広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    読売ジャイアンツ

     2017年はソフトバンクが日本一に輝いたプロ野球。2月1日から各球団がキャンプインし、今年もまた新シーズンへ向けて動き出す。昨年覇者の広島、ソフトバンクを止める球団が出てくるのか、注目が集まるところだが、今回は12球団の過去10年の勝敗数を集計。どのようなランキングになっているか、見ていきたい。

     793勝を挙げトップとなったのは、やはり巨人。人気実力を兼ね備え、球界をリードしてきた名門だが、2008年からの10年間でリーグ優勝5回、日本一2回と堂々たる数字を残している。過去10年でBクラスは昨シーズン(4位)のみ。世代交代が進まないと言われる中でも安定した成績を残しているといえるだろう。

     巨人に次いで2位となったのは例年、圧倒的な戦力を誇るソフトバンクだ。08年こそ最下位に終わっているが、リーグ優勝は巨人と並び5回、日本一は巨人を上回る4回、Aクラス入り8度と“常勝軍団”といっても過言ではない。柳田、今宮、千賀、武田ら世代交代がうまく進み、外国人補強でも李大浩、デスパイネら他球団の主力を迎え入れるなど隙のないチーム構成といえる。育成+補強が見事にマッチした球団だ。

     勝率5割以上をキープしているのは日本ハム、西武、阪神、広島だ。3位の日本ハムはリーグ優勝3回、日本一1回、Aクラス入り7度。ダルビッシュ、糸井、大谷ら球界を代表する選手を輩出しているが、球団独自の経営方針により、戦力を無理に留めることはしない。そのかわりソフトバンクと同様に将来を見据えた育成プランを掲げ、主力が抜けてもすぐにカバーする選手が出てくるのが特徴的だ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180111-00101823-fullcount-base

     巨人にドラフト5位で指名された田中俊太内野手(24)=東海大相模高―東海大―日立製作所=は、セ・リーグのベストナイン、最高出塁率賞者・最多盗塁者賞の広島・田中広輔内野手(28)=東海大相模高―東海大―JR東日本=の弟だが、2人の間の次男で現会社員の洋平さんも東京・日大三高時代はレギュラー捕手として活躍した。

     3人に幼少時から野球を教えたのは父・正行さん(57)。東海大相模高時代は俊足強打の遊撃手として鳴らし、1年時は2学年先輩の原辰徳・巨人前監督と寮で同室だった。強豪野球部の先輩といえば厳しく近寄りがたいイメージもあるが、正行さんによると「原さんはとても気を使う人で、自分がケガをしたときは布団まで敷いてくれた」という。

     正行さんの強打ぶりは「飛距離は先輩の津末(英明=元日本ハム、巨人)さんにも負けなかったくらい」だったが、「練習のノックでボールに飛び込んだときに左肩を痛め、それから打てなくなりましたね」と悔しそうに振り返る。プロの道は諦め、卒業後は神奈川・座間市役所に就職して、そこでも野球部で大活躍。全国レベルの大会にも出場し「六大学野球の出身者も多かった」という強豪チームと激闘を繰り広げた。

     小学生に野球を教えるようになったのは2001年秋、小学6年の広輔がボーイズリーグ(硬式)の相模原イーグルスに入団したのがきっかけだった。04年に同チームの監督に就任し、俊太が在籍した06年と、翌07年の春には全国大会4強の成績を残した。現在は同チームの中学部コーチで務めている。

     当時の小学生への指導法は、今もチームで語り草だ。「大きな夢を持って入ってきているのに、ちまちました野球を教えても仕方がない」とバントは一切教えず、打撃練習はトスしたボールをフルスイングで遠くへ飛ばす“ロングティー”ばかり。「審判に『ストライク』のコールをさせないくらい、いい球はどんどん打っていけと言いました。三振しても空振りならほめてあげた」

     野球に取り組む姿勢はストイックだが、ゲンも担いだ。「試合の前日はグラブは磨いて枕元に置いて寝ること。そうすれば捕れそうにない球もグラブに入るかもしれない」と選手や保護者にすすめて、遠征先の球場などでは自ら真っ先に「ウンが付くように」とトイレを掃除したという。

     プロに進んだ息子2人の小中学生時代について「どちらも足が速かったが、自分と似てガツガツしたスタイルの広輔は体の使い方がうまくて馬力があった。俊太は柔らかくてスマートな感じ。だけど一生懸命やっているのに、そう見えなくてかわいそうだった」と“親心”も交えて懐かしそうに話した。

     今も座間市役所に勤務する正行さん。来年の夢は、巨人と広島の試合で兄弟対決を観戦することだ。(記者コラム・芝野栄一)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171226-00000103-sph-base

     もし今季NPBが2シーズン制を導入していたら…? 実は、ここから面白いことがいろいろ分かってくる。試合消化のペースが異なるため、前後期にきちっと分割することはできないが、総試合数の約半分を消化した6月末で区切って、前後期の成績を見てみたい。


     今回はセ・リーグを。

    【前期】
    1広島 72試45勝26敗1分 勝率0.634 差–
    2阪神 70試37勝33敗0分 勝率0.529 差7.5
    3DeNA 72試35勝35敗2分 勝率0.500 差9.5
    4中日 74試33勝38敗3分 勝率0.465 差12
    5巨人 71試31勝40敗0分 勝率0.437 差14
    6ヤクルト 71試28勝42敗1分 勝率0.400 差16.5

     前期の上位3球団は、今季の最終順位と同じ顔ぶれだった。6月に球団ワーストの13連敗を喫した巨人は5位に沈んでいる。

    【後期】
    1広島 71試43勝25敗3分 勝率0.632 差–
    2阪神 73試41勝28敗4分 勝率0.594 差2.5
    2巨人 72試41勝28敗3分 勝率0.594 差2.5
    4DeNA 71試38勝30敗3分 勝率0.559 差5
    5中日 69試26勝41敗2分 勝率0.388 差16.5
    6ヤクルト 72試17勝54敗1分 勝率0.239 差27.5

     広島はシーズン通して好調を維持。阪神は後期さらに勢いを増して6割近い勝率を記録した。巨人も阪神と同率2位だったが、前期の“負債”が足を引っ張り、DeNAに追いつくことができなかった。この4チームが5割を大きく越え、中日とヤクルトは蚊帳の外だった。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171223-00099456-fullcount-base

     広島が20日に獲得を発表した新助っ人、レオネル・カンポス(30=ブルージェイズ)を警戒する声が早くも上がっている。

     メジャー通算38試合で1勝、防御率は4.74。今季はブルージェイズで中継ぎとして13試合に登板。13回3分の2を投げて、防御率は2.63だった。

     ベネズエラ出身。188センチ、97キロの右腕は、長身から投げ下ろす角度のある直球が武器。制球にも定評がある。

     スライダー、チェンジアップなど変化球も多彩。奪三振率は「9.9」。セで最も奪三振率が高かった阪神のメッセンジャーが「9.76」である。

     広島の今季の救援防御率は2.77。巨人の3.42より断然いいが、救援陣をさらに強固にする構え。チーム事情で先発に回る可能性もあるというが、これに戦々恐々なのは、今季7勝18敗と一方的にやられた巨人だ。

     打倒広島に燃える巨人は、今季後半から「広島専属スコアラー」となっていた田畑氏がヤクルトの投手コーチに就任。巨人内には「情報がきめ細かかった。流出は痛い」との声が出る中、「カンポスは奪三振率がメッセ以上で、しかも制球がいいというのは厄介ですね。広島が見つけたんだから、どうせいい投手だろうから」と別の巨人スコアラーは警戒する。

     年俸は40万ドル(約4500万円)プラス出来高払い。給料は安くても、広島は外国人選手の発掘に定評がある。ソフトバンクの守護神としてMVPを獲得したサファテにしても、元はといえば広島が年俸9000万円で見つけてきた助っ人だ。現エースのジョンソンも入団1年目の年俸は7000万円。他球団とは違い数年かけて動向を追い続けるため、年俸1億円以下の主にマイナーが主戦場だった助っ人でも、日本球界に合う選手が多いのだ。

     カンポスの加入は、広島と巨人の力関係をさらに広げるかもしれない。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171222-00000012-nkgendai-base

     西武は18日、今オフにフリーエージェント(FA)権を行使して12月1日に巨人と契約した野上亮磨投手の人的補償として、高木勇人投手を獲得することを発表した。

     野上は今季ローテの一角を担って24試合に登板して11勝10敗、防御率3.63の成績をマーク。一方の高木勇は三菱重工名古屋からプロ入りした2015年に先発として9勝10敗、防御率3.19の成績を挙げていたが、昨季、今季と成績を落とし、今季は16試合で1勝2敗1ホールド、防御率2.63だった。

     補償対象となるFA選手が他球団に移籍した場合は、移籍先球団は前球団に対して金銭補償と人的補償をしなければならない。現行制度では、各球団の日本人選手を更改前の年俸順に上位3位をAランク、4から10位をBランク、11位以下をCランクと格付け。AランクとBランクの選手が補償対象となる。Aランクの選手が初めてFA移籍した場合は、移籍先球団が獲得制限リストに含まなかった選手を1人+当該選手の旧年俸の50%にあたる金銭、人的補償がない場合は旧年俸の80%にあたる金銭が前球団に補償される。Bランクの選手が初めてFA移籍した場合は、人的補償1人+旧年俸の40%の金銭、もしくは旧年俸の60%の金銭が補償される。

     1993年のオフにスタートしたFA制度。同年に落合博満を中日から獲得して以降、巨人がFA権を行使した選手と契約したのは野上で24人目となる。過去23度のFA選手獲得で、前所属球団が人的補償を選択したケースは10度あるのだが、その中には人的補償で他球団へ移籍した選手が大きな成功を収めた例もある。

     最も目覚ましい働きを見せたのは、2013年オフに大竹寛の人的補償として広島に移籍した一岡竜司だろう。巨人では、同年9試合に登板しただけだったが、広島に移籍した2014年には31試合に投げて2勝0敗2セーブ16ホールド、防御率0.58の成績をマーク。今季も勝利の方程式の一角として59試合に投げ、6勝2敗1セーブ19ホールド、防御率1.85の好成績を記録している。

     2005年に野口茂樹の人的補償として中日へ移籍した小田幸平は、2番手捕手として活躍。黄金期にあった落合博満監督率いる中日を下支えする重要な役割を担った。2006年に門倉健の人的補償として横浜に移籍した工藤公康(現ソフトバンク監督)は7勝を挙げ、移籍後1年目は1勝だった門倉の成績を大きく上回った。2011年に村田修一の人的補償でDeNAに移籍した藤井秀悟も7勝を挙げ、チームに貢献した。

     以下は過去に巨人が獲得したFA選手と、その人的補償として移籍した選手の移籍前後の成績だ。

    【1993年】
    落合博満(中日、金銭)
    1993(中)119試合396打数113安打17本塁打65打点 .285
    1994(巨)129試合447打数125安打15本塁打68打点 .280

    【1994年】
    川口和久(広島、金銭)
    1994(広)27試合(22先発)7勝10敗0S 防御率4.72
    1995(巨)17試合(17先発)4勝6敗0S 防御率4.42

    広沢克己(ヤクルト、金銭)
    1994(ヤ)130試合501打数136安打26本塁打73打点 .271
    1995(巨)131試合446打数107安打20本塁打72打点 .240


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171219-00098788-fullcount-base&pos=3

     巨人阿部慎之助内野手(38)が1日、神奈川・箱根町の湯本富士屋ホテルでトークショーに出演した。

     冒頭で2000安打までの道のりをストーリーにした映像が流されると会場は拍手に包まれた。今季は主に4番として129試合に出場。打率2割6分2厘、15本塁打をマークした。

     厳しい内角攻めを受けるシーンも目立ち「そういうところを攻められているうちは、まだできるかなと思う」と現役続行のひとつの指標になると説明した。

     試合中の秘話も惜しみなく披露。捕手としてキャリアを積み上げてきただけに「試合中は全球、配球を見てますよ」とも明かした。さらに、プライベートでの悩みとして「長男がカープの応援歌を歌うんです。今年、しまむらでカープの靴下を買ってきた。父親としてはやっぱりジャイアンツを選んでほしいよね」と会場を笑わせた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171201-00066851-nksports-base

     巨人史上最強の助っ人と呼ばれたウォーレン・クロマティ氏が、7月に宮城県石巻市で行われたリトルリーグ小学4・5年生の全国大会「MLBカップ」にゲストとして参加するために来日。16チーム、250人の野球選手に直接指導を行い、東日本大震災の被災地復興にも2年連続で貢献した。2か月間の日本滞在でプロ野球も視察したクロマティ氏は、セ・リーグを2年連続で制覇した広島カープについて、日本野球に欠如しているという「本能」「ハッスル」の体現者だと称賛している。

     1984年から90年までジャイアンツで活躍したクロマティ氏にとって、現在最も共感を覚える球団は栄光の伝統を誇る古巣ではなかった。

    「私は今のNPBで一番好きなのは広島カープです。彼らのプレーが気に入っています。私は常々、選手からは自己表現をもっと見たい、感じたいと切望しています。広島の野球からはそういう部分を感じることができます。スタイル、テンポ、ハッスルというところです。私の指導方法にも近い部分を感じています。日本の現在の野球からは驚きという要素、そして、本能と呼ぶべきものが足りません。あまりに組織立っている。私は見た中での広島の野球のハッスル、そして、本能という部分は印象的でした」

     日本野球の「レベルダウン」を危惧していたクロマティ氏だが、広島には好印象を持っている。機動力を生かしたアグレッシブさ、躍動感を全面的に押し出した広島の野球に感じるものは「本能」「ハッスル」。地元米フロリダ州でスクールを展開しているというクロマティ氏の指導哲学にも合致し、琴線に触れるものがあるという。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170920-00010004-fullcount-base

     2年連続のセ・リーグ優勝を成し遂げた広島の戦力の充実ぶりについて、敗れた他球団の監督がコメントした。

     2位阪神の金本監督は「広島との差を一番感じたのは得点力だった。本塁打の数も全然違うし、足も違う。あの打線を抑え込める投手力をつけないと勝てない」と話した。

     クライマックスシリーズ(CS)進出を狙う3位巨人の高橋監督は「うちは特に前半戦に苦戦した。広島の勢いのある攻撃に圧倒されてしまった。何とかCSへの出場権を得て、シーズンでの雪辱を果たしたい」

     4位のDeNAのラミレス監督は「2年連続で完璧なチーム。投手は素晴らしいし、打線も非の打ちどころがない。(けがの鈴木の)代わりの4番(松山)がより打てている」と話した。

     5位中日の森監督は「何を取ってもうちより上だった。今のチーム編成からいくと、なかなかよそが対等に戦うのは難しい状態。いいチームだと認めざるをえない」。6位ヤクルトの真中監督は「攻撃的に見えるが、二遊間を中心に守備が良く、バランスのいいチーム。全てにおいて、うちを上回った。故障者をカバーする層の厚さも感じた」とコメントした。
    引用元 http://www.sankei.com/west/news/170918/wst1709180047-n1.html

     完投リベンジでマジック減らしじゃ~! 広島野村祐輔投手(28)が29日巨人戦(東京ドーム)に向けてマツダスタジアムで最終調整を行った。前回登板の22日DeNA戦(横浜)では今季初完投を目指して9回のマウンドに上がるも、筒香に2ランを浴びて降板。チームもサヨナラ負けを喫した。今季相性のいい巨人だけに、やり返しを誓った。

     登板前日のルーティンをこなした野村は、汗をぬぐって取材に応じた。日差しも、猛暑のそれからは緩やかになった。優勝へ向けたマジックは19に減り、カウントダウンが始まりそうな気配もある。東京ドーム、神宮と続く勝負の1週間。初戦を任された野村は、かみしめるように言葉をつむいだ。

     「ひとつひとつの積み重ね。自分の登板は限られているし、その1回を大事にしたい。自分の投球をしてしっかり抑えたい」

     胸の奥には悔しさがある。前回登板の22日DeNA戦は7回まで3安打1失点。球数も84球で料理した。8回にソロを浴びて失点したが、今季初完投を目指し9回も続投。しかし先頭の柴田に右前打を許し、筒香に2ランを浴びた。1死も奪えずマウンドを今村に譲り、チームもサヨナラ負けを喫した。そこからチームは3連戦3戦連続サヨナラ負け。「横浜の悪夢」へとつながった。

     1週間がたち気持ちは切り替えているが「最後のイニングを任せてもらえてうれしかった。そこで打たれて悔しい気持ち」と忘れることはない。「自分の力のなさを感じた。練習しかない。次の登板で返すしかない」と今日29日の巨人戦登板へと静かに燃えている。目指すは9勝目とチームを勝利に導く投球だ。

     今季の巨人戦は4試合で1勝2敗も、防御率は1・73と好相性を誇る。だが自身には「そういうイメージはないですね。1回、1回を新しい気持ちでやっている」と目を向けない。個人的なリベンジもあるが、チームにとっても週の頭だけに長いイニングを投げてもらいたいところ。畝投手コーチも「ドームだし環境はいい。いけるところまでいってもらう」と背中を押す。野村がエース格の意地をぶつける。【池本泰尚】

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170828-01879243-nksports-base

    このページのトップヘ