広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    迎祐一郎

     広島の快進撃が止まらない。5月は12勝3敗1分け。今季2度目の7連勝で首位・巨人にゲーム差なしと肉薄した。今季は開幕から5カード連続負け越し、データ上の優勝確率0%となったが、驚異のV字回復を示した。リーグナンバーワンの防御率を誇る投手陣に加えて、新元号・令和を迎えて打線が絶好調。復調の要因に迫った。


     リーグ3連覇をけん引した赤ヘル打線が復活した。5月は16試合中、9度の2桁安打を記録。「1番野間、2番菊池涼、3番バティスタ、4番鈴木、5番西川」の新オーダーが見事にハマっている。

     開幕は「1番田中広、2番菊池涼、3番西川、4番鈴木、5番松山」でスタートした。だが、菊池涼、鈴木が好調をキープする中、田中広、松山が想定外の不振。首脳陣は復調を願い、我慢強く起用したが、4月は深刻な得点力不足に陥った。

     転機は平成最後の夜に訪れた。4月30日、甲子園で阪神に敗れた試合後、緒方監督、東出、迎両打撃コーチによる緊急ミーティングを開催。異例のタイミングで、指揮官は打順固定を提案。相手投手の傾向、打者の状態を把握して「点を取れる確率が最も高い打順」を組む打撃コーチ2人と意見をすりあわせ、日替わりオーダーではなく、ある程度、上位打線を固定した中で戦う方針を確認した。

     新元号・令和を迎えた翌5月1日の阪神戦は1番野間、5番に西川を抜てき。今季は丸が抜けた3番争いが注目されたが、東出コーチは「誠也の後ろを打つ打者が鍵を握る」と繰り返していた。その西川は鈴木が四球で歩いた後も、持ち味の勝負強さを発揮。5月の打率は・315、現在も出場14試合連続安打中だ。「5番打者というより、5番目という気持ち」と西川。東出コーチも「バティスタの5番も考えたけど、ああ見えてマジメだから。去年は3番に丸がいたから、5番は(走者を)掃除する役割が求められた。今年は守って走ってのチーム」と新たな5番の働きに合格点を与える。

     開幕直後に連鎖した守備の乱れは「左翼西川、一塁バティスタ」の布陣で安定。打線の復調と同時に、本来の機動力も見られるようになった。5月は14盗塁をマーク。1試合の平均得点も、4月の3・4点から4・9点に大幅に改善された。

     迎コーチは「代わりの選手が頑張ってくれた。試合に出続ける中で気持ちの余裕、割り切りができているんじゃないか」と話す。どとうの快進撃を続ける中、「丸ロス」なんて言葉もすっかり聞かれなくなった。残り100試合。本来の強さを取り戻したカープがV4ロードを突き進む。(デイリースポーツ・杉原史恭)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190521-00000038-dal-base

     「広島4-0DeNA」(11日、マツダスタジアム)

     広島は新打線が機能して勝利した。1番に西川を抜てきし、5番には松山を置く布陣で、1-0の二回1死一、二塁では西川が左前適時打を放ち、首脳陣の期待に応えた。



     前日10日まで1番だった野間は、その試合を含め2試合連続で無安打。打撃内容も良くなかったためスタメンから外れた。一方の西川は出場7試合連続で安打を放っていた。

     「得点できる確率が高いことをやるしかできない」と迎打撃コーチ。チーム内競争もありながら、長いシーズンを戦い抜いていく。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190511-00000132-dal-base

    <阪神0-4広島>◇2日◇甲子園

    広島サビエル・バティスタ外野手が5号2ランで、息詰まる投手戦にけりをつけた。


    0-0の9回1死二塁。阪神の守護神ドリス相手にファウルで粘った8球目。149キロをフルスイングではじき返し、左翼スタンドまでもっていった。会沢のダメ押し2点二塁打をも呼び込む、値千金のV弾。「外よりの真っすぐをちょっと狙っていた」と振り返った。

    ここ5戦で4発。5戦連続打点。絶好調の秘密は、フェリシアーノ通訳の存在にある。夫人の出産をサポートするクレート通訳の代役として、4月中旬に来日。04年から3年間広島で投手として活躍した経験を生かし、日本の投手の考え方を教えてくれた。バティスタは「自分のタイミングで振れるようになった」と説明。東出打撃コーチは「毎試合出ているから、打席である程度狙い球の整理ができている」と話した。

    連敗を4で止め、チームに令和1勝を運んだ。「平成も令和も最初は知らなかった。でも令和になったし、ここからたくさん打ちたい。自分の打撃より一番やりたいことはチームが勝つことです」。3番に定着して打ちまくれば4番鈴木の負担も減り、打線が一気に力強さを増す。【村野森】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190503-05020779-nksports-base

     「広島5-0中日」(24日、マツダスタジアム)

     広島・迎打撃コーチが長野の一発を絶賛。3点リードの三回、右方向へ運んだ2号ソロについて「しっかり振れていないと、逆方向へ飛距離は出ない」と説明。「スイング、投手との間合い」に復調を感じた様子だ。



     七回、無死一、三塁から遊ゴロ併殺打に関しても、「追い込まれた中で何とか前に飛ばしてくれた。回が終盤に差し掛かった中で、大きな1点だった」と振り返っていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190424-00000164-dal-base

     広島・長野久義外野手が28日、マツダスタジアムで行われた全体練習に参加。29日の古巣・巨人との開幕戦へ向けて、汗を流した。

     開幕戦は代打待機が濃厚だが、打撃の状態は右肩上がりだ。迎打撃コーチは「力強さが出てきた。僕らが持っている巨人時代の長野という選手に近づいてもらいたい」と説明。続けて「もっと飛距離も出る。追い込まれても対応できる」とし、「実戦の中で期待している部分は大きい。もっともっとできる」と期待を寄せていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190328-00000121-dal-base

     「オープン戦、広島0-0オリックス」(17日、マツダスタジアム)

     未来のスラッガーの登場に満員のスタンドがどよめいた。0-0の七回1死、広島のドラフト3位・林(智弁和歌山)が代打で出場した。「人がたくさん入っていて雰囲気が違いました。すごいと思った」。1軍の雰囲気に初々しさを見せながらも、初球から果敢にスイング。カウント2-2から最後は榊原の142キロに空振り三振を喫したが、1打席に自分の魅力を詰め込んだ。

     「(出場は)試合中に言われました。思い切り?自分にはそこしかないので。思い切って振れとコーチの方から言われていた。(緊張は)なかったです」

     この日のオープン戦初出場は、元々マツダスタジアムで試合前に「新入団選手紹介」が予定されていたことに加え、緒方監督からのご褒美の意味もあった。前日16日のウエスタン・ソフトバンク戦。「4番・一塁」で出場し、八回に決勝本塁打を放っていた。そんな特別な“昇格”だったこともあり、林は午前中に2軍の大野練習場で汗を流してから1軍ベンチ入りしていた。

     以前から林のスイングに舌を巻いていた迎打撃コーチは「ストライクをどんどん振りにいけていた」と積極性を評価。結果こそ出なかったが「真っすぐを力強く振りにいけていた」と称えた。

     今後は再びファームで4番として英才教育を受ける。林は「あそこで打たないと、ここ(1軍)では戦えない。あそこで打てるようにやっていきたい」と力を込めた。貴重な経験を糧にして、強打者の道を歩んでいく。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190318-00000035-dal-base

     ◇オープン戦 広島0―0オリックス(2019年3月17日 マツダ)

     広島は17日のオリックス戦(マツダ)に決め手を欠いて0―0の引き分けに終わった。今春のオープン戦で初めて1番・西川、3番・田中広の新オーダーを組んだものの不発。中でも、移籍した不動の3番・丸の後任を誰が務めるか…は、依然不透明なままだ。開幕の足音が近づく中、リーグ4連覇打線構築への試行錯誤は続く。



     6回の好機が見せ場だった。1死一、二塁で打席には今春初めて3番に起用された田中広。1、2球目の146キロ直球を空振り、ファウルし、カウント2―2となってからの5球目だ。甘く入った145キロの直球。だが、球威に押されてあえなく遊飛に終わった。

     「(先発したオリックス・榊原は)いい投手。ちゃんと振りにいけていたので、そこはよかったと思う」

     この回は、先頭の安部がチーム初安打となる左前打。1番・西川が犠打を決め、菊池涼が四球を選んで迎えた場面だった。リードオフマンが主の29歳にとっては調整途上。実績があるだけに、結果ではなく打席でのアプローチを重視するのは当然だ。淡々と続けた。

     「(3番は)春季キャンプの時に言われていた。3番目に打つ打者としてやってくれ…と。僕が決められることじゃないけど、今の段階で打順を意識することはないですね」

     不動の3番・丸の後任を誰が務めるのか。今春ここまでのオープン戦9試合では、坂倉が3試合、西川が6試合。田中広の起用は緒方監督の提案で、候補に挙がる安部や松山はまだ1試合も3番に入っていない。懸案は解決されないままだ。

     迎打撃コーチは、連動する1番・西川に言及し「今日に関しては入りは悪くなかった」と、四球で出塁した初回などを評価。一方では「安部と松山の状態が上がらないので、試そうにも試せない。上がってくれば、もっと試せることがある」と悩ましげに話した。

     今季の開幕まで10日余り。現状では西川が一歩リードするが、不透明さは拭えない。東出打撃コーチは、こうした状況を想定してか「出塁率の高い選手に入ってほしいけど、1番も含め、シーズンに入っても決まらないと思う」と語った。

     近未来を見据えれば坂倉を育て、野間を一本立ちさせたい。あるいは実績のある中堅選手がつかむのか。光はまだ見えない。 (江尾 卓也)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190318-00000114-spnannex-base

    <オープン戦:広島0-13日本ハム>◇12日◇マツダスタジアム

    マツダスタジアムで守った! 打った! 広島長野久義外野手(34)が日本ハムとのオープン戦で今年初めてゲーム守備に就いた。


    場所は巨人時代の中堅や右翼ではなく、左翼。難なくさばくと、打撃では幸運な本拠地初安打も記録した。開幕が近づくにつれ、長野の調整のペースも上がっていく。

    この日最も大きな歓声は、左翼に向かう長野に送られた。遊撃に就いた新人小園とともにグラウンドを駆けた34歳は、慣れない左翼の位置で止まると、太陽の位置を確認。移籍後初めて実戦守備に就いた。いきなり先頭松本のライナーが飛んできたが、軌道に合わせて数歩前進すると難なく捕球。新たな戦場となる左翼で最後までプレーしたのは、敗戦の中で大きな収穫となったに違いない。

    巨人時代は主に中堅と右翼を守ってきた。左翼での公式戦出場は10年10月7日広島戦(東京ドーム)を最後にない。景色が違えば、打球の回転、切れ方も違う。長野も「全然違ったので難しかった」と振り返った。広瀬外野守備走塁コーチは「(左翼守備は)ほぼ初めてでしょ。慣れてもらうしかない。試合を通じて慣れていってほしい」と、今後も左翼での出場を明言した。

    開幕まで20日を切り、オープン戦5試合目にしてゲームで外野を守った。調整の段階は着実に上がっている。本人も「そうですね」とうなずく。高ヘッドコーチは「全然問題ない。スタメンだとレフトが多くなるけど、長野は(外野なら)全部できるから」と太鼓判。9回、西川が後逸した打球にしっかりカバリングするなど外野手としての動きは体に染み込んでいる。

    7回の打席では、日本ハム浦野のスライダーをたたいたゴロが遊撃手前で高くレギュラーバウンドした。幸運な本拠地安打に「シーズン中にああいうのが欲しいですね」と苦笑い。迎打撃コーチは結果以上に「スイングの力が上がってきているのは間違いない」と状態の上向きを感じている。

    まだ気温が低く、若手や慣れないポジションの選手にチャンスを与える期間でもある。開幕が近づき、チームが最終仕上げに入っていく中で、チーム最多の通算1271安打を記録する実力者も調整のペースを上げていく。【前原淳】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190312-03121037-nksports-base

     丸が抜けた外野の一角を狙う広島・下水流が猛烈デモだ。17日、沖縄2次キャンプで行われたシート打撃で、コザしんきんスタジアムの左翼芝生席へ、実戦形式での“今春”2号。自慢の飛距離をアピールし、首脳陣をうならせた。

     「うまく回ることができた。去年はそんなに打ち返せていないと思うのでよかった」

     1ボールから一岡が投じた内角直球を鋭い回転で振り抜いた。昨季は打率・125と苦手にしていた内角球を、一発で仕留めたところに進化が見える。

     日南1次キャンプの7日にあったシート打撃でも2年目の平岡から左越えアーチ。3日にはフリー打撃に初登板した新加入の菊池保にも、名刺代わりの2発を見舞っている。

     「飛距離は自分の武器なのでアトは確率。練習から意識してやっている。相手よりも自分が打てばいい」

     外野は右翼の鈴木を除く2つのポジションでし烈な競争を繰り広げる。迎打撃コーチは「センターで言えば下水流と西川が一歩リード。ここから先、どういう感じでアピールするか」と期待した。(江尾 卓也)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190218-00000036-spnannex-base

     巨人から新加入した長野久義外野手が新天地・広島で上々のスタートを切った。第2クールの最終日7日には今キャンプ初めて現役の投手と対戦。野村の初球直球をいきなり右中間へはじき返した。



     長野と同じ佐賀出身の迎打撃コーチは「初球を捉えるのは簡単そうに見えて難しい。打撃技術の高さを見せてくれた」と舌を巻き、「少しずつ力感も出てきている。まだ打った後に形が崩れることもあるが、これからもっと確率が高くなってくると思う」と評した。

     首脳陣の配慮で別メニュー調整を続けているが、仕上がりは順調そのものだ。フリー打撃では、自己流調整を貫き、柵越えを連発する鈴木の隣りで、中堅から右方向への打球を徹底。「左肩が早く開かないように」という意識を植え付けている段階だ。7日のフリー打撃でも48スイングで越え0本だが、徐々に力感を出し始め、フェンス際まで届く打球が増えてきた印象だ。空き時間には室内練習場で1人打撃練習を行うこともあり、プロ10年目34歳ベテランの調整に狂いはなさそうだ。

     一方、日南での“長野フィーバー”は相変わらずだ。グラウンドで長野が動くとスタンドのファンも大移動。長野がカープ名物の12種類の打撃練習に初参加した3日にはスイングに合わせて、カメラマンのシャッター音がグラウンドに響き渡った。グラウンド外でも大忙し。キャンプ初日は報道陣約100人が集結。第2クールを迎えても、球団OB、評論家も多く訪れ、対談やインタビューなどの取材に追われている。

     7日にはクール最終日恒例のロングティーこそ回避したが、心配は無用のようだ。迎コーチは「待ち時間が長いので帰らせました。それだけですよ」と笑い飛ばし、「実戦もいつでもいけます」と実戦出場へゴーサイン。第3クールから練習は実戦的なメニューが増えていく。11日の紅白戦に出場する可能性もあり、フィーバーはまだまだ続きそうだ。(デイリースポーツ・杉原史恭)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190208-00000077-dal-base

    このページのトップヘ