広島カープブログ

広島カープファンが作る、広島カープのまとめブログです!

    読売ジャイアンツ

     経験者だからこそ語れることがある。広島・一岡竜司投手(25)が、FAの人的補償で巨人からDeNA移籍が決まった平良拳太郎投手(21)にアドバイスだ。

     一岡はプロ2年目だった2013年オフに、大竹寛投手(33)の人的補償で巨人から広島に移籍した。翌14年には31試合に登板し、2勝2セーブ16ホールド、防御率0・58と新天地でブレーク。昨季はキャンプ中に右腕を負傷して出遅れたが、交流戦で復帰し27試合に登板。5ホールドを挙げるなど復調をアピールした。

    「自分が(移籍して)活躍できているかは分からない」と前置きした上で成功の鍵は“切り替え”だと明かす。「当時、周りの選手には、もしプロテクトを外れたら『移籍したくない』という人もいたが、僕はチャンスが欲しかったし、移籍したかった。リストから選んでもらうわけだし『(上から)29番目の選手なんだ』と前向きにとらえました」

     巨人時代の13年12月24日の夜に「明日、球団に来て」と電話がきた時には動揺もあった。だが、球団に出向き、あいさつを済ませると、すぐ“広島モード”になったという。「その翌日から新しい物件を探したり、広島のことは知らなかったので、ウィキペディアで選手について調べたりしました(笑い)。前オフから自分なりに手応えを感じていたので、野球をやる場所が変われば心機一転できる。巨人に入ったというよりNPBに就職したと思っていたし、移籍はつきものです」

     本人は現在、二軍戦で目撃した中日・浅尾をお手本に新球・パームボールの習得に挑む。「ケガも癒えたし順調。去年のように最初にくじけないように頑張りたい」と勝利の方程式復帰へ虎視眈々。平良も一岡同様“切り替え”で古巣に恩返ししたいところだ。


    引用元 http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/636536/

     開幕ダッシュじゃ! 広島は5日、広島市内の球団事務所で仕事始めを迎えた。1979、80年以来のリーグ連覇、そして33年ぶりの日本一に向け、松田元オーナー(65)は「4月に貯金を3から5は作って欲しいんじゃ」とノルマを設定。大型補強を敢行した巨人については、ソフトバンクからFA移籍した変則左腕、森福允彦投手(30)を名指しで警戒した。

     総帥の頭の中には早くも、しっかりと青写真が描かれていた。球団37年ぶりのリーグ連覇への挑戦。仕事始めを迎えた松田オーナーが、明確な数字のノルマを示した。

     「早いうちに、貯金を作って欲しいな。4月に貯金3から5ぐらいは、作って欲しいんじゃ。そうしたら、その後が楽になると思う」

     25年ぶりに優勝した昨季も16勝12敗、貯金4の2位(1位巨人と0・5差)で4月を終了。好スタートを切ると、交流戦終盤からの11連勝で一気に混戦を抜け出し、独走態勢を築いた。

     理想は「貯金5」。大型補強した宿敵巨人に対抗するには、まずは開幕ダッシュが不可欠だ。なにしろ今季のGは、ソフトバンクから森福、DeNAから山口俊、日本ハムから陽岱鋼と3選手をFA獲得。元楽天のマギー(前タイガース)に164キロ右腕カミネロ(前マリナーズ)…とオフの話題を独占している。

     3月31日の開幕戦(マツダ)で激突する金本阪神や、昨季3位と躍進したDeNAなどライバル5球団が打倒鯉で臨んでくるが、やはり怖いのは巨人。「山口(俊)が巨人で活躍できるかはわからない。それよりもソフトバンクから入って来た森福の方が嫌じゃな」。1番・田中、3番・丸ら左打者がキーポジションに座っているだけに、“左キラー”の異名をとる変則左腕には、特に警戒心をあらわにした。

     もちろん今季もカープは“我が道”を行く。

     「(今年は)びっくりするぐらい選手個々の力が伸びたけど、日本シリーズに勝つためには、もうひと伸びして欲しい。また一段、二段とステージに上がって欲しい」

     今オフは大黒柱の黒田が引退し、ルナも退団。従来通り、チーム力の底上げで、連覇、そして1984年以来33年ぶりの日本一へ挑む。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170106-00000019-sanspo-base

     広島の新井貴浩内野手が21日、日本ハムの大谷翔平投手らと都内で行われた報知プロスポーツ大賞の表彰式に出席。新井は今イベントの主催新聞社が支援し、後援グループが運営する巨人が今オフに行った大型補強について言及。来季へ向け「自分たちはチャンピオンとしてではなく、もう1回挑戦者のスピリットで臨みたい」と、壇上で声高々に語った。

     表彰式は巨人の本拠地に隣接する東京ドームホテルで行われたが、そこにYGマークの選手の姿はなく、野球界からは大谷と新井が登壇。新井は受賞の喜びや感謝の言葉を発しながら、来季の目標として「日本一」と書いたフリップを掲げ、「この場で何ですが…読売巨人軍がすごい補強をしたので」と挑戦者魂を強調した。

     25年ぶりのリーグ制覇を果たした広島に対して、巨人は2位に終わり、クライマックスシリーズ第1ステージ(CS)でも本拠地・東京ドームでDeNAに敗れてシーズンを終了。オフにはFAとなった森福(前ソフトバンク)、山口俊(前DeNA)、陽岱鋼(前日本ハム)の3選手を獲得した。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161221-00000063-dal-base

     2年連続でリーグ優勝を逃した巨人は今オフ、FAで山口俊、陽岱鋼、森福允彦、トレードで吉川光夫、外国人ではマギーを獲得するなど、来年に向けて大型補強を敢行している。一方で25年ぶりにリーグ優勝した広島は、目立った補強がない。

     FAでのマネーゲームに参戦しない広島は毎年、外国人選手を獲得し、選手を補ってきた。昨オフはジャクソン、ヘーゲンズ、プライディ、ルナの4選手を獲得し、ジャクソンはセットアッパー、ヘーゲンズは先発とリリーフ、ルナはシーズン序盤に4番を任されるなど、リーグ優勝に大きく貢献した。

     今オフは10勝を挙げた黒田博樹が現役引退し、三塁のルナが退団したが、ここまでドラフトを除くとほとんど補強を行っていない状況だ。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161216-00098757-baseballk-base

     広島・野村が2日、広陵で1学年上だった吉川の日本ハムから巨人への移籍を“歓迎”し、投げ合いに意欲を示した。「1つ上の先輩でかわいがってもらいました。日本シリーズではできなかったですが、球場で一緒になることがあったら、いつもあいさつに行っています。対戦することがあれば、うれしいですし、負けないようにしたい」。選出されている侍ジャパンの強化試合へ向けて調整したマツダスタジアムで電撃トレードの一報を伝え聞いて反応した。

     高校時代はエースナンバー「1」を引き継いだ間柄でも、2年連続リーグ制覇のためには先輩だからといって遠慮はしていられない。黒田の現役引退もあり、先発陣の軸として強い自覚をにじませた。

     リーグが違ったこともあって投げ合った経験はない。吉川が自己最多14勝でパ・リーグMVPを獲得した12年は明大からドラフト1位で入団して1年目。9勝11敗で負け越しながら防御率1・98の好成績で新人王を獲得した。来季からは同一リーグで競い合うことになり、さらなる刺激を受けることは必至だ。(柳澤 元紀)

    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161103-00000075-spnannex-base

    <巨人3-5広島>◇29日◇東京ドーム

     エルドレッドの2発が広島の完全優勝を決めた。

     7回、田口から20号2ラン。8回は宮国から21号2ラン。今季44度目の逆転勝利を飾り、巨人にも勝ち越しを決めてセ・リーグ全球団に勝ち越した。「自分はパワーヒッター。打線に入れば何か起こすことが出来ると、今日は証明出来たと思う」と主砲はご機嫌だった。1日以来の1発に緒方監督も「そんなに打ってなかったの? いいことじゃないか」と喜んだ。

     ▼通算100本塁打=エルドレッド(広島) 29日の巨人25回戦(東京ドーム)の7回、田口から今季20号を放って達成。プロ野球279人目。初本塁打は12年8月4日の阪神12回戦(マツダ)で安藤から。

     ▼広島が巨人との今季最終戦に勝ち、このカードを13勝12敗として2年連続勝ち越し。球団史上、セ・リーグ全5球団に勝ち越したのは75、86年に次いで30年ぶり3度目。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160930-00000015-nksports-base

     広島の福井優也投手が26日、1軍に合流した。マツダスタジアムでの投手指名練習に参加し、キャッチボールやダッシュなどで汗を流した。29日の巨人戦(東京ドーム)に先発する見込み。

     8月31日のDeNA戦(マツダ)を首痛で急きょ登板回避。翌1日に出場選手登録を抹消されていた。CSファイナルSへ向けてアピールの舞台となるリーグ戦最後の登板。福井は「与えられた場面で投げるだけ。せっかく(1軍に)上げてもらったので、結果をしっかり残したい」と意気込んだ。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160926-00000046-dal-base

     「広島5-0巨人」(15日、マツダスタジアム)

     広島が接戦を制して3連勝を飾った。リーグ優勝決定後、初の本拠地試合で凱旋勝利。詰め掛けた3万2106人を前に、盛大な“御礼星”となった。


     試合は四回、石原の中犠飛で先制。七回には巨人・村田の失策で追加点を奪った。八回には2死満塁から、田中が走者一掃の3点二塁打でダメ押しだ。先発の岡田は5回を2安打無失点で4勝目。六回以降は一岡、今村、大瀬良、オスカルが勝利バトンをつないだ。

     巨人戦の対戦成績は、これで12勝12敗。29日の最終戦(東京ドーム)に勝てば、リーグ全球団勝ち越しが決まる。これで今季85勝目。残り8試合で大台90勝到達も見えてきた。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160915-00000102-dal-base

    このページのトップヘ