広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    談義

    プロ野球が好きだから-。巨人原辰徳監督(61)がプロ野球活性化、発展のための持論を展開した。時代の流れなのか。昨今のプロ野球界に意見を堂々と唱えることは、一種のタブー感が漂う。そんな中、原監督は秋季練習中に記者をベンチに迎え入れてプロ野球界の問題点、改善点、その先にある未来を語る。数日前にはセ・リーグでの「DH導入」を呼びかけ、今回はフリーエージェント(FA)制度での「人的補償の撤廃」を訴えた。


    「なんのメリットもない。プロテクトは28人しかいない。これは、なくす必要ありますよ。暗いニュースになる。FAっていうのは明るいこと。それを暗いニュースにさせてしまう」

    昨オフ、広島から丸、西武から炭谷をFAで補強した。一方で人的補償で長野、内海の放出を余儀なくされた。もちろん、リスクなきメリットはない。だが、人的補償のネーミング、制度そのものは現代社会の感覚とは合致しているとは言い難い。今季から1軍登録メンバーが1人増えて29人になった。人的補償で採用されているプロテクト枠の28人は、29人であっていい。さらには日本シリーズの登録は40人、メジャーリーグのロースターも40人。完全撤廃とは言わずとも、プロテクト枠を40人に拡大することも案として提言した。

    ルールの上で戦い、戦略を練り、チームを編成していくことは重々理解している。ただ、ルールは時代とともにアップデートさせるべきものであってもいい。「ルールをどうやって決めたかって分からないけど、もっとフェアなルールにしなきゃダメですよ。人的補償という犠牲者みたいな名前も悪い」と話した。

    プロ入りから同一球団で引退までやり抜くことが間違いではない。それぞれの価値観を尊重した上で、自由競争の概念も忘れてはいけない。選手生命が限られる選手は個人事業主として勝負している。選手として一人前になった勲章として「FA権」が与えられる。ただ、行使を宣言しなければ効力を持たない。一方、メジャーリーグは在籍6年で「自動的にFA」になる。もちろん、すべてメジャーリーグをなぞる必要はない。移籍の活性化は発展の一助になる可能性は高い。だが、サッカーなど世界のスポーツ界で、日本球界は異質である事実は否めない。【為田聡史】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191105-11050895-nksports-base

     元巨人監督で野球解説者の堀内恒夫さん(71)が26日、自身のブログを更新。セ・リーグのDH制導入について「俺は反対」と自身の考えを示した。
     セ・リーグで5年ぶり優勝を果たした古巣・巨人がパ・リーグの2位から勝ち上がって来たソフトバンク相手に日本シリーズで1勝もできず。4連敗で敗退した。

     これで2013年の楽天からパ・リーグ球団が7年連続日本一となり、2005年にスタートした交流戦もパ・リーグが10年連続勝ち越し中と「パ高セ低」の状況が長く続いていることもあって、日本一を逃した翌24日に巨人の原辰徳監督(61)が「DH制というので相当差をつけられている感じがある。(セ・リーグも)DH制は使うべきだろうね」と提言。25日には西武、ロッテで監督を務めた中日の伊東勤ヘッドコーチ(57)が「セ・リーグの醍醐味は投手も打席に入ること」とした上で「日本シリーズは今年はセパどちらの球場でもDH制あり、来年はDH制なしとかにすれば」と隔年制を提案していた。

     そんな状況の中で「セ・リーグのDH制導入について」のタイトルでブログを更新した堀内さん。「結論から言ってしまうと俺は『反対』」とし、「理由はいたってシンプルかもしれないが俺にとってはとても大事なこと。それは『野球の原点を残したい』」と続けた。

     堀内さんは沢村賞の選考委員長を務めており、21日に開かれた選考委員会の結果、今年は19年ぶりの該当者なし。沢村賞の選考基準は15勝、150奪三振、10完投、防御率2・50、200投球回、25試合登板、勝率6割の7項目で、候補に挙がった山口(巨人)は完投ゼロ、有原(日本ハム)が1完投だったことがネックになった。「有原も山口もよく頑張った。ただ、これ以上レベルは下げたくない。完投なしでいいとしたら、沢村さんのお名前に傷をつけてしまう」と話していた。

     投手の分業制が当たり前となった現代にこの選考基準が「そぐわないのでは?」という声は堀内さんの耳にも届いている。だが、それも含めて「時代は流れ色々なものが移り変わりそれに合わせて変えることももちろんあるし必要だろう。その一方で『不変』どんなに時代が変わろうと伝統や守っていくことそれもあると思う」と堀内さん。

     「俺にとってその『不変』の1つが『投手は9人目の野手』という野球の原点。投手は投げるだけじゃなく守備も攻撃もしっかりこなす。という原点。DH制だとピッチャーは気が抜けないから力はつくだろうね。でも、DH制だから強いって言ってしまうのもちょっと違うんじゃないかなぁ。俺はそう思うけどね」と私見をつづっていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191026-00000236-spnannex-base

     2016年センバツ高校野球で20年ぶりに出場し、準優勝に輝いた高松商(香川)の当時主将で「3番・遊撃手」として活躍した米麦圭造(よねばく・けいぞう)さん。当時からイケメン主将として人気が高かったが、国学院大学に在籍中の現在は、俳優への道を進んでいる。大学で野球を続けるつもりだったが、中学生の時からの夢を諦められず、芸能界入りを目指すことに。周囲の支え、野球への感謝を忘れずに、自分の人生を歩んでいる。前編は「転身」について紹介。



     甲子園のグラウンドに爽やかな笑顔とプレーを残していったイケメン主将。つぶらな瞳は当時のまま。髪型は丸刈りから大きく変貌を遂げていた。球児だった面影は消え、モデルのような顔立ちだった。

     米麦さんは、高校で野球を辞め、就職するつもりでいた。センス抜群の打撃と守備で一生懸命、白球を追いかけた結果、チームの中心としてセンバツ準優勝と輝かしい結果を残した。大学からの誘いが来るのは必然だった。

     東都大学リーグの名門、国学院大学に進んだ。

    「勉強ができるわけでもなく、野球しかやっていなかったので、流れのままに、野球で進学することを決めてしまいました。大学でも試合に出させていただきましたが、試合に出ても闘志が湧かないというか、アウトになっても悔しくない自分がいて……」

     道筋を作ってくれた高松商の恩師・長尾健司監督、受け入れてくれた国学院大の鳥山泰孝監督ら関係者に申し訳ない気持ちを抱きながら、1年生の4月で野球部を辞めることを決意した。

    「僕は昔から芸能界の方に興味がありました。高校時代に(各メディアに)取り上げていただいたことも多かったので、そちらの方に熱が出てきました。長尾監督にも電話でお伝えして『お前の考えたようにやれ』と自分の気持ちを尊重していただきました。今、こうして芸能への道を進めているのも、監督が背中を押してくれたから。その分、こっちの道を進むんだという覚悟を決められました」

     夏の全国高等学校野球選手権大会は決勝で履正社が星稜を下し、春夏通じて初の優勝を飾った。この甲子園で自己最速の154キロをマークし、ファンの注目を集めたのが、準優勝だった星稜の奥川恭伸投手だった。決勝で敗れはしたものの、準決勝まで自責点ゼロ。圧巻の投球でプロのスカウトからの評価もまた一段、上昇したに違いない。



     その奥川をも上回る、今秋ドラフトの最大の目玉が大船渡の最速163キロ右腕・佐々木朗希投手だ。岩手県大会では圧巻の投球を見せながら、故障防止を最優先に考えて県大会決勝戦には登板せず。チームも花巻東に敗れて甲子園出場を逃したが、そのポテンシャルは誰もが認めるところだ。

     その佐々木と奥川は揃って「第29回 WBSC U-18ワールドカップ」に臨む野球日本代表「侍ジャパン」U-18高校代表のメンバーに選出。26日には、こちらもドラフト1位候補の明大・森下暢仁投手らが選ばれている大学日本代表との壮行試合を戦った。

     今後、セパ各球団はそれぞれのチーム編成やチーム作りの方針により、ドラフト1位で指名する選手を絞り込んでいく。佐々木、奥川、そして森下は特に競合の可能性が高くなるだろう。将来性重視なのか、はたまた即戦力を欲するのか。佐々木、奥川をどこの球団が指名するのか、ファンも大いに注目しているだろう。

     では、これまで各球団でドラフト1位選手を1軍の戦力と育て上げているのは、どの球団だろうか。過去10年間のドラフト1位選手を振り返り、きっちりと育成できている球団を探ってみよう。

    (中略)

    DeNAのここ5年は出色、山崎、今永、浜口、東、上茶谷と5年連続で1軍戦力に

    【セ・リーグ】
    ○巨人
    長野久義(現広島)、澤村拓一、松本竜也、菅野智之、小林誠司、岡本和真、桜井俊貴、吉川尚輝、鍬原拓也、高橋優貴

    ○DeNA
    筒香嘉智、須田幸太、北方悠誠、白崎浩之(現オリックス)、柿田裕太、山崎康晃、今永昇太、浜口遥大、東克樹、上茶谷大河

    ○広島
    今村猛、福井優也(現楽天)、野村祐輔、高橋大樹、大瀬良大地、野間峻祥、岡田明丈、矢崎拓也、中村奨成、小園海斗

    ○阪神
    二神一人、榎田大樹(現西武)、伊藤隼太、藤浪晋太郎、岩貞祐太、横山雄哉、高山俊、大山悠輔、馬場皐輔、近本光司

    ○中日
    岡田俊哉、大野雄大、高橋周平、福谷浩司、鈴木翔太、野村亮介、小笠原慎之介、柳裕也、鈴木博志、根尾昂

    ○ヤクルト
    中澤雅人、山田哲人、川上竜平、石山泰稚、杉浦稔大(現日本ハム)、竹下真吾、原樹理、寺島成輝、村上宗隆、清水昇

     セ・リーグに目を移してみよう。巨人は菅野がエースとして君臨し、岡本が主砲に成長。今季は桜井が成長してきており、まずまずのドラフト1位か。近年で際立つのはDeNA。山崎、今永、浜口、東、上茶谷と5年連続で1軍の戦力として活躍している。

     広島は大瀬良がエースに成長したが、その他の面々はチームの中心とまでは言い難いか。高卒ドラ1の小園は、田中広輔の不振に伴って現在1軍で遊撃のポジションを守る。非凡なところは発揮しており、今後の活躍に大いに期待できる。

     中日は岡田、大野雄、そして高橋と2009年、2010年、2011年のドラ1がチームの中心に。特に高橋は、今季怪我で離脱するまで首位打者に立つなど開花したところを見せていた。柳も今季、初の2桁勝利に王手をかけている。昨年は根尾が加入しており、成長に期待だ。

     苦戦していると言わざるを得ないのが阪神とヤクルトか。阪神は今季、近本がレギュラーとして活躍しているものの、大山や高山らが一皮剥けきれない。藤浪も苦しんでいる。ヤクルトは村上が覚醒したものの、10年を振り返ると既にチームを離れている選手もおり、厳しい現状がうかがえる。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190827-00515213-fullcount-base

    【広瀬真徳 球界こぼれ話】プロ野球界の7月のイベントといえば「オールスター戦」。今年は12日(東京ドーム)、13日(甲子園)に開催される。ファン投票全体1位の西武・山川穂高(27)や、高卒2年目ながらリーグ打点王をひた走るヤクルト・村上宗隆(19)らが注目されている。

     そんな球界の目玉行事だが、日本のオールスター戦は野球の本場米国に比べ著しく異なる点がある。存在意義と選出された選手たちの試合に対する意欲である。

     メジャーリーグは全球団合わせて計30球団という大所帯。しかも、球宴は毎年1試合しか行われない。必然的に出場は至難の業となり、これが球宴の価値を高めている。選手もその状況を理解しているからこそ特別な思いと名誉を胸にプレーに臨む。出場した選手が自身のプロフィル欄に個人タイトルのように球宴出場回数を表記することも珍しくない。それほど、誰もが憧れる夢舞台なのである。

     翻って日本はどうか。2013年を最後に3試合制は廃止されたものの、いまだに2試合制を維持している。セ・パ合計で12球団というメジャー全体の半分にも満たないチーム数にもかかわらず、だ。オールスター戦は日本シリーズと並びNPB(日本野球機構)の重要な収入源。財源確保の意味合いがあるとはいえ、これでは希少価値は薄れる。特別な感情で試合に臨む選手も、ご当地選手などを除けばごくわずかだろう。

     それなら「日本も1試合制にすれば球宴の価値が高まるのでは?」と考えがちだが、事は簡単ではない。出場経験のある某選手はその理由をこう話してくれた。

    「ファン投票であれ、推薦であれ、出場することは誰もが光栄に思っているはず。ただ、日本の場合は“お祭り”の色合いが強い。選手の中で『球宴=楽しむ』という構図が出来上がっているのです。一部ですが『極力休みたい』という選手もいます。こうした選手の意識や大会の空気を一掃しない限り、仮に1試合制になったとしてもメジャーのような雰囲気はつくり出せないと思います」

     ファン投票で選出された選手が出場辞退するとペナルティーが科せられる。野球協約にこんな規定が盛り込まれていることからも、選手の球宴に対する思いは見て取れる。

     良くも悪くもメジャーとは似て非なる日本流オールスター戦。このままでいいのだろうか。

     ☆ひろせ・まさのり 1973年愛知県名古屋市生まれ。大学在学中からスポーツ紙通信員として英国でサッカー・プレミアリーグ、格闘技を取材。卒業後、夕刊紙、一般紙記者として2001年から07年まで米国に在住。メジャーリーグを中心に、ゴルフ、格闘技、オリンピックを取材。08年に帰国後は主にプロ野球取材に従事。17年からフリーライターとして活動。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190702-00000006-tospoweb-base

     デイリースポーツ評論家で広島OBの横山竜士氏(43)が、残り7試合となった交流戦で巻き返しを目指すチームに提言した。ここまで3勝7敗1分け。11試合を戦い終え見えてきたパ・リーグ球団を攻略するための糸口とは。これまでの戦いを投打で分析しながら語った。


      ◇  ◇

     交流戦は好調だった打線に当たりが止まった。パ・リーグのチームは、広島をとても研究しているという印象を受けた。鈴木を封じるために、セ・リーグのチームは内角球が多い。交流戦でもその傾向は続く。一方で他の打者に対しても積極的に内角を攻めていた。これに各打者は苦しんでいるように感じた。

     得点するヒントは、7日からのソフトバンク3連戦で見た相手の姿にあったように思える。主力が故障で離脱している中、出場機会をもらった真砂がセーフティーバントをしたり、甲斐がスクイズをしたり。とにかく広島が嫌がるような攻撃をしてきた。

     16日の楽天戦は新たに組み替えた打順で勝利した。研究されている中でどうやって点を奪っていくか。相手が嫌がる攻撃を状況に応じてやりながら、粘り強く1点を奪う攻め方もしてほしい。

     投手に関しては、内角球の使い方がカギになると思う。パの右投手は、右打者と対する場合でも、内角のボールゾーンからストライクゾーンに入ってくるカットボールやスライダーを投げていた。セの投手ではあまり見られない配球だ。

     体に近い球は最も打ちにくい。結果が出ている島内や遠藤は、腕を振って直球を内角へ投げ切れているからこそ、フォークや縦のカーブといった落ちる球が生きている。

     チームは四球を出さないことを課題にしている。だからといって何でもかんでもストライクを取りにいくと打ち返される。次の1球につながる、意図ある球をどれだけ内角へ投げ切れるか。それが大事だ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190618-00000028-dal-base

    このページのトップヘ