流戦11位だったヤクルトがロッテに勝利したため、残り1試合を待たず交流戦最下位が確定した。

     広島は先発・ジョンソンが好投するも打線が援護できず。助っ人左腕は7回6安打無失点と踏ん張ったが、今季7勝目はお預けとなった。

     0-0の8回裏、一死二塁の好機を作るも、代打・松山が遊飛に倒れたあと、二死一、二塁後、1番に復帰した田中広は右飛。9回も一死一、三塁とサヨナラの好機を作ったが、途中出場の会沢が遊ゴロ、代打・長野は見逃し三振に倒れた。

     すると直後の10回表、4番手・菊池保が二死二、三塁から4連続適時打を浴び、瞬く間に6失点。5番手・藤井も悪い流れを止められず3点を失った。その裏、田中の適時二塁打、4番・鈴木の2点適時打で3点を返すも焼け石に水。打撃陣の奮起があまりにも遅すぎた。

     広島は4月10日のヤクルト戦(マツダ)でも、3-3の同点で迎えた延長10回に一挙12失点。悪夢が蘇る敗戦で、交流戦通算成績は4勝12敗1分けとなった。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190623-00193203-baseballk-base

    このページのトップヘ