広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    赤松真人

     歌手の倖田來未(34)が6日放送の日テレ系「誰だって波瀾爆笑」(日曜・前9時55分)に出演し、中学時代男子野球部に所属し、プロ野球広島カープの赤松真人外野手(34)と共に練習をしていたことが分かった。

     中学当時の倖田は、あまり目立たない存在だったと話すが、運動神経は抜群で中学入学からテニス部に所属していたと話した。しかし突如男子野球部に選手として移籍その理由を「男子野球部の監督が『倖田、せっかく運動神経ええねんから、入れや』って言われて、『え!女の子やけど』ってなったけど『やろか』ってなって…」と打ち明けた。

     さらに通っていた中学が多くの有名人を輩出している京都市立藤森中学で「(野球部の時)赤松とキャッチボールしてた」と同級生で広島の赤松真人外野手と共に練習をしていたエピソードを明かした。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170806-00000194-sph-ent

     ジリジリと照りつける真夏の太陽を浴びながら汗を流す。昨年12月末に「初期の胃がん」を公表し、1月に胃がんの切除手術を受けた広島・赤松真人外野手が、7月に入って復帰ロードを歩み始めた。

     手術後にも抗がん剤治療を受け、筋力も落ちた。3軍に合流してからはまず体力の回復を目指す。練習再開直後の公式ブログに「筋力、体力の衰えにビックリしています!」とつづるほどで、復帰への道が平たんではないことは承知している。

     9月には35歳となり、健康な体であってもプロとしては1年1年が勝負の年齢となっている。赤松は果たして復帰できるのか。浅井3軍統括コーチがふといった。「武器を持っているから」-。短い言葉に明確な答えがあったと思う。

     2013年以降、出場試合数より打席数が少ない。昨年は89試合に出場しながら21度しか打席に立っていない。19打数7安打、打率・368。25年ぶりの優勝への分岐点にもなった6月14日の西武戦(マツダ)では、史上初のコリジョンルール適用のサヨナラ打を放ったことは印象に残っている。しかし、やはり赤松といえば「足のスペシャリスト」。昨年も12盗塁を記録している。

     広島伝統の「走る野球」。古くは1980年代の黄金期に、今井譲二という代走専門の選手もいた。赤松もここという場面での代走として確固たる地位を築いてきた。

     赤松を欠くチームは、セ・リーグ首位を独走する。守備・代走要員には上本、野間がベンチ入り。スタートがいい上本は、ムードメーカーとしても貴重な存在となっている。しかし、長年の経験を有す赤松には及ばないだろう。

     先日、広島県廿日市市にある大野室内練習場に行ってきた。短パン、Tシャツ姿の赤松は、練習場周辺を散歩していた。練習場に戻るとダッシュを繰り返えした。

     素振りもしていたが、全力とまでいかなくともダッシュを繰り返す姿が一番似合う。スタートの良さに足の回転の速さ。赤松自身はまだまだと感じるだろうが、「武器」は周囲の目に特別と映っている。(デイリースポーツ・岩本 隆)


    引用元 https://www.daily.co.jp/opinion-d/2017/07/25/0010401774.shtml

     昨年12月末に「初期の胃がん」を公表し、今年1月に手術で胃の半分を摘出したプロ野球・広島の赤松真人外野手(34)が17日、TBS系で放送された「壮絶人生ドキュメント プロ野球選手の妻たち」に闘病を支えてくれた妻・寛子さん(35)とともに出演。がんは「ステージ3」だったことが明かされた。

     赤松は昨年12月の人間ドックで胃がんが見つかり、同28日に会見して「初期の胃がん」を公表。今年1月5日に手術を受け、胃の半分を摘出した。

     術後、「傷口がふさがって、(リハビリして)普通に野球できるもんだと思ってました」という赤松。しかし、摘出した胃の細胞や組織を顕微鏡で検査したところ、リンパ節に微細な転移が複数見つかった。

     担当医は「正直なところ、僕たちが予想していたよりも、(がんは)進行した状態でした。最終的にはステージ3a期ということになります」と説明。赤松は飲み薬と点滴を併用する半年間の抗がん剤治療を選択をした。

     ステージ3と宣告された赤松は「(昨年12月に)『がん』と言われた時よりもショックでした」と振り返った。がんは最も進行した段階がステージ4で、6月22日に亡くなったフリーアナウンサー・小林麻央さん(享年34)はステージ4を公表していた。

     赤松は半年間の壮絶な抗がん剤治療を乗り越え、今月11日から3軍に合流。術後、初めてのキャッチボールを行うなど、軽い練習を再開した。今後通院を続けながら、がんからの復帰を目指している。


    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/07/17/0010379934.shtml

     「広島-中日」(21日、マツダスタジアム)

     広島県がん検診啓運動のPRのため、アーティストのデーモン閣下が始球式を行い、悪魔を表す666の背番号が入ったユニホームを着てマウンドに立った。


     ダイナミックな投球フォームから投じられたボールは京田の背中を通る大暴投に。6年連続の大役を終え「キャッチボールもする機会も少なく、稽古不足というところ。年々、ストライクが入らなくなってきている」と振り返った。

     広島では、赤松が胃がんを発症。1月に摘出手術を受け、現在は3軍で体力作りに励んでいるが「早く見つかってよかったよね。焦らずに体を作り直して、来季復活してもらいたい」とデーモン閣下はエールを送った。


    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/2017/07/21/0010391935.shtml

     「消えた打球」のおかげで、広島・田中広輔選手に金庫のプレゼントがあるかもしれない!? 6月23日の広島―阪神戦(マツダ)。1回、先頭打者・田中が放った打球が左翼フェンスの中に吸い込まれた。一度はホームランの判定となったが、リプレー検証の結果、二塁打となった。

     外野手のフェンスによじのぼる練習によってできた穴に飛び込んだという珍事。しかも、その穴は「クマヒラ」という金庫やセキュリティシステムを製造販売する、広島発祥で創業119年の老舗企業の広告のすぐ近くにできていた。

     何度もスポーツニュースなどで映し出された「クマヒラ」。同社の広報担当者によると、対企業との取引が約9割の、いわゆる「BtoB」を主とした企業ということもあり、今のところ営業面での数字に跳ね返ってきてはいないという。非上場企業のため、株価への反映もなかった。それでも反響は確実にあった。試合翌日の会社ホームページの閲覧数が通常の6割増しになったという。

     僥倖を生かさない手はない。同広報担当者は、さらに話題を呼ぶアイデアに頭を巡らせている。「インターネット上でのニュースのコメント欄に『クマヒラは田中選手に何かあげるのだろうか』という書き込みがあったことを把握しています。(田中選手に金庫などを贈ることを)考えるところもあります」

     前例がある。2010年にマツダスタジアムのフェンスによじのぼってスーパーキャッチを見せた赤松選手と天谷選手に、その足下にフェンス広告を打っていた企業の製品が贈られたことが、各メディアに報じられた。

     ほっこりプレゼントニュースが、再び広島の街で話題を呼ぶかもしれない。(記者コラム・柳澤 元紀)


    引用元 http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/06/29/kiji/20170629s00001173025000c.html

     「胃がん」を患っていることを公表し、チームを離れていた広島赤松真人外野手(34)が11日、広島・廿日市市の大野練習場でリハビリ組の3軍に復帰した。抗がん剤治療中は先月22日に乳がんで死去した小林麻央さん(享年34)のブログも支えだった。1軍復帰へ、再スタートを切った。

     ゆっくり、ゆっくりと。ジョギングのペースも速くはない。「自分の足じゃないみたい」。測定した筋力の数値も「ひどい。驚愕(きょうがく)した」。だが約1時間半の練習中、赤松はずっと笑っていた。

     「ワクワクです。動けているのが楽しい」。野球など考えられない「ズタボロの状態」から、戻ってきた。

     昨年12月28日に「初期段階の胃がん」を公表。今年1月5日に摘出手術を受けた。その後の抗がん剤治療が、想像を絶する苦しみだった。「本当につらい。3日間ずっと寝込んじゃうとか。足も尋常じゃないくらい細くなる」。支え、励ましとなったのが、同じ病気と闘う人たちだった。

     小林麻央さんが亡くなった先月22日。赤松は寛子夫人と2人で泣いた。まさに抗がん剤治療中だった。

     「病院で見たの。嫁と2人で号泣。ダメだね。泣いちゃうねって。度合いも場所も違うんだけど、分かるのよ。つらさ」。同学年の34歳。面識はないが、ブログを見ては「強い人。つらいのにあの笑顔で」と支えになった。同じがん患者からの数え切れないほどの手紙も届き、読んでは泣いた。「オレなんか楽勝。やらないと失礼」と前を向けた。

     今月7日に最後の抗がん剤治療を終え、この日3軍に合流。もちろん、目標はここではない。

     「1軍の舞台が一番。そこで活躍するのが目標ですから。同じ病気の方に勇気を与えるのが僕の使命」。まずはトレーナーのメニューを軸に、自身の体と相談しながら筋肉量を上げていく。少し痩せたスピードスターは、必ず笑顔でマツダスタジアムに戻ってくる。【池本泰尚】

     ◆赤松真人(あかまつ・まさと)1982年(昭57)9月6日、京都府生まれ。平安(現龍谷大平安)-立命大を経て04年ドラフト6巡目で阪神入団。05、07年ウエスタン・リーグ盗塁王。07年オフ、阪神にFA移籍した新井の人的補償で広島へ移籍した。182センチ、75キロ。右投げ右打ち。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170712-01853963-nksports-base

     確かで大きな1歩だ。「胃がん」を患っていることを公表し、チームを離れていた広島赤松真人外野手(34)が11日、広島・廿日市市の大野練習場で3軍として復帰した。筋力測定や軽いジョギングをこなし、約1時間半汗を流した。

     体重は約2キロ落ちたというが、顔色はよく笑顔がたえなかった。「ちょっと筋力のチェックをしたんですけひどいです。ひどい衰えというか。これだけ落ちるんだなと。胃を切ったのもあるけど、運動量が落ちていますからね」と語る表情も明るかった。

     赤松は昨年12月28日に「初期段階の胃がん」を患っていることを公表していた。「ショックが一番だった。でもその前にまさか自分が。ウソだろうと」と当時の心境を振り返る。1月5日に胃がんの摘出手術を行った後は、抗がん剤による治療を行ってきた。「手術をしてから、病気だったんだと思うことはあった。(抗がん剤治療は)本当につらいんですよ。立てないくらい。3日寝込むくらい」と振り返る。

     手紙やブログを通じて多くの励ましのメッセージを受け取った。「もちろん(励みに)なりました。特に同じ病気をされてる方、もっと大きい病気をされている方からも手紙をもらった。言ってみれば僕は運動も出来るし食事も出来る状況なので。やらないと逆に失礼だと思うから。僕がしっかり運動をして、回復をして、そういう方々に勇気を与えるのが僕の使命。頑張らないといけない。プロ野球選手にとって、1軍の舞台が一番。そこで活躍するのが目標。ジャンプアップは出来ないけど、1歩1歩頑張っていきたい」と誓った。現在は特別な食事制限もなく、今後はトレーナーが組んだメニューを中心に体と相談しながらすすめていく。多くの使命を背負って。スピードスターが大きな1歩を踏み出した。【池本泰尚】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170711-01853656-nksports-base

     「交流戦、楽天2-1広島」(10日、Koboパーク宮城)

     広島の野間峻祥外野手が今季4盗塁目を決めた。

     1-1の八回1死一塁で、松山の代走として出場。西川の打席で、カウント1ボール1ストライクから、捕手・嶋が盗塁を阻止するために立ち上がって捕球したものの、それより先に二塁へ滑り込んだ。「しっかりとタイミングが計れて、良いスタートが切れた」。失敗が許されない状況で勇気を持ってスタートを切り、成功を勝ち取った。

     この日は黒星を喫したが、野間の俊足は、チームにとって何にも変えられない大きな武器だ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170610-00000112-dal-base&pos=1

    このページのトップヘ