広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    赤松真人

     ◇セ・リーグ 広島9―3巨人(2018年5月23日 ひたちなか)

     頼れる広島のベテラン・新井がまた一つ勲章を手に入れた。大敗した前夜の悪夢を引き飛ばす価値ある一発は、田中の先頭打者アーチで先制した初回、なおも1死一、二塁の好機。カウント2―1から吉川光が投じた甘いカーブを左翼場外へ運んだ。

     「得点圏だったので積極的に行こうと思った。キクと誠也が四球で出てくれたので何とか点を取りたかった」

     新人時代の1999年から20年連続本塁打となる、今季1号3ラン。大卒で20年連続は金本、稲葉と並ぶ最長タイの快挙だ。まだある。現在41歳3カ月。石井琢郎(ヤクルト打撃コーチ)が持つ広島の最年長アーチ記録を更新してみせた。

     「長くやらせてもらっているからね。周りの皆さんのおかげ。試合前、野間さんにたくさん触ったので、野間さんの御利益かな」

     かわいい後輩をいじって笑いに変えるあたりが新井らしい。4回1死一、二塁でも一塁線突破の2点二塁打を放ち、16年7月12日の巨人戦以来となる1試合5打点。今季最少の2安打で零敗を喫した前夜を「もう終わったこと」と一蹴し、バットで流れを引き寄せた。

     3戦3敗で無得点の宇都宮とは対照的に、ひたちなかでは、これで3戦3勝。「やっぱり新井さん。3ランは本当に大きかった」。3年連続で交流戦前の首位を確定させた緒方監督は、勝利に貢献したベテランに最敬礼だった。(江尾 卓也)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180524-00000008-spnannex-base&pos=5

     「サイトウユウキ」はマウンドを降りた後も第一線で奮闘している。元広島の齊藤悠葵さん(30)は14年に現役引退後、同12月に株式会社ドームユナイテッドへ入社。バッティングセンター、人工芝のグラウンドが併設され、野球教室も開催される「アンダーアーマー ベースボールハウス 川崎久地」に配属された。


     16年2月から店長に昇格。「これからも人に夢を与える仕事がしたいと思っています」。日本ハム・斎藤佑樹と同姓同名で注目を浴びたプロ時代の経験を生かし、お客様対応や野球指導に励んでいる。

     齊藤さんは福井商から06年高校生ドラフト3巡目で広島に入団。1年目の10月1日の巨人戦で、球団史上初の高卒新人による初登板初先発初勝利を挙げた。同日には1学年下の早実・斎藤佑樹が国体で完封勝利。齊藤さんは巨人戦後に赤いハンカチで汗を拭き、「赤いハンカチ王子」として注目を浴びた。

     その後は09年に9勝を挙げるなど活躍。そのたびに同姓同名の全国区スターを引き合いに出されることも多かったが、感謝しかなかったという。「彼のおかげでいろんな人に名前を覚えてもらえたので、ありがたかったです。ずっと仲良くなりたいと思っていましたから」。結局、現役時代に会うことはできなかったが…。

     昨年12月、ついに広島・福井の結婚式で初対面。「斎藤くんも僕を分かってくれていて、一緒に写真を撮ってインスタグラムにあげたら反応がすごくて(笑)。同じ名前がニュースに出てくるので注目してますし、頑張ってもらいたいですね」。今もプロで活躍する“恩人”を陰ながら応援しているという。

     社会人生活は4年目に入った。当初はメールの書き方からつまづき、3カ月かけてパソコンの使用方法を勉強。地道に努力を重ねた。「プロは自分が頑張ればいい面があったけど、今は責任がある。元プロという肩書きは指導に生きるけど、接客方法とかは考えていかないと」。現役時代に同僚だったドジャース・前田健太や広島・中田廉らは今も店に訪れてくれるという。かつて大舞台で戦った仲間たちに刺激を受けながら、ハンカチで汗を拭く暇もないほど忙しく働いている。(デイリースポーツ・西岡 誠)

     ◆齊藤さんが店長を務める「アンダーアーマー ベースボールハウス 川崎久地」では現在、バッティングセンターで「ホームランダービー2018」を開催している。同所でバッティングをした全員が対象。5月から2カ月単位で累計ホームランを競ってチャンピオンを決めるもので、豪華賞品も用意されている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180508-00000045-dal-base

     左ふくらはぎ痛で14年ぶりに開幕1軍を外れた広島・新井貴浩内野手(41)が、早ければ11日の阪神戦から1軍に昇格する可能性が7日、浮上した。8、9日のウエスタン・中日戦(由宇)が最終チェックの場となる。離脱から約1カ月半。精神的支柱が復活すれば、チームはさらに上昇気流に乗るはずだ。



     抜群の存在感を放つ男が、1軍の舞台に戻る見通しが立ってきた。開幕から1カ月強。新井が8、9日のウエスタン・中日戦を経て、早ければ11日の阪神戦にも1軍昇格する可能性が出てきた。高ヘッドコーチは「(2軍で)2試合ぐらいフルで出てもらってかな。最終チェック?そんなところです」と明かした。

     故障後、2軍ではここまで4試合に出場している。1日のウエスタン・オリックス戦(舞洲)に「5番・一塁」で実戦復帰。その際は走攻守ではつらつとしたプレーを見せ「不安はない。100%でできた」と好状態を強調した。3日の同戦では復帰後初安打となる左中間二塁打も放った。ゴールデンウイーク中の昇格とはならなかったが、足取りは順調。今のところ1試合2打席までの出場にとどまっているだけに、フル出場で最終リハをし、万全を期す。

     まさかの故障から、約1カ月半がたった。3月21日の練習でダッシュ中に左ふくらはぎを負傷。14年ぶりに開幕1軍を外れた。自身初めてかつ再発しやすい箇所。それだけにはやる気持ちを抑えて慎重にステップを踏み、テレビやラジオでも1軍の試合をチェックしながら復帰へ向けて準備を整えてきた。

     チームは現在、首位を走るものの、新井に加えて丸も野村も故障で不在。ベテランは「早くチームの力になりたい気持ち」と、変わらぬ献身的な思いを繰り返してきた。精神的支柱としても、勝負強さを遺憾なく発揮できる存在としても、背番号25は3連覇に欠かせない。一日でも早い復帰をナインも、ファンも待ち望んでいる。

     チームは8日からのDeNAとの2連戦を経て、11日からは阪神との3連戦を迎える。猛虎は現在、3ゲーム差で2位につけている相手。さらに新井にとっては古巣なだけに、そこで今季初出場となれば燃えないはずがない。1軍で千両役者の明るい笑顔を見られる日が、刻々と迫っている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180508-00000014-dal-base

    ◆ウエスタン・リーグ オリックス―広島(30日・大阪シティ信用金庫スタジアム)

     胃がんからの復活を目指す赤松真人外野手(35)が今季の公式戦14打席目で初安打初タイムリーを放った。2回2死二塁で山田の内角球を左前に落とした。

     赤松は16年12月に胃がんを患っていることが分かり、17年1月に手術。昨年は治療とリハビリに専念し、今年2月のキャンプから全体メニューに合流していた。練習試合、教育リーグから出場を続けているが、ウエスタン・リーグでヒットを放ったのは初めてだった。

     今年1月には「人と触れあえることに感謝して、復帰してもう一度、恩返しがしたい」と誓っていた。1軍は丸が右太もも裏を痛め、離脱中。外野手が手薄となっているだけに、アピールを続ければ、念願の1軍復帰も現実味を帯びてきそうだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180501-00000098-sph-base

     「ウエスタン、中日5-0広島」(18日、ナゴヤ球場)

     胃がん手術から再起をはかる広島・赤松が八回二塁の代走で、2016年10月以来1年5カ月ぶりの公式戦出場を果たした。

     そのまま左翼の守備に就き、代打・谷の飛球に体を反転させながらキャッチ。大歓声に包まれた「赤松コール」には「ありがたいことです」と感謝を口にしながらも「第一歩を踏み出したということだけ。まだ体力、筋力とも上げていかないと」と気を引き締めていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180319-00000042-dal-base

     「ウエスタン春季教育リーグ、中日3-0広島」(4日、由宇球場)

     胃がん手術から復活を目指す広島・赤松真人外野手(35)が、九回無死一塁に代打で出場。術後初めての実戦は3球三振に倒れたが、復帰へ新たなスタートを切った。

     「代打・赤松」がコールされるとスタンドから大歓声がこだました。一昨年11月の日本ハムとの日本シリーズ以来、15カ月ぶりの実戦。初球、144キロのストレートを積極的にスイングしてファウルとなり、最後は空振りの三振に倒れた。

     「声援が聞こえないくらい、緊張しました。長かったですね」。長いリハビリ生活を経て試合に出場した赤松は、偽りざる心境を吐露した。

     15カ月ぶりの打席については「もっとできると思った。力の差、ブランクを痛感しました。点数をつけると100点満点の5点かな」と苦笑いを浮かべた。

     復活のスタートラインに立てたが、赤松にはほんの第一歩。「守備はある程度行けるとは思うけど、バッティングや走塁はこれからしっかりやっていかないと」と今後の見通しを口にした。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180305-00000039-dal-base

     広島の2軍は27日、宮崎県日南市の天福球場で春季キャンプを打ち上げた。山口県岩国市のキズナスタジアムで行ったキャンプ初日には、ドラフト1位の中村奨(広陵)のデビューを一目見ようと、1軍より200人多い1500人のファンが詰めかけるなど“奨成フィーバー”に沸いた。

     16日からの2次キャンプ以降は、新井が1軍に帯同せず2年連続の“日南居残りトレ”を敢行。夫人の四女出産のため来日が遅れていたエルドレッドも、2軍に合流するなど天福球場は豪華なメンバーでにぎわい続けた。

     キャンプ最終日となったこの日の練習終わりには、胃がんからの復活を目指し2年ぶりの春季キャンプとなった赤松が観衆に向かってあいさつ。円陣の中心で「日南でたくさんの人にお世話になったと思います。広島に帰ってからも、その人たちに恩返しできるようにがんばりましょう」と決意を表明し、一本締めを行った。

     新井は広島に戻り、1軍に再合流する見込み。中村奨は、このまま2軍で開幕を迎えることが濃厚だ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180227-00000105-spnannex-base

    <2018年日替わり12球団紹介:広島>

     広島7年目の菊池はあと156安打で通算1000安打、あと30犠打で通算250犠打を達成する。

     過去6年間でシーズン150安打以上を3度、シーズン30犠打以上は4度記録しており、今季中に両部門を達成してもおかしくない。通算1000安打は15年にマートン(阪神)が来日6年目で達成しているが、日本人選手では64年長嶋(巨人)ら11人の7年目が最速。通算250犠打の最速達成は12年田中浩(ヤクルト)17年今宮(ソフトバンク)の8年目。守備のイメージが強い菊池が安打と犠打の最速記録に挑戦する。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180208-00119959-nksports-base

     胃がんからの復活を目指す広島・赤松真人外野手(35)が21日、春季キャンプ中の実戦復帰に意欲を見せた。2軍スタートとなるキャンプでは全メニューを消化する意気込みで、2月中旬に「代走」として復帰する姿を思い描く。この日は岩本、薮田と共に広島県江田島市大柿町の大柿高校で野球教室に参加。18チーム、総勢277人の小中学生に指導し、1軍復帰を約束した。



     穏やかな瀬戸内海に浮かぶ江田島で、赤松が2年ぶりに大柿の子どもたちと再会した。小学生には優しく、自身の経験から「難しい時期」と語る中学生には時折厳しい声をかけ熱心に指導した。約3時間の野球教室を終えると爽やかに笑った。

     「元気と勇気をもらいました。1日1日を大事にしているので、生きていること、人と触れあうことに感謝しています。たくさんの人に励ましてもらったので、恩返しできるように。早く1軍に復帰して勇気を与えられる存在になりたいです」

     2月1日のキャンプインを前に、早期1軍復帰を約束した。キャンプは2軍スタート。「まだ全体練習に入っていないので、ついて行けるか分からない」と慎重に話すが、「全部のメニューをやるつもり。今は不安より楽しみの方が大きい」と声を弾ませる。疲労と相談しながら「無理せず、ゆっくり、自分のペースで」復帰への道のりを歩んでいく。

     キャンプでは第1、2クールで肉体的、体力的な不安を取り除き、その後は「技術を求めていきたい」と言う。見据えるのは2月中旬の実戦復帰。例年、練習試合などが組み込まれる時期だ。「徐々に上げていって実戦に入る準備をしていかないといけない」と青写真を描いた。

     1軍戦力として「求められるのは走力と守備。どれだけ勘を取り戻せるか」と力を込める。代走での途中出場を想定し、「そこで一発で走れるのか」を最大のテーマとした。手術後、走力のタイムは測っていないという。だが「走塁、盗塁は技術。ごまかしがきく」ときっぱり。足のスペシャリストには通算136盗塁の経験がある。投球モーションを盗むなど「そこを磨いていけばいい」と自信たっぷりに言い切った。

     野球教室の開始前、総勢277人の少年少女から「赤松選手、お帰りなさ~い!」と、大歓声で迎えられた。昨年1月5日の胃がん手術から約1年。抗がん剤治療など苦しい過去も「大したことなかった」と今は振り返ることができる。「もともと打たれ強い。野球の方がしんどい」と赤松。再び全力疾走できる日が来ると信じて、前に進むだけだ。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180122-00000017-dal-base

     今季所属球団が決まっている選手の中で、2017年シーズン、1軍出場が1度もなかった30歳オーバーの選手。普通なら戦力外通告を言い渡されてもおかしくはない境遇の選手もいる。最後に一花咲かせてほしいと願うのは球団、そしてファンに共通した願いだ。


     今季こそダメなら引退の2文字もちらついてくる選手、負傷から復活かける選手……。一時代を築いた選手がフェードアウトしていくのか、それとも土俵際で踏ん張るのか。主な選手に注目してみた。

    〇巨人・杉内俊哉投手
    37歳。NPB通算(16年)316試合142勝77敗 防御率2.95
     2005年にMVP、沢村賞を受賞するなど球界を代表する左腕も、股関節手術の影響でここ2年は1軍登板ゼロ。昨季はファーム含めて公式戦の登板機会はなかった。節目の150勝まであと8勝。復活の時を誰もが待っている。

    〇広島・永川勝浩投手
    37歳。NPB通算(15年) 504試合36勝42敗165セーブ74ホールド 防御率3.42
     2006年から4年間で132セーブをあげた鯉の元守護神。通算165セーブは堂々の球団セーブ記録だが、昨季はついに1軍登板が一度もなかった。肘の位置を下げるなど試行錯誤で復活を目指す右腕。黄金期に入った広島で再び輝けるか。

    〇ヤクルト・古野正人投手
    31歳。NPB通算(6年) 通算60試合8勝11敗2ホールド 防御率5.31
     2015年は先発、中継ぎとして27試合に登板し4勝3敗を記録。だが、翌16年には右肩を故障しリハビリに専念するために育成契約となった。

    〇ヤクルト・川端慎吾内野手
    30歳。NPB通算(12年) 通算869試合3060打数922安打34本塁打322打点
     2015年には打率.336で首位打者、195安打で最多安打を獲得し、チームをリーグ優勝に導いた。だが、17年の春季キャンプ中に腰痛を発症し同年8月に手術を受けリハビリを行い1軍出場はなかった。ヤクルトが誇る安打製造機の復活が待ち遠しい。

    引用元 https://full-count.jp/2018/01/20/post103046/

    このページのトップヘ